« 今年はこれ1種類で決まり(たぶん(゚゚ )☆\ぽか)ジブン手帳mini(コクヨ) | トップページ | ジブン手帳miniのLIFEの紹介 »

agnes b.VOYAGEプレミアム万年筆に雑誌が付いた(違 モノマックス(宝島社)

そろそろこの時期になると、どこの雑誌も或いはムックも文房具特集やら、来年の手帳特集やら色々情報が出て来て、百花繚乱なのですが。

R0046778

Amazonで買ったので一日遅れで到着っす(T-T)
こんなことろならリアル店舗で買えば良かったw

密林だと。こうやって包んでくるのね。

R0046779

こちらが本。
文具特集ではないですが、雑貨逸品200(これに文具が一応。)
あと、おじさん的には、鞄フェチでもあるので、鞄ランキングは嬉しいところ。

あとで、じっくり読みましょう。

R0046781

と言う訳で、取り急ぎさくっと知り合い(ネットとリアル含め)の文具界の有名人をチェックして。

皆さんが気にしている方へ。
とその前に(笑)

R0046784

本文最終ページにさくっと今回の万年筆が紹介されています。

R0046785

こちらが本題ヾ(^ )コレコレ
ちなみに、写真やネットではわかりにくいですが、縞模様になっているのね。
アップするとき気がついた(笑)

念のため

R0046786

裏面。
(笑)

R0046787

開けたとこ。
おっと、いきなり取説。
まあ、付録対応事務局がフリーダイアルというのが良いですね。
いつだったか、たぶん小学館の万年筆は最悪でしたから。
ネットでも話題になって、だだ漏れしちゃったかで、私も交換して貰ったし。
あと、持ち運びスピーカーが、Lchしか鳴らないシステムになっていたりという事故もありました(゚゚ )トオイメ

閑話休題

R0046788

おー、見た目お高そうな万年筆ぢゃ。

R0046789

ハコから出したとこ。
ずしりと重いっす。
こういうのおじさんは好きだわ、自重でさらさらぬらぬら書けるとえもいわれぬ気分に(#^_^#)

インクはヨーロッパタイプのカートリッジ

よく、私のブログにヨーロッパタイプ カートリッジで検索する方が多いので、またここでもおさらい。
厳密に言うと微妙なサイズ違いがありまして、合う合わないがあるので注意して欲しいのですが、モンブランを始めとする、ヨーロッパでよく使われている規格の口を共通してヨーロッパタイプと言います。

エルバンのカートリッジが汎用性があります。
あとは、お高いですが、ヴィスコンティのカートリッジもこれにあたります。
一般的に手に入りやすいのは、ペリカンなどもそうです。

口が似ているのですが、微妙に違うのが、モンブランと、グラフ・フォン・ファーバーカステルなどは、相性があるので注意が必要です。

日本で気軽に手に入るものとしては、オート(OHIO)さんのカートリッジ。こちらがヨーロッパタイプになります。
これは基本的に、オートタッシェや無印良品の万年筆(初期のはセーラーなので違います)がそれに当たります。
稀に100均(100円ショップ:厳密には108円将来的には110円ショップですが)でも見かけることがあるので、探してみて下さい。

それが一番安く手に入る方法です。

いかん、横道にそれたw

R0046790

知らない人が見たら、お高そうな万年筆ですね。と思われるような品があります。
雰囲気的には、セーラーのプロフィット21に似てますが全然違います。

agnes b.(アニエスベーと繋げて読むのね)隣のマークが、一瞬ラピタのかへるさん?と思ったら、ヤモリかトカゲなのね。
この辺昔のおじさんなので、このブランドよく知らないのでユルして(゚゚ )☆\ぽか

R0046792

重くて良い感じです。
特にキャップが重いです。

R0046793

万年筆(含む安いもの)のペン先にありがちな彫り込みがありません、つるつる。
この辺もう少しこだわって欲しかったわ。

R0046794

ペン芯。
これ、オマケ万年筆に共通のペン芯ですな。

R0046796

ちょっとショックだったのが、こちら。
白い樹脂(もう少しなんとかならなかったのかな?)

まあ、オマケなので文句は言うまい(笑)

R0046797

今回のオマケは29g

R0046798

前のBEAMSのオマケが24gなので5gも重いです。

因みに一般的な樹脂の万年筆は、たいがい18~24gが多いので、重い方です。

おじさん的には好きな重さというのがそう言う訳ですw
付いてきたインクが黒っぽかったので、昔のペリカンのロングインクで、半分くらいインクが蒸発しちゃったのがあったので、これを挿してみます。

R0046800

寄せが強すぎたのか、それともペンとペン芯が離れているのか?
最初全然インクが出ませんでしたので、ちょいと寄せを広めに、ペンとペン芯がくっつくように調整して見ました(^^;
それが右。

R0046801

別アングルから。
これだと、インクの出具合やかすれ具合がよく分かるか?(左)
調整した方が右。ちゃんと書き味がよくなりました。

普通の方で何にも出ない方は先にあった相談室に相談してみましょう。

今回は珍しくAmazonでも残っていますね。
前回のBEAMSは発表時(予約時)に瞬殺されていましたが(^^;

興味がある方で店がお近くにない方、売り切れてしまった方はネットでもどうぞ。

« 今年はこれ1種類で決まり(たぶん(゚゚ )☆\ぽか)ジブン手帳mini(コクヨ) | トップページ | ジブン手帳miniのLIFEの紹介 »

万年筆」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/62259980

この記事へのトラックバック一覧です: agnes b.VOYAGEプレミアム万年筆に雑誌が付いた(違 モノマックス(宝島社):

« 今年はこれ1種類で決まり(たぶん(゚゚ )☆\ぽか)ジブン手帳mini(コクヨ) | トップページ | ジブン手帳miniのLIFEの紹介 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ