« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

スパッ!紙がキレイに切れるアルミ定規(笑)(クツワ)

なぜ、この定規の売りを紙がキレイに切れるとしたのか(笑)

R0048616

グッドデザイン賞受賞です。

R0048621

裏面。

R0048623

中にも説明が。

R0048625

箱から出したとこ。
真ん中、2cm程の所からカッティングガイドがあります(笑)

R0048626

反対側から見たとこ。
青い濃い方は30cmまでメモリがあります。

R0048624

不意に定規が開かない?ようになっているストッパー。
別にバネがあってびよ~んって開く訳では無いです。

R0048627

裏から見たとこ。
確かに止められてます。

R0048628

ストッパー開けて開いたとこ。

R0048629

各角度でテンションがかかるので、分度器代わりにもなりそう(^^;
正確な角度なのかわかりませんので、これで算数の時間に線を引いて×にされてもしりません。

R0048630

開いたとこ。

R0048631

全開。
これで30cmになります。
折りたたみ可能なので、ペンケースに入れても良いかも。
しかも高級感があるアルミだし。

R0048634

ストッパーがある部分、ちょっと間抜け(^^;

R0048636

こちらがカッティングガイド部分。
試しに当ててノートの紙を破ったら、上手く行きました(笑)
但し、あまり厚手の紙だとうまく切れないかも。

黒もありますが、当たり前過ぎたので青にしてみました(笑)
Amazonでもけっこう売れているみたいで、500位でした。


飾り原稿用紙に新色、初夏らしい碧翡翠(あたぼう)

あたぼうさんの飾り原稿用紙ですが、初夏に向けて新色が出ました。

R0048704

涼しげな水色の罫線です。

R0048705

碧翡翠(へきひすい?)って読むのかな?
カワセミシルエットが良いです。

R0048708

全景

中央のイラストも良い感じ。

R0048709

下段は、カワセミが飛び立った後の水滴をイメージしています。

R0048710

上段は獲物を咥えて飛び立つカワセミ。

R0048712

左右には、ホバリングして獲物を狙うカワセミ。
周囲は水の流れって感じで良いです。

R0048713

体を休めるカワセミ

R0048714

下段中央は清流の渦みたいになっています。

うちの近くの川にも、カワセミがいて、時々カメラマンのおっちゃんがバズーカみたいなレンズで出てくるのを待ってます。

おじさんは、最高でも300mmしか持ってないので、決定的なシーンは撮ったことがないです。

   

  

Amazonさんでは新色まだ出てなかった。
全国区だと東急ハンズさんなどにあると思います。

静岡県だと(笑)四葉さんとブングボックスさんにあると思います。

SEEDの消しゴム、新シリーズGRAPH×SEED その2(SEED)

SEEDの消しゴムの続きです。

R0048667

For COLOR plastic eraser cpg_100

R0048668

こちらは色鉛筆用。或いは2B以上の軟らかい鉛筆用。

最初は軽く、そして、徐々に力を入れて消して下さいとあります。

R0048669

最後は、
For SOFT kneadable eraser nkg_100

R0048670

要は練り消し(笑)

こういう風にデザインされると、何かめっちゃカッコイイ感じがしますヾ(^ )コレコレ
大きさの感覚が分かりにくいので並べてみます。

R0048659

こんな感じ。

R0048660

横からみたとこ。

それぞれ特性を持った消しゴムという発想が面白いです。

SEEDを扱っている店は少ないので(何故か静岡県は多いけど)、気をつけて探してみて下さい。

SEEDの消しゴム、新シリーズGRAPH×SEED その1(SEED)

最近、万年筆に次いで、シャープペンシルや鉛筆が見直されてきています。
折れないシャープペンシル、また人の温かみを感じる鉛筆、三菱鉛筆は130周年記念として限定品を出すなど。

そんな中、消しゴムメーカーのSEED(シード)さんが新しいシリーズを出しました。

北川一成GRAPHヘッドデザイナーによる新シリーズです。

もったいないというか普段使っているものがまだあるので、消してません(゚゚ )☆\ぽか

R0048661

こちらが、NonDUST Plastic Eraser ndg_100

R0048662

要は消しクズがまとまる消しゴム(笑)

R0048663

Radar plastic eraser sg_100

R0048664

普通のヤツだと思いますが(^^;
解説は、ソフトタッチで良く消える。です

R0048665

For SHARP plastic eraser shg_100

R0048666

こちらはシャープペンシル用です。

続く

by LOFTが面白い。SKETCH BOOK その2(LOFT)

野帳の続きです(笑)

R0048697

二番目に売れていたらしいものがこれ。

R0048698

こちらが裏面。

R0048699

あまり売れてないっぽいのがこれ。そんなに悪くないと思いますが。

R0048700

裏面。

はまったのは野帳ですが、色々な商品が出ていました。


by LOFTが面白い。SKETCH BOOK その1(LOFT)

他故壁氏(たこ)さんから教えて貰って、保護しました。

R0048691

スケッチブック by LOFTです。
バイロフトシリーズとしてLOFTが新しく専用シリーズで出したものです。

中身は・・・

R0048692

野帳です。

R0048693

そうです、コクヨ謹製の野帳です。

R0048694

こちらが裏面。

全部で4冊ラインナップされています。

R0048695

こちらが銀座店では一番売れているらしいもの。

R0048696

裏面です。

280円なのでそれほどお高くないのと、表紙のデザインが可愛いので、女性も安心して使えるのではないでしょうか?

続く

東京中央郵便局限定マステ第3段?東京02(東京中央郵便局)

もう一丁買ったのが・・・

R0048682

東京中央郵便局限定と書いてあります。
他のマステ、あー以前紹介した東京駅とピンクのマステは東京中央郵便局限定です。
が期間限定ではなく、ここでないと買えないものです。(もしかしたら通販はあるかも)
それ以外のはたぶん全国の主な郵便局で買えそうなので(^^;

R0048683

こちらが裏面。

R0048684

剝いたとこ。

R0048685

こっちの方が可愛いなw

R0048686

延ばしたとこ。

R0048687

拡大。

R0048688

その2

R0048689

その3
普通はこの位で1サイクルなのですが、まだ先にも違う絵が沢山あって、こういうパターンは珍しいです。

でもって、昨日紹介したものと並べてみました(^^;

R0048701

重ねたとこ。
全然巻きが違います(^^;

R0048702

並べたとこ。
そうなのです、マステだけ売っているものは401円3周年記念のマステはがきキットは500円。
巻きは15mと10m(^^;
そう考えると、今日紹介したマステだけの方が数倍お得ですwww


KITTE3周年記念セット(東京中央郵便局)

先週末?週頭(^^;18切符の消化試合で東京に行ってきました。
前から悩んでいた(笑)マステセットを保護。

R0048672

相変わらず紙袋が渋い。

R0048673

こちらが、3周年記念のマステキット。
でも思うと高いな(笑)

R0048675

諸元w

R0048676

3周年記念のマステです。

R0048677

こんな感じ。

R0048678

出してみた。
これ自分でも書けそうなので、マステ作家になるか(゚゚ )☆\ぽかあほ

R0048679

ちょい拡大。

R0048680

東京駅も入ってます。

R0048681

これで一セットかな?

しかしいつまで売ってるんだろ?

プリウスのヘッドライトカバーの白内障を手術する(笑)

09年の30系プリウスツーリングですが、会社の駐車場で南向きに駐車しているため、以外と早くにヘッドライトカバーが白内障になってしまいます。
2年前の車検の時に一度クリアにしてもらったのですが、また目立ってきたので今度は自分で挑戦(^^;

ネットで色々調べて見たら特に超お高いケミカル系のものを使わなくても簡単にできそうな(事を書いてあった)のでやってみました。

Dsc05972

呉ルックス何でも良しのスプレー缶、試しに買ってみました。

ソフト99のヘッドライトリフレッシュ(ネットで探すと、これを使っている人の割合が何故か高かったので)

耐水ペーパー(1000、1500、2000)

わんこ。何故か写真撮ってるとこの商品に興味津々でぺろぺろなめてくるので仕方なく(笑)

Dsc05975

耐水ペーパーもわんこにかかれば負けます(違

それと

Dsc05976

家にあった、金属磨きのピカール(笑)
一説によると、ピカール最強伝説なるものがあるらしい。

まあ、これらの商品って、ほとんどがコンパウンド(表面を少々削る素材)なんですけどね。

で、やりますw
あ、やっているとこ撮らなかった(゚゚ )☆\ぽか

Dsc05977

左目。
若干くすんでいます。

Dsc05979

正面から。
右二つのライトの前が白くなり始めています。

Dsc05978

こっちの方がわかりやすいかも。

Dsc05980

右目は完全に白くなっています。

Dsc05981

横などは真っ白です。

Dsc05982

車幅灯(スモール)も見えにくいし。

Dsc05983

角も真っ白です。

重症の方(右目)
耐水ペーパーの1000から1500、2000と徐々に細かなものにして、表面の白い部分を削っていきます。
あ、水を付けながら徐々にですよ。
その後、ピカールで軽く表面を拭いて

Dsc05985

ソフト99のヘッドライトリフレッシュのベースクリーナーで磨きます。

Dsc05987

こちらね。

その後、LOOXスプレー、ヘッドライトリフレッシュの仕上げ

左目は、軽いので・・・
耐水ペーパーは使わずに、ピカール、ソフト99のヘッドライトリフレッシュ、LOOXスプレー、ヘッドライトリフレッシュの仕上げ

Dsc05989

こちらが完成後。

Dsc05990

上から見たとこ。

Dsc05991

重症の右目も綺麗になりました。

Dsc05995

こんな感じで、正面は完全に曇りが取れています。

Dsc05993

上の銀の部分が若干残っていますが、言われなければわからないレベルなので良しとしましょう。

色々調べて解ったことは、半年ごとにメンテをすれば、いつまでも綺麗に見えるとのことでした。

この現象は、安い車だから発生するということはなく、クラウンだろうがレクサス、アウディなどお高い車でも発生します。
私的に前に乗っていたBIGHORNLotusは、ヘッドライトカバーがガラスだったので気にしたことはなかったですが、最近の車はほとんどが樹脂になっているので、中には高級車でも真っ白い目になっちゃった車を見る事があります。
ヘッドライトカバーだけ交換はできないようで、ユニット毎替えるととんでもない金額がかかるようなので、こまめにメンテを行った方が良いと思います。

真っ白くなってからだと大変なので、早めのケアを行いましょう。

 

近所のホームセンターやカー用品店で買えます。
耐水ペーパーはホームセンターじゃないと手に入らないか、カー用品店だと小さく切って品番がまとめられて入っているセットがあると思いますが、高くなると思うのでホームセンターで1枚60~80円位で手に入るのでホームセンターオススメです。


SPECTER Blu-rayDVD

007シリーズの最新作が先週(笑)Blu-rayで発売されました。
初回限定盤はボックスなどに加えて、廉価版のBlu-ray&DVDもあります。

R0048652

初回はスリーブケース付き(^^;

R0048655

こちらが裏面。

数年前に値崩れした007シリーズ記念ボックスDr.ノオ~スカイフォールまでを保護した関係で、こちらも買ってしまいました(笑)

ストーリーはネタバレになるので割愛。
もしかしたらグレイグボンドはこれで見納めになるかもというとちと哀しい。

因みに、ダニエルクレイグが出たカジノロワイヤル意向4作品は、どちらかというと原点回帰のシリーズで、派手なアクションはあるにせよ、所々で初期の頃のボンド映画を知っている人にとってはにやりとしてしまう設定が面白い。

コアで超マニアックなファンに言わせると駄作だそうですが、アクションあり、昔の設定等もあり十分楽しめた作品でした。(映画見たときの感想ね)

R0048656

こちらがスリーブケースを外したとこ。

R0048657

裏面。
絵くらい替えて欲しいw

R0048658

開けたとこ。
こちらもBlu-rayとDVDが同じ絵(^^;
間違って使いそうなのでもう少し工夫して欲しかった(^^;

なんで同じ映画をダブルで出すかというと、今回初めて知りましたがw
高画質のBlu-rayは、大画面でじっくり見て欲しいということと、車や外などで気軽に再生して欲しいということでDVDを付けてくれてあるそうです。
これには付いていませんが、洋画の多くはオンデマンドで見られるコードも付いてくるものが増えています。
但し、各販売会社独自の取り組みなどもあるので、できれば一本化してもらえるとその都度登録しなくて済むのにと思うのは私だけ?
なので、オンデマンドは1度くらいしか見たことないです。

 

DVDでこの値段なのでセットの方がオススメです。

 

こちらは、カジノロワイヤルからスカイフォールまでのセット。
このくらいに安くなっちゃいますからね。

こういう低価格で日本のアニメシリーズでも出して欲しい。
そもそも、アニメの場合どちらもかなりお高い価格設定で、いろんなもの付けて1万円近くで売るしw
(と言うのも、制作費の元がテレビ放送だけでは取れないので、30分番組を2話、酷いときには1話で8000円位でだして売るし)
片や洋画は4000円ちょい位で出して実売3000円程度で手に入るので、日本の映画やアニメもこんな感じで出してくれればもっと多くの人が買うと思います。

因みに、同じ作品を海外で売られているアニメBlu-rayBOXなんかだと海外で1シーズン2枚組~4枚組で5000~7000円位で出してくれるので、オープニングの文字が英語表記になっている(そのまま日本語で出ているものもありw)ところを我慢すれば、低価格で一通り揃ってしまいますからねぇ。
それが日本だと2話だけでその値段というのが(^^;

そろそろ日本も考えるべきだと思いますよぉ。
まあ、普通の人は放送録画して焼けば買わないしねぇ。

最新型ルンバ980を体験 その6雑比較編(iRobot)#ルンバ借りてみた #Roomba #iRobot

モニター中のルンバですが・・・

20160315_193157

ご覧のように、どばっと取れます。

因みに、昔の輸入モデル560とどっちが取れるかやってみました。
同時に動かします。

20160326_082117_hdr

家族で評判が良いのが、昔のマシン。上段
何が良いかというと容量が大きくてゴミが捨てやすいということです。
現行の最新鋭のは排気を綺麗にするためなのでしょうか、写真下右側のダクト部分でゴミ収納量が減り、あと出しにくくなっているのがどうかなという意見でした。
結局、ゴミ袋の所でも指を入れてゴミをつままなければ出せないことに加え・・・

20160326_082238

フィルターにもこのような感じで詰まって仕舞うのでこれも爪楊枝などを使って掻き出さなければならないので、せっかく床がきれいになっても、指が汚れたりこの塵を捨てる際に、ゴミが舞うのが家族としてはいやのようです。

ジョッター比較編

比較するまでもないのですが(^^;
手持ちのジョッターその辺にあったもののみを並べて見ました。

R0048582

丸善ジョッター(2面)、TUMIジョッター、A4パンチングレザージョッター

R0048583

わかりにくいので開いてみました(笑)

R0048584

丸善ジョッター
これ普段から使っているので、革がぼろぼろに(^^;

R0048585

開いたとこ。
両面があるので、1枚に書き切れない時などは重宝します。

R0048586

小さい鞄に入れてあるTUMIのジョッター

R0048588

こちらが裏面。
細いけどペンホルダーが付いてマス。

R0048589

LAMYのスピリット(ボールペンタイプ)を挿しています。
これくらいしか入らない。
メカニカルペン(シャープペンシル)も持っていますが、意外と折れちゃっていざというときにノックしてもなかなか出てこない場合があるので。

基本手持ちで移動するときに使っているジョッターは5×3インチの普及タイプ。
これ以外に名刺サイズや伊東屋オリジナルサイズのジョッターも持っています(^^;
ちょっとしたときのひらめきや電話を受けた時のメモなどあると意外と重宝します。

A4サイズの巨大なジョッター(笑)パンチングレザージョッター(アシュフォード)

僕はジョッター1000年の未来から・・・って誰もしらねぇよ(゚゚ )☆\ぽか

R0048347

某文具店の目玉商品として、超格安で出ていたので保護しました(^^;
ってハコです。

R0048350

開けたとこ。
革なので不織布に包まれています。

R0048351

出しました~
わかりにくいですね。
ジョッターって、さっと出して気軽にメモできるもので、私的には情報用紙サイズ各種(^^;持ってまして、色んな鞄に入れてあります。本当は小さいものなのですが、こちらはA4サイズ(^^;
四隅にA4の紙を固定するところがあって、上に見えるのはペンホルダー。

R0048352

裏面。
レーシングスーツやステアリングなどで使われているパンチングレザーです。
穴を開けたデザインですね。

R0048353

表面の四隅も同じくパンチングレザーとなっています。
一か所だけアシュフォードのロゴが押されています。

R0048354

ペンクリップ部もパンチングレザーとなっています。

R0048355

四隅のうち1か所だけボタンがあります。

R0048356

使い終わったメモなどを保管する。
或いは予備のメモ用紙を前に出してセットする用に内側にポケットが付いています。

R0048358

あたぼうさんの、飾り原稿用紙をセットしてみました。
良い感じで収まります。

R0048359

耳部分の拡大。

R0048360

横でも縦でも使えますので、好きな用紙をセットされるのが良いかなと。
私的には、Lifeさんのレポート用紙やコクヨのバンクペーパー、チョーボペーパー、先日紹介したトモエリバー用紙などをはめて使おうかなと思います。

こちらが紹介したもの、A4サイズ。
でもバーゲンで2980円で保護(^^;

 

ミニサイズのLとSもあります。
必要というか使うサイズに合わせてお探し下さい。

29年前の・・・QUVAX MC50 その2本体編(RICHO)

さて、本体編です。

R0048526

当時としては洗練されたロゴやデザイン。

R0048527

プライベート、インフォメーション、システムとあります。

R0048528

こちらはガラス板ですな。
さて、ここで気がついた方正解。
これ、スキャナー兼プリンターです。
当時としては画期的なマシン(笑)
しかも、1987年(昭和62年)と言えば、システム手帳が流行始めの頃。
というわけで、このサイズもバイブルタイプのシステム手帳が読み込める大きさとして作られています。
2つ上の写真で130mmとか165mmとかがその名残です。

R0048525

こちらが設定側。

R0048529

感熱ロール紙が残っています(^^;
そもそもまだ手に入るのか?

R0048531

当時は全自動ではなくて(^^;
全部手動でやったのね(笑)
読み込み濃度と出力濃度の設定があります。
少し上は読み込みの大きさ。
一番上の△三角のデザインは読み込みスタートボタン。

R0048533

こちらが電源スイッチと、DCコネクタ。12V

さて、これ動くんでしょうか?

電池は反応するようですが、流石にRICOHのワープロだったACバッテリーを使ってみたので電力パワーが足りないようです。
てゆうか、放電しちゃったらしく、電源では駆動しません。バッテリーで動くように設計されているみたいです。

R0048637

その代わり、こうやって使います(^^;
素通しガラスなので、コピーしたいものを上から当たって、読み取りボタンを押してキャプチャ。
理論は現代のフラットスキャナと同じ仕組。
ただ、それをパソコンに画像として転送するのではなく、読み込んだらそのまま感熱ロール紙に白黒二値かグレースケールで転送するだけの単純な仕組みになります。

君はRICOHの名機シリーズQUVAX MC50を知っているか?(RICOH)

私的電脳小物遊戯を書き始めたのが2005年(^^;その当時は移り変わる電脳小物の進化がすごくてそういう名前を付けました。
たぶんその頃書いた記事を読んだ読者さんから、ジャンクだけど捨てちゃうからあげる。
と言われて送って貰ったのが・・・

R0048519

こちら。
さて、何でしょう。
ってゆっても、知っている人はごくわずかだと思われます(^^;

今をさかのぼること、29年前の1987年にグッドデザイン賞を受賞したマシンです。

R0048524

こちらが全容。
クレジットカードをがりっとやる機械にも見えるし・・・(最近の若い人には知らないギャグだな)

さて、これはなんでしょう。

R0048520

こちらがバッテリー。
30年位前のものだし、リチウムイオン二次電池などは開発されていないし、ニッケル水素電池もまだ研究中の時代なので、なんとニッケル・カドミウム蓄電池www
ということで、完全放電しているようで、反応しません。
でもこのロゴを読む限り、AA(単3)電池を8本使えば持ち運びできそう(^^;

R0048521

バッテリースロット部分。

R0048522

収納したとこ。

R0048523

この部分は、当時流行していたワードプロセッサ(笑)のQUVAXシリーズの小洒落た、当時世界最薄のワープロQUVAX MJ550に接続する用のコネクタ。
リンクは個人のワープロの歴史を紐解いているサイト。
私もいくつか持っていたマシンがあります(^^;
因みに、若い頃に作ったホームページがまだ生き残っていた(@@;
こちらにも色々書いてあります。

続く

ネ兄!!ブログ書込5,555エントリ~\(^o^)/ワーイ

昨日アップした記事で、なんと5,555エントリでした。

昨年は11,111,111(1,111万)アクセスが記念の節目でした。

私的にはブログを始めたのは遅めで、2005年の10月4日なのですが、子どもの頃の日記も大きくなってからの日記も3~4日持てば良い方というおじさんですがw

ブログはなんと、通算5,555。
11年も続けているというのもオドロキです(笑)
126ヶ月、約3,743日(笑)
1日平均なんと1.5も記事を書いていたことになります(汗)

今年はまったりペースダウンして、FBなどで良く出てくる質問に対する回答などをちまちま書いていこうかなと思っています。

なので、これからはネタが無くて空く日も出てくるかも知れませんが、よろしくお願いします。

この場をお借りして、御礼申し上げます。

TomoeRiver PAPER PAD(栄紙業)

ほぼ日手帳で一躍有名になったトモエリバー用紙ですが、静岡市清水区(旧清水市)の巴川製紙所が開発した、辞書や手帳に最適な超薄い用紙です。
そもそも巴川製紙所は、静岡市と清水市の間を流れる巴川沿いにできた製紙会社なので巴川製紙所です。
興味がある方はウィキペって~
今は会社が拡大して、どちらかというと静岡市の用宗(東名高速道路静岡インターを過ぎて焼津インター方面に向かう日本坂トンネルの手前に見える大きな製紙会社)で作っています。
トモエリバーは、薄くて破れにくいことから、ほぼ日手帳以前から手帳やシステム手帳のリフィル(レイメイ藤井)あるいは国語辞典や百科事典などで使われていました。

長くなったので閑話休題w

R0048338

こちらがその用紙。
あー、イメージとしてはレポート用紙っぽい感じかな。
かなりお高いです(^^;
某文具店のバーゲンで3割引だったので保護したというのがその理由。

因みに・・・

R0048340

ホワイトと書いてありますが、これ白とクリームがあります。
日本製が誇らしげ(笑)

R0048341

1枚めくったらメッシュだと思ったw
これは下敷き用の厚紙。

R0048342

次の紙は、最近ブログに書いた、吸い取り紙です。
このペーパーパッド買った方、「なんだよぉ~トモエリバー用紙って厚いぢゃん」って、驚かないように(笑)

R0048344

一枚めくって、トモエリバー用紙の下に先ほどの下敷きを敷いたところ。

R0048382

ほぼ日手帳に比べると、どうも片面のみちゃんと漉いているっぽく、裏面は多少ざらざらしています。
レイメイ藤井の用紙だと両面気軽に使えますが、こちらは裏抜けはないもののてで触った感じが裏面は使わないようにと言っている感じがします(笑)

R0048383

ほぼ日手帳でもありますが、万年筆で書いていると、インクの定着が早いものと細字で書いても定着が悪いものがあり、こればかりは経験値で使い分けなければならないかなと思います。
ファーバーカステル伯爵コレクションの純正インクは、黒の発色が良いのですが定着に時間がかかります。
逆にヴィスコンティのインクはZOOM(PILOTだとコース:特太)で書いても染みこむ速度は速いです。

R0048384

とりあえず普段使いする万年筆で、インクを入れてあったもので書いてみました。

R0048385

こちらがレイメイ藤井の徳用用紙(笑)
レイメイ藤井でも、リフィルによっては、トモエリバーではないものもありますので、ご注意ください。


こちらが紹介したもの。
こうやってみるとお高いです(^^;

  

こちらもトモエリバー用紙
バイブルサイズ、A5サイズのシステム手帳用紙になります。
昔から使っていて薄くて大量にシステム手帳に入れてもかさばらないので重宝しています。
こちらはシステム手帳を扱っている店ならたいがい置いてあります。
私的には文具店のバーゲンの時に大量保護しています(笑)


書いた文字が貼れる、もじピタ!(ゼブラ)

先週末にガラスなど光沢面に書けるマッキーを紹介しましたが、たぶんこちらは応用した商品ではないかなと思います。

R0048328

ちょっとエロぃパッケージなので、おじさん的には買うのに躊躇しますたが(^^;

R0048330

何が悪いって、このエロい水玉模様と、ケバいピンク。
もう少し品が良くデザインができなかったものかとかれこれ小一時間w

R0048332

裏の取説。
どうもテープに書くと言うことでは無く、この台座に書いて、文字を転写するらしい。
(後でね)

R0048370

開けてみた(^^;
やはりエロぃwww
ええ年こいたオッサンが使うには、超こっぱずかしくなる彩り。

気を取り直して。

R0048371

まず、台座に文字を直接書く。
あー、ラブりぃなイラストを描いても可w

続けて・・・

R0048371_2

おもむろに、スコッチのメンディングテープに酷似した、半透明のテープ(ゼブラ曰く、専用テープ)を、先ほど書いた文字の上に貼ります。
たぶん、これスコッチのメンディングテープでも行けそう(゚゚ )☆\ぽか

その上で、文字の周りの気泡を無くすように押し出す。
手前の二つの溝がキモ。
爪等で簡単に剥がせるようになっていると思われる。

R0048373

こちらが遠景w
初回限定のみ、剥がせるガイドが付いて(゚゚ )☆\ぽか
どのテープも最初のみこうなってますよね、ただそれだけ

R0048374

ゆっくり剥がしていくと、あらまぁ不思議~、文字が一緒に剥がれていく~ヾ(^ )コレコレ

R0048375

こちらが剥がしたとこ。
うn、ちょっと薄い気がするけど、台座に文字が残ること無くちゃんと全部くっついてきてる。
まあ不思議~(゚゚ )☆\ぽか

R0048376

こうすることで、メンディングテープなどに文字を書いていつの間にかこすれて消えてしまうと言うことがないように、うまいこと考えたなぁっていう優れもの。

R0048377

要らなくなったら剥がせば良いし。
これは面白いです。

とは言え、あっちこっちに貼って怒られないように(^^;

   

私的には無地のキットを買いましたというかその店には無地しかなかったけど。

星やリボン、電車(限定)など、ラブリーもとい、お子様が喜びそうな柄付きテープもあるので、店頭或いはネットで確認して下さい。
新入学の時期、テプラでじーと言うのも良いけど、手書きで目立っちゃうというのも良いかも。
もちろn、お子様が楽しみながら、おなまえシールづくりをするのも良し(笑)

残念なことに、マーカーが黒と赤しかないこと。
ゼブラさんにはせっかく作ってくれたので、カラフル8色セットをぜひ出して貰いましょう。

水拭きで消せるマッキー(ゼブラ)

マッキーと言えば油性ペンの代名詞みたいな有名な品です。
少し前では、裏移りしないバージョンとか、油性フエルトペン系の進化が進んでいます。

と言う訳で、保護してみたのが・・・

R0048326

何度でも書き直せるマッキー。
入手したのは細字タイプ。

R0048327

取説部分。
ツルツル面に書くと、濡らした布や紙で水拭きをして消せるので、何度も書き直すことができます。とあります。
でも、たぶん普通の紙に書いても消せません。
紙の繊維にインク成分が吸い込まれちゃうから。

R0048378

入れ物剝いちゃいました。

R0048379

R0048379_2

ペン部分にも、POP用紙、プラスチック、ガラス、金属、ホワイトボードなどの非吸収面に。とあります。
なので、紙に書いて水で消えないと文句言わないように(笑)

R0048380

とゆ~訳で、書いてみました。
若干薄い気もしますが、まあ書けます。

R0048381

水を含んだティッシュで拭いたらあっという間。
苦労しなくても良さそう。

これなら、ホワイトボードマーカーよりも、楽かも。

但し、長期間書いて放置してみたことがないので、その先のことは解りません(^^;

良く、ホワイトボードマーカーで書いたままかなり放置すると消しにくくなる、あの減少が起きないかはちょっと未検証です。

 

セットの方が安いっぽい。

プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプなら宅配がオススメ その2試飲・感想編(明治)

R-1ドリンクタイプの続きです。

20160327_125629

上から見たとこ。
左がスーパーやコンビニなどで気軽に買えるもの。
右が今回紹介している宅配タイプのEX。

宅配版EX(今回お試しする方)を開けてみます。

20160327_193751

パッケージを剝くと普通の瓶になります。
たぶん洗浄して、色んなヨーグル系ドリンクタイプと混ざっても安心なようになんでしょうね。
これは偉い(笑)

20160327_193828

匂いは、まんま小さい頃食べていた小さい瓶のヨーグルトに近い香りがします。とても懐かしいです。

一口飲んでみると、すんげぇ~、うんめ~(笑)
めっちゃ懐かしい味と、口当たりが良く、酸味があって良い感じの味です。
後味さっぱり。
甘さがないので、ヤ*ルトやピル*ル、マ*ーを飲んだ後のなんか口の中に糖分が残る甘ったるい感じがなく、後味すっきり。
キレがあるのにコクがある、どっかのビールみたいです。(例え違ぇし)
でも、そんなイメージです。

続けて・・・味を忘れないうちに。

20160327_194047

市販普及クラスを飲んでみます。

一方、市販バージョンのノーマル版を飲んでみます(^^;
(いかん、開けて上から見た写真を撮るの忘れてた(゚゚ )☆\ぽか)

宅配の方がまろやかな感じがします。。
こんな事なら先に市販の方を飲めば良かった(^^;
注:この感想は、私個人のみでなく、家族全員が一口ずつ飲んだ感想なので、他の方もほぼ同じ感じを受けると思います。

そうなのです。
この記事をみて興味を持った方、これからしばらくお試しで取ってみたいと思ったそこの貴方。
騙されたと思って、宅配版を飲んで見るあるいは、明治さんに、ちょっと試したいので飲ませて頂戴と言えば、喜んで持ってきてくれると思いますよん。ヾ(^ )コレコレ
あと、今なら5月13日まで、初めて宅配するご家庭に限り無料お試しパックをやっているので、そちらから試して見るのもありです。

1回や2回飲んだだけでは体質改善までは行かないと思いますヾ(^ )コレコレが、紹介した宅配用のEXの方が私t的には好みです(笑)

これ冗談抜きでオススメです。

あと、お試ししてみるときに、スーパーやコンビニなどで写真の市販普及タイプのも買って、飲み比べることをオススメします。
もしかしたら、小さなお子さんがいる家の場合は、市販普及タイプの方が甘くて好きという人もいると思いますが、そうなったらそっちを買ってもらえば良いし。
かなりオススメです。

明治の宅配についての詳細です

「明治のプロモーションに参加しています」


プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプなら宅配がオススメ その1商品編(明治)

R-1と言えばお笑いの(゚゚ )☆\ぽか(違~~~ぅ

極寒の地で、氷の中(海?湖?)に飛び込むCMが「◯◯は・・・健康維持という目的で行われています・・・でも、日本にはR-1という体調管理法がある」みたいなぁ・・・と宣伝されていたヤツです。
今回、お試しに飲む機会がありましたので、感想を含めて紹介します。

こちらが、メーカーサイトの動画

(百聞は一見にしかずですね)見て下さい。

20160327_082828

まず、ネットなどで調べて見ると・・・
明治が2009年(平成21年)より発売したOLL1073R-1乳酸菌という、ブルガリア菌の一種を含んだヨーグルトのことです。
そもそも、OLL1073R-1乳酸菌とはどういうものかというと・・・わたしが知った風に書くよりも、大元の明治さんのサイトを見ていただいた方が早いと思います・・・。

こちらがどういう効果があるかのリンク先
難しすぎてわからんかった(゚゚ )☆\ぽか

こちらがR-1の説明の方こっちの方がまだわかりやすい(^^;

20160327_082849

上から見たとこ。

でもって、試供品を頂いたので飲んでみました。
まず、提供いただいたのが牛乳屋さんが配達するタイプ。
2本頂きました。

20160327_125418

念のため、スーパーで市販のR-1ドリンクタイプも買ってみました。

キャッチコピーもびみょ~に違います。
市販の方は、金文字が「強さひきだす乳酸菌」とありますが、宅配用は「1073R-1乳酸菌」とあり、その上にドリンクタイプEXとあります。
これ、なんか宅配専用の方がよさげでないかい?
某武田薬品工業のアリナミンEXの例もあるし(違

20160327_125519

良く見てみると、成分がびみょ~に違います。
まあ内容量の112mlと100mlとの違いだと思いますが・・・

市販R-1(112ml)  宅配R-1EX(100ml)
エネルギー     76kcal        70kcal
たんぱく質      36g          32g
脂   質        0.67g        0.6g
炭水化物       13.9g         12.9g
ナトリウム      48mg         42mg
カルシウム     129mg        112mg
糖   類      13.3g         -


明治の宅配についての詳細です


長くなったので試飲・感想編に続きます(^^;


明治のプロモーションに参加しています

セブンイレブン限定スマホレンズWith日経トレンディ

いつもコメントをいただく、あなろぐまさんから、セブン限定でスマホレンズが付いてくると教えて頂いたので、早速保護してきました(^^;
あなろぐまさん、ありがとうございます。
たぶん金曜日くらいには出ていたと思うので、もしかしたらもう無いかも知れませんが、興味がある方は頑張って探してみて下さい。

Dsc05996

こんな表紙。

Dsc05998

こちらがコンテンツ。

Dsc06000

上だけ飛び出してますからわかると思います。
なんと、今回は魚眼レンズまで付いてマス。

Dsc06003

こちらが説明。
3つあるように書いていますが、広角+マクロはセットになっていて、前の小学館DIMEと同じメーカーのレンズとなります(笑)
ライバル紙なのにねwww

Dsc06005

今度は成金ぽい、ゴールドレンズ。

20160403_092432

こちらがフィッシュアイ、魚眼レンズです。

20160403_092458

こちらが前にDIMEのオマケで紹介したワイドレンズ+マクロです。
これ、同じものです。

20160403_092514

クリップ部にはちゃんと日経トレンディロゴがプリントされています。

20160403_092616

左がDIME右の二つが日経トレンディ

20160403_092641

こちらが手元にあるレンズ一式(笑)
こんなことなら買わなきゃ良かったw

20160403_092751

ぼけててスマソ。
同じものです。

20160403_092845

横から。
倍率も一緒。

20160403_092806

クリップも同じものです。

20160403_092908

プリントが違うだけで、一緒ww

20160403_093020

魚眼レンズは、手持ち(レンズを購入したもの)のとも違うので、ワイドレンズ+マクロと同じメーカーだと思われます。

DIMEも書店やコンビニでまだ売っているのを見かけますが、今度は魚眼レンズも付いているので、興味がある方は、セブンイレブンに走りましょう(笑)
東京だと既に無いかもですが、地方都市だとあまり興味がある方が少なそうなので、まだ残っている可能性もあります。
私が行った店でも2冊ありましたから。(まあ残り一冊になっちゃったけど)


チビマル66式メーサー殺獣光線車(FUJIMI)

富士見模型さんが少し前から、チビマルシリーズ(デフォルメされた模型)の第二次大戦中の戦艦や戦車を出して大ヒットしているのに続いて、ゴジラと今回紹介する66式メーサー殺獣光線車がラインナップされたので、保護しました。

R0048590

ハコです(笑)
箱絵は、ゴジラやウルトラマン、ガンダムなど、怪獣絵師として超有名な開田裕治先生です。
こういう可愛い絵も描けると言うのが素晴らしい。
最近では、コトブキヤのプラモデル、スーパーX2やメーサータンク、新しいサンダーバードシリーズの模型の箱絵まで描いてくれるので、おじさんたちには大変嬉しい存在です。
小松崎茂さんや高荷義之さん、生賴範義さんの後継者となってもらいたいです。

R0048592

横から

R0048591

うまい具合にデフォルメされていて、良いですね~

R0048594

部品点数はかなり少ないです。
以前WAVEのメーサー(箱絵は高荷義之さん)のHOゲージサイズを作りましたが、かなり細かすぎて(笑)

因みに、昔みたいにセメダイン接着ではなくて、ガンプラみたいなスナップキットになっていますし、素組みだけでもそれなりの雰囲気になります。

R0048597

笑えたのが、全部ふりがなが振ってあることwww
そもそも、こんなマニアックなマシンは、それなりの年代のおじさん世代しか反応しませんって(笑)

これなら、海底軍艦業天号やムーンライトSY3、緯度0のα号や黒鮫号などもラインナップして欲しいじょw

 

こちらが、紹介したもの。

  

こちらが、艦船・戦車など

  

加水分解したクルトゥール・ライト・ソフト塗料をはがす その2(ウォーターマン)

昨日はどのくらいまで上手く行ったか見えにくかったので。
リベンジです(笑)

R0048365

青です。
やはり青はくすんでいるため良くわかりにくいです。

R0048364

続けてオレンジ。
オレンジは、万年筆(上)の方が胴軸は綺麗に剥がれています。一方、ボールペンの方は前のくすみが残っています。

R0048369

拡大してみました。
ご覧の通り、万年筆は中のコンバーターの機構が見えるくらい透明度が出て来ましたが、ボールペンの方はくすんだ感じです。

R0048366

続けて黄色。
黄色は上がボールペン。下が万年筆です。
こちらは、ボールペンの方が綺麗に溶かせてます。

R0048367

ボールペン

R0048368

万年筆
ちょっとくすみが残っている。

いずれにしても、このようなことをやる場合は、自己責任でお願いします。
特にクルトゥール・ライト・ソフトについてはこのような事案が発生していることから、メーカーか代理店は代替品を提供するサービス(まだやっているか知りませんが)もあるようなので、色々調べて見て下さい。

Twitter復活(^^;

昨日第一報を報告して、面倒だからそのままやめちゃおうかと思ったTwitterですが、ふと思うことがあってやってみたら成功したので無事復活しました(^^;

事の顛末とおさらいは、こちらヾ(^ )コレコレ

Twitter不正アクセスされたようで・・・ロックされています。

ロックを解除するためには、どうも二段階認証が必要で、そのうちの一つはパスワードの変更、これは昨日さくっとできたのですが、もう一つがSMSによる解除コードの受信。
昨日の記事にも書きましたが、このブログは電脳小物遊戯と言っているので、確かに持っている電脳小物はハンパないです。
でも、時代の趨勢で、キャリアは昔のガラケーのみ(笑)それ以外の複数台は全部データのみのSIMで、0~1000円で運用。従って余分な金は払わない、ランニングコストを最小限に抑えての運用をしている訳です。
たまたま、昨日は月末に当たり、焦ってほとんどこのような事案の解決のためだけに、最低価格で運用しているIIJmioのコースをデータ増量にSMS受信コース(これにすると1000円運用から2160円+152円なってしまう)に変更しなくて良かったです(笑)

因みに、普段使っているマシンは、2010年発売のN-07B(アマダナデザイン)です(笑)
何故これを使い続けているかというと・・・
昨年P-01Gに変更したのですが(選択肢が3台しかなく、仕方なくw)、使い勝手が非常に悪いwww
加えて、選択肢が3台しかないので、このP-01Gを持っている人が非常に多いwこの前など会議で3人同じものを持ってたしw
ということで、昔のマシンを延々使い続けているのです。

ガラケーは、スパムメールが多く、決めたアドレスからしかメールを受信しないと設定をしてあって、SMSも保険のおばさんからは来るけど、それ以外は受けられないようにしてありました。
加えて、昔の端末から環境設定のいわゆるiモードの設定変更をすると、SMSがひとくくりになっていて解除できません。
そこで、思い立ったのが、新しい機種でログインすれば、もしかしたら解除できるかもということで、買ってすぐに封印しておいたPにSIMを挿してログインしました(^^;

R0048638

左が新しいマシン。
右が今でも使ってるマシンw

新しいマシンからiモードの設定にログインすると、Nでは迷惑メール一括だったのが、PではSMSの設定ができるようになっています。
そこで、SMSの受信を全てするに設定して、PCサイトから電話番号を登録してSMSを送って貰い(今度はすぐに受信した)。見事復活しました\(^o^)/ワーイ

ということで、余分なお金を掛けずに済んで助かりました。
早速またSIMを昔のマシンの方に戻してPには又しばらく眠って貰おうと思います(゚゚ )☆\ぽか

加水分解したクルトゥール・ライト・ソフト塗料をはがす(ウォーターマン)

AFネタぢゃないですよ(笑)いやまじで

大昔に購入したというか流行った、ウォーターマン(藁男)の廉価版筆記具のクルトゥール・ライト・ソフト

20160313_095349

こちらが、趣味文1に掲載された当時というか在りし日の(笑)
クルトゥール・ライト・ソフト
ご覧のようにつや消しで、手触りが良い筆記具として、私も過去のブログで何回か紹介しました。
しかし、このマット調というかゴム調の塗装、経年変化には勝てずに、表面が加水分解して、どろどろ、べたべたの筆記具になってしまい暫く放置しておりました。

昨年、本ブログを見た方から、コメントを頂き、マニキュアの除光液で表面の塗装を取れば使える用になるとご提案頂きました。
その後色々忙しかったのでなかなかできませんでしたが、週末の時間を取り、挑戦してみました。

20160313_090225

こちらが、加水分解して、でろでろどろどろべたべたになった、クルトゥール・ライト・ソフトです。

20160313_090927

私的には、時々時間が取れたときに模型を作る関係で、プラカラー(プラモデル用の塗装塗料)が蒸発固着して色が使えなくなったときに、薄め液では対応しきれないものを強制的に溶かす(笑)
ミスターカラー、真・溶媒液です。
これ無敵(笑)

20160313_090249

まず、仮に上手く行かなくても痛手が少ないと思われる青で挑戦です。
ご覧のように、所々でべたついている感じが伝わるのではないかと思います。

20160313_090500

解りませんか?(^^;

表面のでろでろどろどろべたべたが取れて、普通に持てるようになりました。
青じゃわかんないですね。

20160313_091515

黄色、塗布前のべたべた状態。
筒の中が見えません。

20160313_092100

半分だけ拭き取って撮ったとこ。

20160313_092736

上3本を拭き取ったとこ。
下はまだべとべと。

但し、胴軸は綺麗に拭き取れても、キャップの方が今一で、完全に取れないというのが若干問題が残ります。
もっとでろでろどろどろべたべたになっていた方が完全にとれると思います。

あと、もう一点問題が(笑)
このクルトゥール・ライト・ソフトシリーズですが、根本的な欠陥があって(笑)
キャップの密閉性が完全ではないので、キャップをしていても、1~2日でペン先のインクがすぐに乾燥してしまいます(笑)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ