« 公式ガイドブック Olasonic完全読本 OLA-BT1(GETNAVI別冊/学研) | トップページ | STYLUS XZ-2 その4起動編(OLYMPUS) »

Olasonic完全読本 OLA-BT1 その2スピーカー接続編

オラソニック完全読本でも、実験に使われていた、BOSEのComputerMusicMonitorと接続してみました。

まずは、端末と本体を認証させます。

P5290003

電源は、ACアダプターから取りました。
今回はiPhone5sを認証させます。
一番左のボタンを長押しします。
すると、青と赤のLEDが交互に点滅しますので、それでiPhone5sでOLA-BT1の名前が出て、接続とすればすぐに使うことができます。

P5290005

青がまぶしいっす。

P5290006

再生させているのは右上のBOSE ComputerMusicMonitorです。
残念ながら左下にあるOlasonicのスピーカーは、USB-DACなので、イヤフォン端子がないのです(^^;

MACにUSBでそのまま接続してダイレクトに音を出しちゃってるので。

ベースとなるiPhoneアプリは、ハイレゾ音源が再生できる、KaiserToneという有料アプリ。1000円っす。
それでも、純正のアプリより数段良い音が聴けます。

20140529_203711

20140529_203738

ハイレゾを高音質のBluetoothで再生できるのは良いですね~
因みに、このアプリを使えば、昔のMP3からAPPLELosslessまでの音源もめっちゃ良くなります。

20140529_203850

画面は縦でも横でも対応できます。

普段はNW-ZX1をメインで聴いていますが、バッテリー切れなど(以外とNW-ZX1はバッテリーが持たない(笑))の場合、iPhoneやiPod touchで、このKaiserToneで聴きます。
WALKMAN程ではないですが、劇的に音が変わります。

P5290009

過去にオーディオ誌のオマケで保護した、Olasonicのアンプたちと。

しかし、Bluetoothイヤフォン本体接続や、スピーカー直結と比べて、このOLA-BT1経由でスピーカーで鳴らした方が数段良い音になるのは、恐るべしOlasonic技術。


続きます。

良いひとときで幸せ~(笑)

Olasonicの進撃は続く。
DIGIFI 15-17まで、連続で付録が付いて、それぞれがリンクできるシステムになるようです。


« 公式ガイドブック Olasonic完全読本 OLA-BT1(GETNAVI別冊/学研) | トップページ | STYLUS XZ-2 その4起動編(OLYMPUS) »

オーディオ」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/59726053

この記事へのトラックバック一覧です: Olasonic完全読本 OLA-BT1 その2スピーカー接続編:

» [book]ヘッドホンアンプ搭載Bluetoothユニットが付録のOlasonic完全読本 [趣味と物欲]
既にZEAKさんが紹介されていますが、うちにも1日遅れでAmazonから到着しました。 どう使いましょうか。 公式ガイドブック Olasonic完全読本 OLA-BT1(GETNAVI別冊/学研): 私的電脳小物遊戯 Olasonic完全読本 OLA-BT1 その2スピーカー接続編: 私的電脳小物遊戯 ... [続きを読む]

« 公式ガイドブック Olasonic完全読本 OLA-BT1(GETNAVI別冊/学研) | トップページ | STYLUS XZ-2 その4起動編(OLYMPUS) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ