« このショップに正義は無い。情報操作も甚だしい(*天) | トップページ | 夏休みの工作w スピーカーボックス比較編 »

夏休みの工作w スピーカーボックス編

先日紹介した、月刊stereoのオマケのスキャンピークのスピーカーと、別冊のスピーカーボックスを組み立てたので紹介します(^^;
昨年のフォステクスのスピーカー自作よりも、難易度は低いので簡単にできちゃいました。

Dsc00477

最初からスピーカーボックス(エンクロージュア)の箱部分の面取りがしてあるので、この部分に水性ボンドを塗ってくだけです(^^;

Dsc00478

あと、大きなテープが貼ってあるので、基本ずれずに貼る事ができます。

Dsc00481

こんな感じ。

っとその前に、低音を出す部分を加工。

Dsc00482

単なる円筒のボール紙ですが(^^;

Dsc00483

ちゃんと筒がはみ出さないように加工されているので安心です。

Dsc00476

こんな感じね。

背板を留めます。

Dsc00485

ちょっと多めにボンドを塗ります。

Dsc00480

ずれないように慎重に(^^;

吸音シート(ちょっと安っぽいけど)をボックスの中に貼ります。
気にする人は、別途飼いましょう。もとい、買いましょう。

Dsc00486

適宜塗ります。

Dsc00487

こんな感じでL字型に貼ります。

Dsc00488

もう一個にも貼ります。

Dsc00489

私的には左右対称に貼りました(^^;
あー、浮いているところがありますが、ちゃんと平らになるように張り直しています(^^;

Dsc00490

スピーカーの固定。
今回はキット用(ちゃんと併せてあるので)なので、ねじ穴もぴったり。

Dsc00491

こいつで、ガッチリ(^^;
ま、別に普通のドライバーで十分なんですが(^^;

Dsc00492

こちらが裏側。

Dsc00494

プラスとマイナスを間違えないように繋げます。
ケーブル部分はあらかじめ外に出します。

Dsc00495

こんな感じ。

Dsc00502

別アングルから。
しっかりと差し込まないと、加工中に外れてしまいます。

Dsc00498

プラスマイナス間違えないように、コネクタ部分の形状がちがっています。
写真下部分。マイナス(黒)が若干小さくなっているのがわかると思います。

Dsc00499

マグネット部分がおおきいですねぇ。

Dsc00503

ケーブル(別アングルから)

Dsc00504

この枠にボンドを塗って貼れば完成。
てゆうか、ボンドが乾いてからね。

Dsc00505

完成のようす\(^o^)/ワーイ

Dsc00506

裏側。

Dsc00507

ニスを塗るなり、木目シールを貼るなりすれば、雰囲気出ます。
とりあえず、このプレーンな状態で使ってみますが。

いやはや、小さい箱ですが、結構良い音が出ます。
流石スキャンピーク。


« このショップに正義は無い。情報操作も甚だしい(*天) | トップページ | 夏休みの工作w スピーカーボックス比較編 »

オーディオ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/55312881

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの工作w スピーカーボックス編:

« このショップに正義は無い。情報操作も甚だしい(*天) | トップページ | 夏休みの工作w スピーカーボックス比較編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ