« iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その1) | トップページ | セーラーペンクリニックin富士に行ってきた »

iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その2)iRobot社の商品群

昨日のiRobot社のロボット紹介に続き(^^;
こちらが、本題のRoomba(ルンバ)の説明です。

Cimg1288

高度なロボットテクノロジーを応用して、汎用の家庭内ロボットを売るためにはどうしたらよいか。について考え開発されたのが、Roomba(ルンバ)です。
人工知能AWARE(R)を使って、人間が面倒と思う作業をさせる。
ルンバは、世界400万台以上を販売することになった、普及型(民生)ロボットです。
それは、アメリカの掃除機市場の5%を占めています。

Cimg1292

iRobot社は、設立当初はほとんど、ロボットとしての高性能さを理解されず、宇宙探査や軍用などの事業展開をしていましたが、2002年を境に、急速に市場を拡大するようになりました。

Cimg1294

日本ではまだ、室内の掃除機ルンバしか展開されていませんが、アメリカなどでは、雨樋の掃除機や床掃除(ウエットタイプ)、プールの清掃など様々な事業展開をしています。

Cimg1310

こちらがプール掃除機のベロ。プールを縦横無尽に走り回って、落ち葉や髪の毛などを清掃するマシンです。
日本では家庭にプールがあると言うことがないので、基本スイミングスクールやプール施設になりますが、若干意向があるのが、温泉施設だそうです。

Cimg1312

雨樋用の清掃マシン。ルージ。これはちょっと大きいので、日本では難しいですが。アメリカではけっこう重要があるそうです。

Cimg1311

フロア洗浄ロボット。スクーバ
これなんか、オフィスの多い大都市圏では売れると思うのですが(^^;
特殊な洗浄液なども含め、今後の展開が期待されます。
というのも、多くのオフィスビルは、清掃会社と契約して、巨大なワックスマシンを使って操作していますが、ゴミ箱のゴミ処理を社員がやって、あとはこのスクーバを走らせるだけで、オフィスが綺麗になるということになれば、経費(人件費)の削減にもってこいだと思います(^^;

ここからは、歴代のルンバの紹介

Cimg1324

こちらが初期型。基本リモコン駆動ですが、強度がS~LにMAXなんていうのもあります。


Cimg1323

第二世代型
見た目もシンプルに、かつ、容量(集塵機)アップが図られています。

Cimg1318

こちら限定版。白モデルと黒モデル。
早く知っていたら、黒がかっこいい(^^;

Cimg1317

こちらは、ピンクリボン(乳がん撲滅キャンペーンだっけか?(^^;)の限定モデル。
左が古いバージョン、右はちょっと前のモデル。

Cimg1314

これは、はあろうきぃてぃ(ハローキティ)バージョンと、ウォーリー(WALL-E)モデル。
いずれも限定(^^;

Cimg1316

非売品ながら(^^;
右、本物の木を貼ったもでる。左、なんとスワロフスキークリスタル(本物)を貼ったイベント展示モデル(^^;

Cimg1315

凄いので、拡大(^^;
いったいいくらするのだろーか。
市販の予定はないとのことですが、そのうち加工用のショップで受けてくれたり(^^;

長くなったので続きます。スマソ



12627-862-182822
12627-862-182822


« iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その1) | トップページ | セーラーペンクリニックin富士に行ってきた »

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/49586882

この記事へのトラックバック一覧です: iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その2)iRobot社の商品群:

« iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その1) | トップページ | セーラーペンクリニックin富士に行ってきた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ