« 趣味の文具箱 vol.18 | トップページ | レンズ専門メーカーSIGMAのパワーあふれる体験会(モノフェローズ・シグマ)その1シグマの歴史 »

台湾からきたニュータイプ万年筆 DIAMOND530(TWISBI) その2 本体編

さてお待ちかねの本体編です。

R0012967

箱から出して見ると、ずしりと重いです。
すごい、質感と存在感があります。
大きさ的には、ペリカンM800位あります。あと重さも。

R0012968

こちらが、ピストン吸入のネジ部分(尻軸ですね)
見た目の雰囲気がペリカンM800のスケルトンに似ています(^^;

R0012972

リング部。しっかりしていますね。
マット加工でTWSBIと書いてあり、その後ろにはDIAMOND530と刻印されています。

R0012974

こちらがペン先。
私的に購入したのはM。それ以外にFとEFがあります。
メーカーロゴとtrademarkが刻印。
横にMの刻印がありますが、雰囲気的にはドイツのシュミュット社の感じがします。
たぶんステンレス(いわゆる鉄ペン)かと思います。

R0012977

裏側のペン芯部分。
ちょっとバリとかあって(^^;
でも書き味やインクの流れは悪くないです。

R0012984

キャップ部にもインナーが入っていて、乾燥しないようになっています。

重量:25.8g
一般的な万年筆が、10~20gなので、ちょっと重いかなって感じです。

インクを入れる。

R0012997

デモンストレーター(スケルトン)なので、セーラーのジェントルインク「イエローオレンジ」を入れてみました。
(たぶん、もう製造していないかと。店頭在庫のみですね)
済みません、吸入シーンは撮影しませんでした(^^;

R0012998

こんな感じ。

R0012999

全体像。オレンジが映えます。

R0013001

セーラーのインクの通常市販モデル中で唯一透けて見えるものですね。

R0013003

中華万と一緒にしたら怒られますね(^^;
意外とフローは良いし、引っかかりもないし、バランスも良い、良い万年筆です。
これなら、世界のデザインアワード(レッドドット・デザイン賞)を取る訳だ。

日本も頑張りましょう。

続く


« 趣味の文具箱 vol.18 | トップページ | レンズ専門メーカーSIGMAのパワーあふれる体験会(モノフェローズ・シグマ)その1シグマの歴史 »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

>雰囲気的にはドイツのシュミュット社の感じがします。

たぶん、そうですね。手元の無印万を見たらペン芯の形状が同じでした。(^^)

中華万、重量バランス(とか、異常な重さとか)以外は特に問題ないんですけどねぇ。あ、首軸を変に金属とかで作るから錆びるとかもありますが(ダメじゃん)。

私は中華万も好きですよ。

しまみゅーらさん
ペンとペン芯を作っているメーカーって少ないから限られて
しまいますね。
でも、全体的なバランスが良いので、私的には好きな万年筆
です。
普通の人には、重さ的にはやや重いかも知れません。
感覚的にはM800に近いので、できればBとかBBとかあれば
もっと良いのですがヾ(^ )コレコレ

M800に似ているということは、大きめですね。
ペンの自重に任せて書くといったところでしょうか。
先日も申し上げましたが、パイロットもセーラーもプラチナも、もたもたしていると追い越されるような気がします。

たしかに持ったときのずっしり感が違いますね。
長さもあり重さもあるので私的にはお気に入りの万年筆になりました。

じつは3本目が我が家にやってきました。
別ルートなんですが、ちょっといじって貰ってます♪

よろしかったら見に来てね(^^)

ヘンリーさん
おっしゃるとおりですね。
自重で力を入れずにさらさらと書けます。
リアヘビーと感じる方や女性などは、キャップをしなければ
問題ありませんし。

tenra77さん
やりましたねぇ~すごいです。
いいなぁ。
あー、まあ私的には太字の方が好きなのでまあいっかと(^^;

やはりその点、ペリカン社の優れた技術が継承(?)されてますね。

ヘンリーさん
そうですねぇ。ペリカンも好き嫌いが大きい万年筆だと
思いますが、私的には一番多用している信頼できる
万年筆だと思います。
ぱくるのはどうかと思いますが、システムは一緒なので
結局誰がデザインしても似てしまうのは仕方ないです。

なるほど。「理想のバランス」や「ボールペン慣れした人でも大丈夫」などと各方面で賞賛された理由が分かります。
個体差の問題はどうにかして欲しいものです。

回転吸入式はあれしかデザインがないんですよね。
もしかすると、近いうちに同じメーカーから、カスタム823と同じプランジャー式の万年筆が出たりして……

ヘンリーさん
プランジャーかどうかはわかりませんが、レバーフィラーとか
色々挑戦して出してくるという噂はあります。
お値段の安さと品質を考えると応援したいメーカーです。

意欲的ですね。好感が持てます。
これからの商品展開に期待したいところです。
こんな調子だと、日本のメーカーも努力を怠れば、あっという間に追い越されてしまいますね。

ヘンリーさん
今日、パイロット(メーカーさんと営業さん)の方にお会い
したので、頑張るようにwww
お願いしておきました。(^^;
まあ、世界のパイロットもあぐらをかいていると足下すく
われますよね。

有難うございます。実に頼もしいです。
当地ではボールペンやマーカーは売ってるのに、万年筆だけないのが不思議です。

「盛者必衰」という言葉がありますが、パイロットには頑張って欲しいです。
今の日本は、その言葉どおりに衰えきってますけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/50246453

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾からきたニュータイプ万年筆 DIAMOND530(TWISBI) その2 本体編:

« 趣味の文具箱 vol.18 | トップページ | レンズ専門メーカーSIGMAのパワーあふれる体験会(モノフェローズ・シグマ)その1シグマの歴史 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ