« ワンダ金のラテ カプセルトミカコレクション(アサヒ飲料) | トップページ | 遅咲きの高級デジカメSTYLUS XZ-2 その3保護フィルム編(OLYMPUS) »

STYLUS XZ-2 その2本体編(OLYMPUS)

本体編です。

R0040189

ミラーレスのPenに似たデザインです。
カメラっぽいというのが好印象。

R0040190

斜め横から。
高級コンデジに入るので、ストラップは2点つり下げ式。
FUJIのXシリーズと違い、最初からストラップリングが付いているのは良いです(笑)

R0040192

上から。
意外としっかり作ってあります。
アクセサリーシューの両側にはステレオマイク。
左側のロゴ部分は内蔵ストロボ

R0040193

ダイヤル部分はアルミ削り出しっぽい。
残念ながら、Xシリーズと違い、記号はプリントですが。
クリック感はしっかりしていますので、移動中にモードダイヤルが変わるということはありません。

R0040194

正面から。
定評のあるズイコーレンズっす。
しかも、ワイド端F1.8、ズーム端F2.5という非常に明るいレンズを搭載しています。
なので、大口径。

レンズの左下には、デジ一風のレバーが有り、これも重宝します。

R0040195

OLYMPUSロゴ。

R0040196

グリップが標準装備されているのは好印象。
因みに、取り外しても出来るし、着せ替えグリップもあるという凝りよう。

レンズ脇にあるレバーとボタン。ボタンはFn2ということで、カスタマイズ可能。

R0040202

背面ボタンは、どのメーカーも基本同じ構成になっています。
中央部分のボタンは上下左右に選択ができて、しかも、周囲の部分が回転し、回転させて各種調整が可能です。

R0040204

ストロボ部も、一般的には安っぽく、シャキンと出るのですが、こちらのはサンダーバードメカのように重そうに出てくるので、品があります。

R0040206

裏面。
残念なのが、三脚穴。レンズの軸線から少し外れています。
レンズ下にあるのはスピーカー。
この写真でわかると思いますが、液晶部がチルトします。
オマケにタッチパネルだし。

私的には、スマホ以外の初めてのタッチパネルカメラっす。

R0040210

フルのバルアングル(回転式モニター)では無いですが、上下にシフトするので、ローアングルやハイアングル。
ウエストポイントなどで撮影が出来ます。

R0040211

R0040212

R0040213

こんな感じになります。

R0040231

あちこちのブログやカメラ情報サイトでも、イマイチ評価が低かったのが、こちら。

一般的なカメラがmicroUSBで汎用性があるのに対し、オリンパスは独自の端子なので、紛失したら換えが聞かないというのが若干気になるところ。

R0040239

こちらが本体側の端子。
USBで充電します。
最近の主流なので、あれですが、これからは汎用のmicroUSBにしてくれると、移動中の荷物が少なくて済みそうなのですが。

R0040241

こちらは、グリップを外したとこ。
印象が大きく変わりますが、つるつるしているので、グリップ必須です。

R0040242

横から

R0040243

グリップ部。
作りも滑り止め機能もしっかりしているのが好印象。

R0040247

充電開始ですが、電源を繋ぐといきなりメニューがでてきます。
ボケてますが(^^;
一番下の充電に移動させて、2時間ほど待ちます。

R0040249

充電中も、起動時も電源ボタン周りが、ブルーに光ります。

起動編に続きます。

  

何故か前モデルのZX-1の方が高かったりw


« ワンダ金のラテ カプセルトミカコレクション(アサヒ飲料) | トップページ | 遅咲きの高級デジカメSTYLUS XZ-2 その3保護フィルム編(OLYMPUS) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

ポップアップストロボの筐体がやけに大きいですね。
ひょっとして、
外注メーカーにキャパシタ、回路までまるごとユニットで作らせて
アセンブリーしてるんじゃ?

一年近く前、アサカメにオリンパスの開発マネージャーが登場して、
これからは開発者にカメラを使うことを強制して、使いやすいものを作る!
とのことでしたが、このカメラを一見して、なんかその効果が出てきたような、、
そんな印象です。

かんてつさん
詳細はわかりませんが、作りはしっかりしています。
ポップアップさせる時にも、他社のように、ガシャと
いうか、ベチョっていうか、いきなり強く飛び出す
安い作りではなく、少しゆっくり出てくるのが良い
感じです。

まあ、色々な部品がそれぞれ得意なメーカーで
作っていますので、その辺はあるかもです。

丁寧に作ってある感じを受けます。

しかし残念なことに、発売当時はDSC-RX100
などが圧倒的勝利で、見向きもされなかったと
聞きます。
昨年暮れ当たりから2万前後で売られるように
なり、色々なショップで高級コンデジの上位に
食い込んできたのが皮肉ですね。

私も、この値段だったので買いましたが、
6万前後だとてゆうかDSC-RX100買っちゃったしw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/59675124

この記事へのトラックバック一覧です: STYLUS XZ-2 その2本体編(OLYMPUS):

« ワンダ金のラテ カプセルトミカコレクション(アサヒ飲料) | トップページ | 遅咲きの高級デジカメSTYLUS XZ-2 その3保護フィルム編(OLYMPUS) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ