« 日本未発売のCEマシンmobilion HC-4500 (SHARP) | トップページ | mobilion HC-4500 その2(外観編) »

趣味の文具箱 vol.16

書店で偶然見つけました。
いつもなら、アンテナを張り巡らせているので発売前に予約していたのですが、年度末で忙しくて書店もネット巡回も滞っております。(汗)

Cimg4616

今回の特集は、旅文具。
旅に持ち出す文具や工夫の仕方などが特集されています。

Cimg4617

私的にショックだったのが、大阪のおっちゃん、カトウセイサクショカンパニーの加藤清さんが今年の1月23日に亡くなっていたこと。
加藤さんと言えば、初期のViscontiなどの製造にも関わっていた世界的にも有名な方。
生涯現役を貫いて、一度入院されたのですが、お元気になりまたいろいろな新製品を作ってくれていただけに残念です。
この場をお借りしてご冥福をお祈りします。

こおいうのは、あまりニュースにならないので、趣味文16号で初めて知りました。
バラフ850とか、ペンシルエクステンダーバラフ650位しか持っていませんが。
いずれも書きやすくかつ使いやすいモノで、重宝しています。
これからも大切に使い続けたいと思います。

Cimg4618

最近、私の所にマイカルタで検索に来る人が多いと思ったら、こういうことだったのですねw。
川口先生の万年筆。毎年少しずつ新たな万年筆を開発してくれる川口先生が、マイカルタを使用してプロフェッショナルギアのマイカルタを出してくれるそうです。
マイカルタと言えば、川口先生直々に調整、販売していただいた元祖マイカルタを持っていますが、絶妙なバランスとヌラヌラサラサラの書き味で、ここ一番と言うときに使う万年筆です(^^;

Cimg4619

こちらも、セーラーですが(^^;
プロフェッショナルギアのレアロっす。昨年プロフィットのレアロが出ましたが、プロギアの方がオシャレなので、いつかやってくれると思っていました。

さて、どちらが良いか(^^;
川口先生に頼んで、合体させたのでも作ってもらおうかな(゚゚ )☆\ぽかあほ


« 日本未発売のCEマシンmobilion HC-4500 (SHARP) | トップページ | mobilion HC-4500 その2(外観編) »

万年筆」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なかなか、面白そうな特集号ですね。
探してみよう!

リックディアスさん
私的には、前回のよりも面白いと思いました(^^;
ギョーカイ的に数年前から様々な文具が活性化
してきたのですが、万人向けの文具系ムックって
これくらいしか残っていないので、頑張ってもらい
たいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/47884916

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味の文具箱 vol.16:

« 日本未発売のCEマシンmobilion HC-4500 (SHARP) | トップページ | mobilion HC-4500 その2(外観編) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ