« 来年はセーラープロフィット誕生30周年。すごいものが出ます\(^o^)/ | トップページ | MOLECOVERのモールスキン(MOLESKINE)カバー »

iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その3)ルンバについて(^^;

カテゴリーが電脳小物としてあるのは(^^;
ロボットだから。
掃除機とは言え、電脳小物には弱いのでσ(^^;

それでは、どういう仕組みで動くのか?また、なんでロボットで売り出さなかったのかとゆーことをお聞きしたので、記しておきます。
日本では、ロボットとゆうと、ガンダムやら鉄腕アトムやら、あるいはアシモなど、いまだにおもちゃ的なイメージが強く、ロボットを前面に出すと消費者が拒否反応を示すんだそうです。
あと、実際デモなどをメーカーさんが行っても、「掃除は嫁がやるもの」とか、「こんな機械に掃除をさせても安心できない」、「これで楽をしたら罰が当たる」と、いう反応だったとか

実際、我が家でもデモ機を借りて運用しようとしたら、神さんが「そんなので綺麗になるの?やっぱりダイソンで豪快に吸った方が安心」とか、「自分でやらないと、どこを掃除して、どこを掃除しないかわからない」というコメントをいただき、誰も居なくなったときに、ひっそりとオートで走らせておりました(爆)

そう、この話を聞くまでは(^^;

まず、iRobot社ルンバの言いたいこと。
マイナスをゼロに戻す作業は、ロボットに任せる。人間はプラスを作り出すクリエイティブな家事(作業)を行う。
空いた時間は、他の家事や趣味、家族との団らんの時間に活用。

ええこと言うなぁ~。
って、掃除は神さんが主にやる。ってゆうか、私がやると、四角い部屋を丸く掃くから(゚゚ )☆\ぽか

もう一つの名言
人は飽きる。ロボットは飽きない。1時間同じ場所を掃除できるぅ?みたいなぁ~
私は10分でへたる(^^;

ここからは、テクニカル部門のマネージャー曽根さんが解説。

Cimg1338

同じ場所を4回も掃除するんですね。
その結果、ゴミ除去率99.1%(@@;
このお話しを聞くまでは、何でさくっと次に行かないのかと思って、移動させていました(^^;
どうりで、何度も同じ場所を掃除するんですね。

Cimg1356

ちなみに、これがマシンの集塵機部分。左から、初代、二代目、現代。
チリの受け口が、時代を経て大きくなっています。

Cimg1355

上のユニットには、大きめなゴミが入ります。糸くずとか輪ゴムとかw。
下のフィルターには、目にあまり見えない綿埃が入ります。

メーカーさん曰く、「お客様の中で、ホームシアターを投影して使っている家で、映写機にホコリが舞わなくなった。」とか、「蛍光灯の上のホコリが無くなった(あるいは少なくなった)」ということです。

マシンの裏側変遷

Cimg1345

こちらが初代。上にある穴にはバッテリーが入ります。
左上(使用状態だと右上)のブラシは2本ですね。

Cimg1351

こちらは、第二世代?ブラシがゴムになっています。
ちゃんと書き出せるのかな?
なんかすぐに劣化しそう。

Cimg1346

こちらが、現行のルンバ。
ブラシが3本になり、前の車輪の形状が変わっています。
前輪が白黒なのがわかりますか?これが回転することにより、ルンバたんが、動いているかいないかの判断をするのだそうです。もうセンサーの塊(^^;

Cimg1369

ルンバには、3つの外部パーツがあります。これについては、使用編でも説明します。

ホームベース(ドッキングユニット):ルンバたんのお部屋。ご飯食べたり(充電)、寝る場所ね。
バーチャルウォール:それ以上掃除に行って欲しくないために、赤外線で疑似壁を作る。
お部屋ナビ:25分一つの部屋を掃除すると次の部屋に行ってね。とゆう指示マシン。

ちなみに、うちは1Fが、風呂場とトイレを除けばほぼワンルーム。2Fには3部屋あるけど、ドア開ければ段差梨のワンルーム的な感じなので、お部屋ナビは使ったことないわ。

Cimg1375

効率的にこれらの機器を配置するに最適な場所は、Bということになります。
ちなみに、赤部分はルンバたんが掃除できない場所。
したがって、部屋の隅々までそうじするには、Bが正解だそうです。

では、どうやって自分の家(ホームベース)を認識するのかというと、

Cimg1378

フロント部にセンサーがあって、光を受診し自動で戻るんだそうです。
ちなみに、自分で「そろそろ腹減ったから食事に帰らなければ」となると、掃除の途中でも勝手に戻ってくるんだそうです。
途中で電池が尽きて、行き倒れにならないか聞いてみましたが、途中で何かにひっかかってエラーにならない限り。
戻ってくるそうです。
どうりで、タイマーで操作設定しておいても、いつでもホームベースに居るわけだ(^^;
と言うわけで、ちゃんと掃除しているか、タイマーではわからないので、帰宅してからルンバたんを起動させてあげるようにしました。信用していないことバレバレ(爆)

Cimg1387

理想のホームベースの配置。
部屋の隅とか、廊下の角など狭い場所に置くと、戻ってこれない可能性が高いんだそうです。

済みません(汗)
長くなったのでまた続きます。



12627-862-182875
12627-862-182875

« 来年はセーラープロフィット誕生30周年。すごいものが出ます\(^o^)/ | トップページ | MOLECOVERのモールスキン(MOLESKINE)カバー »

モノフェローズ・みんぽす」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/49587675

この記事へのトラックバック一覧です: iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その3)ルンバについて(^^;:

« 来年はセーラープロフィット誕生30周年。すごいものが出ます\(^o^)/ | トップページ | MOLECOVERのモールスキン(MOLESKINE)カバー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ