« 妖怪道五十三次展 天城ミュージアム(水木しげる) | トップページ | 入門より1ランク上の万年筆Reglus(セーラー) »

武器として使う予定はさらさらないがTactical Pen 買ってみた(Smith&Wesson)

昨年ちょこっと話題になったのですが、その時に試しに買ってみました(笑)

R0027761

その筋の人が使うと、これだけで凶器になるというもの。
私は力がないので猫に小判ですが(^^;

スミス&ウエッソンと言えば、ダイハードを始めとする刑事映画で使われているベレッタ(銃)リボルバー(回転式拳銃)44マグナム、で有名なメーカーですね。

あちこちから、その筋の方からご指摘ありました(^^;お詫びして訂正します。

R0027763

こんな感じ。

R0027764

めちゃくちゃ重くて、格好いいボールペンです。

R0027765

ロゴとクリップのデザインが良いです。

R0027766

こちらは、武器として使われる部分。
でも、私力ないから(^^;
逆に反撃されたら、奪われて殺されてしまいます(汗)
なので、あくまでもボールペンとして(^^;

肝心の筆記部は・・・

R0027767

クリップに当たる部分の付け根を回して開けます。

R0027768

こんな感じ。

R0027769

中のリフィルは、SCHMDTという見たことないパーカータイプのリフィルでした。

肝心の書き味は・・・

R0027770

粘りけがあって、お世辞にも書きやすい訳ではありません。
残念。

« 妖怪道五十三次展 天城ミュージアム(水木しげる) | トップページ | 入門より1ランク上の万年筆Reglus(セーラー) »

ボールペン・BP・水性・ジェル」カテゴリの記事

コメント

ベレッタはイタリアのベレッタ社が造っていたのでは…
ベレッタM92とアーマライトM16のエアガンを持って、
山の中を走り回った遠い昔の記憶が蘇ります。
あ、もちろんサバゲーの話です(笑)

SCHMDTは、 パーカータイプの低粘度リフィルのeasyFLOWの方が有名ですね。
P900だと、従来型の油性インクになりますね。
せめて加圧タイプのP950が入ってればよかったんでしょうけど。

参照:http://www.schmidttechnology.de/en/schreibgeraete/produkte/index.htm

Tosh.さん
解説ありがとうございました。
Twitterでも説明の嵐で(^^;
銃はそれほど濃くないので間違っちゃった(゚゚ )☆\ぽか
第二次世界大戦機のレシプロなら大丈夫なんすけどw
訂正してあります。

ニジノスキーさん
濃い解説ありがとうございました。
皆さんリンク先見て下さいね(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/57801401

この記事へのトラックバック一覧です: 武器として使う予定はさらさらないがTactical Pen 買ってみた(Smith&Wesson):

« 妖怪道五十三次展 天城ミュージアム(水木しげる) | トップページ | 入門より1ランク上の万年筆Reglus(セーラー) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ