« Life Touch NOTE その1外観編(NEC)#minpos | トップページ | Life Touch NOTE その3ライフノート+比較編(NEC)#minpos »

Life Touch NOTE その2画面+感想編(NEC)#minpos

設定、画面編です。
このマシン、LifeTouchNoteですが、単体でも使えないことはないのですが、基本ネットワークを利用して使うマシンなので、Wi-Fi(無線LAN)に接続して使うコトが前提になります。

R0017473

そのため、上記のらくらく無線スタートや

R0017475

WPS(Wi-Fi Protected setup)などがあります。

13679-862-234527

また、Androidユーザーなら既におわかりのように、アクセスコードとパスワードがあれは簡単に設定ができます。

ただし、会社の無線LANの設定や登録は私がやったのですが、勝手にオープンに登録されていて、設定ができませんでした。
この辺がちょっと癖があります。
WiMAXや自宅の登録は簡単にできたので、いまいちよくわからない点があります。

Cap_20110728_143157_4

こちらが私が試している画面(^^;
ちなみに、Fn12キーで、画面キャプチャーが撮れるように設定があります。
画面は800×600なので、7インチの割に画面が粗いですが、ちょっと大きめの文字はおじさんには助かります(^^;

Cap_20110728_143507_2

標準搭載されている天気とニュースのアプリ。
自動設定にしておけば、GPSとWi-Fiから位置情報を割り当てて、その場の天気がわかります。
ウェザーニューズのような時間帯までは出ませんが、右画面のアイコンをタップすることで、ネットにアクセスが可能です。

Cap_20110726_210918_2

こちらは、通常画面右側(Xperiaなどでは下側にあたる)にあるアプリ一覧を出したとこ。

さて、ここからが気になるレポート(^^;

【キー入力】
さすがにこのクラスになると、非常に打ちやすいです。
入力も文字の取りこぼしもほとんどありません。
ブラインドタッチで、ばっちりです。

【ATOK】
入力でストレスが一番かかるのが、正しい変換。ですから、私的には代々ATOKを使っていて、WIndowsマシンからMAC、Xperiaなど全てのマシンがATOKを入れてあります(^^;
こちらのLifeTouchNoteも、その辺を考えてか、ATOKが標準で搭載されています。
そこまでは良いし、変換もそれなりに賢いし、「きょう」と入力すると、その日が出てくる所までは評価できます。
ただし、アプリの仕様なのか、シグマリオン3と同じように、変換候補が画面下段に表示されて、いちいち爪かスタイラスペン(タッチペン)で決定しなければなりません。
また、パソコンでカスタマイズしているせいかも知れませんが、自分が普段使っているショートカットキーや文節を伸ばしたり縮めたりするのが、ちょっと癖があって、せっかく入力した文字が消えてしまったりということが多く発生しました。
あとは、学習機能がちょっといまいちなところと、最新用語などがATOK2011だと出てくるのに出てこないなどが気になります。
この辺は、Xperiaなどタッチパネル系の端末だと脳内で違うマシンとして認識して、多少の変換のできなさなども許容範囲で許せるのですが、見た目がパソコンに似ているために、ストレスに感じました。
まあ、普通に使う分には問題ないのですが、専門用語が飛び交う会議などではちと使えないなと感じたレベルですので、気にならないかも。
LifeTouchNoteをフォローするというか、擁護すると(^^;pomeraよりは数段賢いので、安心して使えますw

【ネットワーク接続】
上の方でも書きましたが、ネットワーク接続に若干癖があります。私みたいにあちこちの無線を使っているからだけかも知れませんが、普段使っている場所で手動設定が対応できなかったのは痛かったです。
あー、マック(マクドナルド)や公衆無線系の場所ではちゃんとログインできましたのでご安心ください。

【アプリケーション対応】
一応、Googleからちゃんと認証を受けているので、Androidマーケットも搭載されているし、主なアプリは簡単にダウンロードができます。
また、GoogleIDで購入したアプリは、こちらのマシンでも認識して登録ができるようになっています。
とここまでは良いのですが、いくつかのアプリが出てこなかったり、インストールしても対応していなかったりなどがありました。
一つの例としては、ガラパゴス(読書リーダー)はダウンロードできましたが、いざ使おうとしたら、本アプリケーションは、この機械には対応しておりません。的なコメントが出て使えませんでした。
また、キングジムさんが提供しているショットノート対応アプリについては、検索しても出てきませんでした。
なんか、特殊な仕様かも知れません。

【ついっぷる】
ついっぷるは、iPadでもPCでもXperiaでも使っていて便利なのですが、このマシンのついっぷるは何故か使いにくいです。
添付されている写真が普通はアイコンで出てきたり、タップすれば投稿写真サイトに飛べるのが普通なのですが、LifeTouchNoteに標準搭載されているついっぷるでは、飛べるコメントと飛べないコメントがあって、不思議です。
また、ついっぷるの表示だけかもしれませんが、画面表示が美しくないです。
文字がカクカクしている感じがします。
この辺は、ワープロアプリ(テキストエディタなど)で入力しているとそれほど気にならないので、ついっぷるの仕様かもしれません。
標準搭載するのでしたら、やはりもっと綺麗に表示されるなどして貰った方が良いかもしれません。

【バッテリー】
所々で書いていますが(^^;
思ったよりもバッテリーが持ちません。この辺がどうなっているかはわかりませんが。
まあ、最低5時間以上持ってくれれば問題ないので、夜寝る前に充電しておいて、移動中に使ってというパターンでしたら特に問題ないと思います。
欲を言えば、別売りでバッテリーを買うか、ACアダプターがデカイので2個持ちして、自宅と会社で充電ができれば良いかなとか。
最低輝度にすれば9時間は持つということですが、最低輝度だと見にくいので結局中間クラスの輝度にしてしまいます(^^;

【常時使えるか?】
気軽に立ってTwitterやFacebookなどを閲覧して、コメントを書く。という前提で考えた場合、本機ではちょと使いにくいです。
iPad(含むiPhoneやXperia)だと気にせずに持ち歩いて、電源入れてとすればすぐにTL(タイムライン)が追えて、気になる意見にコメント書いてというのは、気軽にできますが、その場合、LifeTouchNoteだと、普通サイズのキー入力を前提としているため、歩きながら閲覧や入力はちと厳しいです。
HP200LXやシグマリオン3を使っていた時には、両手で持って、親指入力でコメント書いたりできましたが、これを休憩時間や昼休みなどで持ち歩きながら画面閲覧やコメントはちと厳しいです(^^;

ただし、会議録や原稿書きなど、落ち着いた場所での入力はこちらでは良い共居ます。

【総評?】
とまあ、色々感じたことを書きましたが、これだけのマシンが35000~40000円で買えるとしたら、おすすめです。

13679-862-234527

  

« Life Touch NOTE その1外観編(NEC)#minpos | トップページ | Life Touch NOTE その3ライフノート+比較編(NEC)#minpos »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/52330541

この記事へのトラックバック一覧です: Life Touch NOTE その2画面+感想編(NEC)#minpos:

« Life Touch NOTE その1外観編(NEC)#minpos | トップページ | Life Touch NOTE その3ライフノート+比較編(NEC)#minpos »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ