« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

レトロで息の長いヘッドフォンKOSS PORTA PRO (KOSS)

ネットで、それなりの評価があり、たまたまAmazonでバーゲンがあったので買ってみました。

Dsc02532

白モデルはアマゾン限定色です。

Dsc02533

横から

Dsc02534

反対側

Dsc02536

裏側

面白いのは

Dsc02537

つり下げ式の紐が付いていることw

Dsc02539

パッケージはおしゃれです。
下に見えるのはヘッドフォンを収納する袋。

Dsc02540

全体的にプラスチッキーなので、かなりチープです。

P6150001

完全にオープンタイプなので、ダダ漏れですがw
夏は涼しくて良いかも。

キモはこちら。

P6150002

ヘッドフォン部の耳への圧着を調整できるスライドスイッチ。

P6150003

ご覧のように、完全にオープンタイプです。

P6150004

こめかみ部分に当たる場所にはウレタン樹脂で当たっても痛くないようになっています。

また、ヘッドフォン部との隙間があるので、メガネをしていても付け外しが楽です。

P6150005

こんな感じで折りたたみもできます。

P6150011

圧着調整のスライド。

P6150013

ヘッドバンドは、このスチールのまま(笑)
1980年代から生産され続けている息の長いヘッドフォンです。

初期の頃にWALKMANに同梱されていたヘッドフォンを思い出させてくれます。

P6150014

イヤーパッドは、経年変化により加水分解する、スポンジwww
たぶん、数年したらぼろぼろになるかと。
まあ、100均でも変えパッドあるから別に良いけど。

でもって、肝心の音はとゆうと、なぜネットで大絶賛するか私には理解できません(^^;
お世辞にも音が良いとは言えません。
まあ、深夜に家族に迷惑をかけずに、DVDやBlu-rayを見る位なら許せる範囲ですが、はっきり言って、ハイレゾ音を音場豊かに流すものではありません。

最近出ている数冊のヘッドフォン特集の雑誌でも、かなり褒めた記事ばかりなのですが、本当に使って評価をしているのか?かなり疑問です。
確かに20年以上のロングセラー商品なのですが、そんなに諸手を挙げて褒めるものではないと思います。

私的には、珍しく買って失敗したものです(゚゚ )☆\ぽか
まあ、音がこもったり悪いという程ではありませんが、値段なりの音って所でしょうか?

 

こちらは、ボリュームスイッチ?スキップスイッチ?が付いたもの。

私は、Amazonのタイムセールだったので、2,980円位で買いましたが、こんなにお高いものなのですね。

最近、オーディオ誌やヘッドフォン特集などでべた褒めしていますが(^^;

評価が高くても、やめた方が良いです。(゚゚ )☆\ぽか


アウトドアでも使えるINKA MOBILE PEN AND TOUCH SCREEN STYLUS(NITE IZE)

カラビナなどのパーツを主に売っているNITE IZEさんですが、面白いモノがあったので保護しました。

R0040978

INKA MOBILE(Pen+Stylus)です。

R0040980

イラストを見ると、どんな状況でもつかえそう(笑)

R0040986

キーホルダーに付けられる(もちろん、カラビナにも付けられます。
ボールペンとタッチペンが付いています。

R0040989

なんかゆがんで見えますが、目の錯覚です(笑)

R0040990

ボールペン部。

R0040991

反対側にはタッチペンがついています。

R0040992

ゼブラの4C規格(多機能ペン)用リフィルが使えるので、ガス式のやつに変えちゃおうっと。

 

緑もあったけど、地味にブルーで。
これにオレンジがあったら、そっちにしたけどw


アンバサダーモニター第1弾「MACHI cafe ドリンクモニター」(ローソン)#マチカフェアンバサダー

以前応募していた、ローソンのマチカフェアンバサダーが当たったので、今朝出勤前に家の近くのローソンで交換してきました。
155円分の引き替えチケットをロッピーで引き出します。
とはいえ、いろいろコーヒーの種類があるので、差額分は自腹(笑)

R0041491

私的には糖分を補給したかったので、カフェラテに。

R0041492

ほかのコンビニと違い、ローソンでは注文するとお店の人がやってくれるので、迷ったり間違えたりすることはありません。
そのぶん、忙しいときに注文するのは気が引けますが、朝6:30なら大丈夫でしょう(笑)

なれている人は良いですが、ネットでよく流れてくる美しいデザインのコーヒーメーカーで、LやS、H、Iなどなれていない人には呪文のようなボタンを押さずに済むのは良いと思います(笑)

R0041490

普段は、面倒なのと倒れても大丈夫な蓋(キャップ)付きのペットボトルかアルミ缶の市販クラスのものを買うのですが、マチカフェは初めて。

某ファミレスのドリンクバーで飲むよりも、コーヒーの味がちゃんと出ているし、ミルクの味もしっかり溶け合っているので、下手な喫茶店よりも数段おいしいと思います。
それでいて、コーヒーチェーンよりも安いので、かなりおすすめです。

別にモニターだからヨイショしている訳でなく、まじうまかったっすノ


ScanSnap iX100 その4タブレット接続編(PFU)

iX100は、バッテリー駆動するマシンなので、iPad miniやiPhone、Xperia Z2 Tabletなどとの連携で活用できます。

まず背面の無線LANのスイッチを入れます。

20140708_071947

無線設定欄を見ると、iX100に続く無線が見つかります。
それを設定し、本体裏面にあるパスワードを入れることで使えるようになります。

R0041294

マシン本体に紙を差し込むと、少しだけククっと引っ張って止まる状況になります。

R0041295

その後、メインスイッチを押します。
左のランプが緑になっている状態でマシンと接続されている状況になります。

R0041296

読み込みは意外と早いです。
ボックスタイプのS1500やiX1500程高速ではないですが。
ちなみに、iX100は、片面のみ読み込むようになっています。
読み込ませたいデータを上側に置きます。

ボックスタイプのS1500やiX1500は両面読み込みタイプです。

R0041297

場所に余裕がある場合や、厚手の紙などは蓋を開けずに後ろに読み込んだ紙がでてきます。
狭いところでの読み込みは蓋を開けて手前に出すこともできます。

R0041298

こんな感じでリアルタイムに表示され、連続して読み込ませる場合は、次の原稿をセットして下さいと出ますので、複数枚数の冊子や両面用紙は1つのデータとして保存可能です。

R0041299

読み込んだ注意書き(笑)
意外ときれいに読まれています。

R0041300

マシン(タブレット等)と接続され、待機中には無線部分のボタンが緑になったままです。
必要な用紙を続けて入れれば読み込み可能です。


ScanSnap iX100 その3PC設定編(PFU)

セットアップです。

まず、セットアップ前にマシンの接続はせずに、アプリのインストールを先に行う必要があります。

Ss01_2

セットアップ画面。

Ss02

4つの情報をインストールするようです。
一通りインストールができたら、次のようなアプリが出ます。

Ss03

この状態で接続します。

Ss05

セットアップが完了すると接続状況を確認するアイコンが出ます。

Ss06

これで母艦との接続が完了しました。

Ss07

アプリをインストールしたパソコンを起動するとこのような確認画面が出ます。
要らなければ左下をチェック。

Ss08

オンラインアップデートが自動に起動されます。

Ss09

こんな感じ。

これ以外のサービスアプリは、ユーザー登録後にメールで送られてくるサイトからダウンロードします。
CDには同梱されていないので、注意が必要です。

家計簿アプリや名刺管理アプリなどです。

続く


べ、別にミクだから買ったんぢゃないんだからね!デジアイ(ロート)

おじさんは仕事柄、デスクワークの時には朝から8時間、残業があると14時間ほどパソコンとにらめっこしています。
休み時間はiPhoneやTabletでFBやTwitterを見ていますから、ブルーライトをまともに浴びています。
まあ、ブルーライト対応メガネとか使っていますが、目がお年寄り化しているので、iPhoneなどを見る時にはメガネを外した方が見やすいので(^^;まともに浴びています。

メガネ屋さんによると、iPhone4以降の画面はブルーライトがまともに出るようになっているので対応メガネが必要です。とのことです。

P7230012

買う時にかなり抵抗がありました(^^;
だって、ジャケットが初音ミクだもんね。

P7230013

裏側だと恥ずかしくないw

しかも、色々な効能があるらしい。

P7230015

しかし四方にブルーライト云々書いてあるのはあれですな(笑)

P7230016

反対側を見ると、初音ミクコラボ商品ですね。

P7230017

中身は普通の目薬よりも濃いめです。

色々目薬を試してみましたが、デジアイは意外と効きますのでオススメです。


ScanSnap iX100 その2本体編(PFU)

本体編です。

R0041264

ボタン類はこれだけです。

R0041269

電源を入れるとこのように青くなります。

R0041270

通電の状況。

とその前に(゚゚ )☆\ぽか

R0041266

蓋の中にも保護シートがあります。

R0041267

シートを外すと、ここには品番のロゴiX100があります。

R0041271

コネクタは、このmicroUSBのみとなります。
右はストラップホール

R0041272

裏側には、SSIDやキーコード、パスワードがあります。

R0041276

取説とCD。
CDも窓口だけで、アプリはダウンロードとなりますので、注意が必要です。

R0041289

充電時は、バッテリーランプが黄色くなります(あー、バッテリーLowだともしかしたら赤になるかも)

R0041292

背面には、無線スイッチとWPSボタン(対応した機器で自動認証するヤツね)があります。

つづく

今更保護、アナ雪w

食傷気味で全く買うつもりがなかったので、先行予約もせずにきましたが(゚゚ )☆\ぽか


突然神さんが、買うでしょうと言われ、発売後しばらくしてからネットをいくつか見るもほぼ完売(笑)
そうでもなければ、次回入荷は8月20日以降と書いてあるショップもあって(汗)

ま、一番安い店でポチ。
それでも、入荷次第発送となっていたので当てにしていなかったのですが、ポチった翌日すぐに発送されました。
とゆう訳で、なんと初回限定盤が手に入りましたw
(今週火曜日の話)

P7230002

P7230003

オンデマンド?付きです。
(しかも3000円)

P7230005

デジタルコピーの設定が面倒くさいという話もありますが(汗)
ま、良いでしょう。

P7230006

開けてみました。

P7230008

この紙の下にパスワードがあります。

P7230009

Blu-ray&DVDです。

それよりも早くゴジラを見たい(゚゚ )☆\ぽか(違

  

持ち運びができるスキャナーScanSnap iX100 その1開封編(PFU)

ScanSnapはS1500を使っていますが、持ち運びはできません(笑)
まあ、たまに、自宅と会社を行き来するくらいか。

初回販売の時に悩みましたが、7月中旬にめっちゃ安くなっていたので思わず・・・

R0041254

ハコちっちゃ!!!www
しかもめっちゃ軽いし。

R0041255

開けたとこ
お約束の注意書きが入っています。

R0041256

本体どこ?ヾ(^ )コレコレ
手前は汎用のmicroUSBケーブル。
ACアダプター等はありません。
バッテリー駆動です。

R0041257

やっと本体。
めっちゃ小さ!

R0041258

ハコから出しました。
上から
あちこちテープが止められています。
外れないようにでしょう。

R0041260

正面から
AdobePDFのロゴがあります。

R0041259

S1500にもあったように記憶していますが・・・

R0041261

いきなりPCに接続しないように注意書きがあります。

R0041262

大きさ(小ささ)は、このくらい。
これなら鞄に入れても簡単に持ち運びできそう。

R0041263

手に持ってもこのくらい。


続きます。

   

私が買ったときには、17635円でしたが、変動しますのでご承知下さい。

ラリックマもといリラックマのペットボトルカバー(伊藤園)

暑いのでコンビニに寄ったら発見したので、シュワシュワするものよりお茶を保護。

R0041463

(笑)

R0041464

お茶もその他のペットボトルもけっこう汗をかくので(笑)
あると良いかなと。
ゆうことで2本保護。
というのも、低価格キャンペーンでもあったので

R0041465

一つは全面ラリックマ(゚゚ )☆\ぽか
もう一つは温泉のくまさんです。

R0041466

裏面は全体の方がなぜか背中部分にジッパーがあるのが良いかも。

R0041467

全6種類だそうですが、もう良いかな(笑)

FOSTEX 2WAY スピーカーユニット 試聴編

試聴編です(笑)

P7210031

ずらりと並んだスピーカー達(゚゚ )☆\ぽか
OlasonicとBOSEのComputerMusicは除いて(^^;
奥にあるのが一番最初2011年に作ったFOSTEXのスピーカー自体を手作りしたもの。
BOSEが乗っている下のが2012年フルレンジスピーカー、奥に横たわっているのが2013年のもの。

P7210032

聴いたのは、恒例のテストに使用しているもの。
Bon Jovi、EAGLES、マイケルジャクソン、ポールポッツほかジャズとクラシックです。

P7210033

取りあえず、OlasonicのUSB DACで聴いてみました。

ケーブルの付け替えが面倒だったので(゚゚ )☆\ぽか

P7210037

左のが今年作ったFOSTEXの2WAYスピーカー。
いやぁ、めっちゃクリアサウンドです。
ちゃんと8cmウーハーは重低音を鳴らしてくれるし、2cmツイーター(トゥイーター)が、高音域をカバーしてくれているし。

全体的に、メリハリのある音と、ちゃんとバンドのベースやドラムス、キーボードなどが明確に聞こえてかなりオススメです。

また、エイジングをしているとこですが、いきなりから高音質なので、まじで良いです。

これで手持ちのアンプ(オマケ)類で聞き分けてみるのも楽しいですし。
NW-ZX1などのハイレゾ音源を聴いてみるというのも手です。

FOSTEX 2WAY スピーカーユニット 工作編

夏休みの宿題として買いましたが、夏休みに某所に出かける用事があったので、先週末の3連休の最終日21日に作ってしまいました(^^;

とは言え、そんな面倒ではないのですぐに出来ます。

まず、用意するものとして、

P7210015

木工用ボンド
マスキングテープ、あー別に模型用でなくても、普段使いのマステでも可能(笑)
写真には出ていませんが、プラスドライバーとカッターがあれば桶。

P7210012

袋から出したとこw
2つで1セットなので、・・・・

P7210013

番号順に並べてみます。
いつもは、切れ込みが入ったりしていますが、今回は写真右下に書いてある線のみ。
なので、組みにくいかもしれませんが、簡単です。

P7210014

まず、番号を間違えないように、素組みしてみます。
特に上下は間違えないように(笑)

P7210016

音漏れがしないように私的には内側部分に隙間が出ないように多めにボンドを塗っています。

P7210017

横から
あーボンドで止める時に、番号が外に出ないようにしましょう(^^;

P7210018

同じ物を2つ作ります。

組み立て中にずれていたら早めに貼り直せば大丈夫です。

P7210019

次に、ケーブル類を用意します。
今回は2WAYなので、+-ユニットが4つ、クロスケーブルが2本に、スピーカー側にコンデンサーが2つ付いてきます。
下の白い線の両側の被覆は剥がして使います(^^;

P7210020

上下逆になるので、プラスとマイナスが逆になります。

P7210023

その後、同梱されていた吸音材にカッターで切り込みを入れて、写真のように置きます。

P7210025

こんな感じね。

P7210026

スピーカーの取り付けは、中にパッキンのシール(スピーカーに付いてきたの)を貼ってネジ留めします。

P7210027

後ろにコンデンサーを差し込んで完成。\(^o^)/ワーイ

試聴編に続きます


デジキャパ クリップオンモニターシェード装着編

昨日紹介したクリップオンモニターシェードですが、暫定的につけてみました。

NEX6

P7230001

NEX6です。
こちらはワイド画面なので、端が少々ケラれますが、装着可能です。
最も、NEX6の場合ファインダーがあるのであれですが(笑)

P7230002

後ろから

P7230003

仮につけただけなので、調整はしていませんが(汗)

ZX-2

P7230007

オリンパスのZX-2です。
こちらはファインダーがないので重宝すると思います。
ストロボシューに取り付けるのですが、写真を見てもらえばわかりますが、キャタピラーのように折り目が付いているので、基本ストロボシューが付いていれば、どのカメラでも柔軟に対応するのが良いです。
P7230010

こちらも暫定装着ということで。
全体を見ることができます。

X-T1

P7230006

あれ?(゚゚ )☆\ぽか

こちらもファインダーがある上にストロボシューとかぶってしまうので、モニターシェードをかぶせるとファインダーが見えなくなります(笑)

まあ、面白いということで。

デジキャパ クリップオンモニターシェード(学研パブリッシング)

カメラマンのミニ銀レフを紹介しましたが(^^;
今度はデジキャパです。

R0041439

こちらは特集が良いです。

R0041440

こちらもオマケに釣られて(゚゚ )☆\ぽか

R0041443

これから、海や空、朝日や夕焼け、夜景などを撮る季節にピッタリです。
著作権の関係でちらですが。

R0041444

ちょっとした設定で、1ランク上の写真が・・・
撮れたらいいなぁということで(゚゚ )☆\ぽか

R0041445

あとは、海や水に強いカメラとか。

R0041446

構図なども作例込みで紹介されています。

R0041441

こちらがオマケの紹介。

R0041442

あくまでもオマケなので、それなりですが・・・

R0041448

最近のデジカメは、ファインダーがないものも多いので、真夏の照り返しの中
液晶モニターが見えにくいシチュエーションなどもあるので、あれば便利かもっていう感じ。

R0041448_2

組み立てたとこ

R0041450

横から。
上のベロをストロボシュー部分に嵌めて使います。

R0041449

フレキシブルに使えるので、モニターが左にシフトしている場合でもずらして固定することができそうです。

機種によっては画面がケラれる場合がありますが。
見にくいよりは良いかもです。

続く

付録はいらねーという方は、Kindleの方が安いです。

金と銀のミニレフ板 カメラマン 2014年8月号(モーターマガジン社)

昨日用事があって出かけたついでになにげに書店に寄って発見(^^;

P7210001

20日発売のようですが、この書店では最後の1冊を保護

というのも・・・

P7210002

オマケが付いていたので(゚゚ )☆\ぽか
だけではないですが(汗)

P7210003

夜写真の撮り方なんかも載っていたので。
塙先生の夜スナを始め、ネット仲間では工場夜景とか星空、これからは花火ですな。
そういう夜の被写体の綺麗な撮り方なぞも載っています。

P7210006

でもって、こちらがオマケのminiレフ板
ちょいエロぃ金です(笑)

一般的というか、私的には銀か白しか見たことがなかったので、かなり新鮮。

P7210007

こちらが一般的な銀レフ。

P7210008

全面で見てもエロぃですなぁ(゚゚ )☆\ぽか

P7210009

何故か2つwww
てゆうか、これは前にオマケで出たヤツです。

こちらは・・・

P7210010

銀と・・・

P7210011

白の無難なもの。

いつもカメラバッグの中に入れていますが、たまにバッグを替える時に限ってレフ板欲しいときが(゚゚ )☆\ぽか

という訳で、いくつか分けて入れておきます(^^;



FOSTEX 2WAY スピーカーユニット付月刊Stereo (月刊Stereo)

エンクロージャキットの方が先に届いたので紹介しましたが(汗)
やっと本体が届きました。

P7200001

ぱっと見わかりませんが、今回はなんと2WAYスピーカーユニット付です。

P7200002

横から見るとこの厚さ。
しかもスピーカーが4つも入っているので、やばい重さです(笑)

P7200005

本誌の記事には、色々な改造てゆうか組み立て方が図入りで紹介されているので、いろいろ楽しめると思います。

P7200003

こちらがスピーカー部の箱。
PW80とPT20の外形寸法図。

P7200006

あれ?2冊?(゚゚ )☆\ぽか
お約束です失礼しました~(ぉぃ

P7200007

こんな感じで収まっていました。
って、興奮してボケました(゚゚ )☆\ぽかあほ

P7200008

今回は、珍しくフルレンジスピーカーではなく、ウーハーとツイーター(誌面ではトゥイーター)です。

さっき書いた、PW80とPT20ですが、PW80は80mmのウーハー、PT20が20mmのツイーターという意味です。

P7200009

PW80の方が8W、PT20の方が5Wとなります。

P7200010

うーん、本格的です。

P7200011

今回は珍しく、音を調整するコンデンサー1μF耐圧50Vとパッキンも付いています。
てゆうか、低音と高音を分離するために、コンデンサーが必要になるわけです(^^;

これで、毎年恒例の夏休みの宿題ががが(゚゚ )☆\ぽか

 

今回は珍しく残っているようです。(時間の問題ですが)


エンクロージャの方は、楽天しか見当たりませんねぇ。


40W 5-Port USB Wall Charger 再び(ANKER)

以前紹介した、40W 5-Port USB Wall Chargerが殊の外良かったので、先月中旬の父の日割引セールで保護w

R0040993

今度は黒にしてみました。

R0040994

相変わらず渋いパッケージングです。

R0040995

内容物一式。

R0040996

フロント部
このブツを初めてご覧になる方に補足すると、同時に5台挿しても、2.1Aと1.1Aのマシンが混在しても、適正な電源配分ができて充電が可能なものです。
しかも高速充電にも対応。

R0040997

想定外だったのが、この素材。
マット調塗装なのですが、経年変化で溶け出すという代物。
素材名は失念。
できればプレーンなままで出して欲しかった。

R0040998

定格表示

R0040999

共通のメガネタイプなので、長いケーブルが嫌な人はL型アダプターか、ショートタイプのを選んでもらえればと思います。

 

安い方は充電総W数が違うのと、IQ対応ではないことをご承知ください。
多少高くても、IQ対応をオススメします。

色は好みですが、白の方が良いかも。(あー、経年変化と紫外線で黄ばむ可能性がありますが)

microSDカードが使えて写真をスマホに転送できるPQI Air Card(PQI)

ずーっと昔に入手していたのですが、結局ブログに上げずじまいで使っていたのが、PQI Air Cardです。
どういうものかというと、Eye-Fiや東芝のFlashAirと同じ仕組みで、Wi-Fi経由でデータを飛ばすものです。

R0028057

Eye-FiやFlashAirは容量が固定されているので、予算との兼ね合いだったり、上限容量があったりするのであれですが、こちらは手元にあるmicroSDカードを挿せば容量が増やせます。

R0028058

まるでバルク品のようなパッケージw

R0028059

イラストでわかりやすくなっています。

R0028062

ワールドワイドなので、英語ベースです。

R0028063

ま、いちお日本語の説明はあります。

R0028064

ハコから出したとこ。

これに・・・

R0028065

隙間にmicroSDカードを入れます。

R0028066

わかりやすいように少し飛び出させていますが(^^;

速度は、どれもあまり変わらない感じがしますが、microSDカードの速度によりますので、クラス10くらいの方が良いと思います。

  

ほかのはメモリ部分が壊れたらそれで終わりですが、こちらのはどちらかが壊れても、買い替えれば済むので、考え方によってはお得かもしれません。

私は特に問題なく使えましたというか使えていますが、密林などネットの書込を見ると、microSDカードとの相性があったり、カメラとの相性があるので、広くはオススメしませんが、いちお使えるということで。

買うならセット品の方が良いかもしれませんね。

最も、最近のデジカメは、カメラ自体に無線LAN転送機能が搭載ものも多いので、ない人向けですね。

夏休みの友 STEREO編 スピーカー工作の基本&実例集2014年夏(月刊STEREO)

やってきました。
毎年恒例の夏休みの宿題です(゚゚ )☆\ぽか
今回は、何故か先にエンクロージャ(スピーカーボックス)の組み立てキットが先に来てしまいましたが(^^;

R0041427

今年はなんと、2ウェイバスレフ型。
ウーハー付きのツインスピーカー。\(^o^)/ワーイ
太っ腹

残念ながら、先にAmazonで頼んだ肝心のスピーカーの発送がまだですが(T-T)/
届いたら紹介します。

R0041428

開けても、同じ表紙(゚゚ )☆\ぽか

R0041429

組み立て以外にも読み出があります。

R0041430

工作の様子は、また夏休みの宿題です(゚゚ )☆\ぽか

R0041431

Amazonでは早々に売り切れていたので、楽天系で買いましたが、オマケまで付けてくれました。

R0041433

楽器ショップ系らしく、ト音記号などのクリップがおまけに付いてきました。

R0041432

これ、ええわ~

こちらが2ウェイバスレフスピーカー付きの雑誌

オマケをくれたショップは、リンクの一番上のお店です(笑)

取りあえず、この2店舗にはありました。
実店舗でも本日発売だと思いますので、まだ大量にあると思います。

Xperia Zシリーズマグネット充電用microUSB変換アダプターTravel Biz(DeFF)

以前は、Xperia Z 用マグネット充電ケーブルを紹介しましたが、これだとお出かけ時にケーブルが沢山になってしまうので、追加保護。

R0041092

ポタアン(ポータブルアンプ)で有名な、DeFF(ディーフ)さんの、トラベルビズシリーズです。

R0041095

こちらが裏面。

R0041096

Xperia 紫のパッケージだと思ったら、裏に紙が敷いてあるだけでした(^^;

R0041098

紛失しないように、キーホルダー用の穴が空いています。

R0041097

こちらが充電端子。
磁石でXperia Z ultra やXperia Z2 Tabletにくっつくようになっています。
そもそも、両者ともmicroUSBでの充電ができるのですが、その度に防水カバーを開けなければならないので、それならこちらのアダプターを使った方が良いかなっと思って。

R0041099

汎用のmicroUSBを挿す部分です。

ケーブルの長さというか曲がり具合によって、安定して充電できない場合もありますので、充電する場合には安定した場所に置いて充電しないと、適正に充電できないのでご注意下さい。

  

 

iPhoneなどのLightning用巻き取りケーブルなどもあります。


ドッキングステーションJ5create Flute Ultra Station その3接続編(加賀ハイテック)

接続編です。と言っても、特になんもないです(゚゚ )☆\ぽか

WindowsとMac OS双方に

R0040580

アプリをインストールします。
まあ、サイトからアプリを入れた方が、最新版が入って楽ですが。

今回はWindowsマシンをメインに接続してあります。

20140528_191421

双方が繋がると、ブラックホールみたいなアイコンが出ます。

20140528_191434

日本語キーボードをお使いの方は云々出ますのでOKを押します。

20140528_191800

WindowsとMACが双方に繋がっています。

20140528_193216

Windowsマシンのキーボードで打っている。

20140528_193234

双方利用可能な時には、アイコンがブルーになります。

外付けキーボードを使えば、MACもWindowsもどこかにしまってすっきりします(笑)
上の写真は導入テストをやっているところなので、むさ苦しいですが(^^;

一つのKBとマウス(私はトラックボールですが)、それか前に紹介したThinkPadキーボードとトラックポイントで使えるので意外と便利です。

ドッキングステーションJ5create Flute Ultra Station その2本体編(加賀ハイテック)

本体編です。

R0040563

上から見るとただ単に、棒ですw

R0040568

左から電源コネクタ、PCと接続するUSB3.0メインコネクタ。USB3.0コネクタ2コ口。

R0040569

HDMIとVGA端子。

R0040570

イヤフォンとマイク端子。

R0040571

有線LANコネクタ。

R0040578

USB2.0コネクタと、本マシンのキモであるワームホールコネクタ。

ワームホールは、WindowsとMac OS間(どちらでも可)を相互に使えるようにするものです。
つまり、Windowsマシンにこのfluteを接続して、ワームホールケーブルでMACと繋げると、キーボード入力から、マウス、データのやりとりまでシームレスにできるという面白い機能です。

接続編に続く。

ノートパソコンの友、ドッキングステーションJ5create Flute Ultra Station その1開封編(加賀ハイテック)

某所でセールだったので保護。

R0040548

ドッキングステーション フルートウルトラです。
販売元は加賀ハイテックですが、製造は台湾メーカーだったかと。昔の加賀電子ですな。

R0040552

横から

R0040553

後ろから

R0040554

こちらの良い点は、Windowsでも、Mac OSでも使えること。

Pic01

機器の接続並びに対応は、こちらをクリックしてください。
(メーカーサイトからリンク)

R0040558

開けました。
確かにフルートみたいだ。

R0040559

アダプターでかw
ただし、良いのはワールドワイド対応なので、コンセント部分だけその国のを入れればどこでも使えること。
こういうのってBOSEなど世界規模のメーカーはやっているので、日本もそのような対応にすれば良いかな?

R0040561

microUSB3.0対応のケーブルが入っています。

つづく

愛のスコール国内産和梨(南日本酪農協同(株))

ブッチーさんにミニストップ限定と教えてもらって、買ってみました。

R0041424

果汁1%ですが、ほんのり梨の香りというか味がして、良いです。

アサヒ飲料の三ツ矢サイダーに負けていません。
頑張れ、南日本酪農協同。

ThinkPad Bluetooth トラックポイント付キーボード その4比較編(Lenovo)

比較するほどのものではありませんが(^^;

往年のThinkPad TP230Csです。

R0040710

デカイですが、今見ても良い感じです。

R0040711

特にIBMロゴが良いです。

R0040712

今見ても、しっかりした作りで良いです。

R0040713

ちょっとトラックポイントの出っ張りが低いですが。

R0040714

この頃はMS-DOSからWindows3.1への移行中なので、左右ボタンだけで十分でした。

R0040715

バッテリーはかなりへたっているので、あれですが。
いまでもMS-DOSが動くようにしてあります。
サクサク動きます(笑)

vs PT110

通称ウルトラマンPです(笑)

R0040718

ちっちゃw

R0040719

キーもちっちゃw

R0040720

こちらのPT110(Palmtop110)は、トラックポイントが左上にあり、左右ボタンも親指で操作できるように配置されています。

R0040721

この小ささですが、基本内容はTP230Csとほぼ同じ。
しかも、考えて作られているキーボードなので、これでブラインドタッチができました。
あとは、HP200LXのように親指高速入力も可能でした。

面白かったのは、HP200LXを意識して作られたのか、データを移行させるアプリが付いていたり。
パソナウエアと言って、PDFっぽい使い方もできるようになっていました。

vs Microsoft キーボード

R0040722

Miix 2 8を買ったときにおまけで付いてきたキーボードです。
これはこれで使いやすいですが、やはりThinkPadキーボードの方が断然使いやすいです。


EAGLES STUDIO ALBUMS 1972-1979(IMPORT)

オーディオ体験の時に必ずかけているのが、HotelCaliforniaのアルバム(^^;
つい先日も、ハイレゾ音源を買いましたが、当時(若い頃)好きだったグループです。

ハイレゾ音源を全部保護するとmoraでは1枚3000円以上するし、海外のストアでも1枚1800円位するので、バーゲンの時に買ったのは、HotelCaliforniaと一時解散字のThe Long Runだけ。

家にはレコードもあるけど、物置にしまったままというのと、プレーヤーをはじめAudio機器が全部ばらばらになってて(゚゚ )☆\ぽか
とゆう訳で、いろいろ調べてみたら、EAGLES STUDIO ALBUMS 1972-1979なる当時リリースされたアルバムがセットになって出ていました。

とは言え、このアルバムをハイレゾ音源で買うと、海外でも7500円位するし、日本のmoraではAACオーディオしかなくて、こちらも3500円以上するのね。

とゆうわけで、IMPORTものを保護。
とゆうのも、日本版の限定セット(中身はほぼ同じ)は、15,000円もするのね。

R0041027

このシール貼ったヤツ誰だ!手を挙げなさい。

R0041029

せっかくの説明が台無し(T-T)/

R0041030

良いですねぇ~
BOX風のパッケージ。

R0041031

裏面には、当時のレコードジャケットと曲名が。

R0041033

ちょい拡大。

R0041034

後半。

R0041035

CDのパッケージは、当時のLPレコードを模した紙パッケージです。
まあ、裸で入っていますが(^^;

最初のとOn The Borderは始めて聞きます。
これ以外にベストアルバムも何枚も持っているので、ほとんどが聞いたことがあるものですが(^^;

特に初期の作品は、カントリーミュージック系の色が濃いですが、良い音楽が多いです。

これは熱狂的なファンは買うと思いますが、いかんせんお高い。

それが、同じ楽曲でIMPORTだとこのお値段。
CDアルバム1枚分で6枚買えます。
気にするマニアックな人は、アルバム1枚1枚の音が悪いとか、HotelCaliforniaとThe long runは聞けたものではないなど酷評していますが。どちらも別の音源持ってるからいっかと(^^;

今聞いても、新鮮です。
この機会に、一度フルで聞いてみることをオススメします。
今はスタンダードになっている曲も多いです。


ThinkPad Bluetooth トラックポイント付キーボード その3接続編(Lenovo)

つなげてみます。

まず、WindowsTablet Miix 2 8

R0040725

こちらはペアリングが必要です。

R0040726

右端のペアリングを押します。
少しすると・・・

R0040727

パスコードを入力する番号が出てきます。
こちらはランダム表示。
それをキーボードのテンキーなどで番号を入れます。

R0040728

認証中。

R0040729

認証したら、いきなりアップデーターが起動しました(^^;

R0040731

こんな感じで使います。

今度は、Xperia Z2 Tablet です。
こちらは、NFC対応なので、センサー同士を認識させれば、簡単に使えるようになります。

R0040735

Xperia Z2 Tablet には、オフィス互換のアプリ、OfficeSuiteが同梱されています。
ちゃんとマウス(トラックポイント)で、操作可能。

普通に入力できますが、WindowsとゆうかOffice完全互換ではないので、細かな設定はできないと思います。

続く

ThinkPad Bluetooth トラックポイント付キーボード その2本体編(Lenovo)

本体編です。
てゆうか、本体しかないやん(゚゚ )☆\ぽか
改めて

R0040692

なかなか入力しやすそうなキーです。

キモはこちら

R0040693

赤いポッチですヾ(^ )コレコレ
トラックポイントです。
これ1台でキーボードとマウスを兼ねています。
トラックポイントはVAIOのtypePくらいまで各社から出ていましたが、いつの間にかタッチパッドに変わってしまいましたので、ThinkPad系のみになっちゃったかな?
入力中にいろんな操作がキーボードから手を離さずに使えるので便利なんですよ。

R0040694

手前にあるのが左右キーと中央部分は上下ロールキー。

R0040695

これも使いやすいです。

R0040697

キートップのロゴは彫り込みではなく、プリントです。
しかも、キーを詰め込んであるので、方向キーの所にPageUp/Downキーがあったりします。

R0040699

あー、Fnキーが4つずつに仕切られていないのは、詰め込んであるからw
おまけに、メインが各種操作用で、F1キーなどは、Fnキーを押さないと反応しません。

私的には、昔から小さいマシンのキーボードを各メーカー使ってきているので、こんなことではめげません(笑)

R0040700

こんな所にPrintScreenキーがあったりします(笑)

R0040701

こちらが裏面。
上に見えるツメは傾斜用。

R0040702

これね。

R0040703

左下にある□□っぽいマークは、NFC用。
なので、Xperia Z2 Tablet などにはタッチするだけで認識してくれます。

R0040707

背面に充電コネクタがあります。

R0040724

充電中は光ります。
ちょっと手ぶれ(゚゚ )☆\ぽか

R0040708

本体上側の右サイドに電源並びにシンクロ用のスライドスイッチがあります。

R0040709

好きな人にはたまらないであろう、ThinkPadロゴ。

接続編に続きます。


ThinkPad Bluetooth トラックポイント付キーボード その1開封編(Lenovo)

5月末に限定半額セールをやっていたので、保護してみました。
Lenovo直営サイトでのイベントだったため、発送は海外からなので少々お時間がかかりました。

R0040684

ハコでか!
と思ったら・・・

R0040685

中スカスカwww
こんなんで、海外からの発送って大丈夫かしらん?(汗)

R0040686

純正サイトから買ったのでしっかり保証書は付いています。
(残念ながら英字キーボードではなかったっすorz)

R0040688

開封済みマークはここだけw

R0040689

オープン!
おー久々のThinkPad。
なんかめっちゃ懐かしいです。
Lenovoに売却してから初めてかも。
昔はThinkPadユーザーでしたけどね。

R0040690

袋(ハコ)から出したとこ。
内容物一式。
取説、充電用ケーブル、キーボード本体。
電池式でなく、充電式です。

R0040691

普通のmicroUSBで充電です。

続く

  

有線式も人気があるのですよね。

ホビット第二章 竜に奪われた王国 Blu-ray&DVDセット

当時仕事が忙しくて見に行けなかったので(^^;

R0041335

初回封入特典とか入っているらしいです。

R0041336

こちらが裏面。

R0041339

こちらが本体のカバー

R0041340

おまけはキーリさんでした。

でも違うのがあるのかな?
ちなみに・・・

R0041337

こちらの表紙のタグシールにもキーリと書いてあるので、選べるのかな?
それともみんな同じのか?

R0041341

こちらがメインストーリーのBlu-ray

R0041342

左がDVD、右がなんと130分も入っている映像特典。

まだ開けたばかりなので、映像特典も本編も見てません。
週末楽しみにしてみます。

   

こちらが、今回のバージョン。


  

こちらが第一章 思いがけない冒険

Xperia Z ultra 純正DSC-QX100用カメラアタッチメントケース対応充電スタンドアダプターをもらう

以前紹介した、Xperia Z ultra の充電スタンドですが、カメラアタッチメントケースを付けた状態ではうまく付きませんでしたので・・・

R0041103

別途、SONYストアの純正ケース用のアタッチメントはあったのですが、それではカメラアタッチメントケースが嵌まらないのね。
とゆうわけで、今まで充電したり動画閲覧したりするときには、いちいちカメラアタッチメントケースを外して使っていました。

R0041105

こんな感じで、ケースを外したまま使っていました。

ところが、Facebookのリンク、More Access! More Fun!で、カメラアタッチメントケース用の充電スタンド用ホルダーをSONYさんで作ってもらった。
欲しい人は、問い合わせてみて
ということで、記事アップされた翌日に「ソニーマーケティング使い方相談窓口」に電話で問い合わせてみたところ。
窓口の姉さんがわからず、確認してから電話しますとのことでした。
半日くらい待って電話が来て、送ってくれるとなりました。
そこから更に1週間くらいかかったけど、無事送ってくれました。

R0041106

小さな部品なので、郵便で来るかと思ったら、丁寧に宅配系で送ってくれました。

R0041107

対応良いですね。
昨今、SONYはVAIO事業部の分離や大幅赤字などいろいろ大変な時期ですが、こういう対応は嬉しいです。

R0041109

プチプチに包まれてきましたが、アタッチメントです。

R0041111

左が当初から付いていた部品、右が急遽作られた部品。

R0041123

上が当初付いてきたもの。
下が急いで作ってくれたもの。
素材というか雰囲気が違いますね(^^;
もしかして、3Dプリンターかなんかで出してくれたのかな?

R0041112

こんな感じで外して・・・

R0041113

新しいパーツをはめ直します。

R0041114

カメラアタッチメントケースを付けました。

R0041116

おー、見事に嵌まります。

R0041124

ケースを装着したままでも、充電できます。

これで、スタンドに置くときにいちいちケースを外さなくても充電できるようになりました。

まあ、カメラアタッチメントケースを持っている人の方が少ないと思いますが(^^;

もしお持ちの方は、リンク先のサイトにある番号から、問い合わせてみてください。

時代は極細(違? プロギア XFハイレグ vs 極細万年筆

普段、BやBB、Zoomなど太字の万年筆の紹介が多いのですが、・・・
ぢつは各サイズバランス良く持ってるんですよw

とゆうわけで、細字軍団の比較です。

R0041039

ほかにもあるのですが、ま今日の所はこのくらいで勘弁してやろうヾ(^ )コレコレ
ちょっとペンが飛び気味に写っていますが(^^;

左から、
プラチナブライヤー(超極細改:あーペンをすげ替えたの(゚゚ )☆\ぽか)
プロフィット25th記念限定 細美研
プロフェッショナルギア XFハイレグ
プロフェッショナルギアミニ F

R0041041

ペンはこんな感じ。
プロフェッショナルギアは、昔PGのオリジナル刻印だったのですが、いつの間にか汎用のプロフィットに変わってしまった。
この他にプロギアのシルバーモデルも持ってます。

R0041043

こんな感じ。

R0041046

こちらがハイレグ

R0041047

上から

R0041050

Bから研ぎ出してあるので、先端の弾が大きいです。

R0041051

裏側

こちらは細美研(さいびとぎと読みます)

R0041048

上から25thと書いてあります。確か限定250本だったかな?

R0041049

先端下側が鋭く尖っています。

R0041052

接地面が少ないので、めっちゃ細く書けますが、かりかりしています。
筆圧を加える人には使えません。すぐに広がっちゃうので(^^;

R0041055

こちらが、プラチナの超極細。
聞くところによると、ここまで補足できる職人さんが退職?引退?したらしいのでたぶん入手困難かと。
店頭在庫があればラッキーということで。

R0041056

こちらもめっさ細いです。

R0041057

裏側。

R0041058

プラチナの面白いのは、刻印が日本語ということ。
こちらは超極細って掘ってあります。
他には、細軟とか中軟などを持っています。

R0041059

細美はかりかりしている上に暫く書いてなかったので、ちょっとかすれています(汗)

一番下のが一般的な細字になります。

キネマ旬報がゴジラ特集とBSプレミアム8日にデジタルリマスター版1954ゴジラ放映(キネマ旬報社)

硬派な映画雑誌で有名なキネマ旬報ですが。

R0041245

表紙が意表を突くゴジラ。
怪獣絵師として有名な開田裕治先生です。

R0041246

中身は、全部がゴジラという訳では無いですが、1/3位は特集されています。

R0041247

開田先生のインタビューや2014ゴジラのギャレス・エドワーズ監督、渡辺謙さん、金子修介監督、手塚昌明監督、中野昭慶監督、川北紘一監督、樋口尚文監督などのインタビューや記事もあります。

R0041248

別紙面でも、ゴジラ第一作に主演した宝田明さんのインタビューもあります。

そう言えば、明日BSプレミアムで、ゴジラ第一作のデジタルリマスター(先日映画館で限定映写されたもの)が放送されます。

興味がある方は、原点回帰ということで、一度ご覧になると、世界に衝撃を与えた映画を見ることができます。

今見ても考えさせられる映画です。
未見の方はぜひ。

7月の火曜日のBSプレミアムは全部ゴジラ映画特集になります。

くるくるパッチンスマータブル防水ポーチ(週間アスキー)

いつものローソンに行ったら、発見したので保護。

R0041231

夏恒例の防水シリーズ

R0041232

こちらがコンテンツ。
新生VAIOや、スマホ各社の定額料金、電脳小物の防水対策など、本書も楽しめます。

R0041234

防水ポーチのPageは意外とあっさり(笑)

R0041235

こちらがオマケ。
一回り小さいと思ったら・・・

R0041236

三重に折りたたまれていました。
(みえじゃないよ(゚゚ )☆\ぽか)

R0041237

こちらが開いたとこ。
すんげー、ビニール臭いですwww(^^;
しかも長い。

R0041238

ジャストiPad miniサイズです。
AirやXperia Z2 Tablet は入りません。
てゆうか、Xperia Z2 Tablet 自体が防水だ(゚゚ )☆\ぽか

R0041239

入れてみました。
Tabletを入れる限りは、パッチンは要らないような(^^;

R0041240

ミニの場合、一段折りたためば、ジャストサイズ。

R0041241

袋に入れても、ちゃんと動作します。

R0041242

FB開けたとこ。

R0041243

コメントも書けます。

残念ながら、Amazonではヒットせず。早期の売り切れ?

本日発売?明日か?だと思いますので、コンビニか書店で保護ください。

一部地域では翌日発売なので、お忘れの無いように。


プロフェッショナルギア XFハイレグ 長原Jrオリジナルモデル(セーラー万年筆)

紹介が遅くなりました(汗)本来なら2月に入手したものなので(゚゚ )☆\ぽか(゚゚ )☆\ぽか

Pict_20140202_115855

長原さんが静岡のペンクリニックに来た時に、こんなのもできると見せてもらったのが、プロフェッショナルギア(プロフィットでも可)をぎりぎりまで削って作った超極細。
長原さん曰く、XFハイレグだそうでw
セーラーのカタログには、型番もシリーズにも載っておりません。

長原さんの、ペンクリニックだけ受付てくれるというレアもの。
しかも、その場では作りません。
工場に持ち帰って、研ぎ出しをしてくれるとのこと。

R0039262

普通のプロフェッショナルギアです。

納期は1週間ほど(あー、連続してペンクリニックに行くなどの予定がない場合ね)

R0039265

見た目も普通(ぉぃ
注文は、ペンクリニック会場でお店の万年筆を購入すれば桶。
当時は消費税増税前なので、確か21000円で。
削ってもらうので、B(太字)をチョイスされるのが良いです。

R0039266

こちらがペンヾ(^ )コレコレ

R0039267

いけね、先端にピントが合わないwww

R0039268

横から
ちゃんとH-Bと書いてありますが、先端はスリムになっております。

わからない?

R0039271

これでどないだ?

R0039272

美しいです。

R0039274

別アングルから

R0039277

寄ってみました。
わからない?

R0039278

ぢゃあ、これで。
普通万年筆は、ペン芯からはずれてエラがあるのですが、こちらは、ペン芯ぎりぎりまで削ってあります。

R0039281

こんな感じ。

R0039285

しかも、バランスが前に来るように、首軸の後ろの金属筒部分がオリジナルに差し替えられています。
こうすれば筆圧を加えずに、ペンの自重でさらさら書けるようになります。

普通の方は気にしないというか知らないと(わかりにくいと)思いますので、・・・

R0039287

こちらが一般的な首軸部分。
5mm程長めの筒が付いています。

続く

Uni-Ball VISION ELTEブルーブラック(三菱鉛筆)

たこ かべうじさん推奨とゆうか、情報から、ビジョンエリートのブルーブラックが廃番(店頭在庫のみ)というので、保護しました。

R0040983

最近では、ジェルインキに押されて、水性ボールペンが元気がないというか、売れにくい時代になっていますが。

R0040982

0.8mmというおじさん的には好きな太さ。

R0040985

全体のデザインも持ちやすさも良いです。

R0040984

念のため、ブルーブラックはあるだけ(4本)、赤0.8mmと黒0.5mmは各1本保護。
とゆうか、赤と黒は定番で残るみたいなので。

あ、いけね。
書いた見本を撮影するの忘れてた(^^;

いつか見た風景・・・趣味の文具箱創刊号(エイ出版)

昨日紹介した、趣味の文具箱vol30ですが・・・
昔からの読者の方は、目の錯覚?とか思われた方も多いと思います。

R0041188

こちらが、創刊号。

2004年発行。
ということで、今から10年前の書籍。

R0041189

こちらが、昨日紹介した、30号。
10周年記念ということで、表紙の雰囲気を同じレイアウトにしてくれています。

R0041190

どうりで、どこかで見たことがある安心感のあるレイアウトでした。
メインフレーズも、MONT BLANCとPelicanの配置もおんなじです。

R0041191

ご存じない方に、こちらが1号のコンテンツです。

R0041192

偶然か意図的か?
紙面構成は違いますがPelicanの分解も載っていました。

31号の表紙が、Vol 2号と似てると楽しいかも(゚゚ )☆\ぽか


インク工房で作ったインク(セーラー)

紹介が遅くなりましたが(^^;
5月中旬に静岡でインク工房が開催されたので、ネタ的にはもう欲しい色がないと思っていましたが(汗)
お願いしてきました。

14051805

石丸さんです。

R0040502

作ってもらったのは、付けペンでしか使えない、ヴィオラ・デ・エンツォの色。
これは、以前紹介しましたが、エンツォ・フェラーリさんが愛用したインクの色。

R0040503

こちらが元のインク。

R0040504

作ってもらったインク。

R0040506

そのままでは薄かったので、濃いめに調整してもらいました。

R0040507

もう一本は、FERRARIの赤(笑)

R0040508

朱色と赤の中間くらい?

R0040509

上から。

両方とも良い色です。

注:この2色とも、筒が染まりやすい色なので、私的には使い終わったカートリッジに、コロン用注射器で入れて使っています。


趣味の文具箱 vol30(エイ出版)

早いもので、趣味文がもう30号となりました。\(^o^)/ワーイ
オメデトウございます。

でもって、この表紙・・・・

R0041129

知ってる人は知っている(^^;

どっかで見たことがある・・・
既視感(デジャヴ)?
と思ったら、出版社の粋な計らいで、創刊号(1号)と同じ雰囲気の表紙にしてくれました。

良いですね~

でも、中身は相変わらず濃いです。

R0041130

こちらがコンテンツです。

今回は、(今回も)凄いです。
ネット上の知り合いからリアルの知り合いまで、勢揃いって感じ。

R0041132

まずはTwitterでは刑事コロンボのアイコンで有名な関船(宮本)君。
まだ、めっちゃ若いのに、めっちゃ濃い(笑)

R0041133

続けて、ブレッドさん、
なんとアメリカの方なのに、何故か漢字検定試験一級を持ち、日本人よりも感じに詳しい浜松在住のイケメンさんっです。

それ以外にも、半分くらい知っている人が載ってて嬉しい。っす。
TwitterやFacebookをはじめ、色々なところで交流させて頂いている方々やショップの方なども載ってて。

R0041135

河野仁さん、なんと浜松のブングボックスさん訪問す。
カオルてんちょーもびっくり(笑)

とまあ、盛り沢山の内容で、見どころ満載。

30号のうち、不詳ZEAKさんも、3回ほど、あ、注文万年筆のZEAKスペシャルも入れれば4回か(^^;

おかげさまで、私が注文した12本+店が注文した3本
私が責任を持って売れる分以上に売れて、完売しました。

(展示用のが1本だけ残っていますが、こちらはお店の分)

昼に会議が終わったので、お山の方の大きめの書店に行ったらまだ入ってないとかで(^^;
同じ系列なのに、なにやってんのwww
仕方ないので、会社近くの書店で保護。

本日発売なので、書店に平積みされていると思いますが、買いに行くのが面倒とか、書店に1~2冊しか入らずいつも先を越されて悔しい思いをする方など、こちらではまだ売っているので、どうぞ。


StoreJet25M3 1TB USB3.0HDD(Transcend)

某所のポイントが切れそうだったので、少し足して保護w

R0040151

トランセンドの外付けハードディスクです。
対衝撃性もあるっぽい。

R0040153

裏側

R0040154

MACとWindows対応ですが、コンパチでは無いです(笑)

R0040156

内容物一式

R0040157

本当はオレンジモデルが欲しかったのですが(笑)
ポイントで買えるものがグリーンしかなくて
◎部分は電源スイッチです。

R0040158

コネクタ部分は、汎用のmicroUSBではなくて、USB3.0コネクタです。

R0040159

こちら。

R0040160

データのバックアップは、普通の3.0TBや2.0TBの大きめの外付けHDDに任せて、こちらは持ち運び用に使おうかと。

いちお、テレビ用の録画にも対応しているらしいですが、うちTVは録画機能付いてないしw

R0040161

オレンジはM2モデルでした(^^;

 

昔はこういう持ち運びHDDでも4万くらいしたので(いつの話だ)、ずいぶん安くなりましたね。

デジカメで、RAWデータなんかも扱うので、しかもSIGMA DP*Merrillシリーズなんて1枚50MBもするので、暫定利用して、その後不要なデータは消してという使い方をしています。

三ツ矢ブランド最高に酸っぱいグリーンレモン(アサヒ飲料)

昨年限定発売されたグリーンレモンが、パワーアップして帰ってきました(笑)

R0041125

ラベルは昨年のに似ていますが(^^;

R0041127

三ツ矢ブランド最高に酸っぱいのロゴが加わっています(笑)

R0041128

大切なことなので、もう一度(゚゚ )☆\ぽか

やべぇ~めっちゃ酸っぱいですwww
でも、悪くない。

でも、昨年も嵌まったので、あるうちにオトナ買いしておこうかしらん。

しかし、限定品って、主にコンビニ主体なので、ほぼ定価なのね。
どっかスーパーか薬局でないかしらん?

あったらハコ買いしたいくらい。


使いやすいリーガルパッ簿(ぷんぷく堂)

夜開く文具屋さんの「ぷんぷく堂」さん、オリジナル商品を保護。

R0040912

リフィルが手に入らないと困ると思い、予備も保護w

R0040914

昔懐かしい、紙の表紙。

R0040915

ぷんぷく堂さんの金の箔押しが良いです。

R0040918

ベースはコレクトさんのですが・・・

R0040913

リフィルが良いです。

R0040919

ちゃんと、リフィルにも「ぷんぷく堂」って印刷されています。
良いですね。

R0040920

青字がかすれていますが、これはインク切れ(゚゚ )☆\ぽか

R0040921

万年筆の載りも良いし、裏抜けはありません。
気軽にガシガシ書けます。

送料自己負担で、地方発送も受け付けてくれます。
こういう対応は嬉しいです。

またよろしくお願いします。

ぷんぷく堂さんのサイトは、こちら

Facebookは、こちら

Twitterは、こちら

リゲインアゲイン(笑)(SUNTORY)

バブル花盛りし頃、牛若丸三郎太の歌と共に流行った、歌やCMの方が流行ったみたいですがヾ(^ )コレコレ
さすがに、ファイトぉ~いっぱぁ~つには勝てなかったか(^^;

栄養剤?のリゲインが、エナジードリンクとして復活。

R0041100

本当はお高いのですが、ローソンポイントで引き替えたので60円程度(^^;

前はどこのメーカーでしたっけ?忘れた(゚゚ )☆\ぽか
今はSUNTORYです。

R0041101

主成分は・・・アルギニン(これってつおいのか?)

R0041102

1日の始まりに、また仕事モードになる前にって書いてあるから、朝飲んだ

昔ほど薬臭くなくて、どちらかというと日本版レッドブルっぽく仕上がっていて、飲みやすくなっています。
そもそも、炭酸飲料だしね(笑)

流石に、この年になると24時間は戦えないのですが、今夜は遅くまで御殿場方面で会議があるので、エナジーチャージ!グーン、ダーンしちゃおうっと。

蓋を開けて、置いておくとレッドブルと同じような香りが漂いますので、大きな違いはないかと(笑)
そもそも、レッドブルも海外とは成分を変えて売ってますからねぇ。(薬事法の関係?)

最近流行のエナジードリンクですが、基本価格が200円前後なので、メーカーとしては粗利が大きそう。
それならスーパーや薬局で68円前後で売ってるオロナミンCの方が安くて良いかもw
なんちゃってリポD風の医薬品飲料も実質60円前後ですから、そっちの方も効きそうですね。

IMD-L116 vs cheero Energy Plus

比較編です。

R0040820

やはり一回り小さいです(笑)

R0040821

裏面

R0040822

厚さ。
IMD-L116の方が端子が離れているので、使いやすいです。

タッチセンサーが斬新なバッテリーIMD-L116(IMMEDIA)

先日、cheeroのバッテリーを12000mAhのバッテリーを紹介しましたが(笑)
その前に持ってたヤツを今更www紹介します。
てゆうか、これ春先に保護してあったのですが、なかなか書く暇が無くて(゚゚ )☆\ぽか

R0040112

バッテリー容量は半分の6000mAh

R0040115

説明類。

R0040117

内容物一式。
USBケーブルと本体っす。
ブラックパネルがスマホみたいです。
赤いマークにタッチすると・・・

R0040118

電源が入ります。

R0040119

こちらが裏面。
ロゴでわかるように、ジャストシステムとイミディアのコラボ商品。

R0040121

cheeroと違って、iPhone 5sより一回り大きいくらい。

R0040122

厚みも意外と薄いです。

R0040123

ちゃんと2.1Aモードも付いているので、iPadやTabletなどを高速充電できます。
まあ、iPadはそれだけで10時間くらい持つので、専らiPhone 5sやXperia Z ultra(もバッテリー持つかw)かな。

R0040124

ちょっと残念だったのがUSB差し込み口のコネクタが白だったこと(笑)
ここが赤か黒だったら尚良いのですが。

R0040125

こちらが充電用コネクタ。

R0040126

重点中は、白色LEDが点滅し、4つ点灯したら充電完了となります。

 

cheeroのは暴利でしょう(笑)


« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ