« やっちまったの・・・αNEX-5D(SONY) | トップページ | αNEX-5D 導入・設定編 その3(SONY) »

αNEX-5D 本体編 その2 (SONY)

発売されたのが6月なので、もう既に多くの方がインプレしているので、興味がない方は、スルーしてください(^^;
うれしいから、詳細を説明しちゃいます。

充電

Cimg8332

初めて使う時には、少なくとも取説の中で、バッテリーの項目だけはしっかりと読みましょう。
これで、失敗するとバッテリーが少しの容量しか充電できない癖が付いてしまいます。
確か初めて使う場合3.5時間以上充電します。
あー、基本この手前にある、充電インジケーターが消えるまでと思ってもらえれば良いです。
たぶん、工場出荷時にはフル充電されていると思いますが、店頭や問屋さん、工場の倉庫などでどのくらい保管されていたかにもよります。
すぐに使いたいのはわかりますが、押さえましょう(^^;

本体

Cimg8345

デフォルトで付いてくるのはズームタイプのレンズです。
フードもさかさになって収納されています。

Cimg8346

これで見ておわかりのように、レンズユニットの方が本体より大きいですw。
本体はまさしくカードサイズのコンデジと一緒くらいなので、いかに小さいかわかります。
このシリーズ(NEX-5)、黒(ブラック)と銀(シルバー)がラインナップされていますが、当初レンズと同じ色でいいぢゃんとか思っていて、シルバーを頭に入れていたのですが、ある目的を考えて、ポチる直前にブラックにしました(^^;

Cimg8347

後ろから見たとこ。
最近のミラーレス一眼やコンデジのように、ビデオモード(MOVIE)のボタンは独立しています。
一応、こんなに小さいのに、マイクもステレオになってます。軍艦部、レンズの左右にステレオマイクが付いています。
ちなみに、Rマイクの右隣の・・・はスピーカーです。

Cimg8351

別アングルから。
NEX-5のグリップはかなり深めになっています。しっかりと握れるようになっています。
グリップ上部、シャッター(レリーズ)ボタンの下の白くなっている部分は、別売のリモコン受光部です。
NEX-3には付いていません。
NEX-3は、女性をターゲットにしているので、グリップ部が平たくなっており、本体も一回り高くなっています。

Cimg8353

裏側。コンデジと見まごうほどにあっさりとしています。
ボタンは全部で3つと回転ダイアルが1つ。
これで全機能を設定します。
ちなみに、SONYろごの下部分は、レンズの受け口となっています(^^;

Cimg8373

こちらが裏側(^^;

Cimg8380

カメラの心臓というか、目というか、一番大事な部分ですね。
CCD。ミラーレスのため、いきなり目の前にCCDが出てきます。
APS-Cタイプなので、マイクロフォーサーズよりも一回り大きなCCDとなっています。
普及クラスや入門クラスのデジタル一眼レフの多くが採用しているCCDですね。

Cimg8383

こちらが、銀塩フィルム24mmクラスのパンケーキレンズ。それにしても、大きいですが(^^;
他のデジカメが34~40mm(35mm版相当)と標準レンズ寄りにシフトしていますが、NEX-5(-3)は24mmと広角です。
これはこれで、面白い絵づくりができるのですが、これ一本で何でもまかなうというにはちと厳しいですね。


ストロボ

Cimg8460

ストロボは外づけで、アクセサリーユニットに回して付けます。
SONYらしいデザインと言えばデザインですが、取り付けや外すのに少々面倒です(^^;
小さくて良いのですが、発光はオマケ程度か?
逆行などでデイライトシンクロする時には必要だと思いますが、よるはあまり遠くまで光は届きません。

Cimg8461

撮影するときにはストロボを上げて使います。
この辺は考えて設計されているので、広角レンズでも、光がレンズにかぶることはありません。

Cimg8457

斜めから。

Cimg8458

横から。
夜景モードの場合、6枚ほど連写して、合成するので、ストロボも不要です(^^;
したがって、普段はカバンの中に入れっぱなし。
しかも、ISOが超高感度な上に、ノイズも手持ちのコンデジと比べてもあまり出ないので、ちょっとした明かりがあればストロボが無くても、かなり綺麗に写ります。

続く

 

 

ご覧のように、価格差はあまりありません。
基本構成やエンジンは一緒で、唯一違うのがビデオモード録画。フルハイビジョンで撮れるのがNEX-5、ハイビジョンで撮れるのがNEX-3です。
女性に人気なのが爪が長くても使いやすく、カラバリが多いNEX-3。
ごっつい指でしっかりグリップでき、ちょっとワイルド系がNEX-5。って所でしょうか?


« やっちまったの・・・αNEX-5D(SONY) | トップページ | αNEX-5D 導入・設定編 その3(SONY) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

なかなか高性能なカメラですね。レンズの大きなところは、そこだけ見たら、ジオンのソーラーレイシステムを連想しました。
失礼しました。

こんばんわ。

レンズと本体の、この、アンバランスかげん、どこなで見たよな~、
ゲゲゲの鬼太郎の、目玉オヤジ、だっ。

昔、ゲゲゲの鬼太郎は、毎週楽しみな番組で、なぜか、ココナッツサブレが頭にすり込まれています。

あかぎ

リックディアスさん
ソーラーレイシステムはよく知りませんが(^^;
中身の詰まり具合は半端ないと思いますよ。

あかぎさん
確かに目玉親父と言われればそんな感じですね。
そもそも、本体よりレンズの方が大きいし。

今日のことでしたが、ビックカメラでいじってみたら連写の速さに感心しました。おしゃれなので女性アイテムとしても受けが良いとか。レンズを外すと結構浅い(当たり前か)のでゴミほこりが気になります。でも、格好良いカメラですね。おねだんもお安いのは魅力的(*^-^)

とうほうは、しばらくはフォーサーズとマイクロフォーサーズで走ります。が、そうはいっても小型化はもう飽きてきたので、逆に大型化(ニコンD300s)してみたいお年頃です。

やまかんさん
フォーサーズなどを持っているのでしたら、要らないかと(^^;
確かに、デジ一は魅力ですよね。
個人的には、以前触らせてもらったIOS60Dが気になりますが。
たぶん、買っても持ち歩かない可能性があるので耐えますw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/50016286

この記事へのトラックバック一覧です: αNEX-5D 本体編 その2 (SONY):

« やっちまったの・・・αNEX-5D(SONY) | トップページ | αNEX-5D 導入・設定編 その3(SONY) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ