« 懐かしいフォルムの Optio I-10 その1周辺機器編 (HOYA) | トップページ | 懐かしいフォルムの Optio I-10 その3比較編 (HOYA) »

懐かしいフォルムの Optio I-10 その2本体編 (HOYA)

お待ちかねって待ってないか(^^;
本体編です。

R0014185

カードサイズのデジカメって、どれも似たようなデザインで面白くもなんともないというか、個性がないので、見た目で買っちゃいました(^^;
往年の110フィルム(もうない)で、世界最小最軽量の一眼レフカメラのPENTAX AUTO110という交換レンズがラインナップされていたカメラがありましたが、一時期中古で買ったのですが、すぐに手放してしまいました(^^;
このデザインを踏襲しています。
一眼レフではないのですが、軍艦部らしきデザインが目を惹きます。

R0014186

正面から。
全体的にプラスチッキーなんですが、それを感じさせない雰囲気があちこちにあります(^ー^)

R0014187

シボ革風の塗装ってゆうか、ゴム貼りか?

R0014230

このこだわりの塗装とPENTAXの彫り込み(^^;
たまらんす(゚゚ )☆\ぽかあほ

R0014190

しかもAUTO110ろご付近にI-10のプリント。

R0014194

軍艦部の左側にある指止めはちょっと色があれなんですが、ここに指を添えると安定します。

R0014195

シャッター部も凝っていて、◎になっています(^^;
できればこれに溝を掘ってくれて、レリーズがセットできれば(゚゚ )☆\ぽか

ズームレバーも、一般的には前に付いているのですが、フィルム送りレバーをイメージしているのでしょう。
違和感はありません。

R0014196

裏面。ごく普通のデジカメと同じレイアウトなので、違和感なく操作ができると思います。

R0014197

軍艦部の裏側。くっそぉ~、ここが光学ファインダーだったら尚良かったのに(゚゚ )☆\ぽか
ぼつぼつはスピーカーですね。
PENTAX Special Designというのが良いっす(^^;

R0014198

汎用品だけあって、お顔検出ボタンなぞもあります。
右下の緑○は、カスタム設定とゴミ箱です。

R0014199

上から。
ここにアサヒのマークがあれば尚良しヾ(^ )コレコレ

R0014200

ちょいと見にくいですが、電源を入れるとパワーボタンが緑色に光ります。
これは、RICOHのGRD2を意識したのかな?(^^;

R0014203

白飛びしてますが(汗)手のひらサイズです。

R0014236

なんと、メーカーがHOYAになっています(^^;
あと、製造はインドネシア。びっくりです。

R0014241

昔は日本で作っていたのにねぇ~。写真はOptio750z
ちなみに、三脚穴は昔から樹脂ですた(^^;

つづく

 

カメラはこの値段(^^;
昨日は8980円最低価格だったのですが、今日見たらまた上がっています。
変動がはげしいようです。

 

オプションケース。

« 懐かしいフォルムの Optio I-10 その1周辺機器編 (HOYA) | トップページ | 懐かしいフォルムの Optio I-10 その3比較編 (HOYA) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/51264065

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしいフォルムの Optio I-10 その2本体編 (HOYA):

« 懐かしいフォルムの Optio I-10 その1周辺機器編 (HOYA) | トップページ | 懐かしいフォルムの Optio I-10 その3比較編 (HOYA) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ