« BE-PALに来年のマンスリー手帳が付いています | トップページ | スイングのフォームが確認できるEXILIM EX-FC160S 比較編その3(CASIO) »

スイングのフォームが確認できるEXILIM EX-FC160S 本体編(CASIO)

さて、お待たせしました本体編です。

Cimg8118

真っ赤なボディの綺麗なマシンです。
EX-FC160Sは、赤のみのラインナップ。
特殊性を前面に出しているって感じでしょうか?
EX-FC150が、ちょい暗めのレッド?、ゴールド、ブラックのラインナップなので、渋めです。
ラベルには、ゴルファー向けと書いてあります。

Cimg8119

裏面。こちらはごく普通のEXILIMですねぇ(^^;

Cimg8120

EX-FS10と同様ボタン類は高そうです(^^;

Cimg8123

フレーム部がつや消し黒になっています。
前の銀は評判悪かったのかな?

Cimg8126

シャッター部の拡大。シャッターボタンもマット調です。

Cimg8128

撮影していて気になったのが、ストラップホール。

Cimg8129

通常は、右側だけなのですが、EX-FC160Sには両側にあります。
コンデジで普及クラスに両吊りできるストラップホールがあるのは、初めて見ました。
リコーのGRDとか、GXシリーズならありましたけど、カードサイズデジカメにストラップホール2箇所というのは凄いです。
ちなみに、オマケで付いてきたストラップは普通のケータイストラップの形状でしたけどね。
両吊りするのかな?それとも左利き用かな?

Cimg8131

レンズは、F3.6-4.5とそれほど明るくはありません。
まあ、コンデジクラスならこんな感じか?
最短距離は3cm。昔は1cmまで寄れたマシンが多かったのですが、そういうマクロを撮る人は少ないか(^^;
ちなみに、EX-FS10は6cmだから進化ですw

Cimg8133

フレームは、高級デジカメ風の塗装になっています。
イメージ的にはGRDの本体塗装に似ています。
けっこう、作りにお金かかっていそう。

続く

12505-862-187499
12505-862-187499

まだ高いですね。

 

前モデルというか、現行品か(^^;
スイングレッスン機能がないEX-FC150だと半額以下になります。私的に持っているEX-FS10になると1万円切るのかぁ~ずいぶん安くなりましたね。
小ささとバッテリーがあまり持たないのを我慢すれば、シャツのポケットに入るので、便利です。

本文中で紹介したのがこちらです。家電店やパソコンショップなどで売られていると思います。
このほかに、L型もあります。

« BE-PALに来年のマンスリー手帳が付いています | トップページ | スイングのフォームが確認できるEXILIM EX-FC160S 比較編その3(CASIO) »

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/49883132

この記事へのトラックバック一覧です: スイングのフォームが確認できるEXILIM EX-FC160S 本体編(CASIO) :

« BE-PALに来年のマンスリー手帳が付いています | トップページ | スイングのフォームが確認できるEXILIM EX-FC160S 比較編その3(CASIO) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ