« Xperia S LT26i NXTシリーズ その2開封の儀編 (SONY) | トップページ | Xperia S LT26i NXTシリーズ その3周辺機器編 (SONY) »

日本の作家百年の歩みとオリジナル高級萬年筆 サライ(小学館)

桜ぁ~吹雪ぃのぉ~サライぃの空にぃ~(゚゚ )☆\ぽか(違

おじさん向け雑誌サライに、オリジナル高級萬年筆(笑)が付いてくる、とのことで、打合せにでかけた帰りに寄って、保護してきました。

R0023031

オマケ、以前に内容が良いです。
日本の作家百年の歩み。
個々の作家にスポットを当てるのではなく、時代の流れを通して解説するので自然にどの時代にどの作家が活躍したのかというのが頭に入ります。

また、第二特集としては、文豪の手紙に学ぶ。達筆すぎて読めないものも多いので、さぞかし編集者や、凸版とゆうか、活字の1文字1文字を拾う印刷屋さんは大変だったと思われますヾ(^ )コレコレ

第三特集は、松本清張と森鴎外を旅する。これも良いです。
またあとでじっくり読もうっと。

R0023030

今回、オマケは二つ、高級萬年筆(笑)と、通販カタログです。

R0023032

特集の内容は、こんな感じ。

R0023034

いよいよ肝心な?ヾ(^ )コレコレ
高級萬年筆です。

R0023035

裏面。
注意書きで分解しないで下さいとありましたが、分解しちゃいました(゚゚ )☆\ぽかあほ
だって・・・以下略。

R0023038

ご対面~ん。
おー、良い感じだ。

R0023040

ぱっと見、確かに高級万年筆風に見えますうんうん。
カートリッジは、ヨーロッパタイプ。
えーっと、モンブランとかエルバン、ヴィスコンティ、ペリカン、ウォーターマンなどのカートリッジが使えます。
厳密に言うと、モンブランは違うんですけどね(^^;
好きな色をどうぞ~。

R0023041

軸はマット仕上げなので高そうです。
ペンは、中華万のHERO(英雄)を使っています。
以前は、シュミュットなので、どうしたのか(^^;

R0023042

HEROって書いてあります。
いわゆる鉄ペンですね。
あー、インクを使わずに放置すると、ペンが腐食しますので、使わなくなったらすぐに水洗いして保管しましょう。

R0023044

ペン芯。
ちょっと安っぽいです。

R0023046

天冠です。
ちゃんと、サライのラクダさんのロゴがあります。

R0023047

クリップにも。


R0023048

リング部にはサライ(SERAI)の塗装があります。


R0023049

尻軸は、ペリカン風。
総重量は28.6gなので、おじさん的にはバランスは好印象。
普通の2万円クラスの普及型万年筆が21g前後なので、書きにくい場合はキャップを尻軸にはめずに書くと良い鴨です。
私的には、キャップをしたほうが、トップヘビーになって力入れずに書けるのが良いです。

R0023051

当たり外れがあるようで。私のは外れでした(^^;
引っかかりがあるのですね~。
なので、外してペン先調整の上、やすり(ラッピングペーパー)で削ったら、それなりの書き味になりました。

あー、良い子はまねしないようにwww

本日発売なので、大量にあると思いますが。
買いに行けない方、面倒な方、近くにお店がない方、行くの面倒くせーと思う方は、こちらへ↓。

すぐになくなっちゃうかもですがw

万年筆がある分お高くなっていますが。
見た目高そうな万年筆なので、好い鴨です。
もとい、かもですw

不安な点が(^^;
万年筆付録にすると、少ししたら休刊とかなりそうで(^^;
ラピタとかプラチナサライとか

« Xperia S LT26i NXTシリーズ その2開封の儀編 (SONY) | トップページ | Xperia S LT26i NXTシリーズ その3周辺機器編 (SONY) »

万年筆」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

レビュー拝見しました(⌒ω⌒ )
880円の高級万年筆は、どこをコストダウンしているのかしらと思っていたら、鉄製のペン先ですかー…長く放置するのが好きな俺っちには使いこなせないですね。

PILOTのイロシズクを入れて遊べるといいかもと思っていたのですが、買わぬが吉と判断いたしまする。
大変参考になりました、ありがとうございます。

黒猫トムさん
万年筆の値段ですが、普通の金ペンの場合、本体価格の
半額がペンの値段と思って頂ければ良いかと。
つまり、21000円の万年筆では、10000円がペン代ですね~。
まあ、それ以上の高級品になると、半額ということはありませんがw

私の場合、ペンが染まりやすい、赤とかピンク、オレンジ、
紫などのインクを使うときに、こういうオマケや1000~5000円
ほどの鉄ペンを使っています。
あと、カランダッシュなど高級萬年筆でも、1~2万クラスのものは
たいがい鉄ペンですので、管理をちゃんとしていれば大丈夫
ですよん(^^;

最初試しに書いて、半年放置とかされると「がび~ん」てなことにも
なりかねませんが(^^;
まあ、全部が全部腐食することはあり得ませんが、インクのPhに
よっては、腐食する場合がありますので、ご注意ですね。

うわ!はや!!
これから会社出て買いにいこ!!

私も保護しました。いままでpreppy万年筆を使っていたのでプラの筐体から付録の高級万年筆にチェンジです、笑

宮サンさん
げっとおめでとー(^^)/
かすれとかひっかかりとかありませんか?

tenra77さん
保護出来ましたでしょうか(^^;
書き味は大丈夫でしたか?

これ、キャップが尻軸にはまりにくくないですか?私だけ?外れを引いたかな?

ayumuさん
私のは特に刺しにくいと
ゆうことはありません。
不思議ですね。

まだ手元には届いてませんが、楽天ブックスで注文しました。
当たり外れがあるということみたいですが、
『Goods Press』の時は使い続けているうちにだいぶ良くなったので
希望的観測ですが購入を決めました(笑)
いやー楽しみです(*´▽`*)

takiさん
お楽しみに~(^^)/
ペンのずれによるひっかかりは仕方ないですが、
書きにくい場合は書いていると育ってきますので
それで良いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/54437728

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の作家百年の歩みとオリジナル高級萬年筆 サライ(小学館):

» サライ付録 "オリジナル高級萬年筆[SARAI]"(その1) [さんてんり~だ]
  4月10日発売。書店にはまだまだ山積みでしたよ(^-^*) ● 小学館 サライ 2012年5月号 ¥880 万年筆を付録につけると、ほどなく休刊になるというジンクスをみごとに踏襲したのが、兄弟誌の「プラチナサライ」でしたねぇ。あ、そういえばラピタも小学館だったよなぁ…本誌は果たして…(どきどき(^-^;)) ... [続きを読む]

« Xperia S LT26i NXTシリーズ その2開封の儀編 (SONY) | トップページ | Xperia S LT26i NXTシリーズ その3周辺機器編 (SONY) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ