« Xperia Z ultra C6833 その3起動編(SONY) | トップページ | サライにA7サイズの手帳が(小学館) »

時代はハイレゾ 新「Kseries」開発秘話その2スピーカー編(JVCケンウッド)#minpos #JVC #KENWOOD

K2テクノロジーって。

Dsc00941

赤い部分が、CDの基本となるビットレート44.1kHz/16bitになります。
これを、小さな信号を24bitに増幅させ、再生周波数を88.2/96kHzまで高周波帯域まで拡大するものです。
これにより、マスターの音源に限りなく近づけることができます。

デジタル化はアンプでできますが、最終的にはスピーカーというアナログ出力になります。

17648-862-293557

Dsc00948

一番の理想は、ダイヤモンドを使った振動板だそうですが(笑)
普及型のスピーカーだと、ダイヤモンドの振動板1枚で本体価格1台(片チャンネルね)分になると言うわけで、これは却下。
ちなみに、高級スピーカーには使われているものもあるんだそうです。

Dsc00960

ツイーターとは、高音を出す部分です。
最近こちらのブログで紹介している手作りのヤツは、フルレンジ(どの音源域でも音が出せるタイプ)ですが、ちゃんと計算して作っていくと、ツイーターとウーハー2つは欲しいということ(^^;

ちなみに、ウーハーが普通に聞こえる音源を再生します。

Dsc00958

こちらがワイドレンジ対応のツイーター部。
ツイーターにもこだわりがあって、エッジを見てもらえればわかりますが、ちゃんと再生出来るように削り出しを行っているとのことでした。

Dsc00967

検討する中では、三連のスピーカーというのも考えられたそうです。
ただし、3連にすると音場というか、バランスが難しいということでした。

Dsc00969

こちらがプロトタイプ
スピーカーの上側が面取りされていますが、このカットで音がやはり変わってくるとのことでした。

Dsc00971

こちらが、開発時の帯域の違いのグラフです。

Dsc00975

振動板も、ケプラー、ファイバークロス、グラスファイバーなど色々検討した結果、グラスファイバーを採用したとか。

Dsc00979

こちらが検討素材。

Dsc00985

背面まで工夫されています。

Dsc00987

いいねぇ~

Dsc00991

こちらが製品のウーハー

Dsc01011

ボリューム始め、各種つまみにもこだわった美しいデザイン。

Dsc01016

こちらがその裏面。
USBもネットワークケーブルもあります。

Dsc01036

パネルも5mmという厚さで、振動などを防ぐ効果を持たせるというこだわり。

更に、Kシリーズに対応した、iOS並びにAndroidアプリもあります。

Dsc01019

まず機器を選択します。

Dsc01023

どの種類から音を出すか選択。

Dsc01025

で、USBから音を再生。

Dsc01027

もうパソコンと音楽とスマホ(Tablet)と、完全にネットワークの世界ですね。

最後は、視聴しましたが、めっちゃ良い音です。
この辺は、著作権やらなにやらありますのと、録音や録画したものでは良さが出せないので省略。

実際の音を聞きたい方は、銀座のショールームか、・・・

Dsc01044

11月16日、17日に横浜市技能文化会館にて、ビクタースタジオを再現するイベントが開かれます。
お近くの方はぜひご見学ください。
入場無料だそうです。

気になる価格は、3シリーズで、8万~12万位だそうです。
やべぇ、欲しくなってきた(^^;

17648-862-293557

« Xperia Z ultra C6833 その3起動編(SONY) | トップページ | サライにA7サイズの手帳が(小学館) »

オーディオ」カテゴリの記事

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

コメント

 K2はビクター側の技術ですよね。ケンウッドと合わせたらどうなるんでしょうかね。

 ちなみに、ビクターの音質は、基本的には私には合わないようです。ウッドコーンも今イチ気持ちに響かないんだよなぁ。

しまみゅーらさん
音的には満足いくとゆうか、それ以上の感じが
しますよ。

コンポ(ってまだ言うのか?)だけでなく、アンプ
単体でも売ってますので、気に入ったら好きな
スピーカーで使うというのもありですよん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/58403066

この記事へのトラックバック一覧です: 時代はハイレゾ 新「Kseries」開発秘話その2スピーカー編(JVCケンウッド)#minpos #JVC #KENWOOD :

« Xperia Z ultra C6833 その3起動編(SONY) | トップページ | サライにA7サイズの手帳が(小学館) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ