« ダブルレンズで3D撮影ができるREAL3D W3 本体編(FUJI)#minpos | トップページ | 気軽にcalligraphyが書けるParallel Pen(PILOT) »

3Dカメラの撮影データを立体視できるDIGITALVIEWER V1(富士フイルム#minpos

3DカメラのFinePix W3をお借りしたのと同時に、デジタルフォトフレームのDIGITALVIEWER V1も一緒にお借りしました。
概要を紹介します。

10059-862-240618

R0017896

箱です。

R0017924

蓋を開けるといきなり、ビュワーがあるのはいいですねぇ~。
とはいえ、デモ機なのでこのように梱包されているかは不明。

R0017925

白飛びしてますが(^^;
取説、USB、電源、リモコン、左側の棒は、スタンドに本体となっています。
8インチという、市販の普及クラスに比べて一回り大きいので、迫力の画面で3Dが楽しめます。
その割には、昔のテレビサイズというか、4:3画面というのがなんとも(^^;
あと、この手のデジタルフォトフレーム(ビュワー)って、どうして解像度が800×600なのかしらんと思うのは私だけ?

R0017927

こちらが裏面。ちょっと店頭デモ機はおいといて(^^;
左上に電源。
中央部の大きな丸いくぼみは、スタンドの挿入口。
右側にXDとSDカードのスロットがあります。
下段はUSBコネクタ2と電源端子。

R0017929

こんな感じでぐりぐりと差し込みます。
下(写真手前)がゴムになっており、滑り止め機能はばっちり。

R0017934

こんな感じで立てます。

R0017931

こちらがSDカードスロット。

R0017936

こちらがリモコン。
リモコン上で視差補正もできます。

スライドショーの紹介はまた後日(^^;

10059-862-240618

  

お値段もだいぶこなれてきているので、普及クラス万年筆+αなので良いかも。

  

単品で買うより、3Dビュワーとセットで買う方が安いですね(^^;
びっくり

« ダブルレンズで3D撮影ができるREAL3D W3 本体編(FUJI)#minpos | トップページ | 気軽にcalligraphyが書けるParallel Pen(PILOT) »

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/52498168

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dカメラの撮影データを立体視できるDIGITALVIEWER V1(富士フイルム#minpos:

« ダブルレンズで3D撮影ができるREAL3D W3 本体編(FUJI)#minpos | トップページ | 気軽にcalligraphyが書けるParallel Pen(PILOT) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ