« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

MacBook Air 11inch A1465 Mid 2014 その5FILM編(ミヤビックス)

MacBook Air13inchはFILMを貼りませんでしたが、MacBook Air11inchは頻繁に持ち運ぶので、液晶面に傷がつくといやなので・・・

R0042617

定番のオーバーレイブリリアント高光沢タイプを投入。

R0042618

こちら、私が買ったMacBook Airの型番がないのですが、まあ大きく変えてはいないだろうということで。

R0042625

こうやって貼ると良いらしい。
いつものTabletやスマホと違って画面が大きいし平らにできませんからねぇ。

R0042626

こちらがフィルム面。

R0042627

こちらが貼っているとこ。

R0042628

ばっちり貼れました。

 

人によってはノングレア(低反射)も好きな人がいると言うことで、買うときには注意しましょう。


MagSafe to MagSafe 2 Converter (APPLE)

MacBook Air11inchを紹介しましたが、家と会社で充電するには、ACアダプターを持ち運びしなければなりません。
まあ、小さいので良いのですが、家には古いMacBook AirやMacBook Proなどもあり、MagSafeのACアダプターの予備もあります。

とゆう訳で。
注文時に併せて、

R0042631

こちらも頼みました。

R0042633

古いMagSafeに接続させて、MagSafe2として使うコンバーターになります。

R0042634

これで、1日外で使って、直帰しても充電ができるので安心です。

1個1000円なので、昔のMacBook等をお持ちの方で、これからMacBook AirやProを買われる方には必須かも。


MacBook Air 11inch A1465 Mid 2014 その4比較編(APPLE)

恒例の比較編です。

R0042598

MacBook Air13inch(Mid2011)と(黒い方が13)

R0042599

重ねてみました。
一回り小さいです。
黒いのは保護カバーね。

R0042601

13inchのは、向かって右側にSDカードスロットがあります。

R0042603

左側は同じ。

R0042604

このように広げると、大きさが全然違いますねぇ。
特にパームレストの部分。

R0042605

因みに、Fnキーを除きキーの大きさは同じです。

R0042606

Fnキーは、13inchMacBook AirやMacBook Pro、BluetoothキーボードのFnキーと比べると、縦の幅が半分くらいの長さになります。

R0042607

画面の大きさも縦横比が違います。
どちらかというと、MacBook Air11inchはワイド画面風になります。

R0042611

MacBook Air11inchの重さは、1072g

R0042612

MacBook Air13inchの重さは、保護カバー込みで1636gとなります。

R0042614

MagSafeと2の違い。
棒状の方がMag Safe、直線上の方がMag Safe2

何が違うかというと・・・

R0042613

横幅が広くなったのね(^^;
変える必要があるのかどうか。
ちなみにMag Safe2だと幅広になった分外れにくくなっているような気がします。

R0042615

因みに、Xperia Z2Tabletと比較(笑)

R0042616

丁度一回り大きいくらいかな?


MacBook Air 11inch A1465 Mid 2014 その3起動編(APPLE)

ヨセミテ起動編です。
基本的にヨセミテも昔のマシンをサポートして無料アップデートできるのですが、parallelsを始め、一部のアプリは有料で買い替えないと動作しないこと。手持ちのマシンは基本メモリがデフォルトのままなので(^^;

R0042571

電源を入れます。

R0042572

この辺はiOSの初期設定画面に近いです。

R0042573

主に日本語を使用する。って(^^;
ま、そうなのですが。

R0042575

そこをポチっとすると、日本語設定モードになります。

R0042576

キーボードの設定画面。
USキーでも良かったのですが、まあ、後々のことを考えて。
日本語キー版を購入。

R0042577

日本語を設定。

R0042577_2

入力環境は日本語、私的にはローマ字を使うのでローマ字。
カナキー五十音入力ができる人を尊敬しちゃいます。

R0042579

無線LAN設定
そういえば、MacBook Airって無線しか対応してなかった(^^;

R0042580

このMACに情報を転送。
色々な情報をこちらに入れる場合は選択。
特に不要なので、転送しないにしました。

以前は、データ共有とかやったら、転送に1日近く掛かったので(^^;

R0042582

APPLE ID でサインイン。
これをすることで、クラウド、音楽等、アプリの共有ができます。

R0042583

こちらのMACを探すも対応しています。
こういうのは良いですね。

R0042584

ここまで来てやっと利用規約の承認が来ます。

いろいろ設定して(割愛(゚゚ )☆\ぽか)

R0042593

Macを設定中となり・・・

R0042594

やっとヨセミテ画面になりました。

R0042596

アイコンがのっぺりしているのですげー違和感あるのですが(^^;

因みに、昔別売だったWorks(いわゆるMAC版OFFICE、Pages、Numbers、Keynote)は、標準搭載されていますので、買ってすぐに使えるようになります。

続く


MacBook Air 11inch A1465 Mid 2014 その2本体編(APPLE)

今更ですが(笑)

R0042553

本体です。

R0042554

封印

R0042556

あけちゃいました。

R0042557

本体右側、USB3.0とthunderboltコネクタ

R0042559

薄いです。

R0042563

本体左側
Mag Safe2(充電コネクタ)なんで2になったのかな?
USB3.0、イヤフォンコネクタ。

これだけ。

R0042561

この小ささ。
いや、指も短いんですが(笑)

R0042564

フタあけたとこ。
おー、そう言えば、液晶保護の和紙があったなぁ。
忘れてた。

R0042565

MBAとMBPの主な違いは、額縁が黒か銀ていうとこですね。

R0042567

基本キーボードは、Fnキーを除き、どれも大きさが同じです。

R0042569

11inchのみFnキーが非常に細いです。

起動編に続きます


MacBook Air 11inch A1465 Mid 2014 その1開封編(APPLE)

噂では12inchが出るという話になっていますが、MacBook Airは13inch(Mid2011)を持っているのですが、そろそろバッテリーがへたってきたというのと、持ち運ぶ人もへたってきたので、軽い物を(^^;
あと、もし12inchが出たら、11inchモデルは注文生産ができないということで。

R0042524_2

ほんぐこんぐから来ました。

とゆうのは、カスタマイズしたので。

R0042528

あけたとこ。(違

R0042529

出したとこ。

R0042531

上から

R0042532

横から

R0042533

裏側

R0042534_2

一番安いクラスに、メモリ増設のみしました。
持ち運んで仕事メインで使うので、特に音楽とか動画とか写真は、MAC miniやMacBook Air13でいっかと。

R0042536

あけました。
久々の体験(笑)
すぐに消えちゃうけど、このあけた瞬間のかほりがなんとも(笑)

R0042537

ちっちゃ。

いけど・・・

R0042538

林檎マークでか!(@@;
MacBook Air13とたぶん林檎の大きさ変わらないのでは?
やはりここは、林檎を一回り小さくして、iPadとMacBook Air13の間くらいの可愛いヤツにして欲しい。(笑)

R0042541

本体を外すと、中にはACアダプターと延長コード。
取説があります。

R0042542

こうやって見ると小さいですね。

続く

アマゾンリンクを貼ろうと思いましたが、古いのも結構並んでいるので、可能ならアップルストアか、近所のアップル取扱店で買いましょう(笑)

私的には、吊しのものだとメモリが非力なので、アップルストアのネットでカスタマイズしました。
5日くらい掛かりましたが、ま許容範囲でしょう。
送料無料だし。


USBで使えるホビーユースのあやしいドリル(メーカー不詳)

どこだったか、投げ売りされていたので保護。

R0040946

ハコです。

R0040947

いかにも怪しい(笑)
日本語シールを見るとUSBペン型電動彫刻ドリルというシールが貼ってありました。

R0040948

あけたとこ。
こちらも見るからにあやしいwww

しかも、ケーブル短すぎね?

R0040949

彫刻用というだけあって、削るというか磨くっぽいパーツが多いです。

ただし、この形状だとプラモデルのバリ取りとかには使えそう。

R0040950

奥に見えるボタンが電源(回転)スイッチになるので、意外と使いやすいかも。
ってまだ使ってないのですが(゚゚ )☆\ぽか

別に、パソコンから電源を供給しなくても最近USBバッテリーが大量にあるので、使わなくなった(持ち運びしない)バッテリーから電源供給すればホビー工作には使えそうです。

ネットにはねーだろーと思って検索したら・・・・

ありました~(笑)
やはり、何でもありのサンコーでも取り扱っていたようです。
確か私的には1500円位で買ったと思いますが(汗)


2kgが計れ、折りたたんで収納できるタニタのはかり(タニタ)

電脳小物系や万年筆、筆記具などをブログアップするときに、カタログ値ではなく、実測値で紹介していますが、今まで持っていた秤(はかり)は、1kgまでしか計れなかったのね(笑)
なので、デジ一やレンズなどを載せると、E表記(エラー)になって使えませんでした。

R0042433

という訳で、こちらもコストコでめっちゃ安かったので保護(^^;

R0042436

この際デザイン云々はおいといて(笑)

R0042438

普通料理には、2kgは要らないべと思いつつ。
これは助かります。

R0042439

面白いのは、上の穴。
たぶんフックで壁に引っかけられるようになっているのでしょう。

また・・・

R0042441

折りたたんで、立てて収納もできます。

R0042442

前使っていたもの。
こちら・・・

R0042445


なんと4本も電池を使っていました。

ちなみに、コストコで1600円位w


ぐりとぐら記念切手 季節のおもいでシリーズ(日本郵便)

うちの子が小さい頃に好きだった絵本の一つ(笑)

R0042686

切手になったので保護してみました。

前からアニメとか目立つ切手が出る時にいろいろ買っていますが。
82円だと便利です(後数年の命ですが、たぶん)

こういう季節ものは、大きな郵便局ほど早く売れるので。
見当たらなかったら、小さい郵便局が狙い目かと。

2WAYチャンネルデバイダー搭載 マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法Stereo編(音楽之友社)

月間stereo別冊
FOSTEXとstereoのコラボによる。チャンネルデバイダー搭載の雑誌っす。

R0042668

けっこう目立つ形状なので、書店ではわかりやすいかもです。

R0042669

横から

R0042670

分割しました(^^;

R0042671

こちらがデバイダー

R0042672

ハコから出したとこ。

R0042673

周波数帯をカットしたり変更したり調整出来るものです。
増えすぎたスピーカーに、アンプ×2台で調整が可能。
遊び方いろいろ(゚゚ )☆\ぽか

前に紹介した、基StereoやHi-Viなどのオマケの板むき出しのアンプと接続させて使うことができます。

R0042674

上から

R0042675

アンプの接続なので、このような一般的なオーディオ端子となっています。

注:直接スピーカーに繋げるものではなく、アンプに接続させるためのものです。

R0042676

左から入力、中央と右が出力になります。

R0042677

アダプターも搭載されているので安心。

R0042678

ACアダプターにはちゃんとフォステクスのロゴが入っているのでわかりやすいです。

アンプ持ってないという方には、本誌巻末をご覧下さい(笑)。

チャンネルデバイダーってなに?って方にも、本誌にはわかりやすく書いてあります。


一昨日出たばかりだと思うので、店頭にあると思います。
珍しく、Amazonにも残っていると思います

ない場合は、こちら


最近セットものがけっこう増えてて困ります(゚゚ )☆\ぽか

定番のヘッドフォンBOSE ON-EAR その2本体編(BOSE)

あけます(゚゚ )☆\ぽか

P9140014

まずヘッドフォンケース。
かなり薄いです。

P9140015

長い延長コードと短い延長コードがあります。

P9140017

反対側には、英語版の取説。

P9140018

はーと(違
ヘッドフォン収納部分。

P9140021

こちらが定番のヘッドフォン部。
かなり小さいです。

P9140020

ちょい拡大。

P9140023

付け心地が良い、イヤーパッド部。

問題は、中がスポンジだということ。長期使うと溶けそうな気がする。
まあ、イヤーパッドだけでも買えるとは思いますが。

P9140024

ヘッドバンド部は意外としっかりしています。

P9140026

こんな感じで収まります。

P9140027

反対側

P9140029

ケースに収めたところ。
これだと小さいので持ち運びにも良いです。

BOSEの音って、重低音重視なので、好き嫌いが分かれると思います。
ただし、このヘッドフォンは意外と密閉性が良いので(完全遮断ではない)、周りの雑音を消して集中したい場合は、少し音楽を流すだけで周りの音は気にならなくなります。
(自転車等で使わないで下さい)

音漏れは、わかりません。
そこまでボリュームを上げて聞くひとではないので。


定番のヘッドフォンBOSE ON-EAR (BOSE)

ヘッドフォンは何個もあるのに(笑)
コストコで安かったので、買ってしまいました(笑)

P9140001

コストコなので、ケースでなくて、大きいブリスターパック(笑)
店頭や通販だとハコに入ってくると思います。

P9140002

裏側
いちお、日本語取説と保証書も入っています。
いわゆる正規品ですな。(たぶん)

P9140013

こんな感じね。
ちゃんとBOSEに登録できた(笑)

本体編に続く

普通だとこのくらいなのですが、コストコで1万ちょっとだったので(゚゚ )☆\ぽか

革の長財布 HORIZON (TUMI)

TUMIシリーズ第3段(゚゚ )☆\ぽか

R0031341

ハコです

R0031342

あけたとこ
あ、紙だw

R0031343

蓋の内側が起毛になっています。(汗)

R0031344

表面は、得意のバリスティックナイロンではなく、ナパレザーの方です。

R0031345

TUMIロゴ

R0031347

蓋と内側で12枚のカードが入ります。

R0031351

札が入る部分は布です。

R0031353

小銭ほか入れ部分。

普段は長財布て好きで無いですが、海外に行くので用意しました。

R0031354

内側にもTUMIの刻印があります。

 

普通はこのくらいの値段がしますが、某所の割引セールで7000円しなかった。
TUMI HORIZON 96-1506-1

TUMIのDFS限定3WAYバッグ その2分解編(笑) (TUMI)

P8120044_2

このバッグですが・・・・(写真反対だけど(゚゚ )☆\ぽか)
ぢつは・・・

P8120071

こんな感じで外れます(笑)

P8120072

シンプルですが、ワンショルダーになります。

P8120074

右掛け、左掛けも可能。

ぢつは・・・

P8120076

下もとれますw

P8120077

こんな感じで、トートバッグにもなります。

P8120080

中はかなり大きく、沢山入るので、買物しすぎた時にエコバッグ代わりになります(笑)


P8120065

トートバッグの表面にある(いわゆるデイパックの下側)には、ジッパーでポケットがあり、小物入れも沢山あります。

ちょっとデザインはイマイチとゆうかTUMIっぽくないのですが、意外と便利に使えます。


品番で行くと、TUMI0221381HKHEになりますが、ネットで検索しても出てきません。

TUMIのDFS限定3WAYバッグ (TUMI)

カジュアルシリーズ第2段(^^;

P8120044

こちらもオレンジがあったのですが、かみさんに却下されてしまいました(T-T)/

P8120045

一見普通のデイパックみたいな形をしていますが。

P8120046

トートバッグっぽくもなります。

P8120049

メインバッグの中はパソコンも入れられるようにクッションがついています。

P8120054

フルで空きますが、荷物が墜ちないようにマチがついています。

P8120055

こちらが背面。

P8120059

このようにリュックにもなります。

P8120061

リュックの上のバッグ

P8120062

中はシンプルっす。

ぢつは・・・

続く

Alpha Bravo Mini Messenger Bag 022371GOH(TUMI)

夏休みに、グアムで買ってきました(^^;
カジュアルシリーズのTUMI アルファ ブラボーのミニメッセンジャーバッグです。

P8120020

オレンジスキーなので(゚゚ )☆\ぽか

P8120021

TUMIっぽい所は、ここと

P8120022

このジッパー部分。

それと・・・

P8120025

このネームタグ。
ちなみに、このネームタグだけで、別に買えば5000円位します(^^;

P8120023

背面はまんまオレンジ。

P8120027

背面にはポケットがあって、その中にはiPhone5sが入るポケットが更にあります。

P8120029

こちらは蓋にあるポケット。
(写真上から3つ目のグレー部分)

P8120032

蓋あけたとこ。

P8120033

中のポケットの両側には蓋がちゃんと閉るように、磁石が入っています。

P8120036

手前にあるポケット。
名刺入れやケータイ入れ、キーチェーンなどがあります。
手前のボケているのは、盗難時の追跡コード(TUMIオリジナル)

P8120039

メイン袋部分。
このグレーは中央に磁石が入っていて2室に別れると共に入れた荷物が落ちないようになっています。

手前にもポケットがあります。

意外とちょっとしたお出かけには便利っす。

  

グアムで買ったけど、20000円しなかったような?
あー今は円安になったので高いかも。


ベランダクリーナー その3実践編(ケルヒャー)

さて、水垢で汚れたベランダを洗浄します。

P8160002

洗う前の写真ね。

P8160003

こちらも洗浄前。

P8160005

ちょっとやっただけで、あっという間に綺麗になりました。

P8160006

こんな感じ。

P8160008

白い部分の苔や、水を流しただけでは落ちなかった黒い汚れもあっという間に落ちます。

P8160009

ベランダ上の水垢も

P8160010

こんな感じ。

問題は、ポリタンクの水があっという間になくなること(笑)

P8160011

ものの10分前後でこのくらい綺麗になりました。

P8160013

こちらは、スパイラル洗浄をしたところ。

いやぁ~綺麗になるって本当に良いですね~

このほか、玄関周りとか壁(届く範囲)も洗浄したので、業者委託よりも数段安く上がりました。

DIME増刊 音の仲間1号のみ記念復活 FMレコパル(小学館)

FMレコパルが創刊40周年ということで、1号限りの限定復刊されたので、買ってみました。

R0042652

マルディロさんのほのぼのイラストは健在です。

FMレコパルと言えば、おじさんが中学、高校、大学時代の愛読書です(笑)
当時、しぞ~か県(静岡県)は、NHKFMしか入らなかったのですが、1m位のFM受信アンテナを屋根の上に取り付け、FM東京を無理して受信していました。

R0042654

残念ながら、1号のみ限定復刊。
季刊でも良いので出してもらえると(゚゚ )☆\ぽか

R0042656

コンテンツ(目次)、FMレコパルって、目次が本誌の中央くらいだっけ?

R0042655

おじさん達が若い頃に持っていた機器。

カセットデンスケ(現存:私のはTC-3000SD)とスカイセンサー、最初5500で次に5800(こちらも現存)
デンスケは、ドルビー付きで、しかもメタルテープ対応で、めっちゃ良い音で録音できて、良かったです。

結構音楽マニアの人に頼まれてレコードを録音してあげたら、この音どのデッキで録音したの?って言われるくらい良い音で録音再生できます。

R0042657

このほか、過去を懐かしむだけではなく、今流行のハイレゾ音源の話や最新イヤフォン、ヘッドフォンの話なども掲載されています。

因みに、Amazonでは予約時点で瞬殺。

楽天ブックスにはあるかも。

因みに、書店でも平積みされている訳では無く。(地方)
生産数が少ないかもです。
オーディオや音楽コーナーの棚の下にある背中だけ見えるところに数冊入れられている状況の店が多いと思われます。

興味のある方はお早めにどうぞ。


ベランダクリーナー その2本体編(ケルヒャー)

こちらがパーツ類。

P18160015

左から、トリガー(噴射するメインパーツ)
下の小さい黒井のは本体に付けてこれらを固定するものね。
細い△のものは、スパイラル噴射装置(笑)
通常噴射装置。
ジョイント部(網みたいなの)×2
黒い大木なのは本体にはめて移動用に使う持ち手。
それにホース類になります。

P18160016

こちらが本体。

一番下の穴が、高圧噴射ケーブルを繋げる部分。
右側が水道または、ポリタンク等から水を供給する部分。
左がスイッチとなります。

P18160018

使い方は至って簡単。
オンオフだけです(^^;
注:使った後はちゃんとオフにしないと水の供給が残っているので、ケーブル類を取り外すときに危険です。

P18160019

ちゃんと、サイレントロゴがあります。
従来型よりも静かになったということで。

P18160020

うちのベランダ(2階)には水道がないので、ポリタンク用に買いました。
本当は、フィルターも欲しいらしいのですが、特段池の濁った水とかで使う訳では無いので。

まいっかと

洗浄編に続きます。


緩いのか?良くわからないプロモ(JU中古自動車販売士+Peeping Life(ピーピング・ライフ))

JU中古自動車販売士と、人気CGアニメ『Peeping Life(ピーピング・ライフ)』がコラボした第2弾だそうですが、途中までめっちゃ疲れた(゚゚ )☆\ぽか
てゆうか、Peeping Life(ピーピング・ライフ)自体を知らないのであれかな?
ごめんなさい。


内容自体は、意外と笑えます。
私的には、最初から3分目までは、あまり良くわからなかったっす。
3分過ぎからは、意外とわかりやすかったです。

最初、どうも最近見かけなくなった、アンガールズの漫才を見ているようで疲れましたが。ヾ(^ )コレコレ

最近の若い人には、こういうのが受けるのでしょうね。

こののりなんですね。(笑)

ちょっと、少し前の、ザ・ワールド・オブ・ゴールデンエッグスに近いものがありますね。

意外と面白いかも。

一般社団法人 日本中古自動車販売協会連合会さんのプロモーションです】

ベランダクリーナー その1開封編(ケルヒャー)

壁面や水垢、戦車もとい洗車などで定評がある、ケルヒャーのベランダクリーナーを買ってみました。

というのは、ベランダの水垢を取ってくれるサービス(面積による)だけで7000~10000円もするので、それなら買っちゃった方が安いし。
と言うわけで(^^;

P18160001

ハコです。
小型と言いながら、かなりデカイです(笑)

P18160002

こちらが取説。

P18160003

上蓋部

P18160005

あ、こっちがあける方ね(汗)

P18160007

じゃん

P18160011

じゃん(゚゚ )☆\ぽか
ネズミ色のは、カバー。

P18160012

ホース(水道から繋げるヤツ)と。ジョイント部、洗浄部になります。

P18160013

こちらが、高圧洗浄用ホース。

P18160014

こちらが壁面洗浄用ブラシと中にツイン洗浄できるようになっています。

本体編に続く

 

今時珍しく、東日本用と西日本用の電力周波数の違い。50Hzと60Hzがありますので、購入時や引っ越し時にはご注意ください。
昔は結構ありましたが、最近ではどちらでも使える家電が増えてきて良かったなと思ったのですが。

そう言えばうちが買ったのは、サイレントの方です。

タンク用ホース

使い捨てレーザープリンター?(殴 MultiWriter5100 その2(NEC)

導入した理由は、普段家族では1階で、マルチプリンター(スキャナ、コピー機兼用)を使っていますが、2階で作業していてちょっとしたプリントアウトが必要な時用にです。
なので、稀にプリントアウトできればというだけの理由です(殴

R0042054

下段が給紙部

R0042048

上蓋がプリントアウト部です。

R0042056

機構は簡単なのですが、一応背面にメンテ用の蓋があります。

R0042057

こんな感じ

R0042060

プリントアウトした紙が下に落ちないように、蓋の中に更にあけて紙受けをすることができます。

Officeマシンと違って、めっちゃ高速という訳にはいきませんが、一応レーザーということで。


使い捨てレーザープリンター?(殴 MultiWriter5100 (NEC)

某所で投げ売りされていたので、買ってみました。

R0042040

ごく普通のハコです。

R0042042

内容物一式

R0042043

あけたとこ。
上にケーブル類と取説にCDがあります。

R0042044

こちらが本体。
雰囲気というか、大きさはオーブントースターって感じかな?

R0042045

出しました。
上から
全体的には至ってシンプル。右端に電源スイッチがあります。

R0042046

正面。
収納時

R0042047

プリントアウト時
本体側に蓋がありますが・・・

R0042049

小さなトナーが入っています。

R0042050

耐用枚数は3万枚とか。

続く

この値段だと買わないな(^^;
5000円で、ポイント値引きで3000円だったので買いました。

因みに

純正トナーがこの位のお値段なので・・・
だから、使い捨てでもいっかなと(゚゚ )☆\ぽか

このような綾しげなトナーもありますが、評判はイマイチらしいので、やはりそれなりのもの(リサイクルトナー)でないとダメらしい。


X30その6 大内宿編その2(FUJIFILM) #minpos #FUJIFILM #X30

奥のお宮さんの高台に登ってみました。

Dscf8841

全体が良い感じの景観となっています。

Dscf8843

ズームアウト

17840-862-295145

Dscf8849

民芸品店

Dscf8852

ここに吊る下がっているものすべてが手芸品です。

Dscf8856

ススキ状のものが、茅(かや)になります。
これをまとめて屋根を葺き替えます。

Dscf8858

地域の名物、ネギ1本そば
箸はなく、ネギだけでそばを食べます(笑)
薬味ですな。

Dscf8863

晴れてきました。

Dscf8869

このように、けっこうそばやさんが多いです。

Dscf8879

トイカメラモード。

17840-862-295145

X30その5 大内宿編その1(FUJIFILM) #minpos #FUJIFILM #X30

X30と行く東北、大内宿編です。
大内宿とは、江戸時代の宿場町雰囲気がそのまま残った(残された?)雰囲気の良い街並みです。
10年以上前に行った時は、まだ観光地という雰囲気はなく、逆に素朴な街並みだったのですが、めっちゃ観光地になっていました(笑)

Dscf8802

位置関係は、福島県会津若松から約26kmほどの位置にあります。
どうしてここだけ残されたのかというと、主要街道から外れていたというのが大きいです。
国道を整備するために、主な街道(東海道や中山道などね)の街並みは次々近代化してきましたが、なかでも大内宿は、山奥の奥、かなり狭い道を上がっていかなければならないために、昔の面影が残された良い街並みが保存されていると言うことです。

17840-862-295138

Dscf8806

隣にはこのような水田があります。

Dscf8816

入口付近からいきなり江戸時代っす。

Dscf8817

直前まで空が真っ暗で、かなり雨が降っていましたが、到着したら止んだので助かりました。

Dscf8819

街道に面する部分は、伝統的建造物群保存地区に指定されているので、雰囲気が残されていたり、昔のイメージに改修したりしていますが、裏は普通の家もあります。

Dscf8820

こんな感じね。
黒澤明の用心棒とかの雰囲気だわ。

Dscf8821

かやぶき屋根を葺き替えたばかりのようです。

Dscf8826

街道の両端には水路が流れていて、そこでビールやジュース、野菜を冷やしています。

Dscf8827

ほとんどの家がお土産屋さんになっていたのにはびっくり。
昔行った時には数件だけで、あとは民家だったのですが。
唯一の救いは、ガラス細工云々やオルゴール云々の店では無く、ほとんどが漬け物や手作りのものだったこと。

Dscf8833

全部が全部茅葺きの家ではなく、普通の家もまばらにあります。

Dscf8835

反対側を見たとこ。

続きます

17840-862-295138


X30で見る東北被災地復興状況その2 X30その4(FUJIFILM) #minpos #FUJIFILM #X30

大槌町です。

Dscf9204

まちに入ると、いきなり恐ろしい光景が。
高架のフェンスが、津波によりゆがんでいます。
つまりこれだけ高い波が来たということで。

Dscf9211

こちらの町も、復興に盛土を選んだようです。

17840-862-295133

Dscf9214

しかし、まだごく一部なので、いったい何年かかるんでしょう?

Dscf9217

少し奥にある高台には、沢山の仮設住宅や仮設店舗が建ち並んでいます。

Dscf9225

一方では、このような、復興住宅(たぶん)の建設も行われつつあります。

Dscf9227

まだ工事中。

Dscf9246

被災地で唯一元気に見えたのが、釜石市です。
この日は、ちょうど秋祭りというかイベントが行われ、多くの人で賑わっていました。

Dscf9249

釜石市は、東日本大震災で、他の都市同様に大津波に襲われましたが、湾岸部でも珍しい市全体が都市ガス供給地となっていたために、ほとんど火災も発生せずに、建物の多くが当時のものを整備して復旧・復興したと言うことでした。
平らになってしまった都市の多くは、プロパンガスの供給エリアとして、津波後にガス爆発等で、市街地全体が燃えてしまったために、全部を更地にして復興という形を取ることの違いだそうです。

Dscf9251

言われなければ、津波が襲った町という感じはわかりません。
所々に、更地がある程度で、たくましく生活しているようです。

Dscf9252

イオンモールもすぐにできて、地域の活性化に繋げているように感じました。
また、イベントなども地域と協働で取り組むなど、地域貢献しているようにも見受けられます。

Dscf9261

釜石の特長としては、市街地に接する場所に高台があり、港からでも10分位あれば高台に避難できるようになっていたことも、人が助かった要因であるように思いました。
今でも、色々な所に階段や斜路をつくっていつでも避難できるようになっていると言っていました。

Dscf9262

気仙沼です。
こちらは、最近整備された観光施設です。

Dscf9263

こんな所まで津波が来たと言うことですが、かんがえただけでも恐ろしいです。

Dscf9264

気仙沼の魚市場(たぶん修理)。
こちらにも

Dscf9265

こんな感じで、津波の場所が記されています。

Dscf9267

ぱっと見は、被災したというのがわからないですが。

Dscf9273

海の近くの方は、このような感じで、盛土整備が行われています。

Dscf9276

所々には無人となった廃墟があります。

Dscf9289

個々はかつて、釜石線が通っていた路線の駅前広場だったところだそうです。
この付近一帯はほぼ全滅してしまい。(助かった人は多い)全部更地にして、かさ上げによるまちづくりが行われるエリアだそうです。

Dscf9320

市街地方面。

Dscf9321

ぱっと見、市街地は現存建物を修復して運営されている店や事業所も多いため、それほど被害があったようには見えませんが・・・

Dscf9322

特に木造住宅は、津波により、基礎のみとなってしまっている所も多く見られました。

Dscf9339

復興に向けて頑張っている商店街の皆さん。

Dscf9371

こんな感じで盛土をしているので、気仙沼も復興にはかなり時間がかかると思われます。

Dscf9396

復興の象徴である、石ノ森萬画館。(石巻市)
こちらも津波により希少な原画等が流出しました。

Dscf9398

石巻市も、釜石同様、現在ある場所にそのまま復旧する形で整備が進められているので、見た目は違和感がないように感じますが、まちなかの所々にはやはり基礎だけになった更地が見られます。

Dscf9399

石ノ森萬画館の中
仮面ライダーが座っている。

施設の展示内容の一部は、復興に向けたまちづくりを紹介する展示になっていました。

Dscf9403

仙台付近、閖上(ゆりあげ)地区。
津波避難経路と書いてある看板が虚しい。

このエリアは、かなりな距離平坦部が続き、一大市街地を形成していましたが、津波により大勢の被災者(死者、行方不明者)を出したエリアです。

Dscf9401

海岸付近にあり、防風林を越えて津波が来たシーンをとらえた映像が生々しかった場所です。
仙台空港も流されてしまった場所の近くです。

唯一、生き残ったのが東北大学のヨット部で、東日本大震災の数日前に震度5クラスの地震があったらしいのですが、その時にヨット部の練習中に大地震があったときには、大津波が来るから即避難すると打ち合わせたばかりの時に地震が発生し、閖上地区からヨットは放置したまま、一緒に練習していた高校生も車やバイクに分乗し、急いで内陸部に避難したそうで、全員が助かっています。
その時、このエリアの人たちは、地震が終わり、崩れた瓦の片付けなどを行っていたそうです。

地震災害やこの前の御嶽山の噴火もそうですが、一瞬の判断と行動が命を救うか亡くなるかの境になることを肝に銘じておくことが重要ですね。

次回は軽い方向で続きます。


17840-862-295133


X30で見る東北被災地復興状況その1 X30その3(FUJIFILM) #minpos #FUJIFILM #X30

X30をお借りしている間に、たまたま東北に行くお仕事があったので、撮影してきました。
東日本大震災から3年半ほど過ぎて、被災地の復興状況はどのようになっているかということを、岩手県から沿岸沿いに南下するというハードな走行です。

まず、田老(たろう)町から。

Dscf9008

国道45号に入ると、海岸部では所々防波堤の整備が行われています。

17840-862-295130

Dscf9009

また、所々に看板が設置され、注意を促します。

Dscf9011

いまいち、私的に良くわからなかったのが、「ここから、過去の津波浸水区間」とありますが、これは三陸沖の昔のものなのか、東日本大震災のものなのかということです。
地元の方ならわかると思いますが、よその地域の方からみると混乱する看板だと思います。

Dscf9013_2

走って行くことで、たぶん、この看板はこんどの津波のことなのかなという感じは漠然としましたが。
表現上腑に落ちません。

Dscf9020

こちらが、仮設住宅近くにある仮設店舗になります。

Dscf9057

災害から3年がたち、港湾施設などは復興していますが、・・・

Dscf9060

港より内側はあのときのままという感じがしました。
(瓦礫は取り除かれていますが)

Dscf9068

要所要所に、当時の面影が残されています。
また、被災地を巡る視察やツアーもあちこちで見ました。

Dscf9087

確かこの田老という地域は、三陸沖津波の経験から、町全体を取り囲むように、広大な防波堤を作ったと思いますが、今度の震災ではその防波堤を簡単に乗り越えて、まちなかを壊滅させました。

たぶん、防波堤により大津波が来るのが見えなかったことにより被害が増大されたように思います。

続けて、宮古に向かいます。

Dscf9043

湾岸は、リアス式海岸で有名な三陸地域です。
所々景勝地がありますが、これだけ見ているだけでは、恐ろしい津波被害があったとは想像できない状況です。

Dscf9047

Dscf9050

Dscf9053

景勝、三陸ジオパークの一つ、三王岩ですが・・・
ここも、沖(写真右側)に、離岸堤が整備され、景観を壊しています。
生活を守るためには必要なのですが、この辺が難しいところです。

Dscf9102

ここで発見したのが、「三陸大津波ここまで」という看板。
と考えると、やはり「過去の・・・」はどうも、今回の津波を挿すのでは無いかなと思いました。

Dscf9120

こちらが宮古の港湾。
こうやって見るだけだと、復興しているように見えますが・・・

Dscf9124

少し高台に行くと、このように仮設住宅が沢山建っています。

Dscf9140

漁港近くは更地のままです。

Dscf9160

所々には、まだこのような大きな瓦礫も残っています。

Dscf9187

続いて山田町。こちらも港湾区域の復興を優先して、内側の地域はそのままの状態になっています。

Dscf9189

いまだにこのような状況となっています。

Dscf9190

かろうじて津波から助かった山田町役場。

Dscf9195

ここは、地域全体をかさ上げする方向でまちづくりが決まったと思います。
従って、あちこちで盛土が行われていますが、盛土による土地が安定するまでにかなり時間がかかると思いますので、復興までには時間がかかると思います。

続く

17840-862-295130


新しいSDカードの紹介の仕方が面白い。フィエスタ 〜SDカードが記憶を呼び覚ます〜(東芝EXCERIA)

SDカード(含むmicroSD)って、基本的に縁の下の力持ち的な存在で、必要な容量、クラス(書込速度)とエラーの少なさ、それに値段、などで、どこでもいいや的なイメージで選んでいる人が多いと思います。

そんな中、東芝の東芝EXCERIA(新製品)が、すごい面白い展開をしてくれたので紹介します。
なんと、ミニドラマ(WEBドラマ)で、SDカードカードの紹介をしちゃってくれました。
これは、これで、めっちゃ面白いと思います。

プロモ終了後のリンク先では、予告編と現在5話までのストーリーを見ることができます。

いやぁ、衝撃的なデビューのような気がする。

リンクが上手く見えなかったら、こちらで見ることができます

あー、動画なので、出先の場合はWi-Fi接続で見た方が良いかと(汗)


こちらの記事の紹介は東芝のプロモーションです。

進化したX30 その2本体編(FUJIFILM) #minpos #FUJIFILM #X30

済みません、いろいろ書いたので本体まで行かなかったっす。

R0042325

精悍なブラック仕様です(お借りしたの・送られてきたのは)
このほかに、クラシックなシルバー仕様があります。
私的にはレバー類が銀メッキすぎるシルバーよりも、黒の方が精悍で好きです。

17840-862-295125

R0042327

相変わらず、メカメカしい軍艦部です。
FUJIFILMの良い所は、露出補正ダイアルがついているところ。
モニターを見ながら、少しずつダイアルを回して調整ができるのが良いです。

R0042328

コマンドダイアル。MASPは普通のコマンドですな。
SR+は、カメラが自動的に露出とシャッタースピードを判断して、綺麗にしてくれる。
カメラのアイコンは、一般的なオート。
それ以外にFilter(多様なフィルター設定)。Advはエフェクトなど、それに設定が2つにパノラマとなります。

R0042333

大きめの液晶画面。
ボタン類は、高級クラスとほぼ一緒です。

R0042336

液晶画面は、X-T1同様のマルチアングルモニターになります。

R0042337

しゃがんでローアングルで撮影したり、ウエストポイントで撮影する時などに使うモード。
ただし、腹に当てて撮影するとセンサーが働いて、ビューファインダーになるため真っ黒になります(笑)

R0042338

ハイアングルでの撮影用。
これだけ動けばたいていの撮影は可能でしょう。

R0042339

Xシリーズで唯一電源が、ズームレンズと一緒になっているマシンです。
慣れれば使いやすいのですが、電源オンで即撮影になれていると、まどろっこしいというか、いらいらするかも知れません(汗)

R0042342

ワイド端、銀塩28mm相当。

R0042343

テレ端 銀塩112mm相当
個人的には、もう少しロングレンジの180mm位まであると優位性があると思うのですが。

R0042345

こちらが、シングルショット、コンティアス(自動被写体追尾)、マニュアルモードスイッチ
X20に比べて不用意に切り替わらなくなったのは好感が持てます。

R0042348

あ、全容を忘れた(^^;
定評のあるFUJINONレンズです。
F2.0-2.8の明るさは良いわ。

R0042349

今まで、MADE IN JAPANを唱っていましたが、X30並びに下位マシンは、中国製になりました。
前は、目立つところに、白塗りでMADE IN JAPANとありましたけどね(笑)

R0042350

充電中のようす。
ランプの左側が、アイセンサー。

R0042352

流石に海外版だけあって、英語モードでした。

R0042353

日本語に設定。

R0042354

省エネモード。
以下略

撮影編に続きます。

17840-862-295125


進化したX30 ビューファインダーだけでも欲しい(FUJIFILM) #minpos #FUJIFILM #X30

みんぽす/WillViiさまよりお借りしているX30。
以前X20を持っていた身としては、久々の再会。

R0042310

発売前にお借りしたので、ハコが海外仕様になっています。

17840-862-295121

R0042311

ま、言われなければわからないのですが。

R0042313

ご安心ください。
取説は日本版ですから。(とは言え、見ない人なのですが(゚゚ )☆\ぽか)

R0042314

こんな感じでパッケージされています。

R0042315

内容物一式。
左からACアダプター、バッテリー、universal対応タイプのコンセント日本版、USBケーブル、下はフック。上は本体にストラップです。

ここで、あれ?と思った方、正解です。

R0042316

従来のバッテリー充電器ではなく・・・

R0042318

USBケーブルによる、本体充電になりました。
この辺は、私的には歓迎なのですが、複数のバッテリーを充電する人にとっては

R0042319

別途、充電器を買わなければならないのでビミョーといえばビミョー。
但し、ANKERなどのIQ対応のUSB充電器を使えば、継ぎ足し充電も可能なので、今回旅行には重宝しました。

R0042323

前作のX20とたぶん同じバッテリーかと。
そうなると、X20には充電器があるので、手放せないですね(笑)

指摘がありまして、X30のバッテリーは大容量なので、X100シリーズと一緒だそうです。
ということは、X100の中古も探さないと(違う)

なんか、ぐだぐだ言っている間に長くなったので、本体編に続きます。

17840-862-295121

  

 

少しの差なら、ぜったいX30をオススメします。そもそも液晶モニターと切り替え式の液晶ファインダーがついていますから。

こんなのもあったのね。
欲しいかも(笑)
 


JetDrive Lite130 128GB その2 装着編(Transcend)

装着してみます。

P8230012

黒いMacBook Airでなくて、保護カバーがついているだけです(^^;

P8230014

こちらを

P8230015

こちらのSDカードスロットに入れます。

P8230016

参考までに、こちらが普通のSDカードを入れたとこ。
これだけ飛び出します。

P8230017

ジェットドライブを挿していきます。

P8230018

これ作った人偉い(笑)

P8230022

こんな感じ。

P8230023

本体にある動画や音楽、写真データを移せば、本体のSSDが軽くなるので良いです。


MacBook Air 13inchに使える拡張ドライブ JetDrive Lite130 128GB (Transcend)

地味な存在なのと、MACということで、あまり盛り上がっている商品ではありませんが(汗)

R0041728

JetDrive128GBタイプを保護してみました。

R0041729

裏側です。

R0041731

横から

R0041736

出したとこ。

R0041737

こんな感じ。

私のMBAは2011タイプなので、使えるかなっと。
ちなみに、256GB搭載されていますが、音楽や動画とか入れると結構負荷が掛かるので、余分なデータはそとに逃がそうと。

装着編に続きます。

   

同じ商品なのですが、微妙に型番が違うのは対応するマシンや製造年によって異なるからです。
買う際は気をつけてください。

こちらが最初に出たもの。
microSDカードで容量が変えられるもの。

怪しいですが、こちらはもっと安くて増設(拡張)できます。

3連 USB CAR CHARGER 26W/5.1A(Omaker)

ネットのバーゲン情報で保護してみました。

R0042403

この小ささで、トータル5.1A26WのUSB製品が充電可能という優れものです。

R0042404

表示がないとたぶんモノだけ見たら怪しいw

R0042408

ハコ裏側

R0042410

面白いことに、1.1A 2.0A 2.1Aとなっています。

R0042412

横から。
見るからに綾しいw

R0042416

コネクタ部分。

R0042415

ジョイント部分は、しっかりしています。

ただし、元値が7,000円なのですが、その値段だったら買わない(笑)

セールで999円だったので保護。その後、暫く1199円でした。

低価格でも高性能 Ultimate Ears UE350VI (Logicool)

某ラーメンのCMに、嘘だと思ったら食べてみてください。ってヤツがありますが(汗)
嘘みたいな低価格のUltimate Ears ハンズフリー高遮音性イヤフォン UE350VI が凄いです。

過去に色々なイヤフォン、ヘッドフォンを使ってきていますが、これだけコストパフォーマンスの優れたイヤフォンははじめてです。

R0041347

まず、値段の割にパッケージが高そうヾ(^ )コレコレ

R0041348

そもそも、説明にUltimate Ears ハンズフリー高遮音性イヤフォン UE350VI てゆう?普通(゚゚ )☆\ぽか

R0041350

アウトレットのシールを剥がしたら、世界でもトップクラスのミュージシャンがつこうてんねや。とか書いてあるし。

R0041353

ハコの横には、マルチタッチの操作方法が載っています。
再生、停止、早送りに巻き戻しだけでなく、電話に出たり、電話切ったり、ボリュームの上げ下げまでできるという優れもの(笑)
慣れるのに少々時間かかりますが(゚゚ )☆\ぽか

R0041354

後ろにはこないぎょーさんイヤーゴムがありますねん。
XXS XS S M L
XXSを搭載しているの初めて見たカモ。

R0041357

あけたとこ。

R0041361

ケースはちょいちゃっちーですw

R0041364

まあ、収納の仕方が載っているので良しとしましょう。

R0041406

Ultimate Ears トリプルファイ10 TF10 と記念撮影。
音はこの値段の割に多機能だし、めっちゃ良い音します。
イヤーパッドをウレタンのものに変えると、遮音性もバッチリ。


この値段ですから。
嘘だと思ったら聞いてみて下さい(笑)

まあ、これもアウトレットで2000円しなかったので、買ったのですが(^^;

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ