« 驚異の世界が撮れる? EX-FS10 (CASIO) | トップページ | トップページに不具合?<は解消(汗) »

EX-FS10 その2 本体編

それでは、本体の紹介に入りましょう。

Cimg3480_2

正面から。
ウスウスの美しいデザインです。
最近のデジカメは、プラスチッキ-なものが増えていますが、こちらは金属でできています。
素材はたぶんダイカストでしょうヾ(^ )コレコレ
重厚感があります。
持っても冬は冷たいし(^^;

Cimg3482

間違いを探せ(゚゚ )☆\ぽか

シールはがしたとこ。
このシールがべたべたでねぇ~、しかもはがすと、海苔もとい、糊が残って・・・
もっと考えてほしいぞ<CASIO

Cimg3477

裏側から。
最近のデジカメはどこでも大画面にするので、確かにファインダーレスが定番になってきたのですが、グリップが難しくて(汗)

Cimg3484

ボタン部拡大
基本的にCASIOのデザインは一緒なので感で操作できますw
あと、普通のEXILIMのように、再生が緑で撮影が赤という色がありません。
この辺は、私の好きなEX-S100に通じるモノがあります。

Cimg3483

裏側から。
めっちょウスウス。
残念なのは最近のEXILIM(エクシリム)って、三脚のねじ穴が樹脂になってしまったこと。
馬鹿になることは少ないと思いますが、昔の方が金属が使われていて良かったじょ。

Cimg3488

上から。
この辺の美しさに惚れたとゆー一面も(^^;
肉厚の部品が使われています。しかも磨きがかけられているし。
以前紹介した、EX-Z450はマット塗装になってしまったのが、ま使用者からみると指紋などが付かないので良いのですけど。
この光具合がなんとも魅力的で(*^^*)

Cimg3490

シャッター周辺。ON、OFFもちゃんと刻印されています。実にすばらしい。
プリントが中心のコンデジ世界にあって刻印とは、こだわりを感じます。
手前に30と書いてあるのが連射モード。
1秒間に30フレームが撮影できます。
モードによって、30枚の中からベストな1枚を選んでくれたり、30枚ぴったり撮ってくれたり。
30枚連射したのを本体で再生すると、超スローモーション動画的にみることもできますw

Cimg3491

レンズのすぐ上にはSLOWとあります。
こちらは、ハイスピード撮影ができるモード。

Cimg3494

レンズ部。
EX-S20の頃から付いた、レンズバリアー。
これがまた良いんだわ(^^;
スイッチ入れると謝金もとい、シャキンと開くのよ。

重量は139g(含む電池、SDカード)、本体のみ120.3g
ケータイくらいの重さか。


  

最近はマイナーチェンジモデルが出たので、安くなりましたね。

とはいえ、私が以前(昨秋)買ったときにはもっと安かった(^^;

ちなみに、こちらがマイナーチェンジ用のモデルのEX-FS10S。

※リンクに不具合が生じたため、今は切っています。

たしか、スポーツ用に特化したベストショットが付いたのではないかな?

ゴルフのスイングをみるとか、でも、お高いっすね。
個人的には、現行のモデルではなく型落ちした今紹介している無印EX-FS10でも十分だと思います。

« 驚異の世界が撮れる? EX-FS10 (CASIO) | トップページ | トップページに不具合?<は解消(汗) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/47477620

この記事へのトラックバック一覧です: EX-FS10 その2 本体編:

« 驚異の世界が撮れる? EX-FS10 (CASIO) | トップページ | トップページに不具合?<は解消(汗) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ