« ちまたで噂の手羽ヤメレと魔窟へヨウコソ 買うたったw(東急ハンズ) #Hands Now | トップページ | SONY Tablet 開発経緯その2 P編? モノフェローズセミナー(みんぽす&SONY)#minpos »

SONY Tablet 開発経緯その1 S編? モノフェローズセミナー(みんぽす&SONY)#minpos

本田先生の講演の次にソニー開発者の方から、開発の経緯とご苦労と特徴などを説明頂きました。

14061-862-252123

今回参加されたコアメンバーの方5名です。
マーケティングマネージャー岩井さん
VAIOのtypeU、T、Zなど小物系の開発に携わっている方です。

商品企画担当部長岩田さん
懐かしいmyloからVAIOモバイルの商品企画まで幅広く担当している方です。

ソフトウエア設計部統括部長佐藤さん
なんと、CLIE(クリエ)シリーズの開発マネージメントをされてきて、PS3のマルチメディアアプリLも担当。

SONY Tablet Pシリーズ設計担当の水上さん
なんと、入社直後にいきなりの担当抜擢!!優秀なんですねぇ~。電気関係担当
出席者では紅一点(^^)/

SONY Tablet Sシリーズ設計マネージャー鈴木さん(すずまささん)
こちらすごくて、VAIO505(持ってた)、SR(持ってた(^^;)typeT、Zと面白いマシンを沢山設計してくれてます。

まず、開発の経緯としては。

最高のエンターテイメント・コンテンツ体験の提供
家庭内に溢れるコンテンツ、オンライン上の音楽、写真、動画、ゲーム等のコンテンツを快適に取り込める世界を作る
だそうで、これはやはり理想ですね~。

Dsc04005

目指すモノは、みんなが使える。みんなのタブレット

Dsc04007

ただし、コンテンツは非常に多種多様、また、書き込み方式も複雑に絡まっている中で、みんなが使えるように、かつ直感的に素早くコンテンツを扱えるように。
というのが命題だったそうで。
確かに(^^;

Dsc04012

持ちやすさを追求したデザイン、快適な操作性、ネットワークによる多様なコンテンツの利用、更にテレビや録画機、オーディオなど様々なAV機器との接続。
これらをすべてやってしまえるようにして(または将来対応)あるんだそうです。

Dsc04034

Sシリーズは、堅牢性、耐久性も考えていて、強化ガラスで表面を作り、まちがってこんなことされても、壊れないようにテストしてあるんだそーな(^^;
ここまではしないまでも、踏まれたりする恐れがありますねぇ~。

Dsc04054

サクサク・エクスペリエンス
とは、またスゴイネーミングですが(^^;
タッチパネルの操作性、使用感、気持ちよさも重視。
なんと、上の方から、なんどもダメだしされて、もっとサクサクさせて~。みたいな話が出たそうです。
あと、意外だったのが、何百人?か社内でこのタッチパネルというか、操作性のテストをした中で、数名の方がタッチパネルにうまく反応しない人がいて、「どんな人にも快適使える」にという試験を繰り返したんだそうです。
たぶん、静電性が低い指をしているんでしょうね。
(反応しない人がいること)これには新鮮なオドロキでした。

Dsc03939

ずらりと並んだ体験版SONY Tablet S

Dsc03952

美しい画面。

Dsc03959

タッチ感、反応の良さは抜群。
問題は、iPadとの使い分けかぁ~ヾ(^ )コレコレカウノカ

あー、クレードルは別売りね(^^;
セット販売して欲しかったぁ~。
自宅で使わない時はデジタルフォトフレームになるとか。
あと、クラウドを使えば、外で撮った写真が自宅のSに更新されるという話もありました。
デジタルフォトフレーム最初は使うけど、結局更新が面倒でみたいなことで使われなくなってしまうという話もあったので、この考えはいいですね。
クラウドを使うと、子どもの写真をクラウド上にアップすれば自働で実家のじじばばに子どもの写真を転送なんてことも簡単にできてしまうとか。

Dsc04093

動画もハイクオリティーでサクサク
右側の動画提供:しょういちさん

Dsc03964

片側が厚く、もう片方が薄くなっているのは、持ったときの安定感と持ちやすさ、重量バランスなどを考えてのことだそうで、iPadのようにフラットにするよりも、持ちやすさと重さを感じさせないようにこのデザインになった(した)そうです。
私的には、店頭で見ても、なんかびみょーとか思ったけど。確かに持ちやすくはありますね(^^;


続きます

14061-862-252123

  

 

« ちまたで噂の手羽ヤメレと魔窟へヨウコソ 買うたったw(東急ハンズ) #Hands Now | トップページ | SONY Tablet 開発経緯その2 P編? モノフェローズセミナー(みんぽす&SONY)#minpos »

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/53078731

この記事へのトラックバック一覧です: SONY Tablet 開発経緯その1 S編? モノフェローズセミナー(みんぽす&SONY)#minpos:

« ちまたで噂の手羽ヤメレと魔窟へヨウコソ 買うたったw(東急ハンズ) #Hands Now | トップページ | SONY Tablet 開発経緯その2 P編? モノフェローズセミナー(みんぽす&SONY)#minpos »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ