« 凄い描写力 Touit 2.8/12E-mount その6松並木・ビル編(カールツアイス)#minpos #ZEISS #camera #NEX | トップページ | DP3Merrill その11三保から富士山を撮ってみた編(SIGMA) #SIGMA #DP3Merrill »

ヨーロッパタイプのオマケ万年筆にプラチナのコンバーターが使える?

以前から時々私のブログの過去記事にコメントいただき、オマケ万年筆にプラチナのコンバーターが使えるという意見をいただきました。

R0032163

手持ちのものです。
たまたま近くにあったものを出してきました(^^;
上がプラチナ、下がグラフ・フォン・ファーバーカステルのもの。

R0032164

口径を比較しても全然大きさが違います。

R0032165

手持ちのいくつかのオマケ万年筆に刺してみましたが、

R0032166

見た目は入っていますが、がぼがぼで、どう考えてもプラチナのコンバーターがそのまま刺さるとは思いません。

R0032167

どのパターンでやっても同じです。

そこで、ふと気がついたのですが、昨年でしたか?
プラチナ久々の透明万年筆「本栖」を出したときに、一部の万年筆愛好者で話題になったのですが。

新しく出されたプラチナのコンバーターは、金型が違ってしまって、コンバーターの見た目は同じなのですが、刺さるものと刺さらないものがある。

ということです。
もしかしたら、コメントをくれた皆さんが、新しいタイプのコンバーターを使って漏れがないということなんでしょうね。

おじさんが持ってる何本かのプラチナコンバーターは全部古いのだから(^^;
本来メーカーでは、規格が変わるのはタブーなのですが、どうもプラチナさんはやっちゃってくれたのではと思っています。
とゆうわけで、皆さん、オマケ万年筆にプラチナのコンバーターを買って使う時には、店によって古いものもまだあると思うので、購入時には刺したい万年筆を持って行って上手く合うか、それともずぼずぼ抜けてしまうのか試してから買いましょう(笑)

因みに、よく言われるヨーロッパタイプなのですが、上の写真にあるファーバーカステルは、見た目が似ていますが微妙に規格が違うので、(これはカートリッジも同様です)他社のコンバーターやカートリッジをグラフ・フォン・ファーバーカステルに使うと首軸からインクが漏れるのでご注意下さい。


« 凄い描写力 Touit 2.8/12E-mount その6松並木・ビル編(カールツアイス)#minpos #ZEISS #camera #NEX | トップページ | DP3Merrill その11三保から富士山を撮ってみた編(SIGMA) #SIGMA #DP3Merrill »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy02
雑誌の付録のCOACHの万年筆に適合するコンバーターを探しているときに、プラチナのコンバータで合うものがありましたが、合わないものもありました。
なるほど新しいタイプのものが適合していたのかもしれません。
http://d.hatena.ne.jp/pgary/20121222/p1

がりぃさん
>合うものがありましたが、合わないものもありました。
新しいものしか合わないようですね。

リンクもありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/57761262

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパタイプのオマケ万年筆にプラチナのコンバーターが使える?:

« 凄い描写力 Touit 2.8/12E-mount その6松並木・ビル編(カールツアイス)#minpos #ZEISS #camera #NEX | トップページ | DP3Merrill その11三保から富士山を撮ってみた編(SIGMA) #SIGMA #DP3Merrill »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ