« カランダッシュメモ帳セット たぶん廃番 (カランダッシュ) | トップページ | pencoの大学ノート(penco) »

X10のファームウエアアップデートで変わった点(FUJI)

先週末にとあるカメラテストを行ったついでに(笑)
富士フイルムのX10も連れて行ってあげたので、追加された点について紹介します。

Dscf0674

トイカメラ
周辺光量が減って、チープなカメラで撮った風になります。
この辺は、最近のデジカメに普通に搭載されている機能ですね。
敢えてなんでファームウエアアップデートで入れたのか良くわからないですが、とにかく歓迎です。

Dscf0675

ジオラマ風
中心部に焦点をあて、周辺のピントをぼかすことで、ミニチュア風にしたもの。

Dscf0676

POPカラー
派手目になるように

Dscf0677

ハイキー
この辺よくわかりませんね(^^;

Dscf0678

ダイナミックトーン
CASIOが先鞭だったと思いますが、HDRっぽいドラマチックな描写っぽい感じ?

Dscf0727

パートカラーオレンジ
オレンジってあまり見かけないかな?
DSC-RX100にもこのパートカラーは搭載されています。

Dscf0775

ダイナミックトーン

Dscf0776

パートカラー
イエロー

Dscf0777

パートカラーブルー
とここまでは良いのですが(^^;
RAWボタンが多機能ボタンに置き換わってしまいw
RAW撮影のやり方が分からなくなっちゃったので、取説読まなきゃだわw
2ページ位しか変更点の説明なかったけど、結局RAWボタン内にはRAWモードがなくなっちゃったので(^^;
FnボタンにRAW設定にしました。それ以外の設定アー基本(旧)RAWボタン内で色々設定できるので。
まあ、SIGMAのマシン以外では、RAW撮影ほとんどしませんけどねぇ~。てゆうか、どのマシンもJPGで十分だったし。


機能が増えるのは良いですが、普通の人ってどんだけの機能を使ってるんでしょうかねぇwww

  

思ったより、値崩れしていませんね。
自分が買った時とあまり変わっていないわ。(2012.10)

 

« カランダッシュメモ帳セット たぶん廃番 (カランダッシュ) | トップページ | pencoの大学ノート(penco) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

> まあ、SIGMAのマシン以外では、RAW撮影ほとんどしませんけどねぇ~。

 一番データでかいのがRAWなんですね(笑)。

 RX100では、よく使うのがクリエイティブスタイルのビビッド、風景、夕景、ピクチャーエフェクトではレトロフォトですね。オモチャ機能はあんまり使う気が起きません。なんか写りが良いのに勿体ないし。

 あと、私もRX100ではほとんどRAW使いません。WinXPでImage Data Converter使うと、画面表示の色が元とぜんぜん違う色で、使い物にならんのです。なんでだろ。それに普段20MPixも要らないので、ほぼ常に5Mで撮ってるし。

しまみゅーらさん
この辺の機能は、iPhoneなどで遊ぶ分には良いですが、
普段使うには不要な機能かと(笑)

RAWは
1200~2000万画素前後で、10~20MB
4600万画素になると、40~50MB
も消費します(笑)
なので、普段はJPGのF(HIGH)あたりで
撮っています。

モニターの特性などにも大きく影響しますよね。
その辺、私的には印刷に出すとわかっている
もの以外は普通に撮影しています。
RAWだと味付けで色々替えられますし。
ただし、露出補正したものはそれ以上明るく
したり、暗くしたりはできないような気がします。
(もしかしたらできるかもしれませんが、取説
読まない人なので(゚゚ )☆\ぽかあほ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/55852646

この記事へのトラックバック一覧です: X10のファームウエアアップデートで変わった点(FUJI):

« カランダッシュメモ帳セット たぶん廃番 (カランダッシュ) | トップページ | pencoの大学ノート(penco) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ