« ブルーライトで目が疲れぎみの方に・・・サンテPC | トップページ | インク瓶のお話 »

万年筆の持ち方のお話

最近、前にも増して万年筆を使う人が増えてきて嬉しいです。
しかし、某有名な新聞でも特集が組まれたりしているのは良いですが、間違った印象を持たれる写真が使われたりして、ちょっと心配な面もあったりします。

20160307_081104

この持ち方。
これだと、かなり指先に力が入って、ボールペンのように強い筆圧で書いていることになります。
この状態で沢山の文字を書くと、肩こりなどの原因になると共に、すぐにペン先が開いてしまいインクが出なくなるか、細字が太字になってしまいます。
インクが出なくなると余計力を入れて書くので、またペンが開いてしまいます。
万年筆は、他の筆記具と違ってペンにそれなりの弾力や復元性があるので、少しのことではペンが(ここで言うところはペン先を言います)開いても元に戻る力がありますが、この状態で書き続けると遅かれ早かれインクが出ない状態になります。
ペンとペン芯の間に隙間がでてしまいインクがペン先まで流れなくなってしまいます。

R0048278

私の楽な書き方(^^;
もう尻軸の方に握る点を持ってきて、ペンの重さだけで字を書いてます。
これだとほとんど筆圧が不要になります。
まあ、ミミズが這って踊っているような字ですが。

R0048279

少し筆記モードに入った状態(笑)
これでも、指先には力を入れていません。

初めて万年筆を持つ方にはなかなか難しいと思います。
そういう初心者の方には、ペンの持ち方が自然に正しい位置になる為のペンがあります。

R0048281

若い人にも人気のLAMYサファリです。
最近では4000円位か?
気軽に買えるペン、またカラフルで可愛い色が多いペンに加え、毎年イメージカラーをインクとセットで出してくれるので、そちらでも人気です。

良く見ていただけるとおわかりのように二つくぼみがあります。
そこに指を合わせると自然と最適な筆記状態になります。

但し、上の新聞の見本のようにボールペン持ちをすると・・・

R0048284

指先に力が入りそれがやがて肩こりの原因になります。
この筆記状態、初めて万年筆を持った人がやりがちな持ち方です。
悪いとは言いませんが、これだと最初に書いたように、長時間書くと疲れる持ち方です。
最近ではジェットストリームなど低粘度のサラサラペンが増えているので昔ほど筆圧は強くないと思いますがそれでもこの持ち方で長時間書いているとかなり疲れると思います。

R0048283

たぶん、このくらいで持てばペン先にも優しくかつ疲れない書き方ができるのではと思います。
しかし、こうしなさいという持ち方は万年筆にはないので、あくまでも自己流で良いと思います。

と言う訳で(笑)
私のサファリの持ち方w

R0048282

この方が楽に書けます(当社比)
但し、この持ち方をすると、第なんとかの筆記具と言われているいわゆるパーカーのインジュニティでは、字が書けません。
あれは万年筆ではなくて、サインペンですから。
ペンを寝かすとフエルト部分が紙に当たらなくなってインクが出ません。

すなわち筆記具の特性に併せてペンの寝かせ方や立て方などに対応する必要があるということです。


« ブルーライトで目が疲れぎみの方に・・・サンテPC | トップページ | インク瓶のお話 »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/63310790

この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆の持ち方のお話:

« ブルーライトで目が疲れぎみの方に・・・サンテPC | トップページ | インク瓶のお話 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ