« microUSBぴか~るケ~ブル 週間アスキー(ASCII) | トップページ | ラックスマン&月刊stereoオリジナルデジタルアンプLXA-OT3(月刊stereo) »

最高クラスの音楽をハイレゾ音源でNW-ZX1 その4音設定編(SONY)

AndroidWALKMANは初めて使うのですが、設定の説明が画面に出るので初めての方でもわかりやすいです。
クリックすると拡大されます。

1

こちらは、使い方の説明。

2

こちらは、Androidのバージョンを確認したとこ(笑)

3

左は、Xperia シリーズを使っている人にはお馴染みのWALKMAN画面。

中央は音源の設定(詳細版)
右はスタジオモード。
ハイレゾ音源だけでなく、昔のMP3でもビットレートがそれなりでしたら、圧縮で失われた音源を解析してそれなりの音で聞かせてくれます。

5

さっきの細かな調整をしなくても、一番左にあるサウンドエフェクトのクリアオーディオ+にするだけでもかなり良い音になります。

中央の絵は、イコライザー。楽曲により、好みの音が調整できます。

右側の絵の一番上にあるDSEE HXにチェックを入れると上に書いたように、昔の音源でもそれなりに聞けるようになります。

6

あとは、一つ上にあるスタジオ以外に、クラブ、コンサートホール、マトリックスなど音場の雰囲気を変えるモードもあり、好みで使い分ければ良いかと思います。

前からWALKMANやiPodでもありましたが、なんかにせ物っぽい音とゆうか、わざとらしい音になっていたので、基本無設定かアコースティックモードで聞いていましたが、今回のNW-ZX1は、これらの設定をすると、素晴らしい音の世界が広がるので、アルバムごとに色々変えています。

4

こちらが再生中のもので、中央と右が詳細。
日本で売られているCDをリッピングすると、リリース年とかまで出ます。
取りあえず、家にあったCDを片っ端から、FLACに設定して入れています。
でも、24Bitのハイレゾ音源と比べると少し物足りないのが現状です。
そういう時に、上で紹介した音場の設定を変えるだけで、素晴らしい音になるので、色々設定してみるのも良いです。

心が震える音楽と宣伝していますが、24Bitの音源で聞くと、鳥肌が立つほどすごい音楽もありますので、たまらんす。
でも、24Bitはこれからだし、1曲が50MBもあるものも多いので、気軽に使えるかどうかはギモンです。

それよりも、過去の資産を良い音で聞けるというのにも意味があると思います。

ちなみに、以前からMusicUnlimitedを使っていますが、上記の設定変更は出来ません。
今後徐々にハイレゾ音源にも移行してくると思いますが、まだ時間がかかると思います。

ちなみに、Xperia にもWALKMANアプリは搭載されていて、頻繁にアップデートしていますが、音場設定はできません。
最初は、Xperiaがあるから良いかなとか思っていましたが、NW-ZX1は別の次元のマシンです。

« microUSBぴか~るケ~ブル 週間アスキー(ASCII) | トップページ | ラックスマン&月刊stereoオリジナルデジタルアンプLXA-OT3(月刊stereo) »

オーディオ」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/58724625

この記事へのトラックバック一覧です: 最高クラスの音楽をハイレゾ音源でNW-ZX1 その4音設定編(SONY) :

« microUSBぴか~るケ~ブル 週間アスキー(ASCII) | トップページ | ラックスマン&月刊stereoオリジナルデジタルアンプLXA-OT3(月刊stereo) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ