« Smapho 2800(PANS)その2その後の追加感想編 #minpos | トップページ | 進化した電子辞書PW-A9200 その2検索編(SHARP)#minpos »

進化した電子辞書PW-A9200 その1本体+比較編(SHARP)#minpos

少し前に紹介した、モノフェローズセミナーでお借りした、電子辞書です。

15697-862-270519

R0022338

黒のパッケージが渋いです。

R0022339

中身は、これだけ。
ヒアリング用のイヤホンとパソコン接続用のUSB、本体と取説です。

R0022340

赤がカッコイイですw

R0022342

右側左から、microSDカード、USBコネクタ、タッチペンが入っています(グレーのね)

R0022343

昔懐かしいザウルスのタッチペンに似ています。

R0022345

カラー表示なのに、単3電池2本で駆動するのはすげー進化です。

R0022346

こちらは、左側。
ストラップホールとイヤホンジャック。

R0022347

フタ開けたとこ。全容。
起動がめっちゃ速いです(^^;
まあ、私が持っているのが3代目くらいのカラーなので特に遅いのかもしれませんがw
フタ開けるとすぐに起動し、すぐに検索できる状態になります。
前のは、フタ開けて、電源入れて、起動してと、引く(入力する)までに4~5秒かかっていましたからw

R0022349

画面の左右にタッチパネルがあって、文字の拡大などができます。
この辺は、ザウルスなどの技術が反映されているのでしょうね。

R0022355

文字入力(手書き)画面。

R0022361

昔の電子辞書と。
タッチパネルの画面がずいぶん広くなりました。
ボタン類は、画面の左右やタッチパネルの左右に組み込まれたので、これだけ広い画面が確保できたのでしょう。
あと、方向キーも使いやすくなっています。

R0022365

厚みはそれほど大きくは変わっていませんが、めちゃ軽くなっています。

R0022367

正面から。
幅で5mmほど新しいのが短くなっています。

R0022368

昔のは、大きなリチウムイオンバッテリーが搭載されていて、この分かなり重くなったような気がします。

Dsc_0852

メニュー画面もアイコンで設定がしやすくなっています。

Dsc_0863

電池は、アルカリと充電池が選べますが、多くのメーカーで、エネループ表示が多い中、シャープさんは、エボルタも書いてあるのが好印象(^^;

続きます。
次は、辞書検索の真骨頂を。

15697-862-270519

« Smapho 2800(PANS)その2その後の追加感想編 #minpos | トップページ | 進化した電子辞書PW-A9200 その2検索編(SHARP)#minpos »

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/54257171

この記事へのトラックバック一覧です: 進化した電子辞書PW-A9200 その1本体+比較編(SHARP)#minpos:

« Smapho 2800(PANS)その2その後の追加感想編 #minpos | トップページ | 進化した電子辞書PW-A9200 その2検索編(SHARP)#minpos »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ