« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

Xperia Z3 Compact その4保護フィルムを貼る

恒例の保護フィルム貼りの時間です(違

今回は、PDA工房さんのクリスタルシールド
たいがい、これかみやびっくすのかって感じ。たまに最強とかガラスなんちゃらもあったりしますが。

R0043470

まあ、定番ですな。

R0043471

裏面。
このメーカーの賢いところは、基本共通の印刷。
凝った所だと、1台1台機種ごとに印刷してくれるのですが。

R0043472

こういう風にすれば、問題無いです(笑)。
しかも、Xperia Z3 CompactはiPhone4/4s同様両面ガラスですから。
2枚組。
普通の人は、本体プラス保護ケースというパターンですが、私的には何故かXperia Zシリーズは、一部カメラユニットケースを付ける以外基本裸で持ち歩いているので(今まで一度も落としたことないし)こういうのは評価できます。

R0043473

中には取説が入っていますが。そこは特に見ないで。

R0043474

こちらのは、とてもわかりやすくて剥がしやすいのが良点です。

R0043475

あ、ごめん、そのまま貼っちゃった(゚゚ )☆\ぽか

R0043476

気泡なしでバッチリ。v(^o^)v

R0043477

気を取り直して、表面。

R0043478

こんな感じで、綺麗に貼れます。

R0043479

TAKE1でバッチリ\(^o^)/ワーイ

R0043480

全景

この表面のフィルムを剥がすと・・・

R0043481

本当に貼ってあるかわからない感じになります。
下手なメーカーのだと、せっかく綺麗に貼っても表面保護フィルムを剥がすときに一緒にフィルムも剥がれてしまって気泡が入るという間抜けな仕様もあったりするので注意が必要です。

 

私が買ったのが上のメーカー。これも高光沢やアンチグレア(反射防止のつや消し)色々な種類があるので買うときにご注意ください。
私的には、せっかく高輝度液晶を使っているマシンなのでここは高光沢イチオシで。

 

あとは、このような強化ガラスのものなんかもオススメですが、綺麗に貼らないと端がぼろぼろに割れてしまい手をケガする場合があるので要注意です。
上手く貼れれば最強ですが。

東京駅開業100周年記念Suica受付開始

発売日に転売屋さんが、大挙して大騒ぎになった東京駅100周年記念Suicaですが、ネットでの受付が今日から始まりました。

Tokyo

とゆうことで頼んでみました。

受付メールが来ませんが大丈夫かな?
無事入手できたらまたアップしてみます。

話題にならなかったのか、すんなり入れました。

東京駅開業100周年記念Suicaは、こちらでお求めになります。
1枚2000円で、一人3枚まで。

使う用、ホレホレ用、保存用と3枚ですね(゚゚ )☆\ぽか違

スマホ融合高級カメラ LUMIX DMC-CM1 その3 撮影比較編 #minpos #camera

さて、仕事が忙しい中アップしていたので少し時間が空きましたが、作例編に行ってみましょうか。
今回は、DMC-CM1を40分位お借りして、表参道界隈を撮影するというチャンスを頂きました。

そのままでは面白くないので、用意してきた(笑)
FUJIFILM X-T1(稼働率当社比No1(汗)
SONY DSC-RX100(こちらも古くても1インチセンサーっすからね)
SONY Xperia Z3 Compact(センサーは置いといて、いちお2000万画素とか言っていますのでw)

それと、今回体験の
Panasonic DMC-CM1

の4台で撮り比べてみました。
基本比較ができるように、Pモードで敢えて色味とか調整せずに、普通に撮りました。

いずれもJPG Fineの元データを、1280×850サイズにリサイズ圧縮のみ。
Photoshopでの色味調整や加工はしていません。
但し、閲覧するマシン並びにモニターによって色合いや解像度は変化するので参考程度にして下さい。
尚、これによって、どのマシンを買うかという参考にはなりませんのであしからず(汗)


まず一発目(笑)

P1000007

DMC-CM1 Pモード
明暗の分かれた写真ですが、両方とも解像しています。
特に左の影の部分も思った以上に写っていて、黒つぶれするkじょとなく表現されています。
また、空の色も左右の場所でほぼ同じに出ているので、かなり良いのではと思いました。
写りは、自然というか、ありのぉ~ままのぉ~(古い)描写ですな。
好感が持てます。

17855-862-295351

P1000008

DMC-CM1 Pモード
喫茶店の看板と花。

Dscf3986

FUJIFILM X-T1 Pモード
こちらの方が描写力が私的には好みかなぁ。

P1000012

チョッパータイプのアメリカンバイク
DMC-CM1 Pモード

P1000012_2

等倍切りだし
うーん、SIGMAのDP1Merrillと比べちゃうとあれなんですが(^^;
まあ、頑張っている方でしょう。

この編、じっくり撮り比べしてみたいです。

P1000019

この日体験したブロガーさんが沢山この廻りで撮ってまして(笑)
似たような画像があったら失礼。
東急プラザ

DMC-CM1 Pモード
銀塩フィルムの28mm相当の画角です。
意外と隅々まで解像しているのは、さすが1インチセンサーです。

P1000019_2

等倍切りだし。

Dscf3989

FUJIFILM X-T1 Pモード

Dscf3989_2

等倍切りだし。
こっちの方が細かな描写ができているような気がするけど、気のせいかな?

Dsc04135

SONY DSC-RX100 Pモード
画角をわすれちゃったけど、ワイド端。
3世代前のマシンですが、こちらも1インチですから

Dsc04135_2

ぬぉ~こんな変態比較をするなら、DP1Merrillを持ってくれば良かったじょ(゚゚ )☆\ぽか

Dsc_0023

友情出演
SONY Xperia Z3 Compact
こちらは、画素数の設定がわからなかったのですが、どうもあまり大きな絵では撮れていなかったのでそのままw

続きます。

17855-862-295351


Xperia Z3 Compact その3起動編別名セットアップともいうw(SONY)

さて、充電が終わったので起動させます。

20141229_042524

最初起動させたら、いきなり中国語(汗)
今までXperia系を色々買ってきましたが、ほとんどが英語だったので、これには参った(笑)
急いで、手元にあるXperia の言語設定を開いて、言語変更がどこにあるか探します(汗)

20141229_042540

これですから(汗)

20141229_042647

これでやっと日本語になりました。
焦りました。

20141229_043113

これならわかります(笑)

設定していくと変わっちゃうのでデフォルト画面を

20141229_043122

中央から左側へ。

20141229_043132

一番左はなんもありません。

20141229_043142

中央から右側へ。
こちらは音楽やカメラなどの設定があります。

20141229_043442

こちらが昨日書いた、電源入れたらいきなりアップデートの正体です(笑)
普通これって、PCコンパニオン(パソコンにインストールが必要な管理アプリ)でパソコン経由でなければ使えないのですが、何故か本体だけでアップデート出来る(もしかして新しい仕様?)ようになりました。

20141229_043632

本体ソフトの更新。
まあ色々改善されているということで。

20141229_043643

この辺は、GLOBALモデルの良いところです。

20150107_145430

満充電で11日持ちます(違
でも、この辺の電源管理がしっかりしているので意外とバッテリーは持ちます。

続く

タブレット完全ガイド2015(Windows100特別編集)

こちらは、たまたまコンビニで見かけた物ですが、手持ちの綾しいマシン達がどんだけ評価されているのか見てみたいのと、この本でiOS、AndroidOS、Windows8.1とKindleが比較できるのと、全105機種(あー現行入手可能でも古い機種の一部は載っていませんがw)が網羅されているというので、買ってみました。

R0044009

これこそ、カタログ記事に近いものですが(^^;

でも・・・

R0044011

ここにあるように、提灯記事ではないと公言しているので少し期待。

R0044010

中表紙が空白というのも潔い。
と思ったら後ろには、靴のメーカーの広告が(笑)
そういのは以外とお茶目な出版社さんなのね。

とりあえず、サイズ別に評価されていて、ランキング形式になっております。

私的に持っているマシンはほとんど上位に入ってた。
一例。Xperia Z ultra、Xperia Z2Tablet、iPad mini3rd それと、かろうじてカタログに載っていたのがLenovoのMiiX 2 8
残念ながら、載っていなかったのが、ThinkPad Tablet 2 ・・まあ古いっすからねぇ。

意外とマシンごとに特徴があって面白いです。

まあ、売れ筋はWi-Fiモデルだと思いますが、それぞれ個性があって面白いですね。

iPhoneユーザーにMacBook Airをすすめる10の理由(えい出版)

一部ネット仲間ではすでに発売日当日に入手情報が次々アップされていましたが、当日27日は伊豆の最南端で終日お仕事(汗)おまけに、翌日も伊豆方面で軟禁状態になるということがわかっていたので、取りあえず27日そっち方面の書店やコンビニ数軒回りましたが、残念ながら影も形もなく。
やはり半島の先っぽは、雑誌が1日遅れになるのかと妙に感心したりして(゚゚ )☆\ぽか

入荷数も少ないとの情報もあり、仕方ないので困ったときの尼頼みでようやく入手(^^;
本当は昨日、伊豆の入り口の方のコンビニで発見したのですが、頼んだ後だったので(笑)

R0044005

今更新しい情報はあまり無いかなという思いもあったり、また春先には12インチのMacBook Airが出るのではという期待もあったり、まあ、何故今なのかという記事も読んでもらえればさりげにオトナの事情もあったり(まて

R0044006

こちらがコンテンツになります。
意外と、MacBook(Air)って格好いいけど、APPLE製品ってiPhoneしか使ったことないしなぁとか、会社も自宅もWindowsマシンなのでと抵抗がある人にこそ読んでもらいたい作りになっています。

おまけに、MacBook Airのことだけではなく、Mac miniやMacBookPro、Mac ProやらiMacまで一通り押さえてありますので、安心して読むことができます。

多くは言いませんが、・・・

R0044007

ネット仲間のサイカ(斎賀)先生も載っていますので、紹介を。
因みに、立ち読みされる方はP96(゚゚ )☆\ぽか
いや、そんなに高い値段ではないので、ぜひお買い求めください。

記事内容は、ざっと見ただけですが、どこかのカタログ比較系雑誌やら提灯記事ではありませんので、ぜひどうぞ。

そろそろ全国のコンビニ、書店には平積みされていると思いますが、都心からの情報によると、書店でも数冊なんてところもあったりするので、気になる方で見かけた方はぜひ保護ください。

オマケがついていないせいか(笑)
まだ尼〈密林)でも入手可能です。

トラックボールを清掃する

数名の方が本ブログを見てトラックボールにシフトしていると聞きました。
ありがとうございます(汗)

いや別に自分があれですが(汗)

トラックボールはマウスの逆というか、最近はレーザーマウスが主流なので、メンテする場所が中央部分のぐりぐり(ローラー)くらいですが、トラックボールの場合、使っているうちに、ボールを支持する三点のポイントに埃が付着して操作性を悪くすることがあるので、定期的な清掃が必要になります。

慣れてしまえば、マウスより腕を動かす必要がないのでこの上なく便利で快適なものですが、普通の人というかマウスに慣れている人には使えないという(汗)
でも、良いんです。
快適に使えれば。

とゆう訳で、メンテを簡単に紹介します。

R0043992

今回は、この2つの子を掃除します。
と言っても、基本同じ機構なので。

まず、裏返します。

R0043993

すると、操作には直接関係ないのですが、穴が空いています。(笑)

まず、ここに鉛筆などの棒を差し込み、ボールを外します。

R0043994

そんなに力を入れずに簡単にボールは外れます。
ケンジントンの方も同様です。

R0043995

長年でもないけど、3か月とか半年とか(人や使う環境、場所により溜まる時期はことなります)あるいは、つかっいるうちに反応というか、常時親指や人差し指などがボールに触れているとひっかかりというかボールの流れがスムーズではなくなる時があります。
これは壊れたのではなく、このように長年使っているうちにボールの支持部に埃が累積して膜ができてしまうことに起因します。

R0043996

ほかの2ヶ所も

R0043997

こんな感じで埃が溜まってボールの滑りを悪くしています。

私的には

R0043998

消しゴムの削りカスを掃く刷毛(ハケ)を使っていますが(^^;
ピンセットや爪楊枝、麺棒などでも良いと思います。

R0043999

こんな感じでとれます。

R0044000

こちらはケンジントンのトラックボールの裏側。
ここを鉛筆等で押せば、簡単にボールは外れます。

R0044002

こんな感じね。

R0044001

こちらは思ったより汚れていませんでした。

あとは、・・・

R0044003

ボールを載せて

R0044004

元のように押し込めば完成。

また、購入時のさらさらぬらぬらぐりぐりに戻ります(笑)

  

一度使ったらやみつきになり、もうマウスは使えなくなりますよん(笑)
この機会にぜひどうぞノシ

Xperia Z3 Compact その2本体編(SONY)

おまたま(おまたせしました)(゚゚ )☆\ぽか
本体編です。

R0043384

こちらが本体。
すんません、まだ皮かむりで(゚゚ )☆\ぽか
ちゃんとSONYロゴ。

ここでピンと来た方、正解です(笑)

R0043385

そうです。私が変なおじさん(違
オレンジスキーのZEAKさんです(゚゚ )☆\ぽか
裏もちゃんとSONYロゴ。
どっかの大手は、ここにダサい、Xi(αみたいなロゴを入れちゃってさぁ(笑))がありますが。

R0043386

謎の中国語。

R0043387

SONYロゴのすぐ上にはNFCセンサー搭載。

R0043389

Gレンズ(T*でないのが残念ですが)に2000万画素カメラ

R0043390

再び斜めから。

R0043391

周囲は、金属向きだしではなく、樹脂系素材で下地が見えるような感じになっています。
こちらが主電源とボリューム、それにシャッターボタン。

R0043392

ボトム部。
左がマイク、右がストラップホール

R0043393

中央が充電端子。写真右側がmicroSDカードスロットとmicroUSBコネクタ。
左側がnanoSIMスロットになります。

R0043394

上側がイヤフォン端子。
中の点はしらねー(゚゚ )☆\ぽかあほ

R0043396

充電すると、このような表記になります。
意外とバッテリーが残っていたわ。

R0043397

画面が消灯すると、充電中はここがオレンジに、待受中にメールやSNSの返信(設定しだい)が来るとここがブルーやグリーンになります。

R0043399

こちらがmicroSDカードスロットとmicroUSBコネクタになります。

R0043400

こちらがnanoSIMスロット。

R0043401

引き出してみましたが、小せぇ~(笑)

R0043443

電源入れたら、いきなりアップデートの指示があり、始まりました(笑)

R0043444

(笑)

R0043445

皮剝いちゃいました(゚゚ )☆\ぽか
綺麗な色や。

オレンジというより、春日大社や平安神宮の色ヾ(^ )コレコレ

R0043447

起動編に続きます。


Xperia Z3 Compact その1開封・周辺機器編(SONY)

気がついたら、こんなものが手元に(゚゚ )☆\ぽか

R0043362

ハコです。
めっさ小さくて、めっさ薄いです(笑)

R0043363

技適でない方。てゆうか、技適モデルは日本では手に入らなくなってきています。
たぶん、大手の圧力だと思いますが(゚゚ )☆\ぽか

R0043364

中国製。

R0043370

ハコ裏。
恒例の色々な特徴が書いてあります。
導入したきっかけは、NC(ノイズキャンセラ)が付いていること。ハイレゾ対応になっていること。それに4K動画が撮れること、2000万画素カメラが付いていることなど諸々です(笑)

アムロ、開けまぁ~す。(゚゚ )☆\ぽか(違

R0043372

おー、更に小さい(笑)

R0043375

これは珍しい。
日本でも使えるUSB充電ACアダプターです。
あと上に見えるのがUSBケーブルとイヤフォン。

昔に比べてあっさりするようになりました。

R0043376

こちらがACアダプター

R0043377

いつもはUK向けのものなので、欧州仕様の3点コンセントなんすけどね。
ま、ラッキーということで。

R0043378

何個も持っているので、開けませんが(笑)
microUSBコネクタのAndroidなら一般的な充電用ケーブルになります。

R0043379

もう一点が、イヤフォン。
こちらは普及型の汎用ヘッドセット(マイク付き)対応イヤフォンになります。
たしかBluetoothヘッドセットと同じ形状のイヤフォンになります。
なので、開けません(゚゚ )☆\ぽか

残念ながらNC(ノイズキャンセラ)付きヘッドセットでもありません。

R0043381

オマケの耳当てヾ(^ )コレコレ
イヤピースとクリップになります。

R0043382

こちらが周辺機器一式となります。

R0043383

取説忘れた(笑)
残念ながら、日本語表記はありません。
主要言語は押さえてあるのですけどね。
こういう点がガラパゴス大国たるゆえん。

お値段はこのくらい。
出たとき(秋)より少し下がってきている気が。

  

docomoの白ロムだとこのくらい。
まあ、おじさん的には、Xi(docomoロゴ)が嫌いなので敢えて輸入版を。

注:ご使用は自己責任で。


LUMIX DMC-CM1 その2本体、設定、メニュー編

さて、お待たせしました。

本体編です。

Dsc04091

薄いです。
ぱっと見、アンプ部が大きくなり、レンズが付いたWALKMAN NW-ZX1です(笑)
色合いも質感もまんまNW-ZX1を想像してくれれば間違いは無いです。
一回り大きいですが(笑)

Dsc04154

レンズバリアー(保護カバー)はありません。
その代わり、傷が付きにくいコーティングをしていると言うことでした。

Dsc04165

電源を入れると、これだけレンズが出てきます。
私的には、これで、1インチに記録するんだと、レンズの小ささが少々気になりましたが

17855-862-295335

Dsc04096

レリーズ(シャッター)部右と、カメラモードスイッチ。
Android画面にしたまま、急いでシャッターを押したいというかカメラモードにしたいときにスライドさせます。
レリーズ位置は、他のルミックス同様、カメラを構えて第壱関節の先端がシャッターに届く範囲にしたそうです。

Dsc04097

さりげにPanasonicロゴとマシンのDMC-CM1のロゴがあります。
その横はボリュームスイッチ(あんどろモードの時ね)とメイン電源スイッチになります。
ちなみに、このボリュームスイッチですが、カメラモードの時に、露出補正やシャッタースピード、絞りなど、よく使う機能と登録しておくことが可能です。

Dsc04099

上側には、microUSBコネクタがあり、撮影中、操作中でも充電が可能です。
その横はイヤフォンコネクタになります。

Dsc04100

ボトム部には、microSIMカードスロットと、microSDカードスロットがあります。
その横の2つの金色端子はたぶん、ドックコネクタ(予測ではオプションかと、未確認)の充電端子かと思われます。

Dsc04103

レンズの上のぽっちは、LEDライトです。
この辺がスマホと似ている感じ。

メニュー編。

Dsc04105

この設定メニューになると今度はスマホみたいになるんだ(笑)
保存先はSDカードとかオートパワーオフなどの設定ができます。

Dsc04106

キャプチャモードがわからなかったので(汗)
撮影モードの設定。
単写、Standard、撮影フォーマット比率3:2、記録画素、クオリティ(ここで、なんとRAW+Fineの設定ができます。RAW現像命の方は買いです(笑))
それ以外にAFや測光モードなど多用に設定ができます。

Dsc04107

録画モードの設定。

Dsc04108

この商品、基本カメラなので(笑)、サイレントモード(音なしシャッター)も付いています。
これなら、美味しい料理をお店で撮影しても、小っ恥ずかしくないです(笑)
と、まあ、高級コンデジならではのモード設定満載です。

Dsc04109

各設定メニューには更に階層があって、細かく設定出来るメニューもあります。
こちらは、AEロックやAFロックなどの設定メニュー。

Dsc04111

因みに横にしても設定可能ですw

Dsc04113

スマホにはあまり付いていない水平レベルモニター。

Dsc04114

デフォルトのAndroid画面。
背景は、シボ革風になっています。
ちなみに、Androidのバージョンは・・・・

Dsc04173

4.4.4ですが、メジャーアップデートに対応するかは未定だそうです。
但し、カメラのファームウエアアップデートはユーザーの要望を受けて頻繁にアップデートしたい(している)んだそうです。
今回の少し前でも(先行発売した欧州のユーザーの声を受けて)ファームウエアのアップデートをして大幅に改善され、使い勝手が向上したそうなので、期待できます。

Dsc04116

縦モードでも設定メニューから各種コマンドまで出てくれるので便利です。
因みに、この画面ではプログラムモードになっています。
画面左上の赤いPってやつ。

この赤いPをタップすると・・・

Dsc04117

コマンドダイアルが出てきて、レンズ廻りのダイアルまたは、指で画面を回して好きなシーンモードを選択できます。

Dsc04119

こちらは絞り優先モード。

このモードにして、レンズ廻りのリングを回すと・・・

Dsc04120

こんな感じで、現在の絞りモードが出てきます。
この辺SONYのDSC-RX100に似た捜査官もとい操作感なので、すぐに慣れます(当社比w)

Dsc04123

私的にはたぶん体験モニター時以外はほとんど使わないであろう、エフェクトモードです(笑)
これも画面で操作でき、上下にスライドさせると

Dsc04124

こんな感じで選択できます。

厨もとい、注:但し、Fine+RAWモードで各種エフェクトモードを使うと、激遅になりますので、エフェクトモードを使う場合は、Fineまたは低解像モードにしてサクサク撮った方が良いと思います。

ちなみに、このモード設定も。

Dsc04127

レンズ廻りのリングを回すことで、瞬時にモードを切り換えることが可能です。
こいつは便利です。

また、裏技ではありませんが・・・撮影後すぐにフリッカーやFacebookに撮った写真をアップしたいと思うじゃないですか(笑)
そういう時には・・・

Dsc04130

液晶長押しをすると、4隅に色々設定したい内容を登録することができます。
こちらは、上にはクラウドアップロード、右がリサイズ、など

好きなコマンドを登録することが出来るのは良いです。

撮影編に続きますが、多様なカメラで比較するので、少々お待ちください(笑)
数回に分けて紹介します。

17855-862-295335


今時の石油ストーブ事情

新年早々てゆうか、1月10日に石油ストーブが付かなくなり。
おまけに、消火ボタンが効かなくなってしまい、15年持った石油ストーブがお亡くなりに(-人-)合掌

石油ストーブにしたのは、ファンヒーターだと停電の時に機能しなくなること。
あと、局所的にしか暖かくならないので、家人の誰かがファンヒーターの前に席を取って暖をブロックすること(笑)
などから、リビングには石油ストーブを置いています。

とゆうわけで、私が仕事だったので、かみさんと子どもがお店に見に行って逐次電話報告(笑)

20150111_081658

こちらが今まで使ってきた石油ストーブ
結構ハイテク(当時)でしたが、いろんな機能が付いていて(笑)

20150111_081629

こちらが今回導入した石油ストーブ。
なんか、おじさんが小さい頃に使っていたマシンみたいになって、デザインと機能が退化したと思ったら。
ちょっと、奥さん(゚゚ )☆\ぽか

中央のダイアルを軽く回すだけで瞬時に火が点きます。
これはいいわ。

消すときもニオイセーブ消火と言うところに回すだけでこちらも以外と早く消えます。
問題は、石油の残量が前のモデルと比べてリアル灯油表示(所謂、灯油缶で満タンにするときに見える窓)が残量表示なので、その辺がちと解りずれぇ事(笑)

20150111_072416

とは言え、この火力と温かさは溜まりません(笑)

 

うちの子達が最後まで悩んだのが右と今回買った製品。
とゆうのは、右のは昔のアパートにある風呂の点火装置みたいなぐるぐる回して火を付けるタイプ。電池不要。
でも、壊れやすいのでは?との判断から左にしました。

高級コンデジにスマートフォン機能が搭載されたLUMIX CM1

今年になって初めて休みらしい休みがとれた中(笑)
3月に発売される新型高級コンデジのLUMIX CM1のタッチアンドトライセミナー(byみんぽす/WillVii+パナソニックさま)に参加してきましたので、ちらと紹介します。

Dscf3926

その名もコミュニケーションカメラだそうです。
類似のは、Samsunから数世代前に、NikonでもCOOLPIX S800cが出ましたが(たぶんあまり話題にはならなかったような?)
また今年Samsunが同じようなコンセプトで、日本未発売のカメラGalaxy K zoom が出ています。

とゆうことなので、その辺の需要はあるんでしょう。

17855-862-295327

Dscf3927

開発スタッフならびに、マーケティングの担当者さんたち。

・商品企画グループ 櫻井 郁弘氏
・商品設計グループ 高良 忠匡氏
・ネクストモバイル商品開発推進室 井端 勇介氏
・ネクストモバイル商品開発推進室 佐藤 貴義氏
・ネクストモバイル商品開発推進室 松浦 理枝氏(私の席からは写せなかった(T-T)ごめんなさい)

Dscf3931

ぢつは、昨年秋にフォトキナ、CESで賞を受賞したという話題のデジカメです。
知っているライターさんもすでに欧州で入手という、お高いけれどすごい話題のカメラっす。

でもって、何故にこのようなAndroidスマホと高級コンデジを融合させたかというと。

Dscf3944

うん、確かに近年、デジカメにWi-Fiを搭載したり、SDカードに通信機能を搭載したり、レンズのみのカメラを出してスマホやiPhone(敢えてiPhoneはスマホとは区別(笑))と合体させたり。
という風潮がありますが。

自分でも、普段はデジ一とか、SIGMA DPXシリーズは持ち歩かないし、何かあった時にはさっとスマホやiPhoneで撮って、その場でSNS(TwitterやFacebook)にアップしちゃうというのは良くやってるから、こういうのはありかも。

パナソニックさんも同様の考えで、普段カメラを持ち歩かないが、シャッターチャンスはいつでもあるという考え方と、ポケットに入る高品質カメラ。それと即座に通信で作品をSNSなどに公開できるということを目的に開発したということです。

Dscf3957

詳しいこと(興味がある人)は、ネットでパナサイトを見ていただくとして。
妥協しなかった点は、1インチセンサー(これはSONYのDSC-RX100もそう)を搭載。
一般的なスマホのセンサーサイズの9倍。

Dscf3958

おまけに、このサイズで、ライカエルマリートレンズ(規格)を採用。
なんとF2.8~F11までの絞りを搭載。
銀塩フィルム換算の28mmレンズ。
と、まあ、スペック厨の方だけでなく、おじさん世代にはころっと逝きそうなやばいマシンっす(汗)

Dsc04084

こちらが1インチCMOSセンサー。生で見るとでかいっす(笑)

Dsc04085

こちらがライカ認証規格のレンズユニット。

Dsc04087

純正以外に、3rdパーティーのパーツも使えると言う発展系のマシンです。
因みに、37mm径のリングで、フィルターのみならずコンバージョンレンズ(魚眼、ワイド、望遠:こちらは純正)も出ていますので、本格カメラとしても、デジ一のサブカメラとして使う事も考えられるという事でした。

Dsc04089

こんな事をしても遊べるらしい(笑)

また、スマホなのでダンボーバッテリーを使えば充電しながら撮影が出来たり(笑)

あと、4K対応なので、いろんなシーンでの撮影のみならず、動画撮影もできてしまい、更にそれをようつべやフリッカー、Facebookにアップできちゃうという、一台でマルチに活躍できるマシンです。

なんと言っても、良いのはSIMフリー(笑)
キャリアのお高い通信料を気にすることなく、MVNO(格安SIM)で運用出来てしまうというのが超魅力。

残念ながら、2000台限定ということと、お値段が12万円という超価格なので、問い合わせ多数と言われながらも、さすがにその値段を即出すというのはちとおじさんには厳しいっす。

とゆう訳で、設定編に続きます。


17855-862-295327

Kaspersky マルチプラットフォームセキュリティ5台3年版

昨年秋から最近にかけて、電脳小物が増殖している関係で(゚゚ )☆\ぽか
アンチウイルスソフトが必要になってきたので、色々探してみたら、相変わらず(当社比)カスペルスキー先生が一番私的に相性が良いので、保護しました。
確かキャンペーンで1000円引きだったので実質1台辺り1700円で3年分\(^o^)/

R0043191

最近は、サイバーテロやハッキングなど恐ろしいことが多いですからねぇ。

R0043192

5台3年分です。
このくらいあれば、パソコン更新などで忘れずに済みます。

R0043193

最近のアンチウイルスアプリの傾向としては、WindowsやMacのみならず、Androidにも対応していると言うことですね。
なんでiOSだけないんだ(笑)

R0043194

こちらが裏面。

R0043195

内容物一式。
いちおう、CDもありますが、最新版はネットの方が新しいので、ネットからダウンロードした方が良いです。
MacなんかはCD/DVDなどのマシンを搭載しなくなっていますしね。

必要なのは・・・

R0043196

このコードだけなのね。
(アクティベーションコードは、カッターの下にありますw)

R0043197

いちおう、日本法人のあいさつもあります。

  

3年1台と3000円位の差で5台まで使えるので、こっちにしましたが。

1年3台が意外と安いと思われます。

問題は、1台アクティベーションすると、そこから3年(5台分共通)となるので、同時に登録した方が有利ということ、つまり、残り2台あるけどどうしようという方は、今入れてあるアンチウイルスソフトの残りが後半年とかなら、思い切って消してしまってこちらを入れるのが良いかもしれません。


ストレッチホースをケルヒャーベランダクリーナーに付けてみる

さて、ストレッチホースですが、上手く合わないというか凹凸の関係とゆうか雄雌の関係で、ケルヒャーに上手く付かないので、ホームセンターで水道加工用のグッズを買ってきて、加工しちゃいました。

20150111_151751

これで無事使えるようになりました(笑)

どれが合うかわからなかったので、てきとーに何種類か買ったので1000円近くかかってしまった(゚゚ )☆\ぽか

ちょっと水漏れするので、あとで加工します。ヾ(^ )コレコレ

ちなみに、昨日紹介したオマケのシャワーヘッドですが、派手に水漏れします(笑)
まあ、それを目的に買った訳では無いのであれですが。

当初の目的のとおり、ケルヒャーの遠隔地までの延伸なのでそれは大丈夫です。

某TVショッピングで有名になったストレッチホースを買ってみた(笑)

以前、ケルヒャーの高圧洗浄機を紹介しましたが、ホースが3mと短く、作業が大変なので、こちらが使えないかなぁと思って、たまたまAmazonよりも2000円ほど安かったので買ってみました。

R0042817

今ならシャワーノズルもオマケ付きという、なんか某TVショッピングみたいな(笑)

R0042818

パッケージも実に綾しい(笑)

R0042819

残念ながら日本語はありません。

R0042821

使う気はないのですが、一応。

R0042820

いろんな噴射バリエーションが楽しめる(違 使えるようです。

R0042823

蛇口用のアタッチメントも同梱されていました。

問題は、ケルヒャーの口に合うかどうか。

R0042824

実践したら紹介します。

R0042825

一応、箱の中に取説入っていました。読まないけど(゚゚ )☆\ぽか

  

マジすか、意外と高いですね(汗)
3980円で伸びた長さ22.5mのをかったのですが(汗)
ばちもんなのか?

まあ、使えれば良いので、壁の大掃除に使おうっと。
実践編は、Coming Soon!!でごじゃます。

ThinkPad Compact USB Keyboard with TrackPoint その2比較編(Lenovo)

比較編です。
と言っても。(汗)

R0043095

間違い探し。
さて、どっちが本物でしょう(゚゚ )☆\ぽかあほ

さて、どっちがBluetooth搭載モデルでしょう(笑)

R0043096

前日に書きましたが、Bluetooth搭載モデルは、キーボード右上にスイッチがあります。

R0043097

USBコネクタ部分。
ここはまったくいっしょです。

通電時(充電時)は、コネクタの上が緑色に光ります。

R0043098

紐のあるなしで、使用感はほとんど変わらないので、特に持ち運びをしない人でしたら、有線タイプでもよいと思います。

あとは、Fnキーが左端にあるので、それが慣れるかどうか、それと、Fnキーの有線が、モバイル向けなので、Fnキーを押さない方が、輝度や音量の増減や無線LANのオンオフ、画面設定などになるので、それだけは慣れが必要です。
数日も使えば問題なく使えるようになれます。

まあ、最近の傾向としては、ノートパソコン主流になってきたので、そのマシンのキーに慣れればということでそのまま使っている人が多いと思いますが、人によっては肩こりになる人もいたりするので、自分に合ったキーボードを使うのが一番だと思います。
それは、ノートパソコンでも、デスクトップでも同じだと思います。
自分は、パソコン(会社のデスクトップを含め)を新しくしても、同梱されているキーボードは使ったことがありません。
けっこう、肩こりや全体的な疲労がちがいます。

自分に合ったパソコンやマウスをつかうことをおすすめします。


ThinkPad Compact USB Keyboard with TrackPoint (Lenovo)

ThinkPadと言えば、昔はIBM、今はLenovoですが(^^;
打ちやすいキーと、使いやすいトラックポイントで、私も無線(Bluetooth)版を使っていますが、超お高いものでもあります。
しかし、たま~に半額セールをやってくれるので。

R0043083

年末に保護。
しかし、毎回海外から送料無料ってのもねぇ。

R0043084

出来れば、LenovoJAPANがあるくらいなので、日本から送ってくれれば送料も安いのに(汗)

R0043085

相変わらず、緩衝材なしのすかすかというか、あちこちぶつけまくりの発送ってのはどうよ(笑)

R0043086

こちらが肝心の本体。
ちなみに、保証書はレノボジャパンて書いてあります。

R0043088

いちお、2014年11月15日にできたばかりのほっかほっかマシン。

R0043089

ちゃんと封印してあります。

R0043090

開けたとこ。

R0043091

出しました~
相変わらず打ちやすいキーです。
あとは、USBケーブル。

ぱっと見では、Bluetoothモデルとの違いがわかりません。
てゆうか、Bluetoothが入っているのと、いないのと同じものをつかっていて、基板が搭載されているか否かの違いです(笑)

R0043092

こちらがUSBコネクタ部分。
汎用のmicroUSBコネクタになります。

R0043093

裏面。

R0043094

Bluetoothモデルでは、この部分にスイッチがあります。

続く

元値9720円がAmazonさんでは5480円(安いところ)
それが3000円ちょっとで買えました。

因みに無線(Bluetooth)モデルだと、元値14580円、通常11980円前後で販売されています。
こちらも、7~8000円で買えました(50%オフ時ね)

高耐久ナイロンLightningUSBケーブル(Anker)

APPLE純正のLightningケーブルが弱くて、皮膜がむき出しになったり、断線するということで、皆さん色々工夫していますが。

Ankerで一つ対応策として、高耐久ナイロンによるケーブルのLightningケーブルを出してくれました。

R0043819

こちらがそのケーブル。
因みに、iPhone(iPad)の色に合わせて、3色ラインナップされています。
私は黒を持っているので黒にしてみました。てゆうか、たぶんグレーや金っぽい色のケーブルだと汚れる可能性があったので(^^;

スペースグレーと言いつつコネクタ部分の被覆は黒っすけど(笑)

ハコを開ける課程は、昨日のと似た内容なので割愛w

R0043827

こちらが、高耐久ナイロン皮膜による
Lightningケーブルになります。

なんかこたつの電源ケーブルみたいですがw

R0043829

かなり弾力があります。

R0043830

USBコネクタ部分。

R0043831

Lightningケーブル部分。

R0043838

純正ケーブルと。
樹脂部分が一回り大きいので、ケースやバンパーによっては嵌まらないかもしれません。

初回販売のみ1499円(たぶん300か400円引き)でしたので買いましたが、どうも今は売り切れていて、極悪の転売屋さんが暗躍しているようなので、正規販売価格は、1799円または1899円当たりで売られると思います。

価格が安定してからお買い求め下さい。
純正は1980円だったと思うのでそれよりは低めの価格設定になっています。

 

左が紹介したものですが、アップ時点では品切れとなっています。
暫くすると転売屋から普通価格に戻ると思いますので暫くお待ち下さい。

右は、以前紹介したアンカーのコネクタ改良タイプ。

IQ対応6PORT USB充電器(ANKER)

以前、アンカーで5つ同時にUSB機器が充電できるものを出してくれましたが、今度は6ポートが出ました。

R0043804

意外とでかい箱です。
こんな大きかったかな?

R0043805

横から。

R0043806

裏面。

R0043807

開けたとこの内側の紙。
説明がついています。

R0043809

アンカーの太っ腹なところは、30日返金保証。18か月製品保証があるところ。
不具合があったら、領収証と一緒に送ればって感じ。

R0043810

定番のアンカーの箱。

R0043811

選んでくれてありがとーってやつ。
下の白いのが本体。

R0043813

上げ底になっていて、下に電源ケーブルがありました。

R0043816

IQの説明アイコン笑い
下のタグを引っ張ると。

R0043817

全部のマシンに給電されますってやつ。

R0043844

こちらが現行の5ポートのもの。(家のは白w)

R0043846

一回り大きいっす。

R0043847

幅も違うし。

R0043848

高さも違います。

R0043851

ちょうど柄の部分から違います。

R0043852

ちなみに、アンカーの向きとロゴデザインが変わっています。

R0043854

定格出力は、5.0V 12A それぞれ2.4Aがマックス
入力は100~240Vなので、海外でも安心して使えます。

R0043855

現行モデルが、出力5V 8Aとなっているので若干アバウトなのが明確になったという感じでしょうか?

R0043856

これで1本増えても安心(゚゚ )☆\ぽか

びっくりしたのが。

R0043859

通電用のコネクタ。
前のはなかったような気がします。

 

あら、もう普通の値段になっちゃったのね。
昨日は限定台数で2999円だったのですが。
600円近く違うとでかいですね。
でも、お持ちで無い方はどうぞ。


ダンボーバッテリー比較編(笑)

それにしても(笑)

R0043777

このラインナップ(゚゚ )☆\ぽか
左から、元祖ダンボーバッテリー10400mAh、目が光るダンボーバッテリー6000mAh、Plate4200mAh、Block3000mAhとなります。

大きさ的には・・・

R0043778

元祖とPlate

R0043779

目が光るとBlock
が近いものがあります。

特に

R0043780

Blockと目が光るについては、幅も高さもほぼ一緒で、容積は1/3~1/4位の小ささになっていますので、鞄の中に入れる以上にポケットに入れても違和感がない小ささ。

R0043781

元祖ダンボーはさすがにポケットには入れられないw
Plateは軽いのでポケットには桶。

R0043783

裏側比較

R0043784

コネクタ比較。

R0043785

横綱の250g

R0043786

目が光るは、144g

R0043787

Plateは105g

R0043788

Blockは73g(だけどiPhoneやAndroidスマホ、ケータイのみ)

友情出演www

BlockがBlockと命名されたのが、・・・

R0043789

こちらではないかと?
ブロックメモとゆうか、スティッキーメモ。
俗称で言うところのポストイット(R)

R0043790

こんな感じですから。

   

こうやって見ると、費用対効果は重さもあるけど、元祖ダンボーバッテリー10400mAhが圧勝のような(笑)
まあ、TPOですな。


小さいダンボー(笑)の充電池 Block (Cheero) 

昨日紹介した、ダンボーバッテリーのPlateよりも一回りとゆうか更に小さいのがこちら。

R0043694

こちらがブロック(笑)
見た目の違いは大きさですが、写真だとわからないですね。
わかるのは下側の3000mAhという表記。
前のプレートは4200mAhなので、容量自体が違います。

R0043697

裏側

R0043698

内容物一式。
本体にUSBケーブル。

R0043699

斜め横から。

R0043702

後ろから
ちょっと字が大きく見えますが(笑)
本体が小さいのです。

R0043703

横。
前の日のプレートとの違いが容量以外でわかりますでしょうか?

R0043704

電源部
基本プレートと一緒です。

R0043705

こちらがコネクタ部。
一応満充電ぽいです。3つのバッテリーゲージ(ランプ)は一緒。
ここで、びっくりしないで下さい。
こちらは1A。
そうです、iPhone、Androidスマホ、ケータイ専用となります。
iPad miniやAndroidタブレットなど2.1A必要な電源のものは充電できません。

R0043706

注意書きもあります。

R0043746

プレートの時には気がつきませんでしたが、充電時にUSBの内側にランプの明かりが漏れています。
仕様なのか、個体差なのかはわかりませんが、もしお持ちの方でうちは光が漏れない等がありましたらコメント等でお知らせ頂ければ幸いです。

比較編に続く、かもw

 

左が紹介した方、右が同時発売されたもの。

元値は左が2980円、右が2380円ですので、売り切れた時に転売屋さんの高値に気をつけましょう。

薄型のダンボーバッテリー Plateが登場 (Cheero)

Cheeroの戦略に踊らされております(笑)

R0043695

今回は2種類同時発売。
一つがこの、プレート。
なかなか良いネーミング。

4200mAhと、最近大容量化しつつあるモバイルバッテリーに対する一つの回答かもしれません。

R0043696

こちらが裏側。

R0043709

ハコから出したとこ。
本体と充電ケーブルです。

R0043710

ごく薄です。
こちらの出力は、2.1Aなので、iPad miniやiPad Air、Xperia Z2Tabletなどに向いています。

R0043713

取りあえず満充電されているとゆうか、こちらはバッテリーインジケーターが3つになります。
左のInputとあるのは、充電です。

R0043714

裏側。
いつもと同じ感じ。

R0043715

出力と反対側。
ダンボーのイメージは継承されています。

R0043716

長手方向。

こちらの丸いボタンが電源スイッチになります。

4200mAhとなるとビミョーですが、この小ささだと持ち運びが楽なのでポケットに入れても苦痛ではないです。
重さは105g
なので、少し前のガラケー(フューチャーフォン)くらいの重さでしょうか?

 

左が紹介した方、右が同時発売されたもの。

元値は左が2980円、右が2380円ですので、売り切れた時に転売屋さんの高値に気をつけましょう。
今回はノーマークの人が多いらしく、まだ在庫がありそうですが。


気がつけば5000エントリ越えてた(汗)

いつもお世話になります。
私的電脳小物遊戯のZEAKさんです。

昨年の秋には、訪問者(閲覧)数、1000万アクセスを頂戴いたしましてありがとうございました。

さりげに先ほどのエントリを書こうとして、トップページを見てびっくりしましたが、なんと5060エントリでした。
特に意識をしていたわけではないので、あれですが。

思わずびっくりでございます。

5000

ブログを書き始めたのが遅くて、2005年10月4日からですので、小さい頃は日記は3日持てば良い方でしたので、今まで続いているのがびっくりですが(笑)
単純計算でも年550も記事をうpしている計算になりますな(゚゚ )☆\ぽか
今年は、ブログ書き始めから10年目となります。

今年の10月までネタと体力と、物欲と軍資金が続いていれば良いのですが(笑)

まーこれからも、何卒よしなに。m(_ _)m

低価格で5枚組の輸入版その4 BILLY JOEL

もうおじいさんになっちゃいましたが、ピアノのうまさでは上位クラス(だと思います)
ちょっとミーハー系かもしれませんが、デビューの頃からアルバム買ってたので。
今度は10枚w
まずはこちら。

R0043499

ニューヨークを代表するピアノマンです。

R0043500

こちらが裏面。

R0043501

こちらが5枚セットのもの。

R0043502

裏面。

もう一丁

R0043503

こちらは前のに比べて後半が多いです。

R0043504

裏面

R0043505

こちらがジャケット

R0043506

こちらが裏面。

ここで、あれ?と思った方、正解です(汗)
大ヒットした、とゆうか日本で火が付いたストレンジャーと1stアルバムのピアノマン、それと彼女にアタックのイノセントマンが入っていません。
まあ、私的にはストレンジャーはハイレゾデータで持っているのと、上記二つは別途CD持ってるから私的には問題ないのですが。
ざっと聞く分には良いかなと思います。

 

取扱時期によっては、値段が上下する場合もありますのでご了承ください。

あと、3枚併せて10%オフもキャンペーン終了期間をご確認ください。

これ以外にも、Van Halen、Foreigner、Journey、The Doobie Brothersはじめ、意外と多くの輸入版で5枚組がありますので、時期を見て買おうかと思います(゚゚ )☆\ぽか


低価格で5枚組の輸入版その3 TOTO

TOTOと言えば、アフリカやロザーナですが、おじさん的には出た頃から買ってて、こちらもLPレコード全部持ってました。

R0043495

TOTOはスタジオミュージシャンとして、定評ある音楽性で何人かのバックバンドを務めていましたが。
独立して人気を得たグループです。
TOTOの名前は、都市伝説によると(笑)来日したときにどこのトイレに行ってもTOTOのマークがあることから名付けたというものもあります(汗)

R0043496

こちらが裏面。

R0043497

3枚目くらいから日本でも大ヒットって感じ。

R0043498

こちらが裏面。

ちなみに、Amazonで全商品を検索すると、トイレが出てきます(笑)

こちらも5枚組でアルバム1枚くらいのお値段なので安いです。


低価格で5枚組の輸入版その2 Boz Scaggs

第2弾は、ちと若い人にはなじみがないかも。
でも、何曲かは聴いたことがあると思いますが。

R0042878

いわゆる80年代のウエストコーストサウンドのAOR(アダルトオリエンテッドロック)のおじさん。
ボズ・スキャッグスです。

R0042879

こちらが裏面。

R0042881

輸入版ですが、コロンビアのライセンスもありました。

R0042882

80年代から90年頭くらいのバブリーなころに売れていたかと。

いちお、全部のアルバム(レコード)を持ってましたが、安かったので。

R0042883

こちらが裏面。
当時のレコードジャケット風のCD紙ケースが良い感じ。
注:ライナーノーツとか、解説とか、歌詞カードとかはないのでご了承くださいますようお願いします。

こちらは少しお高い。けど、5枚でこのお値段ですから。


低価格で5枚組の輸入版その1 Daryl Hall & John Oates

昨年末にAmazonで輸入版3つで10%オフセールがあったので、買ってみた

R0042952

Daryl Hall & John Oates(ダリル・ホール&ジョン・オーツ)は、80年代にヒットしたグループ。
少ししてからSONYのWALKMANのCMでも使われていたので、若い人でも聞いたことがある曲があると思います。

R0042954

意外と売れたアルバムが中心だったのでラッキーでした。

R0042955

こちらが裏面。

自分が買ったのはなくなっちゃってた(汗)

興味がある方はこちらででもどうぞ。


無停電電源装置CP375 JP(CYBERPOWER)

自宅はほとんどがノートパソコンなのでふいの停電とか大丈夫だと思いますが、会社の場合基本デスクトップなので会社の周りが大丈夫だとしても、電源供給元が落雷とかで一瞬の停電でもパソコンはぶっ飛んでしまうわけで(汗)

とゆうことで、昨年ですがバーゲンでCYBERPOWER社のCP375 JPなるものを買ってみました。(てゆうか、買わせた)

R0043483

こちらが箱。
もしかしたらもうこれはないかも。

R0043485

バッテリー搭載の電源てゆう感じ。
大企業と違って、個人事務所なのでこんな簡易版で十分っす。
同梱品は本体、コンセント変換コネクタと電話線。
たぶん電話線はうちの会社の場合使えないかと。

R0043487

これを見てわかるように、2つのコンセントのみバックアップできるコネクタであとは普通の延長ケーブルみたいなもの。

R0043488

横から。
けっこうな厚みがあります。

R0043489

注意書き

R0043490

こちらが裏面。
たぶんこの部分にバッテリーが入っていると思われます。

R0043491

会社の場合は関係ないですが、個人宅だと停電すると通話もできなくなっちゃうので、このコネクタは良いかも。

あ、最近はケータイか(汗)

R0043492

電源を入れるとこんな感じになります。

  

値段(型番)の違いがバッテリーの持ち時間に違いかも。

同じ型番はAmazonではヒットしませんでした。

このくらいなら、自宅に一つあってもよいかもです。

ノートパソコン用バックパック?RIGHT PACK SLEEVE(JANSPORTS)

普通はお高くて買いませんが、年末にバーゲンで半額だったので買ってみました。

R0043235

ジャンスポーツと言えば、低価格のというイメージがありますが(汗)
海外だと意外とメジャーなアウトドアブランドだそうで(汗)

R0043236

なんで買ったかとゆーと、15インチパソコン対応のポシェットだからなんですねぇヾ(^ )コレコレ

R0043237

こちらが、ボトム部。
いちお、バックパック風にちゃんと革で縫ってあります。なんで(笑)

R0043238

こちらが外側のポケット。
電源ケーブルとマウスなどが入ります。

R0043239

インナースリーブには、タブレット用のポケットもあります。

R0043240

中は起毛でクッションもしっかりしているので、安心してノートパソコンが入れられます。

R0043242

バックパック風に背負うも良し、半分だけにしても、全部を内側のポケットに入れて、上のフックで持っても、あるいはインナーバッグにしても使えます。

ちなみに、これVAIO Fit 15Eが15インチだから入りそうかなと思って導入しましたが、完全には蓋が閉まりません(笑)まあなんとか入りますが(汗)

  

取り扱う店によっても値段が違います。

   

色は、黒のほかに、ライトブルー、ネイビー、レッド、グリーンなどもあります。

まあ、仕事でも使えるように無難な黒にしましたが。

ただ、4000円位だったので買いましたが、このお値段だと少々抵抗があります(汗)

My FUJI FILMありがとう3周年 フォトブロックマグネット当選\(^o^)/

昨年末に、FUJI FILM3周年プレゼントの写るんですキーホルダーが当たりましたが、またなにか来ました。


R0043577

ごめんなさい、これ応募した記憶が無いのですが(゚゚ )☆\ぽか
たぶん、毎週のようにメールが来ててそれに応募したどれかが当たったんでしょうヾ(^ )コレコレ

R0043578

来たのは、FUJIFILMロゴ入りのもの。

R0043580

4つ入っています。

R0043581

ケースから出したとこ。

R0043582

一つ一つが、幼児向けレゴっぽくなっています。
たぶん、My FUJI FILMと書いてある所に写真を入れるのでしょう。

と思って説明を見たら。

R0043583

3つの使い方があるようです。

とゆうことで・・・

R0043584

積み上げてみました(笑)

家ではたぶん冷蔵庫にしか貼れないので(汗)

デスク周りの連絡メモ貼り用にしようかなっと。

VAIO Fit 15E その5 キーボードウエアVGP-KBL17 (SONY)

少し前から、純正のキーボードカバーを展開していますが、SONYストアは残念ながら売り切れというわけで、困ったときの密林頼み。

R0042985

こちらが純正キーボードウエアVGP-KBL17になります。

R0042987

なんのことはない、普通のウレタンゴム系のカバーになります。

これが意外と良いのよ(笑)

R0042988

私のモデルはバックライトは付いていませんが。
バックライト付きキーボードでも光るというすぐれもの。

R0042989

無くなるとこまるということで、白も買っちゃいました(゚゚ )☆\ぽか

R0042990

取りあえず、白は汚れるというか、黄ばむと思うので、保存用にヾ(^ )コレコレ

R0043080

指にまとわりついていやと言う人と、静かに入力ができて良いという人の二種類います。
私的には違和感なく打てるし、静かに入力ができて良いですけど

 

左が純正、右が他社製品。


純潔のマリアエキシビジョン アニメも始まる

もやしもんで有名な石川雅之さんの新作。
本当は純潔のマリアは3冊で終わっちゃいましたが、もう一つお話がと言うわけで。

R0043575

昨日、純潔のマリアエキシビジョンが出たので保護。

R0043576

嬉しいことに、1月11日より、アニメが放送されます\(^o^)/ワーイ
残念ながら、関東中心ですが、数日遅れでBS11でもやってくれるのでラッキー。

因みに、「もやしもん×純潔のマリア原画展~石川雅之の世界~」も1月15日~25日まで、池袋で開催。
こちらは期間が短いので私的には行けませんが(T-T)

なにぶん、こちらでもテレビが見えるのがラッキー

SONY時代のVAIO Fit 15E その4機能拡張編(SONY)

VAIO Fit 15Eは特にウスウスにしてあるマシンでもなく、SONYにしては特徴がほとんどないごく普通のノートパソコンなので、・・・

R0043044

簡単に組み替えや機能拡張ができます。

とは言え、CPUが云々ではなく(^^;
メモリやHDDの交換という意味です。

R0043045

右端のを開けると、HDDが出てきます。

R0043046

別に不具合も容量不足もないので、取りあえず確認しただけです(笑)

R0043047

こちらはメモリ部。
茶色の保護フィルムを外すと。

R0043048_2

4GBのメモリです。

こちらも取り立てて容量不足もないのでそのままですが、非力と感じたら増設したいと思います。

なるべく同じメーカーの同じ要領のメモリでないと効果を発揮しないので。替えるなら2枚同時っす。

R0043050

いちお、こんな所に、Windows8 Proの認証シールが(笑)

R0043051

ノートパソコンなので、いちおバッテリーもあります(゚゚ )☆\ぽか

R0043057

低価格クラスなので、FeliCaなどの読み取り機は搭載されていませんが、それもあまり使わないと思うので良いでしょう。

ただ、気になったのがマルチタッチパッド。
物理左右ボタンがあった方が良いかなと思います。
使えない訳では無いのですが、ちょっとふにゃふにゃしているので。
この辺はAPPLEのMacBook AirやMacBook Proのタッチパッドの作りとは異なってちゃちぃです(笑)


R0043058

まあ、MACにはないテンキーが付いているので、意外と数字入力にも重宝するかもしれません。

それ以外は、ごくふつーのノートパソコンです。
唯一良いと言えるのは、ビジネスモデルなので、これでもかというほどの押し売りアプリが全く入っていないということ。
これは良いです。
昔のように、国産メーカー(パナを除き)には、まあ、これはこれはというほどお節介なアプリが入っていて、それを消す(アンインストールする)だけでも半日くらいかかるという迷惑な仕様でしたから(汗)

おまけにレジストリーは余分なものが入るし、良いことないです。


SONY時代のVAIO Fit 15E その3起動編(SONY)

今更ですが、Windows7の起動です。
ちなみに、こちらは8へのアップデートもできるモデルなので、なれるという意味では8にして8.1にしてもよいかもです。

R0043061

起動時の画面。

R0043064

そういえば、Windows7ってこんな感じで始まりましたね。(゚゚ )トオイメ

R0043066

ビジネスモデルだったので、プロが入っています。

R0043067

Windows8.1はちゃんと認証とゆうか本人確認が必要なので遊べませんが(汗)
Windows7はこんな感じで登録が出来ます。

R0043068

ライセンス許諾云々の認証

R0043069

取りあえず、推奨環境でうp

R0043071

起動画面がダサいw

R0043072

なるほど、この頃のマシンってもうすでに、Bluetoothは標準装備なのね。

R0043073

こちらがデフォルト画面。

R0043074

こちらもデフォルト状態のCドライブてゆうか、Cドライブしかないのか(笑)

R0043075

空き容量は、434GB(総容量は457GB)

R0043077

エクスペリエンスは、最低で5.1、最大のプロセッサが6.9
Core i5の割に意外と善戦してますな。
これなら、Windows8.1にしても大丈夫かも。

R0043078

この辺がSONYらしいと言えばSONYらしいか?

R0043079

使用中は、こんな感じでランプが付きます。

フルHD表示ではないですが、目が高齢化しつつあるおじさん的には良いかも(笑)
因みに、外付けモニター27インチと繋げればフルHD表示も出来るし、2画面としても使えるしけっこう遊べそうです。

SONY時代のVAIO Fit 15E その2本体編(SONY)

非力なマシンなので、あれですが、私的にはいつも小さいマシンばかり買っているので、このようなでかいマシンは初めてかも。

R0042976

つい最近買ったVAIOと言えば、typePです(笑)
あれは非力だけど、面白いマシンだった。
それ以降、食指が動きそうなマシンが出なかったので、久々のWindowsマシン。
あ、その前に2012年だったかDELL XPS13を保護してた。

R0042977

ちゃんとSONYロゴがあります。

R0042979

あけたとこ。
あー、モニタには不織布?紙?が張り付いてました(汗)

ちなみにこのVAIO Fit 15Eは普及クラスマシンとして、多様な機種展開をしておりまして、再非力のはCore i3がありますが、こちらはCore i5なので少しマシなクラスか。
とは言え、SSDもないし、画面解像度も今ひとつの方なので、まあネット見て、エクセルワードに一太郎弄る分には普通に使えるって感じのマシンです。
おまけに、SONY得意のFeliCaは非搭載です。
上のクラスになれば搭載されています。

R0042984

満充電で5~6時間らしいですが、充電中なのでいったいどのくらい持つかはわかりません。

その間に。

R0043032

同梱品。
DVDと一通りの注意書き。
あと、これに別途、工場出荷時にリカバリーする用のDISCを作らなければならないのでDVD-Rが2枚必要っす。

ちなみに、出荷時はWindows7ですが、Windows8.1までアップグレードは可能です。
但し、タッチパネルではないので、それなり。

R0043036

横から
ふつーのパソコンですな(笑)
左から電源コネクタ、放熱ファン、

R0043038

ちょい拡大
有線LANコネクタ、HDMI端子、USB3.0コネクタ×2、マイク端子、ヘッドフォン(イヤフォン)端子になります。

R0043039

正面下部。
これでは見にくいので拡大。

R0043040

フロントに向いているスピーカー(左右)これ、思ったより音は良いです。

R0043041

SDカードスロットに左側がアクセスランプやバッテリ、充電ランプ類。

R0043043

因みに。
ボトム部にもスピーカーがあります。


R0043054

右側には、USB2.0×2と

R0043055

DVDドライバーがあります。
お安いのでBlu-rayではないです。

続く

SONY時代のVAIO Fit 15E その1周辺機器編(SONY)

昨年暮れのAmazonセールで1日限定でお安かったので買ってみました。ヾ(^ )コレコレ

R0042956

保護用外ハコ
中国製ですな。

R0042958

ハコの横に穴が空いていて、品番はSVF1531GAJらしい。
いわゆるビジネスモデルですね。
余分なアプリは一切入っていないという大変潔いモデルです。

R0042959

こちらが本体
黒ベースの渋いハコです。

R0042960

紙のテープ印刷になりますが、SONYと書いてあります。

R0042962

こちらが裏面。

R0042968

あけたとこ。

R0042970

ハコはこんな感じ。

因みに、AppleのMacBookの開け方とはずいぶん違います(汗)

R0042971

こちらが本体一式。

R0042972

ケーブル類。
左から、
HDMI<D-Sub変換アダプタ。
ACアダプター
電源ケーブル
となります。

あけるまでに時間がかかってしまった(゚゚ )☆\ぽか

 

左が今回紹介している方。
ちなみに、お値段は55800円でした。

XPS-8700シリーズ その3起動編(DELL)

今日から仕事始めの人が多いと思います。
私は冬休みほとんど無しで(汗)

R0043147

得意のDELLマーク

R0043148

地域と言語の設定
にライセンス条項、

久しぶりの8.1

R0043151

パーソナル設定
このあとオンラインに接続。
ってWi-Fiも搭載されているんだ。

R0043153

設定が何項目もあります。
これ見ないで「はい」「はい」とやると、データをM$に送る(まあ匿名でしょうが)とかなんとかいろいろ自分にとって不都合もあると思うので、良く見ながら設定しましょう(笑)

R0043156

Microsoftアカウントにログインとありますが、ここは私の個人の物ではないので、会社用に(笑)

Windows8.1(もしかしたら8もあるかも)の場合、Microsoftアカウントが必要になって、メールアドレスにコードが送られるので、そのコードを入れないと認証されません(汗)

まあ、この辺は企業の場合サポートとゆうか情報担当係がやると思うので良いですが。
個人事業所は私が全部一個ずつ設定しなければならないという(汗)

R0043160

ここまでやってもまだ半分(笑)

R0043163

ストアから云々(邪魔だけどw)

起動した~っと思ったら(笑)

R0043164

リカバリディスクを作らなければならなかった(笑)

たぶん普通の人にはわからないと思います。
だから、電気屋さんで有料でやるんだな。
でもそれはお高いので、自分でやるべきだと思うのね。
空のDVD3枚だけ用意すればリカバリディスク作れるから。


R0043166

これで晴れて使えるようになりました。

まあ、昔のようにリカバリディスクならぬリカバリフロッピー作るのに1日(40枚必要)かかるということはなくなったので、良い時代です。

因みに、リカバリーメディアはUSBメモリでも良いのですが、それだと保存のみになっちゃうので、やはりDVDで取っておいた方がよいかも。
但し、DVDもメーカーによっては相性が悪い物もあるので、経年劣化するおそれがあるので、何とも言えませんが。

Windows7だとessentialで守ってもらえるのですが、こっちだとディフェンダーのみというのがちと怖いので・・・

R0043167

1年ですが、同時購入ヤ*ダモデルがAmazonで買うよりも少し安かったので、保護。

あとは、これにATOKとAdobe Creative Suite cloudとOffice2013を入れれば戦闘態勢完了です。
てゆうか、前使っていたマシンに入れた色んなアプリをこちらに入れねばならねーだだ汗。


ちなみに、これ、Windowsだけでなく、MACもAndroidも桶という優れものなので、密かにやっちゃおうかなっと(゚゚ )☆\ぽか

注:cloud系アンチウィルスソフトって、3年版だろうが、複数台数版だろうが、一番最初に入れた日から1年、あるいは3年有効になるので、その点注意が必要です。


XPS-8700シリーズ その2パソコン本体編(DRLL)

本体編です。

R0043131

表紙はテカテカ(ピアノ塗装風)なので、写しません(笑)

R0043132

最近のDELL製品はXPSシリーズに統一されちゃったのかな?

R0043133

こちらが端子類。

R0043135

上から
USB2.0端子×2(キーボードやマウスなど)
有線LAN端子
USB3.0端子×4

R0043137

こちらは、日本では非対応と思われる、モニタ系端子。
というのも、モニターに繋げたら、おこられた(笑)

R0043138

左上コネクタはスピーカーやマイクなどの端子(普通は2コなんすけどねぇ)どれがどれかわかんねー(゚゚ )☆\ぽか

下段が、モニタースロット。
こちらに挿さないと使えません。

このほか、

R0043139

本体上側に、USB2.0端子×2
スピーカーとマイク端子

前面にもUSB3.0端子×2に、各種カードスロットがあります。

起動編に続きます。

   

このなかのどれか(゚゚ )☆\ぽか

会社のパソコンをリニューアル XPS-8700シリーズ その1デジタルハイエンド23モニタ編(DRLL)

別に問題ないと思っていましたが、BOSSが私宛に来たメールを返信するときに、内容を見ながら回答していた時に、数文字打つと暫くPCが考えて15秒位経ってから変換できるのを見て、(これはたまーに発症する爆遅減少なのですが(^^;)
「これぢゃあ仕事にならんから、パソコン買おう。明日買いに行って」とゆうことで、年末に保護したものが。

R0043099

某ヤ*ダ電気で一番最速最新のマシンということで、これしかなかった(笑)
別のパソコン専門店では、本体のみでこのマシンと同じくらいの価格だったので。こちらを。
ハコの写真はディスプレイ(Ultrasharp23Monitor、日本語表記だとデジタルハイエンド23モニタになるw)

R0043125

こちらがXPS-8700シリーズ本体。
いずれにしてもハコがでかい(笑)

R0043130

ハコの中にハコw
こちらは周辺機器です。

R0043146

昔はこのハコの中にぎっしりと色々な物が詰まっていましたが、最近はマニュアルなんかなくなっちゃったので、スカスカ(笑)
キーボード、電源ケーブル、マウス(有線)にはじめにお読み下さいの数枚の小冊子(笑)

これで、パソコン初心者の人が、接続から立上げまでできるかというのはかなりギモンw

R0043110

モニターをあけたとこ。
うわ、ぎっしりw

R0043111

これ、寄木細工というか、この段ボールの組み合わせを考えた人は偉い(笑)
そもそも、一人ではモニターをハコから出すのはかなりきつい。

R0043112

ケーブル類もたくさん入っています。
左から、モニターケーブル。最近のモニターは薄くなったせいか、ACアダプターになった感じ。

USB3.0ケーブル(モニターにUSBがあります)
DAECケーブル(ディスプレイポートですが、マシン本体になければ使えません(汗))
HDMIケーブル

汎用の青いヤツ、D-SUB15ピンやDVIケーブルが入っていないというのが潔い(笑)

R0043113

こちらがアーム&土台部分。
意外と重いです。

R0043114

横から。
モニターは押せばリニアに上下するタイプ(これはDELLの得意技)
三菱モニターだと、樹脂のユニットをレゴみたいに何個か組み合わせて上下させます。
まあ、頻繁に上下させるものではないのであまり気にしませんが、目が疲れてきた時とか、気分で上から見て図面を書きたいとかなると上下機構は意外と便利っす。

R0043115

モニターには、アームをぱちんとはめるタイプ。

R0043117

コネクタ類。
左から、電源ケーブル、DAEC端子、HDMI端子×2

R0043118

D-SUB端子、
USB3.0(PCから)
USB×2

となります。

R0043123

ケーブル挿してみた状態。

こんだけ端子があれば、十分。

ちなみに、音はイマイチですが、スピーカーもモニター本体内で再生が可能です。

続きます。

こちらが紹介しているモニター。
良く見たらカメラ内蔵でした。びっくり
意外と良い物だった(゚゚ )☆\ぽか

  

こちらが汎用のモニター

こちらは、同じシリーズの4Kモニター
流石にお高いです。


ダンボーUSB充電ケーブル(Cheero)

新年第一弾のうpは、昨年暮れに突如発売されたダンボーモチーフのUSB CABLE with Lightning micro USB 25cmです。ってなげー(笑)

R0043198

何か?というと、単純にUBS充電ケーブルなんですが(笑)

R0043201

こちらが裏面。

R0043202

私が買ったのは25cmモデルなのでケーブル長は、こんな感じですが、このほかに10cm、50cm、100cm、180cmとあります。

初回販売が瞬殺されたので、欠品だと思いますが、こちら。

R0043209

microUSBとLightningコネクタの2種類版。
私的にはiPhone5sやiPad miniにXperia Z2TabletとXperia Z ultra C6833を使っているので、こちらの方が何かと汎用性があります。

R0043208

全体的にはこんな感じ。

R0043210

USBの充電側にはダンボーの顔になっていて、ケーブルが布で巻かれているので、純正ケーブルよりも耐久性には期待できそうです。
ちなみに、このダンボーの顔ですが・・・

R0043212

通電して、待機時には目が赤くなります。(写真ではわかりにくいですが)

R0043215

充電中には、目がオレンジに光るのでどう言う状態かわかるのが良いです。

たぶん1月には、Lightningケーブルモードも出ると思いますので、興味がある方はお待ち下さい。

  

因みに、青い箱はmicroUSB 緑の箱(まだ発売されていません)はLightningケーブル、ピンクの箱はLightning micro USBとなりますので、ご注意下さい。

LightningケーブルはAPPLEの認証を受けているので安心して使えます。


ちきゅうと2015年の夜明けぜよwith X-T1(笑)

新年のご挨拶は先にしましたが。今朝ほど撮影してきた初日の出を利サイズしていたので遅くなりましたが、改めましておめでとうございます\(^o^)/ワーイ
今年もよろしくお願いします。

Dscf3715

全体的に絞り込んで暗くしています(笑)
その方が初日の出っぽいから。

Dscf3718

探査船ちきゅうです。
リサイズでシャギーが出ていますがご了承ください。

Dscf3726

縦位置

Dscf3776

いよいよ出てきました~

Dscf3790

ここからが長い。

Dscf3795

ずんw

Dscf3798

日が出てくるまでが長いのよ。

Dscf3807

良い感じです。

Dscf3812


無冠の巨匠 本多猪四郎 切通理作(洋泉社)

最近忙しくて書店にも行く暇が無かったのですが、年末とゆうか、御用納めの日に出先で午前午後打合せがあり(笑)昼休みに書店に寄ったら、こんな本があったので、保護。

R0043275

私が敬愛する、本多猪四郎監督の本です。
先日は川北紘一さんが亡くなって、昔の東宝特撮映画を支えてくれた人が相次いでなくなっており、今後のゴジラ映画はどうなるのか気になるところですが、私的に好きなのはやはり初期の作品類。
特に本多猪四郎さんがメガホンを取った作品が一番好きなんですねぇ。

そのほかの監督さんの作品も見ては居ますが、本多猪四郎さんの作品て、特撮パートだけでなく、本編パートでもなんか見終わった後に響いてくるものがあるのです。

とゆう訳で、発行は11月頃ですが、暇を見て読もうと思っています。

 

 

謹賀新年でござる

みなさま、新年あけましておめでとうございます\(^o^)/ワーイ
今年もよろしくお願いします。

今年は、おとなしくする一年にしようかと思っていますので、お休みする日が出てくるかも知れません。
てゆうか、年末年始、忙しくてろくに休んでないのですけどぉ~
これってどーなの。

なんか世の中間違ってない?

そもそも、年明け早々打合せが大量に詰まってて、それまでに頼まれた仕事こなして、少なくとも5日までにデータを送らなければならないって、世の中不条理っす(゚゚ )☆\ぽか

おまけに、客先は26日が御用納めで、御用納めの日に丸々1日会議ってどーなの(゚゚ )☆\ぽか

あー、やべぇ~新年早々愚痴ってしまったわ(゚゚ )☆\ぽか

でも、何年か前にも半年で数日しか休まなかった(休めなかった)年がありましたが、その年にも12月31日徹夜して、1日朝帰って爆睡。翌2日から5日まで連続で残業していたことがあるので、ま、あのときに比べたらその半分くらいの忙しさなので、しかたないかと思いますがヾ(^ )コレコレ

そろそろ、仕事セーブしてぇ~

そもそも、ここ2ヶ月ほど、夢の中でも仕事しているし(汗)

まあ、新年早々愚痴ってもしかたあるめぇ。

でも、こういうときって、めっちゃ物欲湧くのよねぇ~

上に書いた年も、正月2日に会社にpomeraDM100送ってもらって、2日のAPPLE福袋(ネットセール)で沢山買っちゃったし。
大丈夫かな?ヾ(^ )コレコレ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ