« 進化するガラパゴス(その2統合型コンテンツ?) みんぽす・モノフェローズセミナー #minpos | トップページ | 進化するガラパゴス(その4本田雅一氏が見る電子書籍の将来)(みんぽす・モノフェローズセミナー)#minpos »

進化するガラパゴス(その3ハード編) みんぽす・モノフェローズセミナー #minpos

前回までは、ソフトウエア(アプリや考え方、システム)について書いてきましたが、今回は皆さんが気になる箱(本体)部分について紹介します。

Dsc02116

電子書籍端末の開発を行うに当たり、色々なユーザーに対し、サイズをリサーチすると、やはりiPhoneとiPadの2つの大きさが好まれることが確認されたそうです。
それをわかりやすく分けると、「デイリーモバイル」と「家中モバイル」だそうです。
私的にはどこに行くにもiPadを持ち歩きますが(^^;
どうも、ある程度大きくなると、自宅でソファーに寝転がって使うというイメージが大きくなるようです。

Dsc02123

当初検討されたモック。右端は現行のガラパゴス。

Dsc02124

友情出演www私のiPad(^^;
当初のモデルは発泡スチロールに紙でプリントアウトしたものです。

Dsc02133

続けて作ったのがwww
電子辞書のBRAINの液晶部分と、W-ZERO3(アドエス)を合体させたもの。
これはグリップ(厚み)のイメージ。
参加者の中では、「これ、キーボード付いていていいやん」っと好評だったもの(^^;
家にあるものでも作れます(゚゚ )☆\ぽか

Dsc02140

その次に考えられたのが、このモデル。
手タレはシンジマンさん(^^;ありがとー

Dsc02137

ちょっと洗練度が足りないような(右端)

とゆうことで、次のようなケースデザインが出されました。

Dsc02142

一番右のは、元祖W-ZERO3のような形状で、一同なじむwww
とゆう訳で、今の形になったのです。

Dsc02147

止まらないガラパゴスの進化。

ガラパゴスは書籍端末だけでなく、今度出るとゆうか今出ているガラパゴスシリーズ(au、SB、docomo)にも搭載されます。
さしずめ、ガラケーならぬガラスマホ(゚゚ )☆\ぽか

Dsc02151

見やすくするためとゆうか、既にガラパゴス用のケースもあります。

次回は、今後の電子書籍の動向について探ります。

このレビューで使用されている商品及びコンテンツ購入代金はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
みんぽす

« 進化するガラパゴス(その2統合型コンテンツ?) みんぽす・モノフェローズセミナー #minpos | トップページ | 進化するガラパゴス(その4本田雅一氏が見る電子書籍の将来)(みんぽす・モノフェローズセミナー)#minpos »

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/50994645

この記事へのトラックバック一覧です: 進化するガラパゴス(その3ハード編) みんぽす・モノフェローズセミナー #minpos:

« 進化するガラパゴス(その2統合型コンテンツ?) みんぽす・モノフェローズセミナー #minpos | トップページ | 進化するガラパゴス(その4本田雅一氏が見る電子書籍の将来)(みんぽす・モノフェローズセミナー)#minpos »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ