« 今更、SONY Tablet P 再び(笑)(SONY) | トップページ | 週刊アスキー ウルトラマウス付き(ASCII) »

今度は、AIM SHIELDIO UAC USBケーブル (HiVi)

今年の夏からオーディオ誌のHiViに、オーディオDAC専用のUSBケーブルがオマケで付いてくるようになりました。
その第3段が、AIM(エイム)のUSBケーブルです。

Dsc01955

本日発売のHiVi(^^;
病院の帰りに買ってきました(゚゚ )☆\ぽか

Dsc01959

本誌とオマケのケースが2つに分離します。

Dsc01960

こちらが、AIM USBケーブルSHIELDIO UACです。
AIM USBケーブルは、薄型の形状をしていますが、全身黒のクールなデザインになっています。

Dsc01958

文中の特集も面白いです。

Dsc01961

上からゾノトーンUSBケーブル、スープラUSBケーブル、でAIM SHIELDIO UAC USBケーブル。

Dsc01966

AIMのはめっちゃカッコイイです(笑)

Dsc01967

双方のコネクタ部分に文字パーツが貼ってあるのも良いです。

Dsc01968

ご覧のように、メーカーによって味付けというか、線の太さが違うのも特徴です。

Dsc01969

AIM SHIELDIO UAC USBケーブルは、めっちゃ薄いです。

Dsc01970

こんな感じで(笑)繋げています。

Dsc01971

ちょいとUSBケーブルが硬いので、あまり負荷はかけたくないのですが。

Dsc01973

ゾノトーンからスープラに替えたときにも、すげー音が良くなって、まろやかになりましたが・・・
今度のAIM SHIELDIO UAC USBケーブルは、めっちゃクリアな音になります。
透明感が増すという表現が良いかも。

騙されたと思って、やってみてください。まじすごいです。
あー、但し、USB用のアンプ(USB DAC)などがないと、体験できないので注意です。

ケーブルの違いで、ここまで音が変わるというのが体験できるのは良いですねぇ〜。
問題は、オーディオの深みに嵌まってしまうのを自制しないと(^^;
幸い、現状ではMACオーディオにオマケのオラソニックアンプとスピーカーも2機種。これも月刊ステレオのオマケですからなんとか耐えていますが(笑)

ちょっとケーブルを替えただけで、ここまでクリアな音になると、若い頃にやっていたオーディオに凝るというのもまた良いかも(゚゚ )☆\ぽかあほ

« 今更、SONY Tablet P 再び(笑)(SONY) | トップページ | 週刊アスキー ウルトラマウス付き(ASCII) »

オーディオ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/56338052

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は、AIM SHIELDIO UAC USBケーブル (HiVi):

« 今更、SONY Tablet P 再び(笑)(SONY) | トップページ | 週刊アスキー ウルトラマウス付き(ASCII) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ