« 定番のヘッドフォンBOSE ON-EAR その2本体編(BOSE) | トップページ | ぐりとぐら記念切手 季節のおもいでシリーズ(日本郵便) »

2WAYチャンネルデバイダー搭載 マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法Stereo編(音楽之友社)

月間stereo別冊
FOSTEXとstereoのコラボによる。チャンネルデバイダー搭載の雑誌っす。

R0042668

けっこう目立つ形状なので、書店ではわかりやすいかもです。

R0042669

横から

R0042670

分割しました(^^;

R0042671

こちらがデバイダー

R0042672

ハコから出したとこ。

R0042673

周波数帯をカットしたり変更したり調整出来るものです。
増えすぎたスピーカーに、アンプ×2台で調整が可能。
遊び方いろいろ(゚゚ )☆\ぽか

前に紹介した、基StereoやHi-Viなどのオマケの板むき出しのアンプと接続させて使うことができます。

R0042674

上から

R0042675

アンプの接続なので、このような一般的なオーディオ端子となっています。

注:直接スピーカーに繋げるものではなく、アンプに接続させるためのものです。

R0042676

左から入力、中央と右が出力になります。

R0042677

アダプターも搭載されているので安心。

R0042678

ACアダプターにはちゃんとフォステクスのロゴが入っているのでわかりやすいです。

アンプ持ってないという方には、本誌巻末をご覧下さい(笑)。

チャンネルデバイダーってなに?って方にも、本誌にはわかりやすく書いてあります。


一昨日出たばかりだと思うので、店頭にあると思います。
珍しく、Amazonにも残っていると思います

ない場合は、こちら


最近セットものがけっこう増えてて困ります(゚゚ )☆\ぽか

« 定番のヘッドフォンBOSE ON-EAR その2本体編(BOSE) | トップページ | ぐりとぐら記念切手 季節のおもいでシリーズ(日本郵便) »

オーディオ」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

>チャンネルデバイダーってなに?

 まさにこれ(笑)

 しっかしすごいですね。これ持ってたら、例えばヤフオクとかHOとかAKB(AKB言うな)のジャンク屋とかで80年代の10万円クラスのアンプとスピーカーを安く買いあさって(ジャンク屋にはないか…)、当時夢見ていたマルチアンプ環境を実現できちゃったりするんですもんねぇ。

 フィルムカメラもそうだけど、30年くらい前の、夢に見た憧れの名機が本当に簡単に安く手に入る時代になりましたよね。

 そういえば、HOでラックスがジャンクで3万円くらいで売ってたような(殴)

しまみゅーらさん
意外と面白いです。
てゆうか、基本オマケと低価格アンプですが。
色々遊べて良いです。
とゆうのも、うちにてづくりスピーカーが5セット
位あるので(゚゚ )☆\ぽか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/60687176

この記事へのトラックバック一覧です: 2WAYチャンネルデバイダー搭載 マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法Stereo編(音楽之友社):

« 定番のヘッドフォンBOSE ON-EAR その2本体編(BOSE) | トップページ | ぐりとぐら記念切手 季節のおもいでシリーズ(日本郵便) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ