« エリアに問題ありますが、WiMAXポチってしまいました(^^; | トップページ | 水筒(アルミボトル)付きのアウトドア雑誌TRAMPIN'(トランピン) »

フィリップス ヘッドフォンマラソン 2010 第六回 ダイナミック型インイヤーSHE9800

2010年度のフィリップスヘッドフォンマラソン最終回をお送りします。
当初は、防水型ヘッドフォンのSHQ4000を試用する予定でしたが、生産遅れにより、流通も潤沢に流れないため、急遽上のランクの商品提供となりました。
私的には、SHQ4000を楽しみにしていたのですがヾ(^ )コレコレ

外箱(パッケージ)

Cimg6090

ハコです。前回提供いただいたSHE9850と同じデザインのパッケージです。今回のは右ね。

Cimg6095

フタ開けたとこ。
前回のSHE9850と異なり、ケースはソフトケースとなっております。こちらの方が使い勝手は良いわ。
ほかには、本体とイヤピース(大中小)からなります。

ケース

Cimg6096

今回は、ケースからw
フィリップスさんの良い点は、多くのイヤフォンにケースが付いていることです。これで安心して鞄の中などに入れておくことができます。(ヘッドフォンタイプなど一部機種除く)
ウレタン?ゴム?系のお高そうなケースです。
イメージ的には、電子辞書などのケースを思い浮かべてもらえれば間違っていませんw
小さい電子辞書ケースって感じです。

Cimg6097

拡大したとこ。
中央部分にイヤフォンを入れて、周囲のくぼみにケーブルを巻きます。

Cimg6105

収納したところ。収納もケースも質感が良いので好感が持てます。
ちなみに、以前入手したSHE9700は、ケースの作りがそれなりなので、縁がケバ立って来た上に表面のコーティングがちょいと溶解し始めてきています。(^^;

イヤフォン本体

Cimg6103

ジョイント部というか、パーツ類はSHE9850同様にアルミで成形されていて、しっかりとした印象を与えてくれます。

Cimg6102

イヤフォン自体は一般的なY字型となっていて、ケーブルからは左右がわからない状態になっています。
この辺、フィリップスさんも考えていて、以前のSHE9755同様、左側に突起が出ています。
左にあるヘッドフォン部。黒くて見にくいですが、三連の突起があります。
ただし、SHE9755ほど激しい出っ張りでなく、手で触れて何となく出っ張りがあるって感じです。

Cimg6100

イヤフォンのドライバーユニットは、ソニーのMDR-EX85SLと同様の形状をしております。
フィリップスさんの情報によると、13.5mmの大口径のドライバーユニットを搭載。ダイナミックで迫力のある低温とクリアな中高音域の再生を可能にとあります。

装着感は違和感なく、かつ疲れることなく付けておくことができます。
ハウジング部分は、アルミでできていて、しっかりとしています。
しかし、装着してもそれほど重さは感じないので、この辺の作りはうまいです。


例によって、シンフォニックライブ、アコースティックサウンド、ロック、R&Bなど、ヘッドフォンマラソンをやるに当たって、比較用に毎回同じ曲を聴いています。

前出のSHE9850(フィリップス最高の音質との触れ込み)を聞いてしまった後では、少々不利ですがw
それでも、ダイナミック型インイヤーの最高峰と言われるだけあって、音がかなり良いです。
左右のバランスも良いし、音質がいまいちな(^^;iPod touchでも、クリアな音質です。
SHE9755(iPhone・iPod用専用設計)ではXperiaで使用したときに、中抜け(左右のみ音声が聞こえてボーカルが全然音が聞こえなかった)を起こしてしまいましたが、そのような状態は発生しませんでした。
たぶん、iPhoneに対応するイヤフォンマイクが問題だったと思います。
閑話休題

音は申し分ないのですが、イヤフォンのケーブルがしっかりとしているため、襟などにケーブルが当たるとボソっというタッチノイズが入ります。
但し、SHE9755のように、グミ状にして耳をふさぐということが無いため、ガムを食べたり話をしたりするときの口内音はありません(^^;


デザイン★★★★☆(フィリップス独自と言いつつ、SONYの方が昔から作っていたような?)

音    ★★★★★(言うまでもなく、最高クラスの音です。

装着感 ★★★★★(SHE9850に比べると私的にはこちらの方が好みです)

疲労度 ★★★★★(少ないってことね)

持運度 ★★★★★(ケースが軟らかいタイプなので(^^;)

目立度 ★★☆☆☆(さすがにこれは目立たないでしょう。悪い意味でなく良い意味ですよ)

タッチノイズ★★★☆☆(SHE9850と同じ素材を使っている割に、音がします)

SHE9800のサイトはこちら

フィリップスさんは、ヘッドフォンを提供して50年になるそうです。

50周年キャンペーンサイト参照

なお、プレゼントキャンペーンは好評につき第二弾が行われております。
SHE9621、SHE9701が当たります。
6月21~8月9日
ふるってどうぞ。あ、そういえば、うち外れたわ(゚゚ )☆\ぽか


※第一回目のSHE9755の感想は、その1その2その3をご覧下さい。
※第二回目のSHE9500の感想は、こちらをご覧ください。
※第三回目のSHE3680はこちらをご覧ください。
※第四回目のSHL1600の感想は、こちらをご覧ください。
※第五回のSHE9850の感想は、こちらをご覧ください。

番外編、SHE9700の感想は、こちら。これは、ヘッドフォンマラソンに参加する前に自腹で買ったものです(^^;

 

SHE9800とSHE9850は、設計・発想が違うので、音自体も全然違います。
少なくとも私的には、上位2機種はフィリップスの中でも高品位な原音再生という意味ではオススメです。
値段がかなり違いますけどね。ご予算に合わせて好きな方をお選びください。

本エントリは、「フィリップス ヘッドフォンマラソン 2010」に参加し、フィリップスさまより商品提供をうけています。
なお、記事の内容については、あくまでも私的な主観でお送りしております。
良いものは良い。悪いモノは悪いと本音で書いちゃってます(^^;

« エリアに問題ありますが、WiMAXポチってしまいました(^^; | トップページ | 水筒(アルミボトル)付きのアウトドア雑誌TRAMPIN'(トランピン) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/48858601

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップス ヘッドフォンマラソン 2010 第六回 ダイナミック型インイヤーSHE9800:

« エリアに問題ありますが、WiMAXポチってしまいました(^^; | トップページ | 水筒(アルミボトル)付きのアウトドア雑誌TRAMPIN'(トランピン) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ