« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

Life Touch NOTE その2画面+感想編(NEC)#minpos

設定、画面編です。
このマシン、LifeTouchNoteですが、単体でも使えないことはないのですが、基本ネットワークを利用して使うマシンなので、Wi-Fi(無線LAN)に接続して使うコトが前提になります。

R0017473

そのため、上記のらくらく無線スタートや

R0017475

WPS(Wi-Fi Protected setup)などがあります。

13679-862-234527

また、Androidユーザーなら既におわかりのように、アクセスコードとパスワードがあれは簡単に設定ができます。

ただし、会社の無線LANの設定や登録は私がやったのですが、勝手にオープンに登録されていて、設定ができませんでした。
この辺がちょっと癖があります。
WiMAXや自宅の登録は簡単にできたので、いまいちよくわからない点があります。

Cap_20110728_143157_4

こちらが私が試している画面(^^;
ちなみに、Fn12キーで、画面キャプチャーが撮れるように設定があります。
画面は800×600なので、7インチの割に画面が粗いですが、ちょっと大きめの文字はおじさんには助かります(^^;

Cap_20110728_143507_2

標準搭載されている天気とニュースのアプリ。
自動設定にしておけば、GPSとWi-Fiから位置情報を割り当てて、その場の天気がわかります。
ウェザーニューズのような時間帯までは出ませんが、右画面のアイコンをタップすることで、ネットにアクセスが可能です。

Cap_20110726_210918_2

こちらは、通常画面右側(Xperiaなどでは下側にあたる)にあるアプリ一覧を出したとこ。

さて、ここからが気になるレポート(^^;

【キー入力】
さすがにこのクラスになると、非常に打ちやすいです。
入力も文字の取りこぼしもほとんどありません。
ブラインドタッチで、ばっちりです。

【ATOK】
入力でストレスが一番かかるのが、正しい変換。ですから、私的には代々ATOKを使っていて、WIndowsマシンからMAC、Xperiaなど全てのマシンがATOKを入れてあります(^^;
こちらのLifeTouchNoteも、その辺を考えてか、ATOKが標準で搭載されています。
そこまでは良いし、変換もそれなりに賢いし、「きょう」と入力すると、その日が出てくる所までは評価できます。
ただし、アプリの仕様なのか、シグマリオン3と同じように、変換候補が画面下段に表示されて、いちいち爪かスタイラスペン(タッチペン)で決定しなければなりません。
また、パソコンでカスタマイズしているせいかも知れませんが、自分が普段使っているショートカットキーや文節を伸ばしたり縮めたりするのが、ちょっと癖があって、せっかく入力した文字が消えてしまったりということが多く発生しました。
あとは、学習機能がちょっといまいちなところと、最新用語などがATOK2011だと出てくるのに出てこないなどが気になります。
この辺は、Xperiaなどタッチパネル系の端末だと脳内で違うマシンとして認識して、多少の変換のできなさなども許容範囲で許せるのですが、見た目がパソコンに似ているために、ストレスに感じました。
まあ、普通に使う分には問題ないのですが、専門用語が飛び交う会議などではちと使えないなと感じたレベルですので、気にならないかも。
LifeTouchNoteをフォローするというか、擁護すると(^^;pomeraよりは数段賢いので、安心して使えますw

【ネットワーク接続】
上の方でも書きましたが、ネットワーク接続に若干癖があります。私みたいにあちこちの無線を使っているからだけかも知れませんが、普段使っている場所で手動設定が対応できなかったのは痛かったです。
あー、マック(マクドナルド)や公衆無線系の場所ではちゃんとログインできましたのでご安心ください。

【アプリケーション対応】
一応、Googleからちゃんと認証を受けているので、Androidマーケットも搭載されているし、主なアプリは簡単にダウンロードができます。
また、GoogleIDで購入したアプリは、こちらのマシンでも認識して登録ができるようになっています。
とここまでは良いのですが、いくつかのアプリが出てこなかったり、インストールしても対応していなかったりなどがありました。
一つの例としては、ガラパゴス(読書リーダー)はダウンロードできましたが、いざ使おうとしたら、本アプリケーションは、この機械には対応しておりません。的なコメントが出て使えませんでした。
また、キングジムさんが提供しているショットノート対応アプリについては、検索しても出てきませんでした。
なんか、特殊な仕様かも知れません。

【ついっぷる】
ついっぷるは、iPadでもPCでもXperiaでも使っていて便利なのですが、このマシンのついっぷるは何故か使いにくいです。
添付されている写真が普通はアイコンで出てきたり、タップすれば投稿写真サイトに飛べるのが普通なのですが、LifeTouchNoteに標準搭載されているついっぷるでは、飛べるコメントと飛べないコメントがあって、不思議です。
また、ついっぷるの表示だけかもしれませんが、画面表示が美しくないです。
文字がカクカクしている感じがします。
この辺は、ワープロアプリ(テキストエディタなど)で入力しているとそれほど気にならないので、ついっぷるの仕様かもしれません。
標準搭載するのでしたら、やはりもっと綺麗に表示されるなどして貰った方が良いかもしれません。

【バッテリー】
所々で書いていますが(^^;
思ったよりもバッテリーが持ちません。この辺がどうなっているかはわかりませんが。
まあ、最低5時間以上持ってくれれば問題ないので、夜寝る前に充電しておいて、移動中に使ってというパターンでしたら特に問題ないと思います。
欲を言えば、別売りでバッテリーを買うか、ACアダプターがデカイので2個持ちして、自宅と会社で充電ができれば良いかなとか。
最低輝度にすれば9時間は持つということですが、最低輝度だと見にくいので結局中間クラスの輝度にしてしまいます(^^;

【常時使えるか?】
気軽に立ってTwitterやFacebookなどを閲覧して、コメントを書く。という前提で考えた場合、本機ではちょと使いにくいです。
iPad(含むiPhoneやXperia)だと気にせずに持ち歩いて、電源入れてとすればすぐにTL(タイムライン)が追えて、気になる意見にコメント書いてというのは、気軽にできますが、その場合、LifeTouchNoteだと、普通サイズのキー入力を前提としているため、歩きながら閲覧や入力はちと厳しいです。
HP200LXやシグマリオン3を使っていた時には、両手で持って、親指入力でコメント書いたりできましたが、これを休憩時間や昼休みなどで持ち歩きながら画面閲覧やコメントはちと厳しいです(^^;

ただし、会議録や原稿書きなど、落ち着いた場所での入力はこちらでは良い共居ます。

【総評?】
とまあ、色々感じたことを書きましたが、これだけのマシンが35000~40000円で買えるとしたら、おすすめです。

13679-862-234527

  

Life Touch NOTE その1外観編(NEC)#minpos

ある意味私的にはキーボードフェチだったりします(^^;
使ってきたマシンは、8801、9801、ワープロ多数、電子手帳がでてからは、HP200LX、モバイルギアからジョルナダ~シグマリオン3にPSION数台(^^;
PALMを使っていた時も、ターガスの蛇腹折りたたみKB使ったりwww
最近ではpomeraやIS03(auのAndroid)なんかも持ってたりします。
iPadを使う時とかも、長文を入力するときには外付けKBなんかもつかいます。
書き出したら切りが無いので端折ってありますwww

以前書いたNECのセミナーにおいても、しばらくはKBが唯一高速の入力デバイスとして続くであろうという話も出ました。

とゆう分けで、短い間みんぽす/WillVii×NECさんからお借りしているLife Touch NOTEについて、しばらく使って見ての感想を紹介します。
箱はデモ機ということもあって、今回は紹介しません(^^;

13679-862-234379

R0017458

こちらが内容物一式。
あっさりしていますが、本体にACアダプターです。
色々な所の書き込みにも出てきますし、上の写真を見ていただいてもわおわかりのとおり、アダプターはかなりデカイですwww

R0017459

私がお借りしたのは、赤(バーミリオンレッド)。マット(つや消し)調の塗装で、指紋は目立ちません。
ちょっと朱色がかっていて、とても綺麗な色です。
これ以外に、チョコレートブラウン、ピアノブラックがあります。
右側に見えるのがアウトカメラ、価格を抑えるために200万画素の低画素にしたとのことです。
元祖Xperiaでも800万画素搭載しているのですが、NECの開発者に言わせるとメモ的に撮影するので、このくらいで良いとのことでした。
確かに、私的にも撮影を意識するならデジカメを複数台持ち歩くので、この発想はありでしょう。

R0017460

本体裏側(ちょとぼけてますが)
写真上がヒンジ部にあたります。
上は一般的なノートパソコン同様にバッテリーが挿してあります。
バッテリーは5000円前後に設定してあり、良心的です。
カタログ値は輝度最低にしてWi-Fi接続して9時間を誇っているらしいですが、実際使用してもそんなに持つとは思えません。
が、少なくともVAIOtypePよりは持つと思います、ってゆうか持ちます(^^;

R0017461

左側
左より、キーホール(たぶんケンジントン式の鍵が使えるかと)、USBケーブル(一般的なもの)、イヤホンジャック
となっています。

R0017463

右側はSDカードスロットと電源コネクタです。

R0017464

正面右下には、スタイラスペンが搭載されています。
このLifeTouchNoteは、低価格化を推進するために、今流行の静電式タッチパネルではなく、昔一般的に使われていた感圧式(ザウルスやシグマリオン、CLIEなど)を採用しているそうです。

R0017465

正面右手には、各種インジケーターが付いています。
左から、Androidからのおしらせ?ヾ(^ )コレコレ、電源(待機)、充電、WAN接続、LAN接続、BT(Bluetooth)となっています。
普段は、電源、充電、LAN位しか使わないので、
一番左のアンドロイドは光ったことがありませんので(ぉぃ

R0017466

フタを開いたとこ。
基本的に、フタを開くと自動的に電源が入ります。
この辺は、WIndowsと違ってAndroidなので便利です。

R0017469

こちらが気になるキーボード。
ノートパソコンのようにしっかりとしたキーボードです。
画面左下にはマイクが搭載されていて、Skypeなどで通話もできます。
右上は電源ボタン。省電力機能がしっかりしているので、キー入力がないと自動的にブラックアウト(休止/スタンバイ)状態になります。(時間設定は可能)

キーボードは、キーピッチ16.8mm、キーストローク1.6mmということで、違和感やストレス無く打つことができます。
配列の関係で右側部分がちょっとオフセット(圧縮/変形)されていますが、これも特に気になるほどではありません。
手のひらサイズのAndroidマシンにある。ホームボタン、メニューボタン、戻るボタンなどは、画面右上にあり、操作はすぐに慣れます。

また、気になるのが特殊(機能)キーですが、メニュー設定でカスタマイズできるので安心です。
私的には、Fnキーが一番左端にあるのは許せないタイプ(^^;なので、Ctrlと入れ替えて使っています。
また、右側にシフトキーがないと困ると言う方も設定で替える事ができるので安心です。

さすがに親指シフトはキーボードが搭載されていませんが、地道に設定を変えれば(゚゚ )☆\ぽかあほ

ちなみに、スペースバーの下側にある黒い部分がポインティングデバイス(いわゆるマウスやトラックポイント)になりますが、これがまた便利で、画面スクロールなどはサラサラと、この部分をなでるだけで気持ち良くスクロールしてくれます。

長くなったので続きます(^^;

13679-862-234379

  

3Dシュミレーターで好きな部屋をイメージできる(インテリアコーディネートお悩み解決コンテスト)

面白そうなネットアプリがあったのでやってみた。

インテリアコーディネートお悩み解決コンテスト|@nifty不動産

操作は簡単。ただしIEかサファリが必要。
firefoxではうまく動きませんでした(^^;

R01

最初に開くと、プレーンな状況が出てきます。
別にお試し程度ならログインしなくてもかまいません。
ただし、色々な部屋を作りたいとか、作ったデータを保存しておきたい場合は、無料会員登録が必要になります。

R02

部屋の大きさや形状(洋室や和室など)を指定して、決定ボタンを押すと、勝手にレイアウトが表示されます。
デフォルトでは左側がはき出し窓、手前側が普通の窓になります。
そのまま作業を進めても良いのですが、できれば自分の好きな部屋や今住んでいる部屋に近い窓とかドアを置くと雰囲気が出ますので、変更します。

R03

画面右手の中程にある柱と梁と言うところから、右のドアと窓を選択。
不要な窓は、マウスで選択してDelキーを押せば「消しますか?」と確認されるのでenter
上の写真は下側の窓を選択している状況。選択すると黄色になります。

R04

ドアの位置を変えて、窓を小さいモノに変更しました。
壁の場所を選択するのに苦労しましたが(^^;右側の13m2と書いてある赤い△の矢印を押すことで、壁の位置は指定できます。

この状態で、3D画面を見たい場合は、下側にあるアイコンの正面から見るを押せば簡単に決定できます。

R05

こちらが3Dで見た状態。
壁は真っ白でドアの位置が変わりました。
画面右下にあるように、日中と夜間を選択することで、窓の景色が夜にも設定できます。
こうすれば、後で出てくるライティングの状況も確認することができます。

R06

壁と天井の色を替えてみました。

R07

ステップ2、カーテンの設置。
これは試しでわかりやすくするために派手なカーテンを選んでいますが(^^;
カーテンの種類はそれほど多くないので設定してもしなくても良いと思いますがwww
右側の選択肢でカーテンの形状も細かく選べます。

R08

その次としては、色々な家財道具を配置することができます。
わかりやすく派手目のチェアーを選びましたが(^^;
家具を選択してクリックすれば置くことができます。
画面下のアイコンで、水平移動上下移動や右回転左回転などで配置を微調整できます。
というのも、花瓶やテレビ、パソコンなどを置く際に、上下移動が必要になります。

R10

ちょいと部屋の広さが合っていませんが、自分の家のとある部屋を再現しようと努力して見ました(^^;
2D(平面図)だと雰囲気がわかりませんが、・・・

R11

3Dで色々な方向から見ることができるので、部屋の模様替えなどを考えるときにも、このようなフリーの簡単オンラインアプリでお試しするのも良いかもしれません。

この3Dを使ってかわいい部屋か、カッコイイ部屋などを作ることで、上位に選ばれれば賞金がもらえるコンテストもやっているようです。
私的には、このシミュレーションアプリが面白いので紹介しました(^^;

ちょっと家具や什器、カーテンなどの選択肢が少ないのがちょっと物足りないですが、けっこう面白く遊べます。

target="_blank">インテリアコーディネートお悩み解決コンテスト|@nifty不動

ブログネタ: 好きなインテリアコーディネート教えて!参加数

小さくても良質な再現の PS210 比較編(PHIATON)#minpos

他にもあるけど、とりあえずその辺に転がっていた形状が似ているイヤホンと比べてみました。

13424-862-234219

R0017311

左から、SONY ノイズキャンセリングWM専用(旧)MDR-NWNC20、PHILIPS SHE9800、PHIATON PS210

R0017312

上から。
傾斜が微妙に違うモノの、耳に入れる部分のデザインは似ています。
ハウジングは各社の設計により大きさは異なります。

R0017313

外から見られる部分のデザイン。
SONY、PHILIPSはロゴやアイコンがあります。


R0017319

ジョイント部分。SONYのは樹脂ですが、それ以外はアルミというのが高いステータスか?(^^;

R0017320

SONYは片側を首の後から回して使うタイプで、他の2つは、左右同じ長さです。

【感想】
恒例の5段階評価

【低音】★★★★☆
【中音】★★★★★
【高音】★★★★★
この手の小さなヘッドホンって、ドンシャリというより、シャリの方が目立ちますが、このPS210はドンシャリ系でかなり良い音がします。
特に、クラシックやカントリーというかアコースティックサウンドで本領発揮されるヘッドホンです。
また、ジャズなどの音源も似合っています。
透明感と空気感、広がり感が感じられてさすが高級品。

【タッチノイズ】★★★★★
この手のカナル型イヤホンにありがちな、タッチノイズはありません。
コードの素材が軟らかいためかも知れません。

【デザイン】★★☆☆☆
うーん、あの後側のジェット機のエアーインテーク模様がちょっと(^^;

【総評】★★★★☆
全体的にバランスも良く、長時間使用しても疲れません。
気持ち重低音が足りない気がしますが、デザインの好みが合えば、買って良いと思います。
★一つ落としたのは、・・・好みヾ(^ )コレコレ

13424-862-234219

 

スージーズー クールスカーフ(KIRIN)

スーパーに行ったら、500mlペットボトル4本買うとスージーズー(Suzy'z Zoo)のタオルかクールスカーフがもらえるとのことだったので、4本買ってしまいました(^^;あー2L?1.5L?だと2本ね。

R0017702

クールスカーフです。

R0017703

この生地の中に保水力のある成分が入っていて、水に浸すと膨張し、徐々に水分を蒸散させていくものです。

R0017704

意外と長いので(^^;全部映りません。

R0017705

拡大図。
これはさすがにおぢさんには使えないので、神さん用です。

小さくても良質な再現の PS210 (PHIATON) #minpos

みんぽす/WillViiさんより、新しく出たPHIATON(フィアトン)のカナル型イヤホンをお借りしましたので、試して見ました。

13424-862-234078

R0017290

PS210です。

R0017294

こちらが内容物一式。

R0017295

おしゃれなケースに入っています。

R0017296

ケース内には、交換用のイヤーチップがありますが、これで良いのは、耳穴が小さい人向けのXSまで付いているということ。

R0017299

ケーブルは少々柔らかめです。
LRの分岐の部分はアルミになっているので、見た目も高級そうです。
って、実際お高いのですが(^^;

R0017300

こちらがイヤホンのハウジングユニット部。
ちょっと、ジェット機のエアーインテークのような、議員バッジのようなデザインをしています。
この辺は好みが分かれるところ。
私的にはちょっと・・・(^^;

R0017301

横から。
アルミ削り出しの良い感じのデザインです。

R0017302

正面?から。
この手のデザインはみんなどこも似てしまうのでしょうか?

R0017304

イヤーチップを外してみました。
音が出る部分はちょっと大きめのような気がします。

R0017303

上から。

次回は、比較と音の評価をしてみたいと思います。

13424-862-234078

 

ヘッドホンに比べると安いですけど(^^;

 

3D映像を見るから撮るへ GS-TD1モノフェローズセミナーその2本体技術編 (Victor JVC)#minpos

VICTOR JVCの技術の結晶 GS-TD1の続き、メカ編です。

Dsc03283

デジタル化は1990年より。2002年にはHD化と次々に進化を遂げています。
マシンの紹介は鳴井さん、前日の経緯は神賀さんです。

13542-862-233854

Dsc03298

現在ファルコンブリッドを搭載したカメラは、今回紹介している3D対応のGS-TD1他ですが、もう一つのマシンに超高速連写、高速撮影できるGC-PX1があります。
GC-PX1は今回、実機は紹介されませんでしたがカタログ値でもスゲーマシン。
デザインはNEX5にロングサイズのレンズを搭載したデザインですが、なんと、300コマ/秒(640×360)も撮れるという超高速度撮影が可能なビデオです。
もちろん、ファルコンブリッドが搭載されているので、高画質5.7MB(3200×1800)で撮影しても60コマ/秒撮れる、こちらのモードでも決定的瞬間を切り取る事が可能。
こっち欲しいかも(゚゚ )☆\ぽか

Dsc03309

話を元に戻すと(^^;
カメラレンズでは羨ましいF1.2の驚異の明るさのレンズと、総画素数332万画素×3の高感度B.S.IのCMOSセンサーを搭載していて、夜景などでもめっちゃ綺麗に映るというもの。
画素数が332万画素っていうと、デジカメが1400とか1600万画素と言っている時代に、低いのではと思われますが、デジタルビデオの世界は200万画素相当が多いのでかなり高品位なビデオとなります。
そもそも、テレビの画面がフルHDで1920×1080なので、仮に、DVDをパソコンで再生すると、画面の1/4や2/3で表示されたりしますが、普及クラスのパソコンの解像度の2/3程度の画素で大型テレビって映っているのが一般的なんですねぇ~。

Dsc03310

両チャンネルというか、両側のCCDをうまく合成して3D(立体ビデオ)の撮影ができる訳です。
当然、ファルコンブリッドは、3Dで録画している途中でもズームができますし、マシンが自動的に前後の距離を計測して立体補正をしてくれるので、出始めの頃の3D映画と比べても格段に見やすい3D映像が楽しめるようになりました。

Dsc03312

昨日も書きましたが、VICTORは昔からバイノーラル録音(人間の耳に限りなく近いマイク)の世界ではかなり知られたメーカーですので、この技術を発展させて、BIPHONICテクノロジーが搭載されています。
しかもPCM録音で、マイクの形状も人間の耳に近いセッティングがされているので、立体音響が録音できる訳です。

ヘッドホンをして聞いてみると、もう鳥肌もの(^^;
すげーリアルです。
これも、ワイドに広がっているレンズの両側(マイク端85mm)で録音することで、3D音声が撮れるわけです。

映画館もドルビーサラウンドにTHXシアターが増えていますが、映像が立体化されるだけでは空間的な広がりが感じられませんが、これに立体音響が入ると、まるでその世界に居るように感じられるので、音声も非常に重要なファクターとなります。

ヘリコプターやジェット機が頭上を通り抜けて行くとかが、画像だけで無く音声も加わる事で体感できるようになります。

Dsc03315

あいにく家には3D対応した映像を見る機械がないのですが(^^;
このGS-TD1のモニターで3Dメガネなしても、立体映像を見ることができるので良いです(^^;
現時点で、ブログでは3D対応していないのでちと紹介が難しいですが。
こればかりは、店頭で体験するか、レンタルなどにあったら使って見ることをおすすめします。

R0017605

こちらが2代目の3D録画用のユニット。
ちょっと眠そうですが(^^;
ちなみに、最初のマシンは、基盤にCCD(CMOS)がくっついたものでしたが、これは撮影不可(たぶん、見る人が見れば基盤構成などがわかってしまうためと思われます。

R0017607

こちらが3代目?の検討モデル。
ちょっとお目々がずれてますが、かなり製品に近いデザインになってきています。

参考までに、人間の標準的な目の幅は65mmだそうで、当初それを元に検討したそうですが、どうも焦点が合わないというか立体補正が難しく、現在の35mm幅に落ち着いたそうです。

それにしても、合焦というか、録画時点の立体画像のサーチはけっこう早いです。

Dsc03335

試撮影時の写真(こちらはNEX5で撮影)
モデルさんは、踊ってみたで有名な、ぐり子さん(左)と馬琴(まこと)さん

Dsc03370

あとミンカ・リーさん
が、それぞれ3人、2人、1人で踊るシーンを3Dで撮影。
あとで、みんなで鑑賞。
意図的に風船を置いてあって、これがまた妙に立体映像しているのに皆驚きの声を上げていました。

Dsc03455

確認タイム(^^;
右端の方が、本田先生。
ちなみに、3Dメガネがないと、ダブって見える画像が映っているだけで何がなにかわかりませんw

13542-862-233854

静電式タッチペンを搭載したマルチペンスマートアルファ(Smart@lpha)

昔、タッチパネルが流行った時には、各社からスタイラスペンやそれに類するリフィルが登場しましたが、最近の主流は静電式。
つまり、人の指には反応するけど、昔ながらの樹脂系タッチペンには反応しないって奴。
なので、特殊素材を織り込んだ手袋などが昨年暮れには流行りましたね。
飼っちゃったけどwww

なにげに見かけたのがこちら

R0016292

まず、パッケージングからして目立ちます。
某iPhone風の説明画面(^^;

R0016296

こちらが説明部分

R0016300

本体(^^;
メタルボディで安っぽさはないです。

R0016301

別アングルから。

R0016302

尻軸方面から

R0016304

尻軸部分から、静電式に反応する繊維が織り込まれたものが出てきます。

R0016307

しっかり、入力に反応します。

R0016310

入力中に、返事来ちゃったけど(^^;
@Eggm_mちゃん、ブログデビューヾ(^ )コレコレ

このペンだと、iPhoneやXperiaなどの小さいスマホの入力もしやすいです。
まあ、普段面倒なので指でやっちゃってますが(゚゚ )☆\ぽかあほ

佐々木希の意外な一面(WILLCOM)

昔お世話になった、ウィルコムですが、最近面白いCMやってますねぇ〜。
以前は桃井かおりでしたが、今回は千原兄弟と佐々木希の会話が意外と面白いです。

最近人気のある佐々木希さんが、秋田出身というのは初めて知りましたが(^^)/

秋田弁が可愛いです。
綺麗な人は何やっても良いって感じか?(ぉぃ

ウィルコムの新しいTVCMシリーズ「イチオシ★ウィルコム」!

誰とでも定額っていうのがちょっと魅力。
スマホあるのかな?(ぉぃ

これは、ロカリサーチのタイアップ紹介です。

3D映像を見るから撮るへ GS-TD1モノフェローズセミナーその1 (Victor JVC)#minpos

アナログ放送が終了する7月24日、ちょうど同時刻にそれは始まった。

R0017586

新木場の海沿いにあるスタジオ、グランボア Ast

13542-862-233674

そもそも、ビデオカメラ(カムコーダー)の使い方は、基本的に子どもの成長や旅の思い出を記録するという目的で使ってきました。(当社比w)
子どもが大きくなったので、ビデオカメラとは縁遠くなってしまい、録画するとしたらデジタルカメラに付いている録画機能でちょこっと撮るだけというのが、近年のスタイルです。

最近では、素人さんが撮影した映像を動画投稿サイトやSNSなどにアップしたり、パソコンやスマートフォンに搭載されたカメラでUstream放送(リアルタイム中継)するのが流行っています。

Dsc_0506

一方では、アナログ放送の停止、テレビのフルHD化(1920×1080)の浸透、最近出ているテレビの多くが3D対応化されています。
(ただし、3Dメガネは別売りなので、気がつかないあるいは使わない人も多いかも)
この秋には、4000×2000の今の4倍の高画質のテレビも出ると言われています。

Dsc_0514

ビクターが開発した新しいエンジン、ファルコンブリッド FALCONBRID (TM)を搭載した新世代のビデオ。

R0017613

これがその心臓部のFALCONBRID。このエンジンは許容量が凄く大きく、今回紹介する本格3DビデオのGS-TD1でもまだ余裕があるんだそうです。

技術の応用として

Dsc_0517

3Dの映像とVICTORが昔から取り組んでいる、立体音響(昔はバイノーラルって言ってたな)。今は、バイフォニック(3Dサウンド)が搭載されています。
昔、カセットデンスケ(SONY)を使って生録していた時に欲しかったのがバイノーラル録音マイク(^^;

高精細な映像として、4000×2000画素の対応。
また、高速・長時間連写も可能な秒間120コマ以上の高速度撮影も可能になるそうです。

Dsc_0520

それが、FALCONBRIDエンジン。文字どおり、FALCONは猛禽類の王者ハヤブサをイメージして、BRIDはハイブリッドの下をとった合成語。
でも、なんかカッコイイ(^^;
ベタでないのが良いですね。ちゃんとトレードマーク取ってるし。
それがファルコンブリッド。
信号処理を従来の倍以上とし、次世代3D映像、4K2K映像、高速静止画撮影にも対応しているエンジンだそうです。

Dsc_0522

現行のビデオ等が30ps(1秒間に30コマ)が、フルハイビジョン対応で60ps(1920×1080の2チャンネル分)と、従来の4倍の処理ができ、かつ現在の1920×1080の4倍の4K2K画素数を持ったという驚異のマシンです。
更に、ハイビジョン画質で120 Fpsの高速動画も撮影が可能。

Dsc_0523

高速撮影の場合は、画質が落ちますが、従来の撮影方式では、水風船が破裂した瞬間が撮れないのに対し、このファルコンブリッドでは、倍のコマ数で、今までのビデオでは撮れなかった瞬間を撮ることができるエンジンを積んでいるとのことです。

Dsc_0524

2D撮影に限定されますが、動画を記録しながら連写ができるという事も可能。
フルHD録画注に60枚/秒の高速連写が可能。
3DのMPEG-4MVC規格では撮影不可。

Dsc_0533

左側がAVCHD規格(大半がこの規格)で使っている3D録画のサイドバイサイド方式。
これだと、フルHDの半分の規格1080×960で撮っているのに対して、ファルコンブリッドの場合、AVCHD規格に加え、MPEG-4MVC規格の1920×1080の2倍で記録ができます。

Dsc03282

おまけに、今回搭載されているレンズがF値1.2の超高解像レンズ。
カメラ好きの人ならわかりますが、これだけ明るいと暗い場所でも非常に綺麗に写るわけですねぇ~(^^;
更に、B.S.ICMOSセンサーを搭載。従来では苦手だった夜景もはっきりくっきり映るようになっています。

Dsc03294

この技術が先行して民生用(あー普通の人向け)に使われているというのがすごいです。
今後、次世代ビデオの3D化や4K2K対応。プロ用、セキュリティ用、テレビ会議などにも応用していくというのが面白い。
いまは、3Dメガネをかけて見るという状況ですが、そのうちスターウォーズみたいに全方向立体映像が出るのも生きているうちに見られるかもです。

13542-862-233674

 

超リアル高画質の本格3Dビデオがこの値段で買えるというのは、すごい時代になったモノです。
私的にSONYの8mmビデオを買ったのが最初ですが、昔はこんな安くなかったっすからねぇ~(゚゚ )トオイメ


ちょいとお高い革のノートカバー (ブレイリオ:Brelio)

ちょうど、1年前だ(^^;
静岡にあった丸善さんが撤退するときに保護したモノです。ヾ(^ )コレコレ
色々と書くことがあって放置されておりました(゚゚ )☆\ぽか

Cimg6478

箱です(゚゚ )☆\ぽか

Cimg6479

型番とお値段(@@;
が、7割引で、3465円(^ー^;

Cimg6480

フタをあけると、おー不織布で包まれています。

Cimg6481

ちゃんと解説が付いています。

Cimg6482

こちらが本体。

Cimg6483

開けたとこ。
左側にポケット、右側にレポートカバーがあります。

Cimg6484

型押しされた刻印

Cimg6485

サイズはB5なので、ノートは普及クラス、コピーなどはA4が普通なのですが、ノートなどはA4だとちと大きいのでこのくらいがちょうど良いでしょう。

ノートは横のスロットに差し込めます。左右どちらからでも可。
右側はニーモシネA5を挿しています。

Cimg6487

こちらが右側のスロットから差し込んだもの。

Cimg6488

こっちの方が書きやすいです。

ブレイリオの本家頁は、こちら
どれ見てもお高いですね(^^;
ちなみに、検索してみたのですが、この商品はヒットしなかったので既に廃番かも知れません。(^^;
でもまあ、安く買えたので良しとします。ヾ(^ )コレコレ

さようならアナログ

昨日正午に地上アナログ波の放送が東北を除き、一斉に停止されました。
ちょうどその時間帯は、新たな時代を象徴する?あるイベントに参加していたので、アナログの停止のイベントは見られませんでした。(その記事は別途紹介します)

家に帰って試しにアナログを付けてみたら。

R0017621

このようなアナウンスが出ていました。
こちらはNHK

R0017622

こちらはテレビ朝日系列。

R0017623

こちらは、日テレ系

残念ながら(^^;
フジテレビ系とTBS系は砂嵐でしたwww

テレビは、私が生まれて物心ついた時には既に我が家にはありました。
ちょうど三丁目の夕日の時代ですね。
ただ、その頃はどこの家庭にもテレビがあるという時代では無く、最近の若い方はわからないと思いますが、近所の人がけっこううちにテレビを見に来まして(^^;
あの三丁目の夕日(映画)のシーンのような雰囲気がありまして。
まあ、常時入り浸っているわけではなく、プロレスと野球中継の時にはなんか宴会状態だった記憶があります。

あと、電話もどこの家にもなく、近所の人に電話がかかってくると私がその家まで走っていって、電話だよぉ~とか言って取り次いでいました。
そのためか?砂時計や電話貯金箱みたいなのも電話が普及するまであったような。

って、昭和の話をしても仕方ない(^^;
なにか、一つの時代が終わったような気がします。
まあ、それだけ年を取った証拠ですが。

とゆう分けで、私たちの世代は意外とテレビっ子だったのかも知れませんwww

ウルトラ警備隊手帳セットで、キミもウルトラ警備隊(゚゚ )☆\ぽか(セイカ)

セイカさんでは何年か前に、ウルトラマンやウルトラセブン、仮面ライダーなどをモチーフにした筆記具「ヒーローの書き心地」というシリーズを出していたのですが、こんなのもあったのですね。

R0016612

ウルトラ警備隊隊員必須アイテム(゚゚ )☆\ぽか

R0016614

カバーを開けるとウルトラセブンが怪獣と戦ってます。
この怪獣しらねえ~(^^;

R0016615

蓋を開けると、上には説明が。
下にはウルトラ警備隊隊員御用達ヾ(^ )コレコレ

R0016618

左から、革製手帳カバー、ボールペン、メモ帳となってます。

R0016619

こちらが、ボールペン。ウルトラホーク1号を模したデザインとなっています。

R0016620

ぢつは、クロスタイプのリフィルを使ってます。
おー、ちょっと意外(^^;

R0016672

かなり重量があって、39.5gもあります。
普及クラスの万年筆の2倍の重さ。
この太さと重さのバランスが絶妙で非常に書きやすいです。
塗装が派手ですが、気持ち良く書けます。

R0016621

こちらが、革製手帳カバー

R0016622

開けたとこ。
左側にはカードポケットが4つ、ペンホルダーに内側にもポケットがあります。右側は、専用のメモ帳ホルダー。

R0016624

こんな感じで収納されます。
手帳というかメモ帳はもったいないので(゚゚ )☆\ぽか
市販の入る手帳をみつくろってみようかと(^^;

あー、この手帳セット、元値は9450円もしたらしいです(^^;
オークションで2500円くらいで出ていたので、なにげに入れておいたら、朝起きてびっくりwww
落ちちゃってました\(^o^)/

できれば、手帳部分の作りがもう少し凝ってて、隊員証とか隊員心得、怪獣?宇宙人を見つけたらの対応、日本や世界の支部一覧電話帳、ウルトラホークの操縦方法、怪獣リストなど便利帳があったら尚良かったのに(゚゚ )☆\ぽかあほ

ペン先スリムでぬらぬら書けるボールペン NVP207HVC(OHTO)

オート(OHTO)のボールペンは、日本でも先駆けてニードルポイント(細字)のリフィルを出してくれていますが、今度は書き味が進化しました。

R0016398

樹脂系のボールペンがひしめく中、アルミボディのクールなデザインです。

R0016396

HVCというシリーズらしいですが、作りはシンプルながらなかなか良いデザインだと思います。

R0016399

こちらがオート得意のニードルポイント

R0016400

ペン先が細いボールペン(除くジェル、水性等)って、書き出しが重かったり、引っかかりを感じるものが多いのですが、こちらのボールペンは、細字でいきなりぬらぬらさらさら書けて、気持ち良いです(^^;
低粘度のi-fitインクを使っているとか。

色は、けっこうラインナップされています。OHTOのサイトは、こちら


ごろ寝マウスリターンズw 無線版 その2比較編 そして・・・(シグマA.P.Oシステム)

今まで使っていたレーザーマウスと比べてみました(^^;

R0016999

大きさ的にも、形状もかなり似ています。

R0017002

高さも似ているので、変更しての違和感はトラックボール部分くらいでしょうか(^^;

で、ここで発覚( ̄▽ ̄;

ごろ寝マウスが届いてから、レーザーマウスを分解してみたら、接点部分が汚れていたために効かなくなっていたようで(^^;
エアーを吹き付けたら動くようになりましたぁ~\(^o^)☆\ぽか

とゆう訳で、ごろ寝マウスは、お出かけ用とプレゼン用になってしまいました(^^;

プレゼン用には最適です。
2.4GHz帯の電波をつかっているために、送受信範囲が10mほどまでは届くとのことなので、プレゼンの時にパソコンのそばにいなくても良い訳です。
そうなると、スティーブ・ジョブズ氏のように、ジーンズとタートルネックで画面の近くに行き、おもむろにプレゼンできる訳ですwww(゚゚ )☆\ぽか
離れていても、使えるということは、ボタンさえ間違えなければ、身振り手振りのプレゼンも可能( ̄▽ ̄)/
やっちゃおうかな、ジョブズプレゼン(゚゚ )☆\ぽか

おおっと、その前にマウスの操作に慣れないとだわ(^^A;
ボタン見ながらだと、ジョブズ半減(゚゚ )☆\ぽか
あー、髪型はジョブズに似てるかも(^^;

  

上が無線タイプ。
色によって値段が違うのが(^^;

 

こちらが有線タイプ。
お値段がずいぶん違います(^^;

ごろ寝マウスのシグマA.P.Oシステムさんは残念ながら、倒産してしまいました。良い品を提供してくれたメーカーなので、残念です。

NECが目指すモノ 伝統に根付く商品展開 Life Touch NOTE その2(NEC)モノフェローズセミナー #minpos

ここからが本題(゚゚ )☆\ぽか

Dsc03195

なんと、LifeTouch NOTEはiPadが出る前の2009年から企画されていたのだそうです。
パソコンやネットブックに変わるキーデバイスマシンの開発。

13679-862-233002

Dsc03198

その発想の元は、スマホになって情報の閲覧はかなり楽になりました。
しかし、SNSのやりとりの中心は文字。
日本でTwitterやFacebookが急速に普及したのも、140文字(Twitter)の制限はあるものの、英語より日本語の方が沢山の情報を一度に発信できる訳です。
私的にはどのマシンでも(含むスマホ)情報の発信は気になりませんが、やはり大量の文字を入力し送るのは、まだキーボードにはかないません。
また、数年前は情報を受けても、会社に帰ってからあるいは家に帰ってから返事をすれば良いという時代でしたが、SNSの普及に伴い、その場で反応しないと取り残されるという現象がここ数年には起こっています(^^;

Dsc03200

そこで、NECさんが考えたのが、アクティブコミュニケーターの支援。

Dsc03202

そこで提案するための条件が、
外出中でも効率的に入力ができる。
気軽に持ち運べる重さ、
多用なアプリが使用できる。
カスタマイズできるここすごく大事www
あと、上には書いてないけど、ロングライフ(長時間使える)
それに、コストバランス。

Dsc03203

私的にも時々長時間入力するには、iPadにBTキーボード繋げて打ちますが(^^;
最初からハードのキーボードが内蔵されていればこの垣根はクリアできます(^^;
どこかで見た感じしません?
そうです。

Dsc03235

往年のモバイルギアです。

Dsc03210

小さすぎず、大きすぎず。
また、開発において高価になるのはだめということで頑張って、LifeTouch NOTEは誕生しました。

Dsc03236

こちらが、企画当初のモック。
なんと、DIYショップから発泡スチロールのパーツを買ってきて、市販のKBをくっつけて作っちゃいました。
すげー。
このカラーバリエーションもありでしょうwww
白モデル欲しい~(゚゚ )☆\ぽか

Dsc03238

こちらがデザイナーさんが作ったモック。
面取りされていて製品化に近づいています。

Dsc03240

ヒンジのデザインの違い。
最終的には、2番目のデザインとなりました。

Dsc03243

初期モックと現行製品。
一回り小さくなっています。

Dsc03242

往年のマシンと現行マシンと記念撮影。
シグマリオン3は私提供w。右のガラケープロモバイル(名前忘れた(゚゚ )☆\ぽか)は、とくみつさん提供。

Dsc03246

色もいろいろw研究したらしいです。
同じ赤でも、左2枚の研究を重ね、右の現行モデル、朱色っぽい赤(マット:つや消し調)にしました。

Dsc03247

こちらは、ブラウン系。
右二つが検討前カラー。こっちの右上のカッパー(銅)も良い色ですがw

私的にはやはり白が欲し(゚゚ )☆\ぽか

OSはアンドロイド(Android)2.2

Dsc03254

なぜAndroidを採用したかというと、開いて即入力ができる。
また、メモしてすぐにメールやSNSに転送できると言うメリットもあって採用したそうです。

この中でも売りがライフノート。
あ、Lifeの紙は使ってません(゚゚ )☆\ぽか

これはまた別に書きますが、従来からあったワープロやテキストなどの頁の概念を大きく進化させた優れもの。
このアプリだけでも売って欲しい(゚゚ )☆\ぽか
あー、パソコンにも採用するとすごいかも。

Dsc03256

いちいち保存しなくても、見出しと本文に必要に応じ写真なども添付できる優れアプリ。

これだけ色々なものが付いて、5万円以下。実勢3~4万円。
でご提供。(ってどっかのたかたみたいだ(^^;)

Dsc03262

ちゃんと、Googleの認証も取っていますので、マーケットも使えます。
低価格化にするために、余分な機能は削っています。

まず、タッチパネルが今主流の静電式ではなく、タッチ式。そのためにスタイラスペンが付いています。
解像度も800×600とこの7インチパネルを使っている割には低解像度です。
(おじさんには見やすいけど(^^;)
カメラはアウトカメラのみで、200万画素。これもデジタルメモと割り切っています。
通話機能もインカメラもなし。
ただし、マイクは付いているのでSkypeなどには使えるようです。
しばりを無くすために、主力製品はWi-Fiのみ。これもデジタルガジェット好きにはたまらないチョイス。

残念ながら、OSの大規模アップデートには非対応だそうです。
ケータイから進化したスマホとは違うので、おサイフケータイやらワンセグなどは付いていません。
そもそも、こんなでかいマシンを駅でタッチとかしたらwww

Dsc03270

しかも、無線常時オンで低輝度にしてネット接続したままで、なんと9時間も持つそうです。
注:高輝度にすると6時間ほどか?
夜のうちに充電しておけば、あまりバッテリーの残量を気にせずに運用できる訳です。
モバギやシグマリオンなどは、ネット接続すると4時間ほどしか持たないことを考えたらすごい進化です。

往年のモバイルギア復活というわけで、なかなか魅力的なマシンです。

NECは1977より、C&C(コンピューター&コミュニケーション)を提唱していますが、この考えは今でも連綿と受け継がれています。
これからもユーザーが喜ぶような品づくりをしてもらいたいです。

13679-862-233002

  

ピアノブラックが一番高い設定か。売れ筋のようですね。
次にレッド、ブラウンの順かな?
同じアマゾン内でも店によって値段が違うし、送料もかかる店がありますので、勢いでポチらないで検討してください。
でも、いいわこれ(^^;


ごろ寝マウスリターンズw 無線版 その1(シグマA.P.Oシステム)

今まで使っていた初期型のレーザーマウスGlanz LS(Sanwa supply)の右クリックが反応しなくなったので、新しいマウスを考えていたところ、ふと思い当たったのが・・・
以前、みんぽす/WillViiさんからお借りした、有線版ごろ寝マウスが殊の外快適だった(^^;
とゆう分けで、打者交代。

R0016983

あれ、前回お借りした時には青いパッケージだったのですが、今回は赤。
もしかして、有線無線の違いか?

R0016987

こちらが内容物一式。
うーん、コードがないとすっきりしてますねぇ(^^;

R0016988

こちらがパソコン側に挿す受信機?
ちょっと作りがチープですが、見せるモノではないので、動けば良いってところか?

R0016989

こちらが裏側。

R0016990

ブラックメタリック使用、鏡面仕上げ?www

R0016991

横から。
画面左上に、電源のオンオフボタンと、コネクトボタンがあります。
コネクトボタンはそれほど頻繁に押すモノではありませんが(^^;
コネクトボタンの左側にあるのは、バッテリーが少なくなった時に点滅するライトらしいですヾ(^ )コレコレ

R0016992

こちらがグリップエンド。
2つ穴がある部分がストラップ用。もう一つ(画面)下にあるのがリリースボタン(電池交換用ストッパーです)

R0016994

フタ開けたとこ。
電池は単4サイズ2本です。

R0016998

こちらがフタ側。
無線受信機が収まるようになっています。
これは安心です(^^;

設定等使い方は、上のリンクを参照ください(^^;

  

上が無線タイプ。
色によって値段が違うのが(^^;

 

こちらが有線タイプ。
お値段がずいぶん違います(^^;

ごろ寝マウスのシグマA.P.Oシステムさんは残念ながら、倒産してしまいました。良い品を提供してくれたメーカーなので、残念です。


NECが目指すモノ 伝統に根付く商品展開 Life Touch NOTE その1(NEC)モノフェローズセミナー #minpos

大型台風が接近する19日、セミナーのために東京に行ってきました。(ぉぃ

13679-862-232779

Dsc03176

この春に発売された、Life Touch NOTEです。

始めに、WillViiの塚崎社長の講演。
時代は今、ソーシャルメディア。

Dsc03180

ここ数年SNS(ソーシャルネットワーク)の動きが急加速しています。
確かに、昔は草の根BBSとかメールとかごく少数の限られた人か一対一の通信手段でした。
また、かつてはテレビや新聞がメディアの担い手だったのが、最近ではインターネットなども普及して、私的にもはっきり言ってテレビはニュース以外ほとんど見ません(^^;
神さんと子どもくらいか。
佐々木俊尚氏によるとビオトープ(情報を求める人が存在している場所)は拡散していっているとのこと。
私的には仕事柄ビオトープは、自然環境の復元作業のイメージが強いのですが(^^;

今の時代、TwitterやFacebook、mixiなどソーシャルメディアが拡散し、またそれを介して仲間が増えていくという現象が不思議でも有り、楽しくもあったりします。

この辺は、今まではインターネットから情報を仕入れてきただけなのに対し、SMSはお互いが持つ情報を共有し、発信するというメディアに変わってきたからだと思います。

面白いのは、Twitterなどで情報を共有すると、フォローしている人だけでなく多くの人とのコミュニケーションが生まれたり、相互フォローしたりというかつてはなかった広がりを体感していること。
確かに、同じような趣味の話をしていると、まったく知らない人がいつの間にか仲間になっていたり、現実世界でお会いしたりというかつてないコミュニケーションの広がりを感じます。

昔、ニフティサーブ時代にはフォーラムに参加している人だけという限定されていたコミュニケーションの世界が、一挙にワールドワイドに拡散した感じ(と言っても、最近の人はわからないか(^^;)
昔は、オフ会とか言うと、怪しい人達の集団と端から見てもその筋の方達の集まりだなぁ~的な感じがしましたが、今の時代、Twitterでつぶやくだけで、色々な人が集まってくるのがまた新鮮です。
特定の濃い集団でなく、普通の方、これも老若男女が普通に集まって会話できるようになるのが面白い時代でもあります。

Dsc03186

今はiPhoneはじめスマートフォンやパソコンなど色々なジャンルの情報端末が広がりを見せていますが、これらの元となったのがモバイルギアです。
1990年代のMS-DOSの時代からNECさんは、移動しながらメールの送受信ができる。スケジュールが確認できるという、電脳小物好きにはたまらないマシンを提供し続けて暮れました(^^;

Dsc03188

今回は新たにNECが提供するマシンについて体験してきたので、紹介します。
(;゜〇゜)前振りだけで終わってしまった(゚゚ )☆\ぽか

昔のマシンの話をすると長くなるのよねぇ~(゚゚ )☆\ぽかあほ年寄りかw

13679-862-232779


クルトゥール軍団(^^;

昨日紹介したクルトゥールクリアですが。

R0014934

こちらが軍団(゚゚ )☆\ぽか

R0014935

キャップさんたち。

R0014936

キャップを抜いたとこ。

R0014937

別アングルから。
見た目はカラフルで、綺麗なんですけどねぇ~。

クルトゥールライトソフトは表面につや消しコーティングしているので経年変化で、べたつく事があります(^^;

ペンハウスさんで購入できます。
クリアクリアブルークリアレッド

クルトゥールクリアにウォーターマンレッドを入れる

ウォーターマンなら、ウォーターマンのインクでしょう(^^;
とゆう訳で、

R0014942

ウォーターマンのレッド(赤)です。
箱絵のとおり、朱色っぽい赤です。

R0014947

こんな感じ。

R0014951

拡大してみました。

と、ここまでは良いのですが(^^;

R0014953

ウォーターマンのクルトゥールは、ライトも含め、勘合式(そのままはめるタイプね)
普通万年筆には、ペン先が乾燥しないように、インナーキャップが付いています。

R0014952

ところが、このクルトゥールシリーズには、インナーキャップがありません。
なので、毎日使っていても、ペン先が乾燥してしまいます。
当たりがでれば良いかもしれませんが(^^;
少なくとも手持ちのクルトゥールライトソフト類も含め、全滅です。

とゆう訳で、見た目がかわいくても、たまにしか万年筆で書かない人にはあまりお勧めの万年筆ではありません。
他社のデモンストレーター(スケルトン)は、基本的にインナーキャップが付いているので、そういうことは発生しませんが、毎日頻繁に書く人には良いかもしれません。

あと、このクルトゥールシリーズは、廉価版のためペンはスチール(ステンレス)になっています。いわゆる鉄ペンですね。
そのため、長期間インクを入れたまま放置すると、ペンが腐食する場合がありますので、ご注意下さい。

クルトゥール クリア(ウォーターマン)

ウォーターマンの廉価版万年筆、クルトゥールライトソフトは、5~6年程前に流行ましたが既に廃番。
輸入盤ですが、なにげに見つけたので保護してみました。

R0014914

クルトゥールライトソフトは、かわいい樹脂製のケースに入っていましたが、こちらは普通のウォーターマン用の化粧箱です。

R0014917

じゃーん(^^;
本栖でなくてぇ~(゚゚ )☆\ぽか

R0014922

クリアタイプのクルトゥールです。

R0014924

別アングルから。

R0014927

今まで持っていたのがFばかりなので、とゆうか日本ではFしかなかったかと。
とゆう訳で、Mにしてみました。

R0014928

別アングルから。

ペンハウスさんで購入できます。
クリアクリアブルークリアレッド

えーっと、急いでポチらない方がよいです(^^;
感想は・・・続く


革のカスタマイズストラップ (HOLON)

なにげに、雑貨店のワゴンから発掘www

R0015168

ダックスと骨っこ(^^;
どうも調べてみると、HOLONというお店は、革小物を扱っている店らしいっす。

R0015169

拡大した図(^^;

R0015170

こんな感じで、カスタマイズ用のリング類も付いています。

何で買ったかとゆーと。
トラベラーズノートの栞部分に使おうかなと(^^;

R0015171

ちなみに、こちら、元値は609円なんすけど、投げ売りで150円也\(^o^)/

お部屋でリスニングタイムLBT-AVOH02A その5 (Logitec)モノフェローズセミナー #minpos

もう一つ体験したのが、ヘッドホンタイプのLBT-AVOH02A

Dsc03170

以前あったものにapt-X機能を加えて音質アップを図っています。

14548-862-231720

Dsc03169

色は、黒、白、赤です。

R0017143

こんな感じで折りたたみもできるので収納もばっちり。

R0017142

リスニングスタイル。

R0017144

R0017144_2

独立ボタンではなく、デジカメなどに使われているようなシーソー式のボタンになっています。

コーンが大きい分音が良いです。
めっちゃクリアな音がします。

但し、オープンタイプのものなので、音量を上げるとだだ漏れしますので、屋外特に電車やバスの中で聞くと周りに迷惑しますのでご注意ください。
スーツ着たおっさんとかねえさんがアニソン聞いてたらめっちょ恥ずかしいです(^^;

14548-862-231720

ヘッドセット用のものは
紹介している商品は8月末発売です(^^;でもいいよぉ~これwww

 

   

  

#3776vsProfit30Th ブライヤー対決w

とゆうわけで、手持ちのブライヤーを比較してみました。

R0016915

両方とも良い仕事してますねぇ~(゚゚ )☆\ぽか
上がプラチナ#3776、下がプロフィット30周年
R0016918_2

クリップ拡大。
キャップはセーラーの方が一回り太い感じです。

R0016919

ペンと首軸。この辺は好みが分かれるところ。
因みに、#3776は勘合式(はめるのね)

R0016921

斜めから。
うーんどっちも良いわぁ~(゚゚ )☆\ぽか

  

  

プラチナ#3776 ブライヤー(PLATINUM萬年筆)

最近、プラチナ萬年筆さんが、また色々と新商品を展開していますが、その中で先日限定で出たのが本栖(もとす)、富士山の富士五湖にある湖の中でも透明度の深さを誇る湖の名称を冠したクリア万年筆です。
は落ちずに(もしかしたら落ちるかも知れませんがヾ(^ )コレコレ)

本栖は、プレピーの技術を万年筆にも応用した、新発明と言って良い万年筆ですねぇ~。ってゆう解説は本エントリには関係ないのでおいといて(^^;

R0016901

箱です。プラチナ萬年筆を買ったのは何年ぶりだろうか(^^;

R0016902

中にも箱がヾ(^ )コレコレ

R0016903

フタ開けたとこ。
おー、鬼畜(゚゚ )☆\ぽか木軸ぢゃん。

R0016905

ブライヤーの万年筆です。
ブライヤーは、古来より堅い木で「地中海地方原産のツツジ科エリカ属の常緑低木 または小高木」の根を使って、パイプなどに使ってきたものです。
えーっと。春頃にセーラーのプロフィット30周年の万年筆が出ましたが、これもセーラー万年筆80周年に出たブライヤーが人気だったために採用したという曰く付きのものです。<プロフィット30周年(^^;

R0016906

ちなみに、こちらのブライヤーは定番品です。(^^;

R0016907

#3776は、プレジデントの下の普及クラスのもので。
普通の樹脂軸(黒)とセルロイドを使ったキンギョ、屋久杉などバリエーションのあるものの1つです。

R0016908

全体像

R0016909

前から

R0016912

ペンは富士山のマークが刻印されていて、14k(金)です。
買ったのは中字ですが、細字と太字もあります。
日本語表記が渋いです(^^;

R0016913

横から

R0016914

裏から
とてもバランスが良く、書きやすい万年筆です。

ちなみに、セーラーのブライヤー(プロフィット30周年)が10万なのに対し、31500円(定価)と非常にお安いので(安い店では21000もありw)木軸万年筆に興味があるかたはぜひどうぞ。

  

  

もう少し赤みが強い、アカブライヤーもあります。


記事が遅くなりましたが(゚゚ )☆\ぽか
以前購入してなかなかネタの出番が(゚゚ )☆\ぽか

お部屋の中でもLogitec LBT-MPSP100/LBT-TVSP100 その4(Logitec)モノフェローズセミナー #minpos

のっけから怖い話。
最近では原発の放射性物質で騒がれていますので、以外と忘れられているのが電磁波。

Dsc03164

ケータイを普通の人は、耳に当てて電話をしますが、これは昔から言われていることですが、電磁波がまともに脳内に入り込んでくる訳ですな(^^;
パソコン近くにケータイを置いておいて、電話やメールが入るとパソコンのスピーカーからパルスノイズ(ポツポツってゆう音)を拾う場合があります。
そのくらい電磁波が多いのですが、上の表を見てもらえるとわかりますが、発がんの可能性が非常に高いという結果が出ています。
でかい総合病院などでお医者さんがPHSを使っているのは、電磁波の影響がケータイよりも少ないからですね。
これがBluetoothにすると、携帯電話の1/300~1/800に減少するそうです。
それを考えても、ヘッドセットは音楽を聴くだけでなく、安全を守る大切な役割を果たしています。

14547-862-231439

更に、面白いのは、Bluetooth対応のスピーカーなどを発売したこと。
私的には、BOSEのサウンドリンクでBluetoothは体験していますが。

Dsc03167

通話だけでなく、Bluetoothを利用した様々な商品を展開しています。
それがこちら。

R0017152

LBT-MPSP100
スマートフォン向けのBluetoothスピーカー(左)と、離れていてテレビの音が聞こえるスピーカー(右)
左と右の違いは、右側には送信機も付いていること。
家事をしながら離れたところにあるテレビの音声を飛ばすモノ。

ここで気になったのはスピーカー端子にこの送信機を入れるとテレビからは音が消えちゃうけど、その点聞くの忘れた(^^;

Dsc03090

色は黒、ピンク、青、白のラインナップ。

R0017138

こんなデザインをしています。

R0017139

裏側にはBluetooth非対応のマシンでも使えるように音声入力ジャックがあります。
下は電源。

R0017140

単3電池5本でも動きます。

R0017136

スタイリッシュなボタン類。
Bluetoothで認証すれば、スキップや一旦停止、ボリュームコントロールなどがスピーカー側で操作できます。

R0017141

再生テスト中。
この小さなスピーカーの割には良い音がします。
まあ、BOSEのサウンドリンクと比べると重低音が弱いですが(゚゚ )☆\ぽか
お値段を考えるとねぇ。このマシンが12個買えますから<BOSE
これもありの選択肢でしょう。

この時点ではお試しできませんでしたが、スマホで音楽再生中に電話がきても、内蔵スピーカーでハンズフリー通話もできるようです。

14547-862-231439

   

写真のはスマホ対応用で、アマゾンにはテレビスピーカーLBT-TVSP100は出ていませんでした(^^;


リンクステーション(BUFFALO)

ネットでデータ共有するのに使ってます。

R0013897

ってずいぶん前に買ったものなので、もう型番やデザイン変わってるかも。

R0013900

一見普通の外付けHDDですが(^^;

R0013902

LANに接続して、データ共有するです。
これを繋いでおけば、圧縮した映画のデータとかも大画面テレビで見られるので便利っす。

ただし、OSがLinuxなので、ぶっ飛んだ時に復活が面倒ですが(^^;
まあ、その時はその時、家庭内Linkは便利っす。


LogitecBluetooth LBT-MPHP300/AVHP300開発秘話 その3(Logitec)モノフェローズセミナー #minpos

昨日はapt-Xの音質の良さを紹介しましたが、製品化のコンセプト、デザインなどを紹介します。

Dsc03126

コンセプトは、スリム 長時間 大人だそうです。

14549-862-231229

確かに、前のLBT-HP04は、レシーバーとバッテリーをハウジングユニットに収めたために、連続使用(音楽を聴き続ける)すると4時間前後でバッテリーが切れてしまいました。

Dsc03104

そこで、今回は高音質のapt-X方式を搭載するにあたり、従来型のユニット外付けにより、音楽連続視聴6~8時間を実現しました。

Dsc03113

こちらは、イヤホン付き。最初から付けてあることで、そのまますぐに使えるように。
また、一つ上の写真は、好きなイヤホンが使えるイヤホンジャック搭載という形にしました。
また、LBT-AVHPは最初から専用設計されたイヤホンを導入することにより、音楽試聴10時間連続対応を実現しています。
私的には、イヤホン別付けの方が、仮にイヤホンが壊れてもBluetoothユニットが壊れなければ、いつでも使えるので良いかなとも思いました(^^;
どちらを選ぶかは好みや目的によりますね。

Dsc03131

イメージは、Smart & Cool
上質な飽きの来ないデザインということで。
おー、ラミーが載ってる(^^;

Dsc03133

こちらが初期のデザイン。
バッテリーとメイン基板をクリップで挟んで斬新なデザインにしたものです。
しかし、内部的には洗濯ばさみをイメージするとかで、却下されたそうです。
うーん、私的にはこういうの好きなんですけどねぇ~(^^;
特に、一番右側の派手な奴。
これ、BENETTONやBEAMSブランドで出せばけっこう売れると思うんですけど。
やりません?<Logitecさん?
上記ブランドなら多少高くても買う人居そうwww

Dsc03139

で、こちらが、今回の製品化された三面図。

Dsc03143

製品化一つ前のデザイン。右上というから側がちょっと飛び出したデザインになってます。

Dsc03147

で、こちらが製品版。
なんかかっこええ(^^;
このデザインのキモは・・・

Dsc03148

円柱の一部を面取りして、触ってわかりやすいデザインとし、長方形と丸という単純な形にすることで、イメージしやすい作りになっています。
また、ボタン部を金属パネルで覆うことで高級感も出しています。

Dsc03156

こちらが製品。
白は、白いコード(この辺はiPhoneをかなり意識しているかと(^^;)
赤は、黒いコード。赤と黒を構成することで大人を演出。
黒は、黒いコード。

Dsc03121

ちょっとわかりにくいかも知れませんが、色の検討過程。

Dsc03155

白もびみょーに色や質感を替えてあります。

R0017159

写真がさかさまですが、特徴の1つが、ペアリングボタンが独立しています。
Bluetoothを使った事がある人は、わかると思いますが、従来のBluetooth対応機器の多くは、電源長押しでペアリング(BluetoothユニットとBluetooth対応機器:スマホなどに相互に使っても良い?おーうえるかむイェーイという作業)
が必要になりますが、けっこうボタンが押しにくかったり、まあいろいろありますわ(^^;
私的にもヘッドセットは3つ、キーボードは2つ持ってるのですが、たまに認証を忘れてしまって、また再度認証しなkればみたいなことが起きますが(^^;
結構ペアリングは面倒なので、この独立したボタンは良いです。

R0017163

反対側は、ボリュームコントロール。ちなみにBluetoothがオンになると、青く光ります。

続く(^^;

14549-862-231229

紹介している商品は8月末発売です(^^;でもいいよぉ~これwww

 

   

  

Logitecの仕事 その2 めちゃめちゃクリアなサウンド編 (Logitec) モノフェローズセミナー#minpos

モノフェローズセミナーのここからが本題。

Dsc03060

ロジテックでは、2007年から本格的にBluetooth対応のヘッドホン(イヤホン・レシーバー)に取り組んできました。
昨年暮れには、超小型のLBT-HP04をラインナップに加え、折からのiPhone+Androidブームに乗って、大ヒットしました。

14548-862-231027
Dsc03063

2010年の挑戦は、新しい形。超小型やスポーツ対応など様々な挑戦を行いました。
それは、従来外部レシーバー(電源含む)に繋げて、電波を拾うモノ。
それが、ユニットとバッテリーの小型化により、イヤホンの中に組み込むという画期的なものでした。

Dsc03065

Bluetoothの市場推移を見ても、わずか1年間で右肩上に伸びています。

Dsc03068

特に、昨年秋に売り上げが急増していますが、この時期はちょうどiPhoneに対抗してケータイ各社が相次いでスマホ(Android)市場に大量参入した時期と重なっています。
目立つのが右側のグラフ。
ロジテックのシェアが急増しています。これはたぶん、何でもできるスマホを使って動画配信や音楽再生などを行う環境が普及してきたからだと思います。
各社がシェアを落としたのではなく(^^;ロジテックが伸びたということです(^^;

さて、ここからが本題(^^;前振りなげー(゚゚ )☆\ぽか

ロジテックBluetoothイヤホンの進化

Dsc03073

前回も紹介しましたが、ヘッドホン(イヤホン)の音質は、緑と赤で示されているように、機械的な部分(スピーカーもそうですね)。ドライバや構造、素材などのハードウエアと、回路やコーデック(圧縮方式)のソフトウエアの2つに分かれています。
このうち、圧縮方式が大きく進化してきています。
従来のSBC方式(MP3など)とAAC方式(これはiPhoneやWALKMANなどでも採用している圧縮方式)で、これにapt-X方式というのが2011年に公開されました。
これが何とも良いんだ(^^;

Dsc03076

Bluetoothは音が悪いというイメージがある(んだそうです(^^;
私的にはAACでちょいとお高めのモトローラのを使ったり、BOSEのサウンドリンクを使っているのであまり気にしたことがなかったです(^^;
とくに音の悪さで定評があるiPod touchを使っていても、イヤホン(紐付き)で聞くと悪い音でも、Bluetoothを使えば紐付き以上に良く聞こえたので気にしたことがなかったです。

新たに出す新製品はiPhoneの特性(iOS4.3.1以降)やこの秋に発売されるスマホ(Android)に搭載されるapt-X方式に対応して、非常に良い音作りをしているとのことです。

Dsc03079

なんと、これから出てくるapt-Xは、従来の圧縮比に比べ、1/4の高音質のコーデックを採用しているとか。
とゆうことは、CD音源に限りなく近づくとゆうことで。
気になるのは、1曲当たりのボリュームですが(^^;
おまけに、遅延(音ずれ)が約32mSと非常に少ないんだそうです。
どういうことかとゆうと

Dsc03084

本体側で再生した音が、Bluetoothに伝わるときの速度が短縮されるということですね。
たまーに、受信状態が悪かったり、動画を変換するのに失敗すると音と絵がついて行けなくなるということがありますが、それが大幅に減少するようです。

SBC方式とapt-X方式の再生を聞き比べましたが、同時再生すると音がずれて聞こえるのがわかります。
あと、apt-X方式だと、音の再現性と広がりが従来の方式と比べてもすごく良くなります。
(素人耳で聞いてもその差は歴然です)
ぜひ店頭などで聞き比べができる機会がありましたら体験ください。

※ヘッドホンやイヤホンで聴くと良くわかります。

こちらが当日SBC方式とapt-X方式の再生による差を記録したもの。
デジカメ(NEX-5)で手持ちで撮ったので、その辺はご容赦ください。
注:音が出ます。仕事中には・・・ry

音の違いに注目ぢゃなかった、注耳w
ビデオモード録画(NEX-5)でも、その差はわかりますが、実際の音はかなり良いです。
注:音が出ます。仕事中には・・・ry

14548-862-231027

 


BBルーター(^^;

ずいぶん前に買ったものですが(^^;
某フレッツヾ(^ )コレコレから某コミュファに替えたので、必要となって購入。

R0015123

特段すげー高速とか、無線LAN内蔵などは要らないので、一番安いものにしました(^^;
そもそも、家に無線LAN沢山あるしw

R0015125

最近のルーターって軽くて大丈夫か?みたいなものになっちゃってるのね。

R0015126

いちお4口のものにしました。
ほかに切換えのがあるし。

R0015127

こちらが裏面。
私んち的にはこれで十分。


Logitecの仕事 その1HDD凛編 (Logitec) モノフェローズセミナー#minpos

先週末に、モノフェローズセミナーに参加してきました。

14450-862-230831

Logitecさんは、この4月にHDD等PC周辺部門とAV部門に分かれて活動を開始したそうで、それだけ双方の分野に力を入れて行くようで、今後の展開が期待できます。
社名は共有のLogitech(ロジテック)です。
最初に、この前紹介させて頂いた、美しい外付けハードディスク凛(りん)の紹介を。

Dsc03047

この凛シリーズですが、店頭売りはせずに、ネット直販のみで・・・
なんと、売り上げが発売当初の50倍、楽天パソコン・周辺機器部門で驚異の50週連続1位!!!(@@;
おまけに、価格.comプロダクトアワード2010で銀賞!!!

更に更に(^^;

Dsc03048

今年、2011年楽天上半期ランキングでも、堂々の第1位。
ここまで来ると、ギネスに挑戦してもらいたいものですw

Dsc03051

現在では、USB3.0にも対応して、2.5インチモデルなども展開。

R0017153

外付けハードディスクの需要はパソコンのみならず、現在ではテレビの録画用にも展開。
このため、テレビ用ユニットも発売されています。(写真上)

R0017154

こちらがUSB3.0のミニコネクタ部分。
電源供給と高速化のために、ワイドになっています。

R0017155

こちらがケーブル。

R0017156

別アングルから。

R0017157

テレビ取り付け用ユニット。
テレビの場合、電力があるので、外部電源を必要としない2.5インチが良いかもしれません。

次回は、今回の本題である新しいモノについて紹介します。

14450-862-230831

 

復興支援バンダナ 来ました(BE-PAL)

以前、BE-PALのオマケ、マルチツールを紹介した時に、併せて注文した復興支援バンダナが来ました。

R0017328

縦長のイレギュラータイプの封筒です。角2(A4が入る)封筒よりも、幅は短く縦に4CM程長いです。

R0017329

封筒には、オレンジででかでかと復興支援バンダナと書かれています。

R0017330

やはり縦に長いパッケージで入っていました。

R0017331

心と言う字を中心に、有名なアウトドアメーカーが協賛しています。

R0017332

前回のBE-PALの復興支援バンダナの頁にもあったコメントが書かれています。
確かに、急激に発達した文明に、今回の地震が警鐘を鳴らしているような気がします。
数年前から、夏の暑さは半端ない状態になっていますが、これら猛暑も文明の発達に伴って、環境破壊を行い、地球温暖化が進行しているとしか思えません。

また、電気があって当たり前の世界になってしまいましたが、もう少し環境のことも考えないと、このままでは今以上に大変になるような気がします。

R0017333

広げてみると、でか!(^^;
半端ねぇでかいですwww
中央にUNIのペンホルダー(たぶん万年筆と同じ大きさ)を置いてみましたが、すごく小さく見えますw

R0017334

ほぼ日バンダナ(普及クラスサイズ)と比べても、このくらい大きいです(^^;

震災から4か月を過ぎ、復興への動きが始まっていますが、被災された方、なくなった方、行方不明の方など、被災地では相変わらず大変だと思います。
更に、国内や世界から寄せられた義援金は3000億円になっていると聞きますが、被災者にはほとんど行き渡っていません。
確かに、身元確認とかも重要なことかも知れませんが、一刻も早く被災地の方が安心して暮らせるようになってもらいたいと思います。
(-人-)合掌

ペプシ エナジーコーラを飲んでみた (ペプシ)

ちょっと朝眠かったので、買ってみました(^^;

R0017221

ペプシエナジーコーラっす。
なんと、ローヤルゼリーエキス、カフェイン・アルギニン・高麗人参エキス他
多数取りそろえて(゚゚ )☆\ぽか

お値段は150円とお高いですが、某ファイト一発!とか、元気はつらつも似たような値段だし。
これはこれで、ありかと思います。

さて、頑張りましょう( ̄▽ ̄)/

UCC RUF コレクション ポルシェ 1/72とルパンw(UCC)

うちの子が買ってきましたぁ~(゚゚ )☆\ぽか

R0017194

全8種とのことですが、2台のみ

R0017195

買ったのは、CTR930系とRCT964系のようです。

R0017196

おまけにしてはシルエットなどは雰囲気出てます。

R0017198

後から。

R0017199

横から。うーん、ホイールのデザインが違うのがすごい(^^;
プルバックなんですけどw

R0017203

もう一つはルパン三世のチンクチャント。
五右衛門が乗ってます。ちょっと五右衛門のデザインはいまいちかな?


最強の文房具 394 (別冊宝島)

今年は文具系雑誌やムックの発売が相次いで、私的には非常にうれしいのですが(^^;
また、新しいムックが出ました。\(^o^)/ワーイ
ムック系やマニア系の特集で知られている宝島社の別冊宝島シリーズの1冊です。

R0017325

こちらが表面。

R0017327

こちらが裏面。
サイズはB5サイズなので、趣味文やステマガなど一般的なムックと比べると一回り小さいので、探すときはご注意下さいw

R0017326

内容的には、濃いものから、デザイン文具、人気文具、キワモノ文具をはじめ、電脳小物とのリンク系の文具と盛り沢山となっております。
静岡からは、インクさんが紹介されています。

構成もけっこう面白くまとめられているので、読み甲斐があるというか、充実感があるというか、なかなか楽しく読める構成となっております。

巻末には用語集とかも書いてあるので、安心して読めますwww

出たばかりの雑誌なので、大量に書店に積まれていると思いますが、面倒な方(^^;
暑くて、書店まで行くのに耐えられないと言う方、近くに書店がない方は、↓こちらをご利用ください。

スタイリッシュな印鑑ケース エスパクトSPact(MAX)

ずーっと、三菱鉛筆のはん蔵?だっけか?を使っていましたが、

R0016595

これって持ち運びには便利ですが、丸いはんこの場合、ぐりぐりと回ってしまって、肝心な時にはんこを押すとちょっち斜めったりして、けっこう困っていました(^^;
そこで、見つけたのが。

R0016587

ホチキスで有名なMAXさんから出ている、エスパクトです。

R0016590

一見何の変哲もないはんこのケースなんすけど。

R0016591

横から見たとこ。ラウンドシェイプが効いてますヾ(^ )コレコレ

R0016592

フタ開けたとこ。
ちょっと見た目チープなんですが(^^;お値段も安いけど。

R0016593

フタのところには捺印用のゴムが収納されています。

R0016594

キモがこちら。
このぷにっとした突起。

R0016597

はんこを入れて蓋を開けると、斜めにはんこが上がって取り出しやすくなります。

R0016598

これで、捺印の下にひくゴムパッドを出せばばっちり。

あー、そんなに偉いヒトではないので、でかいはんことか持ってませーんwww
なのでこれで十分。(^^;

 

打合せや入札などではんこが要る時に重宝します。

1ランク上のもあります(^^;
でも、かさばりそうw


ぱんだのさんぽ 遊び箋

思わずかわいかったので買ってしまいました(゚゚ )☆\ぽか

R0015934

罫線部分が、ぱんだ(大熊猫)になっております。

R0015937

所どころに、座ったものや笹食べてるものなど、イレギュラーがあります。

R0015938

残念ながら封筒は無地ですが(^^;
ここまでそろえて欲しかった。

どちらも和紙でできているので、良い感じですが、手紙好きな神さんにあげちゃいました。

ザクマニア、買っちまったwww 

GUNDAM(ガンダム)って通しで見たことがないのであれなんですがヾ(^ )コレコレ
これ何かに使えそうと以前からきになっていたのに、なかなか買えませんでした。

が、ゴトゥーザ様@fountain_pが使っているのをみて、そうだ、何かに使えそうと感じていたのがこれだったんだともやもやが吹き飛びましたw

R0016652

とゆう訳で、この前東京に行ったときにハンズで保護してしましました(゚゚ )☆\ぽか

R0016656

フタの開け口からして、凝ってます。
これ意外に積み猫や積みパンダ、ジム(量産型のガンダム風のロボットね)など多数ありましたが(^^;

R0016659

こちらが本体。
全部で15体分入っています。
一番上がシークレットとか?おじさんが載ってます。誰か知らねえ~(゚゚ )☆\ぽか

R0016660

これ、一つ一つ首が回るらしく。

R0016661

右向いたり左向いたりもできます。

R0016663

本来はこんなことをして遊ぶらしいのですが(^^;

R0016664

これはこれで面白いかも知れませんが(^^;
これだったら、ショッカーとかダダとかあっても良さそうとか思ったり(^^;

私的に使用したい目的は・・・

R0016665

こっちですね。

R0016666

けなげに踏ん張っているザクさんたちがかわいいですww


Nintendo 3DSを2個買ったww(任天堂)

基本ゲームをやらない人なので、なんでこれかとゆーと。
フレッツポイントで保護(^^;しかも2台www
ポイントが切れちゃうから(^^;
まあ、Wiiは無料でもらえるみたいだったけど、子ども達に聞いたらWiiはイラネと言われて、自腹切るから買っておくれといわれたのでw

R0015177

なかなか渋い箱です。

R0015178

こちらが裏面。
そういえば、富士フイルムのデジカメもこんなデザインのパッケージでしたが、デザイナーさん一緒なのかな?

R0015180

フタ開けたとこ。
いきなり取説(^^;

R0015181

もう一つ開けると本体が出てきます。

R0015182

内容物一式。
左からクレードル、本体、ACアダプター
となります。

R0015184

びみょーにグラデーションの入った黒塗装。
ちょっと高そうww

R0015185

こちらが裏面。

R0015186

背面部分はシルバー塗装。
何でかな(^^;

左右はボタンがついていて、それ以外は左からACアダプターコネクタとクレードル端子、カードスロット、タッチペンとケーブルコネクタ?があります。

R0015187

フタをあけると、全身漆黒。ビミョーにラメが入った塗装で渋いっす。

R0015188

ぐりぐり(゚゚ )☆\ぽか

R0015190

選択キー。
どれが何のキーかわかりません(゚゚ )☆\ぽか

R0015192

電源入れたとこ。

R0015193

おー、右側のスライダーで3D調整ができるんだ。面白そう

R0015194

ここね。

R0015198

自分の目の位置で、3D化するようです。

って、ここまでしかわからん(^^;
あとは、2台とも子どもの所に行きました~。

ちなみに、これカメラが付いているらしいのですが、それで3D撮影もできるとか。
写した写真を見せて貰ったけど、特殊なメガネなしでも3Dに見えるのが面白い。


美しい外付けプレミアムハードディスク 「凛」が進化その3接続&比較編(Logitec)#minpos

さて、本LogitecのHDDはレグザとPS3の接続は正式にアナウンスされていますが、今お借りしているブラビアもHDD録画ができるので、繋げてみました。
(ぼけぼけ画像でスマソ)

R0016888

最初に、テレビにそのまま繋いで録画予約しようと思ったら、録画用HDDが接続されていませんと怒られてしまいました(^^;

14450-862-229716

とゆう訳で、仕切り直し。

R0016889

ホーム画面で、HDDの登録をする必要があります。
初めて接続する時に、初期化が必要になります。
画面がぶれているので補足すると(^^;

登録を行うために、初期化を行います。
(初期化を行うと、録画機能は本体のみでご利用いただけます)
このHDDの内容は全て消去されます。
よろしいですか?
注意:対応可能なHDDの容量は2TBまでです。

となります。
ということで、ブラビアでも使うコトができます(^^;

R0016891

HDDラベル名の変更もできます。

R0016892

初期化中
それほど時間はかかりません。

R0016895

録画用HDDの登録が完了しましたと出ます。
これで、HDD録画ができるようになりました。
ただし、このテレビでしか録画した動画は見ることができません。
最近どこのメーカーでも外付けHDDで地デジの録画ができると唱っていますが、一部機種を除き、基本的にHDDに録画した動画は、DVDやブルーレイには移行できないので、メディアに焼いて保存したい方はちゃんとブルーレイもしくはDVD録画機を別途買いましょう(^^;

比較編

手持ちの外付けHDDを比較して見ました(^^;

R0017106

左から、LHD-EN2000U2W 2TB、中央大昔のI/Oデータ 160GB(^^;、右側BUFFALOの1TB、出始めた頃のなんで大きいっす(^^;

R0017107

上にあるのはWDのマイパスポート640GB(^^;
ちょっとぼけていますが、凛たん、すごい小さいですね。

14450-862-229716

 

  

USB3.0と言っても、USB2しか対応していない機種でも動きますので、これから買う人は、高速の方が良いかもです。
HDDの容量によってお値段が違うので、要注意です(^^;
迷ったら大きいの。最近はデジカメとか音楽、映像などが高品質高音質高画質でデータの容量は大きい方が良いですねぇ。

RHODIA dotPad(RHODIA)

ずいぶん前に出たのですが、地方ではあまり売られていないので、東京に行ったついでに買ってきました。

R0016287

黒仕様に、dotPadというロゴがカッコイイです。

R0016288

ご覧のように、通常メッシュ地(青紫罫線)が、グレーのドットになっております。

R0016289

入手したのは定番サイズのNo.12っす。
大きいのもあったけど、ロディア大量に持ってるから、地味に1つだけwww
ってゆうか、まだいっぱいあるのでこちらも使ってません(゚゚ )☆\ぽか


美しい外付けプレミアムハードディスク 「凛」が進化その2比較編(Logitec)#minpos

比較編です。

14450-862-229546

R0016794

どっちがどっちだぁ~(゚゚ )☆\ぽか

R0016795

左が従来のUSB2.0、右の青コネクタの方がUSB3.0です。
ほほぅ、コネクタのデザインからして変わってるのですね。

R0016796

外見上の違いはそれだけ。
あとはまったくいっしょ。(えんぢんは違いますけど(^^;)

R0016797

もう一丁。

R0016802

青い方がUSB3.0です。色分けされているとわかりやすいです。

ちなみに、両方とも静粛性というか、静音性は抜群。
うちの古い外付けHDD達は、ファンの音がうるさすぎ(^^;

14450-862-229546

 

  

USB3.0と言っても、USB2しか対応していない機種でも動きますので、これから買う人は、高速の方が良いかもです。
HDDの容量によってお値段が違うので、要注意です(^^;
迷ったら大きいの。最近はデジカメとか音楽、映像などが高品質高音質高画質でデータの容量は大きい方が良いですねぇ。

マンフロット MP3-D01ミニ三脚vs カメラスタビライザー(#Manfrotto)

前から持っていたマンフロットカメラスタビライザーとミニ三脚を比較してみました。

R0016103_2

大きさ的には、一回り大きい位で、それほど違和感はありません。

R0016106

脚を開いたとこ。

R0016107

上から見たとこ。
ちなみに、カメラスタビライザーの方はヒモで固定されているので、脚が開ききってしまうことがありません。
(外せば別ですが(^^;)

R0016109

こんな感じで、ローアングルから見ることができます。

R0016105

カメラスタビライザーは、イタリア製です。

R0016104

ミニ三脚は、中国製です。
まあ、だから何かということでもないですが(^^;

  

LとMではそれほど値段が変わりません。グレーもあります。

 

以前紹介したカメラスタビライザー。ずいぶん安くなりました。
最初の頃は、2980円くらいしたので(^^;
Sサイズもけっこう高いですね。

ウヰルキンソン 炭酸水 飲んでみた(アサヒ飲料)

あちこちで盛り上がっていた?
ウヰルキンソンの炭酸水がスーパーにあったので買ってみた(^^;
85円也

R0017114

ただの炭酸(゚゚ )☆\ぽか
こういうのは、普通焼酎とレモン汁とかで割ってサワーに(゚゚ )☆\ぽか

R0017115

いちお、清涼飲料水と書いてあるので、普通でも飲めるもんかな?
少なくとも、ちょっと前に紹介した三ツ矢サイダーZEROの変に化学薬品甘味料風よりもよほどうまい(^^;
あれをはじめ、0カロリーとか糖分ゼロとかゆうのは、みんな後味が気持ち悪い。

でも、私的には、キリンのヌーダだっけ?青ラベルの奴。あっちの方が好きだな。
まあ、話の種としてだなぁ~(^^;

美しい外付けプレミアムハードディスク 「凛」が進化その1開封編(Logitec)#minpos

みんぽす/WillViiさんより、以前モノフェローズ仲間の意見を参考に商品展開を行って大ヒットの「凛」シリーズが、更にパワーアップして、進化しました。
とゆうわけで、現行品LHD-EN2000U2WとUSB3.0に対応した新商品LHD-EN2000U3W2台をお借りする機会がありましたので、お試しです。
でも、どうやって紹介するんだ(汗)ヾ(^ )コレコレ

14450-862-229357

R0016776

箱は、至ってシンプルなケースです。
さて、間違い探しwww
どっちが新しいモノでしょーか(゚゚ )☆\ぽかあほ

R0016777

こういう、パッケージング好きです。
この辺は箱根細工というか、知恵の輪的かつ、全段ボールで、リサイクル可能なエコパック。
すげー。

R0016788

正面から見ると、「まるものおきて」で出てきたムック(シュナウザー)みたいに見えるのは気のせいか(^^;

R0016789

移送中にがたつかないように、しっかりと固定されています。

R0016791

おまけに、余分なものは使わずに作られているのがすげー。
このパッケージ設計した人はかなり知恵の輪とかパズル好きと思われヾ(^ )コレコレ
変なところに感心してしまった(^^;

R0016778

こちらが紙パック開けたとこ。
注:たぶんデモ機用なので実際の収まりはもっと違っているかも、です。

R0016780

箱から出したとこ。
お借りしているモノなので、この保護ビニールは剥がさずにおいときましょう。
それにしても、美しいデザインの箱です。

R0016779

斜めから。
惚れ惚れするような美しさですね(^^;

次は比較編です。って何を比較するんだ(゚゚ )☆\ぽか

14450-862-229357

 

  

USB3.0と言っても、USB2しか対応していない機種でも動きますので、これから買う人は、高速の方が良いかもです。
HDDの容量によってお値段が違うので、要注意です(^^;
迷ったら大きいの。最近はデジカメとか音楽、映像などが高品質高音質高画質でデータの容量は大きい方が良いですねぇ。


マンフロット超ミニ三脚の使い心地  MP3-D01(#Manfrotto)

さて、装着編です。
最初にNEX5に付けてみました。

R0016032

NEX5だとガボガボゆるゆるです(あー、きっちりと固定できますが、前後の幅がなくて余り気味。

R0016034

横から見たとこ。

R0016036

Nikon D5000
こちらは、純正品のような感じですっぽりとはまります。

R0016037

正面から。

R0016039

脚の開き方である程度角度が変えられます。

R0016040

後から見たとこ。

R0016041

収納状態。
収まりも良いです。

R0016042

別アングルから。
装着したまま使っても、それほど違和感はありません。
若干重くはなりますが(^^;

  

LとMではそれほど値段が変わりません。グレーもあります。

 

以前紹介したカメラスタビライザー。ずいぶん安くなりました。
最初の頃は、2980円くらいしたので(^^;
Sサイズもけっこう高いですね。


デジ一に最適、超ミニ三脚  MP3-D01(Manfrotto)#manfrotto

ネット仲間とゆうか、モノフェローズ仲間が相次いで落下したポケット三脚です(^^;
入手したのはずいぶん前です(゚゚ )☆\ぽか

R0016023

マンフロットのミニ三脚は、初期のモデルを持っているのですが、こちらはコンデジ向け。
なので、新製品を買ってしまいました(^^;
本体は小さいのですが、大きな箱に入ってきました。

R0016024

ハコ裏面。

R0016025

対応機種のイラストがありますが、ミラーレスからレンズ一体型デジカメ、デジタル一眼レフ向けのものLサイズを保護。

R0016026

使い方のイラストが描いてあります。

R0016028

こちらが本体一式。
袋も付いています。

R0016029

本体表面

R0016030

裏面。2つの足がデジカメのレンズ側に来るように止めます。

R0016031

開いたところ。

R0016035

こちらが、予備の三脚ネジ。

R0016110

本体の重さは76g

R0016111

元祖は、55.3g
なので、それほど重さは変わりません。

  

LとMではそれほど値段が変わりません。グレーもあります。

 

以前紹介したカメラスタビライザー。ずいぶん安くなりました。
最初の頃は、2980円くらいしたので(^^;
Sサイズもけっこう高いですね。

ブラウザBOXが進化!無線LANにも対応 その2(NTT西日本)#minpos

再起動編(^^;
昨日はアップデートだけで終わってしまいました(^^;

R0016860

再起動すると、ブラウザBOXって出てきます。

R0016864

こちらもAndroidユーザーにはお馴染み(かも)
光おてがるナビにすると、以前から紹介している簡単画面が出てきます。
ホームを選択すると。

R0016867

素のAndroid画面が出てきます。
カッコイイーw
問題は、この画面では静岡市が選べないこと(^^;

R0016868

こちらがメニュー画面。
こっちの方がええやんヾ(^ )コレコレ

ここで一端電源を切って。

R0016673

Wi-Fiのドングルを使います。
サイトで動作機種を確認してください。

R0016879

USBに差し込みます。

R0016883

再起動させて、起動すると今度はネットワークに接続されていませんと出ますので、メニュー画面を開き、通信を選択。上記画面が出てきます。
ちょっと手ぶれ(汗)
選択肢は2つ、Wi-Fiとイーサネット。
Wi-Fiを選択します。

R0016884

いくつか無線LANが反応するので、接続したいネットを選択。
LOSSもしくはWPSボタンを押して認証させます。

R0016885

無事に無線で接続できました\(^o^)/ワーイ

R0016886

Googlecalendarを表示したとこ。
以前に比べると使い慣れたせいか、入力も苦にならなくなりましたが(^^;
相変わらず五十音の文字を探すのと、漢字変換はけっこう辛かったっす。

ここは一丁、Bluetooth対応のキーボードか、Androidの対応アプリ、あるいはテンキー付きのリモコンを提供してもらいたいと思いました。
あと、リモコン小さすぎ(^^;

14208-862-228996
14208-862-228996


7月なので、朝顔入れてみた(^^; 色彩雫 (PILOT)

毎日暑くて大変ですが、気分だけでも涼しくしてみようと(^^;

R0016571

朝顔をキャップレスに入れてみました。

R0016573

ごらんのように、限定ボトルなんで、キャップレスのペンには余裕です(^^;

R0016574

ここで注意が必要。
キャップレスの場合、ペン先だけでなく、空気穴の部分にもインクがけっこう溜まるので、太めの軸の四角い穴周りもていねいに拭き取ります。

R0016578

夏に向けてちょうど良い、涼しげな青です。

R0016579

PILOTの純正ブルーと並べて見ても、鮮やかな青です。
写真とモニターだとよくわかりにくいので、現場(お店)で色見本等見てください(^^;

友情出演:ナミキファルコン

PILOTの方もし見ていたら(^^;
この色彩雫の限定版ボトルですが、ミニ版としてばら売りして欲しいという希望が多く寄せられています。
ぜひご一考いただけると幸いです(^^;
それか、サイトでリクエスト募集して、人気色だけでも(^^;


WALKMAN NW-A828 vs 電脳小物(^^;

ウォークマンNW-A828ですが、昔思っていた以上に入手したら小さかったです。

vs iPod touch

R0014721

全然ちっちぇー(^^;

R0014728

重ねたとこ。

vs Xperia

R0014722

正当進化って感じの雰囲気が(^^;

R0014723

裏面

R0014725

重ねたとこ

R0014724

厚さ、気持ちXperiaの方が厚いくらい

vs iPad www

R0014729

比べるなぁ~とか言われそう(^^;
心なしか、iPadが巨大に見えます。

vs T-01A

R0014730

すっかり出番がなくなったT-01Aです(゚゚ )☆\ぽか

vs カードラジオ(^^;

R0014750

なんと、カードサイズのラジオと同じ大きさでした(^^;

R0014751

厚みも近い

R0014752

さすがにラジオの裏面は無骨だ。しかも、まんま樹脂だし。

BTタイプのウォークマン出してくれないかな?
できれば、AM、FM (再生録画可)とワンセグ付き(録画可)、とYouTube見えるとか(゚゚ )☆\ぽか

ブラウザBOXが進化!無線LANにも対応 その1(NTT西日本)#minpos

以前紹介しました、パソコンを使わずにテレビでネットが見られるブラウザBOX(NTT西日本)ですが、6月下旬にバージョンアップされたので、早速体験してみました。
セミナーでの進化の様子も体験してきています。

14208-862-228814

まず、有線でブラウザBOXを繋ぎます。

R0016839

しばらく繋いでなかったので(゚゚ )☆\ぽか
時刻があややになっておりますがご容赦ください。w
画面右上に、↓(やじるし)マークが出ています。
これが、新しいバージョンがあるお、とゆう印。

最初アプリでアップデートすると思って開いたのが、こちら(^^;

R0016840

今までのアプリに加え、radikoやK-9メール、画面には出ていませんが、gooメール、gooブログフォトチャンネルなどが追加されています。

R0016843

オプションで、確認。

R0016845

すると、Androidユーザーにはお馴染みの画面(^^;
中程のバージョンアップをクリック。

R0016849

アップグレード画面が出るので、右下のダウンロードをクリック。

R0016851

確認画面が出てくるので、OKをクリック。
ダウンロードが始まって、(少々時間かかります)

R0016854

すぐに実行しますかと聞いてくるので、OK
このあと壊れた?ってゆーくらい時間がかかります(^^;

ってゆうか、2時間放置してもそのまま画面フリーズ状態だったので、結局必殺の電源抜きの技に出て(^^;
再度つなげたらアップデートされました。
これ、心臓に悪いです(滝汗)

R0016856

こんな状態で、床にケーブルを這わせていますwww

これがぁ〜・・・続く

14208-862-228814

メローイエロー復刻melloyello (日本コカ・コーラ)

先日から、Twitterで盛り上がっていたので、買ってみました(^^;
すっかり味を忘れていますが(^^;

R0017013

ネットによると2000年には廃番となっていたようで。どーりで見かけない顔だわ(゚゚ )☆\ぽか

R0017014

>「メローイエロー」は、1983年に「とっても訳せない味」をキャッチコピーに日本での販売が開始された
とありますが、確かに、びみょー(^^A;
何だろう、でも昔飲んだ記憶があるけど、また飲みたいとは思えない味だ(゚゚ )☆\ぽか

R0017016

ここ、怪しすぎw
100mlって、ゆーことは、これ500mlだから260kcalって、カロリー高いぢゃん。
最近は綾しい甘味料使って、糖類ゼロ、カロリーゼロが流行ってるのに(^^;

昔お世話になった方はもう一度飲んでみてw
若い方は、お父さんの若い頃にはこういう味飲んでたんだみたいな(゚゚ )☆\ぽか

特定の機種でしか使えないイヤホン MDR-NWNC20(SONY)

Bluetoothを使いたいがために購入した、NW-A828ですが(^^;
長時間聞くには、やはりワイヤードがあった方がとゆうわけで(゚゚ )☆\ぽか

R0014806

買ってしまいましたヾ(^ )コレコレ
初期の同梱品は、けっこう断線とか線がむき出しになってしまうなどといった症状が多かったようですが、こちらは改善されているとのこと。

R0014808

注意書きにもあるように、特定のきしゅでしか使えません(^^;

R0014810

昔のデザイン(^^;

R0014811

コネクタ部が特殊なので、書いてある機種でしか使えません(^^;

もちろん一般的なヘッドホンやイヤホンも使えます。
この特殊形状は、NC(ノイズキャンセリング)機能を使うための端子になります。

R0014818

箱から出したとこ。
ハウジングユニットの裏側の点点部分がマイクになっています。

R0014820

特殊というのが、この部分。
端子が若干変則的なデザインになっています。
もちろん、現行機種はこんなでっぱりはありませんが(^^;

R0014821

上から見たとこ。
NCさえ使わなければ、お気に入りのヘッドホンやイヤホンが使えるので良いです。

R0014824

こちらが、コネクタ部分。

R0014825

一般的なヘッドホンやイヤホンよりも一回り太めになっています。

もし、該当するウォークマンをお持ちで、断線したり聞こえなくなってしまった方はは、↓こちらでまだ入手できます。
あー、SONYストアでも買えます。どちらも送料無料。
SONYストアは定価なので、少々お高いかも。

 

カスタマイズ可能な筆記具に筆ペンを入れる (OHTO)

OHTOは意外と面白い製品作りを行っているメーカーさんですが。
最近、既存のラインナップをバラして、商品展開を図っています。

私的に保護したのは、以前出た竹取

R0016380

タグには水性ボールペンと書いてありますが、・・・

R0016383

一見、万年筆風(^^;

R0016384

キャップを取ると、中身はありましぇーんw

R0016386

好きなリフィルを買って組み合わせるようになっております。

R0016388

買ったのは、筆ペンとゲルインクボールペン1.0mmの図太い奴。

R0016391

リフィルには「筆」と書かれています。

R0016392

見た目は、サインペンみたいなのですが。

R0016393

合体www
挿入してもサインペンみたいか(^^;

R0016394

書いてみると、筆のように腰があって適度なしなりがあって、筆ペンです(^^;

カスタム可能なので、無理して竹ペンにしなくても、他の好みの外カバーを用意してもらえれば桶です。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ