« All about LAMY 31 tipo-AL シルバー vs tipo | トップページ | All about LAMY 32 logo »

AVサラウンドレシーバーNR1601その3 設定・体験編(マランツ)

昨日、設定して音が出な~い。とのたまいましたが(^^;

なんのこたぁ~ない、7.1chモードになっていましたorz。
でも、せっかく自動でスピーカーとか判断・分析しているのになんでそのまま音出してくれないんでしょうね。
セッティングをノーマルにしたら出るようになりました。

Cimg8042

iPod(iPod touch)を繋いだところ。
リモコン設定は、USBを選択。しばらくするとiPod(iPod touch)が認識されます。

Cimg8046

メイン画面はモニターに出ます。

Cimg8047

再生中のは、ポールポッツの音楽。
外人さんの英語表記のものは、モニターに出ますが、カタカナや漢字は対応していません。

Cimg8056

こちら、マイケル・ジャクソンのThis is It(TM)。
臨場感ばりばりw

Cimg8057

すみません、ぼけちゃってますが。ステレオのモードです。

Cimg8058

一番、サラウンドシステムの臨場感が伝わるのが、THX(TM)(^^;
言わずもがなの、スターウォーズ。これ、クローンウォーズ(20世紀フォックスTM)のDVDかな(゚゚ )☆\ぽか
ちなみに、THXモードのDVDには、サラウンドシステムのチェックアプリというか、チェック画面が入ってますね。
今回初めて知った(^^;
スターウォーズは、画面のみならず、音響効果で臨場感出しているので、サラウンドシステムは必須ですね。

Cimg8068

サラウンドと言えば、戦争映画でしょう。
とゆう訳で、こちらはトラ!トラ!トラ!(20世紀フォックスTM)のDVD。

Cimg8077

トラ!トラ!トラ!は、1970年の映画ですが、デジタルリマスター版。
一応、当時のドルビーサラウンドシステム(5.1ch)は入っているので、臨場感は抜群。
ちゃんと戦闘機が後ろから来たり、右から左に飛んで後方に飛び去るみたいな感じが出ています(^o^)

あと、昔の東宝特撮映画(デアゴスティーニで)も、途中からドルビーサラウンドや、疑似立体音響などを使っているので、ゴジラの咆哮とか、戦闘機が怪獣に向かってミサイルや大砲を撃つなんてのもかなりリアルに聞こえます(^^;

やはり、男の子wは、戦争かアクション、SF、冒険、怪獣映画でしょう。( ̄▽ ̄)/ヾ(^ )コレコレ
家にあるの音楽DVDはBon Joviかマイケル・ジャクソンしかねぇ~(^^;
あー、アニメやテレビドラマとかは家にないので、なんとも言えません。スマソ
残念ながら、うちの子2号はブルーレイ持ってるけど、我が家にはないし(^^;

と言うわけで、安いシステムでも良いので、スピーカー5~7コ付けて、サラウンドシステムを導入すると、良い感じになります。

これで、3Dに7.1chになれば、ホームシアター完全版になります。
さて、これ借りている間はうれしいから良いけど、返してしまったら、きっと物足りなくなるんだろーなぁ(^^;

 

12694-862-185553
12694-862-185553

« All about LAMY 31 tipo-AL シルバー vs tipo | トップページ | All about LAMY 32 logo »

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/49843360

この記事へのトラックバック一覧です: AVサラウンドレシーバーNR1601その3 設定・体験編(マランツ):

« All about LAMY 31 tipo-AL シルバー vs tipo | トップページ | All about LAMY 32 logo »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ