« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

ドクターグリップ限定プチクマ(PILOT×ブルボン)

うちの神さんが買うてきましてん。

R0039450

なんと、あの可愛いプチクマたんとPILOT(ドクターグリップ)がコラボしちゃいました。

R0039451

ミニノートが付いていきます。

シャープの替え芯にも。

R0039457

ノートは全10種類。

R0039458

知りませんでしたが、くまさんにも性格があるらしい(笑)

R0039453

こちらも限定のドクターグリップ
くまさんが沢山います。

R0039454

最近のドクターグリップはカラフルになっていますね。
私的には、初期の頃から使っていましたが、初期の頃のはゴムが硬くなって書きにくくなったり、クリアのものは、しばらくするとグリップ部や中身ねばついてくるのが苦手で(笑)
最近こんなに進化しているとは知りませんでした。

R0039456

こちらのドクターグリップの方も全3種類です。

いちお神さんのなので、開けません(笑)

Amazonでは見つからなかったので、リンクは貼りませんが。
気になる方は、お近くの文具店へGO


パワーアップしたOlasonic USB DAC その3試聴編 DIGIFI (stereoSound)

エージングをしておりました。


試験するのは、4本のオマケUSBケーブル。
以前の聞き比べは、HiViオーディオUSBケーブル聞き比べ参照。

20140224_112530921_ios

参考までに
紫=WIRE WORLD
黒=AIM SHIELDIO UAC
青=ZONOTONE
灰=SUPRA
です。

以前の評価は、音源により
WIRE WORLD(紫)=AIM SHIELDIO UAC(黒)>スープラ(グレー)>ZONOTONE(青)
AIM SHIELDIO UAC(黒)>WIRE WORLD(紫)>スープラ(グレー)>ZONOTONE(青)
などとなっておりましたが。

20140224_112536331_ios

こんな感じで再生しています。
MacBook Air13inch MID2012
再生するスピーカーは2012夏にstereo誌に付いてきたものとエンクロージャは、同時期発売の別冊stereoのもの。

R0039386

まず、MACのスピーカー設定を、USB AUDIO DACに設定します。

聞いた曲は、BON JOVI、Queen、ポーツポッツ、MichaelJackson、EAGLES、伊福部昭、牧野由依、柳ジョージ。
とまあ、多くのバリエーション(ジャンル)で聞いてみました。

R0039390

BON JOVI The Circle We Weren't Born To Follow

R0039392

接続中は、オレンジのランプが点灯します。

R0039393

ボリュームコントロールのようす。

R0039394

ゾノトーンのケーブル

R0039397

AIM SHIELDIO UACのケーブル

R0039398

SUPRAのケーブル

R0039399

EAGLES HotelCalifornia

R0039401

PAUL POTTS Nessun Doma

R0039404

伊福部昭 Godzilla Symphonic Concert Symphonic Fantasia No.1

柳ジョージ 青い瞳のステラ1962年 夏・・・

20140224_113956324_ios

牧野由依 碧の香り

今回は、ケーブルによる差は、ジャンル(音源とソース)によって、若干の違いはあるものの。
劇的に違いが感じられるほどではなく、以前評価が低かったZONOTONEでも、かなり良い音で聞けました。
以前は明らかに音が大きく変わったのですが、どれも綺麗でクリアな音が再現されました。

当然、USBケーブルによって得意不得意の音源の違いはありますが、以前のUSB DACと比べると、音に透明感がでてきて、いずれのケーブルでも高品位な音が再現できるという感じでした。
私のように、多ジャンルの音楽を聴く場合、音源にあったUSBケーブルを使い分けるというパターンが良いかもしれませんが、クラシックのみとかジャズのみ、アニソンのみとなると、自分が好きな音源にどんぴしゃなケーブルがあれば、抜き差ししないでそれのみを使うということで良いかもしれません。

また、気分によって、クリアサウンドが聞きたいとか、しっとりした曲が聴きたいなど、気分によってケーブルを替えるというのもありかもしれません。

いずれにせよ、ブログや仮にようつべに上げても(著作権の関係ですぐ消される可能性大)、再生する環境や録画(録音)環境で違ってくると思いますので、各自お試し下さいとしか言えません。
また、人によってドンシャリが好きな人、透明感のある音が好きな人など好みがありますので、楽しめれば良いかなと思います。

昔は、オーディオというと、お金を掛けてという特定の趣味の世界でしたが、PCオーディオ(含むiPhone、iPod)が普及してきたことにより、低価格で好きな組み合わせができるようになってきたので、こういう楽しみ方もあるということで。


パワーアップしたOlasonic USB DAC その2比較編 DIGIFI (stereoSound)

皆さんは、もう入手されましたか?

恒例の比較編です。

R0039365

左のが前回の、右のが今回のものです。

基本設計やパーツの配列は似ていますが、要所要所でブラッシュアップされています。

R0039369

一番大きな進化は、ボリュームスイッチが付いたこと。
これにより、マウスやタッチパッドでボリュームコントロールをしなくて良くなった点です。

スイッチは中央(右)のがボリュームアップ、左がボリュームダウンです。
ソースによって音が違うというのがたまにあるので、物理的なスイッチがあると安心できます。

R0039370

背面は、一緒。

R0039366

左から。

R0039368

右から

R0039371

過去の4回分のメーカーの異なるUSBケーブルと。

いずれのケーブルも本来は超お高いものですが、20cmにして雑誌の付録につけてくれたというもの。
前回(ブルーのUSB DACの時は、私の好みでは、紫のものが一番お気に入りでしたが、さてどうなるか。

つづく


Welch'sクラッシュグレープ(カルピス)

昨日、シュウェップスのカシスグレープを紹介しましたが。

R0039317

ウェルチのクラッシュグレープ、スパークリング(炭酸)です。

R0039318

三ツ矢サイダーと違って、果汁25%(笑)

R0039319

皮ごと使っているとのこと。
どおりで苦いわけだ(笑)
でも美味しかったす。
こっちの方がシュウェップスより美味しいきがする。


なんでか知らないけど、ココログ45位になってました。

どこかでリンクされたのか、それとも気の迷いか(笑)
なにげに、NIFTYメインのランキング開いたら・・・

45i

2月23日に、45位を記録していました。
それ以外は80位前後を推移していますので、ここだけ飛び抜けています。

理由は良くわかりません(汗)


万年筆とボールペンがセットされたカヴェコスポーツその2(KAWECO)

カヴェコの続きです。

R0038727

こちらがボールペン。

R0038728

斜めから。

R0038729

ペン先(笑)
ノック式です。

R0038730

ノック部
MADE IN Germanyの刻印があります。

R0038732

万年筆は尻軸部

R0038736

カートリッジ(リフィル)は、4Cタイプなので、好きな多機能ペン用リフィルが使えます(自己責任でお願いします)
なので、さくっと抜いて、ジェットストリームのリフィルを(゚゚ )☆\ぽかぉぃ

R0038739

大きさはこのくらい。
ポケットや鞄に忍ばせておくのに便利です。

R0038733

意外と重宝します。

あ、書き味ですが、万年筆は鉄ペンでも軟らかい部類にあたりますので、なめらかに書けます。


Schweppes カシスグレープ(コカコーラカスタマーマーケティング)

シュゥエップスにカシスグレープが出てたので、飲んでみた。

R0039418

イヤミがない味で、良いかも。

R0039419

最初に出たレモンは、ちょっと苦みが強くてあれでしたが(笑)
ちなみに、ヨーロッパでは沢山見かけましたけど、味が違う。

同様に、オランジーナもヨーロッパの方が味が濃かったです。

面白い折りたたみ椅子のガシャポン(エポック社)

Facebookで盛り上がっていた、折りたたみ椅子のガシャポンを偶然発見したのでやってみた。

R0039330

ガシャポン(ガチャガチャ)をやるのは、何十年ぶりだろ(笑)

R0039331

作りがあれですが、ちゃんと折りたたむとゆうか、たたまれて出て来ました。

R0039332

反対側。

R0039333

ちゃんと椅子になります(笑)

R0039338

ダンボーミニと

R0039339

一緒に遊べます(゚゚ )☆\ぽか

R0039340

こんなことも。
注:良い子は椅子の上に立ってはいけません。先生に怒られます。

R0039341

ええわ(笑)

R0039337

本物の椅子とヾ(^ )コレコレ

R0039334

これだけのカラーがあります。
ちゃんと収納の台もあったりします。

R0039335

並べると学校の体育館みたいになるので、オトナ買いしたいです(゚゚ )☆\ぽか
残念ながら手持ちの財布に700円しかなかったので1回しか出来ませんでした(汗)

普通、ガシャポン(ガチャガチャ)は同じのが出るとめっちゃ悔しいですが、今回のはかぶった方が嬉しいかもしれません(笑)
こういうのは珍しいですね。

R0039336

ガチャガチャって言うと、バンダイしか知りませんでしたが、
このガチャガチャは、なんとエポック社。初めて知りました。

パワーアップしたUSB DAC付きDIGIFI 13号ファストインプレッション(stereoSound)

やってきました。
恒例のUSB DAC付き雑誌。
一年ぶり?

R0039342

Amazonや楽天ブックスなど主立った通販ショップでは、なかなかエントリされなかった上に、出た瞬間に瞬殺されてしまうという、毎回恒例の祭りです。
たぶん書店には出たばかりだと思われますので、平積みされていると思いますが。

R0039343

前回より薄い感じがするけど、気のせいですか?そうですか。

R0039344

前回に引き続きUSB DAC、しかも卵型スピーカーで有名なオラソニック(Olasonic)さんのもの。
と言えば、音の再現性に定評があります。

と、その前に本誌の紹介。

R0039361

前半は、おまけのUSB DACの特集。

特集1は、今オーディオ業界で、最も旬のハイレゾ音源。
なので、オマケ狙いの人でも本の内容は十分楽しめます。

R0039362

stereoSoundさんのショップで売られている専用Box。
ちとお高いですが、専用設計らしくばっちり。

R0039363

これもすごいぞ。

R0039364

こちらもすぐに売り切れてしまい、なかなか買えないといわれているアクリルカバー。
残念ながら同時発売には間に合わなかったので、また後でエントリします。
いつもはブルーアクリルですが、今回は基盤の赤に合わせて、赤いアクリルカバーです。
来るのが楽しみ。

さて、肝心のアンプです。

R0039345

今回はやけに宣伝が多い気が汁(笑)

R0039346

DIGIFIのオマケは、ケースが付いていないのね。
月間ステレオの方には、やわいけど、プラ板みたいな保護カバーが付いてきますが。

R0039347

ご対面~ん・・・
デカ!
新設計ということで、基板の配列が前回のとはビミョーに違います。
ボリュームスイッチも付きました。写真右側の2つの突起。

R0039348

Olasonicロゴが良いです。

R0039350

前回のが10V 6800μFだったので、16V 10000μFとパワーアップしています。

R0039351

今回も、当然USBバスパワー(余分な外部電源は不要です)

R0039352

ボリュームスイッチと通電ランプ。

R0039353

足のみ付いてきます。

R0039354

左右間違えないように、ちゃんとR+-L+-の表記があります。

R0039355

スピーカーケーブルは差し込み式なので、すぐに試せます。

R0039356

別アングルから。

R0039357

横から

ちょっと音出してからまたアップします。
続く


万年筆とボールペンがセットされたカヴェコスポーツ(KAWECO)

最近は電脳小物かカメラネタが多くて、文具・万年筆ファンの方済みません。
今年(2014年)始めての万年筆紹介です。

R0038711

カヴェコというと、廉価版万年筆で有名ですが。

R0038712

正式名称かどうかはわかりませんが、カヴェコスポーツ万年筆&ボールペンセット
と書いてあります。

R0038713

セットだとこのような革のケースが付いてきます。

R0038714

メダルにもちゃんと、Kaweco SPORTSとロゴがあります。

R0038715

反対側にはKAWECOのロゴがあります。

R0038716

中にはビニールに入った万年筆&ボールペンがあります。
パッと見、ぺんてるのサインペンみたい(笑)

R0038717

袋から出しました。
両方ともめっちゃ軽いです。

R0038718

ノック部並びに天冠部。
どちらもちゃんとKAWECOのロゴがあります。

R0038721

こちらが万年筆。
ショート軸ですが・・・

R0038722

回して開けて、キャップを挿せば、それなりの長さになります。

R0038723

廉価版なので、鉄ペンです。
たぶんシュミュットかと。

R0038724

ちょいとアップ。
ちゃんとペンにもKAWECOのロゴがあります。
字幅はM

R0038725

こんな感じで開けます。
カートリッジは、ヨーロッパタイプなので、汎用性があります。
ただし、ショート丈なので、予備カートリッジは入れられません。

R0038726

手のひらサイズです。

続く

 

復刻版とありますが、一度倒産しちゃったんですね。
それで、どこか忘れた(゚゚ )☆\ぽかけど、受け継いでくれて再販してくれています。
スケルトン(デモンストレーター)もあったのですが、重厚感を重視して黒にしました。

 

バラ(単体)でもあります。店によって送料がかかる場合がありますので、ご注意下さい。

 

白やグリーンもあります。

吸入式のコンバーターもありますので、好きなインクが入れられます。
ちょっと高いですが、コレがあればほかの万年筆(コンバーターがないもの)でも対応ができます。


Nike Hydration Mug-0.35L(サーモス)

たま~に、LOFTとかって、在庫処分で投げ売りされることがあります。
紹介するこちらも、某横浜のLOFTで表示価格から更に30%オフだったので、(ネットで最安値を調べてそれよりも更に安かったので(笑))保護しました。

R0038742

色はガンメタと白があったのですが、白の方を。

R0038743

箱からだしたとこ。

R0038745

キャップ部。白いU字型の部分がロックになっています。
それを下げて、中央部分のボタンを押すと・・・

R0038746

こんな感じで蓋が開きます。

R0038747

広口になっているので、氷なども入ります。(保温・保冷兼用です)

R0038748

ボトム部は、幅広いゴムになっているので、安定しています。

スリム仕様ではありません。
こちらは珈琲専用にして使っています。

 

替え用のパッキンもあるのですね。

保温の力は、5~6時間ほどでしょうか?
厚いモノを入れた直後は、やけどに注意です(笑)
夕方になるとぬるくなりますので、ほどほどに。


保温力は、昔紹介したスリムタイプの象印の方が持つかもしれません。
こちらはキャップを開けるタイプなので、さっと飲むことが出来ない上に、信号待ちなどで飲むのもキャップを回して開けなければならないので、本商品を追加購入です。


進化する延長コード

昔(今もか)は、延長コードというとタップが4~6個位あってというのが定番ですが、低価格の延長コードにも色々バリエーションがでてきたみたいですね。

R0038607

こちらはおしゃれなタイプのスイッチインテリアタップ。

R0038610

1か所だけ離れていますが、げんこつタイプのACアダプターやオプションを繋げるように離れています。
一見普通の延長コードなのですが。

R0038611

見えない部分に、電源スイッチが付いています。
しかもこれ、ブルーLEDが点きます。

R0038612

もう一つは、USBローリングタップ。

R0038615

附属チップは交換できるようになっています。

R0038616

一見普通のコンセントなのですが。

R0038617

反対側にはUSBコネクタがあり、機器の充電ができます。

R0038618

こちら、コンセントの空き状況に合わせて、回転できるというもの。

R0038619

R0038620

こんな感じで回ります。(ちゃんとクリック感があるので、好きな角度で止めることができます。

R0038621

また、上にあったチップを気分や配線によって替えることもできます。

R0038622

ただし、USBの出力はDC5V 1Aなので、iPhoneなど低出力のもののみとなります。
iPadとかは2.1Aの規格を使いましょう。

R0038623

こちらは、コンセントは回転しませんが、旅行用に。

R0038628

ビジネスホテルや昔の旅館などはコンセントが少ないので、こんな形のものが1つあるだけで、充電の幅が広がります。
iPhoneやタブレットだけでなく、カメラのバッテリーとか、ダンボーバッテリーなんかもまとめて充電できるし。

R0038629

USBコネクタ(こちらも、5V 750mA)

R0038630

コンセント部は折りたたみ可能。

R0038632

購入したのはカインズホームなのでたぶん全国のカインズホームで入手可能と思われます。
尼ではヒットしませんでした。

懐かしのDIMAGE X用電池NP200同等品を保護

DIMAGE Xは、今は亡き実る田もとい、ミノルタの往年のヒット商品ですが、電池が死んでいたので、低価格の電池を買ってみました。

R0039003

こんな感じの箱で来ました。

R0039004

右が純正品(死んでる方)、左が同等品。

R0039005

裏側。

でもって、なんに入れるかとゆうと。

R0039006

DIMAGE X(元祖)表面。

R0039007

こちらが裏面。

R0039008

DIMAGE Xt

R0039009

裏面。

R0039011

こんな感じで大きさがびみょ~に違います。

R0039010

裏側

R0039012

厚みはほぼ似てる感じかな?

R0039013

電池を入れてみたら、2002年とありました。Xtは2003年です。どちらも10年以上前のモノですね。

R0039014

電源を入れるとシャッターが開いてレンズが見えます。
このデザインは、プリズムで下の方に画像素子があって、潜水艦の潜望鏡のようになっているという斬新なデザインのカメラです。

R0039015

背面液晶は小さい上に、この画質(笑)

R0039016

こちらも、同様のペリスコープデザイン。

R0039017

確かこれで3倍ズームはあったかと。

R0039018

翌年のモデルでもそんなに背面液晶の画質は変わらない?

久々に電池を入れてあげたので、(最新の高画質、高品位レンズと比べるとチープですが)、またこれで撮って見ようかなっと。

これを見ると欲しくなる(汗)Lenovo YOGA TABLET 8(Lenovo)

LenovoのMiix 2 8を使っていますが(^^;
Lenovo YOGA TABLET 8良いですねぇ~
特に3Gだけど、SIMロックフリーですよぉ~ちょっとぉ~奥さん~(゚゚ )☆\ぽか

何が良いかというと、例のカズチャンネルのカズさんが、私よりも詳しく動画で紹介しているので、まずはご覧下さい。

注:音が出るので会社とかでは見ないように(゚゚ )☆\ぽか

カズさん、いつものように、すげーハイテンションで説明してくれちゃうので、つい欲しくなりますヾ(^ )コレコレ

特徴は3Gだけでなく、マルチアングルで使える内蔵の立てかけ用のパネルまでついているので、私のように別途スタンドを用意する必要もなくすぐに使えるというのが良いです。

以前、Miix 2 8の使用感でも書きましたが、持ち運びに抵抗があるのが通信環境。
まあ、デザリングしちゃえばと言われれば、そうなんですが、iPad miniやXperia Z ultra C6833を持っていると、別にWindows8.1までなくてもよくね?みたいになっちゃいますが、今度のLenovo YOGA TABLET 8は、SIMロックフリー
おまけに、IIJmioプリペイドパック(500M)が同梱されているという超豪華なセット。
届いたらその場で外に持ち出せるというメリットがあります。

注:こちらはAndroidマシンです。

詳しくは、LenovoサイトのLenovo YOGA TABLET 8のページをご覧下さい。

シネックスインフォテック株式会社のキャンペーンプロモーションです。

  

通信環境が別途ある方は、価格が安い方でも良いです。

ウヰルキンソンミキシングアップル

なにげに面白そうなモノがあったので、保護してみました。

R0039311

ウヰルキンソンのジンジャーエールは、私には合わなくて。
なんか知らないけど、外国のジンジャーエール系が全部ダメで、口の中がかぶれてしまうという恐ろしいことに(笑)
普通の単3もとい、ウヰルキンソン炭酸は大丈夫なんですけどね。

R0039312

なので、心配していましたが。
こちらは特にかぶれも出ずに、ちゃんと普通に飲めました(笑)

まあ、ジンジャーが体質的に苦手だったということでしょう。

こちらは、普通の林檎風味なので、けっこうおいしいです。

Link Station LS-WX4.0TL/R1J(BUFFALO)

昨日のI/Oデータに続いて、もう一つNASを保護。
というのも、こちらは、年々肥大化している写真・動画データ用です。

R0038807

こちらも4TB

R0038808

横から

R0038809

こちらは裏面。

R0038810

ケーブル類。

R0038811

流石に薄い。

R0038812

斜め前から

R0038813

BUFFALOのNAS(Link Station)はシンプルです。

R0038814

こちらは裏面。
これもUSBが付いています。

R0038815

フロントパネルを開けることができます。
HDDが不調の場合は、交換が出来るので便利です。
各2TBで2台で4TBとなります。

R0038816

保護カバー抜いたとこ。

監視(設定)アプリは、前から使っているので、自動で設定完了です。


  

NASがこの位の値段で買えるようになると自宅でも組めるので便利ですね。

LAN DISK HDL-XRシリーズ(I/Oデータ)

今まで、会社で普通のHDD用のNASを使っていましたが(小規模事業所ね)、アクセスできない時があったり、ネットで見えない状態になってきたので、急遽新しいNASを買うことに。

R0038765

とりあえず、HDDが交換できて、低価格ということで選択。
HDL-XR/4.0W 2D 4.0TBのものです。

R0038766

横から。

R0038768

蓋を開けると恒例の取説。

R0038769

めっちゃでかくて重いです。

R0038770

上から

R0038771

斜め前から。
4段カセットで、うち上に2つのみHDDが入っています。

R0038772

正面から
左の特殊な鍵を使ってHDDを外します。
上からパワーボタン、ステイタスランプと起動ボタン。
USBコネクタもあります。

R0038773

裏面。
ファンが2つ。でも会社なのでそれほど音は気になるものではありません。
個人宅だとけっこうファンの音がうるさいかも。
下段には、LANコネクタとUSBケーブルなどがあります。

R0038774

コネクタ拡大部。
左からLAN、外部出力、USB、eSATA(これしらね(゚゚ )☆\ぽか)、リセットボタン。

R0038775

付属品は、ケーブル、LANケーブルとHDDを開ける鍵です。

R0038776

取説とCDに色分け用のシール。

R0038777

こんな感じでカセット式なので、引き抜くことが出来ます。

R0038778

コネクタ部分。

Io_lan_ip

インストールCDを入れると説明が出てきて、暫くするとネットに接続されていれば、自動で接続されるようになります。

意外と簡単でネットが組めます。

  

買った時には凄く安かったのですが、新しいモデルになったのかな?

Parallels Desktop 9 for MAC

昨日のATOK 2013 for Macの続きです。
1月末に、キャンペーンをやってて、このセットがなんと普通でParallelsをバージョンアップすると4900円かかるのですが、ATOK 2013 for Macセットで購入すると、なんと1350円で買えたのです(笑)

R0038817

私が母艦で使っていたParallelsが7、Maverickにしたら、仮想空間が非対応になってしまっていたので(゚゚ )☆\ぽか

R0038830

www

R0038825

こちらが同梱品。

R0038831

インストールします。

R0038834

更新版があるのでネットからDL。
だったら、シリアル番号だけでよくね?

R0038836

使用許諾契約云々。
同意

R0038839

登録してあるアカウントにログイン。

R0038840

その後、アクティベーションキーを入力。

R0038843

さて動くかヾ(^ )コレコレ

R0038847

スリープ設定されているマシンから、タブレットなどでマシンを動かす事ができるようになっているようです。

R0038849

昔からあったっけ?

R0038850

無事にMACでWindows7が起動しました。
だから何ってのはありますが(笑)

R0038853

こちらがParallelsアクセスをタブレットから起動させたとこ。

R0038854

外部からタブレット(iPad mini)でMACが動くのは便利です。

更新して良かった。

  

これ、正規版をMACで登録されていれば、Windowsマシンとの外部リンクもできるようです。

R0038852

会社のPC(Windowsマシン)とリンクさせているとこ。


今更、ATOK 2013 for Mac (ジャストシステム)

ATOK2014が出て、Passportにおいても、自動更新でWindowsマシンは2014仕様になりました。

R0038821

でもって、なんでATOK 2013 for Macなのか(笑)

MacにもATOKPassportを入れてあるので、別に問題はないのですが、・・・

R0038822

裏面。

R0038824

最近のは、CDでなくてUSBなんですね。

で、なんでこれ保護したかとゆうと・・・

続く(゚゚ )☆\ぽか

 


男の子ならドリルメカ!ジェットモグラ(特撮リボルテック、海洋堂)

古くは海底軍艦
ペルシダー(ウルトラマン)、マグマライザー(ウルトラセブン)、理論的に地中に潜るのは無理だろってのがマグマライザーですが(笑)
ウルトラシリーズに大きな影響を与えたのが、サンダーバードです。
その中のメカでも一番人気なのが、ジェットモグラ(英名ではただのMOLE:もぐら)

R0039182

箱です。

R0039184

裏側

R0039185

こんな感じでパッケージングされていました。

R0039186

地中に潜る瞬間ですな。

R0039187

別アングルから。
デザインは秀逸ですが、どこから乗るのかヾ(^ )コレコレ

R0039189

本作では油圧で斜めになるようになっていますが、うまく再現されています。

R0039190

横から
汚し塗装も良い感じで、作業メカっぽい感が出ています。

R0039191

本体は取り外す事ができます。

R0039192

横から。

R0039193

小さい頃プラモデルは何体も作りましたが、横の移動用のベルトもこのように回転式になっていたのですね。

R0039194

地中に潜る時に、このパトライトは割れちゃうんではというツッコミはなしで(笑)

R0039195

斜め前から。

R0039196

ドリル部。
ちなみにジョイント部分のぎざぎざも回転するように作られています。

R0039197

台座部分のキャタピラー(無限軌道)の再現性も素晴らしいです。

あー、帰ってくるときにどうやって収納するかというツッコミも無しで(゚゚ )☆\ぽか

 

右は青島文化教材社(イマイから金型・版権受け継ぎ)のプラモデル。

10年くらい前に実写版サンダーバードをやったときには、リアルなジェットモグラが出てきましたが、かっこ悪かった(笑)
ま、こちらの方が現実的なメカですが。


PHOTO-U TV その3その他の機能編(au)

その他の機能編と書きましたが、auでは、こちらを売りたいらしいです。
てゆうか、その前の7インチモデルのフォトフレームはテレビが付いていなかった。

たぶん、SBもそうですが、こういう契約を増やして新規契約◯◯万人とかカウントしているんでしょうね(笑)

R0039179

こちらは、スマホの画面が飛ばせるらしい。

残念ながらiPhoneでは非対応のアプリらしい(苦笑)

R0039180

こちらは、録画した動画を見るアプリ。
SDカードだけでなく、本体にもメモリが搭載されているらしいです。ヾ(^ )コレコレ
フルセグで録画出来るらしいです。
保存できるかは不明。

R0039181

こちらはフォトフレーム。
まだなんも送ってないのでからっぽ。

うーん、これでNTTの光BOX+みたいにAndroidアプリが使えるともっと楽しいのに。
例えばHuluとかが見られるとか、Wi-Fi内蔵しているとか。

いまんとこ、テレビでしか使ってませんが(^^;
なんか挑戦したらやってみますね。

PHOTO-U TV その2設定編(au)

設定の前に、充電です。

R0039136

このPHOTO-U TVは、防滴仕様でもあるため、お風呂でも見ることができます。
まあ、バッテリーは2.5時間(カタログ値)ですけど。
そこまで風呂入ってないしw
ちなみに、赤いランプは満充電でも赤のままです。
この辺一工夫して欲しい。

設定です。

R0039137

背面の主電源ボタン長押しで起動します。

R0039138

ここで注意書きが。
裏蓋開けたまま風呂に入るなとか、リモコンとアダプターは防水ではないとか。
ちなみに、電源が入っているときは、先ほどの充電ランプが緑になります。

R0039139

初起動の時のみ、メールアドレスの取得が出ます。
何を隠そう、これはフォトフレームなので(笑)
こちらに写真をメールで送れば、写真ビュワーになります。
こちらについては、受信は基本2年間無料なので、外出先から写真を送ることができます。

R0039141

少しするとメールが決定します。
頭部分は替えられるようですが。取りあえずこのまま。
次へ

R0039144

天気予報の表示のための地域設定。

R0039145

住んでいる地域の郵便番号を入力。

R0039147

なんと回線は、LTEではなく、3Gでした。

R0039148

テレビの受信になります。
後ろの針金状のアンテナを出せという指示があります。

R0039149

郵便番号を入れたのですから、勝手に選んで欲しいモノです(笑)

R0039150

しぞ~かを選んで桶。

R0039152

テストパターンのような、古い映画が始まるような砂嵐が出てチャンネル検索します。
この辺のアプリ起動は良いです(笑)

R0039153

何故か3Gが動き出したと思ったらw

R0039155

いきなりのアップデート、しかも再起動するってwww

R0039156

ダウンロードには1分かかるって、そりゃあ3Gだからでしょう。

R0039159

ダウンロード中に無事チャンネル設定ができたようです。

R0039162

アップデートのダウンロードが完了すると勝手にリセットされます。
コレを見ると、Androidっぽいですね。

R0039163

どこがアップデートされたかはわかりませんがw

R0039165

アプリをインストールしているようです。

R0039169

また初期画面から。

R0039171

こんなんでましたぁ~
やはりAndroidだな。

R0039177

小さなアンテナの割に、会社も自宅もちゃんとフルセグで受信できます。

続く


PHOTO-U TV その1開封編(au)

キャンペーンとかで2年間通信料無料ということで、保護して見ました。

R0039106

意外とおしゃれなパッケージです。

R0039107

蓋開けたとこ。
おお~、日本のメーカーもやるなぁ~ってな感じになりました。
(ぢつは、その前にこの状態になる前のハードディスクとか買う時に付いている銀紙みたいな袋があったけど、傷チェックと開通試験で裸に剝かれた(笑))

R0039108

枠を外すと本体がどど~んと。
10インチっす。
iPadよりも迫力があります(笑)

R0039109

本体外したとこ。
リモコンと取説、ACアダプターとアンテナでなく、支えの足。

R0039110

こちらが本体。

左右にある「ー」はスピーカー

R0039111

左から白は置いといて、■はリモコン受光部。「-」はスピーカー。

R0039112

リモコンが使えない時のタッチパネル。
になります。

R0039114

裏面。
意外と厚みがあります。

R0039116

上にあるのが、主電源。
どこかに持ち歩く時に使う?

R0039118

リモコン、ACアダプター、支え棒となります。

R0039121

アンテナでないよ(笑)

R0039122

本体裏の下側にあるの蓋を開けると、外部アンテナ、何かわからないメンテナンス専用コネクタ、イヤフォンコネクタ、SDカードスロット(32GBまで)となります。

R0039123

こちらの、ガラケーについてるようなアンテナで受信します。
左右にありますが、すぐに折れそう(笑)
いちお、これで会社と自宅双方とも、フルセグ地デジの受信が出来ました。
電波状況が悪かったり、人が移動したりするとワンセグになったりしますが。

R0039124

あ、こちらが反対側。

R0039125

こちらが支え棒。

R0039128

リモコンは、側ぎりぎりまでボタンがあります。

R0039130

電池が100均で売ってるようなとても綾しいモノです(笑)

R0039166

パッと見は良い感じですが、縁ぎりぎりまでというのと、全部同じデザインの□なので、感で押すことが難しいです。

取説は沢山ありますが、恒例で見ないので(゚゚ )☆\ぽか

続く


X-M1その7XF23mmF1.4R古い街並み編(FUJIFILM) #minpos #camera #X-M1

少し間が空いてしまいましたが(汗)
お借りしていたX-M1+XF23mmを持って、静岡市の古い街並みを撮影に行ってきました。

Dscf1642

明治頃の家がいくつか残っている、宇津ノ谷峠の集落です。

17590-862-294284

Dscf1643

これ、柿などは全部縫い物です(笑)

Dscf1646

何故か昔のものが軒先に展示されていました。

Dscf1647

豊臣秀吉縁の場所だそうです。

Dscf1648

なかなか渋い家並みで、静岡市にもこんなところがあったのかと。

Dscf1650

ここ上手く仕掛ければ、観光地になりそうなのですけどね。

Dscf1652

坂の途中から来た道を望む。

Dscf1657

上から見たとこ。
昔の東海道の雰囲気が残っています。

Dscf1660

峠と言うだけあって、平地は日が当たって、暖かいのですがここは山の陰なので、日影の上霜が降りてました。

Dscf1660_2

等倍切りだし。
かなり解像度は高いです。

Dscf1665

峠部分には、明治時代に掘られたトンネルがあり、登録有形文化財に指定されています。

Dscf1679

手水鉢に張った氷。

Dscf1679_2

等倍切りだし。

Dscf1684

春も近いです。

Dscf1684_2

等倍切りだし。

Dscf1691

同じ道を帰ります。

Dscf1695

十団子(とおだんご)というのが売られているらしいですが、どう見ても民家?
上の写真のお皿の写真の家。

Dscf1703

路地に差し込む光

17590-862-294284

萬年筆研究会 【WAGNER】 ペンクリニック in 松江のご案内

ネット仲間の、安達功太さんからのお知らせです。

ZEAKさんとは、たぶん10年くらい前に知り合ってから、未だお会いできていない存在・・・。
(『趣味の文具箱』の清水編集長ですら会ったことがあるのに。。。orz)

イベントが平日なのと、ZEAKさんのお住まいから松江市までかなり距離があるため、99%ご参加いただくことは不可能かと存じますが、一番仲の良かったブログ友達のZEAKさんには、どうしてもお知らせしたくて書き込みをさせていただきました。万が一w、ご都合がつきましたら、その時は、ぜひZEAKさんとお会いできれば幸いです。

突然の書き込み、失礼いたしました。^^;

http://youtu.be/imgZdcDDGTE

P.S.

このイベントは、期日が近づいても「万年筆評価の部屋」には告知されない裏的イベントです。
(イベントは裏的ですが、告知に関しては“たこ吉師匠”の了承を得ています)


安達功太

追記
流石に松江は遠いですが、(汗)
中国地方や関西の方にはぜひ参加していただきたいですね。

Xperia Z ultra 用DSC-QX100/10カバーカメラ装着編 SPA-ACX3 (SONY)

昨日は、ケースについて紹介するだけで終わってしまいましたが(^^;

R0038923

どど~ん。
大迫力です。

R0038924

カメラが小さく見えます(笑)

R0038926

電源入れたとこ

R0038928

こちらは、DSC-QX10
なんか小さい(笑)
カメラが張り付いている感がwww

R0038929

上から見ても情けないw

R0038930

うーん
迫力に欠けますな。

R0038932

この構成が良いっぽい。
Xperia Z ultra にはDSC-QX100を、Xperia Z にはDSC-QX10をが正しい使い方のようだ。

R0038933

こうやって見ると、中判カメラのように見えなくもないヾ(^ )コレコレ

R0038934

Xperia Z ultra に付けたDSC-QX100から、DSC-QX10を見るテストをGRD2で撮る(゚゚ )☆\ぽか

Dsc00002

この絵は、Xperia Z ultra に装着したDSC-QX100で撮ったもの。

Dsc00205

こちらは、Xperia Z に装着したDSC-QX10で撮ったもの。

Xperia Z ultra だと、かなり大きめに絵が見られるので、新鮮な感じです(笑)

気づいたら900万アクセス超えてました

なにげにブログ開いたら、・・・
900man_2

900マソアクセスを越えていました。
昨晩か?

9009050

びっくりです。

これからも皆さん、よろしくお願いします。

Xperia Z ultra 用DSC-QX100/10アタッチメントカバー SPA-ACX3(SONY)

こちらも、Xperia Z ultra と同時に発売されました。
DSC-QX100/10をXperia Z ultra に付けるアタッチメントカバーSPA-ACX3になります。

R0038893

でか!(笑)

R0038901

ワールドワイド展開しているので、多国籍語の説明があります。

R0038903

こちらが本体。
かなりでかいです。
ま、そりゃそーだ

R0038904

裏側

R0038906

Xperia Z(無印の方ね)と並べて見ました。
でか!(笑)

R0038907

厚みは断然Xperia Zの方があります。

R0038908

装着します。
っとその前に・・・

R0038913

ケース重量
Z U用のは、30g

R0038916

Zの方は21g
まあ、体積が違いますからw
でも、重さはどちらも同じくらいの感覚です。

R0038920

後ろにはセンサーもライトもないので、穴はレンズ部分のみ。

R0038909

必要な所はほとんど肉抜きされているので安心です。

R0038910

スピーカー部分

R0038911

USB部分

R0038912

マグネチック充電部分

R0038921

こちらもZと機構は同じ。
上に回転させると・・・

R0038922

接続ユニットが出てきます。

因みに、先日紹介したマグネチック ドックが使えるかやってみました。
アタッチメントを買えることで・・・

R0038937

かっちり嵌まりました。

R0038938

持ち上げても外れません。

あ、カメラの接続は・・・続きますヾ(^ )コレコレ

 

黒と白があります。
残念ながら、紫は(^^;

いちお、Link付けときましたが、こちらもSONYストアで購入することをお勧めします。
送料無料だし。

楽天でも送料かかります。

遠赤外線で暖かいパネルヒーターPH-01(geanee)

関東方面の方、昨日は雪が大変でしたね。
今日は、路面凍結に注意ください。
停電しちゃったら、暖房器具もストーブ以外動かなくなるのがあれですが・・・

うちの子2号が社宅(かなり豪華(笑))に住んでいて、石油ストーブやファンヒーターは使えないので、安かったので買って見ました。

Dsc00668

かなりデカイです。
27インチモニターくらいの大きさ。

Dsc00669

こんな感じ。に収まっています。

Dsc00670

でか!

Dsc00671

こちらが裏面。
壁掛け式にもできるようです。

Dsc00672

移動式の足。

Dsc00674

装着したとこ。

Dsc00675

こちらがメインパネル。

Dsc00676

電源は横です。

Dsc00681

電源を入れると今の室内気温が表示されます。

Dsc00682

昔の電気ストーブと違って、赤くなりません。
遠赤外線ってヤツですね。

Dsc00690

後ろから見たとこ。

Dsc00691

厚み。

LOでも500wあるので、部屋全体をまずエアコンで暖めて、その後こちらにシフトすると、Loでも暖かいです。
遠赤外線なので、芯から温まります。

 

右と左はたぶん同じモノです。

アパート暮らしの方で、石油系が禁止の方にはオススメです。


奇跡を体感せよ。生賴範義展 図録(みやざきアートセンター)

本日からみやざきアートセンターで開催されている、生賴範義展。
予約していた、図録が本日到着。
誂えたような、発送。
ありがとうございました。

R0039220

九州独自のレターパック(ヤマト)のデザインなんですね。
初めてみました。

生賴範義(おおらいのりよし)って誰?という方もいらっしゃると思いますが。
私が絵を好きになったというか、絵を書くようになった憧れの大先生です。

小学校の頃から、先生の大ファンで、高校か大学の頃に画集が出てけっこう買いました。

知らない方は、以下の絵を見てもらえると、どっかで見た事がある絵というのがわかると思います。

R0039221

発売受付に先着100名のみ頂ける、カレンダーとチラシも無事入っておりました。

R0039222

こちらがカレンダー。

R0039224

こちらが配布されているチラシ集。
流石に静岡では手に入りませんので、ラッキー。
全部で8枚入っていました。

R0039225

もったいないので開けてませんがヾ(^ )コレコレ
こちらは吉川英治全集に掲載された宮本武蔵。

生賴範義さんは、その画力を高く評価されて、スター・ウォーズのポスターや、映画メテオを始め数多くのハリウッド映画のポスターを書いています。
日本では、ゴジラ映画や復活の日を始め、小説のジャケット、ゲームソフトから模型のボックスアートなど多方面に活躍しているので、名前は知らなくても、見たことがあるという人は多いと思います。

子どもの時に見て、リアルな描写力と、大胆な構図にしびれてしまいました。

R0039226

こちらが、画集の表紙。

R0039227

開くとラフスケッチ(下書き)があります。

R0039228

ピントが合っていませんが、「生活者としての絵描きは肉体労働者にほかならぬ。」明言です。

R0039229

カバーの裏側にも絵が書かれています。

ちなみに、この図録はめっちゃ考えられていて、・・・

R0039230

普通の書籍や画集ではこの部分が背表紙で包み(くるみ)製本されているのが、むき出しになってせいほんされています。
どうしてこうしたのかというと、製本が糸かがり綴じ製本(ほぼ日手帳もそう)されているので、ちゃんと図録が開くようになっています。
仮にこの部分が普通の画集や書籍のように製本されているとぱたんと開かないのですね。

R0039231

内側の表紙。
左上は、たぶんゲームの信長の野望のジャケット。中央はミレニアムファルコン、右はゴジラ。
とこのようになっています。

R0039232

適当なページを開いてみました。
左側は、宇宙戦艦ヤマト(さらば宇宙戦艦ヤマト未公開イラスト)右は映画日本誕生
このようにパタンと開きます。

R0039233

こちらは、ウルトラマンパワード(アメリカのでしたっけ?)のポスター。
左の上は、映画メテオのポスター。下は、映画黄金の犬のポスターになります。

みやざきアートセンターで、開催されているので、気軽に行ける場所ではないので残念ですが、ぜひ全国のファンの方が見られるように、美術館巡回して欲しい先生の作品です。

生賴範義展公式サイト
企画意図

第一次販売は瞬殺されてしまいましたが、要望が多いため3月に再販するようです。
興味がある方は、こちらを定期的にご覧下さい


Xperia Z ultra 用スタイラスペンES22 (SONY)

Xperia Z ultra と同時発売されたスタイラスペンES22です。
別の用途に使おうかと思って(゚゚ )☆\ぽか

R0038873

意外と小さいです。

R0038879

ストラップが付いているので、本体にも付けられますが、筒が金属っぽいのでどうなんでしょ。

R0038880

丁寧にSONYロゴが入っています。

R0038881

上の部分の仕切りから引き抜くと、こんな感じになります。
ちょっと見、釘?っぽく見えますが(笑)

R0038883

ペン部分にもSONYロゴがあります。丁寧です

R0038884

先っぽ部分が静電式になっているもの。
一般的には太いモノが多いのですが、これはボールペンくらいの先端。

R0038889

ラフに書くと、文字抜けします。
丁寧に書けば大丈夫ですがw

ぢつは・・・

R0038940

これが・・・

R0038941

こうなります。
たぶん、この発想はCLIEのものを引っ張ってきたのかと。

R0038942

斜めから見たとこ。

R0038943

このくらいの長さになれば、書きやすくなります。

導入したきっかけは、連載していたMiix 2 8のタッチペンに使えないかと(笑)
だって。PCモードにしたら細かすぎて押せないので(^^;

こちらは普通にAmazonにもありました。

いずれも送料別なので、SONYストアで買った方が良いです。

出だしが洋画の予告編のような名刺活用術プロモ(PFU)

出だしで思いっきり、受けました(笑)

私も昔のモデルで、名詞をスキャンさせてEvernoteに入れていますが、けっこう便利です。


知らなかったのですが、色んなアプリにも対応しているのですね。
詳しくは、こちら

PFU ScanSnap 名刺活用術キャンペーンのプロモです。

ATOK2014でillustratorCS2の変換を行えるようにする(ジャストシステム)

Windows7動作非対応の上、サポート無しになって、オープンとなったillustratorCS2ですが、ATOK2014にすると、そのままでは漢字変換が出来なくなります。
2013の時には、特に調整せずに動いていたので、そろそろ枯れてきたアプリということなのですが。
会社の場合、CS6にアップする訳にもいかず。
てゆうか、スタッフの1台だけCCにはしてありますが(笑)
企業の場合、付き合いのある会社にバージョンを合わせるしかないのと、大量に最新鋭のアプリには出来ないという問題があるので(汗)

いまだに、illustrator9とか10とか使ってる所もあったりしますし(^^;

とゆう訳で、Windows7マシンで、CS2のillustratorを使う時に、ATOK2014の対処方法をジャストシステムのサポートさんから教えて頂きましたので、書いてみます。


A1

まず、ATOKのメニュー画面からATOKプロパティを開きます。
左側のメニューの入力補助を選択。

A2

その中から、「特殊」を選択。
すると、右下段に、「テキストサービスの詳細設定」がありますので、それをクリック。

A3

ポップアップメニューが出てきますので、「テキストサービスを使用しない」にして、桶。
すると再起動が促されるので、再起動させてからillustratorCS2を起動させます。
そうすれば、illustratorで、漢字変換ができるようになりました。

但し、なぜかわかりませんが、再起動並びにアプリの起動読込にかなり時間が係るようになります。
どうしてもと言うときのみにするか、常時このままにしておくかは、各自の判断でお願いします。

まあ、そろそろCS6(CC)にしなさいと言うことでしょうけど。
客先の対応が出来ていないので、うちだけバージョンアップしても、対応出来ないのが悩みの種。

因みに、illustratorCS6(CC)では、CS2形式に保存すると出るので良いですが。
InDesignCS6(CC)では、有無を言わさずCS6形式(含むCC形式)で保存されてしまうので、下位互換はないというのが問題です。

Xperia Z ultra C6833用のMagnetic Charging Dock DK33(SONY)

ようやく日本でもXperia Z ultra が発売されました。SONYストアでは、Wi-Fiモデルもあるので、入手しやすくなったと思います。
私的には、昨年から外人さんのXperia Z ultra C6833(ワールドワイドモデル)を使っていますが、かなりオススメです。
しかも、Xperia Z/Z1同様防水モデルなので、外で雨が降っていても使えるし、iPhoneやiPad miniと比べると直射日光での視認性もバッチリ。

そういうことから、Xperia Z ultra のドックが前から欲しかったのですが、3rdパーティーのは評価が低かったのと日本で買っても海外で買ってもかなり高いのですね。
とゆう訳で、・・・

R0038871

Xperia Z ultra 発売に合わせて、マグネティックチャージングドックがSONYストアから発売されたので保護。

R0038872

こちらが裏面。

箱開けてひっくり返しても出てこないので・・・

R0038875

良く見たら、中で動かないように仕切りがされていました。(^^;

R0038876

箱から出したとこ。
ドック用のアタッチメントがあります。
ケースなどを使う用ですね。
むき出しの状態で使う場合は、デフォルトのもので良いです。

R0038935

左がケース対応のもの、びみょーな隙間の違いですが、純正ケースなどに対応しています。

R0038877

外観、上から

R0038878

microUSBコネクタを挿す部分。

R0038887

差し込んだとこ。
因みに、裏側の外周はゴム状になっているので、デスクなどでは滑り止めになります。

R0038888

SONYロゴがあります。

R0038936

斜めから見たとこ。
中央部分が磁石になります。

R0038890

Xperia Z ultra を載せたとこ。
トップ画面や、アプリによってはこれでBluetoothキーボードと繋げば仕事でも使えます。
ATOKだし。(あ、自分の場合ね)

残念なのが一部のアプリ。

R0038892

横画面非対応のものは、こんな感じになります。

写真撮らなかったですが、本体持ち上げると、充電スタンドも一緒に付いてくるので、磁力は強いと思います。


残念ながら、尼ではZ1のものしかリンクが出てきませんでした。

う、私はSONYストアで買ったので定価でしたが、こちらはかなり安いですね。
(T-T)/

どこに行く? SONY 

ソニヲタではないですが、小さい頃からSONY製品に囲まれていました。
一番最初は、世界最小最軽量の、少し大きいくらいのラジオ。
中学生くらいになって、ラジカセ。このうち何台か買い替えましたが、全部SONY。
でもって、カセットデンスケTC-3000STにスカイセンサー5800。
それから、世界初のWALKMANから何世代かWALKMANを使ってきて。
また、マイクロカセットも全てSONY製品。ステレオカセットなんてのもあったな。
(過去ブログ参照ください)

そうこうしているうちに、IBMのThinkPad530を買いに行って、帰りにはVAIO505を持って帰りました(笑)
その後は、タワー型PCもVAIOだったし、何世代か買い替えて、今家に残っているのはたぶん動くと思いますが、元祖VAIO505とVAIO U(Type Uの前ね)、それとTypeP。

いずれも、出た当時は世界最薄とか世界最小最軽量を唱っていました。
それに惹かれたのですけどね。

VAIOの良い所は、WALKMANやCyber-shot、昔のCLIEなど、常に中心にVAIOがあったのですね。
それを中心に考えてユビキタス社会の先端を走り、常に新しいものを出し続けてきたのですが、やはり厳しい時代なんでしょうね。

それと、洗練されたデザインに秀逸なパッケージデザイン。
かっこよさから惹かれたというのもあります。

ここ最近は、MACばかりの上、魅力的なマシンであっても、お高いものが多かったので手が出せなかったという所でしょうか?

液晶テレビ事業も芳しくない上に、スマホやタブレットの普及で、昔ほどパソコンが売れなくなっているのも事実です。

譲渡により、VAIOブランドは残ると思いますが、SONYではなくなっちゃうのね。

ジョブズが若い頃嵌まったのがSONY製品で、オファーもあったと聞きますが、私的にはOSにMACを積んで美しいデザインや薄型のマシンを出してくれるのを期待していましたが。

丁度、Windows8.1になって、マイクロソフト製品がほとんど売れなくなったことにも影響しているのかもしれません。

さて、細々と続けて行くのか?それとも消滅してしまうのか?これからのSONYの動向が気になります。
あとは、オーディオ、デジカメ、カムコーダー、電子書籍、くらい?

でも、これって全てスマホで出来ちゃうんですよね。
となると、益々厳しくなるか?
ちょうど、数年前からカードサイズのコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)がスマホの普及で売れなくなってしまったのと一緒ですね。

こうなると白物家電を持っていないSONYは厳しいでしょうね。

フリックさんの記事
AVwatchさんの記事

【追記】
あ、今思ったのですが、VAIOが売れなくなったのは、スマホやタブレットの普及も一因と思われますが、Windows8.1を出したのが諸悪の根源なのでは?
店頭で、Windows7も併売すれば、そこそこ食いつなげたのではと思っちゃったりします。

一方、NECや富士通、東芝のように、役所や企業に大量販売するマシンというよりも、どちらかというとコンシューマ向け製品が中心のようにイメージされるので、確かにビジネス事業部やビジネスモデルもありますが、たいがいの企業って、メインサーバーがNECや富士通などのPC関係に強い企業なので、必然的にそっちを大量採用っていうイメージなのですよね。

それに、SONYの場合、ホームエンタテインメント系のアプリ(昔はソフトってゆってたけど)とかを大量にHDD(SSD)の中に入れてあるので。
まあそれが売りと言えば売りなんですが、私なんかVAIO買うと真っ先にHDDの中身から全く使わないであろうアプリを立上げもせずにごっそり消して使っていたのですが。

【追記】
今朝のニュースで、北米でReader撤退が入ってきました。遅かれ早かれ日本でもきえるのでしょうね。

一体SONYはどこに向かうのでしょうか?
それ以前に、買った書籍は大丈夫なのか?

そう言えば、ATOK PassportでATOK2014になってた(ジャストシステム)

ATOK Passportが実施されてから、一太郎を買わなくなっちゃいました(笑)
その代わり、更新されると自動で最新版に切り替わるようになって便利です。

Atok2014_1_2

2月4日に更新されたので、製品版よりも早く使えるようになったかな?

Atok2014_3_2

インストールされると、一旦再起動しないとならないのですが。

Atok2014_4_2

設定開始。

Atok2014_5_2

環境の引き継ぎ

Atok2014_8_2

これで完了。

Atok2014_9

これに、ATOK クラウド(どこでも保存・登録した単語が同じ環境で使える)の設定が必要。

Atok2014_10

これがあるから、快適に使えます。
MACも同じ
(MACの場合は、2013ですが)

Atok2014_11

あとは、地域固有の名詞や施設名、地名などが入力できるようになります。

が、ここで問題が発生。
CS2の漢字変換が出来なくなりました(^^;
どうなるのかな?
古いアプリなので、非対応かも知れません。
会社用なので、どうかと思いますが。

フリーのCS2を普段使っていないマシンに入れてあるのが心配です。

あとで、ジャストシステムに聞いてみようっと。


気がついたら終わってたので、石原5年帳リフィルをげと(石原出版社)

6年以上前に記事にしたので、皆さんはご存じないと思いますが(^^;
世の中には、10年日記とか5年日記、5年手帳なるものがありまして。
一般的には、1年更新で9月や年末になると、翌年の手帳はどうしよう~ってo(^-^)oワクワク土器土器するのですが。
紹介するのは、そういう時の流れとは無関係な、しかし着実に時を刻む手帳というものがあります。

(とか格好良く書きましたが、1年ずれちゃったのですけどねヾ(^ )コレコレ)

R0038787

こちらが石原5年帳というポケットサイズの手帳のリフィルです。
毎年発行していて、けっこう年末には品切れになったりするので、かなり愛好者がいると思います。

因みに、ネットで検索してもブログで出てくるのは私の記事だけで、あとはショップという、ある意味希少な手帳かも知れません。

R0038789

前回買ったのは2012年までだったので、1年ブランクがありますが。

R0038790

使用説明書がトップページにあります。

R0038791

最初の方は、二十四節気とか国民の休日とか記念日とか、5年分のカレンダーがあります。

R0038792

私にはあまり縁が無い、年頭に当たりの所感(゚゚ )☆\ぽか
下段には当時の流行のものとか、為替相場とか書く欄があるので、さしずめ今年は、ソチオリンピックとかサッカーワールドカップなどを書いておけば忘れない。

R0038793

年間スケジュール。
こまめな人だと、ここに体重を書いておけばダイエットメモにもなるはず。
そう言えば何年か前に、レコーディングダイエットして、10キロ体重が落ちたなぁ(゚゚ )トオイメ

R0038794

こちらには縦1ヶ月のスケジュール欄
私的には業務記録を書いています。

R0038795

ここからがメインの5年分の記録欄。
半ページで一日分たいがい4行なので、ものぐさな人でも続けられるかと。
気温や天気なども書く欄があります。

R0038796

栞(しおり)は3本あるので、色々使えます。

R0038797

書き足りない場合は、後半部分のメモ帳欄を使います。
日記(Daily)部分にページ欄があるので、Linkしやすいです。

R0038798

後半部分は家族の記録欄。

R0038799

贈答品の控え

R0038800

パーソナルメモやIDパスワード控え(こんなとこに書いて良いのか?)なるものがあります。
私的には、昔これでテレビ(NHKの街角情報室)に出た、見えないペン(ブルーライトで見える)で、勝手に割り振られたIDなどをこそーり書いています。

R0038801

昔懐かしい鉄道路線図

R0038802

年齢早見表

などがあります。

5年を記録するというのがどういうことかというと。

R0038803

こんな感じになります。
一目で5年間を見返すことができるので、当時の記録がどばーっと蘇ってくるというプラスアルファの効果もあります。

R0038804

伏せ字でスマソ

R0038806

仕事の内容は赤字で打合せのものだけ書いています。
全部書くと死ぬから(笑)。
でも、当時何をやったか、どんだけいじめられたかヾ(^ )コレコレがわかるのが良いです。

色々書くことがあって、今になって紹介してスマソです。

 

左が、最初に買ったものと同じモノです。
手帳のカバーは革製なので、何度も使えるというのが良いので、今回はリフィルのみ購入。
右はハードカバーの10年手帳(日記)

 

こちらが今回紹介したもの。

1ヶ月ほど過ぎましたが、手帳好きの人なら、ここ1ヶ月分の記録をこまめにしてあると思いますので、今からでもオススメです。

リフィルだけだと、外側が可哀想な状態なので、カバー付きをオススメします。
5800円(4月まで)だと、5年で割れば1年1160円、1ヶ月当たり97円、1日あたり3円ですので、初期投資は高いと思いますが、5年の記録を一目で見られるというのは、良いと思います。

因みに、変形版なので、リフィルだけ勝手、市販の手帳カバーを使えばと思っても合うサイズがないので、手作りするしかないかと思います。
基本デスクで使っているので、5年以上使っていても皮ケースがへたるとかはないです<当社比w

注:また、日付を優先しているので、曜日はずれていきますから、メイン手帳として使うとちょっと曜日感覚がなくなるので、併用するか、先に休みの日だけマーカーで囲うとか、シール貼るなどすれば使いやすくなると思います。


Miix 2 8 その11Windows8.1タブレットは使えるマシンなのか?編(Lenovo)

昨今、とゆうかiPadが出て以来、Androidでもタブレットを出して、そこそことゆうかかなり売れています。

【長文注意】(笑)

脱Windows宣言?

私は昔から色々なOSのマシン大物から小物まで使ってきていますが、Windows8.1タブレットを導入してみて感じた事は、もうそろそろWindowsの時代ではないのでは?という印象を受けました。

当然、仕事の大半が(客先の事情で)M$社のOffice(特にWordとExcel)で、データをやりとりするのが必須です。
中には、ADOBEのCreative(Photoshopやillustrator、InDesign)で出せる所もありますが、ごく少数です。
なので、完全にWindowsと縁を切ることが出来ません。

iWorks(PagesやNumbers)もOffice互換を唱っていますが、完全互換ではないので若干文字ずれやフォント化けがあったりするので、今の所、外で会議録とかをライブで打ってそれをWordに加工するという作業をする位です。
もちろん、MACにもOfficeは入っていますが、滅多に使わないので、開く度にアップデートが始まっちゃいます(笑)

とゆうわけで、前振りが長くなりましたが、それではWindows8.1(若しくはタブレット)が使えるのかということについて、書きたいと思います。

今、流行っているiPhoneやiPad(含むmini)が大人気なのは、外部アプリが大量にあり、自分の好みのアプリを使うのでiPhone3位から急激に増えました。
このため、iTunesStore(APPStore)でiOSが先行し、その後Androidに移植されたり(逆もある)して、大量のアプリがあるのでどちらかのマシンを使いたいので、という形で選択肢が増え、普及しました。
APPLEもGoogleも、これらの大量のアプリを扱うストアにより、一般(コンシューマ)に普及が加速しました。

まあ、一部のゲーマーの方は、Windows8.1でなければ動かないゲーム。
艦コレなどをいつでもどこでもやりたいがために、結構Windows8.1もタブレット売れているという話も聞きますが(^^;
私はゲームをやらない人なので、その辺は良くわかりません(汗)


黎明期の牽引役

その前史というと、WindowsCE時代というのがあって、その次にWindowsMobileと続きますが、当時は、ユーザーがネットで探して、アプリを購入したりしなければなりませんでした。
そんなことから、ネットが今のように普及する前は、草の根BBSやニフティサーブなどのフォーラム、雑誌などで情報を仕入れて、アプリを導入し、アプリ作者に色々な改善やバグ要望を直で出し、それをすぐに反映させるという、ユーザーフレンドリーな関係でアプリが進化してきました。

それに近いのが、Palm OSです。
Palm OSは、肥大化しつつあるWindowsCE系に対抗して、少ないメモリで快適に使えるように工夫されていて、手のひらサイズとgraffitiという独自の入力形式を採用し、爆発的に売れたマシンです。
日本でも、各社から(輸入版も含め)一時代を築きましたが、時代はカラー化、マルチ化を求め、今のiPhoneを出させるきっかけを作ってきたとも言えます。
その先駆的なモデルが、SONYのCLIEです。
本来は、スケジュールやアドレス管理、メモなどをメインとしてきましたが、その後、音楽再生機能、動画再生機能、辞書機能、書籍ビュワー機能に、無線搭載によるネット閲覧機能などを次々搭載してきました。
私的には、かなり良いOSだと思いますが、iPhoneには勝てませんでしたね。

Palm OSもユーザー中心のアプリを母艦であるマシンにインストールし、それを同期することでアプリが使えるようになっていました。

Androidも出始めのころは、Palmみたいな感じでポータルサイト経由で、アプリを探して使うようになっていましたが、GoogleがApple Storeに近いPlay Storeになってからは、過去の色がうすまってきました。
今や、iOSとAndroidの二大勢力となったわけです。

一方、シグマリオンを始めとする(WindowsCE)やW-ZERO3に代表されるWindows Mobileはどうかというと、ストアは作りましたが、中身がほとんどなく、とてもお粗末で、ユーザーは今まで通り、ネットから色々なアプリを探しては使っているという状況でした。
とゆう訳で、Windows Mobileとゆうか、ストアは、知らぬ間に市場から消えました。

Windows8.1だけで済むのか?相変わらず使えないストアw

ということで、Windows7から全面改定し、Windows8になってから、PCとタブレットの垣根をなくし、共通のプラットフォームとした訳です。曲がりなりにも、他社と似たようなショップ(ストア)も出来ました。

が、どうも売れているとゆうか、人気があるショップになっているかというとかなりギモンです。
私はゲームをやらない人なので、そちらの方は良くわかりませんが、・・・

いちお、TwitterやFacebookなどのスタンドアロン(PC経由ではなくアプリのみで動くという意味)で使えるアプリではありますが、普通に外人さんなんですね。
このほか、EvernoteやDropbox、BOX、SugarSyncなど、cloud系アプリもあります。こちらは普通に使えます。

それ以外と言っても、それほど大量にアプリがあるようには感じず。
大半が外国製のアプリがそのまま並んでいるという感じです。
日本で人気のアプリは、多少クローンがあるにはありますが、どう見てもiOSのApple StoreやPlay Storeと比べてしまうとかなり見劣りします。

デフォルトアプリも使えない

おまけに、純正アプリであるメールが、他社メール(私の場合NIFTYメインです)が、デフォルトでは使えない仕様になっています。IMAPを使わなければ登録が出来ません。(IMAPを使う場合、NIFTYではオプション扱いになり、月額105円たぶん4月からは108円かかります。仕様が古いのか?(^^;)
こんなことは、iOSマシンでもAndroidマシンでもありません。普通にPOPとSMTPで使えます。

注:Office2013に同梱されているメーラーでは普通に設定できます。だから不思議。

ビジネス限定なら使える?(笑)Windows8.1?

とゆうことで、Windows8.1タブレットは、使えるか使えないのか?というと、使うには使えます。
しかし、iPadやiPhone、Xperiaのように、デフォルト画面で、特に意識せずに使えるマシンと比べると使えないとなります。何をするにもストレスが溜まる仕様のマシンはどうかと思います。
完全に使えないマシンか?すぐに投げ捨てるか、たたき割るか、オクに出品するかとなると、そこまで悪くはありませんが、常時持ち歩いて、外で情報を見るとか、メールチェックして、スケジューラー立ち上げて、すぐに返事を書くということには、お世辞にも向いているマシンとは言えません。

そもそも、現行のタブレットには、SIMモデルが(少なくとも日本では)ない訳です。
あったとしても、あの使えないタイルスタイルでは、やる気もスポイルされてしまいます。

私的には、BASICやMS-DOSの頃から延々と各OSのマシンを多数使ってきたので、ほとんどのものは使いこなしてきたし、使いこなす自信がありますが、・・・

今回のWindows8.1はどうも使い勝手が全く違う次元のもののように思います。
とにかく何をするにも使いにくいマシンというのは生まれて初めてです(笑)
(WindowsCEやWindowsMobileは使いこなしましたがw)

逆に言えば、過去の知識が邪魔をしているのかもしれません。
前の雑念がなく、ここ(Windows8.1)が生まれて初めて買ったマシンということなら、行けると思います。たぶん。
(いや思わないけど(゚゚ )☆\ぽか)

まあ、iPhoneやiPad、Androidマシンでも、書店に大量に写真入丁寧解説マニュアル本が機種ごとに売られているのを見れば、誰でもサクサク使える訳では無いのかな?とかも思いますが。

実際、ネットオークションを見ても、発売直後の製品(特にAndroid系)が大量に出回っており、「親が」とか「上司が」買ったのですが、使いこなせなかったので、代わりに出品します。みたいな物件がありますし。
ネットやニュースで騒がれている、ガラケー(格好良く言うとフューチャーフォン)回帰もわかるような気がします。

また、書店を見れば、Windowsタブレットの立ち位置もわかりますね(^^;
ほとんど解説本がありません。

結論www

Windows8.1タブレットはビジネス専用マシンだ

今までエントリしたように、タブレットとしてではなく、普通のWindows8.1PCとしてWindows7ライクとして使うのでしたら、かなり良いです。
フォントも入れられるし、必要があればADOBEのCreative CCを入れて普通にPhotoshopなどがストレスなく使えるのはかなり便利です。
ATOKも一太郎も使えますし、デフォルトでOffice2013が使えるのも魅力です。

ぐたぐだ書きましたが、Windows8.1タブレットはベッドサイドで使うというよりも、外出先で仕事をばりばりするには向いています。

余分なアプリがないので、仕事していながらTwitterやFacebookを見てしまうと言うことをしたくなくなるマシンで、仕事に集中できます(笑)
そういう意味では、かなりストイックな、マシンであるとも言えますが、これはこれでアリかなと思います。

特に、(現時点では)SIMが使えるマシンがないので、Wi-Fiルーターかデザリングでもしない限り、外界とも遮断されます。
それを考えると、何故クラウド前提のWindows8.1?というのがっwww
となりますが、仕事には集中できます(笑)

ただし、Windows8.1タブレットとキーボード、マウスだけ持って行くというと不安があるので、iPhoneとiPad若しくはXperia Z ultra C6833を一緒に持って行かないと困ります。
ということで、荷物が倍になるので、それなら、MBA(含むparallels+Windows+Office)を持って行った方が楽というのもあるかもヾ(^ )コレコレ

長時間ご苦労様でしたヾ(^ )コレコレ

Miix 2 8 その10ADOBE CS2導入編(Lenovo)

昨日、スタートメニューを導入して、PCとして使えるようになったので、オープンになったADOBEのCS2を入れてみました。

一体化されているアプリだと上手く入らないので、1つずつ。
ちなみに、Windows7とMAC用にはCS6を入れてあるので、要らないといえば要らないのですがw

R0039174

まずは、必須のPhotoshop

いけね、illustratorのセットアップ写真撮るの忘れた(゚゚ )☆\ぽか

R0039175

続けてInDesign(DTPですな)

R0039176

古くて使いにくいけど、ないよりはましのAcrobat7(^^;

これで、Miix 2 8だけ持って、打ち合わせとか作業ができるようになりました。

Miix 2 8 その9Windows8.1に別のスタートボタンを付ける編(Lenovo)

Windows8.1から、スタートボタンが復活したと言われていますが、何のことはない、トップページに戻るだけなんですね。
なので、使いやすくなった訳ではありません。www

Pict_20131230_173201

写真小さくてわかりませんが、デフォルトでは田マークを押す(タップする)と・・・

Pict_20131230_171618

普通に、この画面に戻るだけですwww
おじさん的には、使いにくいこと甚だしいです。

とゆう訳で、ネットで色々調べて見たら。Windows8.1マシン自体をWindows7風にする有料のモノから、フリーのものまでいくつか出てきます。

そこで、導入したのが、秀丸エディターで有名な、秀まるおさんの秀丸スタートメニューです。
これを導入するだけで、Windows8.1がXPライクな画面と操作体系に早変わり。

20140107_210720

写真では見にくいと思いますが、クリックすると拡大します。
田マークの横に「スタート」ボタンが出てきます。

20140107_210730

「スタート」ボタンを押すだけで、懐かしいメニューが出てきます。

20140107_210740

こうすることで、変態タイルメニューを使わずに、普通のPCとして使うことができるので、最近では、こちらだけで運用しています。
これで、ストレス無くWindows8.1マシンを使うことができました。
というのは、何をするにも非常に腹が立つ(当社比)仕様になったWindows8.1ですが、Windowsアプリ一式がATOK含め普通に使えるようになったのは大きいです。

次は、評価編に続きます。

スマホ連携付箋(ELECOM)

1月中旬に、子どもの居る横浜のLOFTに行ったら、ワゴンの中にあふれていたので、保護しました。
それが・・・

R0038749

スマホ連携付箋っす。

R0038750

理屈は、各社から出てるものとほぼ一緒。
iOSとAndroid対応のアプリを入れて読み取ることができる(ようです(笑)まだ開封してない)

R0038751

ま、100円ならいっかと。(゚゚ )☆\ぽか

付せん自体はヒットしませんでしたがw

マルチに使えるポケドラのわかりやすいプロモ(IODATA)

最近のデジカメは、基本Wi-Fiが搭載されているので、特に必要ないかと思いますが。
少し前のモデルだと、Wi-Fi機能が搭載されていないモノも多いです。
私の場合、どこか出かけるときには、基本デジカメ複数台、スマホはiPhoneとXperia Zに、iPad miniとXperia Z ultra C6833を持ち歩いているので、そんなに困ることはないですが(゚゚ )☆\ぽかあほ

普通の人は、デジカメ1台とスマホ若しくはガラケーという人が多いではないでしょうか?
そういう人にこそ使って欲しいのが、ポケドラ(注:パズドラではありません。為念ヾ(^ )コレコレ)

ポケドラは、Wi-Fiストレージというのが基本なのですが。
いくつかあって、
SDカードのデータをスマホに飛ばせます。
外部ストレージ(外付けハードディスク)に転送できます。
ホテルなどの有線LANに繋げば、無線LANをスマホなどに飛ばすことができます。
さらに、本体にバッテリーが搭載されているので、緊急時にiPhoneなどのスマホに充電ができます。
(容量と出力の関係で、タブレットは厳しいかと(^^;)
とまあ、文字で読むだけでは良くわからないですよね(汗)

とゆうわけで、わかりやすく解説されたプロモがようつべ(youtube)にアップされていますので、それを見ればどんな機能を持ったものかわかると思います。

ポケドラの詳しいサイトは、こちら

ポケドラのプロモーションです。


  

少しの価格差なら、2の大容量をオススメします。

SIGMA+みんぽすさんのサイトで作例が紹介されました(SIGMA/みんぽす)

いつも色々とお世話になっている、みんぽす/WillViiさんですが、SIGMAレンズのわかりやすい分類のサイトで達人の方達が沢山紹介されているのはわかりますが、なぜか私も紹介されていました。(汗)

Sigma

もしよろしければ、見てやって下さいまし。

SIGMA+みんぽすさんの、サイトはこちら。
シグマレンズ・シーン別おすすめレンズガイド

トップページ下段と、風景、建物、植物あたりにありますが、それ以上に皆さんの作品が良いです。

Miix 2 8 その8モニター接続編(Lenovo)

Miix 2 8はタブレットなので、基本そのままで使えば良いのですが、大画面で普通のパソコンのように使いたいと言うのも人情です。
他社のは、そのままHDMI出力端子が付いているので、良いのですが、こちらには付いていません。
ちなみに、某社のHDMI端子があるのは、充電コネクタが特殊な形状なので、おでかけするときも、専用ACアダプターを持って行かなければならない上に、アダプターが壊れたら、かなりの出費になると聞いたので、それはやめました。

それで、先日紹介したPC画面をテレビに出力できるGX-HDMI/U2(BUFFALO)を使って、Miix 2 8をPC(含むテレビ)に出力するように設定して見ました。
普段は、27インチMonitorと23インチMonitorのダブル画面にして使っていますが。

昨日紹介した、アダプターを使ってPCMonitorに繋げてみました。
設定は特に難しい事はなく、・・・

Dscf1552

HDMI出力用のケーブル(上記GX-HDMI/U2)を繋げると、アプリをCDからインストールしなくても、自動でDisplayLinkが立ち上がり、必要な設定をしてくれます。

Dscf1555

反射して見にくいですが、27インチモニターに、Miix 2 8の画面が写りました。

Dscf1556

こちらは、そのまま写るミラーリングです。

これを使って、HDMI出力(入力)対応のプロジェクターがあれば、このMiix 2 8だけでプレゼンができます。
ただし、終了させてケーブルを取り外すと、画角が変わってしまい、Miix 2 8本体がモニターの画角になってしまうので、この設定を変えるのが面倒ですが(笑)
いちおプロジェクターに繋げられるので良しとしましょう。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ