« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

タフなGショックのRANGEMAN(CASIO)

本当は昨年秋に保護したのですが(^^;
なかなか紹介する機会がなくて(゚゚ )☆\ぽか

R0038424

箱です。
たぶん普通のかと。
そもそもGショックは、あまり持って無くて。
以前紹介したのは、子どもにあげちゃったし。

R0038425

蓋をあけるとかなり分厚いマニュアルが。

R0038426

更に箱。

R0038427

でか!(笑)

Gショック初のトリプルセンサー搭載。
いや、昔は別のアウトドア用シリーズプロトレックというのがあって、それにはトリプルセンサー搭載のがあったのですけどね。

その割には軽いです。

R0038450

いつも使っているダイバーウォッチの、キネテック(振動による自動充電)のが204g

R0038451

こちらのレンジマンが93gですから、大きい割にはめっちゃ軽いです(笑)

R0038452

昔からアウトドア系の腕時計ばかり使っていますが、ベルトが経年変化で切れてしまうのが難点でしたが、こちらのは、カーボンファイバー折込みのベルトになっているので、少しは持ちが良いかな?

因みに見えているボタンは、ライトです。

R0038454

こちらがボタン類ですが、手袋をはめていても押せるくらいタフな仕様となっています。

中央のボタンが、気圧(気温)、高度、方位が調べられるボタンです。
押す度に音が変わるので、今なんのモードかわかるのが良いです。

前のプロトレックシリーズは、左下の汎用ボタンを押すので面倒でしたが、今回のは通常時間表示モードからこのボタンを押すだけでセンサー機能が確認できるという優れものです。

R0038455

一般的なモード選択はこの左端にあるボタンになります。
時刻、世界時計、ストップウォッチ、タイマーなど押す度に変わります。

R0038701

ベルトのリングも分厚いです。

R0038703

裏面。
イメージの山猫?

Amazonだと、4000円位のポイントがつくのでオススメです。

オール東宝怪獣大図鑑、図鑑ではなく貴重な写真集(洋泉社)

表紙を開田裕治先生が描いているこのムック。

R0039946

お子様向けの図鑑ではありません。

R0039947

こちらが裏面。

ゴジラ映画が終焉を迎え、(今年はUS版ゴジラがハリウッドで公開されますが)CG全盛となってしまい。
かつての手作り感や着ぐるみというジャンルが消えつつある今日。

昭和20年代後半から、平成まで東宝で作られた特撮映画のうち、怪獣を中心とした図鑑となっていますが。

R0039948

お子様向けっぽいのは巻頭カラーページくらい(笑)

後は、当時のスチルや製作風景などを中心とした写真集となっています。

R0039949

写真は撮りませんでしたが、見たことがない(初めて見る)スチルも結構入っていて、また、当時の製作者やスタッフの方のコメント、特撮好きの作家さんから監督からのコメントもあり、かなり見どころ満載の図鑑です。

R0039950

イラストレーターの西川伸司先生の絵も入っているし。
まあ、至れり尽くせりの本です。

特撮(特に怪獣)の歴史的な資料としても貴重なものです。
ほとんどのページが写真で埋まっているのも良いです。

簡易版の印刷なので、この手の本としてはかなり豪華かつリーズナブルです。
普通この内容でA4サイズになってハードカバーだと4000円位しますからねぇ。

今更ながらSTAR WARS THE COMPLETE SAGA Blu-rayを保護

先日、デアゴスティーニのスター・ウォーズ(ミレニアムファルコン)を保護したと書きましたが、無性(久々)にスター・ウォーズが見たくなったので、DVDレンタルという手もありましたが、どうせ見るなら美しいBlu-rayが良いかなとゆうことで、半額(Amazonで)になっていたスター・ウォーズ ザ・コンプリート サーガを保護しました。
ポイント使って更にお安く(笑)

R0039683

特典ディスク3枚の9枚組

R0039686

裏面。
これは紙の説明なので、外すと・・・

R0039687

エピソードIVでルーク・スカイウォーカーが住んでいた家が描かれています。
全て油絵。

R0039688

ブックスタイルのパッケージ。

R0039689

並びは、公開順ではなくて、エピソード順。
しかも、主人公ではなくて、ディスクの絵はみんな脇役。

R0039690

ドゥークー伯爵

R0039691

元パルパティーン最高議長

R0039692

サー・アレック・ギネス版、オビ=ワン・ケノービ
劇場公開は、これが第1作。
学生の頃だったwww

R0039693

チューバッカ、おまけに雪の絵だし。
凝ってます。

R0039694

最後は、ダース・ベイダー
と、主役が一人も出てこないイラスト群

R0039695

特典ディスクは、C3PO

R0039696

ランド・カリシアン

R0039697

最後のディスクはR2-D2
映画を通して、全部出ているのは、このR2-D2とC3POのみ。

R0039698

こちらはブックレット。

R0039699

それぞれのシーンが油絵で描かれています

R0039700

冊子のポケットにも各エピソードのキャラクターがまんべんなく出ています。

20140312_203010

DVD版も少し持っていますが、流石Blu-ray。
クオリティ高いです。
訳とゆうか字幕も見やすくなっているし、音もめっちゃ良いし。
(これ見ると、ドルビープロロジックサラウンドプロセッサーが欲しくなります)ヾ(^ )コレコレ

20140312_203505

映像はいずれも、エピソード1のもの。

 

スター・ウォーズ関連のBlu-rayやDVDは色々出ていますが、個別に買うよりも、まとまっていた方が安かったので(^^;


立てて使える筆箱NEO CRITZミッキーマウスバージョン(コクヨ)

立てて使える筆箱のネオクリッツにミッキーマウスバージョンがありました。
(うちの神さんが)保護したので、紹介します。

R0039444

お馴染み、黒に赤の誰が見てもミッキーマウスとわかる雰囲気。

R0039445

おしりには、ちゃんとしっぽがあります。

R0039447

開けたとこ。
開けてもミッキー(笑)

上の部分を倒すと・・・

R0039448

お耳が出てきます。
わかりにくい?

R0039449

これでどーだ(゚゚ )☆\ぽか

だから何とゆう突っ込みはなしで。
そもそも、おじさんのものではなく、うちの神さんのものですから(汗)

ちなみに、文具店の3割引セールで保護したのでめっちゃ安く買えました。

アマゾンのリンクにはドナルドしかなかった(^^;

楽天もどこでも売り切れのようです。
お近くのショップで予約してみて下さい。


タイムトンネル BOX2 THE TIME TUNNEL DVD COLLECTORS BOX VOL.2

年末(年始?)に、コレクターズボックスVOL1を紹介しましたが、後半を入手したので紹介します。

タイムトンネルは、おじさんが子どもの頃にはまった、オトナ向けのTVドラマです。
宇宙家族ロビンソンや海底科学作戦(原子力潜水艦シービュー号)などの作品で知られているアーウィンアレンの作品で、タイムトンネルを通じて、過去や未来に行けるというお話です。

R0039931

こちらがBOX2です。

R0039932

横から

R0039933

こちらが裏面とゆうか、帯ね。

R0039934

パッケージの絵。

R0039936

こちらが裏面。
ストーリーは、米国放映の16話から30話分です。

R0039935

盤面はこんな感じ。

R0039937

今回も冊子が付いてきています。

内容は入手してのお楽しみとして。(笑)
チラ見せが・・・

R0039938

昔発売されていたタイムトンネルのプラモデル。
友人が持っていたのが、羨ましかった。
プラモデルは、タイムトンネルの装置と操作部からなっていて、ポジスライドが付いていて、後ろから電球を光らせるとタイムトンネルのシーンが見られるというもの。

後に、この金型を使って、ガッチャマンのプラモデルとして再販までは記憶にあります。

タイムトンネルのストーリーは余り深くは言いませんが、予算打ち切り、廃止と議会から言われて、科学者のトニー・ニューマン博士が自ら不安定なタイムトンネルを使って、時限の旅に出かけてしまいます。
それを救うため、ダグ・フィリップス博士がまた時限の中に飛び立って、永遠に時代をさまよう訳です。

これが大ヒットしたのは、毎回色々な時代の出来事に遭遇して、生でその時代を体験することです。

基本的に、過去は変えられないという意識(思想)は踏襲しながらも、今の時代から考えると矛盾する点が結構あります。
ある回では、トニーの親に直接会うとか(笑)
今だと、タイムパラドックスという考え方が生きているのであれですが。
VOL1のオマケで付いてきた、最近作られたタイムトンネル(米TVドラマの1部)では、この辺がちゃんと入っていて、親(祖父)と会っても、自分の素性は明かさないなど、現代の理論に基づいたドラマが入っています。

とは言え、出発した当時の服装で、毎回色々な時代に飛ばされるのですが、時にはその時代の服を着て違和感を無くすようなシーンがありますが、毎回転送される時には、元の服に戻っているってどうよ。とか、食事や金はどうしているのよ。という、当時は考えも付かずに思って毎回o(^-^)oワクワク見ていたのですが、今の目で見れば部分的なあらが見えてきたりします。

結局2クール(30話)で終わってしまいますが、それは毎回時代設定が違うため、ハリウッドの映画を流用するにしても、お金が半端ねぇかかるのね。
それで、視聴率が高かったにもかかわらず、予算削るなら俺はもう作らないとアーウィンアレンが怒ってしまったので、30話で終わっちゃったのね。

あと、日本(当初NHKで放映)では、放送順が微妙に違ったり、日本を悪者にした回など2本は未放映(字幕)であったり、何故か、初回放映の終了回が、米国での6話だったりと、たぶんオトナの事情があったのね。

とゆうわけで、記憶に残っているのは、ジャワ島のクラカタウ大噴火が最後で、転送されたまま結局時空の狭間に・・・
てとこで終わったような・・・
たぶん、シーズン2も続いていれば、いろんな時代の歴史を舞台に面白い展開があったと思います。

 

こちらが今回の日本語吹替え版(一部字幕)DVDBox。

 

こちらは、日本語字幕も吹替えもないIMPORTもの。
英語の字幕をつけて見ると、何を言っているか雰囲気が伝わります。

  

宇宙家族ロビンソンは、日本語吹替えもあってこの値段。
良いです。
ただし、シーズン1はモノクロ。シーズン3は日本未放映なので、字幕SUPERとなります。


久々にsigmarion3を開けてみた

ちょっと、経年変化で、キーボードがテカってますが(笑)
当時大ヒットしたsigmarion3(シグマリオン3:別名シグマリ3)です。
sigmarion2は、ゼロハリ(ゼロハリバートン)とのコラボで、ガワがアルミ仕様の見た目カッコイイモノでしたが、いかんせん分厚かった。
それがsigmarion3になって急に洗練された薄型のデザインで使い勝手も工場もとい向上。

20140308_131205

現役時代は、いつも鞄の中に入れていて、議事録などをリアルタイム入力していましたが。
今でも、しっかりと打てますね。
高速タイピングしても、遅れることはなく、かつ文字の取りこぼしもなく打てます。

この頃のWindowsCEは、データのバックアップ機能がないために(CLIEはあったぞ)、せっかくセッティングして環境構築したのに、暫くすると初期状態に戻ってしまい、ATOKがぶっ飛んでいますが。

それにしても、この当時のマシンにしてはキー入力がしっかりとできるので、これにSIMが入って通信機能(あー、Wi-Fiカードとかでないのね)が付いたマシンどこかで出してくれないかな?

今の技術だと画面はめいっぱい取れて、タッチパネルで、10時間駆動とかできそうぢゃね?

今見ても惚れ惚れするマシンです。

元祖BluetoothキーボードのCPKBT/BTを復活(I/Oデータ)

当時、何年前だろ?
手のひらサイズのBluetoothキーボード(ずいぶん前に紹介)を使っていました。
当時は、Bluetoothが出始めの頃で、対応できる機種と出来ない機種があって、おまけにキーボードが小さいのと独自キーであったので、あまり使わなくなってしまいました。

なので、電池を入れるのはめっちゃ久々。

20140308_132816

SONYのXperia Z ultra C6833と繋げてみました。
大きさ的にもジャストサイズ。
つながらないだろうと思っていましたが、ちゃんと繋がって認識もできました。
つらつら打ってみたのですが、意外と文字の取りこぼしもなく、しかも大きさ的にも丁度良いです。

20140308_133430

iPhone5Sと。
こちらでも、うまく繋がり認証できました。

20140308_133556

横にしたとこ。
ちゃんと変換候補も下に出ます。
まあ、いちいち入力状態から、指を離して候補にタップするのも面倒なので、そのまま確定して次に進めば文体無く確定されるので、ちょっとしたお出かけ用に持ち歩いてみようかと思います。

やはり長文入力をするには、ハードキーボードが便利です。

液晶モニター用アームを取り付ける(Dio Connect)

自宅用にと思って導入した、液晶モニター用アームですが(^^;

R0038704

けっこう重いです。

Dsc00692

それもそのはず。
大量のパーツの中で、モニターを支える柱がしっかりしていました。

Dsc00693

ネジ類は、あるのでその場で組み立て可能です。

Dsc00694

こちらがアーム並びに支柱類。

Dsc00695

液晶を支える部分なので、土台ががっしりしています。

と、ここで問題発生(笑)
自宅の(子どもが使わなくなった高価な木製の)学習机。
クランプが支えられませんwww

とゆうわけで、急遽会社のデスク(こちらはスチール)に変更。

R0038740

基本モニターの背面にはこのようなアームをつける用の4か所のビスが止まっているところがあるので、それを外してアームをつけます。

R0038752

壁際に寄せたところ。

R0038753

手前に引き出しているところ。

図面などを作ったり、フォトショで加工する作業もあるので、目が疲れてきたら手前に近づけて作業が出来るので、便利っす。

自分が買ったのは、投げ売りされていてめっちゃ安かったのですが、廃番になってしまったようです(笑)
確か5,000(4980)円位で保護。春先。でも色んなところで10,000円位で売られていました。

  

モノによっては強度不足などもあるので、評価を良く見てから購入下さい。

 

元祖ぱちぱちまとめ板Pro付きの週刊アスキー(KADOKAWA)

午前中に出かける用事があったので、帰りにコンビニ寄って保護してきました。

R0039925

なんか、KADOKAWAというのが違和感有りまくりですが(笑)
アスキー・メディアワークスというのも残ってるからいっか。

R0039929

今回の特集は、超モバイルギア、Windows8.1超カスタマイズ術など、書籍だけでも見る価値ありそう。
しかも表紙はMay'nちゃんだし。

R0039926

こちらが肝心のオマケヾ(^ )コレコレ

R0039930

こちらが使い方のページ。
前に増して力が入っています。

なんてったってProに進化しましたから。

R0039927

無造作と言えば無造作ですがヾ(^ )コレコレ
本家も前回のオマケも使っております。

R0039928

後ろは、iPad miniが入るメッシュポケット。
ジャストサイズっす。

今日発売なのですが、一部地域の方は明日かな?

今回は珍しく、残っているか?
コンビニだと、メインの棚でなく、下に積み重なっている場合がありますので、良く見て下さいね。

Textsufer 4色セット(STAEDTLER)

昨日は、テキストサーファーゲルを紹介しましたが、こちらは、ふでペンタイプのテキストサーファー(笑)

わかりにくいですが、ゲルタイプのものではないので、テキストサーファー(笑)

R0039464

ステッドラー得意のハードケースに入っています。

R0039465

蓋を開けて立てかけることで、スタンド代わりにもなりますw

R0039466

ペン先がこのようになっているので、立てて線を引くと細字。
寝かせて線を引くといつものマーカーになります。

R0039512

いちお、字も書けますが(笑)

R0039514

こちらも基本ラインマーカーなので(笑)
右端のように、立てて書くと細め、寝かせると従来の蛍光ペンのようになります。
黄色は字が見えませんね(^^;

ちきゅうとカモメと・・・(D7000 SIGMA DC 18-250mm1:3.5-6.3 MACRO HSM)

久々に休みが取れたので、午前中にいろいろ用事を済ませて、その後近所に写真を撮りに行ってきました。
ターゲットは、帰ってきた「ちきゅう」です。

Dsc_6220

とりあえず、いくつかカメラを持って行きましたが(^^;
D7000Pモードで。
リサイズ、等倍切りだしの2つです。

レンズはSIGMA DC 18-250mm1:3.5-6.3 MACRO HSMの多機能ズーム

Dsc_6221

遠くからでもちきゅうは大きいので、ズームを寄せてしまうと・・・

Dsc_6219

こんなになってしまいます(笑)

その後離れた所でちきゅうを撮ろうと思って移動していたら、カモメがけっこういたので、そちらを撮ってみました。
でも、高速で飛ぶカモメは難しいです(^^;

Dsc_6231

あー、十把一絡げでカモメと呼んでいますが(゚゚ )☆\ぽか

Dsc_6237

何種類かいるらしく、こっちの子はたぶんゆりかもめ
知ってる方訂正をお願いします。

Dsc_6237_2

等倍切りだし

Dsc_6252

この子はまたたぶん違う種類。
と思って撮影していたら、空に巨大な影が(^^;

Dsc_6306

鳶(とんび)の襲撃です。
これはぼけてますが偶然撮れたもの。

Dsc_6339

その後、カモメたちは益々高速で飛び回っているので、おじさん不慣れなので上手く撮れません(汗)

Dsc_6373

獲物を追う鳶

Dsc_6375

逃げ回るカモメ

Dsc_6377

一大攻防戦ですwww

Dsc_6383

ちょっとぼけてますが、偶然目の前を飛び抜けたカモメさん。

Dsc_6397

こうやって見ていると、2~3種類いるっぽいっすけど。

Dsc_6410

Dsc_6414

Dsc_6486

ちきゅうのてっぺんとかもめ

飛んでいる鳥を上手く撮れると面白いかもですね。

ただし、あまり大口径のレンズを使うと、視野が狭くなるので、高速移動する鳥を撮るにはこのくらいのレンズが良いのかな?


もやしもん13巻(最終巻)限定版(講談社)

楽しみにしていたもやしもんの最終巻13巻です。

Pict_20140323_080705

今回の限定版もかなり豪華です。

Pict_20140323_080715

厚さもけっこうあります。

Pict_20140323_080725

こちらが裏面。

Pict_20140323_080758

開けたとこ。
3冊入り

左から、4月始まりカレンダー、ネーム(下書きラフ)による1冊、本書(限定表紙)の豪華セットです。

Pict_20140323_080842

本書の下側には相変わらずの遊び心ある絵が。
今回はおちょこ?一升瓶?

Pict_20140323_080811

こちらが、本邦初公開で、初の試しだと思います。
13巻のネーム集。
良く出しました。
石川先生ご英断。

Pict_20140323_080825

普通このようなラフは、闇から闇へという感じですが。
編集担当さんに見せるそれぞれの回のラフスケッチ、いわゆるネームです。
丸ごと1冊!凄いです。

こういうのって、時々作家さんの美術展などでは見ることができますが。
(よつばとや鬼太郎展でも展示されていた。)

Pict_20140323_080901

もう一つのオマケは、もやしもん2014年4月~2015年4月までの卓上カレンダー

Pict_20140323_080909

一見普通のカレンダーですが。

Pict_20140323_080921

こちらもそうですね。

Pict_20140323_080933

でもって良く見ると。
沢木たちの入学から、時間を追って色々なイベントや事件の日が記載されています。
これ、良いです。
もう一度1巻から見返したくなりました。
って、もう何回読み返しているのかな(笑)

Pict_20140323_080957

最後の方は、こんな感じ。
私のTwitterとFacebookのアイコンが、このオリゼー君です。

今回も、Amazonでの受付が遅かった(最近そういうの多い)ので、セブンネットショッピングで購入。
なので、発売日翌日に保護、となりました。

いつもは早々に完売しますが、今回は受付が遅かったのでまだあるようです。
上が限定版、下が通常版。
かなりお高いですがl、オススメです。

何故かリンクが出ないな?


Textsufer gel新色セット(STAEDTLER)

普段から愛用している、テキストサーファーゲル(蛍光マーカー)ですが、今までは、ピンク、オレンジ、イエローの3色でしたが、なにげに、ブルーとグリーンが出ていました。

R0039461

おー。いいかも。

R0039463

初出の3本だと色の違いによるインパクトがあまりなかったのですが、グリーンとブルーが加わることで、色分けが見やすくなります。

R0039516

こちらが新色の頭部分。
ペリカンのM200の蛍光グリーンもそうでしたが、緑と青系は透明感がないですね。

R0039518

マーカーなので、見えにくいというか写真に写りにくい(汗)

R0039519

やはり、定番カラーの方が安心とゆうか、色がはっきり出ます。

 

左が新色セット、右が従来のセット。

Xperia Z ultra C6833 その9AndroidOS 4.4.2キットカットにアップグレード

Facebookでは実況中継しましたが、こちらではまだだったので。
3月20日(木)夜、PCにインストールしてある、PCCompanion(Xperia系の母艦連携アプリね)が突然、アップデートがあります。
と表示が出ました。

当日の朝ネットでは、Xperia Z ultra(グローバルモデルの方ね)とXperia Z1が、4.2.xから4.4.2のキットカットにアップグレードされるとのニュースがあったのですが、いつアップするかわからなかったので、どうせ軽微なベースバンドかカーネルのアップデートだろうと思っておりましたが、端末ではアップデートのお知らせはありませんとあったので、母艦と繋げてみました。

20140320_203215

すんません、撮る準備してなくて、iPhoneでてきとーに撮ったのでぼけてます。
まずアップデートの準備で11分。

20140320_203609

母艦からマシン側にアップデートアプリを転送するのに10分位かかります。
(家のWi-Fiで行ったので速度に影響されます)
マシン側に転送が終わったら、ケーブル抜いて、アップデートを始めるように促されます。

電源を入れ直すと・・・

20140320_204234

いつもの、レインボーカラーの起動画面から、青を基調とした画面になりました。

20140320_204238

こんな感じで、白い筋が波打ってます。

20140320_204242

一通りすると。

20140320_204308

アップグレードのアプリが展開されます。

20140320_204454

これで動くと思ったら(笑)

20140320_204504

今度はNFCのファームウェアも更新されました(^^;

20140320_204551

画面上では大きな変化は見られませんが。
右上のバッテリーゲージが変更になりました。

20140320_1146

ちゃんとAndroidバージョンが、4.4.2のキットカットにアップデートされています。

日本で発売されているマシンは、グローバルモデルと違って、おサイフケータイやワンセグなどいろいろガラパゴス化されているので、通信機器メーカーの対応次第になると思います。

私的には良いニュースなのですが、これ以外にも元祖Xperia Zのキットカットへの対応というのもアナウンスされているので、近いうちに対応してくれると思います。

いちお、アップデートのお知らせは、Xperia Z ultra C6833とXperia Zの2本出ていましたが、生憎その時にXperia Z の方がバッテリー切れだったので、アップデートしていませんでした(^^;

因みに、アップデート(アップグレード)を行う場合、マシン側のバッテリー残量が60(50)%未満だと、アップデート出来ません。


風呂メガネ-Forゆyou-を買ってみた(愛眼)

目が悪いので、メガネを掛けていますが(汗)
いつも温泉とかに行くと、最近のメガネはプラレンズなので、温泉とか風呂では使えないので、裸眼で入りますw
中には、そのまま普通にメガネして入っている勇者もいるようですが、昔のガラスレンズと違って熱に弱いので変形したり、コーティングがだめになるなどのダメージがあると思います。

とゆう訳で、前から気になっていた、風呂メガネを買ってみた。
とは言え、以前から気になっておりましたが、たまたまガッチリマンデーで、愛眼の風呂メガネを紹介したら、予約殺到で生産が間に合わなくなってしまい。
予約してから1か月後に入手(笑)

R0039555

まんま「ゆ」と書いてあります(笑)
しかもお風呂専用とまで。

R0039556

上から
BATH GLASSES
と書いてあります。

R0039557

裏側
注意書きとゆうか、効能(笑)
洗い残しが確認できるとか、気になるところがちゃんと洗えるとか(笑)
あと、熱に強いので、サウナも桶とか。
普段使いのメガネだと、やはりコーティングがだめになるとかフレームが劣化するなども書かれています。
ちなみに、このフレームはポリカーボネートだそうです。

R0039559

ちとダサいですが、これ1種類しかないので、男女兼用で。
できれば女性用にはピンクフレームとかあると良いですね。

R0039560

目が悪いので度が強い方を
因みに、測って買うのではなく、1~6段階まである固定のものです。
老眼鏡が100均で売っているのと同じ感覚でしょうか?

R0039561

素材も構造もめっちゃ簡単(チープ)な作りですが。
何と言っても、1280円ですから(笑)

R0039562

鼻当ても金属でなく樹脂で出来ているので、お風呂には最適な作りかも。

まだ使ってないので、あれですが(笑)


面白いワイヤレススピーカーTY-WSD10(東芝エルイートレーディング)

うちの社長が面白いモノを買ったので紹介します。

R0039523

何かわかります?
って、一見オーディオとゆうか、一昔前の怪しいラジカセ風のデザイン。
とゆうか、デザインめっちゃチープでダサいんですけど(^^;

ちょっと奥さん、聞いてよぉ~って感じな、ユニークなマシンです。
使い方は無限(は大げさですが)色々使えます。

本来は、介護用品や生活補助機器的なカテゴリーで。
耳の遠い高齢者や寝たきりの人(或いは安静が必要な人)用のものらしいです。

R0039522

なので、ほれ(゚゚ )☆\ぽか
全部日本語で、しかもダイヤルがでかいw
しかも、はっきりとか書いてあるしw

これ単体ではあまりメリットがないのですが、もう一個子機とゆうかレシーバーとゆうかがあり、セットで使います。
それが

R0039526

こちら。
こちらが子機。
こちらも小型ラジオ風。

ここで、親機と子機を見てもらえるとわかりますが、双方にマイクが付いていて、お互いに話をすることもできます。

R0039527

子機には外部入力端子があります。
これをテレビなどに繋げて親機に送れば、耳の遠いお年寄りや台所などで聞こえにくい時の補助になります。
また、音はイマイチですが、離れた所で音楽が聞こえるという風になります。

因みに、親機はステレオスピーカーが付いています。

また、子機にも

R0039529

音を大きくするスイッチが付いています。

マニュアルを読まなくても簡単に使えますが(^^;

R0039531

電源スイッチ、上にあるのがはっきり聞こえるようにするスイッチ。
話をしたいときには、通話というボタンを押して話をします。

R0039532

右側にはボリュームボタン。
すぐ上のボタンはミュート(消音)ボタンとなります。

R0039533

フロントパネルには、マイク、電源ランプ、充電ランプとあり、充電で駆動します。
親機と子機は2.4Gのデジタルで繋がっているのでけっこう離れても使えます。

おまけに・・・

R0039524

防滴仕様。

更に・・・

R0039535

こちらには、充電用のお皿が付いています。

R0039536

載せることで充電が出来るという優れもの。

でもって、何に使うかというと、プレゼンや説明会、現地調査など、室内外を問わず、ワイヤレスマイク&スピーカーとして使っています。

本来は、先に書いたように、耳が遠い高齢者や寝たきりの人など、介護系の用途に開発されたものですが、仕事でも十分実用的に使えるということで、紹介しました。

たぶん、SONYがデザインしてくれれば、もっとカッチョイイマシンになったと思います。
そこだけが残念(^^;

メーカーサイトは、こちら

 

カクノにインクを入れる

同梱品は、普通の黒。
なので面白くないので、以前石丸さんに作ってもらった(はきょうさんの色(笑))
クリスタルオレンジ(別名紅鮭色)を入れました。

R0039505

コンバーターでも良かったのですが、使い古しのカートリッジを使って、オーデコロン詰め替え用100均御用達注射器で入れます。

R0039507

意外と書きやすいです。
ちとペンが硬いですが、ボールペンやシャープペンシル(最近の人は、シャーペンと言いますね)で普段書いている人は、筆圧がめっちゃ高いので、このくらいの硬さでないと、ペン先割れちゃうからよいかと。
そのうち、筆圧も下がってくると思います。


今更ながら、カクノを確保(笑)(PILOT)

昨年、一部の万年筆ファンの間で盛り上がっていたカクノですが、なかなか買うまでには至らず(゚゚ )☆\ぽか
某文具店のバーゲンで3割引だったので、ようやく保護してみましたヾ(^ )コレコレ

R0039472

まあ、キャップがおじさんが好きなオレンジがあったからなんですけど(゚゚ )☆\ぽか

R0039474

本当に、初心者向けのものですね。
それにしても、これを機会に万年筆沼にとなる人が続出すると嬉しいですヾ(^ )コレコレ

R0039475

開けたとこ。

R0039476

底に解説書があります。

R0039478

初心者にもわかりやすい、かつレトロ調の説明(笑)

R0039480

顔が描いてあります。

R0039482

廉価版とは言え、ちゃんとペンポイント(玉)もしっかり付いています。

R0039484

ばらしたとこ。
なんとなく、ペリカーノJrに似てるのは気のせいか?

R0039485

ちょいと、グレー(胴軸)が重そう?

R0039486

全体的にはバランスが良いです。

  

  

細字と中字があります。
私的には中字を買いましたが(^^;

面白い付せんココサス

最近、切り離し可能な付せんが増えていますが。
カワイイ付せんがあったので買ってみました。

R0039718

ディズニーバージョンです。

お尻部分で切り離しが出来て、注目させることが出来ます。

R0039719

両側にノリが付いているので、剥がした方を見出しにして、注目させる方(上の写真だとお尻部分)を当該記事部分に矢印として貼っておきます。

そうすると一目瞭然で、探したい記事や注目したい写真などを指し示すことができます。

まだ、もったいないのでとゆうか、神さんように買ったので開けていませんが(^^;

因みに、ディズニーシリーズは普通のものと比べて少々高いです。

  

普通のものから、トイストーリー、くまのぷーさん

  

紹介したミッキーに白雪姫とか不思議の国のアリスなどがあります。

光岡自動車プルバックカーコレクション(ダイドー)

また発見してしまった(笑)

R0039873

これまた地味なシリーズです。

R0039874

光岡自動車は、日産ベース車両を、クラシックカー風にして付加価値をつけて(あー、独自開発のものもありますが)一部の層に人気の、最後発自動車メーカーさんです。

R0039875

私が保護したのは、ヒミコ。
これどの車がベースだったっけ?
単純に色で選んだだけっす。

R0039876

正面から

R0039877

上から

R0039879

斜め後ろから

R0039880

横から

このミニカーの面白いところは2点あって。

R0039883

タイヤの向きが変えられて、回転ができることと・・・

R0039884

熱で色が変わることです。

R0039885

ま、すぐに戻っちゃうんですけどね(笑)

今までのオマケに無かった挑戦です。

R0039881

全8種。
このうち知ってるというか、見たことがあるのが、このヒミコとガリュー、大ヒットしたビュート、ゼロワンくらいです。
オロチは見たこと内です。
あとレイ、ラ・セード、リョーガは、知りませんでした。

スラリ蛍光エマルジョンペン(ゼブラ)

一般的には、ボールペンに分類されますが。エマルジョン系のインクを使っている、最近流行のジェットストリームに代表されるぬらぬらさらさらのペンですな。

R0039468

なんでこれを保護したのかとゆうと。
以前何回か紹介している、MOLESKINEの蛍光ペンが、交換してもらったにも拘わらず、すぐに書けなくなってしまうからなんですね。
たぶん、これ構造というかインクとボールの相性が悪いからかと。

とゆうわけで、

R0039469

こちらを導入した訳で(笑)

R0039470

やはり、日本製の方が書き味もインクの持ちも良い訳で(笑)

MOLESKINEボールペンなど見た目で買ってはいけないという例ですね。

今度、多機能ペンのリフィルでも保護してこようかしらん(笑)

R0039509

蛍光ボールペンなので、文字を書くというよりも、こちらもラインマーカー的な使い方を考えています。

iPhoneアップデートでバッテリーの持ちが激変(当社比)

iPhoneが色々な不具合を解消してくれました。
指紋認証の制度は激変。
アプリの捜査中(もとい)操作中に、勝手にリセットされることもなくなりました。

私的に一番驚いたのが、バッテリーの持ちです。
3月12日にアップデートがされましたが、その日もけっこう遅くまでバッテリーが持っていたので、これからどのくらい持つか翌日から試してみることにしました。

3月13日の朝5:15起床でそこからそのままどのくらい持つか。
初日夕方まで普通に使ってなんと90%残っていました。
朝一から8:30の始業まで、たいがいTwitterかFacebookを使っています。10時の休みにもちょっと見て、昼休みにも見ます。その間、スケジュール調整とちょっとした計算では電卓使って、辞書見てということをしているので、ほかの皆さんとは使い方が違うかもしれません。
夕方帰る前にちょっと使って、帰宅後と就寝前にちょっとTwitterとFacebookを見るくらいです。
(音楽を聴いたり動画を見たりするのは、iPadやNW-ZX1、Xperia Z ultra C6833に任せています)
ゲームは基本的にやらない人なので、そこが大きく違うかもしれません。

いつもは、寝る前に充電しながら睡眠アプリを立ち上げたままにするのですが、この日はそのままにして朝見てみました。
86%
夜間は待機状態だけで4%消費するようです。
翌日(14日)、基本的にやることは同じ。しかしこの日は、電話が4本も入ってきました(^^;
普段電話しないですが、客先からwww
15日朝残量53%
この日も同じパターンですが、電話掛けたり、朝はいつもより多めにネット見てました(^^;
とゆうことで、14:40iPhone5sのバッテリーが4%になって、計測終了。

58時間ほどまで持つようになりました。
今までは、朝起きて、会社の始業までには85%位までになっていたので、びっくりです。

まあ、その日のiPhoneの使用頻度によって大きく変化するのでなんとも言えませんが。
とにかく持ちますねぇ。
Xperia Z ultra C6833並びにXperia Zも3日くらい持つので、それに並んだという感じでしょうか。

翌日も使う内容や時間はほぼ同じ。

SMART WATCH2 SW2 その5外付けベルト編(ミヤビックス)

まだ装着していませんが(^^;
腕時計を2つつけるというと、本田圭佑になっちゃうので(笑)

R0038957

こんなものを買ってみました。

え?何かわからない?(゚゚ )☆\ぽか

R0038958

これです(殴

R0038960

SMART WATCH2 SW2を本体のみで運用するミヤビックスさんの秘密兵器(゚゚ )☆\ぽか

R0038962

こちらが表面。

R0038961

こちらが裏面。
ちょっとミヤビックスさんのロゴがあれですがヾ(^ )コレコレ

R0038963

どういうものかというと、SW2のベルトを外して、時計のベルト軸をこちらの上下の穴に差し込んで固定するものです。

R0038964

取り付け方法はこちら(笑)

R0038965

こんな感じで使います。
友情出演。iPod nano
あ、これだとiPod nanoを落とさずに済みますな。
これでもよろしいかと(笑)

ちなみに。

R0038959

液晶保護フィルムも付いていて、一石二鳥(笑)
先日紹介したものがこれについてきたものです。

夏になると腕時計するの面倒くさいので、夏になったらやってみたいと思います。

SMART WATCH2 SW2 その4比較編(XPERIA Sony Smartphone)

恒例の比較編です。
え?なんと比較するかですかって?
今はなき、iPod nano(4thバージョンだったっけ?)とです。

R0039085

少し前のiPod nanoは、3rdパーティーから、時計風のベルトが売られていました。
昔紹介したもの。
ちなみに、iPod nanoのアイコンは4つです。

R0039086

あちらを点ければ、こちらが点かず(笑)

R0039087

大きさはほとんど一緒ですwww

R0039088

厚みもほぼ一緒。

R0039089

コネクタ部

R0039090

ベルトの雰囲気というか厚みもほぼ一緒です。

R0039096

スマートウォッチSW2の重さはベルト込みで46g

R0039097

iPod nano+ベルトも49gとほとんど同じです。

R0039098

ちなみに、iPod nanoにも時計モード(アプリ)がついています。

R0039099

SW2の時計表示の変更は、設定画面で行います。

R0039100

デフォルト時計。
左右にスライドさせて好きな時計を選べます。

R0039101

こんなのとか。

R0039102

普通の時計バージョンもあります。
このほか、アプリでも売られていますが、その場合は電力消費が大きくなるので、私的には買っていません。

R0039103

こんな感じ。
ちなみに、iPod nanoの場合は、常時点けっぱなしにするとけっこうバッテリー消耗しますので、普段はオフの方が良いかと。
そうなると、バックライトオフでも表示されるSW2の方が軍配は上がります。

R0039104

昨日書いていた、デジャビュ(笑)
なんと雰囲気がくりそつです。
左がiPod nano、右がSW2
なんか、iOS7になったみたいな雰囲気www

R0039105

こちらがタイマー
iPod nanoの方が洗練されていると思うのは私だけでしょうか(^^;

因みに、NFCでXperia Z ultra C6833とリンクさせずにそのまま時計として使う場合には、計算機やスケジューラー始め、デフォルトアプリ以外は機能しないというのがちょっとあれですが(笑)

以上現場からお伝えしました。

SMART WATCH2 SW2 その3アプリ編(XPERIA Sony Smartphone)

さて、SW2アプリ編です。

R0039062

っとその前に、母艦として使う予定のXperia Z ultra C6833から、アプリをダウンロードしておきます。

R0039063

こちらが再起動後の画面。
起動すると1画面でアイコンが6個表示されます。
左から、目覚まし時計、メール、Facebook
下段、ライト、MusicUnlimited操作画面、0アイコンは、メールほか受信のお知らせ画面。
ちなみに、60個まで表示。
その下のフレーム外のアイコンは、Androidと同じ。戻る、ホーム画面、メニューとなります。

R0039064

2画面目
オフィスビュワー、設定、写真ビュワー、ストップウォッチ、タイマー、Twitter
Twitterは早々に消しました(^^;

ライト(純正アプリ)

R0039066

意外と重宝するのが、ライト。
暗闇の中、家の玄関の鍵穴(の向き)を確認するのに便利です(笑)

Facebook(インストールアプリ)

R0039067

連携アプリは、まず最初に同期が必要です。

R0039068

母艦と連携のようす。

R0039069

Facebookの場合、写真は同期しません。
どんなコメントが流れてくるかがわかります。
でも、ついこの画面をタッチしてしまいます(汗)

写真ないけど、メニューを開くと良いねが押せます。

R0039070

リスト表示も可能です。

R0039071

こんな感じ。


Twitter(インストールアプリ)

R0039072

Twitter(メインアプリ)も同期が必要です。

R0039073

こちらも、アプリの認証連携が必要になります。
一度連携させてしまえば桶。

R0039074

こんな感じ。

R0039075

誰が言っているか、アイコンを見ればわかります。

R0039080

残念ながら、リンクは開きません。

写真ビュワー(インストールアプリ)

R0039076

まず母艦のフォルダーを指定。

R0039077

リストが出てきますので、見たい物をタップ。

R0039078

画質はイマイチですが、雰囲気はわかります。

カレンダー(同梱アプリ)

R0039079

カレンダーアプリは、予定(Googlecalendar)とのリンクが出来ます。
予定を入力してあるもののみ表示されるリスト形式になります。

設定(同梱アプリ)

R0039081

色々な設定が出来ます。
写真はバージョンを確認しているところ。

タイマー(同梱アプリ)

R0039082

はて、どこかで見たような色合い(笑)
ラーメンやパスタをゆでるときに活躍しそう(笑)

ストップウォッチ(同梱アプリ)

R0039083

デジャビュ?(笑)

アラーム(同梱アプリ)

R0039084

取り立ててスゲーアプリ達ではありませんが、特にXperia Z ultra C6833の場合、大きいので歩いているときなどに鞄に入れておいて、ちょっとチェックするなんてのには便利に使えます。

欲を言えば、Twitterも、Facebookも、返信(または「良いね」を押された時)のみ、受信できると嬉しいのですが、これはアプリ若しくは設定などで改善を期待したいです。

しばらく使っていますが、3日くらいは充電しなくても持ちます。
iPod nanoの場合は1日持ちませんでしたから。

つづく

雑誌付録のEye-FiをiPhoneやiPadで使えるようにする

昨日Eye-Fi付きでお得な雑誌 カワイイをシェアする写真術(stereoSound)を紹介したところ。
某所で、MACやiPhone/iPad(iOS)で使えれば欲しいとか買うという(ものがあるかは置いといてヾ(^ )コレコレ)
意見が多数寄せられましたので、懸賞もとい検証してみました。

参考にさせていただいたサイトは、ひとりぶろぐさんの、【在庫復活】1,890円のムック「カワイイをシェアする写真術」付録のEye-FiカードをズルしてiPhoneで使うでしたが、少し足りないところがありましたので、補足しておきます。
併せて参考にして下さい。

注:本記事を参考に、挑戦して失敗しても、本ブログ並びに出版社、docomo並びにEye-Fiに対する苦情、お問い合わせ、返品交換等は行わないで下さい。良い子、良いオトナのお約束です。(悪い子は知りません)

それでは手順を追って説明します。
先にEye-Fiカードは入れないで下さい。
まずはアップデータをインストールして下さい。

(あー、すでに使っている人は以下の手順は要らないと思いますが為念)


まず母艦に最新版のEye-Fiアップデーターのインストールをします。
Eye-Fi Center Softwareに行きます。
ひとりぶろぐさんも書かれていますが、

Ss011_2

導入したのが、docomo版なので、つい上のをクリックしたくなりますが、
最下段のMac OS Xインストーラーを選びダウンロードします。

ダウンロードしたイメージファイルをクリックします。

Ss013

ここまでは、ひとりぶろぐさんと一緒です。たぶん

Ss014

ところが、エラーが発生して進みません。
上手く行けばそのまま進めて下さい。
エラーが発生した場合、MACのキーボードのCONTROLキーを押しながらやると上手く行きます。

Ss015

ここまで来れば大丈夫(笑)

Ss016

インストール画面が出れば桶

Ss018

使用許諾なんちゃらが出るので同意する。
Ss019_2

98.7MBが必要云々が出ますので、インストールをクリック
その際、MACのインストールを承認するパスワード入力とファイアウォールについて聞いてきますので次へ

それでインストールが完了します。

注:ちなみに、MACminiでやったら、カードの認識が上手く行かなかったので、MBA(MacBook Air)でやりました。上手く行かない場合、マックを替えるかWindowsなどでお試し下さい(^^;

インストールが完了すると、ツールバーに・・・

Ss023_2

のようなアイコンが常駐します。

そこで初めて、Eye-Fiカードを挿入して下さい。

Ss024

すると、Eye-Fiカードが見つかりましたとなります。

※この部分は初めての人向け

Ss025

アカウントをお持ちの方はメールとパスワードで桶。
最初登録が必要になります。
メールとパスワードを入れてアカウントを作成するを押します。
少しするとメールが返ってきますので、それでEye-Fiサイトのユーザーになれます。
ログインができると・・・

Ss026

ファームウエア更新画面が出ます。

注:この更新を行うとdocomo版Eye-Fiには戻れませんので、自己責任でお願いします。

と、私的にはここでトラブル発生。

Ss027_2

Eye-Fiカードを一度取り外してから挿入し直して、有効化プロセスを再開してください。と出ました。

慌てずに(笑)
(出る人と出ない人がいると思います)
もう一回差し直したら・・・

Ss028

無事更新が始まりました。
いやぁ、(汗)(汗)w

続けて転送先を選びます。(ここからは初めての人向け)

Ss029

どこに転送するか選びます。
当然、自分のモバイル端末(iOS/Android)をチョイス。

Ss030

続けて、iPad/iPhoneかAndroidを選ぶ欄があります。
ここは、せっかくアップデートしたので、iPad/iPhoneを選択。

Ss031

こちらは、端末側(iPhone/iPad)にアプリを入れるためのQRコード。
先に入れてある人は不要ですが、これからはiPhoneでの設定になります。
Ss032_2

この辺は説明が丁寧に描かれていますので。
読んでちょ(゚゚ )☆\ぽか

Ss033


iPhone/iPadの設定

(画像無し)

iPhoneのEye-Fiアプリを開いたら、10桁の認証コードを入れろと出ました。
そんなのないよと思ったのですが、確かdocomoのカードがあったと思い、その10桁のコードを入れます。
ところが反応しません。とゆうかコードエラー。
え?どうしようと思って、2回同じコードを入れても同じエラー。
やべぇ、失敗したかと思ったら、なんとか、ログイン画面が出ました。
たぶん、Eye-Fiサイトの私のページの準備をしていた関係でできなかったのだと思います。
(先にEye-Fiの方を登録してから済ませた方が早いと思います)

20140313_1311

アプリを開くとこんな画面になります。

ここからは、ひとりぶろぐさんと同じなので省略(゚゚ )☆\ぽか

Ss035

上手く転送出来ると、Eye-Fiアプリにもリンクが出来ます。
出来るはず、出来るとき、出来れば(゚゚ )☆\ぽかあほ

成功を祈る。

てゆっても、今時4GBぢゃねぇ~
おとっつぁん、それは言わない約束だろ(゚゚ )☆\ぽか

因みに、SIGMA DP*Merrillたんは、RAWで50MB、JPGでも半端ねぇ大きさなので、危険です(笑)

まあ、色々試してみるです。

Eye-Fi付きでお得な雑誌 カワイイをシェアする写真術(stereoSound)

ネットで噂になっていて、瞬殺されてしまった雑誌が手に入ったので紹介します。
もしかしたらもう買えないかもしれませんが、その場合、お近くのお店で探してみて下さい。

R0039702

ちょっとおじさん的には、買うのを躊躇する雑誌(ムック)です(汗)
Amazonから買ったので、レジに出して辱めを受けなくて済みましたヾ(^ )コレコレ

雑誌の内容も女子向けなのですが、シーン別撮り方とかはおじさんでも参考になります。
かなり女子力強いので、電車や茶店ではこっぱずかしくて読めませんがwww

でもって、肝心のものは、こちら。

R0039703

Wi-Fi内蔵SDカードっす。

R0039705

箱の中に重々しい箱が(笑)

R0039706

docomo用の4GB Eye-Fiカードです。
Androidマシン専用と唱ってありますが、ごにょごにょすると(゚゚ )☆\ぽか
いや、ネットなどでは、アップデートすると、iPhoneやiPadにも飛ばせるらしいので、楽しみです(゚゚ )☆\ぽか

注:改変した場合は、保障対象外になりますので、自己責任でおながいしまつ

最近のデジカメだと、無線LAN搭載されているものが多いのであれですが(^^;
少し前のモノだと、まだ搭載されていないものも多いので、なんとかやってみたいと思います。

まずは、速報ということで。

因みにdocomoのEye-Fiは・・・

普通で買うと3627円
こちらの雑誌が、同じ物が付いて、しかも薄いながら雑誌付きで1,890円ですから、かなりお得でした。

残念ながら、もうすでにAmazonでも、楽天ブックスでもセブンネットでも売り切れたようです。
書店在庫を見かけたら保護して下さい。

SMART WATCH2 SW2 その2本体起動+フィルム編(XPERIA Sony Smartphone)

SW2は、画面タッチを頻繁に行う為、フィルム必須です(笑)

R0039039

iPod nanoと同様の形状をしているため、簡単にフィルムは貼れます。

R0039040

貼ったとこ。
特段気泡を気にすることなく、綺麗に貼れます。

R0039041

センサー部は穴が空いています。

R0039042

昨日紹介するのを忘れていた反対側の充電コネクタ部。
いちお、防滴なのですが、水没は不可です。(たぶん)

R0039044

こんな感じになっています。

R0039045

最初から結構電池が残っているらしく、通電(充電)したら、79%と表示が出ました。
また、小さいマシンなので、30分位の充電で95%行って、その後98%より上には行きませんでした。
バッテリーの負荷をへらすようになっているかもしれません。

R0039048

充電中はバッテリーゲージが下から上に上がるようなイラストが出てきます。
これは、BluetoothHeadsetのSBH-50と同じです。

R0039049

こちらが最終っぽい。

R0039043

電源を入れるには、このボタンを長押しします。
するとブルってなって、起動します。

R0039050

最初にSONYロゴが出てきます。

っとその前に、Xperia側でSMART WATCH2のアプリ並びに、関連アプリをダウンロードしておく必要があります(笑)

R0039051

はじめて電源を入れると、母艦(Xperia ZほかAndroidマシン)と接続するように促してきます。
Xperia Z(含むXperia Z ultra C6833)のNFCコネクタで同期させます。

R0039054

すると、リンクが始まります。

R0039056

特に表示が出るわけでもなく、インストールバーがさっきの絵は下段でしたが、この絵は中央(たぶんアプリのインストールかと)表示になります。

R0039059

インストールが終わると一旦再起動され、SONYロゴが出てきます。
この時に、Android側と時刻の調整(同期)が行われています。

R0039060

こんな感じ。
この写真は、バックライトが消えているところ。
バックライトがオフでも、かなり視認性は良いです。
デフォルトの時計画面

アプリ編に続きます。

 

液晶保護フィルムは必須です。

本体は輸入品だとこの値段ですが。SONYのXperiaストアだと14,800円で保護可能。
メタルバンドだと16,800円になります(確か)


Facebook東京カメラ部2014カレンダー「日本の美」(WillVii/Adobe)

一昨日Facebookには到着写真をうpしましたが、Facebookで人気の東京カメラ部さんとAdobeのコラボで作った「日本の美」カレンダー(4月始まり)が届きました。\(^o^)/ワーイ

20140311_183258

かなりデカイです。

20140312_2030381

A2くらい?
SIGMAさんから頂いたカレンダーの倍はあります。

しかも、この大きさでもかなり綺麗。
(当たり前)

20140311_183416

東京カメラ部に投稿された写真の中から厳選されたものがカレンダーになっています。

20140312_203046

Adobeロゴがあります。

各頁力作揃いです。

作者さんの名前はローマ字で入っていますが、・・・
できれば、次号から巻末に使用したカメラとレンズ、絞り値やシャッタースピード、ホワイトバランスの調整(晴天とか5000ケルビンとかの情報)、Photoshopでの加工の有無などそれぞれのデータが入っていると、参考になるかなと。
希望を書いておきます。

東京カメラ部さん、ありがとうございました。
とても、そこまで行けないので目の保養とゆうか、画角や構図の参考になります。

あー、早く年度末過ぎて撮影に行きてぇ~本音

ガラスのCD(セーラー万年筆)

先日紹介したDIGIFI のUSB DACアクリルカバーに同梱されていたカタログをなにげに見ていたら・・・

R0039678

ガラスのCDのカタログがありました。

R0039679

2012年というので、一昨年になりますが、どう見ても万年筆のセーラーのロゴ(@@;

R0039680

セーラー万年筆が創業100年を記念して、N&Fとの共同事業として、ガラスCDを開発したとか。
知りませんでした。

R0039681

これによると
物理特性が優れている
光学特性が優れている
信号特性が良好
音楽再生の安定性が向上
ディスクの耐久性が高い

と至れり尽くせりのようです。
そこまで、高品位なオーディオマシンを持っていないのであれですが(^^;

R0039682

セーラー万年筆株式会社
電子文具事業部ガラスディスク事業室だそうです。

機会があったら聞いてみたいけど。
時代はハイレゾなので、どうなんでしょうか。

てゆうか、そもそも1枚のCDが98,000円って。値段に驚愕(@@;


SMART WATCH2 SW2 その1開封編(XPERIA Sony Smartphone)

発売以来、売り切れというかずーっと入荷待ち状態だったSMART WATCH2 SW2(以降SW2)が来ましたので、紹介します。
SONYストアではなく、なぜかXPERIA Sony Smartphoneサイトでのみ扱いしているという。
良くわからない仕様(販売形態)です。
因みに、海外サイトやAmazonでも逆輸入版が扱われていますが、いずれもかなりお高いので、待っていたというのもあります。

R0039019

なんか違和感がある箱(SONYストアと比べてね)
でも、カッコイイ。

R0039020

横から。

R0039022

毛玉に守られています(笑)

R0039023

箱でか!
しかも豪華(笑)

R0039024

こちらが裏面。

R0039025

横から
上下の透明部分が樹脂で厚いです。

R0039027

斜めから。
外の紙箱を外したとこ。

R0039028

ちょいとピンぼけですが、三方をアクリル系樹脂に覆われていて、スライドさせて開けます。

R0039029

外ケースずらしたとこ。
表面の時計部分はシールです。

R0039030

こちらが外箱。

R0039031

箱の底にはボタンがあって、これを押さないと、本体が出ません(笑)
箱のギミックも楽しい。

R0039032

時計の下にはUSBケーブルがあります。
アダプターはありません。

R0039033

時計部分。

R0039034

ウレタンベルト仕様の方です。
メタルバンド仕様はなかなか発売されないので。

R0039035

けっこうしっかり作られています。

R0039036

取説、保障書類。

R0039037

横から。
電源部。
Xperia Z系に通じるデザインです。
反対側は充電コネクタ(microUSBコネクタです)

R0039038

裏側

よつばと日めくり2014(KADOKAWA)

やってきました。
よつばと日めくり2014
ちなみに、こちらは年度始まりなので4月からになります。

R0039624

おもて

R0039625

背中

R0039626

裏面

R0039627

こちらはオマケのカレンダー

R0039628

こんな感じ。

R0039629

こちらが本体
これを裏返すと見出しになります。

R0039631

まいにちめくるとあります。
たしかに。

R0039632

毎回月初めはオリジナルの書き起こしの絵になります。

R0039633

所々に、よつばちゃんの絵が入ります。
(巻末には、この絵のタイトル一覧があります)

R0039634

よつばとに登場する色々な人が出てきます。
こちらは、えなちゃん

R0039635

けっこう分厚いです。

R0039636

2013年と

こちらも毎年すぐに売り切れてしまいます。

今まで、アスキーメディアワークスだったのが、角川ってなんかすげー違和感(笑)

Amazonでは売り切れですが、小岩井商会(YOTSUBA STUDIO)さんではまだ売っているかも。

Olasonic USB DAC その4アクリルカバー編 DIGIFI (stereoSound)

USB DACと同じに頼んだのですが、発売が遅れて土曜日に届きました。

R0039638

上下のアクリルパネルと専用のネジです。

R0039639

最初に付いてきたネジと組み合わせで使います。

R0039640

こんな感じで4本セットします。

R0039641

裏と表に傷防止フィルムが貼ってありますが、毎回これを剥がすのに苦労します(笑)

R0039642

裏面には、滑り止めゴムを貼ります。

R0039643

専用だけあって綺麗に収まります。
カバーはアンバー

R0039644

別アングルから

R0039645

保護フィルムを剥がしたので、静電気で埃が(笑)

R0039646

左のは、イヤフォンアンプ(こちらもUSB DACですが)また別のもの。

R0039647

個人的には青の方が好きですが。

R0039648

反対側

R0039649

横から。

 

専用パネルは、stereoSoundの通販サイト
前回は、注文殺到で、サイトがパンクしましたが、今回は落ち着いているようです。

Xperia Z ultra C6833でICカード残高を見る

日本でもXperia Z ultra が発売されて暫く過ぎましたが、もう皆さん入手されましたか?
日本版のはおサイフケータイとかワンセグとか付いているのかな?
それによっては、できるかわかりませんが、外人さんのXperia Z ultra C6833(含むXperia Z)には、余分なものが付いていないので、普通にNFCが使えます。

さりげに、ネットを見ていたら、免許証やSuicaなど、ICチップを搭載してあるものの中身を確認できるというアプリがあったので、(無料版ね)試してみました。

11

ちなみに、これはメインページではありませんw
下段の3つ(まあ2つです)が、NFCセンサーを使った、ICカードの中身が見られるアプリです。
(ちょっと、情報が流れるのが心配ですが)

Suicaをかざしてみました。

10

こんな感じで、残高と利用区間がちゃんと出ます。
このアプリを搭載しておけば、改札口で出口のドアが閉って恥ずかしい思いをしなくても良くなる。
かも知れません。

私が入れたのは、EMoney Readerです。
Play Storeで探してみると沢山出てきますので、お好きなものをどうぞ。

マクラーレンプルバックコレクション(笑)(ダイドー)

今日はお仕事~
たまたま寄ったコンビニで、オマケ付きのがあったので、保護

R0039617

どれでも良かったのですが(^^;

R0039619

ハッキネンのがオレンジだったので(゚゚ )☆\ぽか
セナのもあったけど

R0039620

リアルさのかけらもないF1です

R0039621

1997年モデルのMP4-12タイプらしい。
らしいというのは、デザインがwww
モービルとメルセデスがスポンサー?

R0039622

横から見たら、SUNTORYのBOSSもスポンサーだった。
それにしてもちゃちぃヾ(^ )コレコレ

でも、これ面白くて、二段階走行というか、最初とろとろ走っていて途中からカッ飛ぶ走りをしてくれます(笑)

R0039623

全8種類のうち、3台はアイルトンセナ、ミカハッキネン、デビッドクルサード、キミライコネン、ルイスハミルトン、ジェンソンバトンとなっています。
って、どうも絵で見る限り塗装を替えてあるだけにしか見えないのは気のせいか?(゚゚ )☆\ぽか

PHOTO-U TVがアップデート

以前紹介した、auのフォトフレームのPHOTO-U TVですが、先日(久々に)なにげにテレビをつけたら、・・・

20140304_201857

ソフトウエアアップデートが出てきました。

へー、このマシンでもアップデートするんだ。

20140304_201908

3G回線なので、12MBでもけっこう時間がかかります。

20140304_202532

アップデートすると、チャンネルとメルアド意外はリセットされるようです。

オレンズにあった消しゴムAin SALA(ぺんてる)

オレンズと一緒に買ってきたのが。

R0039258

別に高梨沙羅ちゃんが人気だからこういう名前にしたと言うわけではないと思われますがヾ(^ )コレコレ

単純に、さらっと消せるからだと。

R0039259

消しゴムは私的には基本TOMBOWのMONOイチオシなのですが。

これもいいかも。
ってまだほかのが沢山あるので、開けて居ませんが(゚゚ )☆\ぽかあほ

R0039460

バーゲンだったので、神さんようにも買っちゃいました。(゚゚ )☆\ぽか

ミレニアムファルコンvsミレニアムファルコン(笑)

昨日紹介した、デアゴスティーニのSTAR WARSコレクションのミレニアムファルコンと、以前食玩で当てたミレニアムファルコンを比べてみました(笑)

R0039600

レーダーがどっか行っちゃいましたが(^^;
手前が食玩のスター・ウォーズビークルコレクションのものです。
あー、焦点距離の関係で大きさが違いますが、(笑)

R0039601

プラスチック?製なので、色々な配管とかの再現性が良いです。

R0039602

レーザー砲も別パーツなので立体感があります。

R0039606

こちらはデアゴスティーニの方。一体成形です

R0039608

作りは樹脂の方が細かく再現されています。
塗装が所々違っていたり、樹脂の方は塗っていなかったりという差がありますが。

R0039609

こちらは推進部ですが、未塗装。

R0039610

デアゴスティーニの方は、映画のように青くなっています。
ただし、のっぺりしていますが。

R0039611

重ねてみました。
大きさはほぼ一緒です。

R0039612

横から

R0039613

横の作りも、樹脂の方は彫りが深いです。

R0039614

デアゴスティーニ

R0039615

上からみても同じ大きさ(笑)
偶然なのか、それとも同一スケールなのか?


銀の匙11巻と百姓貴族3巻

今回、特別版は出なかったのかな?
ネットで前から探していましたが、どこを探しても限定版がなかったので、通常版にしました(^^;

R0039593

こちらが、銀の匙11巻

R0039594

裏面。

アニメ2期と映画もあって、市民権を得たかな?
このマンガやアニメの影響もあって、農業高校の受験倍率も増えたとかと、かなり社会的にもなっている。
とかなってないとか。
でも、ハガレンと違って、リアルな描写なので、食についても毎回考えさせられる内容となっております。

もう一冊の方は
荒川弘さんの自伝的な本

R0039502

1・2巻と紹介しませんでしたが、こちらも面白いです。
北海道の話なので、スケールが半端ねぇっす。

R0039503

裏面

R0039504

カバー裏とゆうか、本書の表紙というか、こちらも毎回面白いです。

ちなみに、この本はレディスコミックに連載されているものなので、月刊誌?はおじさんには縁遠いもので、恥ずかしくて買えません(笑)

 

こちらが紹介したもの

 

こちらが以前のもの

スター・ウォーズモデルコレクション(デアゴスティーニ)

買うつもりはなかったのですが(^^;
初回のみ好きなハン・ソロのミレニアムファルコンということで、

R0039576

表紙

R0039578

裏表紙。
次号はXウイングファイターなんだ。

R0039577

ケース付きです。

R0039579

背景には、そのモデルのイメージに近い写真(イラスト?)の紙が入っています。
(ちょっと背景にあってしまいぼけてますが)

R0039581

上から
中のクッション材外してなかった(笑)

R0039582

箱から出したとこ。
カッコイイです。

R0039583

正面から
レーダー?のみリアル。

R0039584

ダイカストもでるのため、つなぎ目等の処理が甘いです。

R0039585

同じく、レーザー砲も一体化されています。

R0039586

コックピットのみ半透明の樹脂です。

R0039587

この辺もちょっと作りが甘いです。

R0039588

良く見るとレーダー?もちょいイマイチかも。

以前食玩から出てた、スター・ウォーズビークルコレクションの方が樹脂製ですが、作りは良かったかも。

R0039589

こちらが冊子
相変わらず薄いです(笑)

R0039590

映画でお馴染みの有名メカのほかに、インパクトに残らないメカや模型化されていないメカなどもラインナップされるようです。
例えば、エピソード4の脱出ポッドや、エンドアで使われたスピーダーバイクとかクラウドシティにあったオレンジのクラウド・カー、ランドスピーダーとかまあ、ラインナップが細かいです。

R0039592

撮影シーンやセットのようすなどもあります。

スター・ウォーズファン、SFメカファンにお勧めです。

私はたぶんもう買わない(゚゚ )☆\ぽか

オレンズ対応Ain0.2mm芯VSハイポリマー芯(ぺんてる)

取りあえず、昔使っていた0.2mm芯のみ発掘出来たので並べてみました。

R0039304

昔懐かしい、菱形デザインの0.2mm芯です。
昔はBを出せる能力とゆうか、すぐに折れちゃうので、H以下の強度が中心でした。

R0039305

横から

R0039306

拡大。
昔もけっこう0.2mmは高かったです。

0.2mmのシャープが発掘できたら、また紹介しますね。
本ブログの過去ログには書いた記憶がありますが(^^;


オレンズ対応Ain0.2mm芯(ぺんてる)

オレンズに最適な替え芯です。
おじさんには嬉しいB仕様がありました。

R0039249

しかみかなり進化しているようです。
ギガ強芯シュタインだそうです。

R0039251

取説(笑)
でも、0.2mmは非常に細いので、ニードル以上に芯を出すと必ず折れます。
オレンズではありません(笑)

しかし、このシュタインシリーズ。
Ain STEIN(笑)
続けて読むと、アインシュタインwww
親父ギャグの世界ですか。そうですか(゚゚ )☆\ぽか


Foveonスクウェアで掲載されました

以前、みんぽす/WillVii+SIGMAさんのレンズ体験会で紹介した記事が、SIGMAさんのFoveonスクウェアさんで紹介されました。
どおりで、アクセス数が増えている訳です。

Sigma

SIGMAさん、ありがとうございました。

Foveonスクウェアさん、はこちら
すぐに消えてしまいますので、興味がある方は、お早めに。

消費税対策? 2円切手シートを保護(日本郵便)

4月から消費税が上がりますが、意外と困ったのが手持ちの切手(笑)

R0039554

ちょっとしたあいさつとか、書類の発送などに、普通の切手よりも記念切手の方が良いだろーとゆうことで、大量に保護してあるものが全部80円(笑)

しかし、消費税うpに伴い82円になります。
はがきも便乗で52円・・・これはおかしいだろ(゚゚ )☆\ぽか
まあ、ここ何十年と上げてなかったので、仕方ないです。
ま、最近は全部メールで済んじゃうから郵便でというのもだいぶ減っていると思いますが。

とゆう訳で、2円切手シートを保護しました。

R0039551

こんだけ(100枚)買っても、200円。
印刷経費とか糊付けとか考えると、2円はどうかと思いますが(^^;

R0039552

今回は、もふもふ~(゚゚ )☆\ぽか
うさぎさんです。

因みに、廃番になった昔のは・・・

R0039553

きょうのわんこ(゚゚ )☆\ぽか
でなくて、秋田犬です。
(神さん提供)

カラーになって、2円は安い。

あ、4月に80円で出して差し戻されないように、皆さんご注意下さい。

噂のORENZを買ってみた(ぺんてる)

おじさんが若い頃は、今のようにパソコンが普及する前だったとゆうか、そもそもパソコンってなかった時代なので(笑)
図面を書くのに、シャープペンシルか鉛筆を使って書いていました。
その頃に出た画期的なのが、ぺんてるの0.2mmシャープペンシルでした。
しかし、製図用なので、芯が折れる折れる(笑)
なので、基本は2.0mmの芯フォルダーをメインに使っていましたが。

20数年前の話です。
それ以後は、0.2mmの需要はなかったのか?それとも技術的にあれだったのかわかりませんが、昨年暮れに突如オレンズなるものが発売。

R0039236

大ヒットしているようです。

R0039237

今ならクリーナーピンつき。
って、これは標準装備してほしいものです。
まあ、この価格なので仕方ないかもしれませんが。

R0039239

私が保護したのは、悩んだあげく白
Apple製品も白が多いしねぇヾ(^ )コレコレ

ほかには、黒、青、ピンク、黄色などがありました。
オレンジがないのが残念(゚゚ )☆\ぽか

R0039241

努力の結晶。

R0039242

ノックするとニードルパイプが出てきます。
ちなみに、鉛筆の芯をここまで出すと折れます(笑)。
なんもオレンズではない、と怒らないようにw

R0039246

セーラーの02mm角のメモにもちゃんと書けます。

R0039247

純正には芯が折れて詰まった時に出す針はついていません。
できれば標準装備してほしいものです。

R0039248

なので、これが必須です。

 

Google関連その4(笑)

問い合わせしていた、GoogleのPlay Storeでの、Zynga IncのAyakashi: Ghost Guildですが、これやはり全国的に不正使用されています。

Googleでは、情報管理はしっかりしているとのことですが、こういう怪しい課金型ゲームをのさばらせておくこと自体が問題かと思います。(しかも被害者多数だし)

昼にGoogleから、アカウントが不正使用されたと連絡が入ったので、たぶん不正課金されたものは支払わなくても良いと思います。

Google_fusei_3

一部前半のみ抜粋。


皆さんも、知らない間にIDなど乗っ取られている可能性があります。
ご注意下さい。

また、クレジットカード登録していない方でも、プリペイドが知らない間に空になっているという恐れもありますので、定期的にGoogleないの、自分の管理画面から>セキュリティ>最近のアクティビティ>イベントをすべて表示
を見てみることをオススメします。

再掲

Fusei

そもそも深夜3時間の間に名古屋と渋谷を行き来することなどは出来ませんから。
犯行は3時~5時の間です。

怖いので念のためカード会社に連絡して、カードを止めて(別のを発行手配して)もらいました。

AndroidマシンでGoogleにログイン出来なくなったときの対処方法(Google)

今回たまたまトラブルが重なり、(現在不正使用に付き、ウオレット解除申請中)、iPhoneは特に問題は発生しなかったのですが、本家GoogleのAndroidマシン(Xperia Z ultra C6833とXperia Z)が、Google Play始め、Googlecalendar、Gmailなどにアクセスできなかった件について、Googleから連絡があり、解除方法を教わったので、書いておきます。

(意外と、この手のトラブルに遭っている人が多そうなので)

まず、多いのは、二段階認証で、認証コードなどの設定のずれ(番号を入れたときのトラブルなど)があって、一時的にAndroidマシンの認証ができなくなっていることが多いとのこと。
そのため、まず第一弾としては、PCサイトから、二段階認証(2 段階認証プロセスを無効にする)にアクセスして、一旦二段階認証を解除します。

動くようになってからは、また二段階認証を設定していただくか、ログインパスワードを長いものに変更すれば、そのまま使っても大丈夫とのことです。

で、肝心のAndroidマシンの設定解除(認証リセット)方法を記載します。

【注】これはあくまで、私的に解決した方法なので、これを参考に行って失敗しても、責任は取れませんので、あくまでも自己責任でお願いします。

写真は、Xperia Z ultra C6833なので、スマホとはアイコン数や画面の大きさが違いますが、基本やり方は同じですので、参考に。
Androidのバージョンによって、表示が違う可能性もあります。
因みに、Xperia Z ultra C6833はAndroidバージョン4.3です。

01

まず、設定(ドライバーとレンチのアイコン)に入ります。

02

次に「アカウント」にあるGoogleをタップ。

04

複数ある場合は、赤くなっている(同期エラー)方のアドレスを選択。
その後右上にある■■■(表記は縦三つ)をタップ。
下線を引いてあるアカウントを削除。

一旦元の画面に戻って、

次は設定画面のアプリを選択。(注:画面無し)アプリの一覧が出ますので、上の欄に、ダウンロード、実行中、すべてとありますので、その中から「すべて」を選択して、Google関係の内容(今回は、Gmail、playStore、連絡先(若しくはアドレス)、スケジュール)を開いて・・・

05

連絡先の中にあるメモリのデータを削除。

続けて

06

Gmailも同様にデータを削除

07

playStoreについても(余分な絵が入っていますがヾ(^ )コレコレ)
データを削除。
してから、設定画面のトップに戻ります。
(Googleゲームとかブックスとかその辺は私は触っていないので関係ないようです)

設定のトップ画面に戻ったら、「アカウント」の所にある+アカウントを追加を選んで、その画面から、Googleを選択。

その後は、Googleのログイン画面が出てきますので、ログインIDとパスワードを入力すると、使えるようになります。

参考までに。


【注意喚起】 Google不正使用される(汗)

FBではすでにお話していますが(^^;
昨日、gmailを見たら、3月2日の深夜2:45と明け方5:37に、Google PlayでZynga Incで2000円が2回分使われているとメールが来ました。
詳細は2000アイテムコインとなっていますが、私的にはなんのことやらさっぱりわかりません(^^;

どうも、調べて見ると、ゲームらしい。
でもって、ネットでググってみたら、こんなのが出てきて、このサイトを使う人が不正アクセスで課金しているらしいと言うことが判明。
被害者も多数出ているよう。

リンクは、サポートへの相談なのでご安心を。
出てくる出てくる。って感じ。

速攻でGoogleに連絡。直後、パスワードの変更と、二段階認証をしました。
今朝改めてGoogleに問い合わせたら、1個はすぐに返金手当したとの回答がありましたが、もう一個の方は返事が来ていません(返事待ち)

改めて、Googleで内容を見てみたら・・・

Fusei

なんと、渋谷と名古屋からログインされて、勝手に使われていたらしい。
(同日付の間は県外に出たことがないので、これは不正アクセス)
おまけに、不正アクセスした人は、二段階認証してるし(怒)
同一人物なのかはわかりません。

副作用が・・・
Googleから、検証のためGoogleにアクセスできなくなる場合がありますとのメールが来て、Xperia Z ultra C6833もXperia Zも朝からログイン出来ない状況になっています。
かろうじて、PCとiPhone(Gmail)のみは、認証が上手く行って使えています。
が、下手すると全面停止になりかねない。とゆうタイトロープ状態。

スケジュールがGoogleをメイン(手帳以外ね)で使っているので、早く使えるようになりたいですが。
Googleの検証待ちのようです。

皆さんも定期的に、Googleのイベント情報を確認すると誰かが入り込んでいる可能性があります。
ご注意下さい。

ここの方も、かなり詳しく経緯が書かれています。

持ち運べるホワイトボード NUboard(CANZAY+Justsystem)

一時期話題になった?ヌーボード

R0038858

Justsystemオリジナル版が安かったので保護してみました。

R0038859

箱の裏面。

なんちゃっても沢山出ているのですが、こちらは純正。

R0038860

大きさ的には新書風?
右側にホワイトボード用のペンがあります。

R0038861

中央のゴムバンドは、白版消し
革仕様です。

R0038863

こんな感じで、フェルトが貼ってあります。

R0038862

裏面には、ジャストシステムのロゴ
革製です
一太郎をイメージしたオリジナルカラー

R0038865

手や反対側の字がかぶらないように、クリアフィルムがあります。

R0038866

ペンは、PILOTのホワイトボードマーカー

R0038868

意外と書きやすいです。

R0038869

会議の席次表とか、移動中の電話のメモなどちょっとしたメモなどに便利です。

 

アマゾン限定の大きめのものもあります。

マルマンコラボのB4サイズ

趣味の文具箱 vol29(エイ出版)

やってきました、恒例の趣味の文具箱29です。
他社も負けずにいろんな文具関係の本を出してくるようになりましたが、ここまで続いているのは趣味文だけ(笑)

R0039540

今回の特集は、ペンの贈りものとペン道楽のQ&A

R0039541

こちらがコンテンツ。

R0039542

手持ちの文具紹介なんてのもあります。

R0039543

定期的に特集されていますが、万年筆(一部ボールペン等があります)の仕組みから始まって、メンテナンスまで、初心者にもわかりやすく書かれています。

R0039544

内容はお見せできませんが、コンテンツのみ。

R0039545

こんな感じ。

昨年末にはカクノが投入され、またセーラーからも初心者向けの万年筆がラインナップされたことで、裾野が広がりつつある今こそ、プロの方も、マニアの方もおさらいすると良いかもしれません。

出たばかりなので、手に入ると思いますが、うちの近所の書店では私が買って後1冊になっちゃいました(笑)
前回は、買いに行ったらなかったので仕方なく尼にお願いしましたので、お店で見当たらない場合は、どうぞ。

フリクション いろえんぴつ(PILOT)

今更ですが、保護してみました。

R0039252

とりあえず一本(笑)

R0039253

「おれんぢ」ではなくて、「だいだいいいろ」です。

R0039254

消しゴムではなくて、フリクションボールペンについてくるあれです。

R0039255

残念なことに、幼児は一人では使ってはいけないんだそうです。
なんでだろ?この辺が良くわからない。
また、描画や筆記以外に使用しないでください。とありますが、これもなんでだろ?
ほかに使い道があるのかな?

R0039256

名前書くとこ。

R0039257

ちゃんといろえんぴつです。
芯の周りの白はなんだろ?

R0039307

削ってみました。
やはり白が気になります。

R0039308

普通の色えんぴつよりも、かなり薄いです。

R0039310

消して書き直しもできます。

発色が気になる以外は、普通のいろえんぴつです。

  

ブルーとピンクの違いは何かな?

 

24色も12色もありますが、上のブルーとピンクの方が安かったり(笑)

赤が欲しかったのですが、売り切れていたので(笑)
しかも赤だけなかったwww

リボルテック ダンボー cheero ver.その2比較編 (海洋堂+cheero)

昨日紹介したダンボー cheero ver.と、バッテリーの比較です(笑)

R0039488

こちらが逆コラボの元。
顔でか!

R0039489

重ねてもでか!

R0039490

裏側も。
同じです。あ、FCCがない。

R0039491

うーん、後ろがきれいにぼけてる(笑)

R0039493

こちらは6000mAhのもの。
大きさは似てます。

R0039494

重ねてみました。

R0039495

さすがに後ろは似てません。

R0039496

首すげ替えてみた。

R0039497

こちらも、色がびみょーに違う。
日焼けしたダンボー(笑)

R0039499

ならべてみました。

R0039500

顔のみ三体(笑)

R0039501

横の厚み。

  

リボルテック ダンボー cheero ver. (海洋堂+cheero)

最近あちこちで企業コラボが流行っていますが、今度は、cheeroが海洋堂とコラボ(笑)
ダンボーの充電器(バッテリー)が馬鹿売れした、cheeroですが、元祖リボルテック ダンボー(あー大きい方ね)となって帰ってきました。
ということは、あのみうらちゃんが付いている方です。

あずまきよひこさんの「よつばと!」から、いつの間にか、原作を知らない人まで大人気となったダンボーですが。
快進撃は続きます(笑)

R0039423

パッケージがリニューアルされていました。

R0039424

こちらが裏面。
写真集からの引用かな?

R0039425

流石に箱は、汎用です。
とゆうのは。

R0039426

ダンボーミニ企業コラボバージョンで使っているパターンですね。
ちなみに、こちらがよつばとのよつばちゃんフィギュアと同サイズのもの。

R0039427

こんな感じで、多用できるようになっています。

R0039429

開けたとこ。
普通のリボルテックに比べてパーツは少ないです(笑)
右の首が、みうらちゃん。
じゃんぼさんが、ミウラだけにランボルギーニと言った子です。

R0039430

箱から出したとこ。
ちゃんとダンボーバッテリー(大)と同じ雰囲気です。

R0039432

電源スイッチ部分と、バッテリーゲージはプリントです。

R0039433

横から。

R0039434

裏から(ピンぼけご容赦)(゚゚ )☆\ぽか

R0039436

反対側は電源スイッチになっています。

R0039435

表も裏も、cheeroロゴがあります。

R0039439

首外しました(笑)

R0039440

裏面。
この電池保護シールを外せば目が光ります。

R0039441

みうらちゃんの首をつけてみました。

R0039442

ちょいアップ。

R0039443

横から。

 

こちらが充電器の方。

こちらがノーマル版

こちらが紹介した物。
バッテリーは瞬殺されましたが(笑)、こちらは潤沢にあるようです。(現時点ね)
でも、数は作らないと思うので、興味がある方はお早めにどうぞ。

こちら、ダンボースピーカー(音はそれなり)ファンの方どうぞ。
送料が掛かるものもありますので、ご注意ください。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ