« プリウス シートカバーをきれいに貼る | トップページ | 等身大ガンダムが近所に来るわ(笑) »

丸善アテナインキ 創業140周年記念復刻版セピア

書店で知られている丸善ですが、文具店の老舗でもあります。
FountainPenを万年筆と訳したという説と萬吉さんが売っていたので萬吉筆、万年筆となったとゆー説もあったりしますが、いずれにしても丸善が140周年を記念して、昨年から色々な催しをしております。
残念ながら入手できませんでしたが、漱石が愛用したオノト式万年筆は、発表即完売というすごい勢い。
そもそも150万円のものがあっとゆー間に売り切れるとゆーのも、本当に不況なのか?と思ってしまいます。

話が長くなりましたがヾ(^ )コレコレ
正月に丸善に行ったら、限定復刻版セピアのアテナインキがあったので、保護して来ました。

Cimg3918

なにやら征露丸(正露丸)のようなデザインの箱(゚゚ )☆\ぽか

Cimg3919

上から

Cimg3920

Cimg3921

Cimg3922

Cimg3923

いちお、記念に四方からの写真を掲載しています。
それにしても、レトロとゆーか、今見ると新鮮なデザインです。

Cimg3924

インキとゆー言葉がとても似合う、入れもんですヾ(^ )コレコレ
インキ瓶ですねぇ。

Cimg3926

横から。

Cimg3964

こんな感じの色です。
わかりにくい?

Cimg3966

アップにしてみました。
下は、ドクターヤンセンのレオナルド・ダ・ヴィンチです。ちょっとにじんでしまっていますね。
ペーパーは、ほぼ日ペーパーズ(上質紙)なので、にじみが・・・

黒と茶の間の、渋い色です。

※ちなみに
昨年秋から1月末まで、丸善の万年筆とwatermanのいくつか指定万年筆が創業140周年記念で40%オフになっております。
インキは定価ね(^^;
お近くに丸善(文具売り場併合店)がある方は、この機会にいかがっすか?

« プリウス シートカバーをきれいに貼る | トップページ | 等身大ガンダムが近所に来るわ(笑) »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

漱石、なんで両用式なんですかねぇ。
オノト万年筆が好きな人は逆に買わないのでは?と思ってしまう仕様です。
いくら漱石とはいえ、両用式に150万は出せないですね。
もともと出せる金がないだろうというツッコミはスルーで^^;

アテナインキ、良い色ですね。
町田丸善に残ってたら買ってみようかな。
写っているペンはアテナ・クロマですか?

いのさん
本年もよろしくお願いします。
>漱石、なんで両用式なんですかねぇ。
そうそう、なんでやろかと一瞬思いました。
でも、瞬時に売れたとゆーのもなんだかなぁ(笑)

はっ!何でわかった(゚゚ )☆\ぽか
ま、これはちら見せで(^^;
まあ、見る人が見ればわかりますねぇ(汗)

箱に書いてある字が「睾丸」に見えたのはオイラだけ?
(゚ ゚ )☆\ばきおい

おなら出ちゃっ太さん
それはいくらなんでも(汗)
最初に箱見たときの第一印象は
正露丸でしたわ(^^;
箱の緑と黄色は違いますが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/47199848

この記事へのトラックバック一覧です: 丸善アテナインキ 創業140周年記念復刻版セピア:

« プリウス シートカバーをきれいに貼る | トップページ | 等身大ガンダムが近所に来るわ(笑) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ