« Olasonic TW-D7WM その1開封編(東和電子) #minpos | トップページ | Traveler'sNotebook 5th Anniversary レザータグ(MIDORI) »

Olasonic TW-D7WM その2本体編(東和電子) #minpos

昨日は、開封だけで終わってしまいましたがヾ(^ )コレコレ
本体編です。

R0014419

こちらが内容物一式です。
左からスピーカー、メインユニット、スピーカー
取説、USBケーブル、リモコン、ドックユニットトレイ×2、AC電源

R0014420

周辺パーツ類。
ACアダプターに、ちゃんとOlasonicって書いてあるのが良いです。
普通安いマシンだと、メーカー名書いてないので、どれがどれだかわからなくなっちゃって(^^;

R0014421

こちらが基本ユニットの形状。
スピーカーは、LRの区別はなく、同じものが2つあります。
こういうのは、間違えなくて良いですね。

R0014422

スピーカーは、表面(白いコーンの方)がツイーターとゆうか、高音域で、裏面(黒いコーンの方)が、バス(低音域)担当というか、分けられています。
なので、小さい割にスゴく良い音がします。
ちょっと見、ぴちょんくんみたいなんですが(^^;

R0014423

こちらが心臓部のコントロールユニット

R0014424

拡大してみました。
手前にリモコン受光部があります。
左から、パワーボタン、ファンクションは、中央部の4つの区分を選択します。

CHARGE:ウォークマンを充電したり、母艦とLinkする
WM:ウォークマンを再生する
AUDIO:iPodやXperiaなどの音声や動画音声の外部出力を再生するのに使います
USB:USBケーブルでPCと接続すると、PCの音声(含む動画音声)を再生します。

右の2つはボリュームコントロールです。
リモコンを使うと、MUTE(消音)、BASSBOOST(低音増強)ができます。

R0014425

コントロールユニット右側。
AUDIO IN:iPodなどのヘッドホン出力と接続することで、Olasonicで再生することができます。
もちろん、TVなどの音声出力も対応。

PHONES:ヘッドホンコネクタ。
これに挿すと、アンプが内蔵されているので、音が大きくなります。

R0014426

裏側
左から、スピーカーコネクタ。ちゃんとR、Lと書いてあるので安心です(^^;
中央は電源、右USB。
USBケーブルはパソコンと繋ぐことで、電源供給とウォークマンと母艦の接続、PC部の音源再生とマルチに使える優れものです。

R0014427

デモ用というか、社内テスト用なども兼ねてロットが若いです。
こんな若いシリアル番号って初めて見た(^^;

R0014441

ドッキングユニット部にトレーをはめた状態。
別に黒でも良かったのですが、先に紹介したとおり、お借りしたウォークマンが白だったの雰囲気で(^^;

R0014442

こんな感じ。
肝心の音は・・・長くなったので続きます(^^;

13578-862-213399
13578-862-213399
 

« Olasonic TW-D7WM その1開封編(東和電子) #minpos | トップページ | Traveler'sNotebook 5th Anniversary レザータグ(MIDORI) »

オーディオ」カテゴリの記事

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/51210925

この記事へのトラックバック一覧です: Olasonic TW-D7WM その2本体編(東和電子) #minpos:

« Olasonic TW-D7WM その1開封編(東和電子) #minpos | トップページ | Traveler'sNotebook 5th Anniversary レザータグ(MIDORI) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ