« Xperia Z ultra 用スタイラスペンES22 (SONY) | トップページ | 遠赤外線で暖かいパネルヒーターPH-01(geanee) »

奇跡を体感せよ。生賴範義展 図録(みやざきアートセンター)

本日からみやざきアートセンターで開催されている、生賴範義展。
予約していた、図録が本日到着。
誂えたような、発送。
ありがとうございました。

R0039220

九州独自のレターパック(ヤマト)のデザインなんですね。
初めてみました。

生賴範義(おおらいのりよし)って誰?という方もいらっしゃると思いますが。
私が絵を好きになったというか、絵を書くようになった憧れの大先生です。

小学校の頃から、先生の大ファンで、高校か大学の頃に画集が出てけっこう買いました。

知らない方は、以下の絵を見てもらえると、どっかで見た事がある絵というのがわかると思います。

R0039221

発売受付に先着100名のみ頂ける、カレンダーとチラシも無事入っておりました。

R0039222

こちらがカレンダー。

R0039224

こちらが配布されているチラシ集。
流石に静岡では手に入りませんので、ラッキー。
全部で8枚入っていました。

R0039225

もったいないので開けてませんがヾ(^ )コレコレ
こちらは吉川英治全集に掲載された宮本武蔵。

生賴範義さんは、その画力を高く評価されて、スター・ウォーズのポスターや、映画メテオを始め数多くのハリウッド映画のポスターを書いています。
日本では、ゴジラ映画や復活の日を始め、小説のジャケット、ゲームソフトから模型のボックスアートなど多方面に活躍しているので、名前は知らなくても、見たことがあるという人は多いと思います。

子どもの時に見て、リアルな描写力と、大胆な構図にしびれてしまいました。

R0039226

こちらが、画集の表紙。

R0039227

開くとラフスケッチ(下書き)があります。

R0039228

ピントが合っていませんが、「生活者としての絵描きは肉体労働者にほかならぬ。」明言です。

R0039229

カバーの裏側にも絵が書かれています。

ちなみに、この図録はめっちゃ考えられていて、・・・

R0039230

普通の書籍や画集ではこの部分が背表紙で包み(くるみ)製本されているのが、むき出しになってせいほんされています。
どうしてこうしたのかというと、製本が糸かがり綴じ製本(ほぼ日手帳もそう)されているので、ちゃんと図録が開くようになっています。
仮にこの部分が普通の画集や書籍のように製本されているとぱたんと開かないのですね。

R0039231

内側の表紙。
左上は、たぶんゲームの信長の野望のジャケット。中央はミレニアムファルコン、右はゴジラ。
とこのようになっています。

R0039232

適当なページを開いてみました。
左側は、宇宙戦艦ヤマト(さらば宇宙戦艦ヤマト未公開イラスト)右は映画日本誕生
このようにパタンと開きます。

R0039233

こちらは、ウルトラマンパワード(アメリカのでしたっけ?)のポスター。
左の上は、映画メテオのポスター。下は、映画黄金の犬のポスターになります。

みやざきアートセンターで、開催されているので、気軽に行ける場所ではないので残念ですが、ぜひ全国のファンの方が見られるように、美術館巡回して欲しい先生の作品です。

生賴範義展公式サイト
企画意図

第一次販売は瞬殺されてしまいましたが、要望が多いため3月に再販するようです。
興味がある方は、こちらを定期的にご覧下さい


« Xperia Z ultra 用スタイラスペンES22 (SONY) | トップページ | 遠赤外線で暖かいパネルヒーターPH-01(geanee) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ZEAKさん

”生活者としての絵描きは肉体労働者にほかならぬ”
ひたすらリアルで緻密な表現を追い求めた姿勢、、スーパーリアリズムなんてのもありましたが、この方は、そういう潮流とも無縁で、孤高のイラストレータですね。

かんてつさん
確かに、自分の絵を確立して、素晴らしい作品を
生み出し続けてきた人です。
一般的には、商業系の作品なのでイラストレーター
に分類されちゃいますが、画家ですね。

糸かがり綴じ製本 ご理解いただき誠にありがとうございます、
生賴先生の絵が少しも隠れないように、このスタイルをとりました。
また原画に忠実に色再現をしています。
私も氏の絵に強く影響受けましたので、その恩返しです。

永くご愛読ください

コウジさん
コメントありがとうございます。
色彩も絵の再現性も素晴らしく、満足です。
重ねてありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/59091256

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡を体感せよ。生賴範義展 図録(みやざきアートセンター):

« Xperia Z ultra 用スタイラスペンES22 (SONY) | トップページ | 遠赤外線で暖かいパネルヒーターPH-01(geanee) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ