« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

10000mAhの大容量バッテリーが、なんと2600円ほどで(^^;でも怪しい

Twitterで密かに盛り上がってる、バッテリーを買ってみました。

R0024990

少し前に話題になったら、速攻で売れてしまい。
再入荷分です(^^;

R0024991

外国製のものなので、日本で売ってないいろんなスマホが載ってます。

R0024992

しかも10000mAhとゆう大容量。
SONYのがたしか4000mAhなので、倍以上です。

R0024993

充電時間は9時間。
ま、そりゃそーだ(^^;(By 阿部サダヲ風)

重量なんと260g
根性要るかも(^^;
でも、先日買ったSONYのDSC-RX100は、USB充電なので移動中に充電させておけば安心です。

とゆうのも、ちょっと奥さん聞いてよぉ~。

DSC-RX100、前回カメラテストで165ショット撮って、その後天気も優れないので、カバンの中に入れていて、使おうと思って電源入れたら、バッテリー切れですと出たもんだ(^^;
電池食いすぎ~。
まあ、電池がちゃんと回ってなかったのかもしれませんが(^^;

とゆうわけで、渡りに船のこの大容量バッテリー。
しかし、そうでなくてもカバンの中が電脳小物とデジカメに占拠されているので、重い上に追加って(^^;

いかん、脱線しすぎた。

R0024994

丁寧に、アダプター一式入っています。
でもたぶんdocomoのガラケーはないかと。

R0024996

定格。

R0024997

2室?になっています。
1Aと2.1AにINとあるのは、充電用。

R0024998

スイッチもあります。

R0024999

バッテリーゲージ。
1つあたりが20%換算。

R0025000

ご覧のように、(海外で)一般的な危機には対応してるらしい(^^;

R0025001

たぶんこれが、iPhoneやiPadのドックコネクタと、GalaxyTAB用のコネクタかと。

2280円プラス送料とゆうことで、興味がある方はポチっちゃって下さい。

あー、すぐになくなっちゃうかもですが(^^;
また入ってくるでしょう。

超弩級ズームが魅力のX-S1 その2 カメラ比較編 (FUJI)#minpos #CAMERA

みんぽす/WillViiさんよりお借りしているX-S1ですが、恒例の比較編です。

15447-862-279638

vs Nikon D5000

R0024750

デジタル一眼レフって、基本どのメーカーでもデザインが似ちゃうのであれなんですが。
上から。
コマンドダイヤル含め(内容は違いますが)雰囲気が似ています。

R0024751

背面。
特に左端のボタンなど、D5000とはそっくりです。

R0024753

前から。
ペンタ部(ちゃうけど(^^;)は、X-S1の方が大きいです。

R0024755

ダイヤル部。こちらはX-S1

R0024756

配置は違うケド雰囲気が似ています。
もしかして、部品などNikonと共有?かもしれんと思ったのはナイショ。

あ~っ!!!(@@; 
今気づいたけど、D5000のシーンモード含めアイコンが書いてあるんだ(゚゚ )☆\ぽかあほ
これらの機能って、一度も使ったことないや(ぉぃ

いつもMASPかオートしか使わないのでヾ(^ )コレコレ

こんど使ってみようっと。
てゆうかD5000は、入門機なのでこういうダイヤルついているんだな。
今度は7000以降を買おう(゚゚ )☆\ぽかカウノカ

ズーム対決ヾ(^ )コレコレ

R0024758

D5000では200mm、X-S1は600mm超えですからねぇ~。

vs LUMIX DMC-Fz30

大昔の望遠ズーム付きコンデジです(^^;

R0024760

当時は最高クラスでしたけどねぇ~(^^;
810万画素なんですが、今も使えるよん。
今は、DMC-Fz150なので、何十世代前なのか(^^;

R0024761

ズーム端でもレンズが伸びないのが購入の決め手だったのがDMC-Fz30です。
DMC-Fz30は420mm相当。なので、X-S1の方が200mmも遠くが撮れます。

R0024762

正面から。

R0024763

今見ると液晶ちっちゃwww

こうやって見ると、X-S1いいわ(^^;

梅雨なのであまり良い写真が撮れませんでしたが、次回は映り比較をしてみたいと思います。

なんでか分かりませんが、カメラネタと文具ネタはアクセスが伸びますねぇ~不思議だ。


15447-862-279638


メルセデスベンツプルバックカー(エメマン・ジョージア)

打合せに出かけた帰りに、のどが渇いたのでコンビニ寄ったら、発見したので(^^;
2本もとい2台保護してみましたヾ(^ )コレコレ

R0024974

TVでペットボトル~云々て宣伝してるヤツです。

R0024976

CクラスのワゴンとEクラスのセダンっす。
ちなみに、ベンツは縁が無いため良くわかりません(゚゚ )☆\ぽか
あー、AMGとかCOMPRESSORなどは知ってますが(^^;
非常に小さいです。
これを選んだのは単純に表に沢山並んでたので、奥まで探索する気も(^^;

R0024978

造形的には雰囲気出てますが・・・

R0024986

ホイールがしょぼいです。

R0024987

前から。

R0024988

後ろから。

R0024981

Cクラスのステーションワゴン。
タイヤは共通のものを履いています。

R0024982

前から

R0024985

後ろから。
いちお、ベンツのマークはついています。

個人的には、SUNTORYの方が造形が上手いかも(^^;

R0024979

2台並べてみました。

R0024980

大きさ的には9mmゲージよりも一回り大きい位でしょうか?

R0024989

全8種類。
さすがにこの小ささではコンプする気も(^^;
2本セットで、高品位のダイカストミニカーがあったら分かりませんがヾ(^ )コレコレ


超弩級ズームが魅力のX-S1 その1開封本体編 (FUJI)#minpos #CAMERA

先日のX-pro1の余韻もさめやらぬまま(^^;
みんぽす/WillViiさまより、Xシリーズに昇格したX-S1をお借りしましたので、色々試して見たいとおもいます。

15447-862-279589

R0024666

X-pro1と同じシリーズになったことで、雰囲気がずいぶん良い方向になりました。
たしか昔、「ネオ一眼」というキャッチフレーズで登場した、レンズ一体型大型デジカメ。(今も呼ばれているのかな?)
レンズ交換がなしで、高倍率ズームが使えるを売りにしてラインナップされた一眼レフ(ミラーレス)もどきです。

当時、私はFUJIにするか、PanasonicのLUMIXのDMC-Fz30にするか迷いましたが、結局レンズがドバーっと出るのにちょっと抵抗があって(^^;
DMC-Fz30にした記憶があります。

R0024667

横から。
それにしてもXシリーズはかっこいいですねぇ。
急に一皮向けたとゆうかなんとゆうか。
デザインがパッケージも含め洗練されています。

R0024669

フタ開けたとこ。
ま、この辺は愛嬌とゆうことで。
ちなみに、バッテリーも取説の中に入っていました。
紐は、レンズキャップがなくならないように付いてます。

R0024670

このパッケージングも良いです。

R0024671

左からレンズキャップ、レンズフード、ストラップ、バッテリー充電ケーブル、USBケーブル、充電器です。

R0024673

どど~ん。
一眼レフと同じ大きさで、重量感と質感、迫力があります。
レンズがでけぇ~。

R0024674

上から。
遠目から見てデジタル一眼レフと言われても、わかりません。
実際、撮影していたら(あー、カメラテストで何台か持って(^^;)凄いカメラですねぇ~と言われました(^^;

R0024675

どこにこんだけの長さが収まっているのか(^^;
超弩級ズームです。

R0024676

裏面はNikonのD5000に似たレイアウトになっています。
もしかしたら、設計協力とかあったりなんかしちゃったりして~(by広川太一郎風)
Xシリーズ特有のRAWボタンがあります。

R0024679

ストロボを出したとこ。
あー良くわかりませんね。

R0024680

この高さまで出ます。
たぶん、レンズによるケラレ(あー、影が映っちゃうの)を防ぐためかと思います。

R0024682

ど迫力です。
φ62mmなので、一般的なレンズは49mm、52mm、55mmなので、一回り大きいです。
そのためか、F値はワイド端で2.8m望遠端で5.6とこのクラスとしては比較的明るい方だと思います。

R0024683

レンズ正面からみて右側にはマニュアルフォーカスもあります。
レンズの手前のリングを回せばピントをマニュアルで使えるようになります。
このカメラにマニュアルが付いているのは良いです。

R0024685

ダブルダイヤルもそそりますヾ(^ )コレコレ
しかも、MADE IN JAPANだし。

R0024686

液晶はバリアングル(あー違う名称かな?)NEX-5D同様に上下左右のみですが、ハイアングル、ローアングルの時に便利です。

R0024689

レンズフード。

R0024690

収納時には、邪魔にならないように収められます。

R0024691

バッテリーは1700mAhと、X-pro1よりも大きめなバッテリーです。

R0024692

一眼レフ同様、バッテリーとSDカードは別になっています。

R0024694

こちらが、SDカードスロット。

R0024695

こちらは、USBやHDMI、外付けマイクなどが使えるコネクタが並んでいます。

R0024698

X-pro1同様のレイアウトとゆうか、画面。

R0024699

アイセンサーも付いています。
視度調節はないと思います。たぶんヾ(^ )コレコレ

【120702修正追記】
読者の方から、アドバイスがありまして、ファインダーの左側のダイヤルが視度調節だよぉ~んてありました。(滝汗)
お詫びして訂正いたします。

ちなみに、X-pro1のファインダーは、光学式とデジタルと切替ができましたが、こちらは液晶ファインダーのみです。
アイセンサーが付いているのは、良いのですが、使っていて目の位置がずれるとゆうか、時々切り替わらなかったり、視点が外れるとブラックアウト(正確にはグレーアウト)してしまうことがなんどかありました。
X-pro1の時には一切違和感がなかったので、この辺がちょっと気になりました。
まあ、そういうときはファインダーから目を一旦離して、もう一度構え直せば問題ないのですけどね。
ちょっと気になるポイントです。

R0024710

ファインダー内のようす。
中央の線は水平補正用。

R0024714

私的に唯一気になるのが、このズームリングのデザイン。
たしかにグリップがよく、回しやすいのですが、ゴムのため埃が入ったときに掃除しにくい(^^;
この写真見ても埃が張り付いていますしねぇ。
もう少し普通の交換レンズにありがちなデザインのようにあっさりさせて欲しかった。
レンズ付け根の左右に見えるのはマイクです。

カメラの表面もゴム系でclassic風のデザインなのですが、ゴム系塗装皮膜って、経年変化でべたついたり、剥がれたりするので、見た目はカッコイイのですが、この辺どこまで耐久性があるか気になるところです。
この部分は素のままの樹脂(一般的なデジ一で多用されている)の方が良かったかもしれません。

続く

15447-862-279589

  

出た時には思ったよりも売れなかったという話を聞きますが、600mmまで撮れる望遠レンズって、超でかいか、超お高いので、口コミなどで徐々に広がって、また高値安定のようですが。
この値段で、600mmオーバー(スーパーズームを入れると更にこの倍)が撮れるマシンなので、交換レンズ持ち歩くの面倒とか、受像素子にほこりが入るのがやたという方にはかなりオススメです。

前モデルだと、コンデジ買う値段で買えます(^^;
そもそも私が持ってる大昔のFz-30なんか810万画素ですからwww

三井住友銀行の名を語るフィッシング詐欺メール来たぁ~www

昼になにげにメール見たら、以下のような内容のメールが来ていました。

はてさて、過去に一度も三井住友銀行さんとはお取引がないので(^^;
そもそも、大手都市銀行って、しぞ~かとかまで行かないと預金も引き出しも
できないのですが(^^;(あー、コンビニとかATMでとかゆうツッコミは無しで(^^;)
それに、通帳作る口座を開設するには、店まで足を運ばなければいけないし。
駐車場そんなにないと思うし。
あれこれ買うので貯金できる余裕もないし(゚゚ )☆\ぽかあほ

なんだかなぁ~と思っていましたが。
ネットで検索すると、同種の手口で(内容多数あり)フィッシング詐欺が
流行っているんだと。
それは、システム移行に伴い仮の暗証番号云々とかネット取引ができなくなるよ
的な(^^;

読者の皆さんに何かあると困るので、内容を晒しておきます。ご注意下さい。

まあ、こういうことする人は、頻繁に発信IDとかサーバーは変えているとおもうので
気休めですが、類似のメールが来たらご注意下さいね。


題名 : 三井住友銀行より大切なお知らせです
差出人 : SMBCダイレクト
宛先 : ****.ne.jp(※ここは私の昔のメルアド、そもそもここからして怪しいwww)
簡易ヘッダー表示▲
Return-Path : news_serve@smbc.co.jp
Received : by mbox401-2.nf.nifty.com id 4febd0d573e638;
Thu, 28 Jun 2012 12:34:45 +0900
Received : from conmx502.nifty.com (conmx502.nifty.com [172.16.169.188])
by mbox401-2.nifty.com (Postfix) with ESMTP id 5183BF812E
for ; Thu, 28 Jun 2012 12:34:45 +0900 (JST)
Authentication-Results : nifty.com; spf=softfail smtp.mailfrom=news_serve@smbc.co.jp;
sender-id=softfail header.From=news_server@smbc.co.jp; dkim=none
Received : from mailgoinfo00.net (mailgoinfo00.net [121.119.191.184])
by conmx502.nifty.com with SMTP id q5S3Yjp4022492
for ; Thu, 28 Jun 2012 12:34:45 +0900
X-Nifty-SrcIP : [121.119.191.184]
Received : (qmail 25176 invoked by uid 501); 27 Jun 2012 15:55:14 +0900
Message-ID : <20120627065514.25175.qmail@mailgoinfo00.net>
From : SMBCダイレクト
Reply-to : news_server@smbc.co.jp
To : .ne.jp
Subject : 三井住友銀行より大切なお知らせです
Date : Wed, 27 Jun 2012 15:55:14 +0900
MIME-Version : 1.0
Content-Type : text/plain;
charset="iso-2022-jp"
Content-Transfer-Encoding : 7bit
X-Mailer : (90.183.248.54:27.253.189.241)

ここまでは普通の人はあまり見ないてゆうか、表示のない部分ね。

※ここからが本文。


三井住友銀行ご利用のお客様へ

三井住友銀行のご利用ありがとうございます。

このお知らせは、SMBCダイレクトをご利用のお客様に送信しております。

この度、三井住友銀行のセキュリティーの向上に伴いまして、新たなセキュリティーシステムを導入する事になり、現在お客様情報の確認を行っています。


必要事項を記入して、確認手続きを完了してください。

http://smbcinfo.zj.c****dc.com/(ぽちる人がいると困るので、伏せ字にしてますw(^^;)

この手続きを怠ると今後のオンライン上での操作に支障をきたす恐れがありますので、一刻も素早いお手続きをお願いします。

三井住友銀行


手軽に使えるテプラ Lite LR5 その2 vsこはる編(キングジム)#minpos #kinggim

テプラliteは、感熱紙ということを書きましたが、その前に出ていたのが。こはるさんです。
おぢさんだって使いたいマスキングテーププリンターこはる その1本体編(coharu:キングジム)
興味がある方は一連のつながりでご覧下さい。

16631-862-279507

R0024497

vsこはるたんです。
雰囲気は似ていますが、ボタンの大きさが全然違います。

R0024499

テプラLiteの方が洗練され、押しやすくなっています。
日本語表記がいまいちなのですが(^^;

R0024500

拡大してみました。

R0024501

上から。
基本的な機構は同じだと思いますが、新設計の部分もかなりあるようです。
紙の出る位置が全然違います。

R0024502

部品類は共通なのですが、そもそも金型が全然違いますし、紙の配置や電池の配置が違っています。

R0024512

紙を入れて上下にしてみました。

感熱紙を使っているので、テプラLiteにもこはるのテープを入れることができます。
逆も可。
こはるたんと比べると数段打ちやすくなったキーは良いです。
あとテープカッターも(^^;

改善を望む点

問題は、文字の表記が少ししか持たないこと。できれば、日影や暗いところで数年持って欲しいところです。

せっかく色々な文字のバリエーションがあるのでしたら、漢字も手書き風とかタイプライター風などにできると尚良いです。って、この小ささでは無理か(^^;


でも、このように気軽に使えるマシンは良いですね。

16631-862-279507


手軽に使えるテプラ Lite LR5 その1 本体編(キングジム)#minpos #kinggim

昔からテプラをつかっていまして、大量にテープが残っているので未だに初期のテプラを使ったりしています(^^;
でも、経年変化で粘着力が弱まってヾ(^ )コレコレ
両端をテープで貼って使ってます(^^;

16631-862-279419

最近では、こはるたんを買ったのですが、それの進化形として発売されたのが・・・

R0024485

テプラ Lite LR5です。

R0024486

横から

R0024487

開けたとこ。
こはるたんは、ハコの中までイラストが入っていて楽しかったのですが、ヾ(^ )コレコレ
こちらはビジネスライクなパッケージです。

取説と登録カード類が入っています。

R0024488

取説を取るとプチプチに包まれた本体が見えます。

R0024490

こちらが本体。
あー、恒例のQWERTYキー配列です。
文字が小さいのでひらがなの刻印はありません。
仮名入力の方ごめんなさい(メーカーに変わってヾ(^ )コレコレ)

写真だと大きく見えますが・・・

R0024492

このくらい。
Liteとゆうだけあって、小さいです。

R0024491

こちらが裏面。
あー、ぼかしが入っているのはデモ機と書いてあるからで、もしかしたら製品版とは若干仕様が異なるかも。
もっと良くなっているかもしれません。

右下にあるのは、テープ残量確認用の穴。

R0024494

上に飛び出しているのは、カッターを出す部分。
こはるたんの時には、マスキングテープが前提だったので手でちぎる仕様でした。

R0024495

ここからテープが出てきて・・・

R0024496

こんな感じで裁断されます。
切り口は非常になめらか。

R0024504

こちらが本体内部。
電池は別売り(こはるたんの時もそうだった。

右側にテープをセットします。

下段のレバーはちゃんとフタが閉っているかのセンサー(たぶん(゚゚ )☆\ぽか)

R0024505

お試しに来たのは、白、黄色、ピンク、青の4種類。

R0024506

左にあるのが、私が持っているこはるたん用のパステル系マスキングテープ。
ちなみに、紙のファイルなどの色は、こはるたんの方が近いので、私的には重宝しています(^^;

両方とも感熱タイプなので、長期間の保管には向いていませんが、ちょっとした記録用のメモやプロジェクトなどに使う名前を貼っておくだけなら十分実用に耐えます。

ただし、注意書きにもあるように、半年~1年ほどで日焼けとゆうか、うすくなります。たぶん直射日光が当たる所においておくと、そんなに持たないのではと思います。

R0024507

こちらがテープ。紙ですね。
雰囲気的には、ポストイット風。でも裏はちゃんとついてるよ(^^;

R0024509

この矢印のマークのシールを剥がして使います。
テプラやテプラPROのようにカートリッジに入っている訳ではありませんので、テープを剥がすとばらけますので(^^;
いちお、外のドーナッツ状の紙には軽く張り付いていますが。

R0024511

こんな感じでセットします。

R0024515

電源を入れるとデフォルトでは漢字変換モードになっています。

R0024516

ATOKのように、全部文字を入力して変換というのは荷が重いので、文節変換(一部文字については連文節も可)で入力した方が早いです。
英字とかカタカナにする場合は、左下にある入力モードを押します。
ひらがなで良ければ、OKを押します。

一通り入力が終わったら、プリントボタンを押します。

R0024517

感熱紙なので、静かです。

R0024519

R0024520

文字変換には、タイプライターやてがきなどがあります。
が、たぶん漢字はゴシックのままで、それ以外のひらがな、カタカナ、英数字が希望するフォントに変わるだけです。
この辺とゆうか、たぶんエンジンはこはると同じように感じました。
あー、バージョンアップはされていると思います。

R0024522

漢字は同じ、ひらがなが変わっています。
上がデフォルト。下は手書き風。

16631-862-279419

   

本体は、グレー、ブルー、ピンク(いずれもボタン類)があるようです。

もしかしたら、こはるの記事を書いた時に、おじさん向けにも作って欲しいということがきっかけになっちゃったりなんかしたりしてぇ~(広川太一郎風)ヾ(^ )コレコレ

こちらが、こはるたん(^^;

 

iPodnanoを腕時計風にするw(iWatchiz)

iPodnanoは小さくて良いのですが(^^;
なくしてしまいそうでwww

R0023957

こんなものを買ってしまいました(^^;

R0023958

全8色あるので、気分によってカジュアルからフォーマルなどそろえるのもいいかもです(゚゚ )☆\ぽか
下に紹介したリンクにあるような、外ケースを付けて時計風にするのも良いのですが、にせ物が多いのと、ケースを付けると純正品意外のイヤホンが使えないという書き込みも多いことから、本品にしました。

R0023961

ハコから出したとこ。
ついているのはプリント紙のnanoです(^^;

R0023964

ちょっとベルトが太いのですが(^^;
まあ、時計にみえなくもないかなっと。
神さんが見つけて、またこんな時計買って!と言われてしまいました(^^;
くらい自然に見えたのでよかったとしましょう。

R0023965

こちらがベルトの裏側。あー肌に当たる方ですね。

R0023966

こちらが内側。
本体が収まるところ。

この切り込みがクリップが入る部分です。

R0023970

本体を装着したところ。

R0023972

こちらが普通のモード。

R0023973

こちらが時計モード。

問題は(^^;
時計モードにしていてもオートスリープを効かせていると、次に電源が入った時に音楽再生モードになってしまったり、アイコン画面になったりしちゃうこと。
逆に、スリープをオフにして、時計を付けっぱなしにしておくと、今度は電池の消耗が気になること(^^;
難しい問題だ(゚゚ )☆\ぽか

  

市販されているiPodnanoだと8GBと16GBでそれほど金額に差がないので、よく音楽を聴く人は16GBをオススメします。

 

nanoを扱っている電気屋さんにはたいがい500円前後でフィルムも置いてあると思います。
昔のものと違って、手で液晶画面に触る機会が多いので、貼った方が良いと思います。

   

腕時計タイプのものや、ケースのものなど色々出ているので好みで。

本末転倒かもしれませんが、Bluetoothの発信ユニットなどもあります。

ペプシEX飲んでみた (SUNTORY)

ペプシにしては小さい缶に入っていて、

R0024768

カフェイン2倍だそうな

R0024769

味は普通のペプシ(notNEX)とそれほど違いが感じられないけど。
ちょっと苦みが強いかな?

R0024770

覚醒できるかな?(゚゚ )☆\ぽか

ウエルカム iPodnano6th (Apple)

iPodnano1stを出して、10日ほどして届いたのが。

R0023893

iPodnano6thです。
修理交換的な扱いなので、ハコは通関用のハコに本体のみ。
イヤホンやUSBケーブル、取説などは入っておりません。

R0023894

こちらが裏面。
クリップになっています。

R0023895

上側
写真左から、電源(スリープ)ボタン、ボリュームの+-

R0023896

裏側は、ドックコネクタとイヤホン
とゆうあっさりバージョン。

ちなみに、8GBモデルです。

R0023897

小さいアイコンにしたもの。
大きいアイコンだと1画面1つです。

余分なものを消したので・・・上の4つのアイコンと

R0023898

こんな感じ。

R0023899

腕時計風の時計がついています。

R0023900

ストップウォッチと

R0023900_2

タイマーもついています。

R0023902

時計モードの状態で左右にフリックすると18種類の時計デザインが出てきます。

R0023903

こんな感じ。
時計はたぶんMACとシンクロして調整するようになっていると思います。

R0023906

情報ページ

R0023907

8GBなので1300曲くらいしか入りません。

R0023908

こちら、ナイキ+のアプリで、ウォーキングとランニングが記録できます。
R0023910

ジャイロセンサーがついているので、縦横でもかなりの精度で拾ってくれると思います。
歩行数は累計だと思います。
前日分

R0023911

こんな感じで履歴も見えます。
計測したい時にスイッチを入れて、終了後切る方が良いです。
放置すると歩数と時間のずれが生じます(^^;

R0023914

母艦との接続状況。

R0023915

同期中の状況

Rimg0005

初めて接続するときに、名前を入れることができます。
上は母艦の写真(^^;

時計モードにしていても、スリープにすると電源を入れた時に、音楽再生画面になるのがご愛敬です。
公称再生時間24時間ですが、この小ささで音も良い(あーBOSEのヘッドホンで)ので、良いかもです。


これ以外にFMラジオもついています。
あー、ヘッドホン挿さないと、アンテナがないので

R0023912

こんな風に怒られます(^^;
でも、手動チューニングなのですが、周波数が分かれば簡単に音を拾うことができます。

  

市販されているiPodnanoだと8GBと16GBでそれほど金額に差がないので、よく音楽を聴く人は16GBをオススメします。

 

nanoを扱っている電気屋さんにはたいがい500円前後でフィルムも置いてあると思います。
昔のものと違って、手で液晶画面に触る機会が多いので、貼った方が良いと思います。

   

腕時計タイプのものや、ケースのものなど色々出ているので好みで。

本末転倒かもしれませんが、Bluetoothの発信ユニットなどもあります。

Pro Guard ARSH for SONY Cyber-shot DSC-RX100

液晶保護フィルムの記事ついでにヾ(^ )コレコレ
先日導入し、スタメンで活躍しているSONY Cyber-shotのDSC-RX100ですが、購入直後に

R0015918

買って貼っています。

問題は、2シート付きということ。
半額とまではいかなくても、1シートで安くしてもええやん(^^;
2枚はいらん。

R0015919

特に、デジカメの液晶って指で触ってしまうことが多いのと、一眼レフなどの場合はファインダーを覗くときに、鼻の脂とかが液晶に付いちゃったりするので必須です。
私はデジカメを買うと必ず液晶保護フィルムを貼るようにしています。
昔と違って最近のデジカメは液晶の上にアクリル樹脂で保護されているので貼る必要がないと言えばないのですが(^^;
昔のは、まんま液晶画面(いわゆるパソコンの液晶画面みたいなのん)なので、貼る必要があったのですね。

R0015897

使い回しでごめんなすって(^^;
こちらが、(写真下)フィルムを貼った状態。
気泡もなく綺麗に貼れました。

綺麗に貼れると安心して使うことができます。

ウルトラ衝撃吸収プロテクター iPhone4sを貼ってみた (BUFF)

iPhone4sを修理に出す前に、いちおプロガードを剥がして、別のフィルムに貼っておいたのですが、どうせ替えるならとゆうことで、買ってみました(^^;

R0024740

ハンマーで叩いても割れないとゆう噂のヤツです。
表紙にも、280gの鋼球を1.5mから落下させても大丈夫だそうです。

R0024741

裏面には説明が書かれています。
どうも4層構造でフィルムが構成されているもののようです。

R0024742

内容物一式。
前後のフィルムに、サイドのフィルムまで付いています。
丁寧に1枚1枚袋に入っていて、更に保護用の樹脂に包まれていました。
右に見える黒いカードは、貼るときに気泡を追い出すへらです。
青いのはメガネふきみたいな布。

R0024743

写真でうまく撮れませんでしたが、iPhoneの四隅(側面)に貼る用のプロテクター。
4と4S用が同梱されています。

格闘すること30分(^^;

R0024745

気泡もなく、上手く貼れました。

がっ!、普通の蒸着用液晶保護フィルムと違って、すごくふにゃふにゃしていて柔らかいので、非常に貼りにくかったです。
厚みも普通のフィルムと比べて倍以上あるので、ちょっとくらいの圧迫などでは割れたり傷が付いたりしないと思います。
触った雰囲気とゆうか、感触は、地震の時にTVやパソコンの転倒防止(滑り止め)用のジェルマットってあるじゃないですか。あれの表面が粘着力がないものを思い浮かべてくれればわかりやすいかも。
ちょっとぷにぷに感があります(^^;

色んな売り場の感想も見ても、☆が3つと評価が低いです。
それらの理由の多くが、貼りにくい、上手く貼れない、気泡が入りまくり。
と、使う以前に貼るのが困難なようです。

幸い私は苦労しながらも上手く貼れたので良しとしましょう。

R0024746

わかりにくいですが、四隅にも同じ素材のシールを貼ってあります。
どちらかというと、エッジの方が厚みがあるような気がしますが。
写真は右横のSIMカードスロットがある方。

R0024747

こちらは、ボトム部。
コネクタは問題なく挿せます。

R0024748

ボタン回りは3枚の構成で貼ります。

R0024749

トップ部。
貼るよりも、剥がす方が大変です(^^;

これで、指紋や油が付く前にフィルムを貼ることができました。

指の滑りが他のフィルムと違って多少ひっかかりとゆうか抵抗があるので、表面だけはもしかしたら替えちゃうかもしれませんがヾ(^ )コレコレ

バックアップから復元中なので、実際の捜査官もとい、操作感はまだ分かりません。
そもそも復元がすげー時間かかってるので、その間にブログ書いたりしてます(゚゚ )☆\ぽか

あと、この状態でバンパーつけられるのかしらn?

 

上にも書きましたが、貼るのにはすげー手間が掛かります。
とゆうか、このような液晶保護フィルムを多数貼り慣れている私でも、けっこう途中でめげそうになりました(^^;
普通のフィルムを貼るのにも気泡が入ってしまう方にはあまりオススメできません。
ただし、落下させて、こっぱみじんこになるのが嫌な方は、貼り付けサービスをやってくれるお店でやってもらうと良いかもです。

私的に定評がある、プロガード。
こっちは、傷も付きにくいし、非常になめらかで指滑りが良いので、オススメします。
これ、iPadやiPod touch、iPod、デジカメの背面液晶保護など、このメーカーさんが作っているものがあれば、必ず買って付けています。
こちらは落下保護までは効きませんが、ちょっとしたスクラッチによる傷などはほとんど付かないので良いです。
ただし、これも人によっては貼りにくいという意見があります。

でもオススメです。
いやマジで(^^;

I'll be Back! the New iPhone4s 帰ってきたのよw(Apple)

先日、iPhoneの電源ボタンが下がったまま、オンオフできなくてAppleCareサポートに連絡して、集荷に来てもらったiPhone4sですが、新品交換?で無事戻ってきましたぁ~。\(^o^)/ワーイ
あー厳密に言えば、昨日不在で今日受け取ったのですが(^^;

R0024728

薄っぺらいハコです。

R0024730

開けたところ。
交換品同梱と。

R0024731

microCIM外し用の針が入ってました。
助かった(^^;
これ探そうかと思っていたところなので。

R0024732

説明。

R0024734

ハコの中にハコ。

R0024735

開けたとこ。
ちなみに、反対側にはスポンジ無かったけど(^^;

R0024736

袋の中に袋。ヾ(^ )コレコレ

R0024737

番号変わってるので、違うのが来たみたい。
メールにもありました。
それにしても、メールが英語ってのも(だいたい分かるけど)なんなんでしょ(^^;

番号変わっても、元のヤツに紐付きされているとのことで、サポートは問題なく受けられるということでした。

R0024738

左がSBから借りてきたiPhone4、右が新しく来たiPhone4sっす。
ちゃんと新しいカバー貼ってあります。

つづく


ツバメの子が生まれましたぁ~

一昨日の金曜日の朝、ちちちち言うので見てみたら、ツバメの子が生まれていました。

Dscf2346

2年ほど前、カラスに巣ごと壊されて、ようやく飛べるようになったヒナが食べられてしまって以降、もう来ないものだと思っていましたが今年は春先から一生懸命巣づくりを行い、少し前からたまごを暖めていて、ようやく孵りました。

Dscf2377

でも、親鳥はカラスの襲撃が不安なのか、時々子どもの上にかぶさってヒナを守っているようです。

Dscf2365

生まれたばかりなので、まだメガ見えません。
全部で4~5羽でしょうか。

Dscf2374

こんな感じで、丁寧にえさをあげています。
Dscf2694

えさを待っている時の口と産毛がなんとも可愛いです(^^;
にゃんちゅうのようですww

Dscf2696

今年はカラスに襲われずに巣立てると良いですが。


さらば iPodnano1st (Apple)

昨年末にiPodnano1stの無償交換のお知らせが来ていましたが、どこにしまったのか忘れてしまっていたので、そのままスルーしていました(^^;

捜し物をしていたら、机の引き出しの奥から出てきたので、AppleCareに連絡する前に記念撮影をしておきました。

R0023504

当時のiPodをそのまま小さくしたようなデザイン。
今見ても美しいデザインです。

R0023506

見やすくするように横でも撮影。

R0023508

裏側は、ステンレス鏡面仕上げに林檎マークとiPodのロゴがあります。
2GB、今となっては少ないですね。

大きさ比較

vs ボイスレコーダーV-51

R0023513

ほぼ同じくらいの大きさです。

vs ガラケー、今は亡き三菱のD903iTV

R0023514

vs iPhone4s

R0023515

こうやって見ると、結構洗練されたデザインでした。

あー此の後色々ありましたがwそれは当時Twitterでぼろかすにつぶやきました(^^;
出してから、ほぼ10日間ほどで帰ってきました。


1.0型センサーを搭載した DSC-RX100 その6 画面表示編 (SONY)

DSC-RX100の面白い機能の一つに、レンズ筒にある巨大なリングがあります。

R0024420

無駄にでかいだけではありません(^^;
このレンズの付け根にある溝が多用な機能を持って操作ができるようになっています。

R0024553

こちらが、Pモードのデフォルト画面。あー表示がうざい場合は消すこともできます(^^;

R0024555

エフェクトモードの時に、カメラ付け根のリングを回すことで設定が色々変えられます。
あと、裏側のダイヤルでも替えられますが。

R0024556

露出補正ダイヤル

R0024557

ISOダイヤル。

R0024558

ホワイトバランスの調整も簡単にできます。
これらは、Fn(ファンクション)ボタンを押すことで切り替わります。

R0024559

上のモードダイヤルを回すことで、プログラムオートや絞り優先などが替えられますが、NEX5Dにも装備されている説明が出ます。
ただし、NEX5Dと根本的に違うのは、モードダイヤルが独立していること。
このため、瞬時に切り換えることができます。
水の表現を色々とりたい場合、Sモードにして、スローシャッターにするか、高速シャッターにするかということが簡単にできます。

R0024561

絞りの表記。
前にX-pro1の時に書きましたが、マニュアルカメラから使ってきたおじさんとしては、X-pro1がめっちゃ欲しかったのです。
それはダイヤルで絞りやシャッタースピードを自在に操ることで、機械が自動で撮っているのではなく(裏ではそうかもしれませんが(^^;)自分で絞りやシャッタースピードを設定して、うまく絵ができた時の喜びとか、カメラを使っているんだぞぉ~的な楽しさがあったのですね。

それに近いものがDSC-RX100にはあります。
とは言っても、電子的な変換にはかわりありませんが(^^;
R0024563

絞りは、1.8-11まであります。
これだけあれば、細かな設定も可能です。

R0024565

シャッタースピードも自在に替えられます。

R0024567

こちらはプログラムオートのモード。
開放絞りにすると、広角でも被写界深度できれいにボケさせることもできます。

DSC-RX100の作例

Dsc00138

絵画モードになったままだった(^^;

Dsc00139

意外と接写も、ボケも綺麗に出せます。

Dsc00140

こちらは手前にピントを合わせた状態。

Dsc00142

手前から2つめのカワサキにピントを合わせた状態。

iPhoneやスマホが普及したことと、内蔵カメラの性能がかなり高機能になったために、コンデジが売れない時代になったということですが、どっこい、DSC-RX100は意外と設定や撮影が楽しくなるカメラです。
また、多用なエフェクトや、ホワイトバランスの調整がダイヤルでできることから、従来はフィルターなどを購入する必要があったものや、フォトショップなどを購入する必要がありましたが、カメラだけでも十分面白い絵づくりもできるようになり、色々な場所に取りに行きたくなるカメラです。


記念切手オトナ買い(^^;

手紙を書くときに、たいがい80円で済むので、80円切手をよく買います。
普通のやつだと面白くないので、仕事で郵便局を利用するときだけ記念切手まとめ買いしたりします。

R0024652

同じお金を出すなら、珍しい切手の方が良いですからね。

とゆう訳で

R0024653

これは少し前に買ったドラゴンボール

R0024654

植物学者の牧野富太郎生誕150年記念。

R0024655

趣味週間

R0024656

世界遺産の小笠原諸島

中には、綺麗で出すのもったいないものもありますが(^^;
そういうのは、返信封筒でこちらに帰ってくるヤツに使ったりします。

それにしても、最近は切手の余白にあるバーコード?QRコードリーダーで在庫管理しているのね。

店とゆうか支店によっては、少し前の記念切手もあったりするので、興味がある方はこまめに行くと良いでしょうね。


1.0型センサーを搭載した DSC-RX100 その5 ピクチャーエフェクト編 (SONY)

DSC-RX100には、多用なピクチャーエフェクト機能がついています。
最近のコンデジやデジ一(デジタル一眼の中級クラスまで)などにも搭載されていますが、このDSC-RX100にはすごく沢山のエフェクトがついています。
ここまで必要?ってくらい。

ちなみに、ピクチャーエフェクトはオートでは使えません。
プログラム(P)や絞り優先、シャッタースピード優先などマニュアル系のモードでのみ機能します。

Dsc00055

座漁荘(ざぎょそう)の裏面から。歴史の教科書などに掲載されているのがこちらからの写真なので、見覚えがある人もいるかもです。

Dsc00056

トイカメラ風のCOOL。

Dsc00057

トイカメラ風Warm

Dsc00058

トイカメラ風グリーン

Dsc00059

トイカメラ風レッド

Dsc00060

POPカラー

Dsc00061

ポスタリゼーションモノクロ

Dsc00062

ポスタリゼーションカラー

Dsc00063

レトロ

Dsc00064

ソフト

Dsc00065

パートカラーグリーン(緑だけ、赤だけなど昔の映画のように、その色彩だけを抜き出すもの)

Dsc00066

ハイコントラストモノクロ

Dsc00067

ソフトフォーカス
これには3種類あります。
紗がかかった状態をカメラ内で処理してくれます。
昔のフィルムカメラの頃は、別途フィルターが必要だったのですが、エフェクトでかけられるのが良いです。

Dsc00070

絵画調HDR
これはカシオがさきにやったと思いますが、連写させて、色彩を強調してアートっぽい絵を出してくれるものです。

Dsc00071

3種類の機能があって、中間。

Dsc00072

強調
となります。

Dsc00073

ハイコントラストモノクロ

Dsc00074

ジオラマ(ミニチュア)風
これには、縦横それぞれ、上、中、下、左、中、右の6種類あります。

Dsc00081

受けたのがこれ。
水彩画調。

Dsc00082

イラスト調
これはソフト。

Dsc00083

こちらが中間

Dsc00084

こちらが強調www
ここまでくるとすげーわらける(゚゚ )☆\ぽか

パートカラーの紹介を
先の説明ではわかりにくかったので。

Dsc00122

パートカラー黄色
滑り台だけでなく、左のブランコの枠。右上の電信柱を支える支柱カバーなどもちゃんと黄色くなっています。

Dsc00123

パートカラー緑
しっかり緑だけ出ています。

Dsc00124

パートカラー赤

Dsc00128

パートカラー青

Dsc00129

パートカラー赤
ちょっと切替が面倒ですが、げーじつ的な絵(写真)づくりが必要な人には十分なエフェクト機能が搭載されています。

昔は、普通にPGかRAWで撮って、Photoshopで加工すると言う作業が、カメラだけで色々設定ができるというのは面白いです。

とりあえず、DSC-RX100の紹介はこの辺で。
また何かあったら書きますね。

とにかく、X-pro1とは違う意味で撮っていて面白いカメラです。

  

 


GALAXY Tab 2 7.0 WiFiモデルその3 充電ケーブル編

別に特出しするほどのことはありませんが(^^;

R0024484

Appleのドックコネクタはすげー沢山持ってるので(^^;
自宅に数本、会社に2本、車の中に1本、カバンに1本と(^^;

でもって、GalaxyTabもiPhoneに似た形状のコネクタをしているので、なにげにAmazonで安く売っていたのがあったので買っておきました。
これで、自宅と会社に置いておけます。

なんと190円で送料無料
利益が出るのでしょうか(^^;

GALAXY Tab 2 7.0 WiFiモデルその3 電源オンだけどw編(SAMSUNG)

充電にけっこう時間が掛かりましたが。

R0024357

おー。

R0024358

おー(゚゚ )☆\ぽか

R0024359

初期設定では、ドロイド君が出てきます。

R0024360

外人さんのマシンなので、バックアップとリストアの指示が出ます。
チェックを入れて次へ。

R0024361

今度はGoogleの位置情報を聞いてくるのでチェック。

R0024362

ようやく、セットアップ完了。

Screenshot_20120614113652

GalaxyTabは良いねぇ~そのままキャプチャできるから。
Xperia Sは電源長押しで、キャプチャしますか?って聞いてくるので一手間かかる。
こちらは、起動するとすぐにGoogle Play(いわゆるiTunesとゆうかAppストアと同じ。昔のandroidマーケットです)
そこにアクセスして、GoogleのIDから、過去にDLしたアプリのうちよく使うものをダウンロードするように促します。

Screenshot_20120614113844

こちがら、デフォルトホーム画面。
で、位置情報は確かに静岡市なのですが(^^;
全部中国語(^^;(^^;(^^;

で、そもそも、androidの2.7くらいまでは知っていますが、4はソニタブで経験しましたが、絵が違う。

Screenshot_20120614114613

マーケット(Google Play)を見ると確かに日本語で表示されるのですが、設定を見ても言語のページが中国語なので、ようわからん(^^;
これ、日本対応ではないんちゃう?とかまで思ったり、返品返品と思っていたらやっとこ日本語化できましたw


Screenshot_20120614115123

こちらが日本語化したトップページ。

設定の途中で。

Screenshot_20120614125901

勝手にアップデート始まっちゃって焦りました(^^;

Screenshot_20120614125820

設定もちゃんと日本語化されています。
セットアップ時に勝手にアップデートされて、バージョンは4.0.3になっています。

Screenshot_20120614131545

レチナディスプレイを見慣れているのでちょっといまいちなんですが、画面の表示が細かいです。

以上現場からお伝えしました。

他に書くことないから、あっさりおしまい(゚゚ )☆\ぽか
あー、リクエストありましたら、書きます。ヾ(^ )コレコレ


1.0型センサーを搭載した DSC-RX100 その4 撮影比較編 (SONY)

X-pro1と比較編をやった時と同じコース、同じ被写体で比較してみました。
尚、比較編は条件を同じようにするために、この回はどのカメラもオートで撮影してみました。
注:全部1280×850サイズにリサイズのみ。

Dsc00009

タチアオイ。
X-pro1と比べると、描写がケバく出ます。

Dscf2171

こちらがX-pro1
こちらの方が自然な色です。

Dsc00010

DSC-RX100 国道1号バイパス高架橋下。

Dsc04563

NEX-5D 
同じ場所で撮影しましたが、色合いはこちらの方が正解。
どうも、調整しない状態だと、DSC-RX100は、脳内変換と同様、明るめに出るようです。

Dsc00011

DSC-RX100 興津の街並み。

Dsc04564

NEX-5D こちらの方が自然な色合い。

Dsc00015

DSC-RX100 座漁荘(ざぎょうそう)

Dsc04566

NEX-5D
こちらはどちらもそれほど差がある感じは見えませんでした。

Dsc00017

こんなに背が高いサボテン(^^; DSC-RX100

Dsc00018

DSC-RX100 そのまま撮っても、自動でマクロモードになるみたい?
あー、すんません、マニュアル読まない人なので(゚゚ )☆\ぽかあほ


Dsc04569

NEX-5D
色とゆうか描写は、DSC-RX100の方が良いみたい(^^;

Dsc00021

DSC-RX100 興津清見寺(おきつせいけんじ)入口

Dsc04571

NEX-5D
NEX-5Dの方は空が白飛びしちゃってます。
雰囲気は、DSC-RX100の勝ちヾ(^ )コレコレ

Dsc00023

DSC-RX100 山門
山門の屋根下が綺麗に出ています。

Dsc04572

NEX-5D
水平が撮れてなくて済みません(^^;
描写力は互角?
でも、緑が鮮やかなのは、DSC-RX100です。

R0024464

こちらは、GRD2
色合いは良いですが、山門の表現力が暗くなってしまっています。

Rimg0010

CX5
レンズに埃がついていたのですが、気づかずにフレアーだと思ってたので、指先が映っちゃってます(^^;


Dsc00024

水盤の蓮についていたアブ?
DSC-RX100 なんも調整しなかったけど、前後きれいにボケています。

Dsc04573

NEX-5D
同じ被写体なのに、こちらは渋めに出ています。

同じ写真を切り取ってみました。
(えーっと、倍率は同じはずですが、切り取りがいまいちサイズずれてます(^^;)

Dsc00024_2

さすが、1型っすねー
かなり大きくしてもすげーきれいです。

Dsc04573_2

NEX-5D
1600万画素の限界か?ちょっとぼけた感じです。

他のカメラで撮ろうと思ったら、いやがったらしく飛んでいってしまいました(^^;

Dsc00029

社殿?
DSC-RX100
白飛びも少なく、かつ軒までちゃんと再現されています。

Dsc04576

NEX-5D
建物自体は同じような表現ですが、背景の緑が薄めになってます。

R0024465

GRD2
世代が違うので比較するのは酷ですが(^^;
背景は飛び気味です。

Rimg0012

CX5
こちらも健闘していると思います。

Dsc00035

DSC-RX100
五百羅漢

Dsc04579

NEX-5D
イメージ的には、DSC-RX100の勝ち?
NEX-5Dは渋めに出ています。

Dsc00040

DSC-RX100
拝殿の中。
前の木造は置いといて(^^;
すげー真っ暗い中でも、ストロボ無しでここまで感度が増量されます。(オート)

Dsc04583

NEX5D
こちらも善戦。

ここからは、DSC-RX100オンリーです。

Dsc00045

紫陽花。
普通だとこのくらい?

Dsc00046

ちょいとよりました。

Dsc00047

まだ寄れます。
あえてマクロモードとか起動しなくても、オートでここまで寄れます。

ただ、色合いは実際よりも派手目に出るので、どうしても現実の色に近づけたい場合は、中の設定をいじるとか、オートで撮らない方がいいかもです。

素人でもこんだけ映れば良いかなぁ~。

あーでも、ぢつはこのDSC-RX100を使って楽しむには、やはりカメラ任せではなく、自分が好きな機能を使ってP、A、Sを多用するのが面白いです。

機能編に続く

GALAXY Tab 2 7.0 WiFiモデルその2 フィルム編(SAMSUNG)

別に、あまり期待していないマシンなので(゚゚ )☆\ぽかあほ

Amazonで検索してそれらしいフィルムを買いました(^^;

R0024346

ちょっと違うんですけどね(^^;
いちお、日本製です。

R0024347

横にしました

R0024356

フィルムと、カメラフィルムが付いています。

けど、気泡はなく上手く貼れましたが、型違うので端が足りなかった(^^;

R0024628

端に併せて貼ったのですが(^^;

R0024627

型が違うらしく、寸足らずでしたぁ~www
ま、どーでも良いんですが(゚゚ )☆\ぽか

R0024629

右端は上の荷物っす(^^;
ちょいと左端がうまくくっつかないけど、駅正面は無問題なので。
良しとしましょう。


1.0型センサーを搭載した DSC-RX100 その3 比較編 (SONY)

恒例の比較編です。

vs GRD2 RICOH

R0015895

今となっては3世代前で画素数がちょいついていけてませんが(^^;
GRレンズの描写力が素晴らしいカメラっす。

高さ、大きさともかなりGRDを意識して作ったとしか思えないくらい似てます。

R0015896

上下に並べるとグリップ部がちょい大きいって感じかな?

R0015897

裏面。GRD2なので、画面が小さいです。その代わりストロボ端子(接点)がついているのが、カメラメーカーとしての意地とゆうか(^^;
一方、DSC-RX100の方は、ガイドナンバー6のポップアップストロボを搭載と言うことで。
ボタンの配置はコンデジっぽく、どちらもほぼ似た感じですね。

R0015899

上から。
厚みもレンズ部を除けばほとんど一緒です。

R0015898

GTDのコマンドダイヤルと、DSC-RX100のレンズのリング部分に若干の違いが見られるものの雰囲気は似ています。

シャッターはGRD2の方が押しやすいです。

vs NEX-5D

R0024467

初代NEX-5Dです。
デザインは全然違いますが、受け継いでいるDNAが似ているので、オーラが似ています(^^;

R0024468

正面から。

R0024470

裏から。
雰囲気は似ています。
左がNEX-5Dです。

R0024471

上から
NEX-5Dはコマンドダイヤルが内蔵なので、物足りないんですねぇ~。
7だとでかいし(^^;

R0024472

上からアップ。

R0024481

レンズ出したとこ。

vs CX5 RICOH

操作していて何か似てるとおもったのが・・・

R0024473

RICOHの隠れた名機。CXシリーズです。

何が似てるかって(^^;

R0024475

ボタンの位置関係がほとんど一緒(^^;
コマンドダイヤルは全然ちがいますが。

R0024477

後ろは全然違いますけどね。
SONYのDSC-RX100の方が、画面おっきいし。

R0024478

後先になってしまいましたが(^^;
正面の雰囲気もなんとなく似ています。
あー、CX5に革風フィルム貼ってます。

R0024479

ワイド端。

R0024480

テレ端
DSC-RX100は筒が伸びないとゆうか、ワイド端とテレ端で長澤まさみ(゚゚ )☆\ぽか違
長さわ変わりません。ただ、50mmくらいとゆうか途中で短くなって調整しています。


GALAXY Tab 2 7.0 WiFiモデルその1 開封編(SAMSUNG)

海外でセールをやっていたので買ってみましたヾ(^ )コレコレ

R0024332

ハコが中華してます(^^;
買ったのは8GBモデルてゆうか、Wi-Fiモデルその店では、これだけだったので。
メインマシンではないのと、マイクロSDで拡張できるから、ま、いっかw

R0024333

横です。

R0024334

裏です。
うーわ、中国語やん(^^;途中英語が混在していますが。
漢字なので、日本の漢字とかぶっている分は読めます。
androidのバージョンは4.0いちお、アイスクリームサンドウィッチを搭載しています。良かった(^^;
作業平台とゆうのは、たぶん、Tabletという意味でしょう。
7吋流動平板とゆうのは、7インチ液晶という事でしょう。
300万像素相機等、これは300万画素のカメラを搭載。
iPhoneでさえ500万画素、Xperia Sなんぞは1200万画素ですから。

ハコを開けます。

R0024336

フタを開けると、iPadのようなパッケージ(^^;
1GHzのデュアルコアCPUです。

R0024338

本体を出すと、取説と電源コネクタが出てきます。
中国向けらしく、快速入門指南とあります。

R0024339

電源コネクタは、各国向けのドッキングステーションぽくなっていますが、外国販売のもののため、綾しい日本用変換コネクタが付いています。

R0024340

合体させたとこ。
これでは場所取り過ぎるので使いません(^^;
そもそも、USBの電源アダプターだけなので。
開けずにそのままハコに入れます。

R0024341

こちらがUSBケーブル。

コネクタの形状は

R0024344

iPhoneやiPadに似ている形状をしています。

R0024343

裏側です。
カメラ搭載。ちょっとカメラでかい(^^;
全体はプラスチッキーです。

続く


1.0型センサーを搭載した DSC-RX100 その2 本体編 (SONY)

おまたまヾ(^ )コレコレ
お待たせしました(^^;

R0024411

正面から。
小さいっす。これで1.0型センサーが搭載されているとは。すげー(^^;

ちなみに

R0024410

デジカメには珍しく、フタが貼られています。
とゆうのも、多くのデジカメ(含むデジ一)は、フタ開けると、樹脂の袋に包まれていることが多く、このような(前日記事参照)むき出しでハコに収められていることはあまり聞きません。
ってゆうか、私的にはこれが初めて。

たぶん輸送上や店舗などで埃が入るのを防ぐためなんでしょうね。

とりあえず、貼ってあるシールは

R0024412

ダイヤルにもあります。
上から。
うーん、シンプルですねぇ~。

R0024414

裏面の液晶にもあります。
あー、ピンぼけご容赦。
ちなみに、写真がぼけててわかりにくいですが(^^;
グリップがある写真右上の所に見える赤いのが動画撮影ボタンです。
これ、グリップに隠れていて、意識して押さないと録画が始まらないようになっています。
NEX-5Dとか、他社のコンデジとかだと、歩いているうちに勝手にボタンを押していて意味不明な動画が撮れてたり、シャッターチャンスに構えたら録画ボタン押してて、肝心の写真が撮れなかったなどというミスは防げます。

R0024415

大きめのリング。あー、これは色々な機能を割り振る事ができます。
クリックではなく、さら~っと回ります(^^;

T* F1.8が誇らしげです。
両側の- -は、マイク。

R0024416

シャッターボタンと、コマンドダイヤルは、金属でできていて、質感が高いです。
本体もアルミでできているので、プラスチッキーな部分は裏側だけです。

R0024417

レンズ正面も、Vario-Sonar T*が
ちなみに、T*が付けられるのは、特殊なレンズコーティングを付けて、カールツアイスが認証したもののみとなります。

R0024418

ゼイスのマーク(゚゚ )☆\ぽか違
ZEISS(ツアイス)マークですねぇ~。

R0024419

上にはSONYのロゴ。

R0024420

ちょっと斜め上から。
カールツアイス(Carl Zeiss)の文字と右下(画面左)には、F1.8-4.9の表示が。
そうなんす。
このデジカメ、コンデジなのに、開放F1.8(絞り)のすげーマシンなんです。
普通のコンデジだと、3.5~が一般的で、高級コンデジだとF2とかF2.4が多いです。

何に影響するかとゆうと、ワイド端(広角)で背景や前景をきれいにぼかしたりすることが、できちゃうくらい凄いのです(^^;
おまけに、テレ端(望遠側)でもF4.9とゆうことは、かなり明るく撮れるということになるわけですねぇ~。

R0024421

裏面。
なんと250台目(^^;
初期不良満載(゚゚ )☆\ぽかあほ
ちなみに、MADE IN JAPANっす。

三脚穴の下にあるのが、HDMImini端子。こんな所についていたんですねぇ。

写真左側は、バッテリーとSDカード用スロット。
三脚穴がちと右側(写真では左側)にオフセットされているのが気になりますが、コンデジなんで(^^;

バッテリーを装着する時に気がついたのですが、・・・

R0024425

ホログラムが貼ってあるのですね。

R0024426

R0024427

バッテリーを入れる部分。
この辺はどのメーカーも同じ雰囲気ですねぇ。
できれば、昔京セラで出したデジカメみたいに、SDカードとスマートメディアが共存できるようにしてくれてあれば、枚数を気にせずに使えたのに(゚゚ )☆\ぽか

R0024429

こちらの切欠き部分がポップアップストロボ部分。
AVCHDロゴと20.2 MWGA PIXELSがすげー。
私的には、デジ一含めて初めての20メガ超え(^^;

R0024430

こちらの背面はどこも基本一緒なんすよねぇ~。
あー操作体系は違いますが(^^;
それにしても、このボタン類どれもみんな金属製って力入ってますねぇ。

R0024431

金属感満載のDSC-RX100ですが、表面で唯一樹脂なのが、これ。

R0024432

USBのコネクタになってます。
すぐ下にストラップホールがあるので、ストラップとゆうか、両吊りのベルトを着けると使いにくいかも。
こちら、データ転送と充電の共有となります。

R0024435

充電中は、このようにオレンジのランプが点きます。
それにしても、充電時間はすげー長いです。

続く

   

先のことは分かりませんが(^^;
ケースはたぶん買いません。
がんがん使うつもりですが。

iPhone4Sの電源が(^^;(Apple)

色々電脳小物を使っていて、また増殖していますがヾ(^ )コレコレ
気軽に持ち運べて、使いやすいiPhone4Sですが、日曜日あたりから違和感が発生。
普段バンパーを付けているのですが、電源を押しても反応しません。

とゆう訳で、月曜の朝一でAppleに電話予約をしてみたら、修理か交換が必要との回答でした。

R0024538

ぱっと見わかりませんが(^^;
ボタンが引っ込んだまま反応しません。

仕方ないのでHomeボタンで操作していて、電源を切るのはオートパワーオフで(^^;

R0024540

別アングルから。

20日にヤマトさんがピックアップに来るのですが、代替機はSBから借りられる場合があるとのことで。
電話したら、ありますよ~とゆうことで借りてきました。

R0024545

左が不具合のある方。
右が借りてきた方。
電源ボタンの出っ張りがびみょーに違います。

それで、別の事案を発見したのですが、写真にあるように同じiPhone4Sでもスリットの位置が違っていました。

R0024546

下が私のヤツ。上が代替機。どこ見てもジョイント部(アンテナ?)の位置が違います。

R0024547

よくよく見たら(^^;iPhone4でしたぁ~(゚゚ )☆\ぽかあほ

おまけに代替機は16GBなので、iTunesに怒られるし、必死でデータと音楽とアプリ消さないと入りきらないし(^^;
どうせなら64GBの貸出機が欲しかったヾ(^ )コレコレ

修理には10日前後かかるとゆうので、不便な生活が続きます。

あー、お近くにApplestoreがある場合は、その場でリサイクル品(もしくは新品)と交換してくれるそうです。
うちは、最寄りとしたら、東京か名古屋あるいは、浜松の修理工場しかないので結局ピックアップをお願いしました。

R0024548

これ、恥ずかしいです(^^;

1.0型センサーを搭載したSONYの高級コンデジ DSC-RX100 その1 開封・周辺機器編 (SONY)

いやぁ~。
先日みんぽす/WillViiさんよりお借りしたFUJI X-pro1が殊の外(ことのほか)よかったので、欲しいなぁとか思っていたのですが、とても手が届くものではなく、また、NIKONの交換レンズやSONYのNEX対応のEマウントの交換レンズで我慢しようと思っていましたが(^^;

交換レンズ買うハズだったのが・・・


いつの間にか、

R0024392

こっちになっちゃいましたぁ~w
上からです。
Cyber-shot DSC-RX100でございますぅ~(^^;
交換レンズ1本分、先送りしましたぁ~(゚゚ )☆\ぽかあほ

R0024393

横から

R0024396

裏側
最近は、どこのカメラーメーカーも裏面をよく使いますね。

ぢゃあ、開けます(^^;

R0024397

お!なんかちょっと・・・

良い感じでないかい?

Appleほどではないけど、開けるのにo(^-^)oワクワクする
えーっと、よくありがちな、ビニールにつつまれていて、始めにお読みください、とか注意書きとか、開けた瞬間苗~っとなる感じからは、開放されてよかったです~(^^;


R0024399

ここで、おもむろに、このブラックボックスを開けちゃうぜぇ~(゚゚ )☆\ぽか

R0024400

出たよ、出ましたよぉ、取説(゚゚ )☆\ぽか
でも、最近のSONY製品って、一部の機器を除き、USBで母艦と接続することでアプリがインストールされたり、製品登録できるようになってるのねん。
できれば、マシン本体にWi-Fi機能搭載して、cloudが実現すれば尚良いのですが(^^;

そういえば、先日Nikonの人と話をしたのですが、今はD3200しか搭載されていない無線接続ユニット。
ゆくゆくは、とゆうか上位機種はもしかしたら最初から内蔵されて売られるかもと、含みを残したコメントが印象的でした。
って、話の腰を折りすぎですんまそん(゚゚ )☆\ぽか

肝心のハコの中は・・・

R0024398

取説類が入ってるであろうハコを出すと、いきなりぢゃーん
ぬぉ~、やってくれるぜwww

しかも四隅が放射状になってて、いいわこれ(^^;

でもって、この子をどかすと。

R0024401

すかーっとした空間(^^;

R0024403

なんか物足りねぇ~。
と思ったら・・・
バッテリー充電器がないのねぇ~。

左から、オプションの量吊りベルトを着けるユニット。
ストラップ。
充電兼データ転送用ケーブル。
充電用USBコンセント(アダプター)
バッテリー

となんかあっさりしすぎ。

私的には、予備バッテリーをかったので、充電器は、別に欲しかった。

R0024406

因みに、USBはminiタイプなので、スマホといっしょ。
考え方を変えれば、バッテリーの充電忘れた~と気がついても、スマホなどを充電する予備バッテリーで移動中に充電できるかも。という良い方向に考えましょう。

うー、それでも予備バッテリー用に充電器がほしいぞ(^^;

長くなったので、本体編は続きます(゚゚ )☆\ぽか

仕方ないので純正バッテリー買ったwww NP-BX1(SONY)

15日にあるものを買ったのですが(^^;
あいにく新製品のために、類似バッテリーがヒットしませんでした(゚゚ )☆\ぽか

R0024385

小さくてウスウスですが(^^;
とても大きなハコで来ましたw

R0024386

横から。
何でバッテリーを買ったかとゆうと。

R0024387

公称こんだけしか撮れないからなんですねぇ~。

R0024390

最初バッテリーでかっ!と思ったら(^^;
ケースがついてきましたぁ~ヾ(^ )コレコレ

R0024391

この小ささで1240mAhあります。
普通のスマホと同じくらいのバッテリ容量ですねぇ~。

R0024407

こちらが、そのバッテリー。

R0024408

上から。

R0024409

裏側。

まあ、撮影可能枚数が少ない=予備バッテリー必須。ってことで。

さて、何を買ったのでしょう(゚゚ )☆\ぽかあほ

ちなみに、この撮影可能枚数は、先日紹介したFUJIのX-pro1と同じです。
1日の撮影だとなんとかなりそうなバッテリーの持ちですが、2日連続だと無理です(^^;

プロフィット4519スターリングシルバー21ZEAKスペシャル その4インク入れてやったぜぇ~編(セーラー)

綺麗な万年筆なので、コレクターの方は保管となると思いますが(^^;

R0024314

いきなりインク入れてやったぜぇ~、ワイルドだろぉ~。(゚゚ )☆\ぽか
たぶん、今年しか使えないコメントだぜぇ~ヾ(^ )コレコレ

R0024315

すげー、ぬらぬらさらさらだぜぇ~。ヾ(^ )コレコレ

ちょー気持ち良い(死語か(゚゚ )☆\ぽかあほ)


ヨシムラism 第2弾?今度は全14種類(^^;1/42スケール(UCC)

前回も嵌まって(^^;3台も買ってしまいましたがw
また今回もやってしまった。

R0024365

ワイルドだろぉ~3つも買っちゃったんだぜぇ~。
やはり男はブラックだろぉ~。

R0024366

面白いのは、同一スケールで統一されているので、バイクの大きさによって配置が違うこと。

R0024367

No8のHAYABUSA X1とGSX1300R HAYABUSAは普通に収まっていますが。

R0024368

No1のKATANA 1135Rは、おしりが高いため斜めに収まっています。

R0024370

ヨシムラ KATANA 1135Rです。
相変わらず細かい塗装されていて、良い仕事してますねぇ~。

R0024376

No5 SUZUKI GSX1300R HAYABUSA

R0024377

反対から。
こうやってみると、エンジンが見えた方がいいかも(^^;

R0024378

ちょっとボケちゃってますが、ちゃんとヨシムラのマフラー付けてるし(^^;

R0024379

No8 ヨシムラ HAYABUSA X1

R0024380

反対から。

今回、なんで一挙に14種類になったかとゆうと。

R0024383

カラバリが増えたからなんすよねぇ~。
オマケに、棚の前が全部CB750とCB400だったので、発掘するのに苦労したぜぇ~(゚゚ )☆\ぽか

R0024384

あとは、この青と下段のHAYABUSA X1レーシングスピリッツが欲しいぜぇ~(゚゚ )☆\ぽか

R0024369


プロフィット4519スターリングシルバー21ZEAKスペシャル その3銀比較編(セーラー)

手持ちの銀製品と比較をしてみました(^^;
あ、手元にあるものでwしまってあるのは出てきませんでしたぁ~。ってそんなに持ってませんが(^^;

R0024278

こちらがその前に紹介した、プロフィット21スターリングシルバーボールペンです。
やはり、金色のクリップが違和感ありますねぇ~。

R0024280

リング部

R0024282

ボールペンは先端部分

R0024285

全容
前にも書きましたが、このボールペンは既に生産中止のもので、あるのは店頭在庫のみとのことです。
中の樹脂やパーツがもうないので、仮に落下させてパーツが壊れたらもう補修できないそうです。

R0024286

とりあえず手元にある、シルバー軍団。
下二段目、グラフ・フォン・ファーバーカステル(旧伯爵コレクション)ペルナンブコ。
昔のモデルなので、キャップ、尻軸、首軸が銀です(ただし、修理に出したら首軸だけプラチナコーティングになって帰ってきてしまったorz)
現行品は、すべてプラチナコーティングです。

下段
ペリカン、スーベレーンM425
あまり知られていないモデルですが、てゆうか、普通の店にはあまりおいてないかと。
キャップ、尻軸がシルバーです。

R0024287

斜めから

R0024288

ボトム部。

R0024290

M425にもちゃんとAg925の刻印があります。
なぜか、変色しないのが気になりますが(^^;
ちなみに、ファーバーカステルのペルナンブコは、革のペンケースと一緒にしておくとすぐに真っ黒になってしまいます(^^;


興味のある方は、TwitterでDMいただくか、このブログのプロフィール欄にあるメアドから直接メール、あるいはコメント欄に「これ欲しい」とご記入いただければ幸いです。
コメント欄には、いたずら(スパム)防止のため、メルアドを記入しないとコメントできないようになっています。

あー、限定15本なのですが、既に売れて残数9本です。(問い合わせ1本なので残り8本?)
追記:相次いで売れまして(^^;残り6本となりました。

文具の四ツ葉さんとのコラボとゆうことで。

四ツ葉の静岡店に売ってますが、私のブログを見てといわれても定価+税販売です。
私経由で、紹介することで本体価格(税込45000円)でご購入できます。

興味がありましたら連絡ください。
あと、夏ぼーまで待ってということでも構いません。併せてご連絡ください。
メールの場合はタイトルにスターリングシルバー万年筆希望と題名を入れてください(汗)

四ツ葉さんは、基本通販は行っておりませんが、本体価格+送料+振込もしくは本体価格+送料+代引き手数料で購入できます。

プロフィット4519スターリングシルバー21ZEAKスペシャル その2詳細編(セーラー)

先日から紹介している、スターリングシルバー万年筆の続きです。

ハコから出してみました。

R0024251

普通の万年筆と違って、密閉されています(^^;
たぶん、指紋とかつかないようになってるのかな?
あー、普通のシルバーモデルは店頭展示品とか、試し書きで比べるなどがある場合は、そのままのものもあります。

工場出荷時にはこのようなパッケージングされていると思います。

R0024252

なんか、私的にはほれぼれします(^^;
シルバーが神々(こうごう)しいw

R0024253

天冠のアップ。

ここで、いきなり開けちゃうのが、ワイルドだろぉ~(゚゚ )☆\ぽか

R0024255

開けちゃった(^^;

R0024254

キャップ部

R0024256

リング部

えーっと下地の青い布は銀磨きクロスです。

R0024259

展示台に載せました。
もう後戻りはできません、ワイルドだろぉ~(゚゚ )☆\ぽか

R0024261

皆さんが不安な、ペン部分です。
シルバーですのでご安心ください。
ここだけ金ペンだと苗苗~になりますからねぃ(^^;

安いクラスのスターリングシルバーモデルだと、首軸部が普通のプロフィット21のと同じ黒い樹脂のもあります。

R0024262

別アングルから。

R0024263

拡大
ちゃんと21k使ってます。

R0024264

尻軸

R0024251_2

クリップ部。

R0024260

全部スターリングシルバーなので、全重量46.9gと超弩級ですwww

R0024266

キャップだけでも、20.8gあって、普通の2万円クラスの万年筆の重さと一緒(^^;

R0024267

キャップを除いた本体部分の重量は26.1g
女性の場合、キャップを尻軸にはめなくても良いです。

R0024276

首軸10.3g

R0024277

胴軸15.8g

一見、重そうとゆうか、実際重いですが(^^;
そのぶん、自重というか万年筆本体のみで、筆圧を加えずに書けるので、とても気持ち良く書けます。

R0024268

全容。
書くときは、キャップをはめてもはめなくても良いです。
どちらかお好みで。
尻軸部分に傷がついて、いやぁ~んな人はキャップは尻軸に挿さない方が良いです。
私的には、キャップを後ろに回した方がバランス的には好きですが。
ま、それはお好みで。

R0024269

斜め前から。
いやぁ~どっから見てもかっこいいわ(^^;

R0024272

ちゃんとスターリングシルバー925と刻印されています。

R0024275

開けてみました。
これでレアロみたいにピストン吸入式だったら(゚゚ )☆\ぽかあほ

つづく

シリアル番号はありません

ペンはM(中)字です。長刀モデルではありません。

興味のある方は、TwitterでDMいただくか、このブログのプロフィール欄にあるメアドから直接メール、あるいはコメント欄に「これ欲しい」とご記入いただければ幸いです。
コメント欄には、いたずら(スパム)防止のため、メルアドを記入しないとコメントできないようになっています。

あー、限定15本なのですが、既に売れて残数9本です。(問い合わせ1本なので残り8本?)
追記:相次いで売れまして(^^;残り6本となりました。
追記:6月18日現在、残り5本となりました。

文具の四ツ葉さんとのコラボとゆうことで。

四ツ葉の静岡店に売ってますが、私のブログを見てといわれても定価+税販売です。
私経由で、紹介することで本体価格(税込45000円)でご購入できます。

興味がありましたら連絡ください。
あと、夏ぼーまで待ってということでも構いません。併せてご連絡ください。
メールの場合はタイトルにスターリングシルバー万年筆希望と題名を入れてください(汗)

支払方法が通常と異なるので、私経由でやりとりをお願いします。
45000円(税込)+送料となります。送料は、エリアによって金額がことなります。
その後、お店から発送となります。


プロフィット4519スターリングシルバー21ZEAKスペシャル その1開封編(セーラー)

ちょっと前に、スターリングシルバー万年筆ZEAKスペシャルできました~限定受付中w(セーラー)を紹介しましたが、手元に来たので、更に詳細を紹介します(^^;

R0024239

えーっと、買うときにお店で保証書を記入する関係で、開封されます(^^;
個人で大量発注しても、そのままでは保障が受けられないために、四ツ葉さん経由で販売・購入としました。

顛末とゆうか、詳細(応募要領)は上のリンクに書いてありますので、興味がある方は併せてご覧下さい。

直接お店に行かれた場合は定価+税です。私を通じて購入いただければ、本体価格+送料で購入できます。
メールがどこにあるかわかりにくいという方がいらっしゃいましたので、リンクページかこのページにコメントいただければこちらから改めて購入方法等をご連絡させていただきます。

R0024241

ハコの外ケースですヾ(^ )コレコレ

R0024242

ハコは、貴金属(真珠のネックレス)などに多用されている、桐の箱です。

R0024243

オープンセサミーヾ(^ )コレコレ

R0024244

周辺機器とゆうか、取説保証書類です。
左は、銀磨きクロスがついています。

R0024246

お試し用、インクカートリッジ。

R0024245

本体。
綺麗だ、きれいすぎます(^^;

R0024247

ご本尊様。
ありがたやありがたや(-人-)合掌、礼拝ヾ(^ )コレコレ

R0024248

天冠部。
やはり銀(スターリングシルバー)には、銀(真鍮だけど)クリップが合いますなぁ。

R0024249

シルバーリングってミラーマンだっけ?シルバー仮面?忘れた(^^;
こちらもいいわぁ~(^^;

R0024250

尻軸も銀(真鍮だけど)リングが良いです。

つづく

個人発注の限定品ですがシリアル番号はありませんw(とゆうのも、刻印入れるとお金かかるので(^^;)

ペンはM(中)字です。長刀モデルではありません。
安くなるのと、長刀は苦手という方が多いので。
ワザ(技術)がある方は、プロフィット21かプロフェッショナルギアのシルバートリムの好きなペン先を交換すれば、好みのモデルになりますwww
中字を選んだのは、この万年筆は重量があるので、侍従ヾ(^ )コレコレ、自重だけで筆圧をかけずに書けるので。

興味のある方は、TwitterでDMいただくか、このブログのプロフィール欄にあるメアドから直接メール、あるいはコメント欄に「これ欲しい」とご記入いただければ幸いです。
コメント欄には、いたずら(スパム)防止のため、メルアドを記入しないとコメントできないようになっています。

あー、限定15本なのですが、既に売れて残数8本です。
追記:6月18日現在、残り5本となりました。

文具の四ツ葉さんとのコラボとゆうことで。

四ツ葉の静岡店に売ってますが、私のブログを見てといわれても定価+税販売です。
私経由で、紹介することで本体価格(税込45000円)でご購入できます。

興味がありましたら連絡ください。
あと、夏ぼーまで待ってということでも構いません。併せてご連絡ください。
メールの場合はタイトルにスターリングシルバー万年筆希望と題名を入れてください(汗)

お店側の経理処理の関係で支払方法が通常と異なりますので、私経由でやりとりをお願いします。
45000円(税込)+送料となります。送料は、エリアによって金額が異なります。
その後、お店から発送となります。

なくなりしだい終了ということでご理解ください。

ブリティッシュレモントニック飲んでみた(日本コカ・コーラ

おはようございますwww
コンビニに寄ったら、新しい?ものがあったので買ってみました。

R0024238

オランジーナに続けとばかり、コカ・コーラが発掘?してきた、イギリスのシュゥエップス社?の飲み物です。

肝心の味は・・・
なんか薬っくさいwww

うー、おじさんとしては、オランジーナの方が好きだなw

USBデスクファン(低騒音ファン)(無印良品)

良品週間と西友の5%Offとなぜか扇風機が10%Offだったので、めっちゃ安く買えましたwww

R0023536

とても小さい扇風機です。
大きいのは以前紹介した380円くらいのがあるのでw

R0023537

気になる点が、下段。
この商品は長時間連続での使用には適しておりませんorz
定格寿命1400時間って、おーまいが(゚゚ )☆\ぽか

R0023538

こちらが本体。
ちっちゃw

直径10cm高さ13cmです。
電源はUSBなので、省エネですw

なんで、買ったかとゆうと・・・

R0023543

小さいくせに、ツインファンなんですねぇ~。
見た目かっこよかったのでw

R0023551

ツインファンの割に静かで、かなりの風が来るので良いです。
注意書きが笑えて、パソコンをひやすのには使えませんと書いてあります。
あと、注意書きがでかいので(上の全景写真)すぐに破って捨てました(^^;

進化した光BOX+は楽しめる その4スマホで操作編(NTT西日本)#minpos

かなり使い勝手が上がった光BOX+をXperia Sで操作してみました。

16402-862-277993

R0024130

リモコンとゆうアプリを落としてきます。

R0024132

同じ無線LANで繋げてあれば、起動すると自動的にシンクロします。

R0024138

設定画面を開いたところ。
マウスバーも自由に動きます。
付属のリモコンよりもスマホの画面を触って操作するので、トラックパッドで操作しているみたいになります。

R0024140

スマホには、上の自由操作とリモコンにあるような操作ボタンと、音声変換があります。

R0024142

外人さんのXperia Sなので、日本語表記の一部に中国語がまざってますが(^^;

R0024143

siriではなくてw
Googleですが音声変換ができます。
ただし、ちゃんと発音しないとお間抜けな変換に(^^;

R0024145

天気とゆったら・・・

R0024144

こんな感じで探してくれるので楽です。

できれば、この音声変換がリモコンについていてくれれば、お年寄りでも簡単にネット検索やサーフィンできるのですが(^^;

でも面白い。

あー、今度出るNTTdocomoのらくらくスマホには最初から入れてあるといいかもです(^^;
なるべくなら、その時にはリモコンアプリが日本語表記になっているか、日本語英語切替機能がついているともっと良いかもです。
(下から2つ目の写真部分ね)
おじさんは英語表記の方がカッコイイから好きですがw

まあ、それ以前にsiriやしゃべってコンシェルでできちゃうから要らないか(^^;

16402-862-277993

小さいけど使えるプラズマクラスターIG-CM1(SHARP)

少し前に流行ったってゆうか、今でも流行ってるかな?

R0019597

済みません(^^;
去年の秋に買ったのですが(゚゚ )☆\ぽか

R0019601

フタをあけると、いきなり注意書き。
約17,500時間経過すると、プラズマクラスターイオン発生ユニットの交換が必要になるらしいです。
約19,000時間経過すると運転が停止する(@@;
まあ、1日8時間の使用で約6年は使えるので、交換する以前に飽きるか、壊れるでしょう。
更にフタをあけると取説(^^;

R0019605

こんな感じで収まっていました。
イマドキ珍しい発泡スチロール。

R0019606

内容物一式。
本体、電源、USBケーブル。

R0019607

電源ユニットとUSBケーブルに、ひげ剃りの処理をするようなブラシ(^^;
USBは普通のものなので、別に使わなくても可w
パソコンに繋げたまま充電・運用できます。

R0019611

日本語表記がださいですが(^^;

R0019613


本体右側。電源スイッチだけとゆう潔さ。

R0019615

裏側。

R0019617

本体左側には充電コネクタ。
うー、このフタと・・・

R0019618

このフタが白なので、本体も白にすれば良かったじょ~(T-T)

R0019619

ちなみに、こちらが、プラズマイオンが吹き出す口。

R0019620

こんな感じで使います。

R0019621

スタンドは2段式になっているので、ここまで開きます。

R0019622

フタ内側にある、エアインテーク(違、空気吸い込み口。
ちなみに、2011秋に買ったけど、2010年製となってるので、売れなかったのね(^^;

R0019623

こちらが中身。
スマホのような電池が入っています。
上がプラズマクラスターのプラズマが出る部分。

R0019625

まんま流用できそうなリチウムイオン電池(^^;
これで、約8時間使えます。
まあ、基本電源繋ぎっぱなしですが。

R0019629

プラズマクラスター発生装置も簡単に外れます。
キャップを抜けばすぐに取れます。

R0019630

こちらがその本体。

R0019631

横から
こちらもバッテリーみたいに小さいです。

R0019633

iPhoneと並べてみました。
大きさ的には、ひげ剃り(シェーバー)くらいかな?

肝心の効き目はですが・・・
プリウスの車載用として使っています。
本当は、車載用(ドリンクホルダータイプ)もありますが、あっちは1万円近くするので(^^;
紹介したのは5000円しないで買えるからwww

で、効き目ですが、家族で焼き肉とかファミレス行くと車の中が肉くさくなるのですが、一晩かけっぱなしにすると臭いが消えるので、効いてるのではないかな?
あと、私以外花粉症なので、花粉の時期にも車の中でつけっぱなし。
なので、効果はあると思います。

  

新しい型が出たので、半年以上前より安くなっているような(^^;

 

右側が車載用。こちらも安くなりましたねぇ~。

これがイオン発生ユニットなので、これを買うなら、新しいマシンを買った方がいいかも(^^;

進化した光BOX+は楽しめる その3閲覧・比較編(NTT西日本)#minpos

恒例の比較編です(^^;

16402-862-277860

vs AppleTV

Dsc04363

あぽーてぃーびーヾ(^ )コレコレAppleTV 2011版と。
奥行きは同じくらいですが、幅が違いますねぇ~。

Dsc04364

厚みは5mm位光BOX+が厚いです。

Dsc04365

リモコンは、Appleの方がおされです。ちなみに、このAppleのリモコンは、MACminiでも使えます(^^;

Dsc04366

このAppleリモコンの薄さ(^^;

ニュースを見る

Dsc04369

なんと、この光BOX+は、radiko内蔵でラジオを聞きながら、ネットニュースを確認することができます。
写真が色々と変化をしますが、気になる写真をクリックするとニュースサイトに飛びます。

Dsc04371

このほか、ランダムにトピックとヘッドラインも表示されます。
放置していて、なんとなく今日の出来事が確認されるのが良いです。
詳しく見たい方は、右下にあるように、リモコンの決定ボタンをおせば詳細にみられます。

Dsc04372

放置しておくと、写真が文字に変わり、主なヘッドラインが見られます。

Dsc04374

こちらも、放置しておくとしばらくして、ランダムに見出しを拡大してくれます。

Dsc04375

更にそのまま流しておくと、その日(時間までに入った)の100のトピックスがジャンル分けされて表示されます。
この日は、事件関連の記事が大半を占めています。
日によってスポーツがトップを占めたりします。

Dsc04377

こちらもそのまま流しっぱなしにするとランダムでヘッドラインが出ます。

Dsc04380

更に円グラフでも出て、視覚的にどのジャンルのニュースが多かったかわかります。
ちゃんと1記事の文字も読めます(^^;

これもランダムで・・・

Dsc04382

このように見出しが出ます。

光アプリ市場

アプリをDLするサイトです。

Dsc04384

開いたらいきなりアップデートがありました(^^;

Dsc04386

開いていくと、アップデートボタンがあるので、それをクリック。

Dsc04387

この辺は、androidのPlayストア(昔のandroidマーケット)と同じです。

Dsc04388

インストールをクリック。

Dsc04391

Googleの検索もできます。
入力は(^^;ですが。
これはまた別の機会に書きます。

動画チャンネルのhulu

Dsc04395

今なら1か月見放題?
お借りしているものなので、登録しませんが(^^;

映画情報「myシアター」

こちらは上映中、これから上映する映画の予告編が見えるものです。
AppleTVにもあります。

Dsc04403

宇宙兄弟の予告編。
HD画質でかなり綺麗なのは良いのですが、データが重いのか回線が厳しいのか(無線)、時々止まったり、カクカクしたりします。
そういうときは、終了後もう一度再生すると綺麗に映ります。
問題は、戻るにすると最初のページに行ってしまうので、階層が深いとゆうか、かなりのページをスキップすると、厳しいです。
できれば、直前のページに戻ってもらえると良いかな?

つづくかもヾ(^ )コレコレ

16402-862-277860

進化した光BOX+は楽しめる その2設定閲覧編(NTT西日本)#minpos

昔からあまりテレビをみない人なので(^^;
まあ、仕事で帰りが不規則なので、連ドラとかは見ないし。見ても飛び飛びにしか見えないので、基本見ません。
あと、どのチャンネルも、お笑いかクイズ番組、それと衝撃映像やYouTubeなどの動画投稿サイトから持ってきた絵とか、視聴率低迷云々以前に、魅力あるコンテンツを各テレビ局が真剣に考えてもらいたい。
と思う今日この頃www

16402-862-277755

で、結局テレビを見るとしたら、9時のNHKニュース、それか10時の報道ステーションくらい(^^;
朝もニュースしか見ておらんな(^^;

とゆうことで、どちらかとゆうと家に帰ってからは、本を読むかネットを見る位かな?

とゆう訳で、光BOX+を導入してみました。

最初、HDMIケーブルを繋いで、セレクターをHDMIにしたのですが、ブレブレ画面で、ありゃ壊れてるのを借りたかと思いましたが、純正の同梱HDMI(あー銀コネクタのね)を挿したらちゃんと点きました。

画面が暗いので手ぶれやピンぼけご容赦ヾ(^ )コレコレ

Dsc04367

これがデフォルト(初期)画面。
通信設定しなくても、開きます繋がらないけど(^^;

R0023926

設定メニューを開いて、システム設定を選択。

R0023927

この画面はまんまandroid系やん。
で、無線とネットワークを選択。

R0023928

最初の画面。
これでWi-Fi設定を選択。

R0023930

無線LANの選択画面。
家にはなんと3個計6種類も無線あったり(゚゚ )☆\ぽか
あー、相性で繋がらないのもあったりするのでヾ(^ )コレコレ

で、Xperia Sと接続している無線ホストを選択

R0023931

この辺は、まんまandroidですねぇ~。
パスワードの入力がやはり難儀します(^^;
あと、無線端末によっては大文字小文字を分けるので注意が必要です。
このときに、フリーのマウスモードにしたのですが、けっこう疲れます(^^;
ま、設定出来たからいいけど。

Dsc04392

ようつべもといyoutubeを開いてみたところ。
あー、データ(メニュー)を読み込むまでにかなり時間がかかります。
まあ、読み込みさえすれば早いのですが。

R0023936

こちらがニュースチャンネル。

R0023937

こちらが大きいお友達もうれしい、特撮チャンネル(^^;
まあ、ジャンルを選んでオススメの状況になってるだけなんですが。
ものによっては、見出しとかだけでなく、ちゃんとカット無しで放送されているものもあるので、けっこう楽しめます。

うちの神さん、ミュージックチャンネルのBON JOVI始めいくつか、流しっぱなしにしたり、気に入った曲を何度もリピートさせたり。
普通の人でも簡単に使えます。

R0023941

時々アップデート入ります(^^;
でも、前のブラウザBOXと比べたら、大進化です。
説明をほとんどしなくても、みんな使えてるし。

あと、欲を言えば、オススメが随時追加されると良いですね。
それ以外では、ペットの面白動画などのチャンネル。わんことにゃんこなどがあるともっと良いかも。

よく、神さんがパソコンの某サイトのトップページのyoutubeサイトから、ずーっと見入っちゃたりしているので。

続く

16402-862-277755

スターリングシルバー万年筆ZEAKスペシャルできました~限定受付中w(セーラー)

最近万年筆ネタ少ないのですが(^^;
ぢつは、文具の四ツ葉(四葉商会)さん経由、セーラー万年筆さんにお願いして、特注の万年筆を発注していたからです(^^;

ベースは、プロフィット21のスターリングシルバーなんですが、クリップ、リングとペンをシルバーにしたものです。

Gin01

とても美しい万年筆になりました。
普通はクリップ、リング、ペンが金なので、今まで違和感があって買いませんでしたが(^^;
追記:違和感は、スターリングシルバーボールペンのクリップとリングを参照w

川口先生とセーラーの営業さんとお話しの中で、ぢゃあ作ればとゆうことにwww

Gin03

ちょいと拡大。

プロフィット21スターリングシルバーは部材の入手が難しくなっていることから、そろそろ製造中止になるかも知れないという貴重なものです。(某◯◯ショップ◯さん談)

とゆう訳で、限定15本完成\(^o^)/ワーイ

Gin

個人発注の限定品ですがシリアル番号はありませんw(とゆうのも、刻印入れるとお金かかるので(^^;)

ペンはM(中)字です。長刀モデルではありません。
安くなるのと、長刀は苦手という方が多いので。
ワザ(技術)がある方は、プロフィット21かプロフェッショナルギアのシルバートリムの好きなペン先を交換すれば、好みのモデルになりますwww
中字を選んだのは、この万年筆は重量があるので、侍従ヾ(^ )コレコレ、自重だけで筆圧をかけずに書けるので。

興味のある方は、TwitterでDMいただくか、このブログのプロフィール欄にあるメアドから直接メール、あるいはコメント欄に「これ欲しい」とご記入いただければ幸いです。
コメント欄には、いたずら(スパム)防止のため、メルアドを記入しないとコメントできないようになっています。

あー、限定15本なのですが、既に売れて残数9本です。(問い合わせ1本なので残り8本?)
追記:相次いで売れまして(^^;残り6本となりました。
追記:6月18日現在、残り5本となりました。


文具の四ツ葉さんとのコラボとゆうことで。

四ツ葉の静岡店に売ってますが、私のブログを見てといわれても定価+税販売です。
私経由で、紹介することで本体価格(税込45000円)でご購入できます。

興味がありましたら連絡ください。
あと、夏ぼーまで待ってということでも構いません。併せてご連絡ください。
メールの場合はタイトルにスターリングシルバー万年筆希望と題名を入れてください(汗)

お店側の経理処理の関係で支払方法が通常と異なりますので、私経由でやりとりをお願いします。
45000円(税込)+送料となります。送料は、エリアによって金額が異なります。
その後、お店から発送となります。

なくなりしだい終了ということでご理解ください。

キン肉マンブリックベア CCレモン(SUNTORY)

昨日、仕事で移動中にのどが渇いたのでコンビニに寄って発見(^^;

R0024186

別にキン肉マン世代ではないのですが(^^;

R0024188

なんかちょっと、鉄腕アトムみたいですけど(^^;

R0024189

ちゃんと額に肉って書いてあります。

このほか。

R0024187

テリーマン、ラーメンマン、バッファローマン、ロビンマスク、ウォーズマン、ブロッケンJr、ウルフマンなどがあります。


進化した光BOX+は楽しめる その1本体編(NTT西日本)#minpos

先日紹介しました、NTT西日本モノフェローズセミナーでお借りした、光BOX+の製品版を紹介します。

16402-862-277675

R0023868

ハコからしてカッコイイ(^^;
やはりハコから来るイメージって大きいです。

R0023871

アイコンでシステムが見た目もわかりやすいです。

R0023872

開けたとこ。
ま、これはお約束なので。

R0023873

一番上に本体が鎮座しているのは良いですね~。
Apple製品とはちょっと雰囲気が違いますが(^^;

R0023874

下段にはアダプターやリモコンが入っています。

R0023875

こちらが本体。
AppleTVに雰囲気が似ています。

R0023876

正面。
左から、電源、受光部、無線LAN状況。
確か前のブラウザBOXの時にはワイヤード(有線)後に、USB無線ドングルで無線化されましたが、最初から無線が使えるのは良いです。

R0023877

横にはSDカードスロット。

R0023880

裏面
左から、HDMI端子、有線LANケーブル、USBコネクタ2個、電源コネクタになります。

R0023883

同梱品。
左から、リモコンストラップ、リモコンと電池、ACアダプター、HDMIケーブル。
HDMIケーブルが最初から付いてくるのは良いです。
ものによっては、別売になってますから(^^;

R0023887

HDMIケーブルですが、珍しい銀です。
家にあるのは大半が金メッキされているので何故か新鮮(^^;

ちなみに、金メッキのでは上手く認識しなくて、同梱品を接続したらちゃんと繋がりました。

R0023889

リモコンもわかりやすくかつ使いやすく、かなり進化しています。

Rimg0102

ちなみに、右端のが前のモデル。
左のケータイは、謎のPCメンテ員さんのもの(^^;

Rimg0104

元祖ブラウザBOXと比べると二回りほど大きくなっています。

R0023891

ちなみに、右端にあるポインター切替でマウスのように画面上のポインターを動かすことができます。
(が、使いにくいです(^^;)

R0023892

リモコンの裏側、くぼみがありますが、指を引っかけることで安定するので、使いやすいです。
リモコンもかなり進化しました。

設定・感想編に続きます。

16402-862-277675


X-pro1 その10 vs NikonF3 こんなデジカメが欲しい妄想編#minpos

X-pro1ですが、マニュアルダイヤルがついて、サクサク気持ち良く撮れる。

15622-862-277585

となると、あるもののイメージが(^^;

R0024169

そうです、往年の名機Nikon F3です。

なんで、X-pro1がここまで気持ち良く使えて、持っていきたくなるカメラなのかとゆうと、どうもおぢさんがマニュアルカメラ世代だからじゃないかなぁ~とか思ったり(^^;

R0024170

比べてみて気がつきましたが、X-pro1の大きさがほとんどF3とかぶるんですねぇ~。

R0024168

カメラ本体の厚みなんかF3の方が薄いし(^^;
HP(ハイアイポイント)モデルなので、軍艦部とゆうか、ペンタ部が大きいですが。

R0024172

ジウジアーロの美しいデザイン。Nikonロゴの力強さ。
F4以降どんどん肥大化してしまったので、それ以後のカメラは持っていませんが(^^;

R0024173

後ろの雰囲気も良いです。

R0024181

どこからみても良い感じです(^^;

R0024182

とゆうわけで(^^;
このNikon F3のハコをベースに、ミラーレス化して、マイクロフォーサーズでもAPS-CでもよいのでCMOS乗せて、どっかでだしてくんないかな(^^;

R0024175kai

Nikon F3にX-pro1の裏面を切り貼りしてみました(^^;
面倒なのでヾ(^ )コレコレ合成はいいかんげんですがwww
背面ボタン類の収まりは良いと思うんだけどなぁ。

敢えて、AFなどは搭載せずにレンズはAiニッコールのみで、フィルム送り機構は手回しで良いので。
NikonさんかFUJIさん作ってくれませんか?ヾ(^ )コレコレ

15622-862-277585


懐かしのニフティサーブ(T-T)/

ニフティサーブが、十数年ぶりに復活(^^;

Nif

会員と招待制なので、普通の方は入れませんが、おじさんが若い頃(^^;
1980年代末から2000年ちょい過ぎ(詳しい年忘れたねん)まで居ずっぱりだったフォーラムが沢山復活しておりました。

その当時は、今も現役ですがHP200LXにカードモデムを挿して、グレ電(ISDN通信ができる)公衆電話や自宅のモデムを使って、ピィーヒョロロロ~、ピギャー、ガーとログイン(あー自動ログインね)させて、一巡してから、じっくりログ読んで、お返事とか書いてからまた、通信。

って、今のインターネットが普及した時代とか、いつでもどこでも繋がるスマホからは信じられないレトロな通信手段を使っていました(^^;

いっちゃん始めに入ったフォーラムが確かFzaurus 、その後HP200LXを買ってFHPPC(昔はFYHPPCだったな)に入って、あとはFIBMNOTEとかFENOTE、FTOSHIBAとか、細かいフォーラムは忘れちゃいました(゚゚ )☆\ぽか

一番居心地が良かったのが、FHPPCかな。
その後はPALMとかCLIEとかにも顔を出していましたが。
時の流れと共に、ニフティサーブの役割が終了し、今のNIFTYに移行し、フォーラムが消滅。

Nif02

とゆうわけで、久々にFHPPCに入ってみました。なつかしすぐる(T-T)

X-pro1 その9X-pro1で撮る座漁荘 番外編w(富士フイルム)#minpos

ちょっとTwitterでリクエストがあったのでw
座漁荘(ざぎょそう)を紹介します。

15622-862-277516

Dscf2185

JR興津駅から徒歩20分ほどにあります。15分ほどではこの前に紹介した興津清見寺があり、歴史的な見所満載の場所です。
うちはそこから更に10分ほどヾ(^ )コレコレ違

興津駅から清水駅方面に向かうと、5分ほど歩いた途中にまぼろしのたい焼き屋さんがあります。なんで幻かとゆうと、看板が出てないとわからないから(^^;
だけでなく、めっちゃうまいっすよ(^^;なんと東京や横浜からこの店に食べに(買いに)来る人もいたりします。


この座漁荘ですが、先に書いたように、本物は明治村に移築されています。
(現在は大補修中なので見学できません)

明治から昭和にかけての元勲、西園寺公望(さいおんじきんもち)公がこの地を愛し、避寒地として利用。
その後晩年をここで過ごしたと言われています。
ちなみに、西園寺公望の祖先は、なんと中臣鎌足(藤原鎌足)だとか(@@;
(このほか、色々濃い内容は、中にいるボランティアのおっちゃんが教えてくれました。こういう施設に入ったら、( ̄▽ ̄)/ふーんだけで見てあっという間に出るよりも。ボランティアガイドさんにお話を聞くとすげー楽しいです。
おかげで、ここで1時間以上過ごしてしまった(^^;)

Dscf2311

こちらが入口。
右に曲がると

Dscf2312

こんな感じ。

更に入ると

Dscf2313

受付があります。
こちらは、入場者と人数の確認でパンフレットがもらえます。
入場無料。

Dscf2314

入口の雰囲気。

Dscf2318

玄関のようす。
この天井の柄がすごいです。普通では気がつかない人が多いそうですが(おっちゃんに教えてもらった(^^;)

Dscf2320

こちらが入ってすぐの座敷。

Dscf2321

奥の間。
更に奥には洋室がありますが、そっからおっちゃんにつかまって長々講義を聴いてしまったのでw
撮影はwww

Dscf2326

客間から女中部屋(あー秘密の電話室)まで抜けてる廊下。
写真は撮りませんでしたが、当時としては画期的なホットライン(総理大臣や警視庁、宮内庁など)があったり、奸賊w クーデターなどで襲われたときに逃げる道とかそりゃまあ色々仕掛けがwww

Dscf2324

廊下。
ちなみに窓硝子は、地元に残されていた手吹きで作られたガラス(輸入物)が使われているとか。

Dscf2327

増築された洋室。
奥のガラスにある展示品は本物。

ここでボランティアのおっちゃんにつかまっちゃったのでwww
写真よりも話がためになって。
撮影中止www

二階に上がると、二条城でも有名な鶯(ウグイス)張りが廊下にあって、楽しいです(^^;

ここで、おっちゃんから聞いたうんちくを。
藤原鎌足(中臣鎌足)の系譜が祖先の西園寺家ですが、京都の天皇家の近くに居宅があって、なんと琵琶(びわ)の販売の元祖とゆうか、元締めだったようで。これもすごい。
つまり、耳なし芳一の弾いていた琵琶も西園寺家のものだった可能性がヾ(^ )コレコレ
そのため、二階には琵琶を飾る棚があったりします。

Dscf2328

玄関から2階を望む。

ここからは、清見寺の続きです。

Dscf2244

本堂と離れを繋ぐ廊下。
奥には須弥山を模した庭園があります。

Dscf2301

望楼

Dscf2303

本堂のようす。

Dscf2308

全景。
お寺さんの中も見学できます。徳川家康が使っていた部屋とかもあります。
こちらは拝観料300円です(^^;

写真は全てX-pro1マニュアル撮影

この地には、明治時代の内務大臣、井上馨の別邸も大昔あったそうで。
公園に井上馨の銅像があったりします。

少し離れた、蒲原には、明治の元勲で宮内大臣も務めた田中光顕伯爵が、大正時代に建てた和洋折衷の白亜の洋館の青山荘(せいざんそう)、旧富士川町(現富士市)には、田中光顕が建てた古渓荘(こけいそう)少し前まで、講談社の野間佐和子氏の持ち物(別名、野間別荘)など濃い施設が沢山あります。
これら2つは特別なものが無い限り廷内立ち入り禁止ですが(^^;
2つとも仕事で入っちゃったぁ~(゚゚ )☆\ぽか

15622-862-277516

X-pro1 その8搭載色比較と感想編(富士フイルム)#minpos

Twitterで、ものごいがっぱさんから搭載されているカラーの比較が欲しいというリクエストがありましたので(^^;
近所のお寺さんまで散歩がてら撮影に行ってきました。

15622-862-277515

まず

Dscf2171

たまたまJR東海道線の踏切でみつけた、タチアオイがあったので撮ってみました。
F8 1/140です。
レンズは18mm広角です。
f2と明るいレンズなのでみごとに背景の貨物がボケてくれました。
いや、これマジで欲しいかも(^^;

Dscf2201

撮影地は、徳川家康が幼少の頃に学んだと言われる、東海道の古刹、興津清見寺(せいけんじ)です。

Dscf2208

境内を東海道線が通るというお寺さん(^^;

Dscf2210

山門
F2.5 1/250
山門の上部もつぶれることなく、かつ奥の建物も白飛びすることなく綺麗に撮れています。

ここからがカメラテスト(^^;

Dscf2212

PROVIAスタンダード
落ち着いた色合いで、万能向き
F3.6 1/250(以下同じ)

Dscf2213

Velvia/ビビッド
緑が美しく映える富士フイルムが得意な色。

Dscf2214

ASTIA/ソフト
全体的に色合いも落ち着き、ソフトフォーカス風に映ります。しかし、奥のお寺さんもはっきり映るのが良いです。

Dscf2215

PRO Neg.Hi
このフィルムは使ったことがないので、銀塩フィルムでどのような出方がするか分かりませんが(^^;
こちらも落ち着いた色です。

Dscf2216

PRO Neg.Std
渋い色合いになります。

Dscf2217

モノクロ(としか表記されていませんが(^^;)、おじさん的には、勝手にネオパンSSと思ってますヾ(^ )コレコレ
モノクロでも、めりはりが効いてて良いです。

Dscf2218

モノクロ+Yeフィルター
電子的にイエローフィルターをかませたものですね。
しゃきっとします。

Dscf2219

モノクロ+Rフィルター
モノクロにRedフィルターをかけたもの。
明暗がはっきりするという感じがします。

Dscf2220

モノクロ+Gフィルター
モノクロにグリーンフィルター。
これも木々が鮮やかに見えます。
ってゆうか、素人にはあまり差が分からないかも(^^;

Dscf2221

こちらは、セピア。
私的には作られた色っぽくてあまり好きではありませんが(^^;
やはりネオパンSSでしょうヾ(^ )コレコレ

Dscf2254

このお寺さんは、五百羅漢でも有名なお寺さんです。
このため、季節によっては羅漢よりもカメラマンの方が多い時も(^^;
この日も、カメラ女子がグループで撮影に来ていましたwww

Dscf2278

前ピン

Dscf2279

後ピン

Dscf2329

サービスカット(^^;
西園寺公望(さいおんじきんもち)が晩年に住んでいた居宅とゆうか避寒地、座漁荘(ざぎょそう)復刻版w。
本物は、明治村に移築。
でも、図面を元に復刻してあって、中の展示品は本物(^^;
なんと、二階の廊下は鶯張りであるくとピロピロ言いますw

ちょっと写真自体は明る過ぎて白飛びしちゃいましたね(^^;
このとき、バッテリー切れ警告が出て何枚も絞りを替えて撮れなかったので(゚゚ )☆\ぽか

Dsc04422

こちらは、NEX-5のオートで撮影。

長々レポートしてきましたが(^^;
感想です。

【良い点】
【本体デザイン】
言わずもがなでしょう。
各種ボタンやダイヤル類の配置の良さ。
たまんねー(^^;

【存在感】
レトロカメラとゆうか、往年のレンジファインダー風の作りと存在感。
いいわ~マジで(^^;
撮影していると、カメラ好きのおじさんに声かけられることしばしば(^^;
最近のお高いデジ一よりも、私的には持っていて落ち着くとゆうか
安心感のあるカメラ(^^;

【操作性】
とにかく気持ち良く撮れます。
おじさんとしては、露出とシャッタースピードがダイヤルで設定できるだけでも、感涙ものですw
昔からカメラは弄っているので、絞りやシャッタースピード、露出補正ダイヤルなど、ファインダーから目を離さずに感で操作できるのがたまらん(^^;

【ハイブリッドファインダー】
ファインダーから目を離さずに、フィルムの設定をはじめ、色々な設定が変えられるのが便利です。
あとは、光学ファインダーにも切り換えられるし。
光学ファインダー時のブライトフレームもたまらん(^^;
アイセンサー(目をファインダーに近づけると、自動で液晶に切り替わるとか)も良いです。

【気持ち良く撮影できる】
撮っていて気持ち良い。
たまらんっす(^^;

【気になる点】

【お値段w】
まあ、順当な値段だと思いますが、本体にレンズ併せて定価で20万超えちゃいます。

【ホールドグリップのボタンの誤操作】
ホールド時のQボタンとAE-L・AF-Lボタンを押してしまうこと。
これが気になりました。
もしかしたら殺す機能もあるかもしれませんが、なんせマニュアル(取説)を読まない人なのでヾ(^ )コレコレ

【バッテリーの持ち】
つい撮りすぎるので(^^;
露出やシャッタースピード、フィルム設定など色々替えて撮ってしまうので、早くバッテリーが無くなってしまう感じ。
まあ、自分でもし買ったとしたら、予備バッテリーは必須です。

【総評】
露出とシャッタースピードがダイヤルで弄れる時点で買いですヾ(^ )コレコレ

今までって、面倒だから、特にNEX-5とかNikon D500とかオートで撮りがちとゆうか、そうしていました(^^;
何と言っても、手で回すのと、電気的に(コマンドダイヤルを)回すのでは、精神的に(^^;
特に、NEX-5はいちいち液晶画面を見ながらダイヤル回して、PやSやAに替えていたので、それが面倒で。
まあ、デジタルなりの色づけとかあるのですけどね。

カメラのダイヤルはレトロに限るw(まあ、実際は内部で電子的に変換しているんでしょうが)
おじさん世代としては、たまらん作りです。

あー、ぱねぇ~。マジで欲しくなってきた(゚゚ )☆\ぽかあほ


15622-862-277515

多用な使い方に対応する変わり種三脚 Nivelo204BK (VANGUARD)#minpos

みんぽす/WillViiさまより、ユニークな三脚をお借りしたので紹介します。

16425-862-277514

VANGUARDと言えば、一昨年購入し紹介した、メッセンジャーカメラバッグUP-RISE38を私的には持っていますがv(^^)v
これ、懐が深くて大量に機材を積み込めるので良いです。
この他にも、マンフロットのカメラバッグを2つ、AmazonBasicのバッグが1つと、カメラよりもバッグが多い(゚゚ )☆\ぽか

は、置いといて(^^;

R0023845

お借りしたのは、小さい方です。
ニベロは、バレーの中心にいる。それはリベロ(゚゚ )☆\ぽか

R0023849

カメラを支える主軸が回転するとゆう、まか不思議な三脚(^^;

R0023854

こちら同梱品一式。
三脚ケースがおまけで付いてきます。
ケースがないものも多いのですが。

R0023855

一見普通のコンパクトサイズの三脚ですが。

R0023856

見やすいように横から。
何が珍しいか分かりませんね~(^^;

R0023857

三脚の軸となる雲台がありませんヾ(^ )コレコレ
左に脚のように見えるものが雲台プラス軸となります。

R0023858

そーなのです、この三脚は、主軸を回転させることでコンパクト性とプラスワンの機能を持たせたユニークな三脚になります。

R0023860

コンパクトな三脚の割に、ちゃんと水準器も付いています。
最近のデジカメ(特に高級デジタル一眼レフや、高級コンデジ)には電子水準器が搭載されていますが、三脚を据える時点で水平が確認できるのは良いです。

R0023862

これは、逆さまにした状態(^^;

R0023863

その上で、雲台を曲げてあります。
どういうことかとゆうと(^^;

R0023865

こんな感じで、接写にも使えるということですねぇ~。
これ良いわ(^^;

R0023866

私のブログを見てもらっている方はおわかりのように、私的な紹介は基本ブツの接写が多いので、ほとんど手持ちで撮影しているのですが、たまーに手元を撮影する時がありますが、その時にはめっちゃアクロバチックな体制で撮影しています(^^;

ミニ三脚とかも使うときがありますが、上から目線でなく、上から撮影する時には、左手でカメラを保持しつつ、右手にピントを合わせ、左手でシャッターを押すとか、タイマーをかけて必死で手を持ち換えて撮影なんてことをやるわけです(^^;
これなら、固定しつつターゲットを撮影することができるし、私のブログにありがちな、黒の商品を撮影する時にびみょーに手ぶれやピンぼけがなくなる訳です。

基本紹介写真は、GRDで撮影しているので手ぶれ補正機能が付いていないのよね(^^;

R0023867

こんな感じで角度の調整もできるので、オススメです。

Dsc04418

借りたのが短いタイプなの、こんな感じで撮影しました(^^;
脚を伸ばしても良いのですが、被写体との位置関係で脚はあえて伸ばさずに。

Dsc04417

水準器があるので水平に据えるのも楽で良いです。
ちょっと三脚が華奢にみえるので不安ですが(^^;

16425-862-277514

 

ミニタイプなのでお安いです。
BKは黒、SLは蒸気機関車(゚゚ )☆\ぽかでなくてぇ~シルバーですね(^^;

  
 
私は接写の用途として、一番小さいのをお借りしましたが、普通の撮影にも使う場合は、背が伸びるこちらの方をオススメします。

とゆうのも、紹介した204は最大1m位しか伸びないので、風景撮影をするとかの場合は中腰か座って撮影しなければならないので厳しいです。
あー、ディズニーランドや祭り、花火大会などで、座って撮影するしかない環境(シチュエーション)で使うには十分です。
お値段も安いしね。
カメラバッグにもすっぽり入るのが良いです。


X-pro1 その7写真比較編(富士フイルム)#minpos

NikonD5000と撮影比較をしてみたいと思います(^^;

15622-862-277391

バラ

Dsc_1254

こちらがNikon D5000(F5 1/60)オート

Dscf2046

こちらがX-pro1(F5.6 1/5)

色合いはX-pro1の方が自然です。Nikonのはちょっと黄色っぽくなってしまった。

カーフェリー

Dsc_1259

Nikon D5000 18mm F11 1/500

Dscf2057

X-pro1 18mm F16 1/280
Nikonの方が白っぽくなっちゃってますねぇ~。明るさはNikonですが、絞り込んだ分黒っぽいですが自然な感じか?

画角の違い

Dscf2063

こちら35mm版

Dscf2060

こちら60mm版
普段ズームになれているので(^^;
レンズ交換による焦点距離の違いや、フレーミングの違いが分かって良いです(^^;

紫陽花

Dsc_1283

Nikon D5000

Dscf2117

X-pro1
色はD5000の方が派手目にでます。受けそうな色?

街並み
ここからは、X-pro1のみです。
取りに行ったのは、時代から取り残された感じの次郎長通り商店街。清水次郎長の居宅が残されているという所です。

Dscf2128

レトロな町にはやはりモノクロでしょうとゆうことで、白黒モードで撮影。

Dscf2130

こちらが清水次郎長の生家です。

Dscf2131

つまらないので人を入れてみました(^^;

Dscf2139

セピアモード。
うーん、モノクロの方が好きだな(^^;

Dscf2143

この地区は、戦災にも遭わず昔の街並みが残っています。
縦位置で撮影

Dscf2144

横位置で撮影。
昔のフィルムカメラと違って、デジカメはメモリの許す限りカシャカシャ撮れるので、悩んだら縦横撮っておくと良いです(^^;

Dscf2146

Dscf2149

Dscf2153

昔の街並みなどは、カラーより白黒の方がしっくり来ます(^^;
あと、撮影に行く時には、メインの通りから一歩入った裏通りの方が撮りたいものが沢山出てくるので、オススメです。
うー、このカメラ持って尾道いきてー(^^;

これほど、撮っていて楽しいカメラは、久々です。
デジタル一眼レフは、Nikon D5000とSONYのNEX5を持ってますが、確かに本体の設定で絞りやシャッタースピードの設定はできるのですが、やはり見た目とゆうか、ダイヤルで色々設定替えてみたいですね~。
このため、記録するというマシンっぽくて、何でも感でも撮りたくなるというものではないような感じがします。このことを考えると敢えてデジタル一眼レフを持って行かなくてもGRDがあればいっか的な感じになっちゃって、大きいから面倒とかヾ(^ )コレコレ出番が少ないのね。

でも、このX-pro1は少し大きいですが、日常生活や普段の散歩でも、連れて行って、なにげない一瞬を切り取るのが楽しいカメラだと思います。

マニュアルは難しいと敬遠する人がいますが、デジカメなんで撮ってすぐに絵が確認ができるので、この辺の明るさならF5.6で1/125あたりでなんて、感覚で撮れるカメラです。
数を取れば慣れてくるので、ガシガシ撮るのが良いです。
また、そんな気にさせてくれるカメラです。

X-pro1かなりオススメ(^^;
ちとお高いのが難点ですがw

次回は、X-pro1の設定にある、フィルムの色合いの違いを比べてみます。

15622-862-277391


X-pro1 その6撮影編(富士フイルム)#minpos

ちょっとしか使えてないのですが(^^;

15622-862-277294

Dscf1973

真っ暗い朝の八重洲地下街
なんと、手持ちで撮れちゃいました(^^;
F2、1/125秒
ISO-200
補正+0.3

Dscf1976

通りすがりの喫茶店。チョロスナですので水平補正はしていません。
最初、上の写真のモードで撮ったら暗かったので(^^;
マニュアルモード感で、撮影(゚゚ )☆\ぽか
F2 1/8秒
ISO-200
+0.3(補正がずれたままでした(^^;)

絞りとシャッタースピードの調整が、良いです。Nikon F3を使っている感じ。
最近のは絞りはオート(カメラ内で調整)なので、あまり凝った取り方をしないようにしちゃっていますが、このX-pro1は別。
意識して絞りとシャッタースピードを調整する感じです。
両方ともオートモードがありますが、それよりも、この明るさだとどのくらいの絞りとシャッタースピードにするかというのが楽しいカメラです。

Dscf1989

京橋から銀座方面
F14 1/100秒
補正無し

なんか久々にカメラを使ってるぞ~って感じで、気持ち良くシャッターが押せます。

Dscf2017

レトロな自転車にのってるお店のおじさん。
とっさに、モノクロモードに切り換えて撮影。
こんなのもサクサク使えるので良いカメラです。
あー、作品の善し悪しはおいといて、気軽に使えるのが良いです。

Dscf2022

こちらのお店も渋かったのでモノクロ(^^;
雰囲気的に、銀塩フィルムカメラで撮っている感じが良いです。

やばい、欲しいかもwww

Dscf2029

銀座のなにげな一瞬が切り取れるというのが良いです。
普段は意識しないで、ハンズ、ロフト、伊東屋、五十音とか適当に巡回しているのですが(^^;
X-pro1は通りの一つ一つの瞬間を切り取りたくなるカメラです。

Dscf2038

家のコンクリートの隙間に咲いている花(^^;
良い感じで呆けもとい、ボケてくれました。
マクロ機能のない18mmレンズです。
あー、本体のモードはマクロにしましたが(^^;

続き
次回は、NikonD5000との撮り比べです。

15622-862-277294


X-pro1 その5大きさ比較編(富士フイルム)#minpos

昨日は、予定外にファームウエアのアップデートを書いたので、今回は手持ちのマシンと比較してみたいと思います。

15622-862-277143

vs Nikon D5000

R0023949

NikonのD5000と。上から
厚みが全然違います(^^;
X-pro1がまるで銀塩フィルム(レンジファインダー)カメラみたい。

R0023950

後ろから。
後ろはデジカメ善としていますねぇ。

R0023951

斜め上から。
D5000がプラスチッキーなのに対し、X-pro1は金属質なので、実際お高いのですが(^^;
すげーオーラが出ています。

R0023952

X-pro1はclassiccamera風なので、威圧感とか存在感を消せるカメラですね。

vs SONY NEX-5D

R0023955

1世代前のSONYのNEX5Dです。
コンデジと見間違う程のコンパクトサイズです。
厚みはグリップ部を除くと、X-pro1の半分くらい(^^;

R0023954

高さは軍艦部+ファインダーよりも一回り小さい・
存在感はX-pro1ですねぇ~(^^;

R0023953

正面から
NEX5Dが未来的なフォルムなら、X-pro1は超レトロなカメラです。
でもいいわ~(^^;

R0023956

3役そろい踏み(^^;

次は下手ですが、撮影比較を。
私的には、人物写真やげーじつ写真はあまり撮らないので、普段の風景とゆうか街並みスナップを紹介します。

15622-862-277143

X-pro1 その4アップデート編(富士フイルム)#minpos

お借りしているX-pro1ですが、なにげに富士フイルムのサイト見たら、アップデーターがあるのでアップデートしてみました(^^;

15622-862-277068

R0023786

まず、X-pro1本体でSDカードをフォーマットします。
ネットからダウンロードしたデータをSDカードのメイン部分に入れます。

R0023787

レンズと本体のバージョンアップがあります。
注:レンズ毎にバージョンアップする必要があるのですが、ファイル名が同じなので気をつけましょう。

R0023788

ボディか、レンズか選びます

R0023789

ボディ部のものは1.00から1.01にファームウエアがアップされます。

R0023790

頻繁に注意が出るので、失敗はないと思いますが気をつけましょう。

R0023791

■が消えると完了。

R0023792

R0023794

今度はレンズもやってみました。

R0023795

いきなり怒られちゃいました(T-T)

R0023796

出荷時やレンズの種類によって、バージョンが違うようです。


R0023800

いちお、3つレンズをお借りしているので、3つともアップしておきました。
面倒なのは、レンズが違っても、プログラムの名前が同じ事。

R0023804

あと、本体だけでなく、レンズのアップでも日付がクリアされてしまうこと。
この辺がちょっと(^^;

不具合は解消されるので、ちょっとお高いデジ一とか持っている方は、時々サイトの情報をチェックすると良いかもです。

あー、いけね(^^;
自分の手持ちのNikonとSONYもチェックしなきゃ(^^;

15622-862-277068


かっぱえびせん・サッポロポテトの復刻パッケージが出た(カルビー)

神さんの買い物に付き合ったら、発見したのでw飼ってもらいました(゚゚ )☆\ぽか

R0023917

昔懐かしいデザインです。
味の精華と書いてあったのですね。しかもかっぱあられとか書いてあるし。

R0023920

かっぱえびせん誕生秘話などが書かれています。
1964年とゆうから、確か東京オリンピックの年だったかな?
そんな昔からあったのですね。知らなかった。

この「かっぱあられ」ってゆうのなんか、見た記憶があるかも(^^;

R0023918

もういっちょうは、サッポロポテトです。

R0023919

こちらも制作秘話があって。
1972年の札幌オリンピックの年に作ったのでサッポロポテト。
両方ともオリンピックの年にできたとは、なんか不思議です。

ちなみに、このお芋のキャラって、今のポテチに書かれているのと同じような気がします。


« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ