« 君はRICOHの名機シリーズQUVAX MC50を知っているか?(RICOH) | トップページ | A4サイズの巨大なジョッター(笑)パンチングレザージョッター(アシュフォード) »

29年前の・・・QUVAX MC50 その2本体編(RICHO)

さて、本体編です。

R0048526

当時としては洗練されたロゴやデザイン。

R0048527

プライベート、インフォメーション、システムとあります。

R0048528

こちらはガラス板ですな。
さて、ここで気がついた方正解。
これ、スキャナー兼プリンターです。
当時としては画期的なマシン(笑)
しかも、1987年(昭和62年)と言えば、システム手帳が流行始めの頃。
というわけで、このサイズもバイブルタイプのシステム手帳が読み込める大きさとして作られています。
2つ上の写真で130mmとか165mmとかがその名残です。

R0048525

こちらが設定側。

R0048529

感熱ロール紙が残っています(^^;
そもそもまだ手に入るのか?

R0048531

当時は全自動ではなくて(^^;
全部手動でやったのね(笑)
読み込み濃度と出力濃度の設定があります。
少し上は読み込みの大きさ。
一番上の△三角のデザインは読み込みスタートボタン。

R0048533

こちらが電源スイッチと、DCコネクタ。12V

さて、これ動くんでしょうか?

電池は反応するようですが、流石にRICOHのワープロだったACバッテリーを使ってみたので電力パワーが足りないようです。
てゆうか、放電しちゃったらしく、電源では駆動しません。バッテリーで動くように設計されているみたいです。

R0048637

その代わり、こうやって使います(^^;
素通しガラスなので、コピーしたいものを上から当たって、読み取りボタンを押してキャプチャ。
理論は現代のフラットスキャナと同じ仕組。
ただ、それをパソコンに画像として転送するのではなく、読み込んだらそのまま感熱ロール紙に白黒二値かグレースケールで転送するだけの単純な仕組みになります。

« 君はRICOHの名機シリーズQUVAX MC50を知っているか?(RICOH) | トップページ | A4サイズの巨大なジョッター(笑)パンチングレザージョッター(アシュフォード) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/63392991

この記事へのトラックバック一覧です: 29年前の・・・QUVAX MC50 その2本体編(RICHO):

« 君はRICOHの名機シリーズQUVAX MC50を知っているか?(RICOH) | トップページ | A4サイズの巨大なジョッター(笑)パンチングレザージョッター(アシュフォード) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ