« 3Dシュミレーターで好きな部屋をイメージできる(インテリアコーディネートお悩み解決コンテスト) | トップページ | Life Touch NOTE その2画面+感想編(NEC)#minpos »

Life Touch NOTE その1外観編(NEC)#minpos

ある意味私的にはキーボードフェチだったりします(^^;
使ってきたマシンは、8801、9801、ワープロ多数、電子手帳がでてからは、HP200LX、モバイルギアからジョルナダ~シグマリオン3にPSION数台(^^;
PALMを使っていた時も、ターガスの蛇腹折りたたみKB使ったりwww
最近ではpomeraやIS03(auのAndroid)なんかも持ってたりします。
iPadを使う時とかも、長文を入力するときには外付けKBなんかもつかいます。
書き出したら切りが無いので端折ってありますwww

以前書いたNECのセミナーにおいても、しばらくはKBが唯一高速の入力デバイスとして続くであろうという話も出ました。

とゆう分けで、短い間みんぽす/WillVii×NECさんからお借りしているLife Touch NOTEについて、しばらく使って見ての感想を紹介します。
箱はデモ機ということもあって、今回は紹介しません(^^;

13679-862-234379

R0017458

こちらが内容物一式。
あっさりしていますが、本体にACアダプターです。
色々な所の書き込みにも出てきますし、上の写真を見ていただいてもわおわかりのとおり、アダプターはかなりデカイですwww

R0017459

私がお借りしたのは、赤(バーミリオンレッド)。マット(つや消し)調の塗装で、指紋は目立ちません。
ちょっと朱色がかっていて、とても綺麗な色です。
これ以外に、チョコレートブラウン、ピアノブラックがあります。
右側に見えるのがアウトカメラ、価格を抑えるために200万画素の低画素にしたとのことです。
元祖Xperiaでも800万画素搭載しているのですが、NECの開発者に言わせるとメモ的に撮影するので、このくらいで良いとのことでした。
確かに、私的にも撮影を意識するならデジカメを複数台持ち歩くので、この発想はありでしょう。

R0017460

本体裏側(ちょとぼけてますが)
写真上がヒンジ部にあたります。
上は一般的なノートパソコン同様にバッテリーが挿してあります。
バッテリーは5000円前後に設定してあり、良心的です。
カタログ値は輝度最低にしてWi-Fi接続して9時間を誇っているらしいですが、実際使用してもそんなに持つとは思えません。
が、少なくともVAIOtypePよりは持つと思います、ってゆうか持ちます(^^;

R0017461

左側
左より、キーホール(たぶんケンジントン式の鍵が使えるかと)、USBケーブル(一般的なもの)、イヤホンジャック
となっています。

R0017463

右側はSDカードスロットと電源コネクタです。

R0017464

正面右下には、スタイラスペンが搭載されています。
このLifeTouchNoteは、低価格化を推進するために、今流行の静電式タッチパネルではなく、昔一般的に使われていた感圧式(ザウルスやシグマリオン、CLIEなど)を採用しているそうです。

R0017465

正面右手には、各種インジケーターが付いています。
左から、Androidからのおしらせ?ヾ(^ )コレコレ、電源(待機)、充電、WAN接続、LAN接続、BT(Bluetooth)となっています。
普段は、電源、充電、LAN位しか使わないので、
一番左のアンドロイドは光ったことがありませんので(ぉぃ

R0017466

フタを開いたとこ。
基本的に、フタを開くと自動的に電源が入ります。
この辺は、WIndowsと違ってAndroidなので便利です。

R0017469

こちらが気になるキーボード。
ノートパソコンのようにしっかりとしたキーボードです。
画面左下にはマイクが搭載されていて、Skypeなどで通話もできます。
右上は電源ボタン。省電力機能がしっかりしているので、キー入力がないと自動的にブラックアウト(休止/スタンバイ)状態になります。(時間設定は可能)

キーボードは、キーピッチ16.8mm、キーストローク1.6mmということで、違和感やストレス無く打つことができます。
配列の関係で右側部分がちょっとオフセット(圧縮/変形)されていますが、これも特に気になるほどではありません。
手のひらサイズのAndroidマシンにある。ホームボタン、メニューボタン、戻るボタンなどは、画面右上にあり、操作はすぐに慣れます。

また、気になるのが特殊(機能)キーですが、メニュー設定でカスタマイズできるので安心です。
私的には、Fnキーが一番左端にあるのは許せないタイプ(^^;なので、Ctrlと入れ替えて使っています。
また、右側にシフトキーがないと困ると言う方も設定で替える事ができるので安心です。

さすがに親指シフトはキーボードが搭載されていませんが、地道に設定を変えれば(゚゚ )☆\ぽかあほ

ちなみに、スペースバーの下側にある黒い部分がポインティングデバイス(いわゆるマウスやトラックポイント)になりますが、これがまた便利で、画面スクロールなどはサラサラと、この部分をなでるだけで気持ち良くスクロールしてくれます。

長くなったので続きます(^^;

13679-862-234379

  

« 3Dシュミレーターで好きな部屋をイメージできる(インテリアコーディネートお悩み解決コンテスト) | トップページ | Life Touch NOTE その2画面+感想編(NEC)#minpos »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/52330286

この記事へのトラックバック一覧です: Life Touch NOTE その1外観編(NEC)#minpos:

« 3Dシュミレーターで好きな部屋をイメージできる(インテリアコーディネートお悩み解決コンテスト) | トップページ | Life Touch NOTE その2画面+感想編(NEC)#minpos »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ