« 音も見た目も良くなったBluetoothヘッドセットQ11その2本体・試聴編(soundPEATS) | トップページ | Twitter不正アクセスされたようで・・・ロックされています。 »

透明軸万年筆の筒が染まるお話

透明軸、専門的にはデモンストレーター、一般的にはスケルトンと呼ばれる万年筆があります。

R0048323

全部ではないけど、手元にあった透明軸その1

R0048324

その2

ぱっと見は解りませんが、良く見るとうっすら染まっているものがちらほら。

R0048313

取りあえず染まっているものをチョイス。
下から、ペリカンM800、PILOTプレラ、ペリカンM205、PILOT823プランジャー、レシーフ、スティピュラ

R0048314

比較的大丈夫だと言われているペリカン4001のロイヤルブルーですが、長年使っているうちに徐々に染まっていったと思われます。

R0048315

プレラは、コンバーターですが染まっています。
これは染まると知っていて使っていたので(^^;
オレンジやピンク系のインクを多用していました。
しっかりオレンジ色に染まっています。

R0048316

M205はこちらもピンクを使っていたので、淡く染まっています。

R0048317

823プランジャーです。こちらもオレンジとピンクを入れていましたが、ペンクリニックの時に内部のシリコングリスを塗布して貰うように頼んで(無料)で筒の洗浄もついでにやって貰いましたが、隙間、ねじ込み部分に付いた赤は取れません。

R0048319

スティピュラ。
こちら、カートリッジも挿せますが、そのままインクを入れられるので、オレンジ色で使っていました(笑)
ねじ込み部分がしっかり染まっています。

R0048320

一発で染まったのが、このレシーフ。
大丈夫かなと思って入れた、エルバンのナイトブルー(ブルーブラック系)でしたが、瞬時に染まりましたねぇ。
これでも一生懸命洗浄しましたが。

R0048321

レシーフは、スティピュラ同様、Oリングがあるので本体に直接インクを入れて使う事もできます。
もちろん、ヨーロッパタイプカートリッジを入れて使う事もできますが、入るインクの量がハンパないので、そのまま入れちゃっていました。

R0048322

何故か、中央より少し下の部分が染まったところが綺麗にできません。

入れたインクは、いずれも染料系なので、一般的に言われている顔料系ではないので、筒全体が変色するわけではありません。
しかし、インクを作る時に微妙に成分が変わっているので、タンニンなどの成分が染まるのかなと思ったりします。
この辺化学(ばけがく)嫌い人間なので、経験値でしか言えませんが(笑)

染まりやすいインクの色。
基本的に、赤、ピンク、オレンジなどの綺麗な色は染まりやすいです。
赤などは、金ペンであっても、ペンやペン芯が染まる事が多いです。なので、赤を多用する人は、もう赤専用の万年筆を用意しておくことをオススメします。
というのは、上で紹介した透明軸でなくても、黒い樹脂でもペンが染まるからです。

続けて染まりやすい色。

これも一発で染まります(笑)
たぶん染まりやすい赤系統のインクの成分が入っていると思われます。

それ以外に染まりやすい色。
上に書いたように、ブルーブラック系の一部のインクは染まります。
特に古典的ブルーブラック(鉄分が多めのもの)で、昔のインクに多い。

最近では、文具店毎にオリジナルインクを作って売り出しているのが多いですが、これらのうち、上記の赤、ピンク、オレンジは染まりやすいと思って下さい。
あと、黒系や紺、ブルーブラック系も気をつけてください。
それ以外の色では、インク吸入時に指について、石けんで洗っても落ちにくいインクが、筒に染まる確率はかなり高いです。

仮に、デモンストレーター(スケルトン)で使って染まってしまった場合は、もうそれ専用インクとして使うなど、割り切りが必要となる場合もあると思います。

あと、分解できるスキルをお持ちの方は、シリコングリスを筒に塗るとピストンが滑りやすくかつインクが筒につきにくい効果もあるのでやってみて下さい。
あまり大量に塗布するとピストンが緩みすぎて尻軸側に漏れる可能性もありますので、加減が必要です。


« 音も見た目も良くなったBluetoothヘッドセットQ11その2本体・試聴編(soundPEATS) | トップページ | Twitter不正アクセスされたようで・・・ロックされています。 »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

樹脂に染料なので着色は避けられないのでわ?coldsweats01

あなろぐまさん
それが、色によって染まりやすいものと
染まりにくいものがあるので、面白いです。

スケルトンさんにpen
気分でいろんな色のインクを詰め替えて遊びましょ
…なんて思う方は素通りを

これだけあったら お気に入りインク専用シリンジって感じですね

で まだ全部では無いって言ってるし…

はむにゃんさん
雪が消えちゃうとお嬢様何して遊ぶんでしょうかね?(笑)

確かに、みかん色とかピンクは専用に入れてつかって
いますたけど、最近はあまり使わないですね。
渋めの色を主につかっているからかも知れません。

透明軸は染まるんですね。なにかたいしょほうはないのでしょうか?

だらだらとさん
PILOTのプランジャー823やペリカンのピストン吸入式
などは、内側にグリスが塗ってあるので、染まるのは
ネジ部分くらいになります。
PILOTのプランジャーの油が抜けてきそうになった場合
ペンクリニックなどでグリス再塗布と言えば無料でやって
くれます。

但し、いずれのインクも化学物質の合成品なので、
長時間使っていると染まってきます。
それを承知で同じ色を使い続ければあまり気にするこ
とはないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/63329954

この記事へのトラックバック一覧です: 透明軸万年筆の筒が染まるお話:

« 音も見た目も良くなったBluetoothヘッドセットQ11その2本体・試聴編(soundPEATS) | トップページ | Twitter不正アクセスされたようで・・・ロックされています。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ