« iPadがスキャナーに変身するiScamil その4比較・感想編(キングジム)#kingjim #minpos | トップページ | ATOK2012来た(Justsystem) »

ハイビジョン画質のWebカメラ HD プロ ウェブカムC920 その1本体編(Logicool)

Logicool(ロジクール)さんより、超弩級のWebカメラが発売されました。
HD プロ ウェブカムC920のモニターとして、お試ししましたので、セッティングから使用感まで含めてレポートしたいと思います。

私が子どもの頃に、ウルトラ警備隊が、ビデオシーバーで相手と画面を見ながら話をするのにすごく憧れてました。
今見ると、じゃあ、カメラはどこにあるんだとゆう、不思議なアングルから会話していたりと突っ込みどころ満載ですが(^^;

その後、確かコードレスホンが大坂万博の頃に話題になって、その時にももしかしたらテレビ電話も展示されていたかもしれないですが、なんせ子どもの頃の記憶。

2001年宇宙の旅でも、宇宙船から自宅にテレビ電話で電話していたシーンが印象的でした。
通話後に何百ドルだかの請求金額が出たのには受けましたが。確かAT&Tだったかと思います。

20年位前でしたか、テレビ電話(しかし静止画ぱらぱら漫画風)ができたとか言われていて、その頃はまだ通信も確か2400kか4800kBPS位で、その後倍々にスピードがあがって、これで離れた家族同士がテレビ電話で話せるようになるとか思いましたが(^^;
どっこい、容易には普及しませんでした。

ケータイにカメラが付いて、テレビ電話機能が・・・とか言われましたが、結局パケ代(当時はパケホなんて無かった)が高いとか、静止画風で遅いとかで結局それも使わずじまい。
電脳ガジェットは好きですがwパケ死したくないし(^^;

それが、技術が進んで徐々に普通の家庭にもテレビ電話ならぬ、パソコン通話(Skypeなど)が普及し始めたのが10年ほど前でしたか?
ADSLから光通信やWiMAXなどの高速通信が可能になって、我が家でも子ども2号が学生でアパート暮しなので普通の電話以外に、パソコンで顔を見ながら話ができるようになって、ずいぶん進化してきました。

最近のノートパソコンにはたいがいピンホール状のインカメラ付いてますしね。

と前振りが長かったですが(^^;

R0020776

めちゃカッコイイパッケージと、重厚感あふれるWebカメラです。

R0020777

横から

R0020778

裏側。
なんと、フルHD画質なんですねぇ~。
しかも各PC通信にも対応しています。

R0020779

パッケージ左側。

おっ!と思った方、さすがカメラ通ですなぁ~。
なんと、カールツァイスレンズが使われているのですねぇ。
すげーわ。
これだけでたまらんヾ(^ )コレコレ

R0020784

ハコから出してみました。
ずしりと重いです。
存在感抜群のWebカメラ。

R0020785

左右のドット部分はツインマイクとなっております。
しかも、本体左側には、カールツァイス テッサーのロゴが入っています\(^o^)/ワーイ
すげーっす。
しかもHD1080Pだし。

R0020789

HDカメラ画質だけあって、厚みもスゴイです。

R0020790

本体底部には三脚穴まであります。
これがあれば、相対した自分撮りだけでなく、三脚に固定することもできるので、すげー応用範囲が広がります。
たとえば、景色の良い場所でノートPC広げて、風景なんぞを映すとかもできちゃうし。
一面の花畑から実況中継とか、アウトドアで使ったり。
あと、WiMAX使えば、車載モニターとして使って、移動中継とかwww
もう、あ~んなことや、こぉ~んな事までと色々考えられます。(*^^*)

R0020791

脚は折りたたみ式になっていて・・・

R0020792

基本的には、この部分を広げて、モニターに挟む形で固定するのですが・・・

R0020793

三脚を使えば色々なアングルにして楽しむこともできます。


長くなったので続きます。

尚、本記事はロジクール「HD プロ ウェブカムC920」のタイアップ企画です。

« iPadがスキャナーに変身するiScamil その4比較・感想編(キングジム)#kingjim #minpos | トップページ | ATOK2012来た(Justsystem) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、私はC910を持っていて更にC920どうしようかなーと考えていたので楽しみにしています。
+(0゚・∀・) + ワクテカ +

今回のC920はハードウェアエンコードということでPC側の負担軽減に期待しています。
そして、静画画素数を削っても動画性能が上がるならWebカメラとしては正しいモデルデェンジだとも。
4月に第3世代CPUがリリースされますが、CPU負荷は少ないにこした事無いですから。
まあ、私のPCはCore2Duoとi3なんでカメラにリソース食われたくないのが本音ですが(笑)

takiさん
いつも初心者向けに解説していますので
今回はそこまで濃い分析はしていませんが、
動作が軽くて使いやすいです。
流石にTypePには荷が重かったですが、
それ以外のノートはサクサク動きました。
会社のデスクトップPCも非力なCore2Duo
でしたが、ストレスなく動画が撮れました。
数日前のiスキャミルの動画は、この920
で撮影したものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/53686229

この記事へのトラックバック一覧です: ハイビジョン画質のWebカメラ HD プロ ウェブカムC920 その1本体編(Logicool):

« iPadがスキャナーに変身するiScamil その4比較・感想編(キングジム)#kingjim #minpos | トップページ | ATOK2012来た(Justsystem) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ