« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

カプリコン1 CAPRICORN ONE Blu-ray その2比較編

比較するまでもないのですが(^^;

20160719_200329

左がDVD版。
好きなのでこっちも前から持ってます。
こっちはアメリカのポスターがデザインされています。
こっちの方がカッコイイ(笑)
右のBlu-ray版は、日本の初演時のポスター

20160719_200340

裏面。
普通、DVD版の解説を使い回すのが多いけど、こっちはちゃんと別に作ってます。
というのも、Blu-rayの発売元がキングレコードなので、DVDは東北新社なので違う販売元。
この辺は大人の事情ってヤツですかね?

20160719_200358

Blu-rayよりDVDの盤面の方がカッコイイ(笑)

家のテレビは並べて置いてあるので、比較を(゚゚ )☆\ぽか
あとは、子ども部屋にそれぞれ32方が

注:右は今は亡きプラズマなので、画質というより発色がきれいなのはご容赦下さい。
って、いきなり明るさが違う(笑)

20160724_080221

出発前にスタッフが聖書を手渡すシーン。
文字がDVDは手書き風というか解像度が低いのでぎざぎざ。
画面の切り割り比較も違います。

20160724_080231

打ち上げの様子。
ワイドさの雰囲気はDVDが良いけど(^^;
明瞭さというか詳細さが全然違う

20160724_080338

管制室の様子。
暗さの雰囲気はDVD、細かなところまで良くわかるのはBlu-ray

20160724_080609

宇宙船内のようす。

20160724_080712

発射場から連れ去られるところ。

20160724_081819

セットのようす。
これはBlu-rayを買うのをオススメします(笑)

カプリコン1 CAPRICORN ONE Blu-ray

高校生くらいか?この時代、大統領の陰謀など謀略もの映画がたくさん作られていた中で、あまりメジャーなスターと言われる俳優さんが出ない作品だけど、好きな映画が・・・

R0049481

カプリコン1です。
もう大昔の映画なのでネタバレもなにもないのですが(笑)
火星探査用の世界初のロケット(ベースはアポロ計画の宇宙船ですが)が打ち上げ直前でクルーが外に連れ出されて、無人で打ち上げ。
宇宙服に不備がありそのまま行くと数週間で死亡(でも、いまその話を聞くとちょっとおかしい理由。
そもそも、密閉された宇宙船なのに宇宙服に不備って?
まあ、そんな些末なことは置いといて。
訓練で使用したデモテープを流しながら、別の使われていない空軍基地(いわゆるエリア51みたいなとこ)に、宇宙船と火星着陸船と火星のセットがあって、パイロットたちはそこであたかも実際着陸した風に撮影する。

これも、アポロ計画でもこうやったのではという噂もありますw

R0049482

途中、ヒューストンの管制官の一人(ゴーストバスターズにも出てる)が、火星から来るハズの信号が近い位置から発信されていると気がついて、それを友人のフリーライターに伝えた直後消されてしまうなんてのがあって。

見事火星着陸までは上手く行ったのですが、帰還時に姿勢制御コントロールがずれていて結局宇宙船が燃え尽きてしまう。
さてここから、パイロットたちは死んだことになっているので、殺されなければならない。

ということから、なんとか空軍基地から脱出して。というお話。

なので全編息をもつかせぬ面白い映画です。
未見の方必須。

R0049484

Blu-ray本体。

声は、当時テレビ放送された濃い声優さん(俳優兼声優をやってくれているプロの方々)なので、安心して日本語版でも見てられます。
どっかの事務所のごり押しで、棒読みアイドルや棒読みグループではないので(笑)

そもそも主人公が広川太一郎(やっちゃってくれちゃってなんかしたりして~の人が、マジな声当てを)
奥様が藤田弓子さん、
博士ほか、大平田大津、小林勝彦、納谷六朗、とまあ凄い面々。

 

なんと、買うのをやめたカサンドラクロス(こっちはDVDがあるからいっかと思って)が値上がりしている。きっとぼったくり価格に
買うときには普通のヤツをクリックしてね

比較編に続く(笑)

偽メールにご注意

日本郵便やヤマト運輸の荷物配送を語る誘導メールというか、添付ファイル開かせてパソコンを乗っ取ったり、ワードやExcelの内容を破壊するランサムウエアなど、まあ次から次へとよく考えるなという。

今度は樂天の名を語るスパムメール。
でも、詰めが甘すぎ。

そもそも赤沼朋生って誰?(^^;
しかも、大昔のアドレスで出しているし。

そもそも、普通は当店とは書きません、一般的には「○○ショップ楽天市場店」をご利用頂きと書いているのが常識。
また担当者の名前も一切ないし。ここには、ネット通販事業部の○○とか、通販担当の○○でございます。

そもそも、私的に、樂天でしか買えないものが無い限り樂天使ったことないしwww
樂天に出入りする業者の大半が、商品を入れるまでに、延々意味のない商品を3m位スクロールしないと、買い物籠に入れるが出てこないページって、「だいっきらい」
なので、Amazonにはなく、その店でしか買えない時だけ仕方なく買う。
そもそも、Amazonだと無料だけど、樂天だと出入り業者によっては有料というのが許せない。
まあ、Amazonにも早く買わないと出入り業者しか扱ってなくて高い送料がかかるのもあるけどちゃんと注意して見ればわかるから。

Sagi_2

でも常時樂天使う樂天マニアの人は、なんも見ないでリンク開きそうなので、こんな変なメール来ても添付ファイル開いちゃだめよ。

また姑息な手段として、ハンパないいかにも使いそうな金額3276円とか、
注文番号とか、伝票番号とか(笑)

でも、ここでも詰めが甘いのね。

ヤマトの追跡コードが書いてない。てゆうか、そもそも偽メールなので、そこまでしたら、ヒットしないのでばれちゃうか。
と言う訳で、さらし者にしますが、

益々巧妙化しているので、皆さんもメールの添付を考え無しにクリックするのはやめてくださいね。
あっという間にパソコンが乗っ取られたり。強制的にリカバリーしない限りエクセルワードが全く使えなくなったりしますから。

ネタとして楽しむ分にはいくらでも構いませんが。

皆さん、不意に来るあるいは、タイムリーに心当たりがあっても買物発送通知とか店からのお知らせなどに添付されている資料は一切クリックしないように。

早速対応してくれたようです

ゴジラ全映画DVDコレクターズボックスVol.2キングコング対ゴジラ(講談社)

先日日本映画チャンネルで未発見映像を含めて完全再現版4Kデジタルリマスターを放映しましたが。
ブッチーさんに録っていただきました。ありがとうございます。

タイムリーなので、保護。

R0049550

前回よりは少ない感じがしますが(^^;
10大コレクション。

R0049551

こちらが裏面。
ゴジラシリーズ史上最大の観客動員数1150万だったか?
これを越えられるものは出ていません。

R0049552

貴重な復刻パンフレット

中綴じにも復刻版があります。

R0049558

恒例の封入ポスター

R0049559

ポスター(通常版)とチラシ、スピードポスターはモスラ対ゴジラ、それにシン・ゴジラの昔風のチラシ。
できれば4m以上あった16枚くらい貼り合わせる特大ポスターがあれば(゚゚ )☆\ぽか

前回よりは少ない感じ(^^;

R0049560

こちらがDVD
オマケ映像は、これまた私は知らない、ゴッドマンとゴジラアイランド
でも前回同様未開封(^^;

R0049561

こんな感じ。


 

デアゴなどと違って、全部集めなくても気になったものだけ買えるので良いです。

Kindle Fire その5 比較編(AMAZON)

比較編と言ってもまああれですが(^^;

R0049455

左から、Sony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621、Fire、ペーパーホワイトです。
比較はこれだけ(゚゚ )☆\ぽか
Fireは細長いです。
もしかしたら映画の幅に合わせてあるのかな?
その分持ちやすいといえば持ちやすいですが、薄さと軽さを考えたらSony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621はダントツ薄くて軽いです。

R0049456

Fire左とペーパーホワイト右。
表示エリアが違うので同じページを開いても「7」文字Fireの方が長く表示されます。

R0049457

こちらがFire
流石に文字表示は辛いっす(^^;
そもそもドットが粗いのでぎざぎざに見えるし。

R0049458

その点、ペーパーホワイトは、自信を持って出しているだけあって、高精細フォントで目にも優しいです。
但し、雑誌などカラーは苦手。特に写真が下手すると真っ黒になりますから、ペーパーホワイトは小説等文字向けですね。

R0049459

左Sony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621と右Fire
fireのアイコンはデフォルト。
解像度が違うので一概に比較はできませんが、アイコン1列分Fireの方が狭い(^^;

R0049460

このドットが見える方がFire

R0049461

Sony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621も写真撮らなかったけど、RetinaのiPad(iPadmini)も高詳細です。
まあ比較すること自体があれですが(^^;

とゆうわけで、Fireは寝る前の映画端末になってます。


Kindle Fire その4 起動編(AMAZON)

起動編です。
基本OSはAndroidであるものの、キャプチャが普通のAndroidのように電源長押しで撮れるわけではない(というか調べてないから解らないのでヾ(^ )コレコレ外部撮影です(笑))

R0049398

電源入れると、fireロゴが出ます

R0049399

初起動時には、多国語が出てくるので、指先でスクロールさせて日本語を選びます。
この時に知らない言葉をタッチしちゃうとずーっと見たことがない言葉になって大変だと思いますので指先で撫でるように流します。

R0049400

日本語を触るとマシン全体が日本語モードになります。

R0049401

後でも良いのですが、無線LANにアクセスしておいた方が何かと便利です。

R0049402

自分の家若しくは会社などで解る無線LANのパスワードを入力します。

喫茶店や駅などの公衆無線LANはあまりオススメしません。(データ盗まれる可能性もあるので)

R0049403

こちらがキーボードになります。
意外と押しやすい感じを受けました。

R0049404

本人が買うと起動時にご自分のアカウントになっていますので、買ってすぐに使えるというものです。
プレゼント用にもらった場合は、ここで自分のアカウント登録をします。
なければ、新規に登録することもできます。

あと、TIME ZONEの設定をします。
デフォルトではグリニッジ標準時となっています。

R0049405

2番目のfireとなっています。
一番目は前回紹介した子どもに買ってもらったペーパーホワイトのようです。

ここまでなんとかできれば或いは子どもか親にやってもらえば以降使い方が出てきます。

R0049406

ようこそ画面

R0049407

こんな感じでトップページの説明が出ます。
選ぶのは下のボタンをタップ(指でちょいと触る)すれば次へ行きます。
下の○はホーム(メイン画面へ)、□は起動中のアプリが一覧で出ます。時々□を押して開きすぎてるアプリを消す方がメモリ消費をクリアする意味でもやった方が良いです。
個々には出てきませんが△マークが左側にあります。それは前に戻るという意味です。

R0049409

右に行くとコンテンツページになります。
本、ビデオ、ゲーム、音楽、Amazonストアなどと変わるがわる回っていきます。

R0049409_2

スライドさせると別のページに行けますということです。
自分の名前とリンク(シンクロ)されると、過去に買った商品(本など)が画面に出て来ます。後ろに見えるのが買ったの。
でもタップしない限りダウンロードしません。
特に低価格のfireは8GBしかないので、買った本をめいっぱい入れるとあっという間に内部が一杯になるため使えなくなります。
そのためにmicroSDを入れておくと良いです。

R0049411

こちらが悪魔のささやきのページ(笑)
お店ですな(笑)
一通り色々書いてあるので解らなければまた開くことができます。

R0049414

こちらがメインページ(トップページ)
Android、iOSでもお馴染みのが上段のAmazonショッピング、ビデオ、Kindle、二段目のミュージック辺りでしょうか。
Silkブラウザは標準のブラウザ(Webを検索するもの)
アプリストアは、所謂AndroidやiOSのストアと同じ。ちょっとAmazon用に改造してあるため、Googleのストアと微妙に違います。
下段もAndroid(GoogleIDとは違うようなのですが、あまり使わないので(笑))
因みに、これにAndroidのPlayストアを入れてGoogleIDでアプリを入れることもできるらしいが、あまりオススメしないという表現が多いです。
てゆうか、そうでなくてもAndroidタブレットいっぱい持ってるから敢えて冒険しなくても的な(笑)
飽きたらやるかも。

と思って色々写真撮ってたら、・・・

R0049416

アップデート入りましたぁ~(笑)

R0049417

約10分(笑)

因みに、ペーパーホワイトもオンラインにしたら・・・

20160703_102633

アップデート入りましたぁ~

比較編に続きます。


Kindle Fire その3 本体編(AMAZON)

本体編です(笑)

R0049364

こちらが裏面。
左下にモノラルスピーカーがあります。

R0049366

したり顔のAmazonロゴ(笑)

R0049368

使う人が居るのかわからないけど、カメラが搭載されています。

R0049369

かめらの横にはmicroSDカードスロット。
これがあるとないとでは大きな違いがあります。

R0049370

こちらがトップ部。
左から電源スイッチ(長押しでオフ、ちょい押しでスタンバイ&スリープ)
microUSBコネクタ
たぶんマイク穴
ボリュームボタン
イヤフォンコネクタ(これを使えばステレオになります)

R0049396

余り使わなかったWindowsTabletに入れてあった32GBのmicroSDカード

R0049397

こんな感じで挿します。
因みに、拡張することで、書籍(雑誌等)はもちろん、音楽、映画などもダウンロードして、無線LANがないところで音楽や映画、アニメ、ドラマなどを見ることができます。
(但しこれは特殊な変換方法なのでDLしたからと言って、そのままコピーしてパソコンなどで音楽アプリや動画アプリで使える訳ではありません)


Kindle Fire その2 液晶保護フィルム+貼る編(AMAZON)

まあ昔からあるものなので、濃い人の所で見ていると思うのであっさり。

のその前に、

R0049344

PDA工房さんの保護フィルム
安いとは言え色々な所を見ると保護フィルム貼った方が良いと言うことだったので。
あと、カバーは基本的にきらいなのと、3480円に1500円近い保護フィルムと2500円位のカバーを付けると本体より周辺機器の方が高くなるという本末転倒になるので。
壊れたら壊れたでまいっか的な(^^;

ところで、これとてもいーかげんなパッケージ。
これだと600円位でよくねみたな。
曲がってるんですよ。

R0049347

裏面。
Fireって2015年9月に出たのね。

R0049371

普通こんなに曲がってきませんよね。
因みに他社のはちゃんとこれでもかと言うくらい曲がらないように外ケースを厚めにしてくるんだけど、このPDA工房さんはあっさりしすぎこれぢゃあ発送時に他の商品と合わさって(例の袋ケースのFireと)来たので、パッケージ時点で曲がっちゃったんでしょうね。

と言う訳で、評価は★一つにしておきました。www

R0049372

あとで気がついたけどこれつや消しだった(^^;
ま、どうでもいいけど投げやり(笑)

R0049373

表面保護用。

でもって、なんで本体編て予告したのに液晶保護フィルム+貼る編にしたかというと・・・

Fireのパッケージがいい加減だったから。

R0049361

こちらが届いたばかりの時のFire

R0049362

裏面。

R0049363

袋を外したら、表面がべったりなんかシールの跡みたいなのが付いてて、べたべたしていて。
酷いと思いません?(^^;
まあ所詮は3480円だから。

R0049374

こちら貼ってるとこ。

R0049375

この道ン十年なので気泡やホコリは入れない。
貼ったとこ。

R0049376

表面保護フィルムを剥がしているとこ。
あれ?つや消しぢゃんて(笑)

R0049377

ま、いっけど。

買ったのはこれだけど、どうかなぁ?(笑)

こんな安くて2枚入りもあった。
2枚入りって結局使わないしどっか逝っちゃうのよねぇ(-人-)合掌

近くにきたちきゅう #ちきゅう #JAMSTEC

今、探査船ちきゅうが清水港の興津埠頭に停泊しているのですが、普段はいつもの所に停泊していて年に1回位その埠頭に大型貨物船などが接岸するために、いつもの停泊場所よりも500m位陸地側に係留されることがあります。

昨晩仕事が終わって家に帰ったところ、家から巨大なちきゅうが見えたので撮りに行きました。

Dscf5508

近所のしらす屋さんの前から(ワイド端)
これではそんなに大きく見えませんが。

Dscf5511

肉眼でみた感じでは、このくらい。

あるいは

Dscf5512

このくらいに見えます。
特に巨大さが感じられるのは、たぶん周りに建物があるからではないかと思います。
でもこれでも500~1KMは離れていると思いますが(^^;

Dscf5516

港湾道路の方まで行くと、対象物がないため大きさが解らなくなります(笑)

Dscf5519

ワイド端
いつもは右のポールがある位の位置に留まっています。

Dscf5524

漁港の手前に留まっていて、ただでさえ迫力があるのに大迫力です。

Dscf5530

漁船とちきゅう

Dscf5532

漁港の突堤まできてみました。
こうなっちゃうと比較対象物がないので大きさがわかりにくいです。

Dscf5534

釣り人とちきゅう
本来は右端に停泊しています。

Dscf5536

テレ端
錆までよく見えます(^^;

Dscf5535

お~良い感じだ。

Dscf5537

おしり

Dscf5538

櫓(やぐら)先端

Dscf5539

夜も撮りましたが(^^;

Dscf5545

本来はもっとキレイで明るいです。

Dscf5543

手ぶれですが、このくらい電飾がキレイです。

今日も近くにいたら、Nikonの300mmで撮ってきてみます。

今更Kindle Fire その1開封編(AMAZON)

先日のPrimeセールでおもいのほか安かったので、つい買ってしまいました(^^;
本来通常価格8,980円、プライム会員4,980円、Primeセール3,480円だったので(汗)
ちょっと奥さん、電脳小物が3480円よぉ~。

まあ、AndroidTablet4台、WindowsTablet3台(うち1台はAndroidとWindowsコンバチブル)もあるので、特に要らないのですが(笑)

遊び用に
そもそも解像度低すぎだし。
あ、文句はその辺で。

R0049348

こちらが袋です(笑)
箱でなく袋www
とゆーのは・・・

R0049349

これ。
びっくりしました・・・

R0049350

こちらが裏

R0049351

こちらがスペックと解説。
そもそも解像度が1024×600なので、今の時代的には低スペックっす。
おまけに内蔵メモリ8GB(別途16GBもあるけど高い)
但し、昔のと違ってmicroSDスロット(128GBま)で拡張できるようになったので、まいっかと。
CPUは一応クアッドコアだし、
使わないけどフロントとリアカメラ付いてるし。

R0049353

開けたとこ。
「ほえぇ~」by木之元さくらちゃん風(^^;
なんぢゃごるぁ~
すっきりしすぎw

R0049354

袋から引っ張り出したとこ。
タブレットと手前が周辺機器。

R0049355

こちらが周辺機器。
ACアダプターUSBコンセントとUSBケーブル(microタイプ)
取説(ワールドワイドタイプ)だけど、袋は日本語だったねぇ。

R0049356

こちらは日本語説明
規約くらい。

R0049357

こちらが使い方というか電源の投入と充電だけ
文字はなくイラストのみ。
ここまではまあ解ると思います。
そっから先が普通の人としては難関かと。

R0049359

コンセントはちゃんとAmazon謹製。
汎用のではないです(てゆうかAmazonとしてプリントされているという意味)

R0049360

汎用microUSB。
まあAndroidマシンだから。

本体編に続きます。

こちらが紹介しているもの。通常価格8,980円です。
AmazonPrime会員だと4980円。
自分も今年の2月までは頑なに通常会員でしたが、昨年予約した商品がなんと送料が掛かると言われて急遽会員に(^^;
まあ3900円(年会費)でも、Primeビデオ見放題(無料の方ね)、Primeミュージック聞き放題(無料の方ね)なので、但し、Googleミュージックよりも曲数は少ないし、新譜は無料ではないっすけどね。
でも聴けるから。

と言う訳で、年会費分が割引されているので、Primeセールでなくても安いっす。

HDタブレット6インチ(こっちは割引無しで、高解像度)

Fire HDタブレット8インチ

こっちはペーパーホワイト
これも定価だとお高いですが、キャンペーンで7980円になってるし、Primeセールだと6980円でした。


童画のノスタルジーシリーズ林明子さん編(日本郵便)

いつ出たのか解りませんが、ちょいと仕事関係で郵便局行ったら発見したので保護しちゃいました。

R0049336

はっぱのおうちやこんとあきなど子どもたちが赤ちゃんの頃から小学校に上がるまで、絵本を沢山買って読み聞かせをしていた中で、上位に位置する林明子さんの絵本から抜き出したものです。
但し、もったいなくて使えなさそう(゚゚ )☆\ぽか

子どもたちが好きなのは、林明子さんいがいに、バムとケロシリーズ、ソラマメちゃんシリーズ、それ以外には昔からある絵本が好きです。
稀にテレビで出てくると子どもたちも脳内にInputされているのか、これ懐かしいと言うので、多少は記憶に残っているのでしょうね。

R0049337

こちら(ウルトラマン)もあるのですが、最近日本郵便があざとくて、例のゴジラシリーズも、このシリーズも、スターウォーズも、全部本体820円(82円切手×10枚、又は52円切手×10枚)の癖して、ポストカードだとか豪華額装だとかフィギュア付きとか、余分なものを付けて7000円~という、まるで転売屋価格で売りつけるアコギな商売をするから、買いたくても買えない。

この体質なんとかならんもんか。


気休めだけど車の熱気を外に出す(笑)

以前紹介したソーラー充電パネルですが、ずっと車の荷物室に仕舞ったままでした。
ネットの知り合いがやってたのを見て参考にやってみました。

20160712_064815

知り合いはボディの上にそのままソーラーバッテリーチャージャーを置いてましたが、雨が降ったり盗まれるのがいやなので、ダッシュボードの上に置きました。

20160712_064819

あとは昔持ってた無印のUSB扇風機を繋げて終わり。

20160712_064824

回ってます。

20160712_064940

室内で撮ったとこ。

20160712_0649441

横から。
それなりに回ってます。

20160712_064957

このくらいの隙間を4つの窓で開けて、多少風がながれるようにファンを回しておくだけです。

ドアにはめてソーラーで強制排気するという専用マシンもありますが、サンバイザーが付いている車だと、あるいはそれ以外の車でも評価が低いモノが多く高い金だしてそんなものをセットしなくても気持ちだけでも80~90度になっている車内温度が少しでも下がればと思って使っています(笑)

20160712_065008

外から見たとこ。

  

こんなの。だいだい5000円前後です。

 

ソーラー排気用の専用


エーデルシュタイン アクアマリンその2

取りあえず、まだインクをどの万年筆に入れるか決まってないので(^^;

ガラスペンで書いてみました、なのでちとかすれ等があります。

R0049305

写真(含むかめらの品質)とパソコンやスマフォ、Tabletの画面では違うのであれですが参考までに。

R0049306

横から。

どちらかというと緑が強いかな。

また比較してみますが、イメージ的にはピーコックグリーンみたいな色というか、カランダッシュのアースカラー、カリビアンシー(カリブ海の海の色)に似てるような。
ターコイズほど明るくはなく、て感じ。

ちょいお待ちください(^^;

それにしても、昨年のアメジスト(まあこれは誕生石だから買ったけど)といい、アンバー(琥珀)と言い、つい買っちゃいますね。
まあ、LAMYのイヤーインクは今年は買わなかったけど、昨年はオレンジと蛍光グリーンを買ったし、なんかインク沼から抜けられない(笑)

インクオブザイヤー2016アクアマリン(ペリカン)

最近落ちるものかと思っていても、つい買ってしまうのが、万年筆とインク(゚゚ )☆\ぽか

R0049300

地方なので、ネットや都市圏の大手文具店から数日から1週間くらい送れて手に入りました。

エーデルシュタイン、インクコレクションです。
ぢつはこれ、発表と同時に予約したのですが、予約しといてよかった(^^;
常駐店でも、「予約だけで完売しちゃったので、店頭にも出せなかった」と言われるほどの人気インク。

R0049301

箱から出したとこ。

R0049302

ずざー(゚゚ )☆\ぽか
拡大したとこ。

R0049303

意外と渋めの色で良いかも。

R0049304

書いた色は・・・続く(゚゚ )☆\ぽか

資料的価値が面白いシリーズ ゴジラ全映画DVDコレクターズボックスVol.1(講談社)

最近、デアゴスティーニやアシェットコレクション以外に、角川など出版社系が週刊○○、隔週刊○○と銘打ってシリーズものを出してきている。
それらの多くは、模型など組み立てるものが中心であるが、スター・トレックや刑事コロンボ、男はつらいよ、東映任侠シリーズなどDVDをメインに商品展開しているものも多い。

そんな中で、講談社も参入。

R0049324

12日から発売された、 ゴジラ全映画DVDコレクターズボックス第1号を保護してみた。
私的にはデアゴスティーニの東宝特撮映画コレクションや、Blu-ray、海外からの作品など、東宝特撮映画は全部持ってる(^^;
なので、何をいまさらと思っていたが・・・
とにかく箱がでかい(笑)
B4位の大きさ。

R0049325

こちらが裏面。

R0049326

開けたとこ。
いきなりびっくりのゴジラ公開時1954年(昭和29年)私が産まれる遙か前のww
でも、敬愛する円谷英二・本多猪四郎のゴジラと敬愛する黒澤明の七人の侍が奇しくも同じ年に公開されている。

R0049327

こちらが当時のパンフレットの復刻版。
今はこれがイラスト合成と知っているのであれですが(^^;

R0049328

内側には全51巻の作品集
因みに次号は、ゴジラ史上最大の観客動員数を誇るキングコング対ゴジラ。

R0049329

昔あったよね~、ゴジラの足跡とか(笑)
この辺は大友昌司の影響が大きい。
なんかわくわくする。

R0049330

ここで打ちのめされました(^^;
当時のチラシ、半裁ポスター、スピードポスター(これは映画館で、次はこんなの撮ってるよ、やるよー的なイメージポスター)これが、また子ども心にどきどきわくわくするのよ(^^;
結局ぽしゃっちゃう作品も多かった。続・日本沈没とか、フランケンシュタイン対ゴジラとか。
とにかく、資料の宝庫\(^o^)/ワーイ

R0049333

これまたマイナーな番組が見られます。
そもそもテレ東は静岡では御殿場や伊豆の一部以外箱根山がじゃまして見えないという(^^;
これが見えるのもすごい。

R0049334

まだ見てないのであれですが、まあ所詮DVDなので・・・

因みに、今週末NHKBSプレミアムで、昨年スカパー(日本映画チャンネル)でやったデジタルリマスター版のゴジラをやるのでそっちを見た方が良い(^^;

という訳で、資料的価値を考えると、次号のキングコング対ゴジラに俄然興味が湧いてきました。

まあ、私的には怪獣大戦争までが許容範囲で、それ以降というかやはり円谷英二亡き後の作品は、平成ゴジラシリーズがはじまる、あるいはミレニアムが始まるまで、お子さま向け低価格尺繋ぎ懐かし作品集はほとんど見ていないというか(^^;
どうしよう(笑)

次号からは1998円なので、ねぇ


クロスのクロス(笑)

わかりにくいタイトルですが(笑)

R0049203

クロスと言えば、どちらかというとボールペンをイメージする人が多いかな?
私的にはボールペンも万年筆もメカニカルペンシル(シャープペンシル)も持ってますが(^^;

R0049204

こちら、一見メガネ拭きのように見えますが・・・

R0049205

注意書きがあって、金製品及び純銀製品のお手入れ用とあります。

金も銀も、特に銀は黒く酸化してしまいます。
クロスだけでなくセーラー、グラフフォンファーバーカステル共に、純銀の筆記具を持っていて少しすると黒ずんでくる。
特に、革製のペンホルダーに挿すと、タンニンなどの成分により数日で銀が真っ黒になってしまいます。
(過去の記事検索してください)

あと、ここからは愚痴(笑)

文章を略すようになって、日本語は進化(一部では退化)しています。
シャープペンシルは、和製英語。
本来はメカニカルペンシル(本ブログではこちらと、シャープペンシルを併記しています)
シャープペンシルは、鴻海に買収された目の付け所がシャープの創始者が発明した画期的な商品で、以後海外でも使われるようになりました。
そこで日本ではシャープペンシル、海外ではメカニカルペンシル(機械機構の鉛筆)と呼んでいます。

ところが、最近若い人のみならず、天下のNHKもシャープペンシルを、シャーペンと略します。
先日のテレビ番組NHKのものでも、併せてシャーペンの芯を、シャー芯と略して言います(笑)

なんだかなぁ、まあ、良いんですけど。

高音質重低音と幅広いKH-KZ3000その2比較編(KENWOOD)#minpos #KENWOOD

比較編です。
とはいえ、こちらは手持ちのものなので分が悪い(笑)

R0049261

一応左はアルティメットエアー(UE)6000シリーズ(廃番)20000円クラスとBOSE On-Ear 15000円クラスです(^^;
KH-KZ3000の唯一残念なところは、こちらのようなカバーが付いてこないこと。
そこだけは勝ったヾ(^ )コレコレ違うから。

R0049266

出したとこ。
それぞれメーカーによって、収納の仕方が違うのがわかると思います。
ヘッドホン本体として一番小さいのはBOSE、続いてKH-KZ3000、UE6000になります。
収納状態で行くと、
BOSE、UE6000(こちら折れ曲がるため)、KH-KZ3000となります。

17910-862-296634

R0049267

UE6000とKH-KZ3000の見た目比較。
因みに、UE6000はノイズキャンセラ搭載のため、単四電池が2本要ります。
(電池が入ってないとオフにしていても音が出ないというのがちょっと残念。)
このため、ちと大きいです。
その代わり耳がすっぽり覆われるので、外界からの音は遮断されます。
メーカーの違いで、UEは右側(-人-)合掌(RCH)にケーブルがきます。
KH-KZ3000は左側(LCH)になります。
UE6000はiOSに限りリモコンが使えて、電話がかかってきたら出ることも可能。
KH-KZ3000は純粋に音楽を楽しむものになります。

但し、iPhoneやXperia Z3 Compactなどで、着信やFacebookのコメント、ニュースなどが配信されると、音はちゃんと鳴ります(^^;
ウォークマンのNW-ZX1は無線はオフにしてあるし純然たる音楽再生マシンにしてあるのでそういう余分な外界音は入らないようにしてあります。

R0049268

BOSEと。
こうやってみるとBOSEのケーブルイヤフォンケーブルみたいでおもちゃみたいだ(^^;
BOSEは言わずもがな、独自路線で音づくりをしているので、同じ音源を聴いてもBOSEらしい音になるマシンです。
なので、重低音重視のBOSEらしい音が好きな人は左の方が良いかも。
とは言え、一度KH-KZ3000を聴いてしまったら、もうBOSEには戻れません(笑)

R0049265

BOSE On-Earは139g

R0049262

KH-KZ3000は225g

R0049263

UE6000は309g
普段聞き(かけ)慣れているからあまり気にしたことなかったですが、けっこう重いですねwww

R0049269

やはりNW-ZX1でしょう(笑)
とは言え、ハイレゾ対応のXperia Z3 Compactでも遜色ない音の再現性です。
これはSONYの音作りというか音のまとめ方が上手いからだと思います。

R0049272

iPhoneでも聴けますが、SONYの場合、NW-ZX1でもXperia Z3 Compact(含むSony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621、Xperia Z4 Tablet SGP771)でも、過去のMP3やAAC音楽でもハイレゾ風に加工して再生してくれるので、iPhoneと比べると一段上の音の再現性を持っています。
この辺がSONYの面目躍如たる所でしょうか。

一方、iPhoneでも有料ですがFLAC再生ができるアプリもあり、そちらでも良い音が出ます。

子ども双子2号(25歳)音楽好き、にも自分のiPhoneやiPadなどでも聴いてもらっても、これ欲しい。という位ですから、かなり音質的には万人に喜ばれる(満足がいく)ヘッドホンであると思います。

これ、色々評価して云々書くよりも、ひと言「これ欲しい!!」で充分かと思います。

但しいかんせん、5万クラスなのでiPhoneSEやXperia Xなどが買えちゃうお値段(^^;
限られた期間楽しんで聴きまくるしかないかなという(汗)

文句なしに素晴らしいヘッドホンです。

17910-862-296634


高級ヘッドフォンを試す。KH-KZ3000(KENWOOD)#minpos #KENWOOD

みんぽす/WillViiさまより、KENWOOD直営店限定のKH-KZ3000をお試しする機会がありましたので紹介します。

R0049236

箱です、
めっちゃカッコイイ。

R0049237

言わずもがなのハイレゾ対応。

17910-862-296632

R0049238

こういう機会はあまりないので、横から

R0049239

裏から。
今回のアイコンである赤い三角形がコンセプト。

R0049240

外箱開けたら、また高級感あふれる箱。

R0049241

おお~っと思わずため息が出たカッコイイレイアウト。

48400円もする訳です。

R0049242

箱から出したとこ。
重厚感あります。

R0049243

アルミ削り出し?の感じが良いです。
ちなみにこれはモニター用なので、既にエイジングもされていると思います。

R0049244

高級だけあって、色んな所にこだわりがあります。
LRのロゴもさりげない位置にプリントされているし。

R0049246

コーン(40mmトリプルネオジウムマグネットドライバーユニット)がすごい。
重低音から高音までカバーして、まろやかかつ繊細な音が出ます。

R0049248

内側。

R0049252

ケーブルもこだわって作られています。

R0049254

こちらの青い樹脂が付いている方。
これ本来はマイク端子などを持っている用の対応っぽく見えますが、バランス接続対応モデルと言うことで、・・・

R0049257

ヘッドフォン側に挿すためのコネクタになっています。

R0049258

右がヘッドフォン部に挿して、左が再生マシン側に挿します。

R0049259

こんな感じ。
続きます。

因みに、こちらがKENWOODのサイトでKH-KZ3000の詳しい説明があります。

こちらが直販サイト。直販でしか買えません。通販はなし。
というか、「密林」も「むむむっ!」もヒットしませんでした(^^;

比較するのも恐れ多いですが、比較編に続きます。


17910-862-296632


サファリ2016ダークライラックその2インク飲ませた編(LAMY)

ペンを紹介するだけだと面白くないので(^^;

R0049230

インク飲ませた編です。
因みに、常駐店では気を利かして、インクまで取っておいてくれたのですが、流石に紫系ってインク消費量があまりないので(汗)
これもかなり昔のヤツ。
エルバン(L版ではない(゚゚ )☆\ぽか)のヴィオレパンセ

R0049231

箱から出したとこ。
コンバーターは持ってるケド、紫ってインクが筒にあっという間に染まっちゃうので使い古しのカートリッジの空のヤツと注射器(しゃぶしゃぶ用ではなくて、オーデコロン用の100円+税ショップの化粧品コーナーで)

R0049232

こんな色。
ダークライラックでなくて、ライトライラックですな(゚゚ )☆\ぽか
そもそも、スミレ色だし。

R0049235

ちょっとどころか、かなり明るい。

でもキレイな色なので好きです。てゆうか好きだからこの色は昔から持ってる(^^;

サファリ2016ダークライラック(LAMY)

飼う予定はなかったのですが(^^;
クリップやペンが黒モデルということで。

R0049210

ケースが変わりました。
ケースは店や仕入れ先によって違うので、必ずしも一緒ではありませんが。

R0049211

こじゃれたデザインです。

R0049213

意外ときれいな色です。

R0049217

従来のサファリと違ってマット調なのが良いかもしれません。

R0049219

黒ニブはBやMを持っているのでEFにしてみました。

R0049220

良い感じです。

R0049221

クリップも良い感じです。

 


開田裕治先生ほかゴジラVSエヴァンゲリオンノート(セブンイレブン)

先週末くらいから出ていましたが、ようやく保護しました\(^o^)/ワーイ
7月公開のシン・ゴジラのタイアップキャンペーンで、ノートはゴジラVSエヴァンゲリオンとエヴァンゲリオンの4種類。
対象商品のパンを2コ買うと好きなもの一冊もらえるというもの。
都心などで競争率が高いところだとどうか知りませんが、田舎だとまだ大量にあります(^^;

R0049291

少し前に書かれた、開田裕治先生の絵です。

R0049292

残念なのは裁断が甘いこと。
きっちり切れてません。てゆうか、これ別々に作って併せたような感じ。

R0049293

見開き
開田先生らしいダイナミックな構図と建物の壊れ方などが素晴らしい。

R0049294

シン・ゴジラ記念nanacoカードも出ます。これも良いわ。

R0049295

開田先生のプロフィールも載ってます。

R0049296

もう一冊は前田真宏先生のイラスト。
こちらは白黒でこちらもカッコイイです。
こちらも残念ながら裁断が悪いWWW

R0049297

見開きページ。

R0049298

こちらも前田先生のプロフィールが載ってます。

この2冊で良いわ(笑)

既に4冊セットでオクでも出ていますが、無料ですから載せられないように。

お昼をパンにして、ノートをゲットしよう(笑)

中国から来た、怪しいリモコン風コントローラー(メーカー不詳)

先日、3D用のVRビュワーをお試ししましたが、あのときに唯一操作しにくかったのがアプリの起動や選択ができなかったことです。

と言う訳で、500円位であったので、VRグラスと同時にポチったのが・・・

R0049040

海の彼方から来ました。
正味10日くらいかかってるし(^^;

R0049041

こちらが裏面。

R0049042

なんて読むか解らない(笑)
手柄(てがら)自拍器(じはくき)
まあ、手の代わりになんとかするヤツでしょうか?

英語の方がまだわかりやすいわ。
ブルートゥース ゲームパッド と セルフィーシャッター リモコンです。

R0049043

しかも、iOSとAndroidとパソコンの汎用Bluetoothリモコンと言うことになります。

R0049044

英語を拡大すると(笑)
スマホ用のブルートゥースリモコンってことでしょうか(笑)
テレビBox(たぶん、セットトップボックス)やパソコン、ゲームパッドなどBluetooth対応のマシンではどれでも使えるよ~ってな感じ。
ワイヤレスマウスや音楽でも操作できる的な。

R0049045

箱裏はスペックが書いてあります。
一般的なBluetooth対応なので距離は2~10m対応可。
しかも、一回の充電で40時間は使えるという優れもの

R0049046

こちらが取説と本体。
取説はご覧のように中国語と英語です。
日本語表記はありません。
英語見てればなんとなく解ります。

見た感じどっかのプレステ用ゲームコントローラーみたいなロゴがあります。

R0049047

説明も中国語と英語。

R0049051

英語の方が解りやすいかも。

R0049053

こちらが手に持ったとこ。
ちっちゃwww

R0049054

こちらもどっかのプレステのジョイスティックみたいな感じの操作棒。

R0049055

こんな感じで、ぐりぐり動きます。
これがマウス代わりの操作スティックになります。

R0049056

なんちゃってなので微妙に絵が違いますがw
×は戻る。△が決定みたいな感じ。
aマークはAmazon(゚゚ )☆\ぽか違う

R0049057

横には、ゲームとキーとあって、ゲームモードにしないとマウス代わりに動きません。
普段はゲームモードにしておいた方が良いです。

R0049058

電源は中央ボタンのスタートを押します。

続きます。

これがBluetoothリモコン

 

しっかりしたのもあります。
それなりのお値段。

500円でここまでできれば良いかな的な。


Xperia Z3 Tablet Compact SGP621その5起動若しくは怒濤のアップデート編(SONY)

起動します。
てゆうか、フィルム貼ったら起動しちゃったので慌てて(笑)

R0049172

面白いのは、この頃から、中文(香港地区)とEnglish(Hong Kong SAR China)がトップに出てきたこと。
今までは、すぐ下の中文(筒体)みたいなのしかなかったのに(笑)
あと、日本語が上に来ています。
それまでは、かなりしたまで行かないと出てこなかった。

ここからはキャプチャと撮影データ混在で。

001

まず日本語を選びます。
その直後から選択肢が日本語になります。
下段参照。

002

まあ使用許諾云々みたいなチェック画面が出てきて、(左)
無線接続画面が出ます。

003

無線LANの設定です。

R0049173

こちらが入力キーの状態。
幅が10インチよりも狭いですが、入力しにくいと言うことは無いです。

でもって、一つ上の右側、グーグルアカウント云々になります。
増設ならはい。
初めて使う人はいいえをタップします。

004

自分は持っていますので、ログインIDとパスワードのみ(それと認証コード:二段階認証登録設定をしているの)で入れます。
その後バックアップと復元が出てきます。
基本的な内容は他のマシンの設定(バックアップ)から出てくるので、無線LANの設定は初回のみだけ入力、あとは自動的にデータバックアップされるので、かつて繋いだことがある場所なら自然に接続されます。
この辺はXperia Zシリーズに共通で外で無駄に無線LANを探さないと言うのが良いです。

005

グーグル設定が終わると今度はSONYの設定になります。
これもSONY製品を持っていれば自分のアカウントに接続できます。
ここも昔ほどうるさくなくなって(笑)
世界の登録と日本の登録(厳密に言えば違うけど)一元化されています。
海外からのお知らせのメールが来ますけど。

これで登録完了。

007

なぜか個々で画面が横になります(笑)
まあタブレットだから。
これは免責確認。

008

これがデフォルト(購入してすぐ)の画面。
すぐ全部消しちゃうノで記念でもあります。ヾ(^ )コレコレ

気がついた方は偉い。
そうです、このSony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621(8インチタブレット)ですが、電話もできます。
但し、通話可能SIMを持っている必要があります。
あ、通信カードの契約の方でも、最近流行のLINEやFacebook、Messengerアプリで電話ができます。
但し、外から見ると超間抜けだと思いますが(笑)

009

こちらが、4.4.4のバージョンの時の設定画面。
右下のタブレット情報を見ると・・・

010

Androidのバージョンは、4.4.4です。
左の上にソフトウエア更新とありますが、それを開いたのが右側の画面。
こんだけ沢山のアップデートがあります(笑)
下側にあるのはSONYのXPERIAに同梱されているアプリ類(もっとありますが)
この頃は音楽アプリがWALKMANなんですw

R0049175

ここから怒濤のアップデート(笑)

011

ソフトウエア更新します。

012

まず、Android5.0.2になりました。
直後にまたアップデートのお知らせ(右)

013

今度はAndroid5.1.1
でもこの前に2~3回、ベースバンドバージョンとカーネルバージョンの変更があってw

014

何度かアップデートがあって、今度はAndroid6.0.1になりました。
この間約半日(笑)

015

参考までに、左側ですが、SONY用のNC(ノイズキャンセラ対応イヤフォン・ヘッドフォン)を使うことで、余分な音が消える機能も付いています。

右側はSONY Reader用の設定。

これで、あとは必要なアプリを落としてくれば、快適に使える訳です。

長かったw


« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ