« 高音質なイヤホン Ultimate Ears TripleFi 10 TF10 その1開封編(Logicool) | トップページ | 高音質なイヤホン Ultimate Ears TripleFi 10 TF10 その2本体編(Logicool) »

オマケ万年筆の変遷

たしか、最近の雑誌の付録に万年筆を付けたのは、ラピタ(廃刊)の檸檬が初めてだったように記憶している。
その昔は、中一時代や中1コース(ってまだあるのかな?)に、当時流行っていたショート丈の万年筆が付いていたのも記憶していますが(^^;

生憎、檸檬は買い逃して、その後の赤と黒からの参入。

R0028754

ほかにもあると思うけど、とりあえず手元にあったモノを並べて見ました。
左から、赤と黒、黒と赤(ラピタショップ限定)、ALWAYS 三丁目の夕日、白(これ以後廃刊)、プラチナサライ(これ以後廃刊)、
黒軸のがサライこれは長さ、バランスとも良かった。ペンは中国のヒーロー
黄緑のがgoodsPress(2013.1号)
茶色のがCOACH モノマックス(2013.1号)
小学館のラピタは全部ショートタイプなのね。
プラチナサライは、たぶん小学館のラピタの金型を使っていたかと。

こんな万年筆が雑誌価格+100~200円でもらえちゃうのは、良い時代とゆうか、なんとゆうか。

R0028755

ちょい拡大。

« 高音質なイヤホン Ultimate Ears TripleFi 10 TF10 その1開封編(Logicool) | トップページ | 高音質なイヤホン Ultimate Ears TripleFi 10 TF10 その2本体編(Logicool) »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、私もお陰様で「同じ様に」増えてます・・・。
でも「プラチナサライ」が無いなぁ~!(汗)
小田原の友人も同じ事してます、今後とも楽しい情報をお願いしますね~!(笑い)

ライカ市としさん
お久しぶりです〜(^^)/きゅぅ〜
プラチナサライはあまりメジャーではなかったので
持っていない人が多いかと思います。
まあ、普通にそれなりの万年筆を使っていると、この辺の
オマケ的なものはネタくらいでしかないかもと思いますが、
私的には、コンバーターが染まるのがいやなインクを入れて
使ってるので、それなりに重宝したりします(笑)

赤と黒から持ってるんですか…いいですねぇ。
自分は一昨年からのにわかなもので、GoodsPressのオレンジ軸からしか持ってません。

ニジノスキーさん
おー!そう言えば、オレンジありましたね。
どこ行っちゃったんだろ。
探してみようっとw(^^;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/56296658

この記事へのトラックバック一覧です: オマケ万年筆の変遷:

« 高音質なイヤホン Ultimate Ears TripleFi 10 TF10 その1開封編(Logicool) | トップページ | 高音質なイヤホン Ultimate Ears TripleFi 10 TF10 その2本体編(Logicool) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ