« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

Olasonic完全読本 OLA-BT1 その3イヤフォン聞き比べ編

先日は、スピーカーで鳴らしましたが、今回は周りにあった手持ちのイヤフォンで聞き比べて見ます。
ほかにもいくつかどこかに転がってるけど(ぉぃ

とその前に、書籍にも書かれていましたが、電源に直付けするよりも、モバイルバッテリー経由で聞いた方が音がクリアになったり、マイルドになります。

意外といろいろ組み合わせて使うと面白いです。
但し、少ない電気容量らしく、モバイルバッテリーによっては、再生を始めてしばらくすると給電を停止してしまうものもありました。
いろいろ試行錯誤して試してみると面白いです。

R0040762

見にくくてすんまそん。
試したのは・・・

R0040763

初音ミクWALKMANに付いてきたNC(ノイズキャンセリング)イヤフォン。
うーん(笑)
相変わらず、オマケレベルの音w
悪くはないのですが、パンチやクリア感がイマイチ。

R0040764

BluetoothHeadsetDRC-BTN40についてきた、SONYの少し前のイヤフォン
WALKMANのオマケのものよりクリア感は良く、全体的にバランスの取れた音。
透明感もあるし、高音域の伸びが凄いっす。

R0040765

SENNHEISER(ゼンハイザー)のチープなマイク付きイヤフォンMM50
これめっちゃ良い音しますやん。
透明感、それぞれの楽器の音が別れて聞こえるし、低音域から高音域全てにかけてバランスが良いです。
特に、クラシックやジャズに威力を発揮します。
イヤフォンが価格だけでないことを教えてくれるモノです。
流石SENNHEISER。安かろう悪かろうのS*NYとの違いを見せつけてくれます。

R0040767

続けて、この中では一番お高い(笑)
ロジクールが代理店になっているUltimate Ears TripleFi 10 発売当時5万(49800円)、レートの関係で数年前に14800円前後で売られていたものです。
単独でイヤフォン端子に接続するとかなり良い音がしますが、SENNHEISERほどキレとゆうかクリア感が良くないです。
今は、NCモデルしかないようです。

R0040770

続けて、SONYの比較的新しいへっどっせっとSBH-50についてきたイヤフォン。
こちらも無難な音ですが、新しい割に、上のDRC-BTN40に付いてきたものより今ひとつでした。

R0040769

続けてBOSEのIE2
定評がある、BOSEサウンド(低音重視)が心地良いですが。
こちらも思ったほどでは無かったです。

R0040768

PHILIPSのSHE9850(廃番)原音再生を売りにした、インイヤーヘッドフォン
これ私的には一番好きな音が出るので、最も多く使っています。
これは、言うまでも無く鳥肌がでるほど良い音がします。
溜まらん(笑)

最後に、写真は撮らなかったのですが、iPod touchやiPhoneに最近付いてくるタイプのイヤフォン。
これも、どうして単体で購入する人もいるというものですが、めっちゃクリアな音がします。

使わずに仕舞ったままの人がいたら、これを機会に開けて聞いてい見ることをオススメします。


   


たぶん廃番。

STYLUS XZ-2 その5撮影編(OLYMPUS)

連休の撮影データです。
いずれもPモード
お目汚しを(汗)

ブログ用にリサイズ圧縮してあるので、シャギーとか出てますが気にせずに(違?
とりあえず、現時点ではサッポロポテト現象は確認出来ていませんが、太陽撮ったらどうなるかな?

近所をお散歩(笑)

P5030001

家の前の踏切。
意外と実際に近い描写をしてくれます。

P5030003

道端のポピー
こういうのも液晶を倒せばローアングルで撮影出来ます。

P5030004

電車。
おもったより、写ります(゚゚ )☆\ぽか

P5030007

さくらんぼ

P5030010

高架下w
リアルな色です。
塗装し直してある所との差がっww

P5030016

井上馨像。

P5030017

ちょいアップ。

ちなみに、興津をはじめ、旧富士川町~旧蒲原~旧興津は、明治時代の元勲の避寒地と避暑地となっていた関係で、西園寺公望や井上馨など超有名な人の別荘が多数あった場所です。

P5030022

ぽぽんた(゚゚ )☆\ぽか蒲公英。

P5030025

ローアングルによる、野草。
てゆうか、名前しらねー

P5030029

ヤマモモの根元。
ふとももではないよ(゚゚ )☆\ぽか

ここからは、見本が悪いけど、アートフィルターで撮って見ました。

P5100035

こちらがデフォルト

P5100023

ポップアート

P5100024

ファンタジックフォーカス

P5100025

デイドリーム

P5100026

ライトトーン

P5100027

ラフモノクローム

P5100028

トイフォト

P5100029

ジオラマ

P5100030

クロスプロセス

P5100031

ジェントルセピア

P5100032

ドラマチックトーン

P5100033

リーニュクレール

このアートフィルターは、やはり場所を選びますね(笑)
好きなのはやはり、リーニュクレールでしょう。
嫌みの無い絵画とゆうか水彩画風になっています。

気が向いたらまた写真うpします。


STYLUS XZ-2 その4起動編(OLYMPUS)

電源を入れます。

R0040263

初期画面だからかもしれませんが、こんな画面になります。

R0040264

FUJIやSONYと一緒で多国言語が表示されます。

R0040265

日付設定。
面白いことに、デフォルトの日付がないです。

R0040266

タイムゾーン設定。
ワールドワイドに対応しているようです。

R0040267

こちらがデフォルト画面。

R0040268

設定画面
なに、これだけ?
パトラッシュ、全然わかんないよ。
そもそも、メイン画面だべこれ。アバウト過ぎぢゃね?

人によっては、OLYMPUSなので、どれも共通でわかりやすいと言う人も居ますが、他社から来た人には、どこで、細かな設定をして良いかわかりやせん(T-T)/
ネットで見ると、OLYMPUSって、メニュー超わかりずれぇ~という表記もあります。
どうも、*マークで設定をするらしいとおもっても、何これ!状態www

ネットさーふぃんぐをして、やっと設定画面がいろいろあることがわかりました。

って、そもそも、ネットで調べても、取説には書かれていない内容が多すぎるとの表記が散見されるんですけど。
OLYMPUS製品使っている人は神でつね。

それに比べたら、NEX6の設定が見やすく感じるほどwww
あれも、超見づらいんですけどw

NIKON、FUJIFILMのXシリーズ、DSX-RX100は取説見なくてもメニューで良くわかったのですが、OLYMPUS恐るべし。(本当の意味で)

さぁ~て、次回のXZ-2は、撮影編です。(サザエさん風)(゚゚ )☆\ぽか

Olasonic完全読本 OLA-BT1 その2スピーカー接続編

オラソニック完全読本でも、実験に使われていた、BOSEのComputerMusicMonitorと接続してみました。

まずは、端末と本体を認証させます。

P5290003

電源は、ACアダプターから取りました。
今回はiPhone5sを認証させます。
一番左のボタンを長押しします。
すると、青と赤のLEDが交互に点滅しますので、それでiPhone5sでOLA-BT1の名前が出て、接続とすればすぐに使うことができます。

P5290005

青がまぶしいっす。

P5290006

再生させているのは右上のBOSE ComputerMusicMonitorです。
残念ながら左下にあるOlasonicのスピーカーは、USB-DACなので、イヤフォン端子がないのです(^^;

MACにUSBでそのまま接続してダイレクトに音を出しちゃってるので。

ベースとなるiPhoneアプリは、ハイレゾ音源が再生できる、KaiserToneという有料アプリ。1000円っす。
それでも、純正のアプリより数段良い音が聴けます。

20140529_203711

20140529_203738

ハイレゾを高音質のBluetoothで再生できるのは良いですね~
因みに、このアプリを使えば、昔のMP3からAPPLELosslessまでの音源もめっちゃ良くなります。

20140529_203850

画面は縦でも横でも対応できます。

普段はNW-ZX1をメインで聴いていますが、バッテリー切れなど(以外とNW-ZX1はバッテリーが持たない(笑))の場合、iPhoneやiPod touchで、このKaiserToneで聴きます。
WALKMAN程ではないですが、劇的に音が変わります。

P5290009

過去にオーディオ誌のオマケで保護した、Olasonicのアンプたちと。

しかし、Bluetoothイヤフォン本体接続や、スピーカー直結と比べて、このOLA-BT1経由でスピーカーで鳴らした方が数段良い音になるのは、恐るべしOlasonic技術。


続きます。

良いひとときで幸せ~(笑)

Olasonicの進撃は続く。
DIGIFI 15-17まで、連続で付録が付いて、それぞれがリンクできるシステムになるようです。


公式ガイドブック Olasonic完全読本 OLA-BT1(GETNAVI別冊/学研)

お待たせしました。
BluetoothのOLA-BT1付きのOlasonic完全読本です。

R0040661

この手の本、って普通Stereoや、StereoSound、Hi-Viと相場が決まっていますが、今回はなんとモノ系雑誌のゲットナビさん(学研)の別冊です。

R0040662

意外と薄いです。

R0040663

後ろも良い感じです。

頁を開いたとこ。

R0040664

表紙の黒から一転して、白を基調としたスマートな雑誌です。

R0040665

こちらはハコ付きの裏側。

R0040666

ハコの裏側も凝っていて、基板です。

R0040680

本書を分離させました。
この手の雑誌の組み方が慣れていないせいか?
かなりがっしり固定されているので、雑誌がゆがんでしまいましたorz
この点、オーディオ誌の方がパリっと綺麗に別れます。

R0040681

オールオブOlasonicです(^^)/

R0040682

基板の説明。

R0040683

中盤からは、各種スピーカーやイヤフォン、ヘッドフォンとの接続による聞き比べ。
など、中身も充実しています。

R0040667

本体編です。
黒を基調とした渋いパッケージです。

R0040668

開けたとこ。
うわ!ちっさ!
(すかすかの悪い意味ではありません)

R0040669

ハコです。

R0040670

なんと手のひらサイズ。
これにバッテリーと繋げば、ポータブルBluetoothアンプとなります。

R0040671

手前に、microUSBによるバッテリー電源コネクターがあります。

R0040672

それが、こちら。

R0040673

続けて、手前。
3つボタンがありますが。

R0040675

右側から、ボリューム+、ボリューム-、Bluetooth同期用スイッチとなります。

R0040676

因みに、こちらの下駄部分がBluetoothユニットとなります。

R0040678

足は、珍しくネジを含め樹脂となっています。

R0040679

足嵌めたとこ。

OlasonicはUSB DAC用スピーカーを持っていますが、音に定評があるメーカーさんで、過去こちらのブログでも紹介しましたが、雑誌の付録のUSB DACやイヤフォンアンプなど、いずれも素晴らしい音を出してくれています。

iPod touchやiPhone、WALKMAN NW-ZX1など、本体にもBluetoothを搭載していますが、こちらのOlasonic経由で音を飛ばすとどうなるか、今から楽しみです。

まずは書籍と本体の紹介を大急ぎで行わせて頂きました。

音については、いろいろ試してみたいので暫くお待ち下さい。

今回は珍しく、Amazonでもまだ残っています。

楽天ブックスさんにもあるようです。


遅咲きの高級デジカメSTYLUS XZ-2 その3保護フィルム編(OLYMPUS)

ZX-2は、タッチパネルカメラなので、まあいつも液晶保護フィルムはたいがい貼ってますが、こちらだと特に液晶に触るので、フィルムを貼ります。

R0040250

買ったのはKenkoのタイプ。

R0040251

良いものらしい(゚゚ )☆\ぽか

R0040253

こちらが内容物一式。

説明とフィルム。

青いフィルムが付いているので、前後ろわかりやすいです。

R0040254

こちらが接着面。

R0040255

こちらが保護面。

ZEAKさんの、液晶保護フィルムの貼り方教室~(笑)

R0040256

まずは、貼られる側の液晶画面部分に対し、静電気などで張り付いた綿埃などを、セロテープで丹念に落とします。

貼ります。(゚゚ )☆\ぽか
途中で綿埃とかチリなどがフィルム側に付く場合がありますが、その場合はセロテープで当該部分を触れば簡単に取れます。
あとは気泡に注意して貼ればばっちり。

R0040258

うまいこと貼れました。

R0040260

次に、表面の保護フィルムを剥がします。

R0040262

これで貼ってあるかわかんねぇべ(゚゚ )☆\ぽか


STYLUS XZ-2 その2本体編(OLYMPUS)

本体編です。

R0040189

ミラーレスのPenに似たデザインです。
カメラっぽいというのが好印象。

R0040190

斜め横から。
高級コンデジに入るので、ストラップは2点つり下げ式。
FUJIのXシリーズと違い、最初からストラップリングが付いているのは良いです(笑)

R0040192

上から。
意外としっかり作ってあります。
アクセサリーシューの両側にはステレオマイク。
左側のロゴ部分は内蔵ストロボ

R0040193

ダイヤル部分はアルミ削り出しっぽい。
残念ながら、Xシリーズと違い、記号はプリントですが。
クリック感はしっかりしていますので、移動中にモードダイヤルが変わるということはありません。

R0040194

正面から。
定評のあるズイコーレンズっす。
しかも、ワイド端F1.8、ズーム端F2.5という非常に明るいレンズを搭載しています。
なので、大口径。

レンズの左下には、デジ一風のレバーが有り、これも重宝します。

R0040195

OLYMPUSロゴ。

R0040196

グリップが標準装備されているのは好印象。
因みに、取り外しても出来るし、着せ替えグリップもあるという凝りよう。

レンズ脇にあるレバーとボタン。ボタンはFn2ということで、カスタマイズ可能。

R0040202

背面ボタンは、どのメーカーも基本同じ構成になっています。
中央部分のボタンは上下左右に選択ができて、しかも、周囲の部分が回転し、回転させて各種調整が可能です。

R0040204

ストロボ部も、一般的には安っぽく、シャキンと出るのですが、こちらのはサンダーバードメカのように重そうに出てくるので、品があります。

R0040206

裏面。
残念なのが、三脚穴。レンズの軸線から少し外れています。
レンズ下にあるのはスピーカー。
この写真でわかると思いますが、液晶部がチルトします。
オマケにタッチパネルだし。

私的には、スマホ以外の初めてのタッチパネルカメラっす。

R0040210

フルのバルアングル(回転式モニター)では無いですが、上下にシフトするので、ローアングルやハイアングル。
ウエストポイントなどで撮影が出来ます。

R0040211

R0040212

R0040213

こんな感じになります。

R0040231

あちこちのブログやカメラ情報サイトでも、イマイチ評価が低かったのが、こちら。

一般的なカメラがmicroUSBで汎用性があるのに対し、オリンパスは独自の端子なので、紛失したら換えが聞かないというのが若干気になるところ。

R0040239

こちらが本体側の端子。
USBで充電します。
最近の主流なので、あれですが、これからは汎用のmicroUSBにしてくれると、移動中の荷物が少なくて済みそうなのですが。

R0040241

こちらは、グリップを外したとこ。
印象が大きく変わりますが、つるつるしているので、グリップ必須です。

R0040242

横から

R0040243

グリップ部。
作りも滑り止め機能もしっかりしているのが好印象。

R0040247

充電開始ですが、電源を繋ぐといきなりメニューがでてきます。
ボケてますが(^^;
一番下の充電に移動させて、2時間ほど待ちます。

R0040249

充電中も、起動時も電源ボタン周りが、ブルーに光ります。

起動編に続きます。

  

何故か前モデルのZX-1の方が高かったりw


ワンダ金のラテ カプセルトミカコレクション(アサヒ飲料)

昼休みにうちの子からメールが来て、ローソンでワンダにカプセルトミカが付いてくるとのことで、仕事帰りにいつも大量にオマケを仕入れて、しかも特別コーナーを作るセブンに寄ったらあったので、保護してみましたw

P5270001

丁度テレビでもCM流しているみたいですが、金のラテは新製品のようです。
ミニカーやバイク系のオマケはブラック無糖が相場ですが、これならブラックが苦手な人でも安心して飲めますね(笑)

P5270002

こちらが、私の乗っているプリウスと同じ型式のもの(笑)

蓋開けました。

P5270003

そもそも、缶の形状からして小さいですが(笑)
ハコも付いて、輪を掛けて小さいです。

暗くて見にくいですが、土台部分にカプセルトミカの刻印もあるという凝りよう。
でも残念なのは、シールを剥がすと残念な状態になること(笑)

P5270004

白に白なのであれですが(^^;
いっちょまえにプリウスのデザインになっています。

P5270005

横から

P5270008

後ろから

でもってどのくらい小さいのかとゆうと。

P5270009

指の関節1.5本分です(^^;

指の長さって人により違うので・・・

P5270010

iPhone5sに乗せてみました。
このくらいの小ささです。

このほかに保護したのは。

P5270011

かなり売れているアクア。

P5270012

前から

P5270014

後ろから。
残念ながら、アクアの特徴である、鯉のぼりの目のストップランプは銀一色。

P5270013

もう一つは、なぜか1世代前のフィットwwwなぜなんでしょ?
不思議だ

とゆうのは、

P5270016

全体のフォルムと、このストップランプです。
最近のモデルは、ストップランプがなんちゃってボルボですが、こちらのストップランプは前のモデルの特徴的なもの。

で、もう一つが(゚゚ )☆\ぽか

P5270019

おじさんには買えないGT-R。

P5270020

こちらの方が、フィットやアクアよりも数段フォルムが良いです。

P5270021

残念ながらストップランプは色が塗っていません(笑)

このほか、プリウスαとマツダのCX-5 クラウン、ステップワゴンがあります。

Img05

取りあえず、プリウスが出ていたので買いましたが。
6月17日には、1/72スケールの日産黒のGTシリーズが出るので、そっちに期待をしましょう。


元祖Xperia Z C6603がキットカットに

FBでは紹介しましたが、先週末、元祖Xperia Zにアップデートのお知らせが来ました。

20140524_020535

どうせ、マイナーアップデートだろと思って、お出かけ中の車の待ち時間にアップデートしていたら、・・・

20140524_021723

なんと、メジャーアップデートでした(笑)

グローバルモデルなので、言語の選択画面から始まります。

20140524_021738

20140524_020521

Androidバージョン4.4.2となりました。

色々な部分が変更されていますが、それ以外にカメラの更新、カメラ内エフェクトなども追加となりました。

日本の古いXperia Zもメジャーアップデートされると良いですね。
但し、日本の場合各キャリアで、ガラパゴス独自の仕様となっているので、簡単にはいかないと思います。


遅咲きの高級デジカメSTYLUS XZ-2 その1開封編(OLYMPUS)

先月Facebookで盛り上がっていたので、ポチってしまいました(^^;
10年振りくらいのOLYMPUSです。
その前と言えば、スマートメディア(通称スマメ)を使った、かめでぃあ(CAMEDIA)1400XLだっけ?(リンクはファンサイト)
当時140万画素という先進的な大口径レンズを搭載したカメラを使っていました。(゚゚ )トオイメ

R0040172

ハコです。
上から

R0040174

横から。

R0040175

横から

発売当時6万くらいしたと思いますが、DSX-RX100が話題になり、あまり売れなかったという不遇の名機です。
昨年末頃から徐々に売れ出し、今は上位に食い込んでいます。

というのも、お値段が2万前後で推移するようになって、けっこうの人が飛びついた形になります。

開けます

R0040178

私的には、久々のOLYMPUSなので、新鮮ですw
こちら、蓋側に付いていた保証書スリーブ。

R0040180

いきなり本体。
でも、不織布に包まれているので、DSX-RX100程のおお~ってのはないです(^^;

R0040181

本体出した底部分。
周辺機器が入っています。
蓋を開けて、無粋な始めにお読み下さいとか、マニュアル類がないのは良いです。

R0040182

取説(薄い)と関連チラシ、CDとなります。
これ(薄い取説)があとで問題にww

R0040184

同梱周辺機器。
左から、ストラップ、レンズキャップ、USBケーブル(充電、データ転送兼用)、USBアダプターとバッテリー

R0040185

バッテリーです。
なんと製造は2012年9月w

1270mAh
もう少し大きなバッテリーでもよかったような。後述

R0040187

形状的にSONYのDSX-RX100と同じかと思ったら・・・w

本体編に続きます。

この値段なら、カードサイズコンデジと比べると買いです。
但し、本体の値崩れはあっても、周辺機器は安定の高さなのでw


950マソアクセス超えてました~

そろそろかなぁ~と思っていて、今朝なにげに見たら・・・

950man

950万アクセス超えておりました\(^o^)/ワーイ

うちのブログは、訪問者が秋から3月までは、毎日多数の方(5000~70000)に訪問頂きますが。
春から夏にかけては、安定の低さ(3000~5000)なので、まだ先かなと思っていました。

おかげさまで、命を繋ぐことが出来ておりますヾ(^ )コレコレ

今後ともよろしく応援お願いします。

はるか彼方から・・・

こんなん来ました~(゚゚ )☆\ぽか

R0040359

デカイですw
でもめっちゃ軽いです。

Coming Soon!!

USB DACアンプ DeFF DDA-DAC1U その4お出かけ編(DeFF)#minpos

電源はPC出力の場合、PC側から給電していますが、スマホから出力する場合、電源が別途必要になります。
とゆうことは、外部バッテリーを使えばお外でも聴けるんぢゃね?的な・・・

とゆうことで、やってみました。

R0040324

全景(笑)

17803-862-294700

R0040325

ちょい拡大。

R0040329

ダンボーさんの充電器を挿して、電源を入れてみました。
ちゃんと給電できているようです。

R0040332

みのりん(茅原実里)w

R0040336

EAGLES。

荷物は増えるけど、こういう使い方も可能。
ってことで。
意外と柔軟に使えるマシンです。
デカイけど(笑)

17803-862-294700

USB DACアンプ DeFF DDA-DAC1U その3スピーカー編(DeFF)#minpos

DeFF DDA-DAC1Uのスピーカー出力編です。
家には、いろいろスピーカーがあるので(笑)
交換して試してみました。

Dsc01332

まず、BOSE のComputer Music Monitor。
こちらは、PC若しくは、音楽プレーヤーのイヤフォンジャック経由で再生するものです。

17803-862-294687

Dsc01333

ビートルズ。

Dsc01335

BOSEはスピーカーもイヤフォンも、BOSE独自の重低音重視の味付けをしてあるので、あれですが、音の広がりはそのままWALKMANやiPhoneに繋ぐよりも良い感じで再生してくれます。

Dsc01337

いったいいくつスピーカーあるねん。
てゆうくらいあります(^^;
この後ろにも1個フォステクスのスピーカーがありますし。
毎年夏休みの自由工作(stereo誌)で、1セットずつ増えてきます(゚゚ )☆\ぽか

そのままでは鳴らないので。

Dsc01340

BUFFALOのアンプを噛ましてあります。

Dsc01339

この手のクラスだと、鎌ベイアンプが有名ですが(^^;

やはり、スピーカーの種類によって、音の広がりや重さ(重低音)に違いはありますが、どれも良い音で出ます。

続く

17803-862-294687

 


 

左が鎌ベイアンプ、右がうちにあるヤツ。
でも同梱のスピーカーは使っていません(^^;

普段はBlu-rayを見る時の出力スピーカーとして使っていますけどね。

USB DACアンプ DeFF DDA-DAC1U その2NW-ZX1試聴編(DeFF)#minpos

この DeFF DDA-DAC1U ですが、色々なパターンで聞くことができます。

まずは、iPhone/iPod touchやWALKMAN(NW-ZX1)などの音楽プレーヤーのイヤフォンジャックから、 DeFF DDA-DAC1U に接続して、増幅してイヤフォンやスピーカーから聞く。
もう一点は、PCから出力して、イヤフォンやスピーカーから聞く。

まずは、簡単に。
NW-ZX1とDeFF DDA-DAC1U をイヤフォンケーブルで繋いで再生してみました。

P5030094

みのりんの歌。
おー、音に深みと広がりが出てる。

17803-862-294685

P5030095

続けてけいおん!w
こちらも、低音が強調されて良いです。

P5030098

牧野由依ちゃん。

このほか、BEATLES、EAGLES、CLASSIC、jazzに、今流行のハイレゾ音源96kHz/24bitでも聞いてみました。

上の写真所々でボリュームが変わっていますが、主に再生するマシン本体のボリュームを大きめにしないと聞こえにくいです。
そういう意味では、これはアンプではなく。イコライザーっぽい感じと言えば良いのかな?
いちお、USB DACですが、パワーアンプ的ではないような?
使い方が悪いのかな?

つづく

17803-862-294685

ローソン限定バヤリースクールオレンジ ミンティアコラボ(アサヒ飲料)

たまたま目が合ってしまったので(笑)

R0040594

旨いのか?

まじで、旨いのか?

R0040595

・・・・(-_- )

びみょ~www

10%オレンジジュースを飲んだ直後に、なんかミンティア食べたあとの感じ。
注:本体果汁は20%です。

だめだこりゃ(by いかりや長介風)

マルチなUSB DACアンプ DeFF DDA-DAC1U その1本体編(DeFF)#minpos

みんぽす/WillViiさまから、DeFF DDA-DAC1Uをお借りしたので紹介します。

P5030073

Deffと言えば、iPhoneなどのイヤフォンに噛まして、バスブーストするものをはじめ、オーディオ機器の音質向上関連を多く取り扱っているメーカーさんです。

17803-862-294682

P5030074

横から。

P5030077

開けたとこ。
この上に取説あるんですけどね。

P5030078

アルミの美しいハコ(本体)に大きなボリュームコントローラーが付いています。

P5030080

正面。
左から、ヘッドフォンジャック:最近の人は知らない人が増えていると思いますが、こちらが一般的なジャックになります。
イヤフォンジャック:最近はこちらが主流です。
切り替えスイッチ。
オーディオソース入力端子、こちらはiPhoneやWALKMANのスピーカー端子から音源を入れる入力側になります。
右端は、電源を確認する、インジケーター。

P5030081

こちらが裏面。
左から、オーディオ出力端子。(R:右L:左)
電源コネクタ(これは、USBから給電可能)
USB端子(こちらは、PCなどからUSBで利用する端子。
右側の2つは、光ケーブルの入出力。OPTICAL:IN、 OUTとなります。

P5030082

同梱品。
左から
光ケーブル
アナログケーブル
USBmicroケーブル
USBケーブル
となります。
ACアダプターは付いていません。PC若しくは、USBコネクタ経由で電源を使います。

P5030083

同梱品でもちゃんと金メッキされているのは良いですね。

P5030084

こちらは、光端子。

P5030085

USBはノーマルのものなので、HiViなどで入手したオーディオ専用のケーブルを使って見ましょう。

P5030086

USB電源。
アンプ出力がそれほど必要ないとゆうか、PCやiPhoneなどから音を出すので、それほど高出力なパワーは本体は不要だと思います。

P5030087

こちらが、構成図となります。

P5030089

レーザー刻印による。Hi-Fi USB DAC & headphone Amplifier

P5030092

電源を入れる(コンセントやPCのUSBに繋ぐ)と、インジケーターランプが付きます。

P5030090

因みに、光ケーブルコネクタ部分も光ったりします(^^;

試聴編に続く

17803-862-294682

 

こちらが紹介したものと、DeffのiPhone(iPod touch)用の簡易アンプ

 

こちらが一般的とゆうか、良く雑誌で紹介される、ポータブルアンプ(通称ポタアン)

  

こればかりは、好みがあるので、ネットでポチるより、実店舗で、自分のマシンを持って行って、試してみることをオススメします。

ドンシャリ好きな人、重低音重視の人、高音好きとか、ある程度アンプ側でも調整できますが、好き嫌いや、重低音かけ過ぎとか、いろいろあるわけで(笑)

U.S.S.ENTERPRISE NCC-1701D Star Trek OFFICIAL STARSHIP Collection(デアゴスティーニ)

忙しくてなかなか買っている暇がなかったので、昨晩保護してきました。

R0040596

Star Trek OFFICIAL STARSHIP Collectionです。
初回は毎度お馴染み、低価格路線。

U.S.S.ENTERPRISE NCC-1701Dです。

おじさん的には、初号のNCC-1701が欲しかったのですが(^^;
そうは問屋が卸さないか。

R0040597

A4サイズの1/3位の大きさ。

R0040601

中ハコもおしゃれです。

R0040602

横から。

R0040603

台座の下の船名

R0040604

台座も倒れないように、黒い土台部分は結構重いです。

R0040605

NCC-1701D
お皿(゚゚ )☆\ぽか、居住区部分はダイカストで、こちらも持つとずしりと重いです。
機関部と推進部は樹脂です。

R0040606

学生時代夕方4時からやっていた初代版を初めて見たときにすげーびっくりしました。
その昔はロケットや宇宙船と言えば、普通の鉛筆型か、宇宙家族ロビンソンのジュピター2号のような円盤型というイメージでしたが、なんとこれは、丸い居住区を支えるようにエンジンがあって、そこから2本の推進部があるという突拍子も無いデザイン。

R0040608

特に好きだったのが、カーク船長とバルカン星人のミスター・スポック、ドクターマッコイの掛け合い。

R0040612

論理的で無いとか人の感情がわからんのか?とか
ほかにも魅力的なキャラ満載。

戦闘シーンは基本的に少なくてそこが残念ですが、フェーザーとか転送装置とかまあ、当時としては画期的なマシンの数々が出てくるわけですよ。

R0040614

D型は扁平なので、ヒラメのイメージが(゚゚ )☆\ぽか

R0040617

こちらが裏面。

R0040628

たまたま壁紙が地球だったのでw
宇宙歴◯◯◯・・・ってな(゚゚ )☆\ぽか

R0040619

次回はなんと、映画版スター・トレック(80年代カーク船長が出てきたヤツね)のNCC-1701改良型。
これは買わねば(笑)

R0040623

2号までは良心的かなっと。

今なら初回号499円とワンコインですぜぇ~

トレッキー(熱烈なスター・トレックファン)ではないので、最近のはほとんど見ていませんが、それでもかなりシリーズ化されているので、宇宙船もスター・ウォーズ以上に多いんでしょうね。

  


E-CORE LEDシーリングライトLEDH91042Y-LCその4多彩な照明編(東芝ライテック) #minpos

いよいよ明るさ確認と多彩な照明編です。
このLEDシーリングライトは、みんぽす/WillViiさまと東芝さま提供です。

最初は、カバー取り付け前に、どのような反応をするか確認しました。

Dsc01290

部屋のメイン電源を入れると、まず常夜灯が点きます。
中央部分左側。

17801-862-294679

この状態で、リモコンを電球色にします。

Dsc01291

LEDむき出しなのでかなりまぶしいです(笑)
省電力33%(デフォルト)

Dsc01292

続いて、白色。
こちらも省電力33%ですが、電球色に比べるとかなりまぶしいです。

注:LEDは明るいので、良い子はこの状態で使わないようにして下さい。

Dsc01293

こちらが、おまかせ色。
白とも白熱灯とも言えない不思議な色合いです。

Dsc01294

続けて、白熱灯50%(前後)

Dsc01295

33%
これでもむき出しだとかなり明るいです。

Dsc01296

ちょっと離れて撮りました。

Dsc01301

カバーをしてみます。(省電力33%)
うん、まぶしくないし、サークル型蛍光灯のように光ムラはありません。
全体的に光が回っています。

Dsc01302

こちらは白色タイプ。デフォルト(33%)でもかなりまぶしいです。

Dsc01304

33%(昼間)
柔らかな光になりました。

Dsc01305

こちらは、12%たぶん最低輝度かと。
(昼間)
ムーディー(笑)

Dsc01354

こちらが、楽エコモードセンサー(ミドリのランプ)
昼間だと、周りの明るさに負けまいと強く発光したようですが。

注:楽エコモードセンサーは、窓側でなく部屋の奥側に設置する必要があります。
そうしないと、外が明るい分、照明が暗くなるとか。

Dsc01395

照明を中心に撮ると、暗くなっちゃいますけど(^^;

Dsc01396

こちらがデフォルト(86%)の状態

Dsc01397

こちらがフル発光の状態。めっちゃまぶしい(笑)
注:壁紙が汚いのはご容赦下さい(汗)

Dsc02440

因みに、こちらが蛍光灯のもの。1灯のみ。
やはり電源コネクタ部分が、暗くなります。

P5050043

電球色。
こちらも、86%。
多機能なので、気分でいろいろ設定して楽しんでます。って違うかw

17801-862-294679

E-CORE LEDシーリングライトLEDH91042Y-LCその3設置編(東芝ライテック) #minpos

おまたせしました。設置編です。

みんぽす/WillViiさまと東芝さま提供です。

Dsc01281_2

たぶん、アパートには汎用のコネクタかと思います。
我が家で唯一あったもの。(再掲)

17801-862-294676

まず、コネクタとゆうか、基板を取り付けます。

Dsc01282

カチっとなるまで回した上に、二段目に押し込みます。
そうすることで、安定して固定されます。
押しが弱いと、1段しか止まらないので、危険があぶないと思います。
しっかり押し込むことが重要です。

Dsc01283

でろんと出ているものが、本体とのコネクタ。

Dsc01284

上の強調文字で、必要になると書きましたが、二段押しすることで、本体が上手くはまって固定できます。

Dsc01285

でろん、と出ていたケーブルは、こちらのコネクタに挿します。
(ピンぼけご容赦)

Dsc01287

はめたとこ。
注:まだカバーは嵌めていません。

リモコン設定をします。
電池を入れると、時間調整が必要になります。
写真のように、デフォルト(基本)は1chです。

Dsc01289

朝設置したので、9:30表記。
ちなみに、このLEDH91042Y-LCは、多機能リモコンが付いています。
このため、遮光カーテン(真っ暗になるカーテン)をしたり、雨戸を閉めたりしても、タイマー設置すれば、朝も自然に点灯して、さわやかなお目覚めができるような優れもの。
(ほかの機種はわかりませんが)

Dsc01257

電源スイッチらしきものはなく、ビデオのリモコンっぽい感じがしますが、消灯以外どこを押してもたいがい点きます。

Dsc01256

一般的には、電球色か、お好み、白色で点きますが・・・
設定1、2(写真1つ上)に好きな明るさを登録しておけば、いちいち明るさ調整をしなくても、好きな明るさになります。
それは、下にスライドさせて登録します。

Dsc01401

偶然時間が一緒なのですが(笑)
午後9:30に設定。
好きな明るさにしたら、節電86%になりました。
寝る前に軽く本を読む程度ならほどよい明るさになります。

Dsc01402

上の3つのボタンを押すと、かなり明るくて、電球色でも、節電33%でかなりまぶしいです。
注:部屋の広さにもよります。
試したのは6畳の部屋。

参考までに。

Sl02

ある程度蓄光させておくと、常夜灯部分がこのように蛍光色で発光します。
但し、昼間太陽光が届く場所においておくか、ある程度部屋の電気を点けておかないと発光しません(笑)

Sl03

横から。

長くなってしまったので、まだ続きます。

17801-862-294676

不幸中の幸い(汗)Logicoolの好感の持てる対応(Logicool)

丁度2011年12月にこちらのブログでも紹介した、LogicoolのキーボードK340マウスM525ですが、キーボードのCTRLキーが引っかかったまま、戻らなくなることが頻発しました。

それがこちら。

R0040529

R0040534

R0040536

指で戻せば戻るのですが、大切なメールがCTRLキーが押されたままになっていて、消えてしまったり(汗)

仕事中に、入力とゆうか、なんも反応しなくなったり。とまあ、支障が出るとゆうか、ストレスが溜まる訳で・・・

同時期に入手した、マウスのM525の方は、どうしたかとゆうと、スクロールローラーが上だけは反応するのですが、下にスクロール出来なくなってしまいました。
仕方ないので、暫定政権(゚゚ )☆\ぽか、暫定的に右のスクロールバーにマウスを当てて、左クリックしながらスライドさせるしかありません(^^;

こっちの方がストレス溜まるわぁ~

仕方ないので、取りあえずマウスのみ密林で同じ物があったので、ポチっちゃいましたが、念のため不具合検索したら、どうもLogicoolのキーボードは、5年保障、マウスは3年保障ということで、ダメ元でサポートに電話してみたら、ユーザー登録されていたのですぐに確認していただき、交換品を送ってくれるとの事でした。

残念ながら、キーボードはK340が製造中止とのことで、代替品としてK360Rで良いかとのことでした。
ちなみに、今のキーボードは従来型。代替品はアイソレーションタイプになってしまいますが、背に腹はかえられないので、了承。

ネットで事前にいろいろ不具合を調べて見たところ。
保証書が見つからなくても。マシン側の登録番号で緊急対応してくれるとの書込があったので、助かりました。

新しいKBとマウスが来たらまた紹介します。

不具合マシンは、送り返すか処分するということです。
まあ、持っていても使えないものなので、どっちでも良いですが。

その後の顛末も併せて紹介したいと思います。

万年筆で書きたい美しいインデックスカードその2w書いてみた

先日紹介しました、万年筆で書きたい美しいインデックスカードPrime Index Card(Unlimited Bees)ですが、リクエストがありましたので、書いて見ました。
【閲覧注意(笑)】

はじめに

R0040510

5mmメッシュ(方眼)ですが、
周囲が少し長めになっています。

R0040511

紙の中央部分には、当たりが取れるように、太線になっています。

なかなか考えて作っていますね。

とりあえず、インクが入っていた洋物系万年筆で、書いて見ました。

R0040513

ちょいアップ。

R0040514

どばどばヌラヌラ系が多いのですが、裏抜けはありません。
また、気持ち良く書けます。
135kgという厚い紙を使っているので。

R0040515

1つだけ、滲んだのは、ペリカンM800のBBに入れた、丸善復刻アテナインクのセピアだけでした。
それ以外のぬらぬらさらさら系のインクでも大丈夫でした。

まあ、1枚あたりの単価が高いので、いつもはライフのインデックスカードをジョッターに入れて使っていますけどね(笑)


時代はエコ!E-CORE LEDシーリングライトLEDH91042Y-LCその2開封編(東芝ライテック)#minpos

それでは、開封しまつ。
みんぽす/WillViiさまと東芝さま提供です。

Dsc01254

まず、リモコンがでてきました。
(後述しますが、多機能っです)

17801-862-294671

Dsc01258

本体です。
意外と軽いです。

Dsc01259

取説っす。
設置意外に、多機能リモコンがあるので、てゆうか基本読まない人で(゚゚ )☆\ぽかあほ
使って見ればわかるべ、的なぁヾ(^ )コレコレ

Dsc01260

こちらがカバーっす。
前日紹介した、17年前の(P社製)ものと比べるとずいぶん軽くなりました。

Dsc01261

本体
ぬぉー、LEDぢゃ!!!\(^o^)/ワーイ

Dsc01262

設置したらたぶん、見えなくなるので、いまのうちにw

Dsc01263

色違いがあるのは、白熱タイプと電球色タイプのものが交互に並んでいると思います。

Dsc01264

内側と外側のコネクタ部分か?

Dsc01265

こちらが、メイン電源とのコネクタ部

Dsc01267

裏面。
スポンジ部分は、外してはいけません。
クッション材になります。

Dsc01269

こちらが、コンセントに接続するベース(白い方)基板となります。
最初、この黒い(保護材)もつけるのか?どうやってつけようと思って悩みましたが、ひっくり返したら、接続時にはこれを外して云々があったので、一安心(゚゚ )☆\ぽか

Dsc01270

使うのはこちらです。
ここが表に出る方。

Dsc01271

こちらが、基板(天井)に繋がる部分。
JETさんのものです。これは、良くアダプターとか充電器とか作ってる会社ですね。

また、本体を見てみましょう。

Dsc01273

気になるのが、こちらのセンサー部。
ここで光を加減して、省電力に繋げていきます。
(後述)

Dsc01275

こちらは、常夜灯(いわゆる豆球と言われているもの)
右にある1、2というのは、大きな部屋で、2灯設置する場合に同調しないようにするためのスイッチです。

Dsc01276

取説がなくても、設置ができる説明がわかりやすく本体裏側に書いてあります。

長くなったので、設置編に続きます。

17801-862-294671

こちらが紹介しているものです。

時代はエコ!E-CORE LEDシーリングライトLEDH91042Y-LCその1設置の前編(東芝ライテック)#minpos

今回紹介するのは小物でなくて、大物かもしれません(^^;
みんぽす/WillViiさまと東芝さまの提供で、今流行のLEDシーリングライトを設置してみました。
Facebookでは一部中継しましたが、改めて、順を追って紹介します。

Dsc01247

超巨大なハコです(汗)
受け取ってびっくりでした。

17801-862-294664

東芝と言えば、「ひかぁる~ひかる、とぉ~しば~、まわぁるぅ~まわる、とぉ~しば~」のフレーズが頭から離れないのですが、最近は提供の番組でも、あまり企業の歌とか連呼しなくなりましたねぇ(゚゚ )トオイメ
別のでいけば、「たけだたけだたけだ~」とか、「ろ~と、ろ~と、ろ~とぉ~」とか、「ぶらざぁ~ぶらざぁ~」とか「ぐりこぉ、ぐりこぉ~、ぐぅ~りぃ~こぉ~」なんて、ありましたねぇ~。
閑話休題

Dsc01246

横は薄いです。
いかん!大きすぎて、足が写って(汗)

Dsc01245

設置条件とゆうか、可能機器が載っているので、一人での設置も可能です。

とは言え、ここからが、部屋中模索の旅に出ることに(滝汗)
と言いますのは、うちは注文住宅。既製品ではありません。
おまけに、電気器具(ライト類)は、親戚にお願いして、カタログから選んで設置してもらったものなので、全てがオリジナルで取り付けられています。
とゆうのは、今回あちこちの電球を外してわかったこと。

今回は、その顛末について、紹介します。

まず、第一の候補になったのが、リビング。
一番広いし、居住空間としては長く居るとこですな。

Dsc01242

しかし、このようなシャンデリア風の照明。当時は60Wの電球を使っていましたが、今は半分LEDと半分蛍光灯タイプのもの。
ちなみに、こちらはDSC-RX100で撮ったもの。

P5030001

こちらは別のカメラで撮ったもの。(こっちの方が真実カラーっす(笑))

ネジを外すだけで、簡単にコネクタ部分が見えましたが・・・

Dsc01277

でもって、このシャンデリアの付け根を外してみたら、ケーブルむき出し。
だめだこりゃ(byいかりや長介風)

ただし、シャンデリアが重いので、撮影できずw

次に、子ども部屋(だったとこ)、今はおじさんの、サティアンっす。

Dsc02439

基本どの部屋もシャンデリア風のライトを使っているのですが、勉強しやすいように子ども部屋だけは、普通のサークル型の蛍光灯を使っていました。
ここならどうだろ?とおもって、今回、家が出来てから17年くらい経って始めて取り外してみました(^^;

Dsc02440

まず、明るさチェック。明るいには明るいですが、蛍光灯なので、コネクタ部分だけ黒くなっていますね。
これ写真撮るまであまり意識していませんでした。

Dsc02442

因みに、常夜灯モード。
良く見ると、小バエとゆうか蚊とゆうか、小さな虫が沢山おりましたw

Dsc01248

どうやって外すのか、悩みましたが、回せば外れるようですw

Dsc01250

長年犠牲になった虫さんたち。(-人-)合掌
この際なので、綺麗に出来て良かったw

Dsc01251

これ、ちょっと簡単に取り外しとゆうか、差し替えできそうぢゃね?

Dsc01252

外したとこ。
こちらにも虫さんが多数集団自殺して(-人-)合掌

Dsc01253

外したとこ。

ちょっとこれも特殊例なので、取り付けには新たな部品が必要そうっとゆうわけで、掃除しただけでまた元に戻しました(T-T)/

我が家って、もしかしたら全部屋オリジナルか?と思っていたところ・・・
ふとひらめいたのが、寝室。

Dsc01278

こちらは、新しい家に来る前に使っていたシャンデリア。
こちらも、LEDと半分蛍光灯を使ったもの。
とゆうか、電球色のLEDって意外と暗いのね。(初期型)
なので、明るさを補助するために、電球タイプの蛍光灯を使っています。

Dsc01279

根元を見ると・・・\(^o^)/ワーイ対応できそうぢゃん。

Dsc01281

とゆう訳で、無事設置箇所が見つかりました。
ここまでで連休2日消費(゚゚ )☆\ぽかあほ

続きます。

17801-862-294664

em.com/e/cm?t=niftycom073-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00DUN4QEU&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0">  

このくらいのお値段で、低消費電力しかも、めっちゃ明るいし、気分で色が変えられるのでかなりオススメ。
型番により値段がびみょーに違います。あとはリモコンの有無とかリモコン機能などにより差があります。

ご注意下さい。


3点タイプのカメラ用水準器(メーカー不詳)

あるところのポイントが切れるとの通知が来たのですが、普段滅多に使わないサイトなのと、魅力的なものがほとんどなかったので、無料で保護(笑)

R0039546

ちょっと怪しいですが。

R0039547

縦横の水平がわかります。
最近では、カメラに水準が付いているので特に必要ないと言えば必要ないのですが(^^;

R0039549

流石に安いものなので、ちょっと気泡とゆうか、枠線が甘いような気がしますが、まあないよりはマシとゆうことで。

R0039550

なんとかして、DSC-QX100/10につけようかと(゚゚ )☆\ぽか

   

カメラ機器メーカーのだとお高いですね。


万年筆で書きたい美しいインデックスカードPrime Index Card(Unlimited Bees)

面白そうなものを発見したので保護してみました。

R0039715

インデックスカードです。

R0039716

こちらがチラシ(笑)
「紙とペン」で書くことが楽しくなる、極上の筆記特性。
このフレーズに釣られましたw

R0039717

プライムインデックスカードというらしい。
A6、A5両方とも一回り小さめに作ってあるので、文庫サイズあるいはA5サイズのノートやメモ帳、手帳などに収納できるようになっているとか。

25枚なので、ちと高いかw

でも、まだ開けてません(゚゚ )☆\ぽか

書き心地はまた別の機会に。ヾ(^ )コレコレ


ダッシュ四駆郎ダッシュ&ウイリー!ミニ四駆 (ダイドードリンコ)

昨日暑かったので、シュワシュワするものをと思って、出先のセブンで発見。
この年代ではありませんが、うちの甥が小さい頃に嵌まったものです。
(うちの子の頃は、爆走兄弟!烈&豪の時代です)
なので、おじさん的には、見ても良くわからないのですが(^^;

R0040485

とりあえず、一番手前にあったものを

R0040482

どうも8種類ラインナップされているようです。
太陽って書いてありますが、本体小冊子を見ると、バーニングサンと書いてありました。

R0040486

箱絵には記憶があります。
そう言えば、またミニ四駆って復活しているみたいですね。
アニメはないけど。
今きっと今再放送すればもっと売れるのに

R0040487

白だと、単に未来の車みたいっすね。

R0040488

後ろから

R0040489

背景が白なので飛んじゃってるか(^^;

R0040490

こんなシールが付いています。
カスタムしろとw

R0040491

とゆうわけで、絵を見ながら貼ってみました。
こうなると、雰囲気出てきますね。

あー、シールとゆうかミニカーが小さいのでカッターかピンセット、若しくは爪楊枝があると貼りやすいです。

R0040492

コロコロコミックとタミヤのシールはてきとー。

R0040493

後ろから。

R0040494

これがシールの見本。

R0040496

全8種類です。

R0040498

ダッシュとウイリーとなっています。

R0040499

こんな状態でも走りますが。
通常のオマケのチョロQ走りではなく、・・・

R0040500

後輪の中央に、弾み車があって、手に持って数回車を床で滑らせて回転速度を上げて手を離すとダッシュしたり、ウイリー走行をしてくれます。

まあ、全部制覇する予定はないっす(^^;

Mini DisplayPort to HDMI Adapterにしてみた

MacBook Air(MacBook Pro)を外付けのDisplayに接続するのに、前はデジタルポート経由で繋げていたのですが、接触が悪くなったのか、たまに認識しなくなったり、認識したりと不安定なので・・・

ちなみに、DELLのXPSもこのminiDisplayPortを採用しているので、マルチで使えます。

R0039995

こんなのを買ってみた。

R0039994

ケーブル長はいろいろあったが、50cmぢゃ短いので1.5m程度のものに。
すこぶる安定した。

  

それにしても、安いw
どれを買ったか忘れた(゚゚ )☆\ぽか

前に使っていたのがこれ。

DLP フルHDホームプロジェクターMH680その2映像編(BenQ)

MH680を恒例の壁に映してみました。
基本的に手持ち(購入)のBlu-rayを表示してみましたが、映像とゆうか映画自体が古いもののため、画質面で劣化(リマスターされていないものもあったり)するので、難しいですね。

Dsc02197

メイン画面(笑)

Dsc02201

ご存じ、スター・ウォーズエピソード4です。

Dsc02208

意外と綺麗に出ます。

Dsc02242

デススターが惑星を破壊するシーン

Dsc02254

ミレニアムファルコンがデススターに捕まったとこ。
けっこう細かな所まで表示できるので良いです。

Dsc02256

続けて、アラビアのロレンス
ロレンスが始めて砂漠を行くとこ。

Dsc02258

写真だとあれですが、かなり細かく見えます。

Dsc02261

壁が汚いので濁って見えますが(汗)
砂漠の風紋なども綺麗に出ます。

Dsc02268

ダイハード1マクレーン刑事です。
この映画は全体的に暗いシーンが多いのですが、表示は良いです。

Dsc02273

子どもが買ったガールズ&パンツァーの最終話。
ダージリンさんとオレンジペコさん。

Dsc02282

CGですが、綺麗に砲撃の煙が出てます。

Dsc02288

西住殿と秋山殿(笑)

Dsc02315

こちらは平成ガメラ1
福岡に上陸したとこ。

Dsc02339

捕まったギャオスが光線をはく瞬間

Dsc02375

トラ!トラ!トラ!(1970年)の真珠湾攻撃に向かう97式艦攻

Dsc02406

魚雷投下の瞬間。

Dsc02428

撃たれた99式艦爆

意外と表示のクオリティ高いです。


(映画並びに映像は著作権があるので、問題がある場合はコメント下さい。削除します。

Gillette フュージョンプログライド サッカージャパンモデル(Gillette P&G Japan)

以前使っていた、Gillettefusionが壊れてしまったので、先日買ったばかりなのですが、(汗)


今回、香川真司モデルとゆうか、サッカー日本代表応援モデル。
グリップに日本のロゴが付いたもの(笑)が出ているようです。

こんな事なら少し待ってから買えば良かった(゚゚ )☆\ぽか


日本限定モデル並びにキャンペーンサイトで、上の動画が見られない方は、こちら

香川の小さい頃のビデオもちらっと。

さあ、みんなで日本代表を応援しようノ
てゆうか、でもブラジルの本大会の日本チームの会場がまだ出来ていないとか、治安がスゲー悪いとか評判が良くないのですが(汗)

こちらの紹介は、P&G JapanとGilletteのプロモーションです。

DLP フルHDホームプロジェクターMH680その1本体編(BenQ)

以前、みんぽす/WillViiさまより、BenQのハイビジョンプロジェクターをお借りして、会社にホレホレしたら、最新型がでているとのことで、MH680を保護しました。

R0039657

ハコです。
以前お借りしたものより一回り小さくなっています。

R0039658

型番w

R0039660

廉価版になったため、ケースは附属していないようです。

R0039661

左から本体、リモコン、電源ケーブル、アナログPCケーブルと取説。

R0039662

一回り小さくなっていますが、ボタン類の並びは同じ。

R0039663

コネクタ類。
HDMIは1つのみです。
そのほかには、アナログPCコネクタが2つに、従来のビデオ端子とS端子。
ま、廉価版ですから。
これだけあれば、対応は十分でしょう。

上が黒ですが、正面は白となっています。
右はリモコン受光部。

R0039665

こちらもワイド系のレンズとなっています。

R0039670

フロントパネルの操作部。
基本操作は前のものと同じ。
左がメイン電源。
中央がモード変更並びに決定ボタン。
左上が設定メニューで、左右ボタンが内蔵スピーカーのボリュームアップダウンに各種選択のボタン。
上下ボタンが台形とゆうか画面調整ボタン。

R0039671

最初に起動させたときに、言語設定があります。
かなり明るくて(3000ルーメン)、綺麗な画面です。

R0039672

画面とゆうかカメラで撮ると見にくいですが、川を鮎の稚魚が遡上するようす。
このようなシーンは、今までの古いプロジェクターだと画面がぼーっとして稚魚が見えませんが、今度のMH680だとはっきりくっきり見えます。

R0039673

岩の再現性も細部まではっきり見えます。

R0039675

水の質感も良いです。

R0039677

レンズは出ないタイプになります。

映画編に続く(笑)

BenQのハイビジョンプロジェクターの唯一の問題は、HDMIで接続して内蔵スピーカーで再生すると音がでかいこと(^^;
これは改善されていません。
まあ、ホールや会議室で見せる時には良いですが、家庭では別途スピーカーに繋いで音を調整する方が良いかと思います。


 

左が今回紹介したもの、右が以前紹介したもの。
だいぶ価格が下がってきましたね。


SEIN (SIGMA) #SIGMA #CAMERA

R0040339

SIGMAさんから、先日なにやら封筒が来たので開けてみたら・・・

R0040340

SIGMAさんが作った小冊子、SEIN(ザイン)でした。

R0040341

こちらがコンテンツ

R0040342

巻頭は、ダンディ山木社長のインタビュー

なかなか、濃い内容で、今後の展開が楽しみです。

ほかには美しい写真と大橋トリオさんのインタビューも載っています。

R0040343

早くお目にかかりたい、DP2 Quarto

SIGMA登録者(本体若しくはレンズどちらか2本以上だったかな?)に無料で送ってくれるそうです。


トロピカーナSqueeze手しぼり果実感(キリンビバレッジ)

この前は、アサヒのレモネード特濃にやられましたが(笑)

R0040313

トロピカーナでも似たようなのが出ていたので、買ってみました。

R0040314

こちらのは普通のお値段。
手しぼり果実感

因みに、

R0040315

果汁成分は12%なので、こちらの方が2%お得(笑)

R0040316

まるで手しぼりしたようなジューシーな果実感とあります。
確かにこくがある感じがします。

檸檬とグレープフルーツなので、一概に比較はできませんが、こちらも果実パルプ入り。

苦みと果実感は、レモネード特濃の方が上ですが。
店によってはもう入手不可の店も増えているので、こちらもオススメです。

iPadなどを持ち運びしやすいtabrioに入れるもの編(キングジム)

昨日紹介したタブリオですが、どんだけ入るかとゆうか、どんなものを入れているか紹介します。
(メーカー推奨だと、タブレットにノート、筆記具等になっています)

R0039783

まず、裏面にはiPad mini

R0039785

表面には、Xperia Z ultra C6833を入れています。

R0039785_2

光っていたので、改めて(笑)

R0039786

ポケットに、iPhone5sかXperia Zを入れています(笑)

普段、どの機器もケースに入れる事は無く無造作に鞄に入れているので、液晶保護フィルムに傷が付いたりするのね。
風呂蓋は嫌いだし。
とゆうわけで、一度に3台持ち運べますヾ(^ )コレコレ
出し入れが楽なので、Xperia Z ultra の所に、A5のノートを入れることもあります。

気分で入れ替えられて、ハンドル(持ち手)があるのが便利です。


iPadなどを持ち運びしやすいtabrio(キングジム)

だいぶ前に入手したのですが(゚゚ )☆\ぽか

R0039774

タブリオです。

R0039775

作っているとゆうか売ってるのは、隙間産業で快進撃をしている、キングジムさんです。

これ一昨年?あたりに出たのですが、当時はあまり食指が動かなくて(^^;
文具店のバーゲンで再会。保護しました。

R0039776

筆記具、ノート、タブレットにケーブル類がまとめて入れられる優れもの。

R0039777

こちらが入れた図。

R0039778

黒もあったのですが、わかりやすいように赤にしました(笑)
鞄の中でも、机の上でもすぐにわかるようにw

R0039779

横から見たとこ。
二段ポケットがあります。
下が膨らんでいますが、緩衝材が入っています。
ここにイヤフォンやら充電ケーブルやら入れます。

ちょっとミッキーマウスっぽい色合いですね(笑)

R0039780

裏面は、ポケット一つ。

R0039781

このロゴが入っているタグのようなところが、ペンホルダーになっています。

続く

 

紹介した赤と黒と鼠色(灰色)があります。
あと、MとSがあって、紹介しているのはSです。
iPad mini等が入る方ね。

  

他社からも類似のものは沢山出ていますが、いずれもジッパーで開け閉めするので、それならいくつか持っているので(笑)

筆ペン風蛍光ペンBRUSH HITE サッと(呉竹) 

筆ペンの呉竹から蛍光ペンが出ていたので面白そうなので買ってみました。

R0040281

本当はピンクかオレンジが良かったのですが、生憎売り切れ(笑)

R0040283

最近呉竹もいろいろ頑張っていますね。

R0040284

ブラッシュハイライトだけの方がカッコイイのですが、「サッと」というのがダサい(笑)

R0040285

筆ペン風です。

R0040286

立てると細字
寝かすと太字。
筆deまんねん風ヾ(^ )コレコレ

R0040301

薄いのでフォトショで強調させています。

ぺんてるからも着せ替えペンが登場(ぺんてる)

PILOTのコレトが快進撃しており、それに追随する形で、三菱も出てきました。
遅ればせながら、ぺんてるからも着せ替えペンが登場。
初回限定版は、初音ミクコラボ(笑)
3本用は売り切れていたので、5本用を保護w

R0040290

まあ、会社用なのでww
とても打合せには使えませんwww

R0040291

こんな絵。
てゆうか、ほかの軸も非常に安っぽかったので、だったらしゃれでこれが良いかなっと。(゚゚ )☆\ぽか

R0040294

こちらが中身(笑)

R0040288

これが、今回保護したボールペン類。

R0040289

1本多いですが(笑)
左から、Slcciesシリーズのゲルインキペン。オレンジ、ブルーブラック、ミルクブルー
もう一つが、定評あるビクーニャ(VICUNA)青、黒、赤
となります。
おじさんは、太い方が良いので、0.5mmをチョイス。
細い字なんてチマチマ書けねぇし(゚゚ )☆\ぽか

R0040296

入れたとこ。

R0040297

こんな感じになります。
同じような色だとわからなくなるのが、三菱とぺんてる。
コレトは、ノック部ごと色が付いているのでわかりやすいのですが、この辺は特許があるのでねぇ。

R0040302

上が三菱のもの。
三菱はジェットストリームが入ってて書きやすいんですけどねぇ。

R0040306

何故か知らないけど、ノック部に穴が空いています。

これは・・・

R0040307

こんな感じで、イヤフォンアクセサリーを挿すことが出来ます。
って、意味あるのか?(笑)

まあ、JCやJKには良いのかwww

R0040299

昨日紹介したシローロディアに書いてみました。
ブルーブラックとオレンジが良い感じ。
ビクーニャは、かすれました。
ぺんてるはゲルインクの方が好きだな。


白いロディアなので、シローディア(゚゚ )☆\ぽか(RHODIA)

LOFTで先行発売されていたので、10%オフと言うこともあり。保護してみました。

R0040269

買ったのは、No.13とNo.16

R0040271

こちらが、裏面。

オレンジロディアに黒ロディア(クローディア)がありましたが、今度のシローディアは、

R0040270

グレーの罫になります。
目に優しい。

従来のロディアって、紺の罫ですが、日焼けするとピンクになっちゃうのね。
こちらは大丈夫かな?

R0040272

銀ロゴとゆうか、文字が綺麗です。

同時に、ロディアカバーセット(ビニール系)が出ていたのですが、めっちゃ高かったので、買いませんでした(笑)

近日市場に出るかと。


BAG HANGER (Lihit LAB)

ハンガー繋がりで(笑)
茶店とかFFとかに行くと、混んでる場合鞄を置く場所がないのよねん。
とゆうわけで、・・・

R0040273

バッグハンガー(大山ドラえもん風)

R0040276

以前もハードボイルドなバッグハンガー(ミドリ)を紹介しましたがw
あれは、打合せ用の重い鞄をぶら下げるのに、ビジネスバッグに入れっぱなしなのでw

こちらは、最過重5kgなので、お出かけバッグに入れとこうかと。

R0040278

こんな感じでぶらさげます。

R0040279

多少傾斜がある机だと、フックの横に過重がかかるようにもなります。
この際は、3kgまでとか。
パソコン入れて持ち歩かなければ、大丈夫(゚゚ )☆\ぽか

R0040280

持ち歩く用でなく、定位置に固定したい場合はシールもあります。

こういう系って、女性向けのが多いのですが、これなら安心。
てゆうか、オレンジだから買ったとゆう(笑)
ほかに、黒、グレーなどがあります。


これからの時期にポータブルスーツハンガー(セイムトゥー)

夏までは打合せとかにスーツのジャケットを着て移動するのですが、移動中はべつに着ていなくてもとゆうことで。

R0037898

ポータブルスーツハンガー(大山ドラえもん風に)
どうも法政大学とのコラボ商品のようです。

R0037900

こちらが取り付けの仕方。

R0037908

出してみました。

コの字型の金属です。
ちょっと重量感がありますがw

R0037907

棒の部分には、スーツが滑り落ちないように、メッシュっぽいゴムシートが貼ってあります。

R0037909

ワの形をした部分をバッグの持ち手にひっかけます。
TUMIだとちょっとギリって感じですが、このようにして暑い夏を乗り切りましょうwww


 

買ったのは昨年秋だった上に、セールだったので安かったです(笑)
でも、季節的には今の方が良いと思い、うpが遅れましたw

誰でもうまく書ける訳ではない(゚゚ )☆\ぽか 筆まかせ(PILOT)

最近増えつつある、ふでペン風の筆記具。

R0039745

筆まかせです。

R0039747

入門用と書いてあります。
苦手な方でも書きやすいとあるので、買ってみました(笑)

R0039748

オレンジがあったから(゚゚ )☆\ぽか

R0039749

筆ペンというよりも、サインペンですね。

R0039750

インク残量が確認できます。

R0039751

書いてみましたが・・・・www

R0039753

誰でも上手に筆文字が書けるわけではないようです(汗)
お粗末様でした(゚゚ )☆\ぽか

  

なんかサイズがいろいろあるようです。
知らなかったヾ(^ )コレコレ


ツバメノート×ファンタジア(ツバメノート)

昨日はドラえもんを紹介しましたが、少し前のモデル(笑)

R0039725

ディズニーのファンタジアです。

R0039725_2

一番有名な、魔法使いの弟子のシーン。

R0039726

下の部分は、魔法の呪文の本と魔法使いが使っている帽子、それと、バケツです。

R0039727

角の部分は、ミッキーが箒(ホウキ)に呪文をかけ、バケツで水くみをさせているシーン。
凝ってます。

R0039728

こちらにはちゃんとディズニーの許諾証がプリントされています。

R0039729

裏側にもちゃんと違いがありますね。
上はドラえもん。

R0039730

ドラえもんとミッキーをならべてみました。

R0039731

びみょーに違います。

R0039732

横の罫部分。


ツバメノート×ドラえもんコラボバージョン(ツバメノート)

最近はツバメノートも色々なキャラクターとコラボしたノートを出しています。

R0039720

まずはドラえもん
ドラえもんシリーズは、複数出ているので、とりあえず人気のとゆうか1冊しか残っていなかった四次元ポケットバージョンを保護。

R0039721

ドラえもんのアップ。
英語のコメントとゆうか解説が良いです。

で、意外だったのが・・・

R0039722

大学ノートの周りの飾りも、ドラえもんしています。
まずは下の部分、どこでもドアとジャイアンの歌らしいシルエットが。

R0039733


上の飾りは、ドラえもんの鈴と左右にドラえもんのシルエットがあります。
凝ってます。

R0039723

意外だったのは、ショウワノートとのコラボ。
たぶん版権の関係でしょうか?

チープなハンディワイヤーロック

某ショップのポイントが切れてしまうということで、ほぼ無料で保護。

R0039314

こんなんで保護できるかというのは置いといて(笑)
1個だと思ったら2個セットでした。

R0039315

結構伸びるので、荷物を置いたまま航空カウンターに行くときとか椅子に巻き付けておけば大丈夫かな?
てはならないでしょうね(笑)

R0039316

好きな番号には替えられる用ですが、いかんせんチープだ。
100均レベルって感じかな?

無料だから良しとしましょう。
取りあえず、スーツケースの中に放り込んでおきます。

ジークフリート戦線に異常あり(゚゚ )☆\ぽか

私的のブログは、秋から春にかけて、手帳やら万年筆やら文房具などで訪問される方が急増して、その後春から夏にかけてはおとなしく推移します。

NIFTYのブログの管理が今年になって大幅に仕様変更されたので、どうやって調べているのかわかりませんが、男女比とか年代構成比なども見ることができるようになりました。

あー別にハンドル名をジークフリートから取ったわけではないですがw

でもって、こちらが3月分

1403gatsu_2

なんと、男女比で女性の方が1.3%多いです。

年代比では、30代、40代が中心です。

ところが、4月分を見ると

1404gatsu_3

女性が27,4%と大きく後退し、男性が72.6%となっています。
まあ、こちらが順当な訪問者ではないかなと思いますが(笑)

年代比は特に大きな差は無いですが、こんなのが見えちゃうんですね。
恐るべしネット社会。

ちなみに、お父さん名義のスマホを奥さんが使っていたら、男にカウントされるのかな?(笑)

ダンボーストラップ(コトブキヤ)

4月下旬にダンボーストラップが出たので紹介します。

R0040130

ちっちゃいです。
表から。

R0040131

裏から

R0040132

イモムシ状のものは、イヤフォンジャックに挿すやつ。
iPhoneだと、下なので抜けそう?

R0040134

ダンボーアップ。

小さい割に

R0040133

手だけ動きます。
そのうち取れそうですが(^^;

R0040135

ダンボーミニと。
こんだけちいさい(笑)

R0040136

よつばちゃんとならべても小さい。

R0040137

取りあえず、ガラケーのストラップにはめてみました。

Amazonでもまだあるかな?


アサヒのレモネード特濃(アサヒ飲料)

コンビニで私を呼んでいるものがあったので、保護してみました(゚゚ )☆\ぽか

R0040166

特濃!
なにこれwww

R0040167

オーダーメイド果汁を使用。
果肉だけでなく、果皮まで丸ごと潰す!

R0040168

しかも、濃くて、おいしい
と書いてある。

けど、果汁10%www

少しお高いけど、ん、めっちゃ濃い上に、苦みが残っていて、10%とは思えない後味。
しかもうまい。

数量限定に弱いZEAKさんでした。


フィルムスキャナーFS-1401その2取り込み編(YASICA)

フィルムスキャナーの続きです。

20140318_203523

自動で取り込んでくれると思ったら(笑)
完全手動です。
ま、1万しないものですからねぇ。
フィルムの裏表を間違えないようにする必要がありますが、その辺は試行錯誤して下さい。

液晶は付いていますが・・・

20140318_203517

向きが悪いらしく、上から目線では、ネガみたいに見えますwww
ま、この辺は3980円(売価5000円)ですから。大目に見ましょう。

20140318_203513

写真は私的に3世代前に乗ってたいすゞビッグホーンLT、2代目マイナーチェンジモデル(ディーゼルターボエンジン)

画面上で露出補正とかいろいろできるようですが、フィルム本数が多いのと、2.4inchのモニターではわかりにくいので、基本オートで取り込んで、必要ならフォトショップで加工すればいいやと思って、そのまま取り込んでいます。

デジカメと違って、露出やシャッタースピードなどを間違えて撮った当時のカメラでは、プリントを見ても綺麗にプリントされていないので、Photoshopっでも補正しきれないものも多いです。

その辺は仕方ないですが、20年や30年前の写真をネガが黴たり、劣化する前に電子化出来ればという意識でやっています。

Pict0036

こちらが取り込んだもの。
リサイズ圧縮のみです。
綺麗に撮れているものだと、1400万画素なので、1枚2MB程度ですがそこそこ撮れるようです。

Pict0005

こちらも相当古いカメラです。

Pict0024

USJが出来てすぐに行った時に撮った写真。
カメラの性能が良くて、比較的新しいものだとそこそこ綺麗にscanできるようです。

Pict0025

裏側

いずれも、スキャンしたままの状態をPhotoshopでリサイズのみしたもの。
44**pixelから1280pixelにリサイズ圧縮。

フィルムやカメラの善し悪し、フィルム撮影年次の古さなどの影響を受けます。
あと、フィルムに付いた指紋や綿埃などもそのままスキャンしてしまうので、読み込み時にはフィルムの清掃ならびにキャプチャマシンスキャン部分の清掃を行ってからスキャンするのをオススメします。

あと、ハーフサイズ非対応ですが、当時京セラのSAMURAIをメインで使っていた関係(フィルム代けちる意味でも(笑))もあって、ハーフサイズ沢山あるのですが、とりあえず、1.5枚程度scan出来るので、取り込むだけとりこんでおいて、Photoshopで切り分けすれば良いかなっと思っています。
時間かかるけど(笑)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ