« プロジェクターHT3050その4比較編(BenQ)#minpos #BenQ | トップページ | 音も見た目も良くなったBluetoothヘッドセットQ11その2本体・試聴編(soundPEATS) »

音もデザインも進化したBluetoothヘッドセットQ11その1開封編(soundPEATS)

soundPEATS(サウンドピーツ)さんの新製品をお試しする機会がありましたので紹介します。

と、久しぶりなのでその前にsoundPEATSさんの紹介。メーカーサイトはこちら
soundPEATSさんは、直営店や販売ルートをあえて持たずに、Amazon(これはUSA、UK、JP)のみで販売展開をしているオーディオ周辺機器を中心に展開しているショップです。
ANKERやCheeroなどバッテリーや電脳小物周辺機器を取り扱う店舗も同様ですね。
このやり方は宣伝費や職員を抱えずに済むので、良い品を低価格で販売・普及させることができるという新たな事業としても良いです。

R0048539

という訳で、Amazonからいつも届きますが今回は別格(笑)

R0048541

今回はドラえもん(春休み映画)とタイアップして宣伝しているハコが届きました。
少し前から、ジバニャン(妖怪ウォッチ)をはじめ色々タイアップしていたのは知っていましたが・・・
どうも当たりのようです。
QRコードを読み取ることで、ドラえもんの漫画の本が何冊か期間限定で読めるとのことでした。\(^o^)/ワーイ

閑話休題

R0048542

こちらが肝心のパッケージ。
soundPEATSさんのヘッドセット(ヘッドフォン)シリーズと同じ大きさのパッケージになります。
シリーズによって、ヘッドセット部分が光沢になったりマット(つや消し)になったり凝ってます。

R0048544

ヘッドセットなので、ペアリングさえできれば通話もできます。
通話、音楽とも5時間。
待受180時間
可能距離は10m(この辺はBluetoothの既定によるので、ほぼ共通)
但し、1階と2階とか、部屋をまたいで電波が届きにくくなると、音が途切れたりかすれたりします。
これはBluetoothの特性なので壊れたわけでもなく、全部のマシン共通です。
よく、この途切れるだけで評価を落としている人がいますがその辺は誤解の元だと思います。(ただし、マシンによっては稀に途切れる問題を持っているものもあります)
注:ゼロハリやリモワなどのアルミのアタッシュケースは電波を通さない性質を持っているので、ケータイやiPhone、スマフォなどをアルミケースの中に入れると電波が届きませんのでご注意ください(笑)

R0048545

特徴としては、それ以外に。
まず
Bluetoothのバージョンが4.1+EDR(Enhanced Data Rate)になっていること。
aptX(音の遅延が少ないかつ高音質のシステムで、主なオーディオメーカーが採用しているシステム)搭載
CVC(Clear Voice Capture)ノイズリダクション機能搭載。
です。
この辺、高品位・高級オーディオに搭載されているものと同じものが、低価格で提供されている素晴らしいものです。

R0048547

裏面は特徴(^^;

R0048548

開けたとこ。
取説と本体入りケースです。

R0048549

取説は相変わらず、英語版。
まあ、簡単な英語なので読めばわかると思います。
私的には特段読まなくても感で操作しちゃいますけど(゚゚ )☆\ぽか

そもそも、昔から各社のBluetoothヘッドセット(ヘッドフォン)を使っているので、基本は全部同じ操作体系なので。

R0048550

開けたとこ。
うまいことパッケージされています。
左側が本体(赤いケーブルの方ね:赤が恥ずかしい方は、安心してください黒もあります)
右が周辺機器になります。
赤の良い所は、どこにあるかすぐに解ること(笑)

R0048551

出したとこ。
左から、USBケーブル(ショートサイズなので持ち運びに楽です)、大きさの違うイヤピース。
落下防止クリップに、長さ調整フックに本体です。

R0048563

イヤピースはこんなに沢山入っています。
まず4つ並んで居るのは、上の2つは最初から組まれていたもの。いわゆるMサイズだと思います。
右側がL(若しくはXL)
Mの下2つはたぶんスポーツ用。
左から2つめはSサイズ。
一番左はスポーツ用のSサイズ
だと思います。
ジョギングなどをしていて、車に気づかないと危険ですから多少音が聞こえるようになっていると思います。

R0048562

ピントがぼけちゃっていますか(^^;
こちらがベルト調整用のフック。
女性や首にケーブルが当たるのがいやな人は引っかけておくと良いです。

R0048557

USBは右耳部分の下にあります。

R0048565

汎用のmicroUSBコネクタなので、どれでも基本的に合うと思います。

R0048566

充電中は赤いLEDが点滅します。

長くなったので続きます(^^;

 

こっちが紹介しているもの。

 

こちらは以前紹介したもの。
NC機能を重視したい場合は、こちらの方が外部の音が聞こえにくくなります。
少し前に紹介したQ9は廃番のようです。


« プロジェクターHT3050その4比較編(BenQ)#minpos #BenQ | トップページ | 音も見た目も良くなったBluetoothヘッドセットQ11その2本体・試聴編(soundPEATS) »

オーディオ」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/63385135

この記事へのトラックバック一覧です: 音もデザインも進化したBluetoothヘッドセットQ11その1開封編(soundPEATS):

« プロジェクターHT3050その4比較編(BenQ)#minpos #BenQ | トップページ | 音も見た目も良くなったBluetoothヘッドセットQ11その2本体・試聴編(soundPEATS) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ