« 進化するガラパゴス(その4本田雅一氏が見る電子書籍の将来)(みんぽす・モノフェローズセミナー)#minpos | トップページ | 帰ってきたほぼ日手帳WEEKS »

ペリカンの新しいインク エーデルシュタイン インクコレクション オニキス

昨年秋、ペリカンから新しいインクシリーズが発売されました。
って、入手したのは昨年なんすけどぉ~(゚゚ )☆\ぽか

R0013129

化粧品のようなパッケージです。

R0013130

箱の裏にはワールドワイドの表記が(^^;
中国語がすごい。鋼筆専用墨水。雰囲気伝わってきますね。
ちなみに、ワールドワイドに展開する商品はメインとなる言葉が、やはり多国語で表現されていますね。
この辺は、電卓や家電製品などもそうです。
国内メーカーも、日本語と英語だけでなく多国籍に展開するなら、各国用にパッケージングするのではなくやはりワールドワイド対応で作るべきです。
そうすれば余分なお金かからないし。

R0013131

ちょいと別アングルから。
右端がへこんでいて、カラーにより色分けされています。
けっこうおしゃれなパッケージです。
私が選んだのは、珍しく黒。オニキスです。

R0013132

蓋を開けると両側にウレタン?が挟んであって、移送中に割れないように配慮されています。

R0013133

かなり高価そうな瓶です。

R0013134

正面から。どこから見ても美しい。

R0013137

こちらが普及型のインク。

R0013139

正面から。

肝心のインクですが。

R0014060

オニキスと唱うだけあって、真っ黒です。
これはこれで好きな色です。

もう一つ特徴があって・・・

R0014061

ちょっこし、耐水入ってます。
普通のインクだと、水滴を落としただけで文字が消えちゃうんですが。

R0014062

ティッシュで水分を拭いてみました。
極黒や青墨とまでは行きませんが、文字が全く読めなくなる訳ではありません。

  

  

ハイクラスのインクということで、少々お高いですが(^^;
常駐店のセールの時に保護したので痛手は少ないですヾ(^ )コレコレ
でも、お値段なりの満足度が高いインクです。

« 進化するガラパゴス(その4本田雅一氏が見る電子書籍の将来)(みんぽす・モノフェローズセミナー)#minpos | トップページ | 帰ってきたほぼ日手帳WEEKS »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

おおお、瓶がかっちょいい!
最近ペリカンの黒買ったばかりだから、もうちょっと待てばよかったorz

としゆきさん
今度のペリカンインクは本気ですwww
色と言い、耐水性と言いかなり良いです。
もっとも、お値段が半端ないっすけど(^^;

エーデルシュタインインク、どうなんですかね。。。
ほとんど瓶代って話もありますが(笑)

どーむさん
それを言っちゃぁ~・・・以下自粛www
そんなこと言ったら、カランダッシュのアースカラーなんて
ほぼ90%が瓶代ですが(^^;
http://zeak.air-nifty.com/main/2006/11/post_9b11.html

こんばんわ。
インクの瓶、フツーにみるみる増えていくと思うのですが、皆さんどうやって保管されてるんですかねぇ。
私は机の上に並んでるのですが、ホコリが積もって見苦しいのです。
他の方の保管方法がとても気になってます!

MOMOさん
私的には、インクが紫外線などに当たらないように
机の引き出しの中、なるべく冷暗所に箱に入れた
まま、保管しています。
確かに、綺麗な瓶は並べておきたいですけどね(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/51027172

この記事へのトラックバック一覧です: ペリカンの新しいインク エーデルシュタイン インクコレクション オニキス:

« 進化するガラパゴス(その4本田雅一氏が見る電子書籍の将来)(みんぽす・モノフェローズセミナー)#minpos | トップページ | 帰ってきたほぼ日手帳WEEKS »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ