« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その3)ルンバについて(^^;

カテゴリーが電脳小物としてあるのは(^^;
ロボットだから。
掃除機とは言え、電脳小物には弱いのでσ(^^;

それでは、どういう仕組みで動くのか?また、なんでロボットで売り出さなかったのかとゆーことをお聞きしたので、記しておきます。
日本では、ロボットとゆうと、ガンダムやら鉄腕アトムやら、あるいはアシモなど、いまだにおもちゃ的なイメージが強く、ロボットを前面に出すと消費者が拒否反応を示すんだそうです。
あと、実際デモなどをメーカーさんが行っても、「掃除は嫁がやるもの」とか、「こんな機械に掃除をさせても安心できない」、「これで楽をしたら罰が当たる」と、いう反応だったとか

実際、我が家でもデモ機を借りて運用しようとしたら、神さんが「そんなので綺麗になるの?やっぱりダイソンで豪快に吸った方が安心」とか、「自分でやらないと、どこを掃除して、どこを掃除しないかわからない」というコメントをいただき、誰も居なくなったときに、ひっそりとオートで走らせておりました(爆)

そう、この話を聞くまでは(^^;

まず、iRobot社ルンバの言いたいこと。
マイナスをゼロに戻す作業は、ロボットに任せる。人間はプラスを作り出すクリエイティブな家事(作業)を行う。
空いた時間は、他の家事や趣味、家族との団らんの時間に活用。

ええこと言うなぁ~。
って、掃除は神さんが主にやる。ってゆうか、私がやると、四角い部屋を丸く掃くから(゚゚ )☆\ぽか

もう一つの名言
人は飽きる。ロボットは飽きない。1時間同じ場所を掃除できるぅ?みたいなぁ~
私は10分でへたる(^^;

ここからは、テクニカル部門のマネージャー曽根さんが解説。

Cimg1338

同じ場所を4回も掃除するんですね。
その結果、ゴミ除去率99.1%(@@;
このお話しを聞くまでは、何でさくっと次に行かないのかと思って、移動させていました(^^;
どうりで、何度も同じ場所を掃除するんですね。

Cimg1356

ちなみに、これがマシンの集塵機部分。左から、初代、二代目、現代。
チリの受け口が、時代を経て大きくなっています。

Cimg1355

上のユニットには、大きめなゴミが入ります。糸くずとか輪ゴムとかw。
下のフィルターには、目にあまり見えない綿埃が入ります。

メーカーさん曰く、「お客様の中で、ホームシアターを投影して使っている家で、映写機にホコリが舞わなくなった。」とか、「蛍光灯の上のホコリが無くなった(あるいは少なくなった)」ということです。

マシンの裏側変遷

Cimg1345

こちらが初代。上にある穴にはバッテリーが入ります。
左上(使用状態だと右上)のブラシは2本ですね。

Cimg1351

こちらは、第二世代?ブラシがゴムになっています。
ちゃんと書き出せるのかな?
なんかすぐに劣化しそう。

Cimg1346

こちらが、現行のルンバ。
ブラシが3本になり、前の車輪の形状が変わっています。
前輪が白黒なのがわかりますか?これが回転することにより、ルンバたんが、動いているかいないかの判断をするのだそうです。もうセンサーの塊(^^;

Cimg1369

ルンバには、3つの外部パーツがあります。これについては、使用編でも説明します。

ホームベース(ドッキングユニット):ルンバたんのお部屋。ご飯食べたり(充電)、寝る場所ね。
バーチャルウォール:それ以上掃除に行って欲しくないために、赤外線で疑似壁を作る。
お部屋ナビ:25分一つの部屋を掃除すると次の部屋に行ってね。とゆう指示マシン。

ちなみに、うちは1Fが、風呂場とトイレを除けばほぼワンルーム。2Fには3部屋あるけど、ドア開ければ段差梨のワンルーム的な感じなので、お部屋ナビは使ったことないわ。

Cimg1375

効率的にこれらの機器を配置するに最適な場所は、Bということになります。
ちなみに、赤部分はルンバたんが掃除できない場所。
したがって、部屋の隅々までそうじするには、Bが正解だそうです。

では、どうやって自分の家(ホームベース)を認識するのかというと、

Cimg1378

フロント部にセンサーがあって、光を受診し自動で戻るんだそうです。
ちなみに、自分で「そろそろ腹減ったから食事に帰らなければ」となると、掃除の途中でも勝手に戻ってくるんだそうです。
途中で電池が尽きて、行き倒れにならないか聞いてみましたが、途中で何かにひっかかってエラーにならない限り。
戻ってくるそうです。
どうりで、タイマーで操作設定しておいても、いつでもホームベースに居るわけだ(^^;
と言うわけで、ちゃんと掃除しているか、タイマーではわからないので、帰宅してからルンバたんを起動させてあげるようにしました。信用していないことバレバレ(爆)

Cimg1387

理想のホームベースの配置。
部屋の隅とか、廊下の角など狭い場所に置くと、戻ってこれない可能性が高いんだそうです。

済みません(汗)
長くなったのでまた続きます。



12627-862-182875
12627-862-182875

来年はセーラープロフィット誕生30周年。すごいものが出ます\(^o^)/

先日、川口先生のペンクリニックに行って聞いてきた情報セーラーの営業さんに教えていただきました。
来年はセーラー100周年なのですが、中身は相変わらず、川口先生も教えてくれず(^^;
にこやかに笑っているだけ。
先生曰く、「あんたが前に言っていた、80周年モデルのプロフィット、来年30周年に出るよ。そっちに方がいいかも」ってな感じで言われまして(^^;

そりゃもう、スゲーのひと言。
なんですごいのか。

その前に、前回25周年の時に出たのが、長原息子作の細美研(さいびとぎ)
これはこれで、超細字が書けるすぐれもの。
人気のため、定番化いたしました。
興味がある方は、リンク先でシリーズエントリしていますので、そちらをご覧ください。

ちなみに、1mmのマス目に字が書けますし、米にも字が書けます

さて、来年春発売予定のプロフィットですが・・・

Cimg7568

なんと、セーラーの80周年記念の時に、プロデュースされ
未だに人気のブライヤー仕様です。\(^o^)/ワーイ
図が見にくい?

Cimg7569

これならどう?
80周年は金メッキ仕様でしたが、今度は全体シルバーメッキ版

いただいたのは、カラーコピーなので、スキャンすれば良かったか(^^;
まだ、生産本数は決まっていないそうですが、最低500本、行って1000本。
たぶん500本あたりが妥当な本数ではと思います。(予測)

気になるお値段ですが、108000円とか。(@@;
ちなみに、80周年のブライヤーで未使用(小使用)でオークションで15~20万前後。
柘植(つげ)製作所さんで、定番のブライヤーは15万×税です。
前に、ナガサワさんがマドロスという半分ブライヤーのを出しましたが、これも8万円くらい。
半分ブライヤーで半分はエボナイトなんてのもありますが・・・
それを考えるとお安いかも。

あー、セーラーの営業さんから、どんどん宣伝してねと言われまして(^^;
それによっては、製作制作本数が増えるのかな?ヾ(^ )コレコレ

さて、皆さんどうされます?

セーラーペンクリニックin富士に行ってきた

かなりな量を川口先生に見てもらっているので、とりたてて不調なものはないのですが(^^;
常駐文具店が富士市にショップを出すということで、お祝いにって、何も持ってかなかったですが(゚゚ )☆\ぽか
とりあえず、綾しげな文具をいくつか入手。
これについては、また別の機会に。

Cimg1418

こちらがショップ外観。AEONグループのマックスバリューが、新富士駅西、富士駅南にあたる部分にオープン。
デァ・クレエ(ドイツ語で四つ葉という意味)です。

静岡店ほどではありませんが、万年筆おいてあります。入って左側が万年筆棚。

Cimg1412

入口のようす。
目に付くところにも万年筆や高級筆記具があります。

Cimg1413

右手は、お子様仕様のファンシー文具コーナー。

Cimg1416

左側がセレクト文具系コーナーです。

Cimg1417

こんな感じで、クリニック行われていました。
当日は26日。
前日は日本橋丸善でクリニックやっていて、翌27日は名古屋と言ってました。
昨日は東京で、「伊東屋までは、行ったのですが」と言ったら。(^^;
先生に、「セーラーのサイト見とらんからや」と笑われてしまいました(爆)


iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その2)iRobot社の商品群

昨日のiRobot社のロボット紹介に続き(^^;
こちらが、本題のRoomba(ルンバ)の説明です。

Cimg1288

高度なロボットテクノロジーを応用して、汎用の家庭内ロボットを売るためにはどうしたらよいか。について考え開発されたのが、Roomba(ルンバ)です。
人工知能AWARE(R)を使って、人間が面倒と思う作業をさせる。
ルンバは、世界400万台以上を販売することになった、普及型(民生)ロボットです。
それは、アメリカの掃除機市場の5%を占めています。

Cimg1292

iRobot社は、設立当初はほとんど、ロボットとしての高性能さを理解されず、宇宙探査や軍用などの事業展開をしていましたが、2002年を境に、急速に市場を拡大するようになりました。

Cimg1294

日本ではまだ、室内の掃除機ルンバしか展開されていませんが、アメリカなどでは、雨樋の掃除機や床掃除(ウエットタイプ)、プールの清掃など様々な事業展開をしています。

Cimg1310

こちらがプール掃除機のベロ。プールを縦横無尽に走り回って、落ち葉や髪の毛などを清掃するマシンです。
日本では家庭にプールがあると言うことがないので、基本スイミングスクールやプール施設になりますが、若干意向があるのが、温泉施設だそうです。

Cimg1312

雨樋用の清掃マシン。ルージ。これはちょっと大きいので、日本では難しいですが。アメリカではけっこう重要があるそうです。

Cimg1311

フロア洗浄ロボット。スクーバ
これなんか、オフィスの多い大都市圏では売れると思うのですが(^^;
特殊な洗浄液なども含め、今後の展開が期待されます。
というのも、多くのオフィスビルは、清掃会社と契約して、巨大なワックスマシンを使って操作していますが、ゴミ箱のゴミ処理を社員がやって、あとはこのスクーバを走らせるだけで、オフィスが綺麗になるということになれば、経費(人件費)の削減にもってこいだと思います(^^;

ここからは、歴代のルンバの紹介

Cimg1324

こちらが初期型。基本リモコン駆動ですが、強度がS~LにMAXなんていうのもあります。


Cimg1323

第二世代型
見た目もシンプルに、かつ、容量(集塵機)アップが図られています。

Cimg1318

こちら限定版。白モデルと黒モデル。
早く知っていたら、黒がかっこいい(^^;

Cimg1317

こちらは、ピンクリボン(乳がん撲滅キャンペーンだっけか?(^^;)の限定モデル。
左が古いバージョン、右はちょっと前のモデル。

Cimg1314

これは、はあろうきぃてぃ(ハローキティ)バージョンと、ウォーリー(WALL-E)モデル。
いずれも限定(^^;

Cimg1316

非売品ながら(^^;
右、本物の木を貼ったもでる。左、なんとスワロフスキークリスタル(本物)を貼ったイベント展示モデル(^^;

Cimg1315

凄いので、拡大(^^;
いったいいくらするのだろーか。
市販の予定はないとのことですが、そのうち加工用のショップで受けてくれたり(^^;

長くなったので続きます。スマソ



12627-862-182822
12627-862-182822


iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その1)

iRobotと言えば、ウィルスミスが出演した、ロボットが反乱を起こすちょっと怖い映画。(^^;
私的には、軍事ヲタではありませんが、近年急速に発展している、ロボット産業分野の草分けとしてロボットが救助や爆弾処理をする光景をニュースなどで見て知っていましたが、お掃除ロボットをiRobot社が作っているということまで知りませんでした(^^;
普通は逆でしょうか(゚゚ )☆\ぽか

iRobot社のRoomba(ルンバ)を扱っている、セールス・オンデマンド社の徳丸さんと金子さん

徳丸さん曰く、「ルンバの知名度は高いが、アイロボットの知名度は少ない」ということでしたが(^^;
私は、映画やニュースなどで出てくるロボットの方が先に知っていましてぇ~w

Cimg1237

iRobot社は、MITの人工知能研究者が創設。
創設の目的としては「ロボットで世界を変える」でした。
これが発展していくと、いずれスカイネットが誕生して、ターミネーターが生まれ(゚゚ )☆\ぽか

注:画面が綺麗でないのは、持って行ったデジカメがバッテリー不良で動かなくなってしまって(^^;
  お散歩用に持っていたデジカメで撮ったからです。ご了承ください。(汗)

Cimg1243

基本コンセプトは3D(日本でいうところの、3Kですな)。人が行う、つまらない、汚い、危険な仕事は、ロボットが解決する。です。

確かに、地雷除去や不審物(爆弾)の処理とか、がれきの下に入って人を探すなどは、人間よりもロボットの方がセンサー付いているし、安全ですね。

Cimg1245

そこで、開発されたのが、これらのロボット達。
一つは政府(軍や警察)関係などが行う探査、発見、処理のロボット。
もう一つが、ルンバに代表される家庭用ロボットです。

Cimg1251

iRobot社は、ロボット製造業界で唯一ナスダック上場を果たしております。
ただ、それは近年の話で、設立当初の1990年はIT系花盛りの頃で、おもちゃとしか見られないロボット開発に投資する企業家はほとんどおらず、その運営には困難を極めていたようです。

Cimg1265

そのうち、ユーザーの声を反映し、様々な企業とのコラボレーションを組んだことにより、知名度がようやく上がったそうです。
左:石油掘削(探査)用ロボット、おもちゃにロボットの知能を組み込む、清掃関係。

Cimg1266

その後の研究で多目的作業用ロボット、パックポットが誕生。
これって、某ディズニーのロボット映画(戦闘用ロボットNo9が感情を持って冒険する映画:タイトル忘れた(゚゚ )☆\ぽか)に似ていません?

Cimg1270

爆弾により粉々になってしまうこともあります。
現在は、世界で2000台以上使われているそうです。
アメリカの人気ドラマCSIにも出ているそうです。(未見なのでどんな話かわかりません。スマソ)

Cimg1275

こちらがパックポット。って開いとらん(^^;
初公開?初上陸?とか。

Cimg1277

こちらが本物。
なんか、ギミックだけなら簡単に作れそう(゚゚ )☆\ぽかあほ
正面ですね。
手前の棒などにユニットを色々とくっつけて、人命探索、爆弾探査などできるようです。
後側にあるのがセンサー部。これが立ち上がって走行します。

Cimg1278

別アングルから見たら、あちこちにセンサー類が付いているのね。
中央とkじゃレバー右側とか。

Cimg1284

こんな感じで動作するようです。

Cimg1313

こちらがモニターカメラや各種センサー。
爆弾や時限装置なども探査できるのかな?ドラマではやってるけど。
きっとできるんでしょう。

って、ロボットの説明だけで終わってしまった(゚゚ )☆\ぽか
つづく



12627-862-182783
12627-862-182783

LAMY×LEUCHTTURM1917 vs MOLESKINE REPORTER

さて、ロイヒトトゥルムと良く比較されるのがモールスキン(MOLESKINE:モレスキン)です。
ってゆうか、ロイヒトトゥルムは数年前に日本に入ってきたゲルマン系の手帳ですね。

Cimg7440

まだ紹介してなかったかも知れない(^^;
モールスキン(モレスキン)のレポーターです。
ロイヒトトゥルムアジェンダの方が8~10mmほど背高です。
ロイヒトトゥルムアジェンダ 135.8g
モールスキンレポーター   131.8g
なので、わずか4g

Cimg7442

手前がロイヒトトゥルムアジェンダ、奥がモールスキンレポーター

Cimg7444

開いたところ。
雰囲気くりそつ(^^;
記載内容は違いますけどね。
もちろん、ロイヒトトゥルムは謝礼の記入欄はありません。

Cimg7446

ロイヒトトゥルムはインデックス付き。
モールスキンレポーターはいきなりから書き始められます。

Cimg7450

後ろの頁のポケット。
どこまでもくりそつですw。

LAMY×LEUCHTTURM1917コラボ手帳(ラミー・ロイヒトトゥルム)

東京に行ったときに伊東屋で発見(^^;

Cimg7401

LAMYロゴが型押しされています。

Cimg7402

裏面。
買った時には気がつかなかったのですが、よくよく見ると・・・

Cimg7403

LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム)って書いてあるぢゃありませんか\(^o^)/

Cimg7412

お値段は税込み525円
ロイヒトトゥルムの同じモノ(アジェンダブロック)だと、税込み1470円なので(^^;
ちなみに、安かったので最初2冊買ったのですが、あとでもう一冊保護。
うち1冊は、LAMYファンのうちの子2号にあげてしまった。
それでも、本家ロイヒトトゥルムの1冊分(^ー^;

肝心の中身ですが。

Cimg7405

フタ開けたとこ。
ロイヒトトゥルムの刻印と、名前、住所欄。
残念ながら、モールスキン(MOLESKINE、モレスキン)のように、拾ってくれたかたはなんちゃらというのは書いてありませんw

Cimg7406

ロイヒトトゥルムの良い所は、最初の方にインデックスが付いていること。
これで、どこに何を書いたのかわかるように、検索精度が上がります。

Cimg7407

メッシュタイプのメモ帳ですが、上欄には、日付やタイトルなどを入れる欄が付いています。

Cimg7447

もう一つ気が利いているのは、頁(ノンブル)が最初から印刷されていること。

Cimg7449

最後は94頁でした。
あと、基本片面のみで、裏は白。当然ナンバリングも片面のみです。
裏は使わなくても、スケッチなどで使っても良しってところでしょうか?

Cimg7409

また、63頁以降はミシン目が入っていて、メモしたモノを相手に渡すこともできます。

こちらで、インク抜けについて書かれていますが、まあ基本モールスキン(MOLESKINE:モレスキン)と同じと見てよいでしょう。(^^;
ぢつはまだ書いてなかったり(゚゚ )☆\ぽか

ネットで調べてみたら、6月頃に発売されたLAMYのキャンペーン用で、サファリの万年筆とボールペンとセットになって売られていたようです。
これはこれで安いです。

もしかしたら、まだ紹介した手帳は売られているかも知れません。
って、購入したのは9月中旬でしたが(゚゚ )☆\ぽか

セットモノは、楽天さんではこちら
その他では、こちら
セットは、6月頃から出てたのね(^^;知らなかった。

おもろい名前の「ナカトジ~ル」まんまやんw (MAX)

昨日は、専用のマシンを使いましたが、手持ちのホチキス(注:標準タイプね)を使って中綴じをするマシンが、これだ(゚゚ )☆\ぽか

Cimg7034

袋に入ってますが(^^;
型番はMC-140
ステープラー(ホッチキス)で有名なMAX製です。

Cimg7035

取説は裏面に。

Cimg7037

こんな感じですね。

Cimg7040

ルーペ、分度器、コンパス、スケールなどがあります(^^;
単純にホチキスだけでなく、色々な機能が付いているので、これで350円は安いです(^^;


雑誌風に中綴じが簡単にできるステープラー(ホチキス)ETONA

昔から使っているので、今でも売られているかはわかりませんが(゚゚ )☆\ぽか

Cimg7100

ごく普通のステープラー(ホチキス:某用語集では、紙とじ機w)

Cimg7101

綴じ部分が回転して・・・

Cimg7102

中綴じが簡単にできます。

Cimg7103

反対側も。

Cimg7104

ちょっとずれちゃってますが(^^;
ちゃんと中央部分を綴じることができました。

特殊なステープラー(ホチキス)を使わなくても手持ちのホチキスで簡単に中綴じができるマシンもあります。
それは続く(^^;


栄養機能食品BION3(バイオン3:サトウ製薬)その後のようす(^^;

以前、モニターに当たったBION3ですが、そろそろ1か月になります。
精密検査をしたわけではないので、何とも言えませんが(^^;
体調はすこぶる快調です。
10月下旬に定期健診(血液検査等)があるので、具体的な数値が下がったかどうか判明する予定です。
また、その時にでもご報告いたします。
期待してお待ちください。
悪くなっていたらどうしよ(゚゚ )☆\ぽか

過去の紹介は、栄養機能食品BION3を食す(^^;(バイオン3:サトウ製薬)

ちなみに、ダイエットを促す食品ではありませんが、ここ1か月は下がって安定しております。
特に夏ばてとか夏痩せとかではありません。食欲はごく普通でしたし。
えー、いま69~68前後ってとこ。(ジャージ+Tシャツ着用)ちなみに服用前は、72~73位(^^;
それよりも、疲労度が違うような気がします。
一粒で三度おいしいのでばっちり。(^^;
あーおいしいとゆうのは、効果で、実際はちょいこなっぽい香りがしますがw

BION3の紹介サイトは、こちら

本記事は、サトウ製薬?佐藤製薬?さんの提供でお送りしております。(^^;

新しいタイプの参加者反応Webか?『優木まおみにアタックなう。』(^^;(Gillette)

以前、ジレットキャンペーンでは、ゲーム型のくじで当たった人にジレットが当たるというものをやっていましたが、今回は優木まおみさんを口説こうというものw
バラエティやCMくらいでしか知りませんが(゚゚ )☆\ぽか
ウィキると、タレント、グラビアとあります(^^;知らなかった

でもって、どんなものかは、リンクをぽちってもらうとして、面白いのがくどき文句を入力して、彼女の反応がTwitterでつぶやけるというもの。
入力する言葉によって、返ってくる反応が沢山あるらしいです。

これからのWebCMというか宣伝は、双方向型プラスTwitterなどへのリンクという形で広がっていくという可能性を秘めている面白いWebサイトです。
どんなものかは、ポチってみてください。

肝心のサイトは、こちらからでも行けます。

そのうち、PCやiPhoneなどで、双方向テレビ電話っぽく話ができるウェブサイトなんかが出てくるのかな?

本ブログは、Gilletteのプロモーションでお送りしております。

The Complete 360°Roll Up Journal (ZEQUENZ)

ZEQUENZ(ジークエンス)の360手帳は、1989年生まれなので、数ある手帳(ノート・メモ帳)の中では、比較的新しいメーカーです。

Cimg6512

私的に入手したのは、Sサイズというか、その中の厚いモノ。
105mm×140mm厚さが22mm
70kgの200枚入

Cimg6513

表紙はポリウレタン(PU)の合成皮革風。
ちゃんと、ロゴがエンボス加工されています。

Cimg6515

この360°と書いてあるタグは、磁石になっていて、栞(しおり)も兼用です。

Cimg6516

中の罫は、4mm×4mmのメッシュとなっています。
このほか、ブランク(白紙)、ルールド(横罫線)、半分白で半分罫のノートスケッチなどがあります。

この手帳の360°たる名称は・・・・

Cimg6517

こちらから来ています(^^;
もちろん、1枚だけ持って下げても大丈夫。

Cimg6518

表紙が軟らかいので、こういうこともできます。

Cimg6519

普段は、こんな感じでしょうか?
それなりに耐久性のある手帳ですが、店頭などに展示してあるサンプル品の中には乱暴に扱って用紙が割れているものもあります。(きっっと、見本を見て乱暴に扱ったんでしょうね)
ただし、普段使いする分にはそうそう割れるものではありません。

伊東屋さんをはじめ、大手文具店で取り扱っています。

定価は税込み945円なんすけど、恒例の3割引で買ったので(^^;

トラベラーズノートパスポートサイズ ダイアリー2011

ついに出ました(^^;
トラベラーズノート パスポートサイズダイアリー2011

Cimg7413

本家のトラベラーズノートと同色で、これは毎年同じ色ですねぇ。
統一されていて良いかも。

Cimg7414

裏面です。

Cimg7415

開けた所。
取説とおまけのシールが付いています。これは限定ではないと思いますが(^^;

Cimg7417

2年分のカレンダー

Cimg7418

年間スケジューラー
ちょいと画面が小さいので字を書くというより、ラインで予定を入れるという使い方の方が合っていそう。

Cimg7419

肝心のスケジューラー部分。私的にはカレンダータイプをチョイス。
予定はだいたい年間で計画されるのでこのくらいがちょうど良いです。
バーチカルタイプ横書き見開き一週間も出ています。

Cimg7421

トラベラーズノート同様、オマケの頁があります。

裏面は

Cimg7422

パスポートに記入するような項目があります。

Cimg7423

フリータイプのスケジューラーと並べてみました。
フリータイプのものと比べると色が若干濃いめですね。

ATOKPad for iPhone & ATOKPad for Windows

日本を代表するIMEのジャストシステムが、万を持して出してきたのが、ATOK for iPhone
残念ながらiOSの仕様で、IME(FEP)として直接システム内での使用はできないのですが、ATOKPadというアプリケーションを使うことで、ATOKを使って変換ができるようになります。

Atok00

一番左がオープニング画面。
通常の変換形状。
フリック(変換したい音を押さえて上下左右に変換したい言葉が出る)もできます。
左端のアイコンで換えることができます。
私的にはあまり要らないのですが、絵文字というかアイコンも大量にあります。
ただし、これは機種依存文字なので、Twitterやメールなどに添付しても■や=などになる可能性があります。
iPhone同士とかケータイへのメールなどは大丈夫かと思います。
が、私的にはiPhoneは持っていないので(^^;

Atok01

変換はケータイ風、キーボード風、新たな機能としてリボルバー風変換というのができます。
リボルバー機能とは、左側の円をぐりぐり回すと、右側の選択肢が変わります。
ただし、五十音並びなので私的には文字を読んで探してしまうので、少し使ってみましたがどうもなじめません(^^;
とゆうわけで、やはりキーボード入力の方が高速入力ができます。

Atok02

横にすると打ちやすさはさらにまします(^^;
ちなみに、このATOKPadで作成した文章をTwitterやメール、SMSなどに送ることができます。
通信環境が整っていればiPodTOUCHからでも送ることができます。

デフォルトの上の色は赤でしたが、ロディア風の色にして使っています(^^;
また、背景もメッシュ、ルールド(横線)、無地などに変更することもできます。

Atokpadwin

こちらが、ATOKPad for Windowsです。
今までは、ctrlを2回押すと勝手にATOKPadがWindowsの前面に開いてうざかったのですが(^^;
ベータ版3に最近なってから、使いやすくなりました。
どちらのアプリも現状入力文字数が出てくれるので、ツイッターでつぶやく人には良いと思いますw

通常は1200円ですが、APPアプリ登録記念セールとして9月26日までは900円で売られています。

ただし、現状ではiPadには対応していません。また、ワイヤレスキーボードにも対応していませんのでご注意下さい。

P790を始めとする外部充電器比較に関する実験w

はじめに、どんな充電器が手元にあるか紹介します。

Cimg5754

以前docomoでもらった補助充電アダプター。こちらは大きさ比較用(友情出演w)

Cimg5755

iCharge ecoソーラーチャージも可能(けど、時間かかるし)
それとeneloopモバイルブースター単三電池2本タイプ。(写真無しヾ(^ )コレコレ)

Cimg5761

iPadに繋げてみました。
出力が弱いのか、充電されませんorz

Cimg5764

iCharge eco
こちらは、ちゃんと充電開始されました。
けっこう充電器が熱くなりますw

Cimg5767

eneloop充電器。
こちらでも充電開始しました。
どれだけの時間充電できるかわかりませんが、緊急時には使えそうです。

ココログコメント障がいにつき・・・・ お返事遅れました。

ここ数日、コメントがちゃんと反映されなかったり、コメントが前後したり。
あるいは、コメント通知メールが全く来なかったりといったことが発生しておりました。

さっき、メール見たら15件メールが入っていてその大半がコメントでした。
それも、連休中に寄せられたコメントでした。
しかも順番ばらばら。
コメント通知メールはなかったけど、アクセスラインにコメントとして表示されているもの
もありました。その辺が不思議です。

質問された方、返事が遅くなって済みませんでした。
いつもコメントされる方、別に規制していた訳でなく、ココログ自体が障がいが発生して
いたようです。

==========ここから==================

ココログベーシック/プラス/プロ/フリーのモブログ機能および、コメント通知機能につきまして、以下の日時にて障害が発生しておりました。大変申し訳ございません。

現在は復旧しております。

詳しくは以下をご参照頂けますよう宜しくお願い致します。

========================================================
 詳細情報
========================================================

【障害発生日時】

 9月19日(日) 4:00 ~ 9月21日(火)13:30

【対象ユーザー】

 ココログベーシック/プラス/プロ/フリー利用者

【影響内容】

 ・モブログでの投稿が一定の確率で失敗してしまう
 ・コメント通知が一定の確率で失敗してしまう

【原因】

 ハード障害のため

========================================================

 ご利用の皆様にはご迷惑をおかけいたしました。今後ともココログをよろしくお願いいたします。

==========ここまで==================

コメント書いたけど掲載されていないとか、レスねぇぞ~とゆう方、ご一報ください(^^;
もしかしたら、怒濤のコメントに埋もれて気がついていないかも(汗)

電源周りの壁紙の黒ずみを簡単に綺麗にするTips

コンセントの周辺って、発熱などから知らない間に黒ずんでしまいます。
また、エアコンを取り替えたりすると、昔のモノよりも省電力かつ小型化が進んでいるため、付け替えた跡が黒く残ってしまいます。
洗剤を含ませたぞうきんなどで拭くと余計に汚れがひろがってしまったりします。

先日、会社の照明器具をLEDに替えたときに、業者さんから教えてもらったTipsです。

Cimg7462

蛍光灯を外したため、天井のクロスがけっこう黒ずんで差が出ています。
特に、トランス周りの汚れが真っ黒くなっています。電源のオンオフでホコリなどが吸着しやすくなるんでしょうね。

Cimg7464

使うのは、これらプラスチック消しゴム。
あー、昔ながらのゴムや砂消しなどの研磨剤が入ったものは不可です。
別にMONOでもなんでも良いです(^^;
それで汚れた部分をこすると・・・・

Cimg7463

ラフにこすっただけでもここまで綺麗になります。
あまり力を入れるとクロスを傷めてしまうので、軽めに鉛筆などで書いた字を消す感覚でこすれば綺麗になります。
かなり綺麗になりますので、あとは、長年の日焼けなどで色落ちしたクロスとの差(ぼかし)をうまくやればできあがり。

コンセント周りの黒ずみもこのやり方で綺麗になります。

おしゃれな外部充電器 MOTOROLA P790

日本ではあまりなじみがない、MOTOROLA(モトローラ)の充電器です。

Cimg5746

タマゴというか円形のグリップ感が良い本体です。

Cimg5747

入力は4.625V~5.25V
出力は5V
Max:1000mAh
約7.5cm(縦) x 5.5cm(横) x 2.5cm(高)
重量79.1g

Cimg5748

暗くてみにくいですが、こちらが本体充電用のコネクタ。普通のUSBmini

Cimg5749

こちらが出力用のUSBmini

Cimg5750

電源スイッチをスライドさせると外部充電用のコネクタが出てきます。

Cimg5752

付属品一式。
USBのメスもあるため、汎用の充電器になります。

Cimg5753

合体させたとこ(^^;

Cimg5759

こんな感じで、ケータイなどが充電できます。

Cimg5760

iPod touchも充電できるので、iPhoneもたぶん大丈夫でしょう。

ぢつは、これ、オクで100円(^^;送料が850円かかりましたが(汗)
誰も入れる人が居なかったので、入れておいたら落ちてましたw


このデジカメはまぢ欲しいかも(^^;FinePix X100

ツイッターで盛り上がっております(^^;

US FujiFilmで先行発売。
見た目は、クラカメ(クラシックカメラ)、なんだかレンジファインダー風。
なんと光学ファインダーに、撮影後の画像が液晶画面が出るというダブルファインダー。
23mm F2 フジノンレンズと明るさも良いですねぇ。

それ以前に、見た目がたまらん(^^;
こう来たかとゆー位の蠱惑的なデザイン。
最近は、近未来的なデザインのデジカメが多い中、敢えてクラシックカメラ風デザインで新技術をさりげなく入れてくる。
軍幹部もとい軍艦部のダイヤルも良いっす!!

Top_image_2


まだ、USサイトでしか出てないですが、これは期待できます。

これで、レンジファインダーとかならもっと良いのですが(^^;
Nikon S3でもデジカメ仕様出さないかな

いったいいくらで出てくるのでしょう。
(ネットで調べたら12~15万とかorz)
今から期待されます。

追記
詳しい説明がありました。って英語ですが(^^;カタログとほぼ一緒。

こちらが三面の状況(富士フイルムusサイトより)

Pic_05_2

う~ん、見れば見るほど惚れ惚れするデザインだ(^^;

T-01Aがアップデートされましたって少し前ですが(^^;

Xperiaがアップデートされたので、T-01Aもアップデートされたいないかと見てみたらアップデート情報が入っておりましたので、アップデートしてみました(^^;

Cimg7196

アップデートはおおむね10分くらいかかります。

Cimg7197

パスワードは指定されています(^^;

Cimg7199

前回に通じてプログラムが走っております。

Cimg7200

プログラムが読み込まれると、初期設定に入ります。

Cimg7201

ソフトウエアの情報をサーバーにアップして終了。
ただし、この場でうまくいかなくても、再起動後にまたアクセスしますのでご安心を。

Cimg7203

これで終了。

ちなみに、データやダウンロードしたアプリなどはまっさらクリアーにされてしまいますので、事前にバックアップが必要です。
ご注意ください。


VAIO Business PenCase

以前バイオのアンケートに答えたのですが、すっかり忘れていました。
来たのは先週あたりですが(゚゚ )☆\ぽか

R0012247

封筒。

R0012248

当選あいさつ文(^^;

R0012249

ちゃんとしたヾ(^ )コレコレ
ペンケースです。

R0012250

裏面です。
あれ?ロゴは?

R0012253

蓋を開けた所にVAIO Businessのロゴがあります。

R0012254

ペンが3本挿せます。
残念ながら合皮ですが、しっかりとした縫製がされています。

って、子ども2号にとられちゃいました(^^;

最近コメントが減った件

ちまたでは三連休の中日、いかがお過ごしですかヾ(^ )コレコレ

いつも、こんな拙い(つたない)ブログへの訪問ありがとうございます。
おかげさまで、日アクセス数は3500~4500の間で推移をしております。
これもひとえに皆様方のおかげでございます。

ところが、最近はコメントが昔に比べて減っております。
とゆうのも、巡回してくださっている方の多くが、Twitterでコメントを頂いてしまっており、足跡が残らないのですねぇ。

とゆう訳で、何かありましたら、本家の方にコメントをいただけると、検索で調べ物をして訪問される方の参考になるのではと思っております。

意外と、導入したいけどどうやって使ったら良いかわからないとか、買いたいけどいまいち踏ん切りが付かないとか、これってどーなの的な感想などを聞く方もいらっしゃいます。

Twitter人口もかなり増えておりますが、すべての方のつぶやきを読むとゆうか、フォローするのは大変です。
もし、Tips系の話や特売の話など、ネタになるモノがありましたら、コメントにも記載をお願いします。

まあ、私的にはツボにはまったものをまたーり書いているだけなので、皆さんの参考になるかはわかりませんが(汗)

工事屋さんが使っていたレーザー・・・欲しいかも(゚゚ )☆\ぽか

今日は仕事ですが。
午前中は、照明器具の設備交換で工事屋さんが入ってどたどたしていました。
というのも、以前紹介したソーラー発電に併せて、照明器具を従来の蛍光灯からLEDに一部変更するため。
その中で、工事屋さんが使っていたのが・・・

Cimg7458

こちら。

別アングルから。

Cimg7459

どういうものかとゆうと・・・

Cimg7460

レーザーで直線を表示するものです。
昔の大工さんが使っていた、丁張り(字合ってるかな?ATOKでも出てこなかった)をレーザーで代行するモノ。
ちょうはりとは、墨壺から糸を引っ張りだして、アタリをつけて、おもむろに糸をはじくと直線が引けるという、大昔から使われている優れもののツールです。

Cimg7456

こんな感じで直線に表示されます。

Cimg7457

レーザー光線なので、ずーっと表示し続けてくれるので、位置を当たるのにちょうど良いです。

これで、会社の半分がLED照明に移行。
って、肝心の照明機器がまだ半分しか納品されてないし。って品切れだとか。

欲しいかも、っと思って聞いたら、8万くらいするとのことで、希望はあえなく撃沈(^^;
でも、珍しいモノを見せていただきました。

今日はB1グランプリin厚木の開催日です

B1グランプリは、B級グルメが全国から集まって人気を決めるモノ。
私的には、富士宮やきそばの関わりがあるものの、仕事ですorz。
うちの社長は昨日から厚木入り。
富士宮やきそばは、初代、二代目グランプリを受賞したので、殿堂入り。
ということで、友情出演(^^;

B1グランプリは楽しめる食の祭典で、楽しみながらそれぞれの店舗が出店しています。

やきそば学会の10年史もぎりぎり印刷が間に合って、当日イベント会場でも販売します。

Cimg7451

完成したばかりの記念誌。
フルカラーです。

Cimg7453

市民が中心となって活動しているやきそば学会ですが、経済波及効果は439億円(除くB1グランプリ)
活動内容の記録を掲載しているので、これから町おこし、地域活動をしていきたい方のための参考になります。
興味がある方は、一部1500円で配布しておりますので、ご購入ください。
コメント頂ければ、追って連絡させていただきます。

Cimg0170

こちらは、以前宮サンから頂いたやきそばセットです(^^;
大手デパートなどでも扱っているようです。

Cimg0173

これがセットの内容。
って、もらってすぐに食べちゃいましたが(^^;

お土産用などのセットモノは少々高いですので、もし富士宮に来られるようでしたら、近所のスーパーにも顔を出してください。
めっちゃ安く手に入ります。
あー袋麺とソース、肉カス、紅ショウガ、削り粉それぞれ単品で保護します。

Fon ルーター導入(SOFTBANK)

オープンにしてある無線LANの調子が悪いので、SoftBankでもらってきましたw
って、うちの子の分ですが(汗)

Cimg7275

箱です。

Cimg7276

フタを開けるといきなりQ&A(^^;

Cimg7277

中身は、女性の昔あったコンパクト風のデザイン。あれ、化粧石けんのいれもん風か(^^;

Cimg7278

本体は意外と小さいです。(現行デザイン)

Cimg7279

アダプターとLANケーブル。

Cimg7280

左からリセットスイッチ、電源コネクタ、LANポート、インターネット接続ポートになります。

Fonは、家庭内で使用することで、全国に無線LAN環境を整えちゃおうって感じのネットワークですね。

Cimg7281

こちらが取説類一式。

さて、iPadやXperiaなんかにも繋がるのか?

これから始めたい人、うまく使えない人にモレスキン「伝説のノート」活用術

既に文具ファンやTwitterの間で祭状態?となっている本。
それが、モレスキン「伝説のノート」活用術である。

私的にはもう以前から使っているのですが、今になって活用術なる本が出るのはなんでだろーと思っていた。
確かに、数年前から多少大きめの書店でもモールスキンは扱われるようになったので、ロディア同様市民権を得たのであると思うが。
今まで無かったのが不思議なくらい。
昨年か一昨年だったか?
「情報は一冊のノートにまとめなさい」だったっけヾ(^ )コレコレ
がベストセラーになった。

が、こちらのモレスキン(私この言い方嫌い(^^;)本も大ヒット間違い無しって感じ?
そもそも、趣味の文具箱においても、初期の頃の書き方は、モールスキンだった。
モールスキン(MOLESKINE)とは、モグラ(MOLE)の革(SKIN)のような感じということで銘々されたことによる。
ただし、モールスキンは米国読み。したがって、いつの間にかモレスキンという名前になってしまった。
だから、私的ブログでは基本、モールスキンと呼んでいる。

モレスキンの別称、「漏れスキン」・・・いや~んな方でなく(^^;
万年筆の大半のインキ(インク)で書くと裏抜けしてしまうことから、呼ばれているw
ちなみに、裏抜けや裏写りなど(紙の裏にインクが滲んでしまうこと)で、安全なモノは
ロイヤルブルー(ペリカン)(モンブラン)、LAMYブルー、ブルーブラック(ペリカン、ウォーターマンほか)
などが代表的な安全インキ。
注:ただし、筆圧やペン先の太さによっても大きく異なりますので、あくまでも自己責任でお願いします。
私的には、万年筆を多数持っているので、インクを入れた時に日付と万年筆の名前、インクの名前などを記載しておき、ついでに裏抜けの耐久テストも兼ねて、モールスキンに記載しています(^^;
参照記事はこちら昔の記事なので写真が小さいです。クリックすると大きくなります。

Cimg7424

帯がちょいと邪魔ですね(^^;

Cimg7425

装丁が、モールスキンそのものというのがオシャレです。

Cimg7426

カバーを外すと・・・モールスキンのロゴが一面に
このレイアウトやら装丁をした人、かなりモールスキン好きと見た(^^;

肝心の内容ですが、初心者には非常にわかりやすく書かれています。
買ったけど結局上手に使えなかった人にも十分。

おお~というような使い方は・・・読んでみてください(゚゚ )☆\ぽか
ネタバレしてもねぇ~せっかくの本なので。
とにかく、この本はモールスキン(モレスキン)への愛が詰まっています。

小洒落たのがこちら。

Cimg7428

裏面ですが、モールスキンに書かれているものと一緒ですねぇ。
これで、私だけのモールスキン本になります(^ー^;

前半部分が、ビジネス系の使い方。後半部分はプライベート的な使い方。
あと、周辺機器やTipsなどの情報も満載ですv(^ー^)v
特に凄いのが・・・ってゆわない。
買ってみてください。

欲を言えば、モールスキン愛用者って多いので、それぞれ使い方が沢山あると思いますね。
それで、第二弾としてはユーザーからのTipsを集めた、様々な事例を集めた本を出して欲しいですねぇ。
ほぼ日手帳も色々なユーザーの使い方を示した本が毎年出ていますからねぇ。

続編よろしくお願いします。(^^;

  

 

EOS60Dミニチュア撮影編(Canon モノフェローズイベントその5)

ミニチュア撮影編です
こちらは、あっさり(゚゚ )☆\ぽか

撮り鉄の方にも楽しめるバー銀座パノラマ新宿店さんですが、銀座にも尼崎にも大津にもあります。
興味がある方は検索してみてください。

Img_1726

絵が上手下手というわけでなく(言いわけ(^^;)
デジ一だと合わせたい所にピントが合って、前後がぼける。
こういう絵は、なかなかコンデジ(高級コンデジ)ではできませんねぇ。
私的に持ってるタマが、GRD2とかGX100とか、Optio750Zなので(汗)

この後ろにゴジラとかモゲラがいればなぁ(゚゚ )☆\ぽか

Img_1731

走行中の特急を撮影。

Img_1733

置きピンでドクターイエローを連写。先端には合わなかったorz

Img_1840

円谷英二ファンとしては、このアングルからぜひ一枚(^^;
前のピントをぼかして撮影。は特撮の醍醐味ヾ(^ )コレコレ違う

Img_1841

特に意識した訳ではないのですが、良い感じでバスにピントが合ってくれてます。
スゲーぞ60D(^^;

Img_1859

操車場の風景。
あまり綺麗に撮れるので、ホコリが(^^;

Img_1861

総武線だっけか?良い感じで写りました\(^o^)/

Img_1874

単線の電車を写しました。
これを後からカメラ本体の液晶画面で加工することができます。

Img_1880

同じ写真ですが、トイカメラ風に加工。
こういうことが、Photoshopを使わずにカメラ本体でできるのが良いです。
最近、某めざましテレビの占いでも使っていますね。
周辺の光を暗くしてちょい青を入れてみたいなぁ~。
さすがにジオラマをジオラマ風にはしませんでしたが(^^;
iPhoneやXperiaなどにはアプリでこのような機能がありますが、デジ一でこういうことが簡単にできるのが良いです。

Img_1891

標準モードで流し撮りに挑戦(^^;
普通モードダイヤルいじるやろという突っ込みはなしで(汗)
どこまで撮れるかやってみたかったのよ。
いまいちピントが合ってませんが。暗い中で撮ったのでご容赦ください。
と良いわけしてみるテスト(゚゚ )☆\ぽか

それにしても、素人(デジ一初心者)でもここまで遊べるデジ一はありませんねぇ。
そもそも、マニュアルを一切読まずに、ここまで撮れるのですから。

まあ、読んでもこれ以上に上手に撮れるかは自信なし( ̄▽ ̄)/
貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました。



12565-862-181618
12565-862-181618

EOS60D風景・モデルさん撮影編(Canon モノフェローズイベントその4)

お待たせしました(^^;
撮影結果です。

私的には、初デジ一(^^;
なして、デジ一を持ってないかとゆうと、
(1)神さんにばれてしまう(゚゚ )☆\ぽか
(2)重い、大きい、出かけるときに勇気が要るヾ(^ )コレコレ
(3)結構凝り性なので、1つそろえると、交換レンズもぞろぞろ増えるし、ストロボはちゃんとシンクロできるように純正品を、フィルターもPLやC-PLや、あとカメラバッグを新調してと空恐ろしい奈落が待っているので(^^;
銀塩フィルムカメラNikonF3/F3Tiの時にも、レンズ数本増やしたし(汗)

でも、デジ一は一個くらい欲しいよねぇ・・・
NEX-50にしようかEOS60Dにしようかって感じ(^^;ぐらぐら

何が良いかとゆうと、持ったときのホールド性の良さと重量バランスそれとシャッター音
いかにもデジ一で撮ってますって感じだし。
撮影した瞬間の「ヴァシャ」っというシャッター音+感触(振動)がたまらんっす。
まあ、普段コンデジの「ペシ」っていう音か、「無音」で撮っている身としてはですが(^^;

某ソニーコニカミノルタのαの開発者もシャッター音には非常にこだわって作っていると言うことを聞いたことがありますが、まさにその通り。

ガンマニアに言わせるところの、射撃をしたときのリコイル感(おもちゃの銃でも、本物に近い感じ?)に通じるものがあると思います。

いけね、長くなりすぎた(^^;

注:ブログ用に圧縮してありますので、ノイズ等が出ていてもご容赦ください。

Img_1722

室内撮影ということだったので、店に入る前にスナップショット(^^;
Pモード f/8 1/200 ISO-100 34mm パターン測光
ちなみに横位置で撮ったら、遠くの高層ビルが飛んでました。

Img_1745

イベント会場屋内からガラス越しに風景を撮る
Pモード f/10 1/200 ISO-100 24mm パターン測光
取り立てて絞りやシャッタースピードなどはいじっていません(^^;
あくまでも、素人の写し方でチャレンジヾ(^ )コレコレ

Img_1776

井上穂奈美たんの撮影(^^;
Pモード f/5.6 1/60 ISO-400 55mm パターン測光 ストロボ強制発光

Img_1796

こちら、ストロボ無しで挑戦、てゆうか、周りでバシャバシャストロボ炊いてましたが(^^;
Pモード f/5.0 1/60 ISO-500 35mm パターン測光 ストロボなし

Img_1821

Pモード f/5.0 1/80 ISO-640 40mm パターン測光 ストロボなし
ナチュラルな感じで撮れます。
ストロボを使うと確かにはっきりくっきりして良いのですが(^^;
そういう場合は、外付けのストロボを使って、バウンス発光させれば光が全体に回って良いかも。
あとは、ストロボにシンクロして発光する奴とか。
持ってかなかったし(^^;
まあ、内蔵ストロボでどこまで撮れるかっちゅーヾ(^ )コレコレ

他の方は、色々と調整して最良の撮影になるようにチャレンジしておりましたので、素人ではここまでとゆうことでしょうか(゚゚ )☆\ぽか

次回は、ミニチュアの撮影に続きます。



12565-862-181522
12565-862-181522

EOS60D撮影準備編(Canon モノフェローズセミナーその3)

お待たせしました(^^;
撮影結果です。
注:発売前のもので、かつ試作機を利用しているので実際のものとは異なる場合があります。
あと、腕ね(^^;

撮影場所は、セミナーを受けたアクアリウムから少し離れたビルに移動して行われました。
行ったのは、バー銀座パノラマ 新宿店さん
私的にはそれほど興味はないのですが(^^;
鉄道模型が店内を走り回っているお店で、鉄道ファンや鉄道模型の方が多く訪れるお店だそうです。

Cimg7385

店内には、鉄道模型がずらーりと並んでいます。(あーこれはEXILIM EX-P505で撮影)

Cimg7390

こんな感じで、お店の中を電車が走り回っています。(^^;
好きな人が見たらずーっといたいお店なんでしょうね。
基本バーなので店内はかなり暗いのですが、今回は撮影会も兼ねているので別途照明機器を4灯ほど設置して明るくしています。

Cimg7358

試写用にCanonレンズも多数バーカウンターの上に並んでいます。
こんな店あったらもっとうれしいかも(^^;
Canonの担当さんにお願いして、レンズを交換しながら撮影ができます。
私的には、デジ一素人なので、たぶん大半の人がそうであろうと思いますが、標準レンズ(ズームレンズ)のみ使用しました。
他の慣れている方は、次々とレンズを希望してあれやらこれやら使い回して(^^;

Cimg7359

こちらが、今回の講師 写真家:広田泉先生 です。
広田先生は、その筋では知られている鉄道写真家さんで、けっこうノリノリで色々なテクニックを教えていただきました。
私的には、ついて行けませんでしたが(^^;
ブログも面白いので、リンク先をご覧ください。
やはりプロが撮るとちがいますねぇ(汗)

もう一つは、モデルの井上穂奈美たん(^^;
けっこうかわいい方で、しかもカメラ目線してくれるし(゚゚ )☆\ぽか

Cimg7376

井上穂奈美たん
(あーこれはEXILIM EX-P505で撮影)(゚゚ )☆\ぽか

次回から60Dで写した写真をうpします。
こんな何年も前のカメラとは比べものにならないくらい。描写力は抜群です。

期待されていた方、しばらくお待ちください。(汗)



12565-862-181450
12565-862-181450

格好良くかつ音が良いBluetoothヘッドセット MotorolaS9 その2

MotorolaS9の続きです。


Cimg5737

ヘッドセットの心臓部。
裏側にしてみました。
中心部分の白いところが、LED(接続時には青、受信成功時には緑、終了や受信先が見つからない場合は赤になります。あと点滅とか)
左側がUSB充電部。
右側が電源

Cimg5741

ぺろんとゴムをめくるとUSBコネクタが出てきます。
USBケーブル(市販普及型)でPCと接続して充電ができます。
なので、前日お見せした巨大なアダプターは使ったことがありません。
バッテリー充電中は、最初赤、黄色、緑となり、満充電になると消えます。

Cimg5738

済みません、上下逆です(^^;
したがって、こちらが右側になります。
接続する機種によって対応の有無が分かれますが。
いわゆる、再生、ポーズ(一時停止)、写真では見えませんが上下に送りと戻りのボタンがあります。
下に見えているのは、純正のホログラムシール。
使う時には恥ずかしいしじゃまなので外しています(^^;

Cimg5739

こちらも上下逆ですが(^^;
左側になります。
中心部分が通話ボタン。
画面下側が+、上側が-で。これがボリュームになります。

Cimg5742

スピーカー部。
意外と大きいスピーカーを使っています。

Cimg5743

ちょっとぼけていますが、Bluetoothで接続できたところ。青く光っています。

Cimg5745

iPod touchと接続したところ。
Motorola S9と認識されています。

Cimg5744

最初に接続するには、0000とか1111とか1234のPINコードを入れて認識させる必要があります。
一般的にはたぶん0000で良いと思いますが。取説に書いてあると思います。
って、取説なかったし(^^;

2010AW フィリップスヘッドフォンマラソン参加ブロガーさん募集

以前、本ブログで紹介しました、フィリップスヘッドフォンマラソンですが、新たなブロガーさんを募集しています。
このヘッドフォンマラソンは、フィリップスさんが提供するヘッドフォン(含むイヤフォン)の5種類の提供を受け、使用感をブログにてレポートするものです。

私的には、それ以前からフィリップスさんのヘッドフォン(イヤフォン)を使っていましたが、意外だったのが安い価格帯のイヤフォンでも、めっちゃ良い音がしました。
とゆうワケで、秋の陣(^^;を開催するに当たり、抽選で50名募集するものです。
私的電脳小物遊技を巡回先にしているブロガーさん、奮ってご参加ください。
興味がある方は、下のリンクをクリックして詳細を確認下さい。

どのようなものか興味がある方は、右上のサイト内検索で、ヘッドフォンマラソンかフィリップスで検索してみて下さい。

本記事はロカリサーチのプロモーションです。

ヴァン・ヘルシングのゲームでドラキュラハンターと豪華景品をげとしようw

ヴァン・ヘルシングと言えば、数年前に大ヒットした映画ですねぇ。
私はDVDで見ましたが(^^;
ヴァン・ヘルシングをベースにしたパチンコが出るのを記念して、メーカーサイトでPCゲームが無料で楽しめるようになっています。
とゆうのと、ゲームに勝てば豪華景品がうほうほ(^^;
知名度が少ないので当たる率もたかいかも。

ゲーム好きの方ならたぶん上位にランキングされるでしょうが(^^;
私的にはあまりゲームはやらない人なので最低ランクwww

参加するだけでなく、
>WEBゲームに参加するだけでプレゼントキャンペーンにエントリーができ、
>PC版では「3Dテレビ」など合計130名様に、
>またモバイル版では「ノートパソコン」など合計130名様に、
>参加者の中から抽選で総合計260名様にプレゼントが当たります!!

豪華景品も当たるらしいので、ゲーマーの方もそうでない方もふるってご参加ください。


こちらも結構楽しめます。
「CRヴァン・ヘルシング ハンティングラッシュ」のプロモーションです。

EOS60D本体編(Canon モノフェローズイベント その2)

さて、60Dの撮影体験です。
その前に、本体の説明を(^^;

カッコイイ質感と存在感、それだけでカメラ上手に取れるぜぃ~ベイベーみたいなぁ(゚゚ )☆\ぽか

Cimg7362

じゃ~ん(^^;
本体です。
手に持つとずっしりというほどではなく、思ったより持ちやすいです。
というのも、先に書いたように、樹脂を多様化して軽量化を図っています。
したがって、iPad1台分(^^;、それかちょっと太めのシステム手帳一冊分になります。
だから、それほど重いというものではありません。

Cimg7363

質感はばっちり。
しかも最近流行のHDMI対応。
ハイビジョンビデオ録画(時間限定もありますが)もできます。

Cimg7364

ダイヤルのアップ。
入門機+ハイアマチュアにも対応できるように、モードダイヤルが多数配置されています。
普通は緑枠、Pで撮影します。
また、Canon独特のTv、Avなどもあり、マニュアル撮影もかつ、過去の資産(Canonレンズ)も使えます。
そういえば、うちの親もCanon党だったので、マニュアルレンズ沢山あったな(^^;
欲しいかも

Cimg7365

右側は、50Dに準じて使いやすい構成となっています。
左から
AF:これは、ワンショット、追随AF(私的にはC-AFの方がわかりやすい(^^;)、固定AFが選べます。
DRIVE:ドライブは連写ですね。
ISO:言うまでもなく、感度
(・):露光パターンの選択
この辺はわかりやく、かつ液晶モニターに表示されますので、間違えることはないでしょう。
色々とモードを変えて楽しめます。
(って、この辺の解説は、デジ一素人のコメントよりも、下のリンク先の濃い方のコメントを参考にしてください(汗))

Cimg7366

私的に一番気に入っているのが裏面(゚゚ )☆\ぽか
でなく、バリアングルモニター。
使用しないときには裏返してフタできるので、本格撮影の方はファインダーで撮影。
状況を見ながら撮影する場合は、液晶表示すると良いでしょう。
切り替えは、ファインダー右横の赤点があるボタンをオンオフ。
これで、液晶とファインダー交互に切り替わります。
ダイヤル類も選択すると液晶モニターに表示されるので、これは普通のデジカメとほぼ同じなので違和感なく設定ができます。
というのも、他のセミナー参加者はバリバリのデジ一使い手なので、色々と濃い使い方をしていましたが、60Dとゆうより、デジ一を始めて触った私でも、取説見ずに簡単に使えました\(^o^)/

Cimg7368

こちらが、バリアングルを開いたとこ。
この辺が、ギミック好きのZEAKさんの物欲を刺激します(゚゚ )☆\ぽか

いけね、撮影結果を示す時間がヾ(^ )コレコレ

続きます(おい)



12565-862-181347
12565-862-181347

格好良くかつ音が良いBluetoothヘッドセット MotorolaS9 その1

Motorola(モトローラ)のケータイは、一時期ガラケー(ガラパゴス携帯)でも出されましたが、後発が続かず最近あまり見かけることがなくなりました。
残念。

今回紹介するのも昔のモデルなので、今は型番が違いますが、それほど大きくは違わないので参考に見てください。
とは言え、ヤフオクで落とすつもりはなかったのですが、入れる人が居なかったので落としてしまったものです。(^^;

Cimg5732

内容物一式。
左上から時計回りで
電源(輸入盤ですので変換アダプターがw)、USBケーブル(USBとminiA)市販のものでも流用可。
イヤピース(大・中・小)、本体MotorolaS9、ヘッドセットケース(要は巾着ですな)

Cimg5733

イヤピースがでかい
なので、左側に見えている小を使ってちょうど良いです。
市販というか、日本のカナル型ヘッドホンだと普通Mでちょうど良いのですが。

Cimg5734

純正巾着拡大之図(^^;
ちゃんとMotorola(モトローラ)のロゴが付いています。
布質は、メガネクリーナーのようなサラサラの布です。

Cimg5735

ヘッドセット本体って、全体が写っとらんやん(汗)
特異な形状をしています。
強いて言えば、石川遼がアプローチパットとかするときにグラサンを後ろ向きにする時の雰囲気にくりそつw

Cimg5736

首の後ろ側にMotorolaのロゴがあります。
ここがBluetoothのユニットがあり、受信部かつバッテリーになります。
ちょいと大きいかも(^^;

続く

新商品EOS 60D モノフェローズイベント(その1)(キヤノン)

まだ発売されていない新たな一眼レフの体験イベントに参加してきました。

9月11日(土)14:30

新宿

DEN AQUAROOM 新宿
にて、そのイベントは行われた。
通常は、メーカー本社や関連ビルの会場などで行われますが(^^;
少なくとも(私的には初めて)

Cimg7287

水族館(アクアリウム)があるバーで開催されたEOSの発表会は、とても魅力的な会場でした(^^;
説明をしていただいたのは、キヤノンマーケティングのカメラ商品企画部中島さん
中島さんは、ライオンや犬の親がKissを撮影するCMを企画した方です。

Cimg7289

このキャッチが良いですねぇ。
潜水艦は伊号、飛行機は九二式、カメラはKWANON皆世界一(^^;
そこから、世界のCANONに進化。
英語で、聖典。規範、標準という意味ですね。

Cimg7296

EOSは快速、快適、高画質という視点に基づいて製品のラインナップを展開しています。


ご存じのように、

EOS-1は、プロ系のハイエンド機
EOS-5D、7D、50Dはミドル機
KISSは、入門機
という扱いです。

で、今回体験させて頂いた60Dの位置づけとして、CANONが考えたのが、
50Dの上位機種、基本性能の向上(ハイアマチュア向け)と
KISSでは物足りないけど、50Dや5Dなどハイアマチュアほどまでは行かない、入門モデル向け。
でもって、型番をどうしようかということになりまして、3桁?4桁?にしようかと悩んだそうですが、欧米のEOSではすでに3~4桁のコードが出ているそうで、結局60Dと相成ったワケです(^^;

Cimg7307

結局、位置づけとしては、KISSと5Dの中間層。
写真入門者のための新スターンダートという位置づけに当たります。

Cimg7308

主なポイントは上のようなものです。
私的に、気に入ったのは(^^;

Cimg7313

バリアングル。
これ、コンデジでも高級系と言われているものに付いています。
私は残念ながら、デジ一は持っていませんが、Optio750zやLumix30とかEXILIM505とかいくつかバリアングルのデジカメは持っていて、その便利さははかりしれません(^^;

Cimg7321

新製品が出ると、どのマシンもそうですが、軽量化や高容量化が進みますが、EOSも同様。
基本シャシーは、ダイカスト性ですが、外見を樹脂にするなどして軽量化を進めています。
同時にバッテリー容量もアップしてニーズに対応しています。
私的に良いなぁと思ったのが、直接液晶に被写体を表示できる機能。
今までのデジ一だと、光学ファインダーのみで、撮影後にビュワーとして絵が見えますが、今度の60Dはダイレクトに液晶表示できるため、安心して撮影ができます。
(済みません、そもそもデジ一持ってないので、間違っていたらごめんなさい、訂正します)
この辺は、オリンパスやパナソニック、SONYのNEXなどはデフォルトで液晶表示できましたが、今までのハイエンド機はできなかったと思います。
まあ、ミドルクラスと手軽クラスの中間ということで位置づけているようですが、ファインダーは光学式というのも良いです。
私的に持っているLUMIX Fz30はファインダーがそもそも液晶なので、背面の液晶で見ようがファインダーを見ようがどっちも変わらないので(^^;

あともう一つ気になったのが、こちら。

Cimg7325

今まではPhotoshopなどの高級編集機能アプリを使って、レタッチなどをやっていましたが、撮影後の画像を60Dで変更することができるようになりました。
こちらについては、また別の機会で紹介します。

私が気に入ったキャッチフレーズがこちら。

Cimg7334

趣味なら本気で。
さしずめ、本気と書いてマヂと読みそうですがw
キヤノンさんは、ほんきでとおっしゃっていました(^^;

Cimg7338

さて、こちらが、店頭にまだ出ていないEOS 60Dっす。
とはいえ、体験版含めて、全部試作機ですので、実際の使用感とは内部のバージョンの違いとかがあるかもです。

Cimg7342

こちらが、制作に当たって検討した、モックです。

Cimg7344

ちょいとぼけちゃってますが、ちゃんと60Dって彫りもんもあります(^^;

Cimg7345

こちらが裏側。この時点ですでにバリアングルのデザインまであります。

Cimg7346

上から見たとこ。

Cimg7354

こちらが皆さんに配られた体験用の60D。
残念ながら長くなったので続きます(^^;
今回は、お貸し出しというより、あくまでも新製品販売前の反応を見たいんだそうです。

ということで、次回は撮影たーいむ(^^;ちょっと時間あくかも(゚゚ )☆\ぽか



12565-862-181330


12565-862-181330


ポストイット強粘着ポップアップノートディスペンサー

ポストイットを始めとする付箋紙類は、高い割に便利なので見かけるとつい買ってしまいます(^^;
最近多用しているのがこちら。

Cimg7027

普通のポストイットは、簡単にはがれるようになっていますが、多少粘着力を強めた強粘着タイプです。
それに、簡単にはがせるようにディスペンサーが付いたものです。

Cimg7030

袋から出したとこ。本体です。
正面左側には筆記具が挿せるようになっています。

Cimg7031

最後まで簡単にポストイットを抜き出せるようにバネが付いています。

Cimg7032

上から見たとこ。
ディスペンサーには定番の、ポップアップノート(互い違いに貼っていて、1枚使うと次のポストイットが出てくる奴です)

昔はディスペンサーが磁石タイプのもの(今もあるかも)でしたが、こちらは両面テープで接着するタイプのものです。

 

デザインは一緒ですが、こちらは用紙がノーマルタイプです。


 

デスクタイプのものもあります。

強粘着タイプ。


ページの入れ替え、抜き差しができるATOMA PPカバーノート

としゆきさん推奨のメモ帳。ATOMA PPカバーノート。
見た目も、使いやすさも快適そうなのと、(当時)AMAZONで残りわずか(^^;だったので、子どものあるものを頼むついでにポチってしまいました(^^;

Cimg7189

こちらがそのブツ。ATOMA PPカバーノートです。
私的に入手したのはポケットタイプのA7サイズ。
このイラストを見る感じではもっと大きいものもあるみたいです。

Cimg7190

一見、普通のリングノートなのですが。

Cimg7192

こんな感じで、用紙を外したり、付けたりできます。
メモして、人にあげることもできるし、ふと気づいた事をメモ。その後、カテゴリー分けして並べ替えることもできます。

Cimg7191

メモ帳本体の中程に仕切りもあり、取り外しが可能で、下敷きとして使用するも良し。
インデックス代わりに使うも良しの万能です。
ちなみに、表紙も裏表紙も同じ仕組みでできているため、よほど強い力で変形させない限り使えます。

Cimg7193

紙質はロディアに比べて若干荒い感じがしますが、しっかりと書きやすいです。
万年筆を使っても裏抜けやにじみも出ずに書けますし、ボールペンの乗りも良いです。
メモ帳も入れ替えができるように、厚手の紙で構成されており、簡単には破れないようになっています。

Cimg7187

メモ帳を使い終わったら捨てるのではなく、別売りで補充用のリフィルもあります。
私的に、ポストロディアとして注目というか、ヘタするとメインが入れ替わる勢いのATOMA PPカバーノートです。

東京などでは、丸善をはじめ大手の文具店での扱いはあると思いますが、地方ではあまりないので(汗)結局通販に依存するしかないです。
カテゴリーがたまに和書になりますので、検索はトップからの方が良いかと(^^;

 

オレンジだけでなく、ブルーやグリーン、レッド、ピンクなどもありますので、好みで。

替えリフィルも扱いがあります。

 

気づかなかったけど、A5もあります。

 

こちらはA6

カルビーポテトチップスクリアファイル(^^;

奈良のコンビニでつまみと酒類を買いに行った時に発見したので保護しました(^^;

Cimg7239

カルビーポテトチップス(プレーン)のクリアファイル
全国でやっているかわかりませんが、サークルK・サンクス系列の店で発見。
普段コンビニはあまり使わないし、うちの通勤行動範囲内にはサークルK・サンクス系のコンビニがないので何とも言えませんが。
わざわざ奈良から買ってきました(゚゚ )☆\ぽか
このほか、コンソメ味もあったけど、ポテチはプレーンが一番とゆうことでw
本来なら、コイケヤの方が好きですがヾ(^ )コレコレ

カルビー製品を2個買うともらえる(た?)ようです。

ウルトラQの原点、ミステリーゾーン(The TWILIGHT ZONE)DVDコレクション静岡先行発売

週刊○○で有名な、であごすてぃーに(デアゴスティーニ)イーグルモス・インターナショナルから、The TWILIGHT ZONE邦題ミステリーゾーンが先行発売されました。

Cimg7240

第一巻のみ創刊号特別価格。790円也。通常1790円
一巻3話構成になっています。

Cimg7243

私の場合、年代的にはリアルタイム世代には合いませんが(^^;
1959年~1964年まで5シーズン全150話放映されていたようです。

Cimg7242

真ん中の写真の方わかります?
スパイ大作戦やスペース1999のマーティン・ランドーさんです。
このほか、マーティン・バルサムなど有名俳優が多数出ています。

また、ロズウェル事件(エイリアンやUFOとの遭遇)をテーマにしたSF、ホラー、ミステリー、サスペンス、怪獣、侵略ものなど、当時の時代背景をベースにして夢があり、かつ人を恐怖に陥れるような構成が面白かったですね。
って、小さかったからほとんど記憶が飛んでますが(^^;

後のウルトラQの原点や後のXファイルに繋がったのも頷けます。

とは言え、さすがに全部買う気には(^^;
これで、以前紹介したタイムトンネル海底科学作戦(原子力潜水艦シービュー号)などがの日本語版対応で売られればすぐに買っちゃいますがw。
でもまあ、あの値段で英語版が買えるのなら、まあ何言ってるかだいたいわかるのでいっか(^^;

ちなみに、以前紹介した東宝特撮映画DVDコレクションやイーグルモス・インターナショナルの週刊オードリー・ヘプバーン同様、静岡先行発売のようです。
これである程度売れれば全国展開と相成ります。

前にも書きましたが、静岡や岡山あたりは、新商品、新CMなどを先行的に販売・放映して話題になれば全国展開ってゆうのが多いです。
まあ、全国から見ても中間的な性格をしているんでしょうねw

★2010/09/30
Alkaliさんのご指摘により、デアゴスティーニでなく、イーグルモス・インターナショナルでした。
お詫びして訂正いたします。

遷都くんフィギュアガチャガチャw

先週末の土日を利用して奈良に行ってきました。
予定を立てたのはずいぶん前で、9月になれば夏休みも終わるし涼しくなるだろー的な・・・
目的は、平城遷都1300年祭(平城宮跡のイベント)これも秋には終わってしまうので。
この辺はTwitterでつぶやいていたのですが。
なんせ半端ねぇ~暑さ。
車載温度計で外気温39度
平城宮跡地のイベント会場でも、頻繁に熱中症云々言っておりました。
会場限定で販売されていたのが・・・

Cimg7225

海洋堂謹製、平城遷都1300年祭記念ガチャガチャ
とは言っても、無造作に積み上げられているので、選べるんですけど(^^;

Cimg7226

出てきたのは五重小塔(国宝・元興寺)でした。

Cimg7229

横から。
さすが海洋堂クオリティ。

Cimg7231

このほかに、鹿さんw、遷都くんストラップ×2、遣唐使船、巫女さんなど全8種類。
1個400円なのでさすがに何個もやる気ねぇし(^^;

R0012162

滅多に会えないそうなんで、ラッキーかな(^^;
遷都くんとも記念撮影。
って、けっこう並んでいて、最後に私的家族だったのですが。
この暑さにもかかわらず、めっちゃフットワーク良くて。
記念撮影の後に集団が来て、個別撮影はスタッフが断っていたのですが・・・

R0012164

いろんなポーズをするわ、愛想良いわ(笑)
で人気者でした。

そういえば、まんとくんは気持ぉ~ち、グッズがあったけど、それも遷都くんの1/10ほど
なーむくんは平城遷都1300年祭会場では全く存在感がなかったんすけど。
あと、他のお寺さんとか回っても見かけず・・・
どうなっちゃんたんでしょうね。


沖縄バヤリース シークワーサー(原文はシークワサー)を飲む(^^; 

Cimg7233

こちらとは独自の進化を遂げた沖縄バヤリースですが、頂いたので飲んでみました(^^;

Cimg7234

こちらが、普通のドリンクタイプ。

Cimg7236

こちらが炭酸飲料。

Cimg7238

合体(゚゚ )☆\ぽか
シークワーサーって、かぼすみたいなもんか?
時々カクテル風のアルコール飲料(どこのか忘れた(^^;)でもあるので、雰囲気はそれのアルコール抜き版見たいな感じ。

Cimg7237

沖縄産果汁のみを使用とあります。
こういうこだわりがあるのが良いです。

まあ、果汁10%と2%なんですけどね。


Senior collection ハンドトレイ(豊岡クラフト)

従兄弟が新築したお祝いのお返しに頂きました。

Cimg6043

シニアコレクションって?おぢさん向け?

Cimg6045

すげー、渋くてカッコイイハンドトレイです\(^o^)/ワーイ

Cimg6048

持ち手部分のエッジ処理が行けてます。

Cimg6049

上から見たとこ。トレイ部には布が貼ってあってモノを置いても傷付かないように配慮されております。

Cimg6050

横から、良い仕事してますねぇ~。

Cimg6044

裏側もちゃんと、フェルト地の足が付いています。
職場に持って行って使おうと思いましたが、電脳小物や万年筆・手帳類が散乱しジャンクショップの如くなっているデスク周りに置くスペースがあるはずもなく(゚゚ )☆\ぽか
自宅で家族の鍵やら腕時計、携帯を置くスペースとなっていますorz

リーフレットがあったので、載せておきます。

Cimg6051

表面。

Cimg6052

裏面。うーん、欲しいモノばかりだ(゚゚ )☆\ぽか

豊岡クラフトは、セレクト文具や万年筆好きにはたまらない木工製品を作っている工場です。
豊岡クラフトのサイトはこちら


懐かしいけど今でも売っている中折れ式シャープ ミストラル(PS-M100c)

その昔、シャープペンシル(メカニカルペンシル。一部の人ではシャーペンと呼んでいるらしい)は、色々なノック機構が出ました。
一般的なものは、尻軸(本体後ろの方)をノックするもの。これがシンプルながら大半を占めています。
高級系になると、ツイストノック式(尻軸部分というか、クリップがある方)を回して芯を出すタイプ。が健在。
敢えてネーミングは消えていますが、フレフレ(本体を上下に振るとおもりが上下して芯を出すタイプ)。
廉価版のシャープペンシルには、最初にノックすると自動で芯を終わりまで出してくれるもの。
一昨年から大ヒット商品となっているのが、クルトガ。これは筆圧によって芯を回転させて常時芯が尖った状態にするもの。
それから、唯一生き残っているのが、今回紹介する中折れ式シャープ。
ミストラル

R0014438

あまりの懐かしさについ買ってしまいましたwww
まだ作っていたのね。

私的に、ミストラルと言えば、ボードセーリング(ウインドサーフィン)のトップブランドw
ミストラルのボードは乗りやすい上に、スピードは出るわで、高かったけど良かったヾ(^ )コレコレ

いかん、横道にそれた。(゚゚ )☆\ぽか

R0014441_2

これが、伝説のミストラル(貿易風ってなんのこっちゃ(^^;)
ご覧のように、ノック部がありません。

R0014449

写真はわかりやすくするために、敢えてこんなポーズで撮っています(爆)
このくらい折れ曲がりますwwwww

R0014455

普通は、筆記中に中指と親指の付け根部分で支えて書いていると思いますが、親指にちょいと力を入れることで、筆記状態をやめて尻軸をノックする時間をなくす機能がこの中折れ式です。

注:最近、筆記具の持ち方で握りしめて書いている(ぐーの状態ね)方を良く見かけますが、そういう書き方をする人には向いていませんwww

R0014444

こちらが、開いた図。てこの原理で、首軸部分が折れるようになっているために、胴軸部分は完全に筒となっているだけです。あー、天冠部分というか尻軸部分には消しゴムがあります。

R0014446

したがって、芯を入れ替えるときには、円錐部分を抜いて入れ替えます。
このため、3~4本程度しか入れられません。

で、上から2つ目の本体写真をご覧くださいw
これって、どこかで見たようなデザインぢゃありませんか?(^^;

R0014442

そうなんです、CROSSのデザインくりそつw

R0014443

クリップから天冠部(尻軸)もなんとなく、コニカルトップに見えるし、クリップの位置もwww
よくまあ訴えられないなぁと(゚゚ )☆\ぽか

  

銀だけでなく、金もありますw
あと、シャープペンシルのみでなく、ボールペンもあります。
セットで買ってもお安い(^^;


唯一生き残っているミストラル、いちいちペンを持ち替えてノックしなくても簡単に使えるのが良いので重宝していますが、どうしてこのような面白いギミックのシャープペンシルが消えてしまっているか残念です。

イタリアの小洒落た手帳 STIFFLEXIBLE NOTEBOOKS

基本、モールスキン(MOLESKINE)とロディアを常用していますが、珍しい手帳(メモ帳)類を見るとつい手が出てしまいますw
珍しくかつオシャレだったので、つい手が出てしまいました(^^;

Cimg6082

こちらが表面。
中部分は、帯ですw
モールスキン風に、ゴムベルトがあります。

Cimg6083

こちらが裏面。
中部分は帯で(゚゚ )☆\ぽか取れ

Cimg6084

裏面には、モールスキン(MOLESKINE)同様のポケットがあります。
ポケットは向きが違う上、フタが付いています。

Cimg6085

表紙部分。
モールスキンのように、大切な・・・拾った方は・・・幾ら謝礼しますなんてことは書いてありませんw
見出しなどを書くものでしょう。
by Giuliano Mazzuoliと書いてありますが、たぶんデザイナーさんでしょうヾ(^ )コレコレ

Cimg6086

こちらが本分頁。
赤い罫線がいかにもイタリア~って感じヾ(^ )コレコレ

STIFFLEXIBLE NOTEBOOKSは、国内のサイトでは出てきませんでした(^^;
サイトは英語なのでなんとなくわかると思います(汗)
1992年に初めて作られたようなので、意外と若いブランドですね。
このカクカク折れるデザインは、1700年頃の書籍をイメージして作った、長く使い込んでも壊れないようなデザインになっているそうです。と思う(゚゚ )☆\ぽか

たぶん丸善や伊東屋、輸入セレクト文具店などで手に入ると思います。
ってゆうか、静岡の丸善が撤退するときに珍しそうな手帳を見つけたので保護しました(^^;
なので、元値1313円(税込)を50%オフで。

肝心の書き味ですが、もったいないとゆうか、書く手帳がたくさんあるのでいずれ(゚゚ )☆\ぽか

USBmicroSDカードリーダー 関西限定非売品w

先月頭にauのセミナーに行ったときに頂いたものです。

Cimg6344

シャープの販促品。それも関西限定って・・・

Cimg6348

ケータイに付けられるようにストラップが付いています。
それにしてもまん丸w
どうやって使うのかしばし悩みました(^^;そもそも取説はほとんど読まない人なので(゚゚ )☆\ぽか

Cimg6349

ロゴの部分を引っ張ります。

Cimg6351

回転させてフタを開け、microSDを差し込みます。

Cimg6350

開いた状態で本体に差し込むと使えるようになります。
ギミックが面白いので鞄の中にでも入れておこう。


布貼り日記帳ノート(無印良品)

無印良品に行ったら、また値下げされていた商品があったので、保護してきました。

Cimg6031

大きさは文庫サイズ。

Cimg6033

装丁はけっこうしっかりと作ってあります。
MADE IN JAPANっす。
扉、クルミなど意外と丁寧。

Cimg6034

キャッチにあるように、日記帳でもノートでも使えるということで、
横罫のみのシンプルデザイン
紙は、薄手でさらさらした感じですが、古紙含有率15%とゆうことで、万年筆には向いていません。どばっと滲みますorz。インクやペンの太さによっては、滲まないモノもあるかも。
水性ボールペンはかろうじて桶。

Cimg6035

いちお、右上に月日と曜日の記載欄もあります。
特段、日付は入っていないので、普通のメモ帳でも使えます。
ページ数は368頁。
なんか中途半端ですが、最初の頁って書かないからか?
一日一頁使うと1年で終了。

でも、写真1のように投げ売りですから、気に入ったからと言っても来年はないっすねぇ。

Cimg6036

ちゃんとしおりも付いているので、小説でも書くとか?
ただし、横罫なのでその辺はどうなのか。

800円がレジにて30%オフ、更にカード使用で5%オフ(笑)とゆう分けで、532円でした(^^;


一人ひとりが考えるエコ活動(数字でエコのタネ)と太陽光発電(社内のエコ)

9月に入ってもいつまでも、半端ねぇ暑さで消費電力もうなぎ登り。
しかし、毎年電力云々がニュースに出ますが、今年は熱中症の罹患者が急増。しかも死者が多数出ていますので、消費電力云々などのニュースは消されてしまっていますね。
むしろ、室内で熱中症で亡くなる方もいらっしゃるので、毎日のようにニュースで、エアコンをつけて云々と言ってますね。
ダスキン『数字でエコのタネ』のプロモーションから以前、エコ計算機の紹介をしましたが、再びの紹介です。

サイトを開くと、色々なエコ計算ができます。
前のブログ記事でも紹介しましたが、会社に太陽光発電を導入し、色々と検証していますが、一番電力を消費するのが、蛍光灯でした(@@;
業務用の蛍光灯って、ほとんどが2本一組で構成されています。
EL(エレクトロクミネッセンス)を導入しても良いのですが、いかんせんまだ高い。
また、業務用蛍光灯のLEDもあるのですが、これも1本あたり2~4万円(^^;

小さなOオフィスですが、ワンフロア16×2の蛍光灯があります。
40w×16×2=1280wも常時付いている計算になります。
(もちろん人が居ない場所などは消していますが)

Cimg7218

こちらが、ソーラー発電(太陽光発電)のデフォルトパネル。
昼休みに撮影したので、電気消しています(^^;
左のブルーLEDは発電していてしかも売電できている時のランプ。
発電量が足りずに電力会社から購入している場合や、太陽がかげって発電量が落ちるとオレンジランプになります。
今の時期だと発電は朝6時頃から、16時頃までって所でしょうか。
太陽の向きにもよりますし。

Cimg7220

こちらが、発電量ベスト5
7月に導入したばかりなので年間通じてどのくらいなのかは、今後の展開次第。もとい気象条件次第。

取り付けてある太陽光発電パネル(消費電力パワーメーター)で確認しても、蛍光灯をつけると途端に消費電力が上がります。
ということで、人が居ない場所の蛍光灯を外して、部分的にはLEDライトを導入しています。
これだけでも、ずいぶん省エネルギーになり、売電も確実に行えるようになりました\(^o^)/ワーイ
太陽光発電はまだまだ高いのですが、当初15年経っても償還できないという状況から、調子が良ければ10年以内で元が取れるようになる計算になったようです。

Cimg7222

これが、昼までの電力消費量と発電量を比較するグラフ。
社内において省電力に努めている結果発電量が上回っています。緑の棒グラフ。
ちなみに、9時台の発電量が少ないのは、その時間帯雲が太陽を遮っていたためw
朝の電力消費が多いのは社長宅での生活があるためですね。

Cimg7223

こちらが、年間の棒グラフ。
7月中旬に設置したのと、オフィスと社長宅家庭の電力が一体化されているためw。
たぶん、夜間のエアコンなどと思われますw

Cimg7224

参考程度だと思いますが、消費と発電(売電)、購入電力との比較もできます。
家庭とオフィスは請求が分かれているのでどう金額配分があるかはわかりませんが、けっこう売れているらしい(^^;


この電力消費表示器(正式名称わからん)を国が補助して全世帯に義務づけすれば、
うわ、うち無駄な電力消費してんぢゃん
ってなことになって、国のCO2総排出量削減にも大きく寄与する訳で・・・

生活を親と共にしている方はあまり実感わかないと思いますが、電気代やガス代などの請求はちょっとしたことで大きく変わりますので、このようなメーターを義務づけすればみんながみんな省エネに感心を持つのではと思ったりします。

まあ、エコカーも太陽光発電も、ぢゃあそれを製造するにかかるCO2排出量はどないなってんねん。
ということもありますが(汗)
それはそれ、ってゆうか、車も屋根もいずれは替えなければならないと考えるとそれでもいいかと言うことになるのかなぁ?


一太郎25周年記念鉛筆vs手持ち鉛筆軍団w

一太郎25周年記念鉛筆は、基本ハイユニなので比較云々はないのですが(^^;
周辺にころがっているいつも使う定番の鉛筆+シャープペンシル(mechanical pencil)達と比較して見ました。

Cimg7215

上から
ハイユニ×一太郎25周年記念鉛筆
モノ×五十音
パーフェクトペンシル(ちょいお高め)
パーフェクトペンシル(普及型、でも限定(^^;)
友情出演
ペリカンK300って書いてあるけどD300だった(^^;
モンブラン350 こちらは0.9mm

Cimg7216

撮影なので再現性がびみょーですが(汗)
拡大図。
国産のハイユニはHBですが、ファーバーカステルのパーフェクトペンシルどちらもBですが、
比較するとハイユニのHBとそれほど色の違いがありません。

シャープペンシルのモンブラン350は2Bを使っているので、少々濃いめですが。

Cimg7217

五十音と記念撮影w

セーラーの廉価版万年筆・・・と言っても廃盤 ホスカル (HOSCAL)

久々の万年筆ネタですが、入手困難なもので済みません(汗)

Cimg5441

細身で美しいラインです。

Cimg5442

リング部拡大

Cimg5443

ペン先拡大。
細い訳です。これと同じペン先は、現在超廉価版万年筆のリクルート万年筆となって売られているものと同じです。
そんでもって、遙か昔たぶん1980年代のものと思われる万年筆、名称不明なので、勝手にセーラースリムと名付けていますが(^^;
何でも、川口先生が若い頃開発に携わったものらしい。
先生に名前聞いてもわからんかった(^^;

Cimg5445

大きさ同じですが、光の関係で右の方が大きく見えます(汗)
左側がセーラースリムw14kです。右側がホスカル(鉄ペン)

Cimg5447

長さはホスカルの方が若干長いです。

ホスカルは、全体が真鍮にラッカー塗装をしているので、19.2gと重いです。(除くカートリッジorコンバーター)
セーラースリムは、全体が樹脂でできているため、9.2gと軽いです。
いずれも廃盤の万年筆で(゚゚ )☆\ぽか


三菱鉛筆 Hi-uni 一太郎25周年記念モデル #ichitaro

一太郎のジャストシステムと三菱鉛筆のコラボレーション(^^;

Cimg7204

一太郎モデルが限定で出ています。
春先には、ツバメノートとのコラボがあったのですが、1冊あたりの価格がめっちょ高かったので飼いませんでした。

Cimg7205

上から見たとこ。
一太郎の25周年ということで。

フタを開けます。

Cimg7206

なぁ~んだ、普通のHi-uniぢゃん・・・・

Cimg7207

ざら、っと出します。
HBですね。私的にはBか2Bが欲しかったのですが(^^;
鉛筆の軸の色がちょっと違います。

Cimg7208

ぢゃ~ん。(゚゚ )☆\ぽか
一太郎カラーです。朱色とは少々違います。
一太郎のパッケージなどに使われている赤ですね。

Cimg7211

普通のHi-uniと並べてみました。
ハイユニは園児もとい、えんじ色ですね。
こうやって並べると、赤が映えます。

Cimg7212

拡大図。Hi-uni×一太郎25周年記念の金文字が綺麗(^^;

Cimg7213

別アングルから。

赤色鉛筆でない証拠(^^;

Cimg7214

削ってみました。
ちゃんとHBです(^^;

お値段ですが、税込み1890円。
これを高いと見るか、安いと見るか(^^;
まあ、一本157円ですから。それほど高いとは思いませんが(^^;
鉛筆好きとしては、押さえておきましょうヾ(^ )コレコレ


なくなり次第終了と言うことで。
興味がある方は、こちら

30周年には、ぜひ万年筆で出してもらいたいw


T-falで速攻湯沸かしw ニューヴィテスプラス(T-fal VITESEE+)

アウトレットで購入したもう一つのものが・・・

ちょうど電動ポットが壊れてしまい。ってゆうか、ポット自体の湯沸かし、保温機能はありますが、もう何十年と使っていて、ゴムパッキンが壊れたこと。湯沸かし後にちょいと焦げたようなかおりがする(おい)などから、新しい湯沸かし器を探していたところでしたが、普段家に誰も居ないこともあり、タイマーで湯沸かしを管理していましたが、電気代を考え、新たなポットを模索していたところでした。
T-falがアウトレットに入っていたことは知っていたので、今回のアウトレットの目的はT-falでしたw

とは言え、T-falの湯沸かし器は非常に沢山の種類がある上、どれがよいかわからなかったので、通販で買うのは危険と判断。
店員さんにどれがよいか教えて頂きました(^^;

その中でチョイスしたのが。

R0011978

T-Fal(ティファール)の瞬間湯沸かし器、ニューヴィテスプラス(VITESEE+)
なんか、ネーミングが昔のフォクトレンダーのヴィテッサみたいw

R0011980

こちらが、電源部。
コードの長さは調節可能です。

R0011981

こちらが本体。
1L入ります。
実際我が家でお湯を使うのは、朝食時のお茶と帰宅後のお茶やコーヒーなど。
たまーに、カップ麺やカップスープくらいなので、必要なときに湯を涌かせば良いやという結論になりまして。

R0011982

フタ開けたとこ。
このシリーズは比較的新しいシリーズで、開口部がしっかりとして、中も丁寧に洗えること。
注ぎ口部にフィルターも付いていて、メンテナンスも楽なことから選択。

R0011984

こちらがポット本体の発熱部。

R0011985

こちらが受け皿部の拡大。

実際1Lのお湯を沸かすのに4分。
前のポットではけっこうかかりました。たぶん7~8分はかかったんぢゃないかな?

それもそのはず。
最大瞬間消費電力が1450w(@@;
でも、前モデルは1250wで5~6分かかることから、消費電力は大きいものの使用時間が少ないことから判断。
店の方も、時間を考えると省電力はこのニューヴィテスプラスとのことで決定。

ドライヤーもそうですが、瞬間的に大容量の電力を消費するマシンを使う場合は、延長コードは使わずに、コンセント直刺しをオススメします。また、エアコンや炊飯、掃除機などとの同時使用は一度に大量に電力を消費するので、湯沸かしの場合エアコンを切るとかしないと、小口のA(アンペア)契約をしている家庭やアパートでは、ブレーカーが落ちます(^^;ご注意ください。

  

左側が紹介したもの。
私的に購入したのは、カフェオレ。白もあったけど安かったから(^^;
5000円で買ったのかな?
アウトレットもネットショップもそれほど値段は変わりません。

ちなみに、アウトレットでは色によって値段がびみょーに違ったり、アウトレットオススメ価格みたいなのがあるので、アウトレットで購入される方は色々と商品がありますので、確認をした方が良いです。

いずれにしても、瞬間消費電力のみで、電気ポットと比べると安いので、その都度湯沸かしの方が効率的で安いと思います。
大人数の場合は、ほかにポット用意すれば良いですし。(^^;

ほぼ日手帳2011とりあえず予約完了(^^;

毎年恒例のほぼ日手帳の予約が本日2010/09/01 AM11:00より開始されました。
相変わらず受け付け開始直後は固まりますねぇ。
サーバー大きくしないんでしょうか?
それとも、大きくしても毎年愛用者が増えているからなのか。

まず購入のページが開きませんorz
ようやく開いても、購入ボタンが出ません(^^;
ページ読み込みしても、画面真っ白のまま。

とりあえず購入したいものについてボタン押して
買物かごを見る・・・
とやったら、全く動かなくなってしまいましたorz
開いたのは良いが、今度は買物かごに何も入っていません(@@;
だー

だめなら仕方ない。とうゆうことで、一度消してもう一度立ち上げます。
念のため、ストアのMyページに入ると先ほどチェックしたものが買物かご
に入っていました。

クレジット番号のボタンを押したら・・・
お取り扱いできませんとかゆうエラーが出て。
また一からやり直し。
おまけに、ストア内のページ移動も3~5分白いページになってしまって(^^;

昨年までは5~10分ほどで処理できましたが。
今年は結局30分もかかってしまいました。

今回は、何を買ったか秘密(^^;

でも、無料のペーパー頼むの忘れた(゚゚ )☆\ぽか

カジュアルブーツTimberland 2.0 RAG TOP 92552 買った

子ども達の夏休みも終わり、ようやく皆さん日常生活に戻る頃でしょうか?
今日は防災の日・・・でもたぶん土曜日に各町内では防災訓練をやるんでしょうね。
とゆう訳でもないのですが(^^;

先週恒例の御殿場プレミアム・アウトレットに行って、安くなっていたブーツを発見したのでゲットw

R0011989

箱です(゚゚ )☆\ぽか
大きかった(^^;
Timberlandって、どのブーツ系もけっこう高いのでたまーにしか買いませんが(汗)

R0011994

こちらがその全容

R0011999

こちらがデフォルト状態。上部分が帆布でできた状態になっています。

R0011996

この上側部分ですが、取り外しができるようになっている上に、裏返すことで・・・
別のイメージになります。
それがこちら。

R0012002

鰐(ワニ)皮風のエナメル状のブーツになります(^^;
これは、おぢさんにはちょっと抵抗が・・・(汗)

R0012005

裏面部分にボタンで留められるようになっていて、カバー部分がずれないようになっています。

R0012007

こちらがブーツカバーを外した状態。
ごく普通のワークブーツ風になります。
これだけだと、どっかのホー*ンスと同じになっちゃいます。
まあ、ホーキ*スのGTシリーズも普段使いで履いていますが(^^;
安いし。

R0012008

ノーマル状態と、ブーツカバーをつけた状態では雰囲気がずいぶん変わります。
気分に合わせて替えることができるので、一石三鳥ヾ(^ )コレコレ

R0011998

こちらが、ソールパターン。
定番のパターンですね。マッドでも大丈夫ようになっています。
あと、全体がゴム系素材なので、靴底がすり減って中身が出てしまったり、歩行中に靴のソール部が崩壊することはありませんw
昔、どことは言いませんが、軽量素材とか書かれていて、クッション性が良く歩きやすかったアウトドアシューズがあったのですが、歩行中に徐々に靴底のウレタンが崩壊して歩けなくなってしまったことがあります。
あの何とも言えない感じ。靴は履いているけど、裸足みたいな(^^;
あれには参りました。しかも雨の日orz
以来、靴を買うときにはしっかりとした靴底があるものを買うようにしています。
これは、ワークブーツのみならず、スニーカーなどにも言えることです。どことは言いませんがLA*アとかが同様に靴底が崩壊。情けない状態になりました。
クッション性が良く、軟らかくかつ軽い素材ソールを使っている靴を買うときには気をつけましょうw


でもなんども替えるのってしないだろうな(゚゚ )☆\ぽか
あ、肝心のお値段ですが

R0011992

元値      26,250円(税込)
アウトレット  21,000円(税込)
値引き     18,375円(税込)
投売り      8,820円(税込)
と、かなり安かったので落ちた次第で(^^;

アマゾンでは定価のようです。
ちなみに、アウトレットもいつもこの値段で売っているわけではなく、少し安い価格で売られているということをご承知ください。要はタイミングですね(^^;

楽天の方が少々安いか。
もっと安い楽天もあった(^^;

ただし、在庫やセールなどもありますので、興味がある方は探してください(汗)


« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ