« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

PDVD-DUV1で・・・あるものを見る

ここでいう、あるものとは・・・
既に巡回者の皆さんはおわかりの通りヾ(^ )コレコレ

昨日のワンセグは、あっさりと紹介したので、今日はそれなりに。

あるものを見るためには、設定が必要です(^^;

Cimg4015

DVDモードのオープニング画面。

Cimg4016

メニュー設定画面。

Cimg4018

一番右の設定に行き、音声、字幕ともにENG(英語)にします。
すると、リージョンコード2のマシンが、リージョン1(米国モード)に変更できます。
そのままではリージョン1のDVDはエラーが起きます。

とゆう訳で・・・

Cimg4023

しっかりと、輸入盤DVDをどこでも見ることができるようになりました。

Cimg4026

言わずもがなの、タイムトンネル(笑)
第1話のメニュー選択画面。

Cimg4032

タイムトンネルの研究施設は、アリゾナ砂漠の地下800階に設けられているという設定で、地下少し入った所の入口の上から見たのがこの絵。
1960年代のテレビドラマなのに、PCのCGがない時代にこんな合成が使われているとは・・・恐るべしアーウィン・アレン(笑)

Cimg4034

こちらが、タイムトンネルにメインパワーを提供する動力源。
ちゃんと人が歩いているし。
まあ、宇宙水爆戦とか宇宙戦争などのお金をかけた映画ではわかりますが、テレビドラマでここまで凝るとは(^^;

円谷特撮とはまた違った雰囲気がありますね。
これがテレビドラマ用なんて、・・・国産特撮テレビドラマとは一日の長があります。
ま、今見ると多くのシーンが映画の使い回しとかはありますが・・・
それは、日本の特撮でも同じこと。大目に見ましょう。

Cimg4036

研究所の俯瞰図。こんなになっていたんだぁ~と改めて感心(笑)

Cimg4039

こちらのDVDプレイヤーの解像度は低いのですが、DVDの場合離れて見れば別に気になるほどではありません。
ま、もっともSONYやPanasonicなどの最上級クラスと比べると解像度は大人と幼児の差がありますが、それよりも私的には、外国のDVDが安く見えるだけで十分(^^;

お高いマシンでも見えるものがありますが、どこでも見られるということを優先したのでこのクラスで上等です。

Cimg4045

こちらが、時間移動の絵。トニー(若い方ね)が第1話でタイタニック号に転送されるシーン。

これがどこでも見られるだけで、おいちゃんわ(T_T)☆\ぽか


PDVD-DUV1で1SEG

さて、PDVD-DUV1には、ワンセグの機能が付いています。
とはいえ、そもそもワンセグって、ケータイなどの小さい画面で見るのを前提にしているので、めっちょ画面汚いっす。
480×240画面でも、きれいくないです。

Cimg4013

ある日のまちかど情報室(^^;

Cimg4014

ちょいと離して撮影してみました。

離せばなんとなく見えるか?
程度。

ちなみに、オマケで付いてきたロッドアンテナではうまく受信できません。
多少長めのケーブルで、磁石付きアンテナを伸ばせばそれなりに写ります。

設定は意外と簡単です。

鉄ちゃん御用達? 幻の切符ウォーキングに配る

私は鉄ちゃんではないのであれなんですが(^^;

JR東海に身延線という富士から甲府まで行く路線があります。富士宮からは単線になるのですねぇ。
電車は1~2両のワンマンカー。急行富士川号はそれなりの新型車両で静岡発富士駅から折り返しされて身延線に行くやつです。
昭和40年代に高架化されて、一部区間の路線が変更になりました。
それで消滅したのが、本市場駅。
この駅は私が小さい頃に住んでいた富士駅前から東側を通っていましたが、それが西側に変更になって、今は線路跡地は緑道になっています。

今回、2月28日(日)にJRウォークで富士駅発のウォーキングがあるのですが、そのコースの途中で本市場駅跡地を通る人に、当時の本市場駅の切符(硬券)を復刻したものを参加者に無料で配布するそうです。
先着2500枚だそうで。
受付は8:30から富士駅前。鉄ちゃんは無理してでもゲトでしょう(^^;

Ip100219tan000089001

これが、地方紙のニュースサイトで紹介されていたレプリカ硬券。

ニュースソースはこちら
あまり大々的には紹介されていなかったようで、ここでしか見えません。
注:新聞社系のサイトはある程度日が過ぎると消えてしまいますのでご了承ください。

こちらが、JR東海さわやかウォーキングイベントのコース

当日私は残念ながら子どもを首都圏の大学のアパートに送っていかなければならないので、残念ですがもらいに行けません(^^;

Cimg4487

ちなみに、こちらが幻ではない(笑)JR東海吉原駅(富士駅の一つ東京側)にある、超ローカル私鉄「岳南鉄道」の硬券。岳南鉄道は、未だに硬券を使っているみたいです。
これは、時々コメントをいただく宮サンさんに平成22年2月22日を記念して、買ってきてもらいました(^^;

Cimg4488

裏側(^^;
ちなみに。岳南鉄道全駅の記念切符(すべて硬券)も岳南鉄道吉原駅で購入できます。

岳南鉄道はこれまた個性的な路線で、大昔の全国各地の私鉄車両が未だに運行されていたりします。
懐かしい路線で、吉原駅から岳南江尾まで全10駅。工場地帯や自然豊かな田園地帯を走る路線は、なんかALWAYSのアトラクションに乗っているみたいなレトロな風景を楽しむことができます。

私が記憶している範囲では、渋谷駅のハチ公前に置いてある東横線の通称芋虫電車がたまーに、岳南鉄道を走っていたりしますw

岳南鉄道で未だに運行している懐かしい車両はこちら

どこでもムービー(笑) PDVD-DUV1

昨日紹介した、タイムトンネルですが、いつも大きなテレビを見られるわけではありません(T_T)
はっきり言って、ほとんどテレビが占領されているとゆいます。(T_T)(T_T)/
地位が低いわけではなく、(^^;
おぢさんの、英語のDVDなんか見てても誰も興味を示さないとゆーことですね。
仕事がらみのドキュメンタリーとか、経済番組や特集なんかを見てもうるさいとゆわれ。
ヘッドホンで聞いてますorz
ま、その横でお笑いとか見られても困るのですが(汗)

とゆー訳で(゚゚ )☆\ぽかどういう訳だ

Cimg3982

前紹介したDVP-H300と同じメーカーだと思うとゆうかですねヾ(^ )コレコレ
意図して狙ったわけではなく、探してたら同じメーカーだっただ。

解像度は、めっちょ少ないっす。
480×234(逝)
今時のPDAでももっと細かいぞ~ってな位。

本商品を販売するサイトのほとんどの、うたい文句が・・・

* ワンセグチューナー内蔵7インチDVDプレーヤー
* CPRM対応、リージョン2対応 DIVX対応
* SD,MMC.MSカードスロット搭載

っとなっていますが、もっとたくさんの機能を持っています(^^;
今主流となりつつある、CPRM(地デジなどの録画データ)も見ることができます。
あとは、AVIとかMPEGとかも見られるので、ゆーつべからDLしたデータとかプロモなんかも見ることができます。
とか、あまりおおっぴらには書かないものか?
それ以外にもあるのですが・・・
それは、追々ヾ(^ )オイオイ

Cimg3986

内容物は、こんだけ付いています。

ほとんどが、地デジ関係のアンテナっす(^^;
あとは、アナログ出力ですが、テレビにもつなげることができます。
本体の横にあるのが電池ボックス(汗)
安いので、充電式電池ではありません、また、内蔵タイプでもありません。
スライドさせて合体。でもって、外に電池ケースがはみ出る上に、そのケースから本体の電源コネクタにつなげるとゆう「ごきゅあきゅ」な仕様。ま、電池で使うことはほとんどあるめぇ。

Cimg3992

こちらが、リモコン。
DVP-H300とほぼ同じデザインです。ま、リモコンの機能が違うので部分的に違ったりしますが。

Cimg3995

大きさはこんな感じ。
画面は一般的な?7インチです。
ただし、解像度がねぇ・・・(^^;

重量は、めっちゃ軽く、656gです(笑)

Cimg3997

会社にあったDVDプレーヤーと並べてみました。ちなみに、SONYのはバッテリービルトイン(てゆうか、お座布団みたいなのね、VAIOのU1のデカバと同じデザイン)、回転式モニター、クリア液晶など雲泥の差ですが。(汗)

あれ、ぢぶんが買ったときにはもっと安かったっすけど(汗)
値段は時々変化するので、興味がある方は確認をお願いします。
それでも、このクラスの中ではめっちょ安いっすが。

メーカーサイトは、こちら

懐かしのTHE TIME TUNNEL タイムトンネル

最近の人達には全くなじみがないネタでスマソ。
おぢさん達の世代では、とゆってもご幼少のみぎりでしたので、記憶はめっちゃあやふやなんですが。
すげーインパクトがあったのが、タイムトンネルとゆー米国のテレビドラマなんすよ。
昭和30年代後半か40年代前半のお話だったと思うので、幼稚園か小学校低学年なんすけど、NHKでやってました。

昔からずーっと心に引っかかっていたのですが、瞬間的に今は亡きレーザーディスクで、しかもコンプリートボックスで発売されたので、1&2併せて、6万円(@@;とゆうお値段でとても手が出せませんでした。

半券もとい版権の関係(高いのかな?)で、国内のDVDやビデオでは販売されていませんでした。

なにげに、アマゾンで検索してみたら、出てきたのではありませんか。\(^o^)/ワーイ
恐るべし世界規模のアマゾン

 と 

でも、残念ながらUS版なので、日本語訳や日本語モードは付いていません。
たしかレーザーディスク版は日本語モードがあったかも。とはいえ、オクでも強気の値段だし、そもそもレーザーディスク本体を昨年処分してしまったので見られません。(^^;

Cimg3916

こちらが、現品。
しかし、リージョンコードが1(米国版)なので、国産のDVDプレーヤーでは見ることができません
あと、PCで見られるのですが、特殊なソフトを購入するか、リージョンコード変換(これ3~4回メーカーによる)しかできません。

とゆー訳で、昨日紹介したDVP-H300が必要になってくるのですわ。

Cimg0420

電源を入れると綾しくブルーに光ります(^0^)
うざぃから、撮影用に点けただけなんすけどね(゚゚ )☆\ぽか
ちなみに、デフォルト(標準)設定だと、US版のディスクは読めないので、DVD本体のメニュー画面から、US版に設定変更しないと放映すらできません。あと、たまーに音声が出なくなったりします(^^;

Cimg0422

おお~っ!!何十年かぶりの対面だわ(T_T)
注:ここから下は別のマシンで再生したのを撮影しているので、雰囲気が違います。

Cimg4031

オープニング

Cimg4043

研究施設のようす(笑)

全編英語なのが難点ですが、会話なのでそれほど難しい用語を使っている訳ではないので、なんとかなりそうです。
必要があれば、下に英字幕を表示できるし。

ちなみに、本DVDですが昔のレーザーディスクのように、ひっくり返して使います(汗)
びっくりしたわ。


パイロット万年筆のグランセに限定カラー登場

私は買わないと思いますがヾ(^ )コレコレ
いちお情報としてお知らせしまう。
入門者向けのパイロットのグランセですが、限定カラーが出ているようです。

Pilot155108_7

山吹(やまぶき)。
写真は、伊東屋さんサイトから。(すべて同じ)

Pilot155104_6

紫陽花(あじさい)

Pilot155106_3_2

桜(さくら)

私的には、おれんぢマニアなので、買うとしたら山吹かなぁヾ(^ )コレコレカウノカ
桜なんかは、女性へのプレゼントに良いかも。

そろそろ新入学の季節なので、入学祝いや就職祝いにプレゼントなどにも最適でしょうね。

万年筆とボールペンがあります。
写真がきれいでわかりやすいのが伊東屋さんです(汗)

伊東屋さんの頁は、こちら

今のところ、アマゾンには出ていませんねぇ(^^;

 

こちらは通常版。(ご注意ください(^^;)

HDMI端子搭載DVD プレーヤー DVP-H300

あるものを見たくて・・・
買ってしまいました。

Cimg3999

DVP-H300と言って、私的にはあまり聞いたことない、綾しいメーカーのDVDマシン。

世間では、ブルーレイとか言ってる時代ですが。
我が家的には、まだDVDで良いかなとか。(汗)

Cimg4001

こんなにウスウス。
しかし、最近のDVDはめっちゃ薄くて、軽いんですねぇ。
このクラスで、HDMI端子が付いています
HDMI端子とゆえば、安い物でも2000円近くしますからねぇ。
とゆーことは、本体が3000円ちょっと?(@@;

Cimg4000

おまけに、いろんな種類の動画や静止画、音楽などを見ることも聞くこともできます。
※外国製のDVDを見る場合は設定を変える必要がありますけど。
  この辺試行錯誤が必要です。(汗)

Cimg4003

裏側。ちゃんとHDMI端子が付いている上に、HDMIケーブルまで付いています。

Cimg0418

板の間でスマソ。
設定しながら、写真撮ったので(汗)

リモコンです。
めっちょ安っぽいっすけど。ま、そんな文句も言うまい。本体が安いから。
単4電池2本使用します。がっ!!HDMI端子はおまけで付いていますが、電池は自腹っす(^^;
ま安いからいっか。

しかも、こんなお値段。壊れても文句言えないくらい安い(^^;
ま、リージョン2(日本版)のみのマシンだとアナログ端子のマシンでは2980円くらいからありますけどね。
それが、ある意味リージョンフリーでHDMI端子対応とは、買いでしょう奥さん(゚゚ )☆\ぽか

時々在庫がなくなり定価(税込み?6980円)で販売になるときがありますのでご注意を。
って、ちょっと前まで、販売店では在庫切れてたみたいだし。(汗)
ま、定価でも十分安いっすけどね。1円でも安いに越したことはないから。
別にアマゾンの回し者ではありません。
そもそもアマゾンで買ってもポイント付かないし(゚゚ )☆\ぽか
その辺は臨機応変で一番安く手に入れる方法を考えるですよ<ぢぶん金ないし(^^;

Cimg0415

下段が大昔から使っているアナログ出力のDVDプレーヤー、当時16000円ほどしたかな?
D端子は付いているけど、そもそもその頃はD端子が使えるテレビがなかったので、このマシンを導入するまでは、アナログで見てました。(^^;

やはりHDMIでつなぐと安いマシンでも全然画質が違いますねぇ。
ちなみに、上段にあるのが地デジ対応リンクシアター録画用の1.5TBのHDDっす。
なんか、正統派の地デジ録画機とかブルーレイとか一切無い、綾しいセットでございますな(゚゚ )☆\ぽか
若い頃は、音質や画質などにこだわっていたけど、最近は次々とデジタルの世界って進化するから、それほどこだわりもなくなったわ。(^^;
そのうち、3Dテレビや3D再生機とか出てくるだろーし。ブルーレイもいつまで持つかヾ(^ )コレコレ
ま、そんな時代なんで、安くつましく。絵が出ればいーぢゃんってなスタンスですな。

DVP-H300のメーカーサイトは、こちら

Thinking Power Notebook トランプ(A7サイズ)、フューチャー(A6サイズ)

Thinking Power Notebookの3つめは、手帳サイズになるのでしょうか?
A7サイズのトランプです。

Cimg3841

このサイズ、汎用性が利くもので、皆さんがわかりやすい大きさと言えば、Rhodia(ロディア)のNo11ですね。
超整理手帳miniと言えばもっとわかるか(^^;

Cimg3831

超整理手帳についてくる、アイデアメモと一緒の大きさ。
ですから、ロディアのケースなどにも入ります。

Cimg3810

私的には、以前紹介した超整理手帳miniの手帳ケースに挟んで使っています。
ロディアと違ってかさばることもないし、破らなくても頁が見やすいという点でメリットがあります。

あと、基本的に、1頁に書いて、裏面は書かないようにしています。
そうすれば、ばらしたときに並べてコピーもできるから。(^^;

さて、ここで残るのがA6サイズのフューチャーです(^^;

Cimg3842

A6サイズとゆうと、文庫本サイズになるのですが、ぢつは、これ私的には使い道があまりないのですねぇ(゚゚ )☆\ぽか
とゆうのも、文庫本サイズなら色々とメイン(メーン)で使っているのがいくつかあります。
おまけに縦開きなのでちょっと中途半端なんす。
あと、ほぼ日手帳とかほぼ日手帳のメモ帳類があるので(^^;
そのうち、用途も見つかるでしょう。

とはいえ、それ系の使うだろう的な文具系グッズが大量に(゚゚ )☆\ぽか(゚゚ )☆\ぽか(゚゚ )☆\ぽか

VAIO typeP不調につきリカバリー(T_T)

土曜日にMAC(マクドナルドね(^^;)で、typwPをWIFIでインターネットを見ていたのですが、その直前にうまくスタンバイから起動しなかったので、再起動してインターネット見てました。
その後、夜の会議は大昔のCEマシンで入力していたので、それほど気にしてもいなかったのですが・・・

ところが、家に帰ってWIFIでもつなげようかとtypePを開けてみると・・・・

Windowsサービスに接続できませんでした・・・・
とかゆーアナウンス(鍵のアイコン)が出て、何回も再起動してみてもだめ。
また、通信関係のソフト開いてもだめ。
仕方ないので、昔紹介した、有線LAN用のアダプターVGP-DA10をつなげて、ネット接続しようとしてみましたが、機器接続は反応するもののネットワークには繋がらず・・・

結局、リカバリーをやっています。
めったにやるものではないので、すっかり忘れていて(^^;
備忘録として記録しておこう。
外付けDVD機器を接続。
パソコン起動時VAIOロゴが出ているとき。
F2を連打
BIOS関係のメニューが開く。
そこで、EXIT
Get Default Valuesを選択。
リカバリーDVDは入れたまま。
F11を数回押す。
VAIOリカバリーセンター起動を選択。
Cをクリアか、工場出荷状態に戻す。
リカバリーDVD1/2はすぐに読み込みが終わります。
続けて、リカバリーDVD2/2を入れる。
読み込みが終わると、DVDを出すように言われるので、出します。
注:ここで、DVD機器を外すと、立ち上がった後にプログラムが起動して、
  リカバリーDVD1/2を入れるように言われるので外さないように(^^;

せっかく読み込みが完了したのに、DVD機器を外してしまったので、もう一度最初からになりました(゚゚ )☆\ぽか

さて、これで直るのか?
Cimg4486

それにしても、リカバリー長いわ(^^;
また、動作確認ができましたら連絡します。
不具合だったら、病院(VAIOサポセン)行きだな。

追加情報100222 14:08
1334リカバリーディスク取り出す指示が出る
1334再起動後初期化用にプログラムが書き込まれる。
1400工場出荷状態に戻る(^^;
いちお、WIFI経由でインターネットが使えるようになったので、ハード上の不具合ではなかったようです。

さて、ここからまた、使わないであろうソフトを大量削除と、使いそうなソフトとWINDOWSアップデートなど大量の嵐が来ます(^^;
購入時にも感じだけど、やはり非力なマシンはリカバリーも含めてめっちょ時間かかるす。
SSDだったら早いのかな?
この際だからSSDに(゚゚ )☆\ぽか

これ以外に「おひす」や「たろさ」とか入れないとなんね。
ま、その関係のソフトのいんすこは明日にしよっと。
面倒ぃし、ソフト系のCD家だし(^^;

Thinking Power Notebook 定番のA5 ネイチャーと最小のナイト・アンド・デイ・ディンプル

Thinking Power Notebookの2つ目は、定番のサイズA5のネイチャーです。

Cimg3843

私が入手した、お試しセットBの中で一番大きいモノ。
しかも、横開きなので、スケッチなどにももってこいの大きさ。
ノートは横開きですが、縦にしても使えるので汎用性はあると思います。
見開きでめいっぱい水平線を活かして、パノラマサイズで山から風景を書いたら楽しそう(^^;

このシリーズの中身は、基本的に5mm方眼です。

Cimg3839

あとは、以前紹介した世界最小のツバメノートのナイト・アンド・デイ・ディンプル、別名ミントサイズ。
ミントサイズとゆー名称にしたのはたぶん、フリスクと同じ大きさだからでしょう。
これは、使い道が難しいのですが、私の場合以前紹介したポケッティアという革ケースに入れて、ケータイにぶら下げています(^^;
邪魔といえば、邪魔なんすけど、電話しているときに、客先や会社から電話番号や会議の日時をさっとメモするときに手帳がすぐに出せないときに重宝しますw
筆記具は?と突っ込みが入りそうですが、筆記具はいつもだいたい身につけているので(^^;
必ずポケットに入っているお守りみたいなモノは、LAMY Picoです。
いつも使う訳ではないのですが、ポケットに入れておくと安心できるので(^^;

Thinking Power Notebook 名刺サイズのライモン

昨日、お試しセットを紹介しましたが、このThinking Power Notebookシリーズは、ノートの隙間商品とゆうか、かゆいところに手が届くサイズで、各種ラインナップされています。

お仕事などで、ちょうど良い大きさではないでしょうか?

Cimg3824

とゆうのが、名刺サイズのライモン(雷門ではありません(^^;)
このイラストは、イラストレーターYOUCHANさんが書いているものなのですが、ミドリのオジサンシリーズに通じるモノがあります。
そもそも、Thinking Power Notebookは、最大限のThinking Powerとアイデアを引き出す大人のノートとゆー、カテゴリーで従来の大学ノートのイメージから脱却したツバメノートの新たなシリーズです。
Thinking Power Notebookのサイトはこちら

Cimg3828

名刺サイズとゆうだけあって、名刺入れや財布などに入れることができる大きさです。
注:見本の名刺はアメリカンサイズですので、日本の名刺より一回り小さいです。

Cimg3830

重ねてみました。

中身は、ご存じツバメノートの中性紙フールスです。
これなら、万年筆で書いても裏抜けはしません。

Cimg3832

ノートは5mm方眼ですので、使いやすいと思います。
あと、写真のようにミシン目が入っているので本体が糸かがり綴じの伝統製法であっても、ばらけることなくメモを
した部分を相手に渡すこともできます。

自分は、5冊セットのを買って、車の中や様々なバッグに入れております。
そうすれば、あれ、メモがないみたいにはなりませんから(^^;

Cimg3838

並べると絵が繋がります(^^;
だからなんだってなものですが、なんとなく楽しかったりw


Thinking Power NoteBook お試しセットB(ツバメノートの別ブランド)

久々の文具ネタです(^^;
ずいぶん前に、世界最小のツバメノートとケースのポケッティアを紹介しましたが、このデザインのツバメノートがシリーズ化されていました。

Cimg3820

どーん(^^;
ラインナップされているものをまとめて、お試しセットとして販売されていたので、ついポチってしまいました(^^;
送料無料だったからいっか(汗)
とはいえ、入手したのは昨年秋ですがヾ(^ )コレコレ

Cimg3821

型番(^^;

Cimg3834

敷き詰めたとこ(^^;

Cimg3835

裏面
こうやってみると、なんだかサイズ別にラインナップされているロディアみたいに見えてくるから不思議だわ(^^;

こちらについては、追々紹介しましょう。
とりあえず、今日はこれだけ(゚゚ )☆\ぽか

Thinking Power Notebookお試しセットBは、こちらでも入手できます。

iPod touchでhp12cを使う

定評のあるhp12c電卓ですが、んな高いもん金もったいないとゆわれる方。
iPod touch(iPhone)にも、hp12cのクローンはたくさんあります。
その中で、私が使っているのがこちら。

Cimg4143

Calc12c+とゆうものです。
見た目も使い方もまんまhp12cと同じです。RPNですけどね。
残念ながらALG(通常電卓)モードは付いていません。
RPNのみとなります。

Cimg4150

実物のhp12cと並べてみましたw
大きさは全然違いますが、操作体系は同じですので違和感はないと思います。

Cimg4148

縦のモードでも使えます。
これだと、hp17b+風になるし。(^^;

Cimg4146

画面左上のボタンをスライドさせると、hp15s(こちらも伝説のw)関数電卓に変化します。
万能なソフトですねぇ。

Cimg4151

プログラムもたくさん入っていて、それぞれ目的にあった機能を選択すると・・・

Cimg4152

数値を入力するだけで、複雑な計算をやってくれるとゆう優れもの。
ま、英語モードなんで少々難しいかも。

Cimg4153

プリントモードもあって、計算結果を印字したような画面が出て来ます。

Cimg4155

桁数表記とか、好みにあった設定も簡単にできます。

Cimg4156

プログラム用ワークシートを横にすると、テンキーも出てくるので、至れり尽くせりのソフトですね。
本物のhp12cよりも高機能です(笑)
タッチパネルなのと画面が小さいのが難点ですが、それでも使いやすいソフトであることは言うまでもありません。
hp社からもソフトが出ていますが、こちらは1700円ほどとお高いので、私的にはこのソフトで十分です。

たまーに無料になるときがあります。

hp12c vs hp200LX

hp電卓を紹介してる関係上。
私的には、これも紹介せねばなるまいとゆーのが・・・

Cimg4176

伝説の名機hp200LXです(^^;
ツーショットで撮ってみました。蓋してあるとこ。

Cimg4168

蓋あけたとこ。
言うまでもありませんが、hp200LXは単3電池2本で20時間駆動(使い方によっては、8時間程度てゆうか、一日使いまくっているとこのくらいでした)もする驚異のミニPC。
なぜ、このマシンが伝説かとゆーと、外人さんのマシンを先人達の汗と涙の結晶で、日本語化したというもの。
しかも、フォントもみんなで手分けして作ったり、その昔、通信環境が文字中心の時代にniftyのフォーラムが窓口となって日本で爆発的に売れたマシンです。

QWERTYキーを持っているだけでなく、テンキーまで付いているし。
優れたGUIとカード式のDB、しかもカスタマイズ可能というとても面白いマシンです。

しかも、改造によってクロック数をあげて、倍速、爆速にしたり、メモリ増設したり、中にはバックライトまで付けてしまうと言うもうそりゃあマニアにとっていぢりがいのあるマシンでした。
私は、オフ会で爆速改造の洗礼を受けました(^^;

今も現役で使っている人は多いです。

Cimg4167

hp社だけあって、hp電卓もちゃんと内蔵されています。

Cimg4171

しかもRPN方式だし。
とゆう訳で、私的にはhp社とのつきあいはこれ(hp200LX)からはじまりました。
当時hp電卓と言えば、関数電卓の世界では超有名。金融電卓その筋の人に有名でしたので、hp200LXと聞いたら、ああ、有名な電卓のってゆわれるほどでした。

Cimg4170

英語モードですが、プログラム機能も付いていますので、値を入れるだけで自動に計算をしてくれます。
画面では設定モードで、ALGとRPNを切り替えたり、統計計算モードにしたりする設定です。

久しく使っていなかったので(゚゚ )☆\ぽか
ここはどこ?、私は誰?、ニホンゴワカリマセン状態でしたが(^^;
昔取った杵柄ヾ(^ )コレコレ
Cドライブに日本語化キット入れて、クロックアップ用のプログラム入れて、使えるようになりました(汗)

そんなこんなで、また過去の遺物を復活して楽しんでおります。
って、最近文具系の記事全然書いてねぇや(゚゚ )☆\ぽか

hp12c platinum

昨日、大昔のhp12cを紹介しましたが、その後継機版とゆうか、誕生25周年(2006年)を記念してマイナーチェンジ?されたのが、こちら(゚゚ )☆\ぽか

Cimg4241

ケースですヾ(^ )コレコレ
こちらのケースは、ちゃんと革で作られています。

Cimg4243

こちらが本体。
あれ、銀色やん(゚゚ )☆\ぽか

Cimg4247

hp 12c platinum financial caliculatorと書かれています。

Cimg4258

昔のモデル。と並べてみました。
作りは、昔の方がしっかりしています。(汗)
そりゃそーだわ。
新しい方103.4g
昔の方 113.9g
作りも重さも全然違います。

Cimg4250

ま、電池が3コと1コの違いも大きいでしょう。
新しいのは、CR2032電池1コで稼働します。計算処理能力も新しい方が多少早くなっているようです。

Cimg4248

裏面の表示。

Cimg4260

裏面の計算方法の説明は、ポイントが若干変わっている程度で、大きな変化はありません。
ま、ロゴとかが若干違うていどか。

Cimg4252

大きな違いが、こちら。
元祖はRPN電卓のみでしたが、新しいのはALG(通常入力機能)が加わっています。
普通の方は、こちらの方がなじみがあるかもしれません。

Cimg4253

ENTERキーの下に、水色で=も表示されています。

Cimg4255

ALGかRPNかは、液晶画面に表示されるので、間違えることはないと思います。
モードの変更は、オレンジ色のf(たぶんファンクション)ボタンを押して替えます。

個人的には、昔の方が好きです(笑)
新しいのは、ちょっぴりチャッチくなっています。
ただし、計算が速いとか、気軽に使えるとかできますから、そのときの気分で使い分けています。

それにしても、何十年も前の電卓が延々と作られているのはすごいです。

  

古い方がちょっとお安いか?
日本語マニュアル付きだとけっこう高いですねぇ。

仕事で使いたいけど、いまいちよくわからないという方には、こんな本も出ています。
ちょっとお高いですが。


今でも世界の主流?美しいデザインのhp12c(金融電卓)

hp社の電卓は、世界中で使われていますが、理工系の関数電卓のイメージが強いのですが、証券や銀行などの世界でもかなり有名なメーカーですね。
もう何十年も前の電卓なのに、未だに作られて販売されているというのがすごいです。
とゆうのがこちら。

Cimg4106

(゚゚ )☆\ぽかおい。
ケースですねぇ(^^;
ビニールに入ってます。

Cimg4109

なんぢゃこりは?とゆー方も多いかもしれません。(笑)
電卓といえば、日本では縦向きのものが中心ですが、異色のデザインといえば異色ですねぇ。

Cimg4110

(本体右側の拡大)
そもそも、普段見かける「=」(イコール)キーがありません。もちろん、「C」や「AC」「CL」なんてゆうキーもありません。
画面中央に縦長にある「ENTER」キー。なんとなくパソコンみたいっす。

Cimg4111

(本体左側の拡大)

Cimg4131

しかも、お高そうな金(笑)

計算方式は、一般的なALG(代数記法)なんの略かわかんね(゚゚ )☆\ぽか)方式ではなく、RPN(逆ポーランド)方式で入力します。

普通の電卓では、123+456=579とやるところを。
RPN電卓では、123「ENTER」456+ 579となります。
つまり、123に456を足すと579になるよ。
ってゆう、自然な感じで計算ができます。

書くとめんどいんですが、RPN計算方法に慣れると、自然に使えるようになります。

Cimg4112

裏側に、いくつかの計算例が記載されています。(英語ですが(笑))

Cimg4114

古い物なので、LR44電池が3コ要りますが。最近のはCR2032電池が1コになり、演算も速くなっています。

なんで、金融電卓と言われているか、とゆーと、ローン計算や複利計算などがある程度プログラムされていて、少しの入力で簡単に答えを出してくれるからですね。
ま、今のマシンスペックに比べると、計算結果に1分かかったりするプログラムもあったりしますが(^^;

とはいえ、私は金融関係ではないので、すべてのプログラムを使ったことはありません。宝の持ち腐れ(゚゚ )☆\ぽか

デザインと機能と雰囲気で持っているだけなんすけど(゚゚ )☆\ぽか

  

それにしても、昔に比べて安くなりましたねぇ。ってゆうか、割引されているからか。
ちなみに、マニュアル日本語が付いているとゆーのは良いですね。
ま、こんなの欲しがる人はいないでしょう。(^^;

hp電卓比較編

ずらりと紹介したhp電卓ですが、近年のデザインは同じデザイナーさんらしく、統一性が取れています。

Cimg4231

左からSmartCalc 300s、CalcPad100、EasyCalc100

Cimg4236


ロゴとその周辺部

Cimg4237

エッジの処理。

Cimg4289

20b Business Consultantと。
デザインは斬新なのですが、昔の電卓らしい電卓と比べると、重量感が(^^;
ま、軽くて持ち運びも使いやすさもあるので良いのですが。


どこでも、ドラ*も~んw

iPod touchですが、APPストアで面白いソフトが無料であったので、落としてみました。

ドラえもんのいろいろなソフトや漫画が、春休みの映画公開に合わせてアップされていました。

どこでも電卓ぅ~(゚゚ )☆\ぽか
注:ドラ電卓

Cimg4414

単純な電卓ですが、ちいさいお子様がいるおうちではいいかもw
問題は、階乗計算ができないことか(^^;
123++=ってやって、=を押すと、普通の電卓はずーっと計算してくれますが、これにはその機能がありません。
だからなんだ(゚゚ )☆\ぽか

Cimg4415

どこでもバッテリーチェッカ~ぁ~(゚゚ )☆\ぽか
注:ドラ電池計
残念ながらiPhone用なので、時間表示が出ませんorz

Cimg4416

どこでもタイマぁ~(゚゚ )☆\ぽか
注:ドラタイマー
時間固定ですが、ラーメンやパスタをゆでるなどに使えますw

Cimg4417

どこでもじゃんけん~(゚゚ )☆\ぽか
注:ドラじゃん
単なるじゃんけんソフトです(^^;

ま、普段ならこのようなソフトは落とさないのですが、受け狙いでヾ(^ )コレコレ
アイコンが面白かったので、思わず一式DLしてみました(^^;

Cimg4413

全部集めて並べると、ドラえもんの顔になります。
それだけなんすけど(゚゚ )☆\ぽか
後のアイコンは、初期の頃の漫画です。
ドラえもんの形状がすげー不格好で、のび太よりも大きかったりするのが笑えます。

しかし、こういうアイコンの使い方を考えたのはすげーわ。(^^;

ま、ネタっちゅーことで、一とおり受け狙いが済んだら消しま(゚゚ )☆\ぽか

hp CalcPad100 電卓のようで電卓でない(^^;

CalcPadとゆいながら、電卓ではありません。(笑)

Cimg4178_2

外付けのテンキーですね。

Cimg4194_2

相変わらず、多国籍語の取説が付いています。
この辺は、英語のみでもよくね?
まあ、日本語の説明書がないととゆー人も多いですからねぇ。(汗)
取説読まなくても、別段困るマシンでもありませんが(^^;

Cimg4201_2

とても美しいテンキーパッドです。

Cimg4196_2

最近のhp特有の作りになっていて、テンキー部はつや消し。本体部の樹脂はピアノ塗装風のつやありになっております。個人的には美しいテンキーパッドだと思います。
少々難ありなのは、最初のうちキーが堅いです。
この辺、好き嫌いが分かれる点かもしれません。
もっとも、hp電卓全般に言えることではありますが。
興味がある方は、店頭で試されることをおすすめします。
このエントリみて、勢いでポチって後悔するのも困りますから。
既にhp電卓をお持ちの方で、キーの堅さを承知している方は、そんなもんです(^^;
この辺は、タイプライター文化の欧米の人の好みになっているのかあなぁと思います。

Cimg4198_2

よく見るとなにやらテンキーの上に4コのボタンがあります。
左から、ワード、エクセル、デスクトップ、hpCalcとなっています。
これ、ワンタッチでソフトが起動するようになっています。
が、別にこのマシンのインストールCDとかは付いていません。
PCに差し込めば、自動的にインストールしてくれます。

ワードとエクセルは、PCにインストールされている物があれば、ワンプッシュで自動的に開いてくれます。
ただし、ボタンを押すと一瞬、独自プログラム画面が出てきて、マクロで当該ソフトを読み込むようになっているみたいです。

デスクトップは、全部の機能を隠してデスクトップを表示してくれるようになっています。
hpCalcは、サイトから落としてきたPC上でhp電卓のソフトを使えるようにするものです。

Hpcalc_2

hpの電卓がPCで使えるのが良いです。
ま、四則演算等簡単な計算のみですが(^^;
これで、金融電卓とか関数電卓機能があればいいのにねぇヾ(^ )コレコレ
キモは、PRNRPNモードにもなるとゆー優れもの。

Cimg4203_2

テンキー本体上部ににはUSBが2コ口あるので、テンキーとワイヤレスマウスなどでUSBがふさがってしまわないようになっているのは良いです。

単独で電卓になるCalcPad 200もあります。
でも、高いっすね。(^^;
私はあるところで800円だったのでげとしましたが(゚゚ )☆\ぽか

ま、CalcPad 200の場合単品でも使えるので、死蔵しないだけ便利ですけど。

hp社の解説は、こちら

ユーザーだけかもしれませんが、こちらで、PC用のhpCalcがDLできます(^ー^)
ちなみに、CalcPadがなくても使えたりします(゚゚ )☆\ぽか

少なくともWindowsの電卓よりは数百倍格好いいです(笑)
残念ながら、hpCalcはそのままではMACには対応しておりません。
テンキーは使えます。

お試しください。って、怒られたらリンクは消しますが(汗)

意外とあっさりw

2月10日に、ディーラーさんから電話が入り、プリウスのリコール処理の日程を聞かれたので、翌日の10:30に予約。
とゆー訳で昨日建国記念日(私的結婚記念日)の10:30に某トヨ*ットに行ってきた。

車を預けると、担当の営業さんから不具合の説明があるとゆーことで、残念ながら撮影はできませんでした(^^;
無理矢理言えば撮影できたかもしれませんが、ま、テレビのニュースなどでご覧になった方も多いかと思いますが、点検用コネクタにプログラム書き換え用の端末を差し込んで更新するだけ。

時間にして正味10~15分ほど。
ぢっさいは、これ見たかった(^^;
どこのメーカーの何の端末使って更新しているのかと(゚゚ )☆\ぽか

ま、それ以外にも点検してもらったから、30~40分程度か。

その間、確認された症状の説明がありましたが、ま報道されている程度の内容とそれほど変わりません。
ただ、ディーラーさんが驚いていたのは、プリウスの対応の早さ。だそーで。
普通、こんなに早くはプログラムのチェックなどで対応できないとのことです。
ま、1月製造分より対応しているとゆーことは、速攻で対応してきたからなんでしょうね。

サイとかレクサスhsは、まだプログラムが対応できないとゆーことで、現状でも生産ならびに販売受付はされていないとか。

プリウスユーザーの反応は、冷静だそーで(^^;
(ま、系列店の西の方の某店で契約した人が1~2名ほどキャンセルがあった位だそうです)

粛々とリコールの受付をしているとか。
そもそも、地方では販売台数も少ないらしく、20数万台の多くが大都市圏とか。あと、企業で大量受注とかあるので、たとえば静岡県だと納車された車が全部で6000台強だとか。
そもそも、納車待ちの方が多いし。
とゆーことで、1店舗あたり数十台なので、1日10台前後で数日で対応が可能とか。
もっとも、点検用プログラムチェッカー(書き換え用)が1店舗あたり1コしかないので、1日最大でも14台くらいしか対応できないらしいです。

たまたま、お店にあったのでもらってきました(^^;

Cimg4399

こども店長のストラップ(^^;
オリンピック仕様のも何種類かあったのですが、それだとウィンタースポーツの格好しているので、よく見えないし(^^;
神さん用にって、使わないかヾ(^ )コレコレ


廉価版の金融電卓 hp 20b Business Consultant でもすげーよこれ

理系が関数電卓なら、文系は金融電卓
電卓名を直訳するとビジネス電卓か?(^^;
ま、どっちも好きだから良いのですが(笑)

ちなみに、Hpの電卓番号は、bがビジネス、金融、sが関数系になります。

Cimg4268

2008年にリリースされた、いわゆる金融電卓と呼ばれている物です。
すぐに入手したんで、日本語版のマニュアルがないです(T_T)/

Cimg4270

下段はごく一般的な四則演算キーと、インプット、上下選択キーとシフトとゆーかALTとゆーか、水色キーを押して水色の字を押すんですねぇ。
金融電卓(ビジネス電卓)とゆいながら、SIN COS TANなどがありますが(笑)

Cimg4287

上段には金融電卓やプログラム、統計などのコマンドキーがあります。
ちなみに、上の写真にあるように、液晶部は上段がドットマトリックス、下段は通常表記になっています。
π(円周率)を表記したもの。
2桁しか出ていないのは、デフォルトでは小数点以下が2桁になっていたから(゚゚ )☆\ぽか

この電卓のすごいのは、ま、日付から複利計算とか何回払いで、金利はいくらみたいなのが簡単に出せること。

Cimg4288

それが、こちらの日付設定画面。
hpの金融電卓は、基本的に日付設定を小数点てゆうか、画面上で登録するので、dd.mm.yyyyが基本ですが、mm.dd.yyyyにも変更が可能です。

あとこの電卓の良いのは、お安いのにRPN(逆ポーランド記法)とALG(代数入力記法:いわゆる一般的な電卓)とChain(連鎖計算)の3種類の計算方法が選べるとゆう優れもの。
私的にはhp200LXでRPNに慣れているのでRPNモードで使っています。

RPNモードで使うときには、{INPUT}とゆう大きめのボタンを使うことになります。
昔のhp電卓だったら{ENTER}なんすけどね。時代は変わったか。
RPNモードについては、また別の機会がありましたら、補足しましょう(゚゚ )☆\ぽか

Cimg4276

電池ケース。関数電卓同様、裏蓋をスライドさせると電池が出て来ます。
関数電卓SmartCalc300sの場合は電池1コだったのですが、20bの場合はCR2032が2コ。
もっとも、ソーラーは付いていないし、プログラミング機能も付いているので2コは必携かも。
電池と電池の間の下部分になにやらコネクターがあります。

そーなんす。この金融電卓ですが、改造することができるらしいです。
(らしいとは、外部からの情報なので(汗))
独自のプログラミングや関数電卓などへのアレンジもできるようです。

このような、濃い方がいらっしゃるからですねぇ。(^^;

とはいえ、私的には半理半文系なので、どっちつかずの頭なんで(T_T)
ここまで濃ゆいことはできませんねぇ(汗)
ま、いつかは(゚゚ )☆\ぽかヤルノカ
電卓は趣味で集めている程度で(゚゚ )☆\ぽかあほ

元値8800円位するのが、3920円(^^;
注:時々キャンペーン終了などにより値上がりすることがあります。ちょっと前は5250円だったし。
しかも、こちらは日本語マニュアル付き(T_T)/
3920円でRPN電卓が手に入ると思ったら安いっすよね(^^;

卓上にはこれ hp Office Calc 100

ニーズに合わせて、電卓はラインナップされていますが、少々大きめの電卓としては、こちら。

Cimg4284

少々大きめの電卓。
その名もオフィスカルク100
ま、銀行さんとか金融機関の方でしたら、もっと巨大なCASIOとかの電卓を使っているのでしょうね。
この手のクラスの電卓って、みんな事務系のねずみさん色とかベージュとかが中心なのですが、黒でかっこよかったのでw

Cimg4278

1ランク下のものなので、10桁しかありませんが(^^;
私的な仕事の範疇ではこれでも十分だしぃ。
あと、テンキーの数字はプリントだと思いますので、金融機関などのように毎日数字を延々と連打する場合はやはり専用の高価な電卓を使った方が良いですねぇ。

画面左側に小さく01とありますが、ちづは、単なる四則演算電卓でも、入力した内容が確認できるのですね。
つまり、1回目に入力した数値が表示されています。

CHECK→ボタンを押すと、入力した数字をさかのぼって確認することができます。
普通の電卓の場合、失敗したら最初からって感じになりますが、こちらの場合、入力が終わって=で答えを出したとします。
その後CHECK→ボタンを押していくと、最初から順次入力した数字を確認できます。
検算もできるという感じですね。そこで間違いを発見した場合は、入力し直せば正しい計算ができるという寸法です。
単なる大きめの電卓ではないのですよん(^^;

Cimg4282

ちゃんと、画面が見やすいように斜めってます(笑)

Cimg4280

外人さんの電卓だけあって、税込み税抜きでなく、TAXとゆー表記になっていますが。
税の設定は、RATE(レート)で登録すればちゃんと日本でも使えます。

Correctボタンで、下の桁数を設定します。
ボタンはつや消し、表面は樹脂にピアノ調塗装がされています。

Cimg4279

hp電卓なので、ボタンの前面がこの電卓も傾斜しています。
ハンディタイプや、関数電卓、金融電卓などと比べるとボタンは柔らかめにできているので、長時間高速で入力しても疲れないようになっています。(笑)

Cimg4281

基本は、ソーラーで動作していますが、TAXやメモリーなどがあるため、バックアップ用の電池も付いています。


それにしても、200の方が100よりも安いとは(^^;
200と300は14桁ですので、そっちの方が良いですねぇ。
私は、以前オクで超破格で落としたので(^^;
しかも、マニュアル外人さんだったし。(汗)
ま、四則演算と+αの電卓だから、わからんほどの英語使ってないから困ることもなかったっすけど。


なんとなくメカっぽいhp QuickCalk

hp電卓シリーズぅ~って、勝手にシリーズ化するなよ<ぢぶん(゚゚ )☆\ぽか

Cimg4217

なんとなく、どっかファストフードのアップルパイのようなパッケージに入っておりましたぁ(^^;

Cimg4221

ぢゃ~ん。なんか、かっこよくね?(^^;
今時にない、螺旋(ネジ)10本締めぇ~っ
メカメカしとるですよ。
カシオミニのデザインにも似てます(笑)
色はシルバーグレイなんですが、プリウス30のアイスバーグシルバー(藤色ね:最近は見かけなくなった色ですが)に似ています。
他には、ガンメタ、グリーン、ピンクなどもあります。(色の呼称はいめーじで)
なぜこの色にしたかとゆうと、これだけ安かったから(^^;

Cimg4220

裏面。
裏は、磁石が貼られていて、金属に貼り付けることができます。
ちょいと、磁力が怖いですが(^^;

Cimg4230

スチールデスクなどに貼ることができます。

Cimg4222

ぢつは、2つ上の写真をよく見てもらうとわかるのですが、電池交換の窓がありません。(^^;
今時あるかぃってゆー作りです。
きっと、デザインから先に行って、あれ?電池交換は?ってなことになったんでせう。

電池交換の際には、表面(おもてめん)のネジ10本外して・・・・

Cimg4224

基盤外して(^^;裏返します。
あー、テンキーはゴムで一体化されているので、粒がばらばらになることはありませんけど(^^;
と、電池が出てきマスです。
さて、この電池は普通に百均で売ってるのかな?
LR1130(LR54)らしいっす。

いきなり、三枚におろしましたが(゚゚ )☆\ぽか
肝心の電卓の説明が(゚゚ )☆\ぽか

Cimg4229

大きさはこのくらいで、ちっこいです。
しかし、液晶が大きいので意外と見やすいです。

Cimg4228

参考までに、EasyCalc 100と比較してみました。
液晶は、Quickcalcの方が断然はっきりくっきりですねぇ。
残念ながら8桁っすけど。EasyCalc 100は12桁もあります。
重量は46.3gっす。

Cimg4226

あー、あと、ストラップホールドがあるので、首からぶら下げることもできます。

 

1コでは1050円、4色セットで3980円って(^^;
ちなみに、瞬間的に半額の525円の時にポチったので(笑)
ってぇ~、また525円になっとるやないかぁ~(笑)
少なくとも525円には見えないところがhpくおりてぃ(爆)


プリウスリコール問題について思うこと

連日大きく報道されているプリウスのリコール問題ですが、なんでそんなに煽ってかき立てるのか理解に苦しみます。
実際運転(所有)している側からすれば、何それ?
そんなことあるの?
ってな感じです。

いろんな人から大丈夫?とか心配して声をかけられますがw

そもそもエコカーなので、安全運転は基本です。
なので、そろそろ~っと走り出して、遠くで信号が変わりそうになったら、足を離して減速します。
こういうエコドライブをしている場合、目くじら立てて大騒ぎするような現象は感じません。

ただ、通常のガソリン車とは違って、ブレーキが特殊なので、乗り換えた直後やレンタカーなどを利用する人は細心の注意が必要であることは言うまでもありません。
事故を起こしたプリウスはレンタカーだったと報道されました。
少なくとも、レンタカーとして貸す会社は、ブレーキの特殊性についてはちゃんと説明をするべきでしょう

ブレーキは、一定の踏みしろまでは、スピードを制御する機能で充電するいわゆる回生ブレーキが働きます。
ゆっくりとブレーキを踏んでいくと、電車が停止するような音がします。
この間に充電する訳です。
徐々に踏んでいくと、停止直前でメカブレーキ(ブレーキパッドをドラムに押しつける)に切り替わります。
この辺は、乗っていると感覚的に、あ今切り替わったとわかります。

燃費なんか関係ない、青信号でぶっちぎり飛び出し、ガンガン踏み込んで加速して、赤信号で急停止とかいう運転の仕方をしている人はもしかしたら、ブレーキが利かないように感じるかもしれません。

ABS(アンチロックブレーキングシステム)が作動する瞬間の0.何秒の間にブレーキが利かないと感じることがあるということです。

それにしても、私が憤りを感じるのは、マスコミがこぞって悪者にしたてようとする姿勢です。
確かに、安全第一ではありますが、鬼の首を取ったように報道するのはどうかと思います。
売れるにはそれなりの魅力があるから売れるのであって、それを目の敵にして悪い車だみたいな報道はどうなんでしょ。
発表時や大ヒットして納車待ちがすげー状態になっている時には、それはそれで大騒ぎして書き立てましたが、手のひらを返したように、トヨタたたきみたいな報道は、リーマンショックから立ち直ろうとしている日本経済にとって、また、せっかく努力して改善しようという企業にとってマイナスイメージが増えることがわからないのでしょうか?

ネタがない時期かもしれませんが、もう少し、報道する側も検証した上での良識のある報道をしてほしいと思います。
これだけ売れていれば、少なくとも新聞社やテレビ局の社内のひとり二人はプリウスに乗っているはずなので、言質を取るとか、あるいは社をあげて社員のプリウスを限界まで使って人柱実験するとか(^^;
そうやって、正しい報道をしてほしいと思う、生暖かい日のぼやきでした。

2010/02/10 16:55
追加情報
コメントにも書きましたが、本日午前中にディーラーさんからリコールに伴う修正の連絡が入りました。
とゆー訳で、明日2月11日に修正に行ってきます(^^;
撮影は、できないんだろーな(汗)
うまく、潜入できましたら、レポートしますヾ(^ )コレコレ

amadana で着せ替え ModernシリーズCPC-02

amadanaついでにヾ(^ )コレコレ
以前、amadanaの計算機LC-104計算機カバーCP-C01を紹介しましたが、凝りもせず(゚゚ )☆\ぽか

Cimg1989

こちらもオクで超破格で(^^;
入れる人がいなかったのでヾ(^ )コレコレ
色いっぱいあると思ったら、欲しかったオレンジがなかったのですね残念。
って、去年の春先の話なんですがぁ~(゚゚ )☆\ぽか

Cimg1991

斜めから見たとこ。ベルト部分が派手ですが、真田紐(さなだひも)が使われています。

Cimg1997

こちらも革製で、ディンプル加工?がされていて、肌触りもグリップ感も良いです。

Cimg1992

ケースに収めたとこ。
内張は黒です。Classicの緑の方は紺(ネイビー)です。
面ファスナー(マジックテープ)になっているので、簡単に交換できるのが良いです。

Cimg1998

緑色がClassicシリーズ。
緑は渋いのですが、会議で使うときとかちと派手な感じがしたのと、革がちょっと硬かったので。
普段は黒を使い、カジュアルには緑を使うように、分けてます(^^;
ま、その日の気分で着せ替えているだけで、
普段遊びに行くときには・・・これは持って行きませんが(゚゚ )☆\ぽか

   

ちょっと前までは、オレンジとかいろんな色がラインナップされていたようですが、今ではこのくらいか?
辛抱強く探せば、カラフルな色が店頭在庫であるかも。

か、肝心な電卓が(^^;

    

LC-104は、前モデルです。今はLC-504ですね。
ちなみに、AMADANAの商品ってほとんど割引しないですねぇ。
だから、どこで買っても一緒か(^^;
意外と、オクでも高値になりますねぇ。

美しくかつ機能的な目覚まし時計 (AMADANA CZ-135)

以前、ブラウンのAB-1Aを紹介しましたが、こちらは自宅で以前から使っている目覚まし時計になります。

Cimg2875

本当は、白が欲しかったのですが(^^;
前にオクで半額以下たったのでヾ(^ )コレコレ

Cimg2876

上から見たとこ。
画面右側がライト。
左側がアラームとなります。

Cimg2877

後ろは至って普通(^^;

Cimg2879

目覚ましをセットすると、少々無骨になりますが(汗)
おまけに、こんな音では起きねぇぞ~ってくらい可愛い音がします。

この目覚ましのキモがこちら。
Cimg2949

ライトスイッチを入れると、じわ~っと明かりが点って、amadanaのロゴと文字盤がオレンジになります。
これがまた綺麗で(*^^*)らぶりぃだわ。
ま、じわ~っとなるので、とっさには見えませんが(汗)
あと、明るいところでは発光状態はまったく見えませんし。
針が細いのと針自体は発光しないので、寝ぼけた目には概ねの時間しか分かりませんがヾ(^ )コレコレ


それから、秒針なのですが、これもキモぃです。
普通水晶発振時計(クオーツ)なら、シャリ、シャリと時を刻むのですが、目覚まし時計だけあって、音もせずにぐるぐる回るだけなんですね。
慣れるまで違和感ありました。

Cimg2882

肝心な大きさなのですが、かなりでかいです。(^^;
ブラウンのAB-1Aと比べると2倍くらいの大きさがあります。
おまけに、表面がしっかりとガラスでできているし。
電池は単4電池が3本。
重量は329gもあります。

でも、寝室に置いても、リビングに置いても絵になる時計です。
大きい部屋に置くと、針が見えませんが(^^;
うちは、小物好きとあって、家もコンパクトなのでどこに置いてもばっちり( ̄∇ ̄)/

ちなみに、電池の消耗は思ったより早いです。
なるべくならちゃんとした電池とゆーか、100均などではない電池をおすすめします。

あと、裏技でもないけど、時計を動かすだけなら、単4電池1本だけでも正確に時を刻みます
3本必要なのは、フロントライトを点けるのと、アラーム用ですね。
お持ちの方は試してみて下さい(^^;
だからなんだってのはありますが。(゚゚ )☆\ぽか

興味がある方は、こちら↓

  

知らなかったけど、ブラウンもあるのね。当時は白と黒だけだったよーな・・・

私的には、バックライトがブルーに光る白をおすすめしますがっ!
白って日焼けすると黄ばんでしまう恐れがあるので黒で良かったか(^^;
ま、その辺は好みで。

一太郎25周年記念ディスク

一太郎についてきた、一太郎25周年記念ディスクですが、以下のようなソフトが入っています。
魅せる!グラフメーカー、かんたん!スケジュール図、差がつく!写真アレンジ、一太郎25周年起動スプラッシュ。

魅せる!グラフメーカー

Taro17

こちらは、Excelなどを使わなくても簡単にグラフが作れるというソフト(笑)
Excelにないデザインのグラフを使えば、プレゼンなどでも目立つかも(^^;
作り方は簡単。グラフの種類を選んで見本のワークシートの値を書き換えるだけ。
あとは、一太郎やWordなどに貼るだけです。

かんたん!スケジュール図

Taro20

こちらも、工程表などを表示するのに便利かも。
基本的に、対話式のシートが出てくるので(下参照)、それで予定やデザインなどを決めていけば簡単にビジュアル的なスケジュール図が完成します。

Taro18

期間を決めます。

Taro19

デザインを決めます。
あとは、項目などを入力していくだけです。

差がつく!写真アレンジ

Taro21

起動すると写真を選択する画面が出て来ます。
そこで写真を指定すると。

Taro22

いくつかのデザインでレイアウトされて出て来ます。

Taro24

こちらはその次のデザイン。
いつもはPhotoshopで加工、トリミングしていますが、表紙のデザインや中に入れる写真など簡単に選ぶだけなので、こちらを使っても良いかも(^^;

Taro25

元写真を表示してトリミングもできます。

一太郎25周年起動スプラッシュ

これは、一太郎を起動させるときに出てくる一太郎のロゴが、昔から今までのデザインが表示される面白いソフトです。
ただし、Windows7で高速タイプのだと、瞬時に出るだけなのでどんな絵柄が出て来たかわからないというのが難点かな(^^;。
そもそも、キャプチャーすらできないし(汗)

でも、遊べます。

それ以外には、ジャストシステムに一太郎2010(もしくはJUST Suite 2010)を登録すると、DLできる特典などもあります。
一太郎2010とJUST Suite 2010は落とせるソフトが違いますが、一太郎以外のソフトって使わないから、2005以降は一太郎のみにしちゃってますw


一太郎2010 25周年記念モデル

今年もやって参りました(^^;
一太郎2010の発売です。
誕生日前後7日間にジャストシステムでネット購入すると500ポイントがオマケで付くので、つい買ってしまいます(゚゚ )☆\ぽか
本一太郎も、ポイントで買ったので結構安く買えました(笑)
てゆうか、毎回ポイントで半額近くで買ってるな<自分

一太郎は、ほぼ1年飛ばしで導入しているので、昨年はATOKのみ購入(^^;
でも、なにやらネタがたくさんあって、結局紹介しなかったかヾ(^ )コレコレ
昨日(2010/02/05)朝一で、ジャストシステムから届きますた。

Cimg4390

外箱

Cimg4391

中身
いつもは、定規やライト、マルチツールなどがオマケですが、今回は25周年記念とゆーことで、ソフトが付いてきました。それについては、また別の機会に(ヤルノカ?)

Taro01

早速入れましたが・・・
Windows7だからなのか?それどもCDが調子悪いのか、結構時間がかかりました(^^;

Taro12

一太郎2008を消してしまったのでわかりませんが(^^;
ずいぶんあっさりしました。

あるキーを押すと・・・

Taro26

25周年記念のパッケージデザインを選考するに当たってアンケートがあったのですが、それに協力してくれた人の名前が一覧となって出て来ます。
総勢15000名ということでしたが、投稿順とゆーことで、
なんと64番目にエントリされていました\(^o^)/ワーイ
ただそれだけなんすけど。
ちなみに、私が選んだパッケージが25周年記念モデルの箱になりました。よかったよかったw

この辺の遊びって、MACの開発者一覧とかではみたことがあったのですが、一太郎でもあるのですね。
すげーや(^^;

ノートパソコンの放熱効果を高める XSTAND (上海問屋)

ノートパソコンあるいは低価格で気軽に使えるネットブックは、デスクトップパソコンに比べ、自由度が高いためかなり普及しています。
その中でけっこう気になるのが長時間使用による床面の熱。
以前からLet's noteなど放熱ファンを内蔵しないマシンも増えていますが、長時間使っているとけっこう熱くなります。
今のところ、ボディが変形したなんてことはありません、とゆーより、アルミ用の放熱板を使ったり、ファン付きの重いクーラーの上に置いたり、冷え冷えシートをひいたりと、ま色々やっていますが(^^;

その中でも気軽に持ち運びができるツールを昨年秋から使っているので紹介します。

Cimg2951

その名もXスタンド。
折りたたむと写真のように、非常にコンパクトになります。

Cimg2954

出したとこ。
重量は、162gちょっと重めのケータイくらいか?

Cimg2956

こんな感じで、開いていきます。

Cimg2957

開いたとこ。

Cimg2958

横から見たとこ。
前後で高さが変わるようになっています。
高くなっている方が後ろ側に行きます。

Cimg2959

長さは自由に変えられます。

Cimg3014

こんな感じでパソコンを乗せることにより、本体下部に溜まりがちな熱を逃がす働きがあります。
また、多少パソコンが斜めになるために、キー入力がしやすくなるというメリットもあります。

ただし、パソコンによっては手前のストッパー部分とスレてパソコンに傷が付く恐れもありますのでご注意ください

私は秋葉原の上海問屋で買いましたが、サンワサプライでも扱ってるみたい(^^;
てゆうことは、パソコンショップにもあるのか?(無くても取り寄せられるねぇ)

アマゾンにもあったわ(汗)
楽天でも手に入るようです。


簡易充電器比較

昨日紹介して気になったのが、いくつか持っている充電器。
最近の充電器は基本的にUSBで充電するので、汎用とゆえば汎用ですな。

Cimg4239

左から、iCharge eco(アイチャージエコ、エネループブースター、FOMA補助充電アダプタ、友情出演フリスク(゚゚ )☆\ぽか

大きさ的には、FOMA補助充電アダプタが一番小さいのですが、出力も少々少ない。

Cimg4240

厚み(上から見たとこ)
こうやってみると、エネループブースターが一番大きいっすねぇ。
でも、これはこれでエネループの単3電池(×2)が使えるので汎用性があるとゆえばありますけど。

やはり、iCharge ecoが一番無駄がないか(^^;

ネ兄!! 弐壱千えんとり

おかげさまで、ブログ開始してから、2000エントリを迎えることができましたぁぁぁぁ~っ。
\(^o^)/ワーイ
これもひとえに、皆様方の応援の賜(たまもの)です。謝謝(-人-)
あーっと、類い稀なる物欲と暴走も(゚゚ )☆\ぽか

しかも、気づいたら245万アクセス超えてるし(汗)
100万まではカウンタ気にしていましたが、それ以降すっかり気にすることもなく(゚゚ )☆\ぽか

私的にブログは、意味のない日々のよしなしごとや、単なるネット情報提供や感想ではない、
体を張った(゚゚ )☆\ぽかもとい、汗と涙のヾ(^ )コレコレ
人柱情報提供に努めているつもりですので、
よくまぁここまで続いたなぁとゆーのが率直な感想です(^^;

本記事を参考にして、少しでも皆様のお役に立てればと思って続けております。

あー、私のブログを見て、いろんなものに落ち(日本経済底上げに貢献し)ても知りませんが(゚゚ )☆\ぽかおい

ちなみに、今日は偶然にも、私的にはお誕生日(^^;
なんかおくれ、(゚゚ )☆\ぽか
あー、口座番号は(゚゚ )☆\ぽか
買ったけど、結局使わなかった万年筆でもおけ(゚゚ )☆\ぽか
使わなくなって、タンスの肥やしになっている電脳小物でも桶(゚゚ )☆\ぽか
生ものはお断りd(゚゚ )☆\ぽか

これからも、ネタの続く限り生ぬるぅ~く紹介して行きたいと思いますので、お楽しみください。
m(_ _)m

ネタと金と仕事の切れ目がブログの切れ目(゚゚ )☆\ぽか

FOMA補助充電アダプタ 01(docomo)

先月、子どもと神さんのケータイの電池がすぐになくなって困るという話を受けて、ドコショに行ってチェックしてもらったら、案の定バッテリーの充電容量が最高50%だとゆわれた。

私的には、電話はめったに使わないので、てゆうかPDAとゆーか、
スマホとゆーか、iPod touchとゆーか(゚゚ )☆\ぽか
で用件を済ませているため、電話か家族間の最低限のメールしか使わないので、電池が持っているらしい(^^;

結局、ポイントが使えることがわかり、2台ともdocomoポイントで電池交換してもらった。
その際に、外付け充電池ってないの?と聞いたらこちらを紹介された。

Cimg4205

それがタイトル。
意外と小さい。けど、70.7gもある。
万年筆3~4本分(゚゚ )☆\ぽか

Cimg4207

よくよく見ると、エネループって書いてあるやん(笑)
サンヨーが提供しているのね。

私が前に買ったエネループモバイルブースターよりも遙かに小さい。

通電しているときには、緑色に光るのよ。

Cimg4208

ちなみに、こちらが充電用コネクタ。
てゆうか、考えましたねぇ、FOMA用のAC充電器をここに挿して給電するのね。
最初、何でコンセント用のツノないねん。って思っちゃいましたぁ~(゚゚ )☆\ぽか

いちお、HT-03AとT-01Aもアダプタ使えば充電できます。\(^o^)/ワーイ
子どもや神さんに、これ要る?って聞いたら、バッテリー新しいのもらったからイラネ。ってゆられたので、まんまと私の物に(゚゚ )☆\ぽか


MAC Book Pro MB991J/A (A1278)(その6比較編)

恒例の比較編です。
残念ながら、最新のWindowsマシンを持っていないので、手持ちの古いマシンでスマソ。
PanasonicのLet's noteCF-Y2です。

蓋側

Cimg3434

今とそれほど大きくデザインは変わらないと思うのでヾ(^ )コレコレ
幅的にはそれほど変わらないような感じです。
MACの方が、ワイド画面になっている分大きい位でしょうか。
ちなみに、Macは13.1インチ、Y2は14インチです。

裏側

Cimg3435

ごく普通のWindowsマシンは、だいたいこんな感じで、裏側はコッテコテのガッチガチになっていると思います。
ところが、この辺がMACらしい部分です。
つるつるのすべすべ(^^;
ま、この辺は善し悪しが分かれるでしょうね。
持ちにくい。バッテリーが交換できないなど。
ちょっと前のMACはよくわかりませんが、このマシンは標準使用で7時間持つらしいです。
実際長時間使っても、バッテリーの残り時間表示が3時間の会議で、残り6時間とか出てましたから(^^;
画面の輝度を少なめにして使っていたのですけど。

横から

Cimg3437

厚みもさることながら、デザイン的にもMACの方が美しいです。
コネクタ類の使い勝手は・・・(^^;
MACの場合、USBがくっつきすぎて、あと5mmか1cm位離してほしかったわw


プラチナサライのおまけw

さて、懲りもせず、おまけに釣られて入手してしまいました(^^;

Cimg4342

2週間ほど前から、サライ 万年筆とかで検索して来る方があったので、何かあるなと思っていましたw
ま、発売されたのはずいぶん前なので、まだ残っているかはわかりませんが(汗)

Cimg4343

しかし、本とオマケの関連性が全くないのは、いかがなものかとかれこれ小一時間(゚゚ )☆\ぽか

Cimg4345

箱は大きいのですが、中身はウスウスw

Cimg4346

クロームシルバーメッキの一見高そうな万年筆がオマケです。
でも、万年筆マニアの方はご存じですが、ある物の型を使って作られています。

Cimg4347

首軸とペンはクロームですね。
ロゴも何もないです。
この辺、今は亡きLapitaの方が凝ってましたね。
シュミュット(ドイツ)のペンとペン芯に酷似しています。てゆうか、シュミュットかもw

Cimg4348

とゆう訳で、同型のオマケ万年筆を並べてみました。
上からプラチナサライ、Lapitaホワイト、Lapita Always。

Cimg4352

ペン先もびみょーに変えてあります。
Lapitaホワイトは、刻印がL。Lapita Alwaysは金メッキにS34。となっています。

Cimg4354

早速、カートリッジを入れてみました。
市販のヨーロッパタイプのインクカートリッジの形状なので、オート(OHTO)や無印のカートリッジも使えます。

Cimg4355

最初はインクがペン芯を伝わってペン先に行くまで時間がかかるので、カートリッジの中程を少々押すことでペン先までインクが降りてきます。
あまり強くやると抜けてしまったり、インクがボタ漏れしてしまうので、注意が必要です。適宜加減してください。
あと、ティッシュなどがあると緊急事態に対応ができて良いかも(笑)

Cimg4356

本誌には、ブルーブラックとありますが、大嘘です。
ロイヤルブルーが付いていましたw

ま、この辺の万年筆はオマケなので、オマケで付いてきたインクが終わったら、好きなカラーのインクで遊ぶ方が良いですね。
ただし、その場合は洗浄をしっかりしてから、新しい色のインクを入れましょう。

しかし、この本面白くないなぁ(^^;
本家のサライの方が読み応えあります。
いつまで持つのか?
オマケで釣るというのはどうかなぁ。
Lapitaと同じ小学館なので、がんばってもらいたいのですが、本の中身のレベルが低すぎて、オマケがなければ絶対買わない雑誌ですね(゚゚ )☆\ぽか
注:あくまでも私的な感じなので、真に受けないように。人により価値観は異なりますので。(汗)

もしお近くの店で入手できない場合は、

今なら2010年3月末まで。送料は無料です。
ただし、人気でなくなる可能性もありますので、ご注意ください。


MAC Book Pro MB991J/A (A1278)(その5ギミック編)

MACのおしゃれなとこ
別にたいしたことではないのですが・・・(^^;

Cimg3428

蓋部分に付いている林檎マークですが、使用中にはこの林檎さんのマークが光ります。
って、光っているけど見えないか(^^;

Cimg3427

こちらではどうっすか?
別に、使っている本人はわからないのですが(^^;

Cimg3433

手元が暗くなると、キーボードが光ります。
これ、意外と便利なんですよん。
会議ではそれほど関係ないのですが、講演会とかでプロジェクターとか使うときには、液晶の明るさだけではキートップが見にくいときに重宝します。

Cimg3438

この光っているのは、スタンバイ状態にあることを示すLED。
消えていると、どこにあるかわからない位の仕掛けです。
本体右手前にあります。

このほか、写真にはありませんが、バッテリーの残量なども確認できるのが、本体左再度のスロット近くにあります。

液晶自体も、今流行のLEDバックライトを使っているので、この辺も省電力に繋がっているのでしょう。
ちなみに、画面はめっちゃきれいです。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ